★阿修羅♪ > 原発・フッ素13 > 296.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
警告 セシウムで甲状腺癌がん
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/296.html
投稿者 ポリーテイアー 日時 2011 年 6 月 23 日 23:48:16: trv0OrkwFmReI
 

米国科学アカデミーのチェルノブイリに関する報告書を読んでいたら、戦慄すべき研究結果を見つけた。同書の299ページの表12.8がそれだ。重要だと思われるので転記する。Bandazhevsky(2003年)の論文(注2)によると、(チェルノブイリ近くの)ゴメリ州で1997年に検死された子供56人の部位別セシウム137の蓄積量(ベクレル/kg)は以下であった。

甲状腺 2054±288
副腎  1576±290
すい臓 1359±350
胸腺  930±278
骨格筋 902±234
脾臓  608±109
心臓  478±106
肝臓  347±61

現在日本中で、半減期が8日ほどのヨウ素131こそが甲状腺がんの主要因だと思っているが、この研究結果を見ると、他の臓器への蓄積量と比べると、セシウム137は甲状腺に最も蓄積する。ヨウ素131にだけ注意すれば子供達を甲状腺がんから守れると思っていると大火傷する研究結果だ。セシウムに汚染された農産物・海産物は、子供がいる家庭は絶対に摂取すべきではない。子供が死んで解剖すれば、このような感じで蓄積するだろう。同様に、すい臓に蓄積するなら、すい臓癌や糖尿病を引き起こしている可能性もある(ストロンチウム90はベータ崩壊するとイットリウム90となり、これが同様にすい臓に溜まることを思い出そう)。わたしは、自分の子供の首に「チェルノブイリの首かざり」ができることを望まない。

(注1)Chernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment (Annals of the New York Academy of Sciences) [ペーパーバック]
Alexey V. Yablokov (編集), Vassily B. Nesterenko (編集), Alexey V. Nesterenko (編集), Janette D. Sherman-Nevinger (編集)

(注2)論文名:「Cs-137 incorporation in children's organs.」掲載ジャーナル:Swiss Medical Week,Vol.133,pp.488-490、著者:Bandazhevsky,Yu.I.(2003)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月24日 11:58:10: YC4vJtaYHU
同書から判明することは、放射能は万病の元であることです。
同書はpdfで無料ダウンロードできます。
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf

02. 2011年6月24日 15:27:38: rWmc8odQao
深尾葉子氏
「国民の健康が損なわれ、長期の医療費支出が必要となり、またその損害賠償額は、すでに破たんした国の財政をますます破たんさせる。国民の健康な生活が損なわれ、国家存亡の危機に見舞われる。」
https://twitter.com/#!/shenwei/status/84143451070930945

がんばれ、深尾葉子氏!まともな経済学者がこの国には必要です。


03. 2011年6月24日 16:05:39: aQY6pXt3lQ
ポリーテイアー様、紹介ありがとうございます。

この情報、丁度、崎山先生もCNICの解説番組で取り上げられていました。
心ある方は警告を発しても、御用学者は20ミリは安全だの、100ミリまで
大丈夫だの、正気の沙汰とは思えないことを連呼する有り様。

100ミリ党は福島県の某アドバイザ以外にも多数棲息中・・・
彼らは、リスクを伝える人を、不安を煽るなと感情的に潰しにかかる
(そりゃそうだ、科学的に論破する手立てがない、100ミリは安全という
 のは嘘だから)。

冷静に判断すれば100ミリ党の言っていること自体、ツッコミどころ
満載なのだが。安全サイド側の言うことにツッコミどころがないとは
いわないけれど、100ミリ党のは、白を黒と言いくるめる悪質さがある
からなあ。

あと、あえて小難しいことを言いまくって民衆を煙にまく・・
原発の公聴会ビデオとかを見れば良く分かる(プルトニウムは食べても
安全だの、放射能はなくなるだの・・・)。

しかし声がでかいやつは、嘘言ってても、説得力あるし。
この板には、彼らのマヤカシに騙される見識の方は
居られないと思いますが、こういうペテンにひっかかるのは、
聞かされる側の民度の問題ともいえます。
被害にあってから騙されていましたでは、遅いのだが。


01様、放射能は万病の元、まさにその通り。発癌リスクばかりが
マスメデで取り上げられているけれど、実際は様々な病気の発症リスクを
押し上げ、平均余命の短縮効果バッチリという厄介者。

発癌にしても、自然に発症する癌は加齢に従って罹患率が増えるけれど、
被曝由来の癌は被曝後10年前後から罹患率が高くなるといわれています。
若年者が被曝した場合の影響は悲劇的で、被曝10年後でも、彼らは
まだ、若い。本来では発癌多発年連でないのに若くして癌を罹患する。
統計的には、たとえば30歳で発癌しようと、60歳で発癌しようと、
同じ「1人」なのですが、本人にとっては大違い。こういう話は、
1000人に何人といった話のなかでは完全に見落とされることです。


04. ポリーテイアー 2011年6月24日 23:52:33: trv0OrkwFmReI : E2YReWLDxc
01さん 03さん

この本は、わたしにとって放射能の人体・環境への影響を考える上でのバイブルです。1章づつ読んで、要点をこちらの板に徐々にアップロードしていこうと考えています。この本で描かれたチェルノブイリの汚染と、今回の福島の事故による汚染状況を照らし合わせて考えることで、どのような対応をすればよいのか、ある程度分かると考えています。ただ、この本では、初期に膨大に出てしまったキセノンガスなど、放射性ガスの話はあまりないのですが(長期的な影響の話が主です)。

この本はpdfで大方見れますが、ところどころ見れない部分がありまして、その部分は図書館でコピーしました。


05. 2011年7月04日 12:42:29: FZyCDvNaK6
紹介の本で何が分かるの?この量のセシウムくらいなら、核実験が盛んだった頃の日本とそんなに違わない。

で、子どもの死因は何なの?

>>03 100ミリ党の言っていること自体、ツッコミどころ満載なのだが。
ツッコンデみて〜。100mSv/yなら健康に影響ないよ。


06. 2012年10月30日 20:52:50 : YHLCVxKmwk
05様

何か虚しいですね。未だに大気核実験の頃と比較して大した量じゃないと。
文科省の定時降下物のモニタリングの3月分を見れば一目瞭然ですよ。
http://radioactivity.mext.go.jp/old/ja/monitoring_by_prefecture_fallout/2011/03/index.html

環境放射線データベースの過去データと比べれば明白です。
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.top?

文科省のデータが間違っているのでしょうか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧