★阿修羅♪ > 原発・フッ素13 > 355.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
放射能汚染ここが「ホットスポット」だ! 土壌と水のセシウム値はどこまで深刻なのか 東北6県と300km圏内を徹底調査 
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/355.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 6 月 25 日 07:52:42: igsppGRN/E9PQ
 

放射能汚染ここが「ホットスポット」だ! 土壌と水のセシウム値はどこまで深刻なのか
東北6県と300km圏内を徹底調査 東京・千葉・埼玉・神奈川・・・全17都県
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/9510
2011年06月25日(土) フライデー :現代ビジネス


東北および300km県内の土壌&水の汚染度 :クリック拡大
http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/e/c/-/img_ec8ea8d3eca4271af24895a9cb7dabba943926.jpg
※各自治体のHPおよび聞き取り調査をもとに作成。放射性ヨウ素は反映させていない
※セシウム134とセシウム137の合計値を表記(単位は ベクレル/kg)
※水道水は検出されたおもな地点とその最高値を表記

〈セシウム137・1000ベクレル検出〉
〈セシウム134・960ベクレル検出〉

 これは、東京・江戸川区の下水処理施設「葛西水再生センター」(臨海町)の脱水汚泥1kgに含まれていた放射性物質の測定結果である。東京都下水道局が5月18・19日に同センターの汚泥から採取し、結果を6月3日に発表したものだ。福島第一原発から200km以上離れた東京で検出された高い数値は、衝撃的である。

 下水処理施設には雨水が流れ込む。検出された放射性物質の数値が高いということは、その周辺地域の放射能汚染の濃度がより高いことを示す。次ページの表を見ると分かるように、東京では足立区、江東区など東部の施設が軒並み高い数値を記録している。こうした地域のように、周囲と比べ相対的に放射線量が高い場所を「ホットスポット」と呼ぶ。

「空気中に放出された放射性物質は、風や塵に乗って運ばれ、雨や下降気流により地上に落ちますが、気流や風向き、地形などによって、濃度の高い場所ができる。それがホットスポットです。放射性物質でも特にセシウムは土壌との親和性が高く、土中に溶け込む。そして土中から放射線を発し続けることになる。セシウム137なら、半減期は約30年。塵などと一緒にそれを吸引したり経口から体内に入ったりすれば、体内被曝となり、身体に甚大な影響を受けることになる」(中部大学・武田邦彦教授)


東京「下水処理施設における脱水汚泥の放射能濃度」
http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/5/0/300/img_50de69d8cb6b1f5882462fc4a855435892010.jpg
東京都下水道局の調べ (5月18日・19日採取) 単位:ベクレル/kg


 この体内被曝を調査していく際にポイントになるのが土壌や水だが、それらに含まれる放射線量はベクレルという単位が使用される。冒頭にある、東京の汚泥から検出された放射性セシウム・1000ベクレル(/kg・以下略)とはどれほどのレベルなのか。国が定める安全基準値は、飲料水で200ベクレル、野菜類で500ベクレルだ。神戸大学大学院の山内知也教授(放射線計測学)はその危険度についてこう話す。

「私は、チェルノブイリ原発事故を調査した、スウェーデンのマーチン・トンデル氏の論文を参考にしています。彼はチェルノブイリの放射能の影響を受けたスウェーデン北部の住民らのがん発生率を研究しましたが、それによると、発生率が通常の1.1倍に跳ね上がる『危険値』は、セシウム137について100キロベクレル/平方メートル。

 これは、日本のベクレル/kgに換算すると、約1000ベクレルとなる。一般的な日本の調査では、セシウム137と134を合算するので、その場合の危険値は2000ベクレルと考えてよいでしょう。ただし、放射能汚染地帯は土壌だけ汚染されているわけではない。

 水も、空気も一緒に汚染されていると考えるのが実際的なので、私は、それ以下でも放射性セシウムが検出されれば、危険には変わりないと判断します」

 1ページの図でも分かるように、東京都はこれまで土壌検査を実施してこなかったが、6月15日から、都内100ヵ所で一斉調査をスタートさせることになった。このきっかけを作ったのが、山内教授が『江東こども守る会』(石川綾子代表)の依頼で実施した調査だった。

「私には1歳、3歳、4歳の3人の娘がいます。5月に民間が調査した結果、亀戸(江東区)の土壌から高い数値の放射性セシウムが検出されたと新聞で目にし、衝撃を受けました。福島ではなく、東京にもホットスポットはあるのだと思い、山内教授にお願いして、江東区内の11エリアを調査したのです。その結果、江東区内の下水処理施設『東部スラッジプラント』の周辺地域で2000ベクレルもの高い放射性セシウムが計測されました。この地域には子供たちがサッカーや野球をして遊ぶグラウンドもあります。都に除染するよう要望書を出しました」(石川代表)

 それは、下水道局の調査で表に示した脱水汚泥のセシウム汚染が明らかになったわけだが、この汚泥を焼却した灰の汚染数値はさらに高かった。石川代表らが問題にした「東部スラッジプラント」で排出された焼却灰からは、1万2000ベクレルのセシウム137と、1万1000ベクレルのセシウム134が検出されたのだ。

「この焼却灰が風に乗って飛び散った結果、東部スラッジプラント周辺の放射線量が都内の平均値よりも数段高い0・25マイクロシーベルト近くになったと思われます」(前出・石川代表)。

 局所的な土壌汚染は福島第一原発から200km以上離れた東京にも存在したのだ。

 本誌は今回、福島第一原発から300km圏内に位置する全17都県の、土壌と水の汚染度を調査した。各自治体が発表しているモニタリングポイントで検出された放射性セシウム(セシウム137と134を合算したもの)の量を取材し、まとめたものが1ページの図表だ。各県とも1回もしくは数回しか土壌調査を実施していないが、福島第一原発は爆発後も放射性物質を放出し続けている。

 放射性セシウムがこの3ヵ月間でさらに蓄積されているのは容易に想像できるだろう。各県のホットスポットはどこか。以下、順に見ていこう。

 福島を除いて深刻な数値なのが栃木県だ。150km圏内にある酪農の町・那須塩原市は1826と突出して高い。日光市・1037、矢板市・1128も目を引く。「JAなすの」の担当者が言う。

「酪農家の方たちは、もう怒りを通り越しています。このままいけば、生活できるかどうかも分からない状況ですから。一番困っているのは牧草の問題です。やむを得ず、輸入物の牧草や穀物を使っている農家もあります。せっかく育てた牧草を使えず、悔しい思いをしています」

 同じく福島の隣県で高数値が記録されたのは、宮城県の白石市・684、柴田町・693、丸森町・557。いずれも、8286ベクレルを記録(4月16日)し、現在、放射線量の急上昇でホットスポットとして注目されている福島県伊達市に近い。

200~250km圏にある群馬県も高い数値が出ている。下仁田町・569、嬬恋村・485、高崎市・236など、土壌調査した8ヵ所のうち5ヵ所で200ベクレルを超えた。下仁田町を管轄する「JA甘楽富岡」の担当者がこう話す。

「我々は放射能に関しては素人です。行政に責任をもって対応してもらうしかない。もともと農業は天候に左右されます。悔しいですが、放射能もその一環と考えれば、淡々と業務をこなすだけです。粛々と作り、基準値を超えるものは出荷しない。対応策はそれしかありません」

 茨城県では龍ヶ崎市・496、稲敷市・484、茨城町・395、小美玉市・328、北茨城市・308などが目立つ。同県では3月21日以降、一部の野菜や原乳が出荷停止となっていたが、6月1日ですべて解除された。

 茨城県庁エコ農業推進室は、「農地における土壌調査は4月8日に公表した一度だけですが、その際、一番数値が高かった龍ヶ崎市でも、国が定める5000ベクレルの基準を大きく下回っていました。農作物の安全性については毎週、作物の調査をしています」

 と説明する。この5000ベクレルとは、農林水産省が稲の作付け制限の基準に定めたものだ。が、琉球大学の矢ヶ崎克馬名誉教授は、原子力発電所と政府の都合が優先されていると批判する。

「被曝量には、ここまで大丈夫ですよというしきい値≠ヘありません。何ベクレルまでが安全であるとかの線引きは、あくまで外部被曝だけを考えた数値です。人間の健康面から見た場合、何の参考にもなりません。内部被曝の怖いところは、γ線だけでなくα線やβ線も関係してくるところです。例えば、セシウム137はバリウム137mに変わる時にβ線を発し、その後バリウム137に変わる時にはγ線を発します。その間に身体がやられてしまうわけです。たった一つの原子から何回も放射線が出てくることが、内部被曝が外部被曝よりずっとエネルギーが大きくなる理由の一つです」

 茶葉で出荷制限の被害を受けた埼玉県では、秩父市・109が相対的に高い。県は3月に農地の土壌調査を一度行っただけで、その後はやっていない。埼玉県危機管理課はこう説明する。

「『子供が砂や土を口に入れてしまうかもしれないので調査してほしい』という声が多数寄せられ、7月から学校などの校庭の調査を実施します」

 しかし、事故から4ヵ月目に入ったというのに、いかにも遅い対応ではないか。

 300km圏内の神奈川県では、相模原市・202(露地畑)や海老名市・139(露地畑)が高い。同県では、南足柄市や小田原市などで、5月9~13日に採取した生茶葉から530~780ベクレルの放射性セシウムが検出された。南足柄市の荒茶からは、3000ベクレル検出されている。

■「子供の鼻血が……」

 次ページの図表をご覧頂こう。福島県の汚染マップだ。福島第一原発から放射状に拡がっているアミ部分は、放射性セシウムの蓄積量を示す。検出値で見ても、浪江町・2万8957、川俣町・2万9115、飯館村・2万8901など、他県とは2~3桁も違うのが悲しい。

 その一方で目を引くのは、伊達市から福島市にまたがって孤立している60~100ベクレルの汚染エリアの存在。これこそが、ホットスポットだ。『子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク』の代表世話人・中手聖一氏が危惧する。


福島の土壌&水「放射性セシウムの値」 :クリック拡大
http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/2/6/-/img_2698a45ce834409bf871f0849bd61c30805602.jpg


「4月6日の調査以降、学校の校庭の土壌調査は一切やっていない。モニタリングだと言って、学校に線量計を置いて、積算値を測っている。これは被曝実験じゃないのかと憤りを覚えます。心配なのは、最近、福島市内の複数の親から、『子供が鼻血を頻繁に出すようになった。こんなことはなかった』という相談が続いていることです。本当に福島県内に住んでいていいのでしょうか」

 文部科学省は今月に入って、福島県内11ヵ所の土壌からストロンチウムも検出されたことを発表した。最も多かった浪江町ではストロンチウム90が250ベクレル、ストロンチウム89が1500ベクレル。飯舘村でもそれぞれ120ベクレルと1100ベクレルを検出した。

「ストロンチウムはカルシウムと似た構造をしており、骨にまで到達する。骨髄でβ線を出し続けることになり、白血病になる恐れがある」(前出・山内教授)

 本稿は、各県がこの3ヵ月間に実施した土壌調査を元にまとめたが、やはり注視すべきは、調査後に蓄積されたであろう放射性セシウムの蓄積量である。前出・山内教授がこう指摘する。

「放射能汚染には、汚染地に長く住み続けることで多大な影響を受ける低線量被曝のリスクがある。その危機を避けるためにも、住んでいる地域の実際の数値を知る必要がある」

 現在、市民レベルの調査のほうが行政より先行してしまっている。世界的な事故を前に、このていたらくでよいのか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月25日 10:28:48: afD2hVqGGg
kgベクレルは、百倍すればいいのか。
米作付け制限が、であれば、五十万ベクレル平方メートルだが、そんなのありえない。
犯罪テロ集団 日本。

02. 2011年6月25日 10:34:04: 7Zsw6T34FK
フライデー早速買って来ました。
いい記事!良くぞ調べて書いて呉れた!!

(ほかのはドーデもいいくそ記事まであるが。)

うちの近くにもスラッジ焼却場がある。けっこう吹き出してるだろうなー。

本当にホットスポット作成の工場だ。
放射能をもう一度空から撒き散らしてるなんて!

東電のお手伝いか?!
日本人の人口削減計画の実行中か?!!

トンデモ知事が居直ると小役人まで居直るんだなー!?!


03. 2011年6月25日 11:38:23: xFhARAfuLI
東京23区のホットスポット在中だが
周囲から鼻血が止まらなくなった子どものケースをすでに何件か確認。

小学校では校長の方針によるのか
子どもに自宅から水を持って来るのを良しとする学校と
衛生上の問題から持って来てはいけないとするテロ学校もある。

放射能に敏感な母親達を白い目で見る教師達も多く
冷ややかな対応の中、我が子に被爆させたくないと努力する両親もいるが
白い目や対応に耐えられず仕方なく学校の言う通りに振舞う親がほとんどらしい。

親は子どもを守る義務がある。
学校に流されて子どもの被爆を考えない親はテロ行為に加担してるも同然。

子ども達を死のリスクにさらさないでほしい。子どもにとっては親の決断が全てなのだ。

我が子を守る気のない親に親の資格なし。


04. 2011年6月25日 12:04:36: CC8ETEUB8Q
>>03
私も東京だが、これも学校のせいにだけすると話が見えなくなる。むしろ問題の多くは
親にあるんだよ。「放射能君」などと言われていじめられるのも、親の意識を反映してる。
母親たちの間での村八分もある。学校も教育委員会の意向だけでなく、無関心な大半
の親の動向を感じ取って日和見に行動している部分もあるだろう。学校だけが問題なら
話は簡単だがそうじゃない。スーパーの野菜売り場では、小さな子ども連れた母親達
が産地も見ずに福島産のものをホイホイ買っていくよ。近くの幼稚園では園庭で転がっ
ている自分の子どもを母親達が柵越しにニコニコしながら眺めている。学校に流されな
いのは勿論だが、他の親の動向に流されないのが重要。

05. 2011年6月25日 13:45:25: DyWkqxSD36
政府も記者クラブも、主要新聞、テレビは抑えても、不安を感じる人には通用せず。

一部週刊誌、日刊ゲンダイ、ネット、口コミ、ツイッター 全てを抑えることも出来ず、マスコミの一部は政府行政批判に転じた。

もはやお前らゴミマスコミに世論形成能力などない。早く真実を報道するようにするほうが身のためだ。出来ないのなら退場あるのみ。


06. 2011年6月25日 14:08:01: HQ3prt7jX2
地図では不検出ですが、東京はいまでも水道に放射能は混じっているようです。
http://atmc.jp/water_tokyo/
※限界検出値を参照してください。


07. 2011年6月25日 22:06:00: c7z2LPrXUU
>4さん
そのような現象は情報格差によるものだと思います。
わたしの友人数家族は既に西へ移住していますが、そのことをママともに話すと最初はバカにしていますが、チェルノブイリの話、諸外国と比べた食品と水の暫定基準値の話、東京はチェルノブイリの時に例えると、どれくらい汚染されているかを説明すれば、大抵のママともはショックを受けます。
いかに多くの人と情報を共有できるかが重要だと思います。

08. 2011年6月26日 00:37:42: XBRMDHIRfb
>母親達の間での村八分。
何故、放射性物質に敏感な人間への反感があるんだろうね。
俺の推測だが、反感が強い人間ほど放射性物質への恐怖と、放射性物質の入った食品を避けることが出来ない、怠慢な性格を持っている。恐怖から逃れる為には、放射性物質の存在を忘れてしまうしかない。市場に出回っている食品は安全だと自分に言い聞かせるしかない。そこで、放射性物質の危険性を指摘されると恐怖心が蘇ってくる。故に、放射性物質云々を言う人間は身辺から排除したいんだろう。それと、危険であるかもしれない食品を子供に食べさせている罪悪感と怠慢である自分を攻める気持ちから逃れる為にも、放射性物質が危険であるという情報は耳に入れたく無いし、放射性物質を避けるという行為自体否定せざるを得ないのだろう。こういうことでは、自分を傷つけない為に他人を攻めるしかないのではないだろうか。

09. 2011年6月26日 01:40:46: zlxsZx2WK6
今の線量がどうこういうなら
事故以前の線量と比較しないと意味ないんだよな。誰か調査してた奴っているの?
原発周辺以外は、以前に比べてもそんなに線量変わってないような気がするんだが。

みなさん、事故以前からずっと放射性物質は浴び続けてますよ。毎日。
外に出れば太陽光浴びてるわけだから、すなわち宇宙線を浴びます。
当然その中には放射性物質も相当数含まれてますぜ?特に夏は多いですよね。

日焼けで皮がむけて、痛い痛い言ってる時に(直接肌に刺さるから、被爆シーベルト数増える)
放射能がどうこうっていう話を聞いたことがないのに
核燃料事故で流出した数マイクロシーベルト/hごときでブーブー喚き散らす低脳メディアこそがゴミなんだと思う。

ただ単に不安を煽って視聴率を稼ぎ、パニック作りたいだけだろ。
社会の混乱は、反日の本望だろうし。

震度7の地震で福島第一の原子炉はちゃんと停止している。核爆発をしたわけじゃない。
東日本大震災で死亡した2万5千余人は、地震や津波に飲まれたりした人達であって
放射能で死んだ人は未だにいません。奇形児が生まれた話も聞きません。あんなに大騒ぎしてたのにね。
発災から3ヶ月も経ってるから、そろそろ放射能を原因とした奇形児が生まれたケースがあってもいいはずなんだが、音沙汰ありませんねえ。な・ん・で?
まあ、広島・長崎の事例でも、親の被爆と奇形児出生との関係は否定されてるしね。

なんかこう、「テレビ局が地震で揺れてる映像」(仙台の地震)と「水蒸気爆発の映像」(福島の原発)と「津波にさらわれた人の共同墓地の映像」(岩手の津波)をごちゃ混ぜに使って
「地震の発生により、福島原発が暴走して核爆発を起こし、その放射能で2万5千余人が死んだ!つまり、悪いのは地震に弱い原発だ、地震大国日本でそれを容認したのは東電だ!!反原発・脱原発!!!」
っていう感情的なストーリーでイメージ操作をして、事実と異なる方向に世論を煽ってるのが実にむかつく。偏向報道も甚だしい。

地震と津波と原発は、全然別の問題なのに。きちんと分けて考えないと、思考が濁ります。事実が見えなくなります。
本当胸糞悪い!!


10. 2011年6月26日 06:30:53: WrBl7tYjLY
<09.自然放射線と人口放射性物質は次元が違う。一緒にするな。うそを流すな。
3か月たってみるとよくわかる(勝又と中国旅行に行ってたマスコミ関係者がどこの方か知らんが)
ネットが騒いでその後やっと一部が似たようなことを報道しているだけ

もはや大マスコミは、民主化の障害物。

頭のいいほうの国民は、君らを信用できない組織としてレッテルを張り始めている。


11. 2011年6月26日 06:49:58: 0GGIoXDzmg
>発災から3ヶ月も経ってるから、そろそろ放射能を原因とした奇形児が生まれたケースがあってもいいはずなんだが、音沙汰ありませんねえ。な・ん・で?

09さん、一度発生学の本でも購入してひととおりお読みになってから発言したほうがよろしいかと。

>地震と津波と原発は、全然別の問題なのに。きちんと分けて考えないと、思考が濁ります。事実が見えなくなります。

津波は地震と全然別の問題ではないです。たしかに福島の原発事故は人災の部分が大きいかもしれませんがポンコツ原発がメルトダウンしても地震・津波がなければあそこまで手の打ちようのない状況にはならなかったと思います。私は原発断固反対ではありませんが、今の技術レベルでの商業用原発は反対です。原発は未来の技術、本来、金のかかるものです。実用化するためには、まだまだ様々なハードルがあるのではないかと思います。人類が誕生してから今現在より長い時間、核廃棄物を安全に保管する技術、放射性物質の半減期を効率的に加速させる技術、地震でも破断しないようなフレキシブルで丈夫な配管を作る技術などなど。
処理を含めて原発を安全に運転するためには電気代は少なくとも今の3倍以上にする必要があると思っています。


12. 2011年6月26日 08:39:48: NYP25Vv2CM
簡単な指標を見つけた。アリ、これが今年は自宅の庭に全くいない。全滅したようだ。皆さんも自宅および付近にアリがいるかどうか調べてみるといい。全くいないか激減してたら、危険地帯だろうね。

13. 2011年6月26日 08:49:15: bagXH0lhII
>>11 仮に奇形児が生まれても、闇に葬られるかも。死産とか。

14. 2011年6月26日 09:25:00: iGs5H3qEUE
「危険を知るために調べる」って、おかしくないですか。

東日本で住民が毎日被爆していることは確かです。原子力発電所で、爆発が起きたのだから。
調べていわゆる「健康に影響のないレベル」であれば、非難の必要なしなのでしょうか。

まだ被爆データが、チェルノブイリしかないのです。どんな数値なら危なくないのか、わかっている人は世界にいないのです。はっきりわかっているのは、微量でも影響ないとは言えないということだけです。

「測る前に逃げろ、子どもを逃がせ」です。逃げなければ、身をもってデータ作りに参加することになります。


15. 恵也 2011年6月26日 10:04:29: cdRlA.6W79UEw : yVHiLBIvJI
>>09 原発周辺以外は、以前に比べてもそんなに線量変わってないような気がするんだが

原発周辺以外でも、東北、関東、中部などの空間線量は2倍以上になってます。
今までの日本の線量は0.03μSv/h〜0.10μSv/hでしたが軒並み上がってます。

>> 外に出れば太陽光浴びてるわけだから、すなわち宇宙線を浴びます。

人が外に出て浴びる太陽光は、宇宙線とはいいません。
これは可視光線や紫外線、赤外線であり、紫外線が皮膚には被害が多い。

原発事故で問題化した放射線は、α線、β線、γ線、中性子線であり遺伝子に
被害を与えるもので混同しないように。

>> 数マイクロシーベルト/hごときでブーブー喚き散らす

放射線の被害は1時間あたりを見るのではなく、遺伝子に被害を与えるため最低限
年単位でみないと被害がわかりません。
放射線専門家でさえ、以前は1年当たり50mSv、一般人は1mSvという目安
を作ってましたが今ではこれがグチャグチャにされてしまいました。

0.12μSv/hで約1mSv/年であり、非常に巨大な数字です。
あなたはしきい値を認めてるようですが、現代の放射線学者でしきい値を認めてる
方は少ないけど、マスコミ界ではそうでないようだ。

ーーーー引用開始ーーーー
アメリカにいる時にムラサキツユクサを見つけたんですが、やがて、現在でもまだ使われ
ていますが、働く人の許容線量の20分の1まで下げても、これだけ突然変異が起こる
ということをムラサキツユクサで実験的に証明したところ、アメリカの原子力委員会から
公表禁止という措置を受けました。

僕は、その直前からNASA、アメリカの航空宇宙局からムラサキツユクサの実験をし
ないかと誘われていたので、それに参加したんです。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report3.htm

>> 震度7の地震で福島第一の原子炉はちゃんと停止している。

チャンと停止してたら爆発なんてしません。
とくに1号機は制御棒は入れられたようですが、冷却水配管は壊れ冷却不能に
なってました。津波がなくても原発の制御は無理。

>> 地震と津波と原発は、全然別の問題なのに

まったく同じ問題。
原発は何重もの安全装置が完備してましたが、それらの安全装置をまとめて破壊
したのが地震であり、地震で発生した津波なの。

あなたは何のために考えてるの。
目的があってこそ考えるものであり、思考が濁って混乱してるのはアンタだろ。
発電所の安全を考えるのなら地震も津波も同じ問題だけどね。


16. 2011年6月26日 20:36:41: OoLG1M2dBE
>>09氏は典型的な思考停止人間では?
見たくないものをあえて見ないようにする、あえて自分の思考に都合のいい情報だけを見ようとする。
この悲惨な状況下でそうなってしまったのも分からなくはないし同情もするけど...

自分はそれでいいかもしれないけど周りに害悪を及ぼすことも考えましょうね。


17. 2011年6月26日 20:43:31: h6cbKB908I
野菜など種類によって、安全基準値を変えることに納得できない。
生産者側の都合で基準値を変えるのは理不尽だ。

食べる側は、あくまで汚染の大小が健康への基準のはずだ。

アメリカ輸入基準値みたいに、何でも170ベクレル/kgでいいと
おもう。
もっとも、これだと東北・関東は殆どアウトにはなるが。


18. 2011年6月26日 23:00:28: geDG3rATbE
菅は再生エネなどをリキんでる暇があったら、土壌改善策や農産物の体内被曝除去法にリキいれれば国民の賛同を得るだろ。TPP汚染も除去しろ

19. 2011年6月26日 23:50:08: BEzQYyr2F2
>>9
に腹が立ったけど>>15さんが簡潔に言いたいことまとめて言ってくれたのでとりあえずすっきり。
9は他スレでも見たけど、言ってる内容が非常に稚拙で放射能や原発のことなんてまるで詳しくないというのが丸わかりです・・・。
まだたった3ヶ月半しか経っていないというのに「奇形児もいないし放射能で死んだ人もいない」って鬼の首取ったみたいに声高に言うこと自体が非常に恥ずかしいことだって何故気付かない・・・。数年後(チャルノブイリでは5年後くらいから甲状腺癌が増加)から被害が出始める「晩発性障害」が放射能の恐ろしいところなのです。よくわからないなら検索して調べてみるとよいでしょう。

>原発周辺以外は、以前に比べてもそんなに線量変わってない
国が発表してる数値しか見てない証拠ですね。殆ど変わってないように見えるのは、国が高い位置で測定した放射線量しか発表してないから。・・・こんなこと今更言わせないで下さい。主婦の方達だって知っている事実だというのに・・・。


20. 2011年6月27日 00:12:12: YsAVD5UchE
怖い怖いと思っているとなんでもそう見えますよ。今の東京の放射線量で鼻血がでるなら、ニューヨークまで飛行機で往復すれば鼻血が出ますよ。
内部でも外部でも総被爆量は同じなら、結果は同じですよ、それにそんなに心配なら医療機関で血液検査してもらったらいいのに、血液検査すれば赤血球、白血球、血小板、CPRなんかに何らかの変化があるはずですよ。
閾値説と非閾値説はどちらも根拠が示せずまったく決着がつかない問題です。
同じデーターから読み方が違うだけだものね。今中さんの説はちょっと興味深いですが、どちらが主流とも言えないみたいですよ。
自分の信ずる方法信用するのが一番です。個人的には子供に閾値はないと思っていますが、大人は閾値があるでしょう、細胞分裂のスピードががあまりないですからね。
今回以前の放射線のデーターは悪名高いモニタリングポストのならあるみたいですよ。普通に考えるとこれを比較すれば大気中の汚染は分かりますね。
もうひとつ気になるのは「ホットスポット」この東京のホットスポットは人工的な物で自然の特異地点でないですね、書くなら人工的に放射線のホットスポットが出来ているんですね。です。
ついでに100KBq/m2=1000Bq/Kg ってどうやって出したんですか?
さらにこれらの土壌の調査は大体が4月上旬ですよ、この時期はまだヨウ素が大量にあったでしょう。
まだまだあります。琉球大の先生が内部被爆と外部被爆の害の違いの説明は??
内部被爆はα線をかぶるから問題なんですよ。多分記者が理解できないままいい加減に書いたんですね。
最近こんな感じの粗悪記事が多すぎます。ジャーナリストは文系が多いんでしょうが少し勉強してから記事書いたらいかがなものでしょうか?

21. 2011年6月27日 03:12:36: 1F9VYfZr5s
20さん
「それにそんなに心配なら医療機関で血液検査してもらったらいいのに、血液検査すれば赤血球、白血球、血小板、CPRなんかに何らかの変化があるはずですよ」

世の中、恐るべき知識で放射線被害を論じている人がいることを今知りました。
放射線はまずDNAを損傷します。この段階で血液検査などに現れません。
被曝が血球の変化などに(たとえば白血病などに)現れたときは「遅い」からこそ正当に心配しているのです。
20さんの言い方だと、(放射線問題を離れて)たとえば癌を引き起こす危険が指摘される食材やアスベスト、そのほかを問題にしている人に、そんなに心配ならがん検診をしてもらったらいいのに・・・・・と言っているのと同じです。
被曝被害を具体的に出したくないからこそ「心配」しているのに、障害が出たら調べれば分かるのに、何を心配しているのだ、ということができるあなたの頭の中はどうなっているのでしょうか。

もともと、放射線被害を食い止めようとしている人たちは、20さんに言われるまでもなく、放射線検査も内部被ばく検査も積極的に追求しています(しかし、内部被ばく検査は、ホールボディカウンターの数が少ないことだけでなく、また、それ自身の困難もあります(α線の計測などほとんど困難です)。
こうした困難を少しでも打開しようとしている人たちに対して、あなたは、「そんなに心配なら血液検査・・・云々」と言うですが、放射線の危険を知る人は、あなたになど言われるまでもなく(血液検査かどうかは別にして)検査も、放射線の危険を正当に警鐘を鳴らすことも、どちらも当然ながら追求します。

ところが、あなたは、両方行われてはまずい。検査すればすむことだ、だから口にするな、というわけです。
対置する必要のないことを対置しています。
20さんの主張の正体が、この一部だけでも露呈しています。

とにかく、理由にならない理由をあげて、放射線の危険指摘の口をつぐんでもらいたいという幼児的な願望(見たくないものに眼をふさぐ)ということでしょう。

そのほかの論議も同様にみっともないものです。最後の方は日本語的にも意味不明です。


22. 2011年6月27日 09:15:05: MqnteyRFEg
>13さん
11です。SFではないけれど、遺伝子検査に合格した者しか子どもを作ることは許されず、さらには受精卵にセシウム排出能力の高い遺伝子やDNA修復能力の高い遺伝子などを組み込ませてから再び胎内に戻すなどというような時代が来ないことを祈ります。

>20さん
ちょっとした検査でわかるほどの異常が末梢血に出た時点で手遅れとはいわないけれどヤバい(かなり〜ちょっと)のでは。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧