★阿修羅♪ > 原発・フッ素13 > 364.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
“お宝山分け”の「汚染水浄化システム」が5時間でダウン 〜稀にみる東電の“馬鹿さ加減”〜 (暗黒夜考)
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/364.html
投稿者 極楽とんぼ 日時 2011 年 6 月 25 日 14:18:20: /lwF1HCtYSDhs
 

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/ee2680ae2351d98ddc59f816bbdf0600
暗黒夜考〜崩壊しつつある日本を考える〜
2011年06月25日


(転載開始)

◆役立たずの日米仏汚染水浄化システムは誰がどういう経緯で決めたのか!?
 2011年6月23日 掲載 ゲンダイネット

○こんなポンコツに巨額のマネー


●専門家は「最初からムリ」
「責任者出てこい!」ではないか。福島第1原発で汚染水の浄化装置がトラブル続きだ。
仏アレバの除去装置は稼働後、わずか5時間でダウンしたし、米キュリオン社製は、汚染水処理が想定の20分の1しかないことがわかり、またドタバタ。
汚染水を浄化し「循環注水システム」を稼動させることは原発安定化の肝だ。
ここがうまくいかなければ、汚染水があふれてしまう。
「水棺」方式が失敗し、「循環注水システム」もダメなら、工程表は完全破綻なのだが、専門家の多くは「もともと循環注水方式には無理がある」と指摘する。
 
なにしろ、10万トンを超える高濃度汚染水を浄化するなんて世界でも経験がないのに、複雑怪奇なシステムで、440基のタンク、4キロメートルの配管をつなぎ合わせるのである。浄化装置は東芝製が油分を除去し、米キュリオン社製がセシウムを除去、仏アレバ社のシステムが撹拌(かくはん)、沈殿させ、日立製の淡水化装置を経て仮設タンクに戻す。
 
素人目にも「大丈夫か……」というシステムで、案の定、10日には配管の接続部から漏水し、ポンプ制御のプログラムミスも見つかった。
どうなることか、と思っていたら、あっさり、キュリオン社製がダウンした。
 
京大元講師で物理学者の荻野晃也氏はこう言う。
「この装置には無理が多すぎます。まず、放射性物質を除去するにしても、これほど高濃度の放射性物質を扱ったことがあるのか。汚染水には油や金属片、汚泥などが大量に含まれているのです。試運転ではうまくいって、想定では1カ月持つとされたフィルターが5時間しか持たなかったのは、マンガみたいな話です。今後、頻繁にフィルターの交換が必要になってくるだろうが、誰がやるのか。想像以上にたまる汚泥はどこに処理するのか。難題は山積しているのに何も決まっていないのです」


●このままでは数百億円がパーになる
そこで疑問は、誰がこんな無謀な計画をゴリ押ししたのか、ということだ。
細野首相補佐官は「アイデアは東電」と言い、東電の武藤栄副社長は「世界中で利用可能なものは何か、システムとして実績があるものは何かという観点で選んだ」とか言っていたが、仏、米が国を挙げて売り込みに来て、政府が全面バックアップしたのは間違いない。
そうした政治的駆け引きの末に、前代未聞の日、米、仏の設備を複雑につなぎ合わせる奇々怪々のシステムになり、それが5時間でぶっ壊れた。
ちなみに東電は仏アレバに約531億円を支払う。これで稼働しなければ、丸損だ。

「契約書はどうなっているのでしょうか。日本は弱みに付け込まれたのではないか。トラブルがあった場合、誰の責任で、どう負担するのか。国民の税金に跳ね返ってくるわけですから、契約書の中身や交渉過程も公開すべきです」
(荻野晃也氏=前出)
 
システムが稼働しなければ、あと1週間ほどで汚染水があふれ出す。
その場合、誰が補償するのか。
これ以上のゴマカシは許されない。

(転載終了)


「ただただ呆れるばかりで、まったく話にならない」

上記記事にあるように、福島第1原発事故の「汚染水浄化システム」のトラブルは、完全なる「判断ミス」であり、究極の”人災”と言えるであろう。
アメリカ・フランスの顔を立てて無理矢理にキュリオン社・アレバ社製の装置を導入し、更には原発関連企業たる東芝・日立もこれに”相乗り”するという、この”悪ノリ”極まりなさは一体何なのであろうか?

今やこの汚染水処理こそが福島原発事故の最大の課題である。
にも拘らず、こんな”継ぎはぎだらけ”で、素人目にみても不安極まりなく感じる、文字通り「にかわ仕込み」の浄化システムをして、本気で汚染水の浄化ができると考えていたのであれば、東電ら関係者はあまりに”軽率”で”無責任過ぎ”であると断じざるを得ないであろう。

こんなポンコツ装置に、東電は仏アレバ社に531億円も支払う契約をしているとのことであるが、こんな明らかな人的ミスまで国民負担することなどあり得ない話である。
東電は東京・日比谷にある本社ビルを即売却してでも、自身で”ケツ拭き”をすべきであろう。

高濃度汚染水は既に満杯状態であり、残された時間が少ない中、東電ら関係者は一体どうするつもりなのであろうか?
もし、時間切れのために高濃度汚染水をそのまま海洋投棄でもすることがあれば、日本の水産業が壊滅的被害を受けるばかりか、今度こそ世界各国から莫大な損害賠償を迫られるであろう。
そんなことになれば、東電はおろか日本そのものが”オジャン”になることであろう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月25日 14:30:20: jxoFskNLCY

≪そんなことになれば、東電はおろか日本そのものが”オジャン”になることであろう。

 小沢は何をやっているのだ。
 小沢ではムリなのか?
 ダメならダメと言ってくれ。

 とうに国民の堪忍袋の緒は切れている。
 小沢でダメなら、一揆を起こすまでの事。


02. 2011年6月25日 15:13:14: zC54sY0zrI
今朝のABCラジオ 征平・吉弥の土曜も全開!!だと思うけど、5時間じゃなく1.5時間だといってたよ。

03. 2011年6月25日 15:53:10: Uzy39iWJaU
02さん 

5時間ももたず、実を言うと1時間半でした。

http://www.asahi.com/national/update/0624/TKY201106240458.html

 都合の悪いことは、5分の1で公表する。東電クオリティーです。

よって、77万テラの大気放出というのも、5倍にすべきでしょう。

    385万テラの放出ということです。


04. 2011年6月25日 18:35:14: sOM5kQDn1w
小出さんに丸投げするのが安上がり。

05. 2011年6月25日 21:38:00: B1ZhhZMSbM
この件で判らないのは国内からもオファーがあったらしいのにそちらは作らなかったこと
多様性、多重性を求める保安院がどうしてこんなひとつの装置だけでいいとしたのだろうか
今はお金にいとめをつけずにやる時期だ

06. 2011年6月26日 01:37:22: IVRiJG5uxA
一か月もつと言われたのが5時間だと思ったら実は一時間半ですか。実際は10秒だったりして。

いやーしかし、残り時間一週間でどうするんだ?


07. 2011年6月26日 06:30:30: eG329MoZAw
アメリカの新聞NEWYORKTIMESは日本の安全神話を茶化しています。
原子力村に騙された国民は原発設置を許し
今度は汚染水浄化設備で騙された、日本のエリート自称者は税金の無駄使いに慣れきって、馬鹿なマスコミが国民騙した。そして

小泉首相は5年も居座ってこの国の経済をメチャクチャにし貧乏人と金持ちの大格差社会を作り出した
◆亀井静香にそそのかされて本人も狂気の二代目気取りという恐ろしさ 権力欲に凝り固まった菅首相がペテンと二枚舌で8月まで続投することになって、一体何が起きるのか。
国民は相当の覚悟が必要になってきた。 延命成功で気を良くした菅は「燃え尽きる覚悟で取り組みたい」なんて言い出している。政治アナリストの伊藤惇夫氏によると、総理になった人間は必ず3つのことにとりつかれるという。
「一日でも長く総理をやること。自分の手で解散・総選挙をすること。歴史に名を残すこと」だが、菅は国会が延長された70日の中で、このすべてをやってくる。とにかく背後には、総理の妻の座にしがみつく悪妻がついているし、始末の悪いことに国民新党の亀井静香が「自身が打ち出したものをまっしぐらに突き進まなきゃいかん。小泉さんはそれをやった」なんてそそのかすものだから、本人はますますその気になってしまっている。
「IT人脈と関わりが深い亀井さんは、ソフトバンクの孫正義社長を菅首相に紹介し、それで再生エネルギー法案が政治課題に急浮上した。民主党内で孤立する菅首相は軸足をどんどん亀井さんに移しています。再生エネルギーは、霞が関の半分が応援し、利権も厚い。首相が突っ走れば、どんどん仲間やスポンサーが増えてくると亀井さんは言いたいのでしょう」(経済ジャーナリスト)
それにしても、亀井が「小泉さんのように突っ走れ」と言うのは、ブラックジョークだ。亀井にとって、元首相・小泉純一郎は天敵。機会あるごとに小泉・竹中の弱肉強食の市場経済主義や公共事業削減を批判し、郵政民営化のときは「アメリカに郵貯を上納する気か」と体を張って抵抗。その結果、自民党離党に追い込まれ、郵政解散ではホリエモンを刺客に送り込まれるなど、とことんコケにされたものだ。大マスコミが伝えない小泉政治の裏側と大罪を一番分かっているはずである。
◆国民総貧乏を国策にした小泉デタラメ男
繰り返すまでもなく、この国の経済をメチャクチャにし、金持ちと貧乏人の大格差社会をつくり出したのが小泉だ。
先日、戦後の混乱期以来59年ぶりに生活保護が200万人を超えたとニュースになった。労働者の3人に1人は非正規社員で、年収300万円以下の結婚できないサラリーマンが当たり前になっているし、貧困世帯は実に570万世帯だ。こういう国民総貧乏化を“国策”として進めたのが小泉だった。
経済アナリストの菊池英博氏が言う。
「ブッシュ米国に政権の後ろ盾になってもらうために日本市場を差し出したのが小泉政権でした。グローバル化だ、国際競争力だというと聞こえはいいが、市場自由化によって日本企業は弱り、日本の富は持っていかれ、企業リストラ、人件費抑制が当たり前の社会になってしまった。小泉政権誕生前の2000年、日本のGDPは510兆円、税収は51兆円でしたが、いまや470兆円、税収は40兆円以下のありさまです。経済が急激に縮小してしまった。そのシワ寄せを全部こうむっているのが弱者であり、地方なのです」 5年がかりで、こんな売国奴の亡国政治を進めた小泉を見習えとは、亀井もよくぞ言えたもの。
この国がとんでもないことになるのは明らかだ。
◆その小泉を「稀代のペテン師」と呼んでいた菅
菅と小泉といえば、野党党首だった菅の追及に小泉が音を上げ、「公約違反なんて大したことじゃない」「どこが非戦闘地域か私に分かるわけがない」と、失言・放言でごまかす場面を覚えている人も多いだろう。
菅は郵政選挙の最中だった05年8月22日には、自身のブログで「精神鑑定」と題して小泉批判を展開した。
「小泉さん、狂っている」「精神鑑定が必要」と、小泉政治で切り捨てられた地方の声を紹介。しかし、大都市では小泉への期待感がいまだ高いことをこう書いた。
〈二度もだませる小泉純一郎は稀代のペテン師だ〉
それが、今ではどうだ。自分自身が同僚議員にまで「ペテン師」呼ばわりされても、権力に執着し首相のイスにしがみつき、恥じることもない。
しかも、「亀井代表が進言するまでもなく、菅首相はとっくに小泉流の政治手法を真似しています」と、政治評論家の浅川博忠氏はこう言うのだ。
「同じ党内にいる小沢元代表を『抵抗勢力』に仕立て上げる手法や、唐突な浜岡原発の停止要請という『サプライズパフォーマンス』と、いくつも菅首相は小泉流を取り入れてきました。2人の共通点は党内シンパが少なく、政権基盤が脆(ぜい)弱(じゃく)なこと。それでも、長期政権を築いた小泉流の手法を、菅首相は就任当初から研究していたフシがあるのです」
小泉批判の急先鋒だった男は、すでに小泉のエピゴーネン=タチの悪い模倣者に成り下がっているのだ。
◆半壊中の日本経済は全壊状態に向かう
「2代目小泉気取りの菅首相の行き着く先が、“郵政解散の夢よ再び”という脱原発解散です。国民の関心の高いワンテーマを掲げて総選挙に打って出れば、比較第1党程度の議席数は獲得し、さらに延命できると本気で考えています。しかし、筋金入りのテーマで一点突破を図った小泉氏の凄みに比べ、菅首相が唐突に脱原発を持ち出しても、有権者に延命の2文字を見透かされるだけでしょう」(浅川博忠氏=前出)
今度こそ有権者もダマされないだろうが、菅も人をダマすことにかけては筋金入りなだけに心配だ。
それこそ「二度もだませる稀代のペテン師」に引っかかったら、この国の経済は破滅の道へとまっしぐらだ。
「菅首相の脱原発の仮面の裏には、大増税とTPPを推進する邪悪な顔が潜んでいます。弱者に犠牲を強いる大増税と、被災した農民と漁民ごと米国に売り渡すTPPがワンセットで襲えば、その破壊力は今回の巨大津波以上です。ただでさえ、小泉政治と大震災でメタメタにされた東北は復興どころではなくなる。特にTPPは日本全体を海外との自由競争の荒波に放り出す政策です。菅首相は小泉以上に、巨大な戦力差を知りながら無謀な戦争に突入した東条英機に似ています。待ち受けるのは産業空洞化という“焼け野原”です」(筑波大名誉教授・小林弥六氏=経済学)
半壊している経済が全壊してしまうのだ。日本が大災害にのみ込まれる前に、2人目の狂人首相の息の根を止める必要がある。
だとさ????


08. 2011年6月26日 06:48:42: aK0jrrvGig
>役立たずの日米仏汚染水浄化システム

もとよりシステムを設置することだけに意味があった
ここではとにかく何らかの形で、原発推進マフィアへの義理だてと迷惑料を支払う必要があったわけ。
600億ぐらい大した金額ではない。

原発自体はもうどうにも手が付けられない状況であることは、専門家であれば分かること。
無駄なシステムを用意することは、馬鹿な国民に最善を尽くしているかに見せるジェスチャーにすぎない。

成り行き任せで、このままどうにか落ち着けば何とか誤魔化せていけると考えているはずだ。
騒ぐよりは、出来るだけ退避することを考えるべきだ。


09. 2011年6月26日 17:08:31: JrPYjVYQO2
小出先生はタンカーで汚染水を六ヶ所村へと言ってましたが青山繁晴が猛反対で
汚染水すべて福島に埋めると言ってましたがその後どうなったのでしょうか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧