★阿修羅♪ > 原発・フッ素13 > 504.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
毎晩、3号機、4号機の燃料プールから白煙 何かの異変が起これば、直ちに避難せよ!
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/504.html
投稿者 広島県内 日時 2011 年 6 月 28 日 16:56:27: 6oUx8U33ypvD6
 

福島第一原発のライブカメラを見ると3号・4号機の燃料プールから毎晩とんでもない高濃度の煙を大量に放出中である。溶け落ちているとみられるプール内の核燃料は確実にプール底を溶かしつつあるに違いない。

(カレイドスコープより転記)
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-657.html
毎晩、3号機、4号機の燃料プールから白煙
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=xQJdG777htg
ここのところ、ほぼ毎夜、3号機と4号機から白煙が上がっています。
いまさら説明の必要はないでしょう。
3号機と4号機建の使用済み燃料プールに貯蔵されている核燃料棒の冷却がうまくいっていない、ということです。

閲覧者の方の情報によると、昨日の午前中も白煙が上がっていたとのこと。
夕方になって薄暗くなりかかった頃にも、白煙が上がっていたのは管理人も知っています。
この動画は、28日の午前0時から1時間ほど切り取ったもの。
雨上がりの大気、梅雨時の大気は水蒸気が飽和状態になっているので、原子炉建屋から噴出した水蒸気は、そのまま近傍を漂うようになってしまいます。
それにしても、ほぼ毎夜、この現象が起こっているのは、やはり尋常ではありません。
一日一回は「ふくいちライブカメラ」をチェックしましょう。
そして、何かの異変が起こったら、すぐに避難する態勢に移る、これしか言えません。
そして、東電の発表は信じないこと。
そして、最近は原子力安全・保安院のオズラ西山審議官さえ、平衡感覚を失っているようで、とんでもない大嘘を言うようになってしまいました。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月28日 17:44:32: 1laTubqZew
このところ、3号機、4号機、共用プールから放出される蒸気の量が多くなっているようだが、空間線量率には目立った変化が見られない。

揮発性の高い放射性物質に関しては、放出され尽くしたのであろうか?

高木仁三郎さんの「プルトニウムの恐怖」に、

100万キロワット級の原発1基が1年間に燃えかすとして出す放射能(死の灰)は、30-40億キュリー、これは、広島原爆のまき散らした死の灰の約1000倍、いいかえれば、私たちひとりひとりの身体に対する許容量のおよそ2000兆倍にも相当する桁はずれの毒性をもった量である。

との記述がある。

福島第一原発の出力は、1号機46.0万キロワット、2号機78.4万キロワット、3号機78.4万キロワットなので、死の灰の量は、広島原爆がまき散らした量の1000倍を超えるのではないか。

この死の灰は、大気中、海洋中、冷却水中に放出されてしまったのだろうか?


02. 2011年6月28日 18:13:16: EbYhz07urA
わざわざ3号や4号炉が見えにくいとこにカメラ移動したんだな・

03. 2011年6月28日 20:03:09: u4J42HuFFY
テレビでは あまり報道されてないことに ますます不信感を 抱いてます。

再臨界ではないでしようか?


04. 2011年6月28日 20:22:40: 8awOEz3Txc
ガンマ線の線量計にはひっかからない、何かモノスゴイモノが出てたりしないの?

05. 2011年6月28日 21:15:10: iQinVlOl1c
やっぱり再臨界してるらしいぞ。(原子力緊急事態宣言)
http://phnetwork.blogspot.com/

06. 2011年6月28日 21:37:38: dzqRyfwCmo
白い水蒸気or湯気がモクモクの時は、TBSのライブカメラはなぜか視聴不可能。

07. 2011年6月28日 23:19:19: QWRUd5cPfI
6月27日、TBSライブカメラに捕らえられた3号機4号機の白煙。
ふくいちカメラとセットになっている。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=mtzMO_cnH9Y

それから、この人物、Happy20790 ハッピー氏は作業員を装っているが、正体が見えた。原発関係者に間違いはないけれど、その目的はウソと事実を巧みに織り交ぜて政府東電のペースに乗せること。安心安全を売る御用学者と同じ役割を果たしている。この人物によると、夜4号機の周りでピカピカ光るのは無人ヘリコプター「T−ホーク」を飛ばしているからだそうな。夜、ライトをつけて(飛行バランスを悪くする)飛ばす意味は何もない。策士、策に溺れるとは、このことだ。なお、NHK報道によれば、「T−ホーク」が飛び立った時間は朝の6時半頃。
http://www3.nhk.or.jp/daily/english/24_33.html
《以下引用》
@Happy20790 ハッピー
続き:墜落してニュースになって初めて知った人多いだろうなぁ?4号機の光であれだけネット騒がしかった時にちゃんと発表すれば良かったのにね。きっと、また隠蔽っていわれるんだろうなぁ。昼間飛ばすと危ないから夜飛ばしてたみたいだけど…。
6月24日 Keitai Webから
@Happy20790 ハッピー
2号機の屋上にTホーク墜落しちゃった。以前につぶいたけど、やっぱ夜飛ばしてたんだね。4号機の質問の多くに夜中の閃光とか爆発とか、なんか光ってるとかあって質問に答えたんだけどね。
6月24日 Keitai Webから
http://twitter.com/#!/Happy20790


08. 2011年6月28日 23:27:01: vYaTE3dzKU
自分もハッピーって奴は作業員のくせによく呟くヤツだなと思っていた。
東電の犬と見て間違いない。

09. 2011年6月29日 00:14:09: oz33FCcPgo
>>08
現場の状況は厳しく口止めされているはず。
こういう情報をお咎めなしに流せるのは東電工作員以外にいない。

3,4号機の危機的状況を隠すために安全デマを流すのが任務。
無人ヘリコプターを見通しがきかない夜間に飛ばすなどお笑いだ。


10. 2011年6月29日 02:02:51: 5jYeO4Stmk
続きB:4号機の中にも入ってきたよ。補強工事の作業員が頑張ってました。来週位にはコンクリート打設出来そうな感じ。4階まで足場登って上がって来たけど、疲れた〜(>_<)やっぱり上は壁も手すりもないからちょっと怖かったです。
Keitai Web • 11/06/25 20:53

四号機は当初近寄れないのでヘリコプターや消防車で水を加えてたはず。まして四階は放射能はないのかな。ブール付近は放射能かなり高そうなのだが。


11. 2011年6月29日 04:08:42: vR51qMRYRM
2号機みたいに密室の水蒸気を抜く為に、目立たない夜間に扉を開閉してるんだと思うよ。チッソも夜になると排水パイプを開いてたでしょ。一緒。
それと燃料プールへの注水がうまくいってなくて、漏水覚悟で一挙に大量の注水をしているかだ。気温が下がってくるから、どうしても煙になる。放射性物質の量は元々がじゃじゃ漏れだから数値には出ない。爆発して拡散しているわけでもなし。ただし、こんな打つ手なしの状況じゃ、向こう2,3年はこの高濃度放射能の中で暮らすことを覚悟しないといけない。本来、再冷却される水分だからね。

12. 2011年6月29日 07:03:39: NPvaW400Qc
07,09,10さん、ハッピーさんのツイートでは、私も同じ疑問をもってました。特に、4号機は毎晩あんなに煙を吐いてるのに、「中に入った」「4号機は大丈夫」と強調しすぎ。東京に行ったり、休みとったりもツイートしてるので、誰が書いているか、すぐにばれてしまうはず。東電の工作員なのは間違いないでしょう。
ウソと真実を織り交ぜて、なかなかうまいもんです。

13. 2011年6月29日 12:05:59: oz33FCcPgo
この程度の工作員をすぐ見破れないようではアシュラー失格です。

14. 2011年6月29日 12:23:48: eSEtzg7MfI
ラッキー氏はやはり工作員決定だね。
まあこの数日で「オイラ累計250ミリシーベルトに達しそうなんで…」とか理由を作って消えるだろうよ。株主総会も終わったしね(笑)

15. 2011年6月29日 19:53:26: BznfFe0oKo
最近、咳をしてだるそうな奴が多くないか。被曝の影響じゃないか。

16. 2011年6月30日 00:09:03: vYaTE3dzKU
ハッピーはいつから呟いてるんだ?
日数的にはとっくに累計250ミリシーベルト超えてるだろうが。

17. 2011年6月30日 00:18:04: Tkw4yRnuto
この現象じゃないですか?
ttp://www.kobelco.co.jp/ipp_project/qa/1173883_7357.html
まあ、これだとしたら昼の間も夜見えているのと同じくらいの水蒸気が出てるってことなんですが。

18. 2011年6月30日 01:15:34: ieWTAudjoA
西山さんは結構正直だったのですか?女問題で更迭されちゃって。かわいそう。

19. 2011年6月30日 02:01:34: iEe69CTcRQ
>>15
実は、同じ事を感じている。
変な咳をしている奴が多い(本人曰く、風邪をひいている訳ではなく原因不明との事)。

20. 2011年6月30日 02:18:13: SDhL4rJ8nk

今回の福島第一原発事故による放射線被ばくで、(原発付近で大量の放射線にさらされている作業員や、自衛隊、消防、警察などを除き)少なくとも一般公衆において、がんは増えないと予測する。

放射線汚染(内部被ばく)を恐れるあまり、政府や自治体が出荷制限・摂取制限していない野菜・魚・水までをも警戒し、摂取しないと、かえって健康被害が生じかねない。

今回の事故に影響を受け、放射線被ばく(外部被ばく)を恐れ、X線やCTなどによる検診(健診)を受けないと、がんを早期に発見できず、進行がん・末期がんに至る可能性がある。

放射線に対する正しい理解を欠いたままでは、放射線への恐怖・懸念・ストレスが大きくなる可能性がある。


21. 2011年6月30日 02:19:47: SDhL4rJ8nk

放射線の人体への影響として、第一に「発がん」があげられるが、放射線によるがんと放射線以外の原因によるがんを、症状で区別することはできない。

 放射線ががんを引き起こすかどうかを知るためには、放射線を受けた集団と、放射線を受けなかった集団、この二つの集団を比べて、発がん率の違いを調べるのである。

 原爆を投下され大きな被害を受けた広島・長崎の被爆者を長年調査した結果、だいたい100〜150ミリシーベルトを超えると、放射線を受けた集団の発がん率が高くなることがわかっている。裏を返せば、100ミリシーベルト以下では、発がん率が上昇するという証拠がないのである。

 がんはさまざまな原因で起こる。細胞分裂の際のコピーミスが基本なので、放射線のみならず、老化、タバコや酒、ストレス、不規則な生活習慣でも起こる。

 100ミリシーベルトの放射線を受けた場合、放射線によるがんが原因で死亡するリスクは最大に見積もって、0.5%程度と考えられている。

 現在、高齢化の影響もあり、日本人の2人に1人は(生涯のどこかで)がんになり、3人に1人はがんで亡くなっている。つまり、がんで死亡する確率は(だれにとっても)33.3%である。放射線を100ミリシーベルト受けると、これが33.8%になることを意味する。

 人口1000人の村があれば、そのうち333人は、放射線がなくても、がんで死亡する。この村の全員が100ミリシーベルトの放射線を被ばくすると、がんで死亡する人数が、338人になるだろう、ということである(現実には、増加は5人以下だと思われるが)。

 ところで、発がんのリスクは、実はタバコのほうがずっと大きいのである。
 
 日本人の場合、タバコを吸うとがんで死亡する危険が、吸わない場合より、1.6〜2.0倍になる(国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究部)。

 一方。2シーベルト(2000ミリシーベルト)も浴びないと、がん死亡のリスクは2倍にはならない。タバコの発がんリスクは、放射線被ばくとは比べものにならないほど高いのである。


22. 2011年6月30日 02:20:50: SDhL4rJ8nk

日本の自然放射線は、他の地域と比べると多くはない。世界平均が年間2.4ミリシーベルト、日本の平均は年間1.5ミリシーベルトである。ただし、地域差がある。平均して西日本は東日本の1.5倍。放射性物質を含む花崗岩が多いからである。関東平野では、火山灰地(関東ローム層)で大地からの放射線が’遮蔽’される点もある。

 富士山の山頂では大気(=自然の防護膜)が薄くなるため、宇宙からの放射線の量は平地の5倍もある。さらに宇宙空間では、はるかに多くの放射線が飛び交っている。宇宙空間では、1日に約1ミリシーベルトの被ばくをする。日本の年間被ばくの3分の2を1日に受ける計算になる。宇宙飛行士が半年くらいで地上に帰還するのは、放射線量が限度を超えて、健康被害が問題になるからである(半年で、約180ミリシーベルトとなり、福島第一原発の作業者の被ばく者並)。

 ちなみに、南インドのケララ州では、年間の自然放射線量(屋外)が、平均4ミリシーベルト、高いところでは70ミリシーベルト(!)を超える。これは、トリウムを多く含む鉱石の’モナザイト’が多いからである。しかし、鹿児島大学などによる疫学調査の結果でも、この地域でとくにがんは増えていない。


23. 2011年6月30日 02:22:03: SDhL4rJ8nk

500ミリシーベルトの放射線を一度に(勢いよく)全身に受けると、白血球が減少する。しかし、1日当たり1ミリシーベルトの放射線を、500日かけて受ける場合は、白血球は減らない。積算量は同じ500ミリシーベルトでも、放射線を浴びる期間の長短によって影響が違ってくる。

 人間は一度に200グラムの食塩を摂取すると、50%の確率で死亡する。しかし、厚生労働省が日本人の塩分摂取量の目安を1日10グラムとしているように、同じ200グラムの食塩でも、1日10グラムを20日に分けて摂るなら問題はない。代謝によって塩がその都度、体外に排出されるからである。放射性物質の場合もこれに似ている。

 毎時1マイクロシーベルト被ばくが続くと、積算して11.4年で100ミリシーベルトに達する。これは短時間であれば、人体に影響が出始める数値である。しかし、毎時1マイクロシーベルトという積算速度では、傷つけられたDNAが回復するなどの仕組みによって、医学的にはほとんど影響がないと言えるのである。


24. 2011年6月30日 02:23:18: SDhL4rJ8nk

チェルノブイリの原発事故では、白血病など、多くのがんが増えるのではないかと危惧された。しかし、実際に増加が報告されたのは、「小児の甲状腺がん」だけであった。小児甲状腺がんが増加した最大の原因は、旧ソビエト政府が、当初、事故を認めず、初動が遅れた点である。この点、福島第一原発では、まずまず適切な対処がなされてきたと言える。

 放射性ヨウ素(I−131)は、体に入るとその30%程度が甲状腺に取り込まれる。これは、甲状腺ホルモンを作るための材料がヨウ素で、甲状腺がヨウ素を必要としているからである。

 普通のヨウ素も放射性ヨウ素も、人体にとってはまったく区別がつかない。物質の性質は、放射性であろうとなかろうと同じだからである。例えて言えば「食べ物があったので食べてみたら、毒針がついていた」ということなのである。

 ヨウ素は甲状腺ホルモンの合成に不可欠であるが、その摂取のほとんどが海草からのものである。チェルノブイリのように地理的に見て海草が少ないところでは、常に甲状腺はヨウ素を欲しがっている状態である。そこに天然には存在しない放射性ヨウ素がやってきたので、どんどん取り込まれてしまった。

 日本人は普段から海草や海産物を食べているので、日本人の甲状腺は、チェルノブイリの人たちに比べれば、普通のヨウ素で満たされた状態にある。だから、放射性ヨウ素の取り込みも少なく、チェルノブイリほどの影響はないだろうと考えられる。

 放射性ヨウ素の場合、放射されるベータ線は、線源から2ミリくらいのところで止まってしまうから、甲状腺という組織が「選択的」に照射されることになる。結果的には「局所被ばく」の一種だと言える。

 なお、甲状腺がんの放射線治療(放射性ヨウ素内用療法)では、3.7ギガベクレル(3.7×10の9乗㏃「ギガ」は10億!)という強い放射性ヨウ素を口から飲み込むのであるが、それでも全身への影響がほとんどないのは、放射性ヨウ素が甲状腺に集まり、全身への被ばくを抑えるからである。

 チェルノブイリの子供たちは、避難や食品規制の立ち後れから、放射性ヨウ素に汚染されたミルクを飲んでいた。子供の細胞分裂は活発で、放射線による発がんリスクが高いため、小児の甲状腺がんが増えたものと思われる。

 なお、がんはできる部位(臓器)や進行度(ステージ)によって千差万別であるが、甲状腺がんは、がんの中で、もっとも治癒しやすいがんである(治療後の5年生存率は95%以上)。


25. 2011年6月30日 02:24:32: SDhL4rJ8nk

1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所4号機で起きた爆発事故では、広島に投下された原子爆弾400発分の放射性物質が放出された。

 当時、旧ソビエト政府は住民のパニックを恐れ(冷戦下でもあり)、この事故を数日公表しなかったため(もちろん避難指示もなく)、近隣の村は大量の放射性物質を浴びることになった。

 事故後の復旧作業にあたった作業者53万人の平均被ばく量(全身=実効線量)は117ミリシーベルトに上った。避難した近隣住民11万5千人の平均被ばく量は、全身=実効線量で31ミリシーベルト、甲状腺では490ミリシーベルトと報告されている。さらに、チェルノブイリに近い、ベラルーシ、ロシア、ウクライナ、の640万人の住民については、全身で平均9ミリシーベルト、甲状腺で102ミリシーベルト、その他全ヨーロッパ(トルコ、コーカサス、アンドラ、サンマリノを除く)では、それぞれ0.3ミリシーベルト、1.3ミリシーベルトと見積もられている(国連科学委員会UNSCEAR2008年報告附属書D)。

 この事故による小児甲状腺がんの発症は、国際原子力機関(IAEA)の公式見解では、2006年までに発見された患者が4,000人、死亡が確認されたのは9〜15名、とされている。

 事故の正式発表や避難措置が遅れ、放射線に汚染された飲食物が規制されず、甲状腺に特異的に放射性ヨウ素が集まったため、人為的・必然的に起きたことであった。

 1979年3月28日、アメリカのペンシルヴェニア州スリーマイル島の事故では、@減速材(放射線、詳しくは中性子線のエネルギー放出を抑えるための資材)として水を使用していた、A核分裂は停止していた、B格納容器があった、ということで福島のケースに近いことが分かる。長期の詳細な調査が行われたが、事故が、住民の健康に有意な影響を与えたという結論は出ていない。

 福島第一原発の事故は、2011年4月12日、国際的な事故評価尺度(INES)で「深刻な事故」とされるレベル7に引き上げられた。チェルノブイリと同一レベル。ただし、放射性物質の外部への放出量は1ケタ小さいとされる。国際原子力機関(IAEA)は「レベルは同じでも、事故の構造や規模では全く異なる」とコメントしている。


26. 2011年6月30日 02:25:48: SDhL4rJ8nk

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E6E2E6998DE0E6E2E4E0E2E3E39180EAE2E2E2

セシウム拡散予測、3年後ハワイ、5年で米西海岸に、原子力機構「海産物、食べても影響なし」


27. 2011年6月30日 02:43:04: EGaQ73B5yp
>>20>>21>>22>>23>>24>>25>>26と、例によって、いつもと同一の、
典拠も示すことすらできないエセ科学的な「被曝安全教」の
無駄に長〜い念仏を延々と貼り付けて、掲示板の妨害工作を
行なっている「SDhL4rJ8nk」というコメント投稿者は、
これまた、いつものように、テメエの投稿履歴を巧妙に消して
卑怯な妨害投稿ばかりしているおなじみの工作員なのですが、
こいつは、自称「霊能者」として詐欺セミナー商法を行なっている
「被曝安全教」嘘島隆彦のところのカルト信者ですので、
皆さん、こいつらのエセ科学的なペテン念仏に騙されないようにご注意を!

カルト信者はオツムが弱いので、>>31のようにペテン宣伝団体「原子力機構」の
洗脳パブ記事まで貼ってますが、これは「SDhL4rJ8nk」が“勤行”のつもりで
せっせとやってる信仰告白の儀式みたいなものですから、笑ってやって下さいな。

この連中は、ハイヤーにのって福島県内に「突撃」(笑)して
簡易計測器で(正しい測定法も知らぬまま素人の無知丸出しで)
ポイント計測した結果がたまたま低い数値だったと言い張って
福島県の原発近隣被災者に、避難をやめて原発近隣に戻って
地元の汚染された農産物をバクバクたべて健康に暮らせ、とキチガイじみた
勧告を公言したのでしたが、その後の現地の展開が、史上空前の放射能
汚染になっていることは誰もが知っています。ところが嘘島カルト集団は、
自分らの過ちを認めるのがイヤで、こんどは「名が先大学」の御用学者・
山師多教授らの放射線被曝安全論をもちだして、それでテメエらのウソを
正当化しようと必死です。その結果、典拠不明のエセ科学的な被曝安全デマ
を、毎日IDを変えながら、阿修羅のあちこちのコメント欄に、長文連続投稿
して掲示板荒らしをしながら、放射線被曝の危険性論議をつぶそうとしています。


出典不明の長文怪文書を執拗に連貼りして荒らしを続けるなら、
この怪文書の著者と版元を特定して、その著者と版元に対して
掲示板荒らしの威力業務妨害に関する法的措置をとりますので、そのつもりで。
(怪文書をスパム投稿して違法宣伝をしている可能性もあるので、このような
対応をするつもりです。)
 
嘘島隆彦カルトは、これまでにも有名な学者のネームバリューなどを乱用して
自分たちの権威付けを行なうという詐欺行為を常用してきましたし、「アポロ
11号の月面着陸はなかった」などのエセ科学的新興宗教で科学的リテラシーを
持たぬ人々をカルトに勧誘してきました。研究社の英和辞典はインチキだ、
などと妄想を宣伝して、日本国じゅうの英語学者から嘲笑され、学者のふりを
してトンデモを語ってオチコボレを集める5流詐欺師であるという認識が
すでに20年くらい前から確立している、低教養カルト詐欺の常習犯、それが
嘘島隆彦と餓鬼悶道場の、確立した評価なのです。

国際的な被曝規制政策の根本思想すら理解できない馬鹿、あるいは
原子力豪商J・ロックフェラーに魂を売った黄色いチンドン屋モンキー。
嘘島隆彦のカルト信者は、阿修羅で詐欺宣伝をマルチポストしている暇が
あったら、親分がかつて学問道場掲示板で絶叫したように、
「決死隊」でも組んで福島原発に作業しに行け! 
このペテン師どもめ!


28. 2011年6月30日 03:31:09: BdJmyrU2ZY
BWRのWikipediaでの説明では制御棒は長期的な出力制御に用い、
  『短期的な制御にはボイド制御を使用する』
とある。
「なんだぁ〜それは?」の諸兄に説明すれば、「ボイド」とは一次系の中性子減速剤の「自称軽水」の中の水蒸気泡のことで、それの「数」により、短期的な出力制御を行う、ということです。えぇっ!なんですかぁ〜それ、ん?ややっ、核心に近づいてきました。
はい、「気泡」が減速剤の中に存在すれば減速剤の実効体積が減り、熱容量も減ります。体積当たりの質量が減りますから。冷却が止まると温度が上がって気泡が増える。いわゆるボイド係数が発散している、そういうことです。それ、ん?そこへ、MOXを何の変更も無しに使用すると・・・。いや、使用せんでも・・・。つまり、止められる訳ないやろ!

29. 2011年6月30日 03:41:36: EwivKFDMDU
福島原発から出て風、水、動植物で拡散しているものは安全じゃないだろうが、
安全じゃないとはっきり認めたら福島原発から230キロ離れた東京の経済価値
が暴落しかねないので発表できないというのもあるのでは?
東北関東は安全じゃないから東北関東に住む数千万人の住民はカバンひとつで
どこかに引っ越せと言われてもローンを抱えた住民も困るはず。
これから生まれる赤ちゃんが最大の犠牲者にならないことを祈るばかりだ。

30. こいのぼり 2011年6月30日 05:58:17: xt9x0fhVG1HBg : liOWGQJXrr
東電からお金をもらっている人の発言には気をつけないとね。安全デマで死んでしまいます。

31. 2011年6月30日 07:10:12: 3VmFIBVUUc
【au】=【KDDI】=【原発推進派】

【KDDI】は東京電力の大株主

【au】=【KDDI】です

もし?あなたが【au】をもっているなら?【原発推進派】と見なされます

ただちに 他社に切り替えなさい

友達 親族に【au】がいたら このことを伝えなさい

きれい事言ってる 稲森は詐欺師です


32. 東雲 2011年6月30日 08:20:41: AZh2VOIOk3HdE : jeeOWGGwFw
>>15 >>19

鼻血・咳は低線量被曝の症状、で決定のようです。

【鼻血・咳】放射線症?傾向と対策スレ【金属臭】
http://logsoku.com/thread/hato.2ch.net/lifeline/1303237994/

【原発問題】 福島原発から50キロ  福島・郡山では今 大量の鼻血、下痢、倦怠感
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1308496434/

鼻血が出たと書き込む関東地方在住者が目立つ(転載)
http://ameblo.jp/4matic/entry-10863113402.html


33. 2011年6月30日 08:24:36: nFLfJ6zmeM
>24の補足
甲状腺がんは、がんの中で、もっとも治癒しやすいがんである(治療後の5年生存率は95%以上)が、チェルノブイリの甲状腺がんは転移する確率がとても高い悪性のものが多く、大人でさえも命を落とした人も多かった。産まれる子どもの脳は周辺地域に比べて小さく、知能も低い傾向にある。脳の大きさの減少はチェルノブイリ周辺のツバメの子にも認められる。一見正常な個体でも遺伝子は不安定な傾向にある。

34. 2011年6月30日 11:27:03: 2o7lBVEm6S
東電のふくいちライブ映像とTBSの福島第一原発ライブ映像を見比べると
カメラアングルは違うが、TBSにはクレーンで作業している様子が映って
いるのに、東電のライブでは見当たらない。
東電のライブ映像は昼間はいつ見ても靄や雨、煙の状態がほとんど
反映されず、画面の明暗が変わるだけのようで本当にライブ映像か疑問
が有ります。
TBSも実況映像が見えない時があり、その時は後で現場の状況が悪化し
煙や水蒸気が大量にでている事が多く。
いずれにしろ信頼性に?がつきますがいかでしょうか。

35. 2011年6月30日 11:40:16: sLnzxnjnGL
>31

つうか
経団連関連企業全部が原発推進派だろ。本来、社員全員がサボタージュすべきなんだが、勝ち組と勘違いしてる奴隷ばかりなんで、原発は廃止できない。
つうことで、みんな給料が大事なんで原発推進が民意になってしまうわけだ。


36. 2011年6月30日 12:49:59: EwivKFDMDU
ただ原発反対を叫ぶ人のなかには韓国人や中国人もおり、彼らは自国の原発
にはまったく反対しないし推進派だが日本の原発だけは猛反対する。
プルトニウムが安全と言い張る人も精神病理だが、原発反対の韓国人や中国人
も精神病理であり、英知ある発言者が待望される。

37. 2011年6月30日 12:57:05: EwivKFDMDU
調べてみると福島原発を建設する時に日本の物理学者の中には構造に欠陥が
あるから30年から40年で爆発するという理由で反対した人もいる。
すると福島原発の堤防が海に面しているにも関わらず低かった理由に関して
従来とは違う推測が可能になる。
それは原発推進派も福島原発は21世紀初頭に爆発すると考えていたので、
その際に汚染水を海に放出するとしたら高い堤防で囲っていたら難しいので、
汚染水排出を容易にするために堤防をあえて低くしていたという推理である。
今ではありえない発想だろうが、福島原発の建設が進められた60年代であれば
爆発したら汚染水を海に流せばいいという発想は当たり前のように推進派はして
いたと思うよ。

38. 2011年6月30日 13:16:07: EwivKFDMDU
日本で原発推進したのはすでに亡くなっている明治生まれなのだが、明治生まれ
の発想では「原発が爆発して土人どもが死んだからと言ってだから何なのかね?
死んだらまた産めばいいだけだ」というものだったと思う。
やっぱりその発想では爆発してしまう。

39. 2011年6月30日 13:48:36: yxstEvnWG6
>>38
端的にいって、そういうことだと思います。

40. 2011年6月30日 16:19:55: EwivKFDMDU
>>38
福島原発で原子炉が増設された70年代は今とは違い日本の人口がドンドン増えて、やがて住むところが無くなって内戦や飢餓が起きると考えられていた。
エリート階級だけではなく、満員電車に揺られる東京のサラリーマンも人口が
減れば快適な通勤ができて、過剰な出世競争から解放されると当時は考えていた。
ならば当時の政財界を牛耳っていた明治生まれの大物が「原発事故で国民が
死んでもまた産めばいい」と考えたとしても当時の常識ではおかしくない。
当時は過労死や労災事故死も産業報国の名誉の戦死と呼ばれていた時代だ。

41. 2011年6月30日 17:02:36: EwivKFDMDU
ガンバリズムの恐怖も指摘しておきたい。
太平洋戦争末期の沖縄戦で現地の少年達が体に爆薬を括りつけてアメリカ軍の
戦車に体当たり攻撃を仕掛けようとして機関銃で射殺されたのは明治生まれの
ガンバリズムによる戦争行為だったと思う。
しかしさすがに戦後60年が経過し、ガンバリズムはせいぜい「企業のために
頑張って働こう」という程度の企業内ガンバリズムに変節したのだろうと思って
いたら3,11が起きると「津波で街が消滅しても、プルトニウムを大量に
食べてしまっても頑張れ、どうせ人間遅かれ早かれ死ぬんだから喜んで捨て駒
になれ」という話に摩り替わった。
企業内ガンバリズムのカードをめくると裏側には「お国のために体に爆薬を
括りつけて敵の戦車の下に潜り込んで自爆しろ」というのと同程度のメンタリティ
があり、「こういうことだったのね」とため息が出てしまう面はある。

42. 2011年6月30日 19:08:41: N1rrBpPxA6
工作員であっても、現場で命をかけてがんばっている作業員であることに変わりはない。現場へ行かずにぶーたれるのは簡単なこと。東電への中傷は良いけれど、ハッピーさんの存在を否定するようなことはやはりいけないと思う。彼の仕事とツイートを混同しなようにしてほしい。

43. エジソン 2011年6月30日 19:52:57: ze87PZKTznR0c : ikT3OQrBsA
42. のN1rrBpPxA6さんと同じく、ハッピーさんを単に非難するのは違うと思う。自分で調べてみてそれを言ってるの?単に誰かの発言に同調してるだけじゃない?自分自身で考えもせずに、人を中傷する事こそ恥じるべき行為。現に、どこのモニタリングポストの値も上がっていない。逆に下がりつつある事は調べてる?雨で一時的には上がるけど、その後すぐに下がる。そんな経過もきちんとチェックして言ってる?そこまでして言うならそれはそれで良いともう。個人的には、ハッピーさんにこれまで同様に、暑い中大変だと思うけどがんばってと応援したい。

44. 2011年6月30日 20:36:05: a6jVRUboP0
大元の投稿が、「蒸気があがってるから大量の放射能が漏れてるはず。」
だからねえ。蒸気なんてのはそりゃ高温のお湯があれば出てくるし、その出方もその日の湿度や風の流れで全然違う。普通の化学プラントの煙突の湯気見て、有毒な化学物質が漏れてるにちがいないと言ってるのに等しい。
そもそも低量被曝で鼻血って本気なの? 被曝して実際に鼻血出た人は、JOCの臨界事故で一番大量に放射能浴びた人だよ。鼻の毛細血管まで粘膜が破壊されてるレベル。とっくに死ぬって。w
チェルノブイリで知能低下とか書いてる人も、元論文教えてくれないかな? そんな事初めて聞いたわ。反原発クラスタの人間は平気で差別デマや侮辱発言とかよくするわ。
日本は別に出国とか移動は規制されてないので、ほんとに怖いならとっとと日本や関東から出て行ってくれ。

45. TSさん 2011年6月30日 20:54:50: GYy/G01SNbFPg : g6CfDIkZt2
まず、ハッピー氏は東電工作員ではない。メーカー系であるのは容易に推測できる。
4号機は比較的安全。そもそも燃料が気中に出ていなければ他の線源がない限り、それほど線量は高くない。再臨界なんかしたら作業中止。
そもそも現場は外野がどうこう言うほど悲観していない。
東電批判も結構だが、今回の反省と今後何ができるか、何をすべきかを議論するのが優先では。
陰謀論からは何も生まれない。

46. 2011年6月30日 20:57:06: c2xdXOeddE
福島の人間が血反吐はいてのた打ち回って死ぬのを期待してる連中の巣窟だろ

47. 2011年6月30日 21:17:15: Per1o3kx8Q
 ウランの燃料棒は、メルトダウンしても生きている。できるだけ早く死んでほしいのだが、生き物はいつか立ち上がって暴れたいと思っている。
 なんとか立ち上がらないように押さえつけているのが現地の作業員の人たちだ。しかし生きているからには、腸内からガスが発生する。作業員の方々は、そのガスも抑え込もうと努力している。しかし屁を我慢するのは不可能だ。そこで東京電力は、せめてもの良心で、または放射能が検出される恐れが少なくなるよう、夜、西風が吹いているときだけ放出しているのだろう。
 夕方から始まるのは、トイレでしようと思っても、トイレの手前で思わず我慢しきれなかったというやつだろう。
 作業員の方々。なんとか押さえつけて暴れようという意欲を失わせてください。

48. 2011年6月30日 21:19:26: EwivKFDMDU
東電は福島原発事故が起きる以前から「プルトニウムを食べても安全」と宣伝
していたのだから、事故後に「プルトニウムを食べても安全」と言っても一貫性
はそこにある。
善悪はともかく、一貫性はある。
ところが原発推進派=保守の中には事故前は「ソ連のチェルノブイリは多くの
赤ちゃんが放射能で奇形化して本当に悲惨でした、共産主義が生み出した悲惨
な放射能事故でした」と言っておいて事故が起きたらコロッと論旨を摩り替えて
「チェルノブイリは安全だったし、放射能を恐れる人がおかしい」と言い出した
のだから論理崩壊しているわけよ。
「安易な体制派の馬脚」が曝け出されているわけです。

49. 2011年6月30日 21:24:26: EwivKFDMDU
原発推進派にもいろんな人がいるわけでしょう。
「たとえ原発にリスクがあっても原子力の研究をするためにはリスク覚悟で
取り組むべきだし、科学の発展は人類がリスクを恐れず挑戦したからこそ実現
して多くの人に恩恵をもたらした」という人もいれば、「とりあえず飯を食う
ために東電の擁護をしとこう」という人もいる。
前者はキューリー夫人などに連なる発想だが、後者は明らかに低次元だよ。

50. 2011年6月30日 21:55:11: qkElM6YTMo

 放射線が胎児に及ぼす影響には、奇形、胎児の致死、成長の遅延などがある。ただし、妊娠期間中に100ミリシーベルト(積算)以上の放射線被ばくがないと、これらの影響は見られていない。

 妊婦(胎児)や乳児が放射線の影響を受けやすいのは、細胞分裂が活発だからである。細胞分裂のときDNAが不安定になり、傷つきやすくなるのである。

 器官形成期と呼ばれる妊娠初期の2か月間が特に放射線の影響を受けやすく、また妊娠2か月〜4か月の胎児期初期も、比較的影響を受けやすいとされている。また、胎児の体が小さいことも一因である。薬でもアルコールでも、体が小さければ影響が大きいのと同じである。

 赤ちゃんは「これから生きていく時間」が長いことも発がんリスクに関係する。細胞のコピーミス(がん細胞の発生)があってから、がんが検査で見つかるほど大きくなるまでには、10年〜20年ほどかかる。つまり、90歳の人が「これから新しくがんになる可能性」はゼロに近い。しかし、赤ちゃんは今後の長い人生の中で、「がんになる可能性」も高くなる、というわけである。

 妊娠前の女性の被ばくによる影響が、胎児に及ぶことはない。安心して出産を迎えていただいて大丈夫である。

 このことは国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告「妊娠と医療放射線」に示されている。その要旨には「胎児が浴びた放射線の総量が100ミリグレイ(=100ミリシーベルト)以下では、放射線リスクから判断して妊娠中絶は正当化されない」と書かれている。

 小学生や思春期の青年の健康を心配する声もある。大人に比べればまだ小さいし、人生の長さを考えれば、同じ放射線量でも、大人より影響は大きいはずである。体の大きさや年齢などから、幼児用と成人、いずれの規制値をあてはめるか考える必要がある。

 食品の規制値は、そもそも幼児の基準に合わせてあるので、かなり安全である。脱毛や白血球の減少といった「確定的影響」は、250ミリシーベルト以下の被ばくでは起きないので、心配はいらない。


51. 2011年6月30日 22:33:10: 24LyAb97NI
>>45
安全厨工作員乙

>>36
今や日本の技術力はどんどん落ちてるのだから
韓国の原発のほうが安全なのはある意味当然


52. 2011年6月30日 22:54:56: EwivKFDMDU
>>50
それはおかしくないか?
また科学的に立証された意見なのか?
母親の喫煙、アルコール、麻薬摂取が胎児に悪影響を与えることは知られている。
母親が摂取したものがへその緒を通じて胎児の栄養になっているからだ。
では母親がプルトニウム、セシウム、コバルト、ストロンチウムなどの放射性物質
を摂取しても胎児に悪影響は無いのか?

53. 2011年7月01日 00:44:43: qVXVjBqsBg
>51、コリョーリのは、信用の無い日本企業のカンニングだとバレてるぞ。

54. 2011年7月01日 10:02:43: oz33FCcPgo
>>50
>妊娠前の女性の被ばくによる影響が、胎児に及ぶことはない。
>安心して出産を迎えていただいて大丈夫である。

これはIAEAのイカサマ見解。大嘘である。

「汚された大地で チェルノブイリ20年後の真実」
http://www.youtube.com/watch?v=BiFTMaApEpw&NR=1
http://www.youtube.com/watch?v=ZK7T6BDiB1c&NR=1

「染色体の異常が精子や卵子の生殖細胞で起きれば、
子供に先天的な病気が現れる可能性があります」

「ゴメリで生まれた子供に染色体の異常が見つかる頻度は
 ミンスクの子供の10倍にのぼった」

「事故後、ベラルーシでは先天的な病気を持つ子供の数は2倍に増えている」

「親の生殖細胞の染色体に突然変異が起き、子供が先天的な病気になった割合は、
 汚染が少ない地域で68%、汚染地域では89%」


55. 2011年7月01日 11:21:58: EwivKFDMDU
原発反対派も色々いるが正体がバレた勢力も存在する。
「日本の原発には猛反対するが、中国や朝鮮半島の原発は積極推進派」
というインチキな姿勢が見え隠れするのもいるからだ。
かっての左翼の核廃絶運動が「アメリカの核は悪いが、ソ連や中国の核は
素晴らしい」と唱えたのと同じだ。

しかし日本の原発推進派も「確かに原発はリスクはありますが、この新型の
原子炉であればより安全性が高いですよ」という青写真は描けない。
情けないかなそこまでの原子力技術が無いからだ。
だからどうしても「プルトニウムを食べても安心、電気が足らなくなっても
いいのか、福島原発の作業員の苦労を考えたら批判などできないはずだ」という
論法しか振り回せない。


56. 2011年7月01日 11:36:07: EwivKFDMDU
これは日本の原子炉に限らず世界中の原子炉に関して言えることだが、
自国の技術水準に応じたものを建設しないと事故を起こすとまるで対応できない。
事故以前に修理すらできない。

スリーマイル島事故は深刻な事故に陥る前にアメリカの技術で止めた。
チェルノブイリはソ連の技術力を超えた実験をやって暴走したが、10日間で
石棺化する技術と動員体制をソ連は持っていた。

しかし日本は技術不足で情けない対応をしているのだし、車のエンジンもろくに
作れない韓国が原発事故を起こした場合もろくな対応はできないだろう。

この点から考えれば事故対応能力が低い日本や韓国が作ってもいい原子炉は
手のひらサイズのミニ原子炉ということになる(笑)


57. 2011年7月01日 12:34:12: oz33FCcPgo
>>56
スリーマイルはたまたま運が良かっただけ。
チェル石棺は、独裁国家が放射能に無知な国民をだまして建設した。
もうボロボロでさらに覆う計画が進行中。

おフランス製除染装置もちゃんと動かないし。

どこの国の技術も似たり寄ったり、お粗末くんだよ。

原子力はとても人間が扱える、制御できるものではないということ。

未だ実用化レベルに達していないし、永久に達しないだろう。
大学の研究レベルに留めておくべきものだ。


58. 2011年7月01日 13:01:30: EwivKFDMDU
>>57
アメリカはスリーマイル島事故のような放射能事故を国家だけではなく、
国民レベルで想定していたのだよね。
昔のアメリカのテレビSFドラマでは放射能で昆虫が巨大化して人間を襲う
ようなのが多かったが、そうした空想的なドラマまで動員して国民に放射能
の危険を知らせ、そのうえで大事故が起きた際の体制作りが必要だと説いてきた。

反対に日本は事故前は「安全ですよ、安全じゃないと言う人は頭がおかしい」
と言い張り、事故後は「どうせ人間は遅かれ早かれ死ぬのだから安全ですよ、
人間いつかは死にますから」と言い出す。
発想の違いがありすぎると思う。


59. 2011年7月01日 13:17:20: EwivKFDMDU
>>57
原爆製造や高度経済成長が無ければ人類は手のひらサイズのミニ原子炉だけ
を作り、暴走を始めたらすぐ強固なシェルターで覆ったり、地底に投げ込め
ば良かったのだろうが、原爆で国力を増強したい思惑やもっと豊かな暮らし
をしたい国民の欲望があって世界中で大型の原子炉が量産されてきた。
人間の業としか言いようがない問題だと思う。

60. 2011年7月01日 14:25:34: oz33FCcPgo
>>58
あなた、アメリカを買いかぶりすぎです。
日本よりは少しましかも知れない程度ですよ。

他のスレでも指摘したのだけれど、米国NRCは非難区域は
半径10マイルでよいと言っている。

http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/364.html?c20#c20

あっという間に汚染は10マイル以上に広がるのを知っていて規制を変更しない。
福島では50マイルまで避難すべきと言っているのにね。

なぜかというと、50マイルにするとLAなどの大都市が含まれてしまい、
対策に莫大なカネがかかってしまうし、住民を不安にさせるから。

ご都合主義なのはどこの国も同じ。

そういえば、水浸しの原発はどうなったのだろう?


61. 2011年7月01日 16:57:15: EwivKFDMDU
>>60
少しではなく、大きな違いがあるのではないか?
東電が作ったプルト君の宣伝フィルムは「プルトニウムを大量に食べても
100%安心だよ」と言いまくる内容で事故後は歴史の闇に消えるのかと
思っていたら、なんとプルト君はよりパワーアップして還ってきた!
「プルトニウムを食べると美容健康にいいし、体に悪いとデマを言う人は
無責任かつ悪質なテロリストなんだよ、癌で死ぬ人はタバコや車の排ガスが
原因であってプルトニウムはぜんぜん悪くないよ」という話に摩り替わって
国家体制イデオロギーになりつつあると思うぞ。
プルト君は見た目は幼児みたいでも、中身は非情な国家体制イデオロギーで
手ごわかった。
アメリカで「大量のプルトニウムを食べたら美容と健康にいい」なんて話が
されたことは聞いたことが無いですぞ。

62. 2011年7月01日 17:21:23: EwivKFDMDU
プルト君は「プルトニウムは美容健康にいいんだよ」と言うだけではなく、
半被を着てお祭りプルト君として教えを広めているという点もある。
「財務省や経済産業省が細工をして見せかけのバブル景気を作り出せば、
お祭りムードの中で国民はこの問題を忘れ去り、隣人が癌で死んでも気にも
止めないんだよ」という風なものだ。
そして思うにこのプルト君=非情なる国家体制イデオロギーというのは
俺たちの心の中にもいると思うんだな。
プルト君に「僕の文句を言ったらリストラだけど、僕を賛美したら豊かな生活
や家族の幸福が保障されるよ」と言われたら「プルト先生許してください、
プルト先生の足を舐めます」という傾向は我々自身の中にある。

63. 2011年7月01日 19:22:16: aVrjlA1fL2
要するに、

    「毎晩放出されているモノ」
は、

    「メルトスルーした核燃料溶融体が地下水を中性子減速剤として反応」

して出している、
    
    「放射性物質の塵と発がん性物質の重水の蒸気」

という事でぇ〜いいかなっ?


64. 2011年7月01日 19:38:26: oz33FCcPgo
>>61
CO2温暖化防止キャンペーンを未だにやっているでしょ。
主唱者にノーベル賞やって箔付けしたりしてね。

はっきり原発推進を謳わないところが、プルト君より悪質だよ。


65. 2011年7月01日 20:48:22: EwivKFDMDU
>>64
それを忘れていた、確かにエコロジーは壮大なる国際的詐欺だった。

66. 浅見真規 2011年7月01日 20:50:31: AiP1TYI88G3dI : zj9aZfzecI
この投稿に直接関係無いけど失礼。

なんで、「原発 アクセスランキング (24時間)」の50位以内に玄海原発関連の
投稿がないのでしょうか?

油断してると停止原発再開しまくるかも。


67. 2011年7月01日 23:18:03: R0CX945mHs
>>63
アホかね。

モクモクは「ただの」水蒸気だよ、ただの湯気。放射能などほとんどないだろう。
夜になって気温が下がり、湿度が上がれば、4号機のプール水温なんて90度くらいだもの、毎日何十トンもの水分が蒸発するのだから、モクモクしなければおかしい。それだけのことを、阿修羅陰謀バカが毎晩毎晩、わーわー騒いでいるだけ。
3号機の燃料プールの湯気も似たようなものだった。

ちなみに3号機プールについては循環水冷が立ち上がったそうで、もうライブカメラでのモクモクはなくなるだろう。


68. 2011年7月02日 00:14:00: 5zmBCILL0A

 第二次世界大戦が終わる直前の1945年7月16日、アメリカはニューメキシコ州で原子爆弾の爆発実験を行い、それから1カ月も経たない8月上旬に広島・長崎に原爆を投下した。こうして核爆発による放射性核種が地上に散布されることになった。

 核爆弾の開発は戦争が終わってからも続けられ、アメリカは南太平洋のビキニ環礁で爆発実験を行い、1949年9月23日にはソビエトが、1952年10月3日にはイギリスがこれに加わり、フランス、中国と続く。こうした実験、特に、大気圏内の爆発実験では、放射性物質は成層圏にまで吹き上げられ、放射性降下物(ラジオアクティブ・ファールアウト)として全地球的な規模で降ってきた。

 大気圏内の核爆発実験には3回のピークがある。その最初は1951年から54年で、63回、合計61メガトンの爆発が行われた。このうち1954年3月1日、南太平洋のビキニ環礁で行われたアメリカの水素爆弾実験は、我が国にとっては特別なものとなった。偶然その近くでマグロ漁をしていた第五福竜丸が濃厚な放射性降下物をかぶり、乗組員23名が放射線症や放射線火傷になったのである。しかも不幸なことにうち1名は死亡した。2回目のピークは56年から58年の169回、89メガトン、3回目は61年から62年の177回、257メガトンの爆発である(UN2000)。

 1962年の8月、ようやく部分核実験停止条約が成立して米英ソ三国の大気圏内核実験は停止され、それを境に人工放射能レベルは急速に減少した。この減少傾向は1964年の中国の参入で一時鈍ったが、1981年以降は、地下核実験のみとなった。結局のところ、大気圏内核実験は合計543回、440メガトンの爆発であった(UN2000)。

 1986年には、核実験とは別の原因で大量の(とはいえ核実験と比べれば微々たるものであるが)放射性物質が成層圏へ入った。4月26日にソ連のチェルノブイリ原子力発電所で事故が起き、放出された放射性物質は、大火災に伴って発生した上昇気流によって成層圏まで舞い上がったのである。

 こうした放射性ファールアウトに関し、日本では大学や研究所の研究者が早くから測定を始め、ネットワークをつくって調査してきた。放射線医学総合研究所(放医研)もビキニ事件が直接の契機になって設立されたものである。

 監視体制はチェルノブイリ以後さらに増強されたが、これに関わっている機関は、放医研、気象庁、気象研究所、高層気象台、水産庁、海上保安庁、防衛庁(現防衛省)技術研究本部、農業環境技術研究所、畜産試験場、家畜衛生試験場といった国立試験研究機関に加え、全国47都道府県の衛生研究所、公害研究所や日本分析センターであり、調査対象は空、陸、海の自然環境から食品、人体内の放射線・放射線核種にまで及ぶ。

 ファールアウトは地上に落下し、あらゆるものに降りかかる。海に山に野に町に降り、土に蓄えられ、水に溶け、やがて農畜産物や水産物に移り、これを食べた人の体に入る。人体中では、例えばセシウム137なら、セシウムが摂取される速度と排泄される速度との関係で人体中のセシウム137の量は変化する。監視体制はこれらをそれぞれの段階でチェックしているのであるが、ざっと見ると、ファールアウトが最大になる時期があり、それから遅れて食品中のセシウム137濃度が最大になり、それからさらに遅れて体内量の最大値が出現する。

 ここではファールアウトによる環境汚染の総括ともいうべき人体内の放射能量の変遷を見ることにする。

 人類の被曝線量を考えた時、最も重要なファールアウトは、炭素14である。しかし炭素14は、宇宙線により絶え間なくつくられており、その量は毎年1500兆ベクレルにも及ぶ。そして、この自然の炭素14と核爆発由来の炭素14は、区別がつかない。またこの核種はベータ線しか出さないので、サンプルを採取しないと計測できないといったやっかいさがある。

 2番目に重要なセシウム137は、天然には存在しない核種であるので、これを測定すればファールアウトの様子がつかめる。しかもこの核種はガンマ線を出すので、人体内にあっても直接検出できる可能性がある。3番目はストロンチウム90はであるが、これはガンマ線を出さないので、測定は多少面倒である。

 体内からのガンマ線を検出する装置は、ヒューマンカウンタとかホールボディカウンタ、あるいは全身計測機などと呼ばれる。ただ、ホールボディカウンタにもいろいろあり、精密な測定をするには、宇宙線による測定を避けて、特殊な鉄でつくった室内で計測する必要がある。放射線医学総合研究所では鉄室内ホールボディカウンタでの測定を1963年から始め、現在も続けている。

 そのうち健康な成人男性について測定した内山正史氏のデータを見ると、セシウム137体内量は1963年の測定開始時にはすでに上昇しており、引き続いて上昇を続けて1964年10月に最大値、約600ベクレルに達した。その後は時間の経過につれて急速に減少し、1968年末には約70ベクレルとなった。

 1970年から体内量は微増傾向に転じ、1971年前半には、1968年初めのレベルに戻った。これは1967年から1970年まで中国が毎年行った3メガトン級の大気圏内の核実験によってセシウム137が補給されたためである。1971、72両年には大気圏内核実験が行われなかった。1973年には2.5メガトン、1976年には4メガトンの核実験が大気圏内で実施された。この期間、体内量は30−50ベクレルを維持している。

 大気圏内核実験は1980年10月の中国の実験を最後に行われなくなった。それにつれて体内量も現象を続け、1986年2月には22ベクレルとなった。

 チェルノブイリ事故の影響はホールボディカウンタの測定でも確認されている。その最初は1986年5月1日であった。事故発生は4月26日午前1時過ぎというから、放射能が日本に到着して人体内の量の増加として認められるまでに5日ほどかかっている。事故直前の2月に22ベクレルであった放医研の被験者群の平均体内量は、5月第4週には、30ベクレルに増加した。事故後の早い時期には、食品汚染のばらつきを反映しているのであろう。被験者間で体内量の差が大きい。しかし汚染が普遍的になるとその差は小さくなり、体内量も増加して、事故1年後の1987年5月には平均60ベクレルに達した。その後、体内量は変動しつつ減少傾向し、3年後には元に戻った(内山氏1989、1997)。

 ファールアウトから人類が受ける放射線量はどのくらいか。この場合、現在までに浴びた線量だけでなく将来浴びることになる線量も含めて考えなければならない。これを線量預託という。将来というのをいつまでにするかによって話は変わるが、大気圏内核実験の始まりから数えて2200年までで実効線量預託は約1.3ミリシーベルト。未来永劫まで考えた場合は、3.5ミリシーベルトと計算されている。いずれにしても自然放射線1年分(2.4ミリシーベルト)と同じオーダーである(UN2000)。

 3.5ミリシーベルトの中身を見ると、炭素14によるものが圧倒的に多くて2.5ミリシーベルト、次がセシウム137で0.46ミリシーベルト、3位がストロンチウム90の0.115ミリシーベルト、4位がジルコニウム95の0.084ミリシーベルトである(UN2000)。

参考URL

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110428/trd11042823060023-n1.htm

http://rcwww.kek.jp/kurasi/page-46.pdf 


69. 2011年7月02日 01:44:23: eIXAtMOS1w
この前見た6月22日の
http://www.youtube.com/watch?v=D8I6hKYwuvo&feature=related
によるかく・みちおニューヨーク市立大学の物理学教授によると
とても酷い状態で、どんなに少なく見積もっても、
今後10年に1万人の癌や白血病が出るだろうという事。
そして、学者達はとても酷い状況だというのに、嘘を言っているとの事。
まだ、シャットダウンされている状況で無いので、これをクリーンアップにするためには100年もかかるだろう。シャットダウンするには来年までかかるだろう。
今水を入れているけれど、酷い汚染した水を海に捨てる事になり、
環境や空気の汚染は酷いだろう。ひどい状況は2,30キロ内の影響は酷いし、
ほっとスポットには特に酷い。しかし、アメリカのミルクにすら放射能が出てきている。
この自己は測定不明ほどのお金が掛かる事故であり、シャトル事故なんかに比べ物にならないほど、修復にお金が掛かる。

アメリカ人のほうがきちんと事故を理解し、どれほど酷い事になっているかも
冷静にわかっているのね。英語が理解できて、たまにアメリカのニュースを
見ることも大切なんだと思った。
しかし、この放射線の中で我々はどうすればいいのか。ちょっと体を休めるために
アメリカ旅行でもするべきですか。
健康すら事故管理できないものになってしまいましたね。


70. 2011年7月02日 02:39:43: oz33FCcPgo
>>67
ふ〜ん、そうなら福一カメラを3、4号機がよく見えるように移動してくれよ。

国民はみな3,4号機が危ないと思っているので、安心してもらうためにも
よく見せることが必要だろう。

何でできないの?


71. 2011年7月02日 02:57:41: 3D1hfauyxU
>67は「最悪を想定する」と言うセンスを持ち合わせていまい。プールとて「放射性廃棄物満載」だろが!おれの刀で首落したろか!Wikipediaには、PWRとて、制御棒は長期的な出力制御に使い、短期的制御にはホウ酸の濃度を使用する、とある。BWR、PWR共に、一次系にはホウ酸を使用している。これは、鉄系用の溶融触媒であり、もし、両方とも、一次系の水が蒸発すれば残留したホウ酸が一次系の耐熱設計温度を下回る温度で溶解させてしまう。どうだ>67論破して見せろ。「動燃関係では、初日に臨界事故の認識」であったことを知ってるぞ。大阪大学に来たユダヤのガキ(VORの写真の男)の手下を兵庫県に配置しても、私に実効力があるのか?同盟軍から孤立させれば可能だろうが。

72. 2011年7月02日 04:10:33: EGaQ73B5yp
>>67

>アホかね。

>モクモクは「ただの」水蒸気だよ、ただの湯気。放射能などほとんどないだろう。

 
 ↑
アホはおまえだろ、あちこちで「被曝安全マントラ」を唱えて
オナニーを見せつけている知恵遅れの「R0CX945mHs」よ。(笑)

しかも内容空疎な、いつもの学術的典拠を示せない長文ゴミコピペまで
貼ってオナニーの上塗りまでしてる、神経衰弱野郎。(笑)

「ただの水蒸気」だと断定する物理的な証拠を示してみろ、この妄想狂め。

「ただの水蒸気」だとしても、炉と冷却系の構造が保全された状態で
炉心や放射化した炉材とじかに接触しない環境にある二次冷却水系じゃ
ねえんだから、水溶性の核分裂生成物やガス状の核分裂生成物が
水蒸気といっしょに放出されるじゃねえかよ、白痴野郎。

「放射能などほとんどないだろう」って、放出現場でオマエが測定して
測定値を出してみろ。ペテン師野郎。(笑)

気安めこいて、他人にオナニーみせるのがテメエの生き方かよ、ゴミ溜め野郎。


73. 2011年7月02日 04:24:20: EGaQ73B5yp
>>72だが、
>>67の白痴野郎と、
>>68の毎日乱貼りされている「被曝安全教」のエセ科学長文マントラを
今朝もあきずに貼っている知恵遅れ野郎が、
同じカラムに掲載されていたので、一緒に論じてしまった。

だから、ここで二人のバカに対する指摘を、下記のように訂正しておく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
>>67

>アホかね。

>モクモクは「ただの」水蒸気だよ、ただの湯気。放射能などほとんどないだろう。

 
 ↑
アホはおまえだろ、あちこちで中2病みたいな腐れ小便カキコを
書きまくっている「R0CX945mHs」よ。(笑)

「ただの水蒸気」だと断定する物理的な証拠を示してみろ、この妄想狂め。

「ただの水蒸気」だとしても、炉と冷却系の構造が保全された状態で
炉心や放射化した炉材とじかに接触しない環境にある二次冷却水系じゃ
ねえんだから、水溶性の核分裂生成物やガス状の核分裂生成物が
水蒸気といっしょに放出されるじゃねえかよ、白痴野郎。

「放射能などほとんどないだろう」って、放出現場でオマエが測定して
測定値を出してみろ。ペテン師野郎。(笑)

気安めこいて、他人にオナニーみせるのがテメエの生き方かよ、ゴミ溜め野郎。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>>68は、例によってIDを毎日変えながら「被曝安全マントラ」を唱え、
内容空疎な、いつもの学術的典拠を示せない長文ゴミコピペを
貼って掲示板を妨害しているカルトの信者。(笑)

よくも飽きずに毎日サルみたいに、非生産的なマントラを繰り返してるな。
この知恵遅れ野郎。

てめえは株だけやってろ、嘘島かよオメエは。(笑)
             ↓
------------------------------------------------------------
04. 2011年7月02日 01:07:58: 5zmBCILL0A

グロース氏は米国債処分−大口投資家も上昇相場終了の見方強める
------------------------------------------------------------


74. 2011年7月02日 10:29:36: mqFR6bn3nQ
放射線の被曝量に閾値など無いのが世界の常識ですので、何ミリシーベルトだから大丈夫とか言うこと自体が笑い事なのです。福島県民は大分前から分かっていましたが、内部被曝量を今頃量って騒ぎ始めたことも笑ってしまいます。福島県は切り捨てられました。次に原発事故を起こす道県民もモルモットにされておしまいです。そしてこのようにネットで個人が好き勝手言って、飽きたら忘れられていくのです。原発はこれからも日本の電力の中心なのです。

75. 2011年7月02日 11:27:57: EwivKFDMDU
ソ連もチェルノブイリを石棺化した後に「石棺化したから、もう大丈夫」
と宣伝したんだよね。
しかし大丈夫じゃなかった。
放射性物質を閉じ込めるには原子炉ぐらいの強固な密閉性が必要で、コンクリートにわずかなヒビがあったら放射性物質は目に見えないほど小さいから、わずかな
ヒビ割れからシャワーのように漏れてしまうことが後から解った。
大人が通れない狭い穴でも、モグラなら簡単に通り抜けるようなものです。

76. 2011年7月02日 12:05:45: EwivKFDMDU
「冷戦時代にも核実験が繰り返されていたんだから安心」と述べる人もいる。
しかしこれは科学的におかしい。
原爆や水爆は空中で爆発した場合はその爆発力が宇宙ロケットの噴射以上だから
軽い放射性物質の多くが人工衛星が飛んでる衛星軌道上まで打ち上げられて
半永久的に落下してこない。
だから過去に空中で核爆発した地域では今では人が住んでる。

反対に地下や水中で核実験をやったビキニ環礁などは今でも人が住めない。
爆発で発生した放射性物質の多くが土や水中に残るからだ。


77. 2011年7月02日 12:11:34: EwivKFDMDU
また核兵器は放射性物質が何万年もかかって放出するエネルギーを一気に
放出するわけだから、エネルギーを使い果たした放射性物質は無力化する
というのもある。

だが福島原発は宇宙まで舞い上がる爆発を起こしたわけではないし、
発生した放射性物質の多くが原子炉建屋内や地表に留まり、しかも核反応に
よって出続けている。
大量のウランやプルトニウムから毎日出ている放射性物質の量は、毎日原爆
を地表で爆発させたに等しいのではないか?


78. 2011年7月02日 13:05:58: EwivKFDMDU
放射性物質がパチンコ玉の大きさと重さなら少しぐらいの風では飛ばないが、
目に見えないほど小さく、タバコの煙の粒子よりも軽いのだから人間の肌では
感じられないようなわずかな微風でも大型竜巻に巻き込まれた人間のように
飛んでいくわけだろ。
タンポポの綿毛だってそよ風で飛んでいくんだから。
プルト君はこれを解ったうえで「関東は3千万人の人口があるから、3分の1
が放射能で死んでも安全」とか「放射能よりみなさんは家のローンのことを
考えたらいかがですか?そうじゃないと放射能で死ぬ前にホームレスになって
餓死しちゃうよ、だから何も考えずに生きてください、そうしたら安全」
とか言ってるわけでしょう。

79. 2011年7月02日 16:07:06: BbDJRC0YOk
>73氏、>71だ、あんたみたいな「人間」が居るから気が休まるよ。放射能まみれの無人の東京で東証のコンピューターだけ動いてそうな気がしねえか?

80. 2011年7月02日 18:35:42: EwivKFDMDU
仮に10年後の関東が汚染で住めないとして、千葉県や東京都の人々は
どこに行くのかという問題はある。
西日本に引っ越すのか、それともアメリカに行って移民になるのか、
タイで生きるのか、ニューギニアで釣りをしたり、野ブタを食って生きるのか?
関東民の新しい生き方が問われると思うんだよ。
原発停止を叫んでいる人も「では停止した後にどういう生き方をするんですか?」
という問いに対しては「以前と同じように生きたい」という矛盾した答えをする
人が少なくなく、原発停止派さえも原発に凄まじく依存したライフスタイルや
価値観しか持ってない。
それではプルト君に土下座して「お願いですから新しい原発を作ってください」
と言うしかないんだよ。



81. 2011年7月02日 19:22:07: 47OaFnqqAo
>80氏、なつかしの「本田勝一の世界」でんな!カンボジアでまだ睨み王手ますがな。「イグルー」も温暖化で無くなり?・・・じつは、プルト君なるものは爆弾になりたいのでは?遅れてきた王様、世界のピノキオ舞台に踊り出る!うわさもちらほら・・・。VORに「暑い夏は2015年で終了」と書いてありましたよ。

82. 2011年7月02日 21:28:35: EwivKFDMDU
>>81
「本田勝一の再評価」が必要だと思うんですな。
かっての本田氏は「全面核戦争で社会主義も資本主義も滅亡した後の人類の
生活はいかなるものか?」を模索してニューギニアや北極圏の先住民の生活を
取材しました。
しかし90年代初頭にソ連が解体されると「さすがに全面核戦争は無いだろよ」
ということで本田氏は「大袈裟すぎるジャーナリスト」の扱いになったかと思うが、地球上に老朽化した原発がたくさんあり、今すぐ爆発しなくても21世紀中
には深刻な原発事故が地球上で頻発するとしたら先進国は崩壊し、地球規模の
大難民時代が到来して先住民の生活を余儀なくされることもありえると考える。

83. 2011年7月02日 21:37:42: EwivKFDMDU
原発問題は日本だけの問題ではなく、北朝鮮が第二次朝鮮戦争を有利に進める
ために韓国内の原発をテロ爆破したり、南シナ海の領海権を巡って揉めている中国
とベトナムの間に戦争が勃発して、中国が侵攻を容易にするためにベトナムの
サイゴンに核ミサイルを撃ち込むなどの事態が発生して、アジア全体で
放射能難民が発生することもありうるわけだ。
放射能汚染が引き金になる放射能大不況もありえる。
テロや戦争が無くても北朝鮮や韓国の粗悪な原子炉が水蒸気爆発するのは
明日かも知れないし、「ソーラー発電で以前と同じ豊かな生活ができる」
というお気楽な意見だけではなく、大量の放射能難民が発生した場合にどうする
かという「最悪を想定した議論」も必要だと思う。

84. 2011年7月02日 21:47:37: EwivKFDMDU
SF漫画では地球が汚染されたら宇宙船で太陽系の外の惑星に移住するという
のもあるが、現時点の人類の科学力では太陽系の外の惑星に億単位で移住する
なんてことはできない。
すると世界各地で老朽化した原発の事故が頻発して汚染地図が拡大したら、
人類はより汚染が低い水や土を求めて航空機、船、蒸気機関車、ガソリン車、
馬などでゲルマン民族の大移動のように地球を移動していくんじゃないかと
思うんだね。
あるいは東京ドームみたいな建物をたくさん作り、その中は放射能フィルター
で汚染されてない空気を提供できるので、その内部に住んで野菜もそのドーム
の中で水耕栽培し、内部に池も設置してアヒルや魚も飼育して食う。
北国の人が冬場は保温性の高い家の中でストーブにあたり、地下室に貯めた
保存食を食って生きるような感覚ですよ。

85. 2011年7月02日 21:53:57: EwivKFDMDU
より高性能で安いガスマスクや防護服をメーカーが開発して20年後の
東京都民はそれを着用して東京都を歩くということもあるんじゃないかな?
たとえ汚染されても東京を離れたくないという人もいたら、そうした商品が
売れまくり、雨の日は傘をさして歩くような感覚で外出時にはガスマスクと
防護服を着て東京の街を歩き、建物内に入る際は入念にシャワーを浴びる。
アラブの男性が砂漠の強烈な日差しを遮るために白いダブダブの服と帽子を着て
ラクダで移動するような感覚です。

86. 2011年7月03日 00:50:09: iOclNTIZLg
>81です。>82氏、本田氏の起点を存じて居りませんでした、ありがとうございます。大岡昇平の「野火」の世界も存在するのでしょうか。全く私の青春のテーゼですね。>84氏に付け加えれば、エリートと思い込んだ脱走者がプロメテウス型ロケット(RD−0410タイプ)の宇宙船で火星や金星に向かっても、あの巨大な原子力電池を搭載したカッシーニの公称寿命のようになるでしょう。ちなみにボイジャーはまだ動いてます。>83氏、に付け加えれば、汚染されて無い土地は北側に広がっています。「野火」の世界の本当の民族です。ベトナム戦争の影響か平均寿命はかなり短いそうです。何の効果も無いでしょう。同志ホーチミンの夢が叶うでしょう。

87. 2011年7月03日 03:55:10: 5wlLj6FUV6
>86補足、夢の為の大義を得られる、との意味。手段は現指導部が建設中である。おなじ、Su−27でもライセンス生産と本国仕様の能力やいかに・・・?もっとも、ベラルーシVSウクライナの可能性もある。

88. 2011年7月03日 04:31:53: wQi1CXSczk
2011.07.03
03:00-04:00 / ふくいちライブカメラ (Live Fukushima Nuclear Plant Cam)

http://www.youtube.com/watch?v=3XIZKBfcg2U&feature=channel_video_title



89. 2011年7月03日 10:23:08: EwivKFDMDU
>>86
かって本田勝一が取材したニューギニアやエスキモーの先住民はもとからそこに
住んでいた狩猟民だったのではなく、原始時代にそれなりの文明を築いた民が
地球規模の大地殻変動のなかで僻地への避難を余儀なくされ、過酷な環境の中で
生存していくうちに石器人に逆戻りした可能性があるわけです。
もともとはカヌーを使った高度な航海術や言語も持っていたが、退化して
ああなっちゃった可能性があるわけです。
若い頃の本田勝一は全面核戦争後の地球がどうなるかを、こうした退化の道を
たどった石器人を取材することで模索したという功績はある。
「資本主義が終わったら理想の社会主義になる」というマルクスの歴史観では
無く、「そもそも人類は理想など実現できるはずも無く、千年ぐらいの単位で
考えたら現代文明は資本主義も社会主義もファシズムも滅びて石器時代に戻る
のではないか」という視点があったのですな。

90. 2011年7月03日 10:52:33: EwivKFDMDU
>>86
野火は飢えが原因でしょうし、ニューギニアやエスキモーの先住民が人肉を
食べてきたのも狩りに失敗して飢えたことによるものでしょう。
しかし飢え以外で人類が食人を行った例もあります。
戦国時代の武士は人間を食うと強くなれるという呪術信仰で人肉を食べていた
のだし、メキシコのアステカ帝国は宗教儀式で食べていた。
また古代から中世にかけての中国では飢えや呪術ではなく、グルメとして
富裕層が盛んに人肉料理を食べていた記述がある。
古代中国の孔子も人肉料理が好きだったという話が論語に出てくる。
アフリカの黒人奴隷も白人に奴隷化される以前から黒人が黒人を奴隷にして
食肉用に大量に家畜として飼育しており、それに目を付けた白人が買い取って
奴隷化したという説はあり、近代以前の人類は世界各地で食ってたということです。
もちろん平安時代のように仏教で肉を食うことを禁じた歴史も前近代には
あります。

91. 2011年7月03日 11:26:46: EwivKFDMDU
プルト君も詐欺だが、夜間や曇りの日には発電できないソーラー発電で
以前と同じ豊かな生活ができると主張する原発反対派も現時点では詐欺に近い。
こうした詐欺議論ではなく、英知ある議論が求められる。
人類が原発を存続させるなら常に老朽化やミスによる放射能事故のリスクを負うし、原発反対派が言うように今すぐ原発を辞めたら経済が崩壊しかねないリスク
が発生し、経済が崩壊したら放射能事故に対応できず、何万年もかかる核廃棄物
の処理もできないというリスクを負う。
つまり人類がどちらを選択しても「今世紀後半の地球各地で放射能汚染発生」
というリスクが発生するわけで、その場合は本田勝一のルポのように人類が
安全圏に避難して石器人に逆戻りしても生き延びるとか、宇宙戦艦ヤマトのよう
に飛躍的に物理学を進歩させてワープ航行で人類が住める惑星を探査するといった
ことが今後の人類の課題になる。

92. 2011年7月03日 11:41:22: EwivKFDMDU
80年代にもスリーマイル島事故やチェルノブイリ事故を受けて反原発運動
が盛り上がったが、当時はバブル経済だけに反原発派の市民運動もバブルボケ
しており、「原発が無くてもコンビニがあるから豊かな生活ができる」といった
無知丸出しの非科学的な意見が多かった。
「原発が無くても俺たちの豊かな生活は永遠に続くんだ」というバブル妄想でしか
物事を考えられなかった時代だったわけです。
当時の反原発派はプルト君に「原発なしでどうやって電気を賄うのか?」
と聞かれたら「わかりません」とか「自転車を漕いで発電する」といった
漫才的な答えをする人が多かった。
こうした漫才のようだった過去を脱却して英知ある議論を推進派も反対派も
行う義務が現代では生じていると思う。
なぜなら幼稚園児はおそらく一生原子力問題を向き合うようになるからだ。

93. 2011年7月03日 14:01:32: EwivKFDMDU
原発推進派の問題点は老朽化したり、設計に欠陥のある原発でも稼動させ
続けようとする点で、それでは事故のリスクが高まる。

反原発派の問題点は日本の原発には猛反対しても中国や朝鮮半島の原発は
素晴らしいと叫ぶ中国人、韓国人が混じっていたり、雨が降らないと発電でき
ない水力発電や夜間発電ができないソーラー発電などでバブル時代と同じ物質的
豊かさを享受できると信じて疑わない文明に甘えた幼児的な人間がいる点。
原発を停止したイタリアでは電力不足で貧困が社会問題になっている点も
反原発派は無視する。

ようはどちらも欲望エゴイズムが強いのでプルト君に「君達の欲望エゴイズムを
叶えてあげれるのは僕だけだよ」と言われたら、「プルト先生のお力で豊かさを
お与えください」とすぐ言ってしまう惰弱さがあり「プルトニウムの奴隷」
という表現もできようかと思う。


94. 2011年7月03日 14:06:32: vdVwLZ9Cic
ハッピー氏のツイートと仕事を混同してはいけないと書き込んだ者ですが、色々つき合わせてみると、やはりハッピー氏が「ただの一作業員」としては書き込めないような内容にまで踏み込んでいる事実が浮上しないわけにはいかない。

東電工作員か、メーカーサイドの人間か、という議論はあろうが、やはり現場の東電の意向と最終的には協力したいという強い意欲を持つ人間だからこそ、ああしたツイートを上司から許されているのだ、としか考えられない。

普通、仕事場から帰ってきて、今日の仕事内容をべらべらつぶやいていて、それが何万人ものフォロワーを獲得してしまったら、会社で絶対問題になるだろう。それは常識。

工作員かはともかくとして、ハッピー氏が一作業員を装いながらも、それ以上にふくいちの体面を保つために現場感を強調することで、作業員の士気を少しでも上げることに貢献していることは間違いないだろう。

いや、普通に考えて、私だって毎日会社で起こったことを自分の判断だけでべらべら垂れ流したりはしないよw  それって、社会人としての、常識の範囲でしょ。

ハッピー氏はそんなふくいちの駆け引きに利用されちゃって気の毒だとは思うけどね。


95. 2011年7月03日 14:09:03: 0mYkILvXz2
>91氏、「テラへ」でも疑念に思ったことですが、「ワープ出来るような空間曲率を制御する時代」なら原子核の分解ぐらい出来るでしょう。すなわち、惑星環境の劇的な向上!そうなれば「分解不能な毒素」なんぞ有り得んのだ。でも話が成り立たない・・・。「ヤマト」でも複数の波動エンジンを「原発」として地下都市の・・・「間に合って帰ったら地球無かった」、と、「間に合わなかったけど大丈夫だった」の二つの選択肢も存在する。

96. 2011年7月03日 19:16:51: EwivKFDMDU
>>95
それは理論的にはありうる話なんだね。
人類の科学力が宇宙戦艦ヤマト並に向上したら、原発事故が起きても放射能汚染
を簡単に除去したり、あるいは遺伝子改良で放射能に凄まじい耐性を持つ
ミュータント人類が作り出されて放射能まみれでも健康に生きるという
SF的な未来の可能性はある。
ただこれは楽観論であって、「宇宙戦艦ヤマト並に科学が向上すれば」という
仮定の話だから、そこまで科学が伸びなかったら科学力では破局を防げず、
本田勝一の世界になることも予測される。

97. 2011年7月03日 19:26:44: EwivKFDMDU
それから宇宙戦艦ヤマト並の科学力が実現するとしたら、原発推進派が権力を
握って原子力実験を繰り返すという前提になる。
なんの原子力実験もせずに原子力エンジンによるワープが実現するなんて
ことはありえないからだ。

次に人類の科学文明が破局を迎えて氷河期の人類が生存圏を求めて地球上を
馬やカヌーで難民移動するような本田勝一の世界が訪れるとしても、そこには
過去とは違う可能性というものはある。
ちょっとそれを以下に書いてみよう。


98. 2011年7月03日 19:37:43: EwivKFDMDU
人類の科学文明の破局が決定的になった際に科学者が100万年が経過しても
稼動する耐久性が凄まじいコンピューターを開発して世界各地の地下洞窟などに
設置しておく。
その100万年の耐久力を持つコンピューターに様々な英知を入れておく。
そして本田勝一の世界になってから1万年の歳月が流れ、僻地に避難した人類
は放射能や過酷な環境に適応したものだけが生き延び、石器人のようになって
いたが、ある日ジャングルで太古の人類が設置した耐久力の凄まじいコンピューターを発見する。
「これは神や悪魔の住処だべか?」とたいまつで放火しようとする未来の石器人
だが、石器人の中にも頭がいいのがいて「ちょっとまて調べてみるだ」と
コンピューターの遺跡を調べてみる。

99. 2011年7月03日 19:47:35: EwivKFDMDU
100万年稼動するように凄まじい耐久力を与えられたコンピューター遺跡に
進入してきた石器人をセンサーで感知したコンピューターが自動的に起動し、
未来の石器人にも理解できるような映像や言語でメッセージを伝えはじめる。

石器人の前に映し出された3D映像は「こんにちはプルト君です、みなさんの
遠いご先祖たちは原発推進派も反対派も役に立たずで僕の扱いを間違って
滅びてしまったんです、僕プルト君は地下洞窟で長い眠りについてみなさんが
来るのを待ってました、僕とみなさんが出会ったからにはもう安全です、
みなさんは原始的な貧しい生活でお困りですが僕が医学や工学の知識を与えて
あげますので、これからは鉄砲で楽に狩りができますよ、それと引き換えに
悪魔扱いされて滅びた僕を蘇らせえてください、みなさんが僕の与えた知識で
プルトニウム原子炉を再建してくれたら、みなさん全員が六本木ヒルズに
住んで毎日高級ステーキを食べられますよ」とプルト君の声で語り始める。


100. 2011年7月03日 20:21:29: EwivKFDMDU
本田勝一のピークは60年代から70年代にかけてではないかと思う。
60年代に本田勝一が「全面核戦争で現代文明が崩壊した後はパプアニューギニア
の石器人に戻るやも知れない」と発表した際はセンセーションを巻き起こした
のだし、ベトナム戦争が起きると取材した本田勝一はさらに「科学で殺しあう
人類の醜い業を見よ!この先にあるのは石器時代に逆戻りした人類なのだ」
みたいな論調でルポを書き、当時においては「なるほどそうか」と思えた。

その後の本田勝一は時代の変化や老齢化の中で単なる左翼爺さんのようになるが、
若い頃の本田勝一が叩き付けたジャーナリズム魂は本田勝一の手を離れて
日立提供の「世界ふしぎ発見」に受け継がれている。


101. 2011年7月03日 20:34:27: EwivKFDMDU
日立は原発推進派だが、その日立が提供する「世界ふしぎ発見」では人類が
どうやって石器時代から文明を起こして今日までやってきたかの歩みが
バラエティクイズ方式で語られていく。

そこにはプルト君の「現代文明が滅びて石器時代になっても世界ふしぎ発見を
観てよくお勉強して石器時代から平安時代に移行してください」という
メッセージも我々は感じる。


102. 2011年7月03日 21:48:42: EwivKFDMDU
原発推進派が内心では理解していること。
原発反対派が解っているかも知れないが、隠していることをズバリ書いて
みたわけだ。
とてつもない量の放射性物質が蓄積されていると思われる福島原発の原子炉が
全壊するような事態になったら、関東だけではなく日本列島全体が無人列島
になり、朝鮮半島、シベリア、中国、ハワイ、フィリピン北部なども日本から吹く死の灰で無人地帯になるやも知れないわけだ。
「地球の3分の1が死滅」というSF映画のような現実が起こりえる。

福島原発がまだヤバイなら、ここまで想定した議論をしておく必要はある。


103. 2011年7月03日 23:04:25: RZJKHzwvDM
いやぁ〜死滅度合いはリラ星系や某星系の第五惑星を論外としてケイ・ミズモリ氏翻訳の「超巨大宇宙文明の真相」に出てくる、惑星の陸地全土が軽石と化した、シリウス系かトリマン系の惑星を思い出します、とだけ・・・。原子核のエネルギーをデファレンシャルしたものを「神の火」だ、といって、放火し回っているのは、アポロンの太陽戦車を乗り回して稲妻に打たれたファエトンの如きものでしょう。デファレンシャルしたエネルギーは元のエントロピー以上のエネルギーを「定常的」には取り出せないのですから。「そのプルト君」を女の人にしたコミックは所有してます。「そのプルト君」を「ノアの箱舟以前から居り、神より古く智恵が在る」、と称するはた迷惑千万以上保障の連中にしたら、「いやぁ〜、姿を変えて蘇ったのかい?良い姿にしてやろう。」

104. 2011年7月04日 00:05:29: EwivKFDMDU
福島原発が作業員の健闘むなしく全壊して即死性の放射能ガスが噴出した際に
パニック状態の中で日本列島から逃げ出せる日本人や外国人の数は1千万人
もいればいいほうではないだろうか?
平時と違い港や空港に数百万人が殺到するのだから脱出できたら奇跡だろう。
それ以前に空港に通じる交通機関がパニック状態で通れないと予測する。

脱出できるのはすぐ船や航空機で脱出した人間か、火事場の馬鹿力で木材や
樹脂を寄せ集めてカヌーを作り、それにモーターエンジンを無理やり搭載し、
ポリタンクの飲料水、ビスケット、コンパスと海図、釣り道具、小型無線機
ビタミン剤、ドル紙幣などを積んで川から海に出て放射能ガスを避けながら
アラスカや東南アジアにたどり着けた人ぐらいになるんじゃないかと予測する。


105. 2011年7月04日 00:38:40: EwivKFDMDU
日本から脱出できた1千万人以下の人々はそれぞれ欧米、ブラジル、
南アフリカなどに散って行く。
そして30年の歳月が流れ、当時3歳だった幼稚園児も脱出先のブラジルで
33歳になり家庭を持っていた。
そんな矢先、即死性の放射能ガスに包まれて脱出できない人々が全員死亡した
と考えられていた日本に生存者がいたというニュースが飛び込む。
無人偵察機が日本の山中で生存者と思われる映像を撮影したのだ。
世界各地の日本人は高性能な防護服に身を包んで救助隊を組織して日本に向かい、
白骨を掻き分け、北海道から本州に海を渡っていたヒグマや野犬と鉄砲で戦い、
群馬の山奥の石窟で生き残りの日本人と再会を果たす。
汚染されておらずミネラル豊富な泉が沸く石窟付近で43名の日本人が川海苔、
昆虫、木の実、山菜、川魚、ネズミ、山鳥などを食べて生存していたのだった。
食料や医療品だけではなく、百科事典も持って逃げたことでサバイバルに役立った
と生存者たちは語ったし、ガスマスクを着用して麓の街に下りてヤマダ電機の
廃墟で長期保存可能な電池や短波ラジオを入手して外国の情報も得たと語った。
廃墟で手に入れた散弾銃や手製の弓矢も生存者は熊や野犬対策で持っていた。
また彼らは避難する際に高濃度な汚染に晒されても死亡しなかった遺伝子を持つ
新日本人でもあった。
こんなSFみたいなこともありうるわけよ。

106. 2011年7月04日 02:15:49: EGaQ73B5yp
>>101
>若い頃の本田勝一が叩き付けたジャーナリズム魂は本田勝一の手を離れて
>日立提供の「世界ふしぎ発見」に受け継がれている。


爆笑しました。

   この〜き、なんのき、きになるき〜
   みたことも〜 ない きですから
   みたことも〜 な〜い〜 奇形が でるでしょお〜♪

   日立GEニュークリア・エナジー株式会社の提供でお送りします!


本田勝一も、電通おかかえの懐柔スキー旅行に参加したことを
ウワシンに暴露されて逆ギレし、ウワシンと絶交したんだったよね。(笑)



107. 2011年7月04日 09:20:21: dif2ys21lo
本田勝一氏も色々あったんですねぇ。

{この〜き、なんのき、きになるき〜
   みたことも〜 ない きですから
   みたことも〜 な〜い〜 奇形が でるでしょお〜♪}

の前に、

「さんごうろのうた」(よんごうろだったら・・・)

「この〜き(のこ雲)、なんのき(のこ雲)、きになるき〜(のこ雲)
   みたこと”が”〜 ”ある” き(のこ雲)ですから
   みたことも〜 な〜い〜 奇形が(やっぱり) でるでしょお〜♪」


108. 2011年7月04日 11:32:47: EwivKFDMDU
チェルノブイリ周辺は無人地帯になった代わりに今日では動物が繁殖している。
動物は放射能で死んだり、奇形種が出ても出産を繰り返して適応した子孫を
残したり、もともと適応している種もいるからだと言われる。
殺虫剤を撒いているうちに殺虫剤に強いハエが突然変異で生まれて増えた
ようなものだろうか。
我々はここに何を学ぶだろうか?

東日本震災によって被災ベルト地帯では給与の減少、失業、引越し等でペットを
捨てる人が増えていることは予想は付く。
その中には在来種だけではなく、外国産のペットもいるだろう。
すると10年後の被災ベルト地帯は在来種だけではなく、珍獣、珍虫、珍鳥、
珍魚が繁殖して、これまで見たことも無い生態系が生まれることも予想される。


109. 2011年7月04日 15:55:08: EwivKFDMDU
「世界ふしぎ発見」は海外旅行番組の中で唯一残った旅行番組では無いかと思う。
かってのアメリカ横断ウルトラクイズやなるほどザワールドといった海外旅行番組
が海外旅行者が増えるに従ってありがたみが薄れて消えたのに対し、
「世界ふしぎ発見」だけが残った。
これは「世界ふしぎ発見」が60年代の本田勝一の継承発展だったからだと思う。

ただコアラや集落をカメラで映して終わりではなく、「なぜコアラはこういう
進化を辿ったのか?」「なぜこの集落の人々は今日まで生き延びてこれたし、
この人たちの先祖はどういう足取りを辿ったのか?」といった問いかけがあった
ことが視聴者の興味を惹いたのだろう。


110. 2011年7月04日 18:38:17: IvCBJ3pK7I
>107です。「世界不思議発見」は、かなり真面目に製作してあると思う。でも、作っちまうんだよなぁ〜〜!

  些ぁ〜細ぃ〜さあ〜、些細さぁ〜、些細な〜のにぃ愉快ぃ〜だねぇ〜〜!

  この影響は「さんごうろ」から?

我々を評する歌のつもり・・・。これも、「元の」は真面目に作ってあるけど・・。


111. 2011年7月04日 22:13:20: EwivKFDMDU
>>110
世界ふしぎ発見は隠されたメッセージとでも言うべきものが深い。
原発推進派の日立が提供する世界ふしぎ発見ではいつも「世界はふしぎに
満ちている」と語りかけるが、プルト君も「原子力もふしぎに満ちているので
爆発したら許してね、何しろ不思議すぎてどうしょうもないんです」と
言い訳できるし、「見たことも無い花が咲くでしょう」という日立の歌も
プルト君が「プルトニウム汚染による突然変異で見たことも無い花が咲き、
見たこともない木が立つ頃にはみなさんは白骨化して地面に転がっている
から安全」というメッセージとしても受け取れる。

112. 2011年7月04日 22:33:59: nyOmvmKGDI
うおおっ!企業の競争原理だぁ〜〜っ!>99氏のプルト君の話の>103の訂正。女の人は手下でした、どうもごめんなさい。やっぱり、「男」でした。荒廃しきった地球で神として君臨しているのを、「分からないのかぁ、俺がぁ!俺は、ムー・・?」やったか子供の安まる武だけしい人がぶっ壊した・・?知人だったのでしょうか?え?全く違いますって?でしょうねぇ・・・。

113. 2011年7月05日 00:20:02: EwivKFDMDU
日本の海に大量に存在するメタンハイドレートを掘って火力発電で燃やせば
原発が無くてもいいという意見もあるが、このメタンハイドレートも大事故
がありうる。
なぜならメタンガスはすぐ引火するからである。
メタンガスの採掘事故は起こりえるもので、「メタンガス採掘は100%安全」
と言ったらプルト君と変わりない。
事故が起きたら日本の海が火の海になって燃え続け、この場合も日本列島は
死の島になりうる。

114. 2011年7月05日 00:25:23: EwivKFDMDU
「原発が無くても昭和30年代の暮らしに戻ればいいだけ」という意見も
あるが、今さら昭和30年代に戻ったらローンも払えないし、地方財政も
破綻し、大恐慌になって気づいたら石器人の生活になりかねない。

こうした「考えなくてはならない問題」を考えていくと「世界ふしぎ発見」
みたいに「原始人はどうして世界各地に古代文明を作りえたのか?その謎
に迫る」という文化人類学的視点が絶対必要になると思う。

「石器人からやり直す発想」である。


115. 2011年7月05日 00:35:16: EwivKFDMDU
福島原発がさらに爆発したとして、即死性の放射能ガスがどこまで日本を
覆うかは解らない。
風向きにもよるからだ。
そこで東北関東は住めないが、九州は住めるとなったら日本から脱出する
船や飛行機が無い人は徒歩でも杖をつきながら九州を目指すことになろう
かと思う。
旅の途中にある店は略奪や買占めで食料は無いだろうし、極度に放射能に汚染
された川で無ければ川で魚を釣って焼き魚にして食ったり、ガイガーカウンター
で測定して汚染が少ないならタンポポの葉も食べて一路九州を目指す。
途中で野犬やライフルを持った強盗に襲われることだってありうる。
それで九州までたどり着いても放射能後遺症で余命いくばくも無い可能性はあるが、九州に病院があって専門医がいるなら治療は受けられるし、九州に文明が
あるならば九州から飛行機や大型船で海外に移住できるかも知れない。

116. 2011年7月05日 00:49:56: EwivKFDMDU
野火のような事態を想定して語ればジャングルで敗走した日本軍が死体を
食った理由は極度の飢えもあるが、水分や塩分が無いので人間の血で水分や
塩分を補充しようとしたのもあると思う。
乾燥したサバンナのライオンがシマウマを狩った際はまず腹を牙で切り裂いて
流れ出る血を飲んだり、シマウマの胃袋にある消化されつつある雑草を食うの
だが、これもビタミンだけではなく、水分と塩分の補充が目的だろう。
吸血鬼のようだが、水分と塩分が欠乏したら歩くこともできず倒れて死ぬの
だから、吸血鬼のような真似を自分がしたくなければ飲料水、塩分、保存食
を確保して移動することが重要だろう。
それから熱中症も簡単に生命を奪うわけで、日傘、麦藁帽子、白いシャツ、
日焼け止めクリーム、サングラスなどがあれば少しでも直射日光によるダメージ
を軽くできる。

117. 2011年7月05日 00:58:45: EwivKFDMDU
1人で安全地を目指して移動するよりは仲間がいたほうが力強い。
しかし人は裏切ることもあり、自分が寝ている間に食料を丸ごと奪われて
逃走されることもありうる。
非常事態では裏切りや下克上は常に起こりえるという視点が必要だし、
戦国時代や類人猿の群れのような状況だと思ったほうがいいかも知れない。
またお供にできる犬や馬もいると、力強いことは言うまでも無い。
犬が忠誠を誓うなら嗅覚で危険を知らせてくれるかも知れないし、
犬は肉じゃなくても猫まんまでも生きる。(栄養の偏りで寿命は短いかも
知れないが)
馬は雑草で生きるのだし、馬具があり、乗馬ができるなら歩くよりは馬に
乗って移動したほうが早い。

118. 2011年7月05日 01:18:04: EwivKFDMDU
動物園も無人状態になり、園内の動物が飼育員に殺されておらず、
なおかつタイの象使いのように象を操れるのであれば象を檻から出して、
象に乗って移動するという方法もある。
ライフルを持った強盗は防げないが、野犬なら象に怯えて逃げるはず。
象の餌は道端の雑草や木の葉っぱでいいのだろう。
ただ象を象使いのように操れない場合怒った象に踏み潰される。
園内からチンパンジーが脱走していた場合はチンパンジーは雑食で人間を
襲って食った例もあるので樹上や屋根の上から攻撃されないよう気を付け、
チンパンジーの腕力は凄まじいので素手では戦わないこと。
虎やライオンが逃げていた場合は安全圏に避難するか、猫類が好きなボール、
魚、マタタビを撒いて、虎やライオンがそれに注意を引かれている間に安全圏に
ゆっくりと避難する。
肉食動物は背中を見せて走って逃げる相手を本能的に猛ダッシュで追いかけて
急所に噛み付く本能を持つので、彼らの本能を刺激しないよう、ゆっくり
後ずさるのが良いとされている。
虎やライオンが相手ではライフルがあっても不意打ちされて負けるかも知れない
のだし、槍や弓矢で戦うとしても人間の何倍もスピードが速い動物を相手にする
となると食われることを覚悟の決死の戦いになる。

119. 2011年7月05日 14:43:01: K3NX7orqqU
>90氏、桃井春蔵でしょうか?山田浅衛門は罪人の死体の処理を一手に引き受け、肝臓から「仁丹(人胆、盛死体人胆?)」、脳漿(脳髄を水に溶かしたものらしい)などから漢方薬を製造販売していたそうです。ライフルの弾も生産されていないので、そのうち尽きるでしょう。火薬は今井宗久(南部陽一郎)。さいとうたかおの「サバイバル」なんて作品もありましたね。ジョン・タイター?人類精神世界の極限の連結!ユダヤ人が核戦争後、のこのこ核シェルターから出てきたら想定以上の放射能汚染で、そっから、上記の標準コースへ。イウンマ星系(Wolf424)の惑星ウンモでは「最終戦争」で30億の人口が1300万人弱まで減少したそうです。こっちは、クリーンな「電磁場スカラー兵器(メガジュールトランスミッター)」。アカート(プロキシマ)は途中で終了。「超巨大宇宙文明の真相」によれば180万年前の地球は21人まで・・・。

120. 2011年7月05日 16:09:49: K3NX7orqqU
>119の続き、Wikipedia プルト君の補足
プルトニウム物語 頼れる仲間プルト君プルトニウム物語 頼れる仲間プルト君

実写の合間に、アニメの「プルト君」が出てきて、プルトニウムの平和利用や安全性を説明。
「プルトニウムは青酸カリのように飲んだらすぐ死ぬという劇薬ではありません」
( のたうち廻って”劇的に”苦しんだ後 )
「プルトニウムは水と一緒に飲み込まれても、ほとんど吸収されず、体の外に出てしまう」
「胃や腸に入った場合も、ほとんどが排泄されて体の外に出てしまいます」
( 下痢と内臓出血で水・食い物の方は )
「プルトニウムが原因でがんになったと断定された例はありません」
( することはIAEA・国連に禁止されています )
などと解説している。


121. 2011年7月06日 10:28:16: EwivKFDMDU
>>119
火縄銃の火薬は戦国時代の日本でも作られていたのだから知識があれば
作れるでしょう。

122. 2011年7月07日 16:51:40: abZkk4CLbU
武器に拠って維持される生存、結局そうなるのでしょうか。もっとも、覚悟はしてますが。剣に拠って立つ者と、信頼に拠って立つ者。剣に縁ってもたらせられる、快楽、名声、権力、富・浪費、蓄財、何か・・・、いや、プルト君の商売道具だった・・・。「分からないのかぁ〜、俺がぁ〜、・・・(112に戻る?)」。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧