★阿修羅♪ > 原発・フッ素13 > 533.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
将来的な原発全廃と現在の放射線危機煽りは別問題 (属国離脱への道) …御自由にお読みください。参考になる部分もあるかも。
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/533.html
投稿者 新世紀人 日時 2011 年 6 月 29 日 11:47:46: uj2zhYZWUUp16
 

http://qualitysaitama-blog.at.webry.info/201106/article_45.html

将来的な原発全廃と現在の放射線危機煽りは別問題
<< 作成日時 : 2011/06/28 21:04

 ネットで小沢さんを支持するように見える人たちを中心に放射線危機煽りがあまりにも酷い。阿修羅の原発板など惨憺たる有様だ。小出先生の熱烈な信者が小沢さん支持とかぶっているのだろう。

 小出先生は学者魂を持った高潔な人物と思うが、いかんせん福島原発事故をあくまで事故だと考えていることが学者の限界だ。事故を出発点としていることから起きている誤解も多いと思われる。

 そうじゃなくて、原発のシステム管理会社がイスラエル企業である点や地震震源域と放射性物質の連関性などを複合的に見れば異なる推論も成り立つわけだ。

 それはともかく福島原発周辺はおろか関東まで危ないという煽りだらけでいいかげんうんざりする。

 実際は、被曝量が1ミリ・シーベルトを超えたのは警戒区域など福島県東部の一部にとどまる。しかも結局、これまでに放出された放射性物質の量はチェルノブイリの100分の1であることも分かっている。

 私自身は原発は将来的に全廃し荒田技術など新技術に転換していくべきと考えるが、即全廃を叫ばんばかりの動きには正直ついていけない。

 長崎大山崎教授を排撃する動きが強いが、その言説を精読する限り間違っているとは思えない。年間100ミリシーベルト以下が健康にほとんど影響なし、という考えは放射線医学の世界の共通認識ではないのか。「御用学者」という冠のもとに、そうでない良心的な学者まで批判されている姿は日本にとって好ましくない。

 放射能危機煽りの背景にあるのは、「日本もうだめ」→世界的な円投資への転換の動きを牽制→米ドル延命というユダ金の悪あがきだろう。

 純粋な気持ちから放射能危機を叫んでいるつもりが、日本の弱体化とユダ金延命に力を貸していることになる。まずは冷静になって正確な知識を収集すべきと考える。

 先日帰省すると母が、「(私の)妹の子ども(小学生)が最近おたふく風邪にかかってなかなか治らない。放射能の影響かも。そういう人が多いよ」と笑止千万なことをほざくので、「ふざけるな」とひとしきり説教してきた。うちの母のようなテレビのワイドショーの煽りをそのまま信じているようなウルトラB層が多いのだろう。情けない(涙)

“原子力機構発表、福島の放射能量はチェルノブイリの約1/100以下、よって国外退去せよ、売国奴の皆様。”
http://b-layer-must-awake.at.webry.info/201106/article_44.html
 

放射線量1ミリ・シーベルト超は福島県東部のみ
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110628-OYT1T00985.htm?from=main5
 日本原子力研究開発機構は28日、東京電力福島第一原子力発電所事故発生から2か月間で一般の人が被曝
ひばく
した放射線量の概算結果を国の原子力委員会に報告した。

 一般人の年間の線量限度の1ミリ・シーベルトを超えたのは、立ち入りが制限されている警戒区域など福島県東部の一部にとどまっている。

 一方、その10分の1から100分の1の水準(0・10〜0・01ミリ・シーベルト)の地域は、岩手県から静岡県付近にかけての広い範囲に及んだ。同機構では「試算は、1日24時間野外にいるとの仮定で求めており、実際の被曝線量はこれよりも相当低い」と説明している。

(2011年6月28日20時27分 読売新聞)


(新世紀人コメント)

放射能汚染は斑(マダラ)であるという特徴があり、ホット・スポットが形成されるのもそのせいでしょう。
なにしろ直ぐに判る汚染ではないために全く無関心で居る事も出来る訳です。

これからの日本は太変ですね。精神文化に及ぼす影響もまことに大であります。

私自身は細かい事に注目をするタイプの人間ではありますが。

 2 81 +−
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月29日 12:25:05: HYHUspnQ6g
なんだこの投稿は。投稿者自身が、ウルトラB層に属している。
危険性を認識する話と、危険性を煽っている話の区別ができない低脳児め。
隠れ原発推進派は、投稿するな。

02. 2011年6月29日 12:27:21: DTK68v7wks
>「福島を世界の核廃棄物処理場にする事に知らず知らずのうちに加担してしまっている状況だ」

投稿内容に、同意できない点はあるが、いちいち反論はしない。
「福島を世界の核廃棄物処理場にすること」については、俺も大反対だ。
ゴミは東電本店に集めろ。



03. 2011年6月29日 12:42:19: vYaTE3dzKU
役立たずの官僚が増え過ぎている。
一旦この腐った国家はリセットさせるべきだ。

04. 2011年6月29日 13:11:21: oz33FCcPgo
いや本当に無知は怖いね。

内部被曝と外部被曝の差も、チェルノブイリの悲惨な状況も知らないのだろう。

かの地を超える汚染レベルが、政府から発表されている。
チェルノブイリと同様な被曝障害が起きることぐらいわかりそうなものだが。

こういう人は、実際に被曝障害を目の当たりにするまで信じないんだろうね。

賢者は歴史に学ぶ。愚者は経験に学ぶ。


05. 2011年6月29日 13:19:12: AQqyLULhMc
> 賢者は歴史に学ぶ。愚者は経験に学ぶ。

そしてウルトラB層は煽りに学ぶってか。


06. 2011年6月29日 13:19:50: iQinVlOl1c
あのねぇ、投稿者さんよ、福島は未だに収束の見込みも立たず破局に向かって進行中なんだよ。
4号機から毎晩見える放射能をタップリ含んだあの煙を見ろよ!絶望的になるだろうが!
それに海洋汚染の件はどう説明するんだ???

07. 2011年6月29日 13:20:18: iwzBEhSmbA
>原発のシステム管理会社がイスラエル企業である点や地震震源域と放射性物質の連関性などを複合的に見れば異なる推論も成り立つわけだ。

陰謀だろうが、災害だろうが原発がなければこんな問題にならなかった事は確実。

>放出された放射性物質の量はチェルノブイリの100分の1であることも分かっている。

大嘘。
修正されて10分の1以上と発表されている。

>「日本もうだめ」→世界的な円投資への転換の動きを牽制→米ドル延命というユダ金の悪あがきだろう。

日本がだめになったら、米国債はどこが消化するんだ?
だいたい、この状況でも円高はまったく変わっていない。

>年間100ミリシーベルト以下が健康にほとんど影響なし、という考えは放射線医学の世界の共通認識ではないのか

大間違い、世界的なコンセンサスは1ミリで統一されています。

人工放射性物質と自然放射性物質の生命への影響の違いも知らないホームラン級のバカだな。こういうバカに影響されるバカも多いから日本はもう救えない。


08. 2011年6月29日 13:20:34: xxok1Lwy7E
>年間100ミリシーベルト以下が健康にほとんど影響なし、という考えは放射線医学の世界の共通認識

その根拠と、反対意見との折り合いは?

>福島の放射能量はチェルノブイリの約1/100以下

計算根拠は?

>一般人の年間の線量限度の1ミリ・シーベルトを超えたのは、立ち入りが制限されている警戒区域など福島県東部の一部

計算過程と超えた地域の具体的数値・人数は?年齢・男女分布は?これからの被曝量は?


09. 2011年6月29日 13:27:34: 03bw0jfJsI
属国離脱への道>と放射線危機は別物で、それぞれ個別にたいしょすべきもである。味噌も糞も一緒にするな。脳足りん共めが。投稿者記事は表題を一瞥したただけで、読む気がしない。

10. 2011年6月29日 13:35:32: ejOPOmyPAs
>一般人の年間の線量限度の1ミリ・シーベルトを超えたのは、立ち入りが制限されている警戒区域など福島県東部の一部にとどまっている。
福島市、郡山市も東部の一部なの?。

>一方、その10分の1から100分の1の水準(0・10〜0・01ミリ・シーベルト)の地域は、岩手県から静岡県付近にかけての広い範囲に及んだ。

10ミリの10分の1は1ミリなんですけど。警戒区域は10ミリよりもっと高い筈でしょう。
0・10〜0・01ミリ・シーベルトというのは、へんだぞ。
0.05マイクロ×24時間×365=438マイクロ=0.438ミリになる。

この記事書いた人は支離滅裂だね。引用された方も。まに受けた方も。


11. さまゆんくる 2011年6月29日 16:02:43: cuSXLCyokXiAs : qWsJZ7Lp6H
主旨自体はよろしいのかもしれないが、自分の母に「ふざけるな」と
いうくらいで、事実をもって説得できないなら、誰も説得できないだろう。

12. 2011年6月29日 16:16:59: cvW5CdfPCg
投稿者様
ICRP(国際放射線防御委員会)やIAEAなどの組織の設立の契機・目的・構成を見ると政治的バイアスのかかった組織であることがわかります。このことは日本原子力開発機構についても同じことが言えます。
価値中立に近く純学問的研究に重点を置くBEIR(電離放射線の生物学的影響に関する委員会)などは判断材料として信頼度が高いように思います。

13. 2011年6月29日 17:10:58: RkSOlroHSY
原子力安全委員会は「1日あたり154テラ・ベクレル」に達していたことを明らかにしました。(4月23日)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110423-OYT1T00667.htm?from=main5

また武田邦彦氏(原子力安全委員会専門委員会委員、中部大学教授)は、「福島第一原発から漏れた放射線はほぼ100京ベクレル程度になり、原発事故としては驚くべき結果になりました。」とブログに書いています。
http://takedanet.com/2011/06/post_64b4.html

さらに「文部科学省と米国DOEによる航空機モニタリング」では、「1平方メートル当たり 300万〜3,000万ベクレルの高濃度汚染が、原発から30キロ圏外の飯館村まで広がっている。」
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1304694_0506.pdf(文科省のこのページはもう見られませんね。)
とのことです。

つまり数値を見れば、チェルノブイリを遥かに超えた汚染が広がっていることになりますが。


14. 2011年6月29日 18:46:18: h6cbKB908I
本投稿内容に驚いた。いろんな人がいるもんだ。

15. 2011年6月29日 20:34:08: Ba5FgPCp7w
この人の 投稿は クッダラナイので もう読みません!

16. 2011年6月29日 20:45:06: L2l2Ox7LpA
読売の記事かね。

読売が判断力を失い正体を露わにしてウソ八百を公然と垂れ流しているということだろう。まあ気がふれたとみていい。

脱原発を実現すれば読売はつぶれる。潰れるというより叩き潰さなければならない。山下教授を連れてきた佐藤福島県知事も同様に叩き潰すべきだ。


17. 2011年6月29日 20:58:53: Mj8esqneTk
サイトの初めの方に「燃料棒など存在しなかった」とあって、読むの止めました。
http://b-layer-must-awake.at.webry.info/201106/article_44.html
>東電の下請け・孫請けの作業員の皆様方の頑張りによって、ついに元から燃料棒など存在しなかった福島原発のメルトダウン〜核爆発事件も収束に向かうようです。

18. 2011年6月29日 21:12:19: pbCnf1OHE2

福島は、安全です!宣言して、阿修羅カルト板にてコメント炎上中!!の

「副島隆彦先生」のお弟子さんが投稿者かしらあ??? ミスター安全学者の

山下俊一氏を擁護して、福島は安全です!と事務所まで構えた嘘エジマ先生!


19. 2011年6月29日 22:27:57: D3B8ugX24k
恐らく100分の1は以下の記事の勘違いでしょう。
日本語を読めないくらい頭が悪いのでしょう。

8450テラベクレルは大気中への放出量ではありません。

大気中に放出された放射性物質の中で、海洋に降下したものと、直接海に汚染水として放出されたものの総量です。

よく元記事を読んでください。

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E0E6E2E6998DE0E6E2E4E0E2E3E39180EAE2E2E2;at=ALL


20. 2011年6月30日 04:29:16: ZdQx0625s6
阿修羅まで来てこのような低レベル記事を読まされる筋合いはない。
いちいち誤りを指摘するのも馬鹿らしいが一つだけ、マスコミ記事を「正しく」引用している「放射線量1ミリ・シーベルト超は福島県東部のみ」について言えばこれはわずか2か月間の外部被曝線量だろ。しかもその根拠は、計算したJAEA 自身が

「3月12〜14日に起きた1号機、3号機の水素爆発等による短時間の放出評価が含まれておらず、本解析の過小評価につながる。」
http://www.jaea.go.jp/jishin/kaisetsu03/kaisetsu03.htm

と認めているWSPEEDIデータだ。一番放出量の大きかった時を外してどうするよ。3月16日の計算では水素爆発による放出も一応ちゃんと計算してたのに、それから3か月でずいぶん進歩したんですこと。

(参照)3月16日に計算され、4月にNHKが間違って漏らしたWSPEEDI データ:
http://blog-imgs-33-origin.fc2.com/o/n/i/onihutari/201105151303400b4.jpg

そもそも SPEEDI は予測システムであって、後からデータを計算ないし捏造するために使うものではない。外部被曝に関しては実測されている空間線量を見た方がはるかに正確。今では線量もなかなか下がらないから、屋外0.2マイクロシーベルト/時を超える地域は屋内減衰を織り込んでも今後1年で1ミリシーベルト超は確実だろう。
その範囲は少なくとも福島、宮城、栃木、群馬、千葉、東京に及んでいる:
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/134.html

今後このようなウルトラB層記事にはコメントしないし、同じ投稿者の記事も無視する。


21. 2011年6月30日 04:32:58: ZdQx0625s6
↑ WSPEEDIデータのリンクがうまく張れなかったのでもう一度。

(参照)3月16日に計算され、4月にNHKが間違って漏らしたWSPEEDI データ:
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-49.html
(記事の一番下)


22. 2011年6月30日 09:25:55: i37fD8kRRc
@ 放射線管理区域を大幅に超える広大な汚染地が存在するだけではなく、子どもをも含めた国民全員に20_シーベルトの被曝を許可した。
A さらに、世界的に類を見ない高い汚染値の食品の流通を許可した。

これら2つの暫定基準値の設定は紛れのない事実である。

>実際は、被曝量が1ミリ・シーベルトを超えたのは警戒区域など福島県東部の一部にとどまる。
という指摘がなされている。

さて、『被曝量が1ミリ・シーベルトを超えたのは警戒区域など福島県東部の一部にとどまる。』ということが事実であるなら、政府は国民の不安を『煽る』ことにしかならない高い暫定基準値をなぜ設定したのか。
この矛盾を、どう説明するのか。

明晰にして判明な回答を是非とも聞いてみたいものである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧