★阿修羅♪ > 原発・フッ素13 > 589.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
政府・各政党・反核運動グループ・医師団体・生協は、被曝者にセシウム排出剤を供給せよ!
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/589.html
投稿者 爺さん 日時 2011 年 6 月 30 日 22:25:29: pkMRoq8j2xu8g
 

 私は政治的なことは苦手なので、投稿で口を挟むのは控えてきました。しかし、この間のばかげた動きにはいい加減我慢できなくなりました。

 件名にあげた方々は、真実の半面から目を背け続けないでください。
 少なくとも福島および宮城・茨城・千葉・栃木・群馬などの空間線量が0.5μSv/h以上の地域の被爆者に、実験データとりの検査と平行して、あるいは先行して、放射性核種の体外排出促進剤を供給する活動に取り組んでください。
なぜ「チェルノブイリへのかけはし」などごく少数のグループを除いて、その薬剤や食品添加物の存在すら述べてこなかったのですか。

 4月15日のKyodo news によれば チェルノブイリを一番良く知っているであろうロシアのヤブロコフ博士は、「福島の破局をいかに最小限に食い止めるか」という提言の中で、セシウム排泄剤と放射線医療現場で知られている radioprotector(放射線防護剤) を住民に配れと言っていました。
Distribute detailed instructions on effective ways to protect the health of individuals while avoiding the additional contamination of food.
Organize regular measurements of all people by indivisual dose counters(for overall radionuclides) at least once a week.
Distribute the radioprotectors and decontaminants(substances which provide the body protection against harmful effects of radiation) of radionuclides. There are many of such food additives;
  http://english.kyodonews.jp/news/2011/04/85736.html

 値段的にはたかが知れているはずです。当面は被爆者個人の負担としても、被害が緩和されるならそれも良いでしょう。それでは筋が通らないと拒否する人は、拒否すればそれでいいでしょう。

 ネットに書き込まれた記事によれば、事故後セシウム排泄剤が輸入されたようです。日本メジフィックスは政府に対して無償提供すると申し出たとも聞きました。それは誰が使ったのでしょう。原発サイトでですか、直近に派遣された警官と自衛官ですか。

 セシウム排泄剤 Vitapect は、ベラルーシで二重盲検法等の手続きを経て、副作用も検討され実用化されています。次のネステレンコ論文(p201〜)
http://www.euradcom.org/publications/chernobylebook.pdf

 さらに、「チェルノブイリへのかけはし」のホームページによれば、世に言うEMXもベラルーシで8年をかけて実証されベラルーシ政府公認となり、Vitapect よりも効果的だと明らかにされているとか。
http://www.kakehashi.or.jp/?p=1028

 radioprotector については、アメリカの医師とサプリメントカンパニーが、事故直後からネットにたくさん記事を載せていました。中には、日本の被爆者向けの記事もありました。
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/555.html

 なぜ治療手当てなしの観察と検査が、被曝と放射線障害に限っては正当化されているのでしょうか。
 政府と放医研系の医師ばかりか、それを人体実験と批判してきた民医連の医師や反原発運動グループまでがなぜそうしているのでしょうか。
 他の疾病で、診察だけして、対処的であれ何か方法があることについて、まったく治療行為をしなかったら、それは人道的・法律的に許されるでしょうか。この国とこの国に住む人間はそこまで堕ちたのでしょうか。それが理解できないほど馬鹿でしょうか。
 戦闘中でも手当てをしませんか。戦闘で傷ついた仲間を見捨てて、動けるものだけで戦う集団は、誰と戦っても負けるでしょう。たとえ傷ついた仲間がじきに死ぬ運命としても。

ヤブロコフ博士らは「チェルノブイリ 破局の人々と環境への影響」の中で(p324)、「破局的影響を最小化するための社会的そして環境的努力」を述べる中で、放射性核種吸収剤(enterosorbents)を幼児と学童・生徒に配布することを勧めています。
7.In order to decrease irradiation to a considered safe level (1 mSv/year) for those in contaminated areas of Belarus, Ukraine and Russia it is good practice to:--------
* Provide regular individual intake of natural pectin enterosorbents( derived from apples,currants, etc.) for 1 month at least four times a year and include juices with pectin daily for children in kindergartens and schools to promote excretion of radionuclides.
http://www.strahlentelex.de/Yablokov%20Chernobyl%20book.pdf p324

 福島の児童の尿からセシウムが検出されて、なぜそれで内部被曝を疑うのでしょう。検出されてあたりまえでしょう、悲しいことですが。なぜいまさら、そこになすすべなく立ちすくむのでしょうか。そこから先の手を打たないのでしょうか。
 ヤブロコフ博士の前掲書によれば(p299-p300)、チェルノブイリ事故前後の日本でのセシウム体内蓄積量は(尿中濃度でなく)、30Bq/kgから50Bq/kgに増加したそうです。
 当時、ドイツ・ミュンヘンでは事故直後から増加して4ヵ月後の8月には体内蓄積量1200Bq/kgに達し、1年後の6月に約1500Bq/kgのピークに達しそれから減少しました。
 ドイツ放射線防護協会のMr Derseeによれば、そのミュンヘンの地表は40000Bq/m2だったそうです。
 川俣町では29115Bq/kg×20=582300Bq/m2。
 今だに放射性核種は原発から排出されており、福島の人は福島産食品を避けているというネット書き込みもありますが、地産地消が唱えられるさなか体内被曝がミュンヘンよりすくないなど、奇跡です。
Mr Dersee
---Fallout from Chernobyl 25 years ago was easily detected. In Berlin, before Chernobyl we had about 1000Bq of Cesium137/m2 on the ground( a residue mainly from fallout of nuclear weapons testing in the atmosphere after World War II)
After Chernobyl it was about 4000Bq/m2 in Berlin and 40000Bq/m2 in Munich(Munchen) and farther into Austria it was about 160000Bq/m2 of Cesium-137 on the ground. That was not enough to increase the local dose rates( of 0.07microSievert/h in Berlin.) But it was quite enough for people and animals to inhale and for plants to take up and in turn be eaten by animals and humans.---

 原発から放出された放射性核種はセシウムだけではありませんが、せめてセシウム排泄剤の支給を目指した取り組みを、政府に要請するとともに、被曝被害者の擁護と反原発を主張する諸団体、さらに反原発を次期国政選挙の争点にする政党の皆さんには、真摯にご検討くださるようお願いいたします。
 何も手を打たなければ、たとえ退避したとしても、体内の放射性セシウムその他は、確率的に体細胞を破壊し続けます。
 これを自然排泄に任せて放っておく事は、私にはサディスティックの一言につきます。

 放射性核種が含まれていないと証明されていない、フランス等の国家機関が摂取を控えるようにと自国民に呼びかけてきた、農畜産物を流通させてきた関東・東北地域のJA、その野菜を全国に販売してきた生協等は、自らの責任として、セシウム排泄剤を希望する消費者に、少なくとも実費で配布する体制を準備してはいかがですか。
 ここまで書いてきたら、その図が馬鹿らしくて笑えてきました。これでやめます。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年6月30日 22:44:13: Obbt5CADB6
こっちの方向に進めないと、話は進まないね。金の請求は後でもとりかからないと。そのクスリの処方箋がわかるのは日本のシステムだと何科の医者になるんだろう。
輸入するのは免許が必要なのか、行政の方はどこまでやっているのか、気になる

02. 2011年6月30日 23:34:30: E2YReWLDxc
優れた投稿だと思う。爺さんという人は、聡明だ。

03. 2011年7月01日 00:08:34: vFb1TkTUDk
>そこになすすべなく立ちすくむのでしょうか

なすすべもくそもない
放射能物質は自然に体内から排出されます
何の問題もありません


04. 2011年7月01日 00:39:08: 1laTubqZew

当面、個人輸入しかないのかもしれませんね。

プルトニウム排出薬のGEみたいなマッチポンプ、JAや生協はやらないでしょう。

りんごペクチン?

病院へ行かず、自宅で玉子酒を飲んで、ひたすら堪えているのと変わらないような...


05. 2011年7月01日 00:56:15: hRykbHHBuA
さあ面白くなってきたぞ。
これが一番タブーかもしれないからな。

06. 2011年7月01日 06:50:07: RC33EaiitE
俺は爺さんを尊敬している。

03みたいなバカチンは黙ってこれでもみて勉強しろ。

http://www.youtube.com/watch?v=-CeLnWq8rjs&feature=related

もう、くるな。


07. 南の島のチョッパー 2011年7月01日 15:27:43: a31ICjyB9jsaI : 1Yq4sg159w
医療現場は、保険診療という制約に縛られています。
国内で流通させるためには薬事法に基づく厚労省の認可が必要、そこに至るまでに時間がかかりすぎる。

何より今の日本でこれがスムーズに運ぶわけがないという予感がします。
「原発は絶対安全なんだから、火災訓練など住民避難の練習などするな。
原発がキケンに思われてしまう」と、消防法さえ無視してきた東電&政府です。

最も現実的な実現手段は、個人輸入ではないでしょうか。
http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html

線量測定機が税関で止められた事も懸念材料ですが、試してみる価値はあるように思います。
試しに試みてみようかと・・・

大変貴重な情報をいただけました。
拡散していきたいです。


08. 管理人さん 2011年7月02日 08:40:40: Master
コメントブロック機能のバグでコメントエラーになっていたので、
管理人が代行コメント

投稿者: bMOftlwJac
 あくまで自己責任ですが、ラディオガルダーゼなら、個人輸入代行で通販での購入が可能です。但し、服用すると体内のカリウムも排出しがちになるので、低カリウム血症などの危険があります。最悪、死んでも自己責任で。
 基本的には処方薬なので、医師の診断書をもらって処方してもらうのが筋ですが、現時点では「国が必要ないレベルと言ってるので、処方しない」という医師しか居ないはずです。
 安全を考えたら、ヨウ化カリウムの錠剤を個人輸入代行で入手する方が良いかもしれません。福一事故後は、1ヶ月に購入できる量に厚労省が制限を付けたようですが...。


09. 2011年7月03日 16:16:32: 7ZlKynP7fU
投稿者爺さんより、
私のコメントを読んでくださった方々へ、
ありがとうございます。少しでもお役に立てればと、他の方々がなぜか無視するところで投稿してきました。
群馬の田舎でも震災不況は厳しく、しかも、私のビジネスは絶対保証対照になりません。毒を売って保障ももらえるやつらが、うらやましいといったらありません。
家業と家族の生き残り対策に時間を集中したいと思い、しばらく投稿は休止します。
私の引用したホームページ・文献について、英語が苦手な方で、この際訳しておいてくれという物がありましたら、このコメント欄でお知らせ下さい。それは投稿します。
ただし、このページにあげた2つのpdfファイルは長いですので、必要なページを書いて下さい。全訳はできません。

本当はカナダかオーストラリアなどに逃げるか、子供だけは逃がしたく思い調べたりしました。でも、私はお金がないので移住は無理です。子供と妻だけの一時退避も。
馬鹿でもちょんでもずるくとも、金を持って逃げたやつらが恨めしい。
私のサイトではありませんが、次の方のサイトが現実を認識するために、阿修羅より参考になるかもしれません。少なくとも関東の方には。
私ももう少し頑張って大学教官になっていれば、彼のように振舞えました。後悔後にたたずですね。
皆さんの御健闘を!また会いましょう。私はしかたなく日本、群馬に残ります。
http://twilog.org/hayakawayukio 私ではありません。私は「退避」さんでもありません。


10. 2012年3月28日 23:58:58 : KBRuoSvYzc
体内蓄積量は /kg キログラムあたりでなく全身あたりです。
間違えて書きました。

11. 爺さん 2012年11月11日 11:43:09 : pkMRoq8j2xu8g : 7YSeW7Fk6m
2012 11/11追記
この記事を書いたとき、私は「ちょん」の意味を知りませんでした。
多分半島系が多数の群馬に育ったからです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素13掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧