★阿修羅♪ > 原発・フッ素14 > 569.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
汚染食品の流通に反対しない真意 小出裕章 (Nuclear F.C) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/569.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 7 月 21 日 01:45:15: igsppGRN/E9PQ
 

汚染食品の流通に反対しない真意 小出裕章
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/4046835.html
2011年07月20日20:45 Nuclear F.C : 原発のウソ


2011年7月20日、文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」

火力発電所が例えば、地震や津波で壊れたといえばですね、壊れた現場に行ってゆっくり時間をかけて修理をすればいいんです。
しかし原子力発電所の場合は放射能で汚れてしまいますので、修理に行くことすら出来ない。原子炉の中の水がどこまであるかというのは、原子炉水位計という計器で計っているのですが、その計器の調整に行くことすら出来ないという、そういう困難な現場なのですね。

Voice_(110720) 京都大学原子炉実験所助教小出裕章
http://www.youtube.com/watch?v=9zpGKH1kp14&feature=player_embedded#at=78


福島県産の肉牛が流通すること自体は反対をされていないというふうに伺ってるんですが。それでその真意っていうのはどの辺にあるわけですか?

今、日本の国がやろうとしていることは、基準を決めて基準を超えたものは危険だから出荷停止にすると。基準を下回っていれば安全だとして流通させてしまうというそういう姿勢なんですね。

私はそれにまず反対、なのです。基準を超えればもちろん危険ですけれども、基準を下回っていたとしても、危険なのです。放射能に被曝をするということは微量であっても危険ですので、汚染の少ないものから汚染の高いものまでいろんなものが出てくるわけですけれども。それをきちっと表示してそれなりに流通させて一次産業を守るということが私は必要だと思います。

牛だけしかも福島県産だけに、放射性の物質が付着してそれが食べれる値を超えてると、いうような報道になってるんですが、実際は決してそんなことはないと思うんですが、小出先生からご覧になってどうでしょうか?

もちろんです。牛だけが汚れるなんてことはあろうはずがなくて、あらゆる食べ物が汚れてしまっている。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年7月21日 05:49:13: 0GJJznkobY
> 流通させて一次産業を守る

つまり、大人の寿命を縮め、その命と引き替えに
汚染された農家を儲けさせるべきだと言うわけだ。

除染すれば線量は減る。減るまでは輸入すればいい。
被害を受けた農家は経済的に支援すればいい。

なんで大人だからって「放射性廃棄物」を買わなきゃならんのだ。
汚染物を食べれば、汚泥となってその地域を汚染し、全国の子供だって汚染される。
迷惑な発言はやめてもらいたい。


02. 2011年7月21日 05:49:44: k3HMbSlIds
要は福島(あるいは福島近県)の一次産業を守るために、汚染されたものを流通させよ、というのが小出氏の主張の目的だ。
汚染の程度をちゃんと表示させよというのは、そのための条件だ。
このバカ! としかいいようがない。これだからインテリというのはどうしょうもない。
ここで小出がいっていることは原発問題じゃない。政策だ。こんな原発バカ(原発専門家)がどうして政策に口を出すのか?
余計なことをするなって。
インテリが政策なんかやったってしょせん、「優性思想」しか出てこないんだ。
ナチのヒトラーと同じ。
産業を守るためには人命をある程度犠牲にしてもしょうがないということだ。
汚染度の表示なんて、このバカ、そんなものがかつてちゃんと表示できたこともなければ表示することもないだろ。
生産者や流通業者がそんなことを守るタマなら、今回もこんな事件にはならん。

これは小出のようなキチガイは絶対に信用しない。いや、今後はこいつの政治的な発言にはすべて反対していく。
冗談じゃねえ。


03. 2011年7月21日 07:23:28: KLunr3aYs6
どうもポイントがずれているコメントが多いようです。

> 汚染の少ないものから汚染の高いものまでいろんなものが出てくるわけですけれども。それをきちっと表示して

とあるように、小出さんの言っていることは、福島産だから危険だとかという精度の悪い不正確な情報ではだめだと言っているのです。ちょうど賞味期限のように商品一つひとつに汚染度表示をして、どれを買って食べるかどうかは、消費者が自分で判断できるようにすべきだといっているところがポイントでしょう。

福島産のものでも、それが採れた場所や時期によっては汚染がほとんどない作物もあると思います。干し草を屋内で保管していた酪農家の牛の汚染度は極めて少ないこともあるでしょう。そういう酪農家は守られるべきです。

「優性思想」とか何を言いたいのかよくわかりませんが、小出さんにはむしろ仏教的な諦観があるのではと思います。覆水盆に返らず。格納容器から放出されて放射能はもとにはもどせません。われわれは、鳥や豚、牛という他者の命を喰らって生きていのです。人間の責任でその命を汚してしまったのだから、その責任も引き受けようと言うことではないでしょうか。ネットで見た小出さんの講演のビデオに、チェルノブイリ原発事故のとき、ヨーロッパ産の汚染されたチーズを以前と変わらずに小出さん自身は食べると言っていました。ただし、自分の子供には絶対食べさせないとも言っていました。放射能汚染されたものが無害なはずはないからです。


04. 2011年7月21日 08:12:44: DxDL6CKL5g
>03

小出氏の主張のポイントをずらしているのはきみのほうだとわたしは思うね。
仏教的な諦観なんかてめえ独りでやってろよ。w
他人にまで押し付けるな。
>ヨーロッパ産の汚染されたチーズを以前と変わらずに小出さん自身は食べると言っていました。
そんなものおれの知ったことか。自分がそう考えるのなら自分が独りで食えばいい。
赤の他人に自分の「諦念」を押し付けるなってことだ。
他人の文章はよく読みなさい。
っても、おたくにはわからないだろうが。


05. 2011年7月21日 08:16:54: ECFQB31jBY
>>01
>除染すれば線量は減る。減るまでは輸入すればいい。
>被害を受けた農家は経済的に支援すればいい

教えて!
いつから誰が、どうゆう機関が除染してくれるの?
いつごろからどうゆうふうに経済支援してくれるの?

汚染されていない食べ物なんてあるの?
国も東電も当てにならない今、自分の懐からお金を出して原発被害農家を助けようという国民っているの?

年寄りが汚染食品摂ったたからって寿命が縮んだりしないって。
放射線が原因のがんが発症する前に寿命がくるからね。


06. 2011年7月21日 08:30:02: DxDL6CKL5g
>年寄りが汚染食品摂ったたからって寿命が縮んだりしないって。

こういうバカなこといっちゃいけませんよ。
放射能の人体に与える影響は個人差が激しいし、実際のところは何も正確なことはわかっていない。
外部からの進入物に感受性が豊かな子どもに与える影響は比較的大きいということだ。
しかしそれだって個人差があるはずだろう。
そろそろ、小出の言っていることも、おまえさんの言っていることも、もはや、あの東大の出鱈目放射能学者、斑目だの畑村だの
と同じになってきたな。w

小出はやはりキチガイだとわたしはおもうね。
ありゃ、そうとうおかしい。
小出を擁護する人たちも日本語の文章の要旨ひとつ読み取れないで、おのれのバカさを棚に上げて
他人に文章の読み方を説くようなトンチンカンなのが多い。いやはや。w


07. 2011年7月21日 08:52:52: Yvar6cTuIQ
このことに関しては、私は小出氏に同意できない。

前にも他の投稿に同じようなコメントをしましたが、
年齢を問わず、みんな、汚染食品は食べてはいけない。

生産者は補償によって守ればよい。


08. 2011年7月21日 09:21:48: c0FbhHZ2vo
小出にけちつけるチンケな奴等、お前たちは石ころ一つでも動かして反原発の動きを実践してきたのか。己が助かりたいだけの卑しい奴だ。

09. 2011年7月21日 09:35:21: ErYmrL4Iws
小出先生はチェルノブイリのときも同じ様な発言をして、反原発の仲間を失ったっておっしゃってました。

 
小出先生の先見性はみなさん、既にお気づきでしょう。
 普通の人では気づけない、科学者であるがゆえに、憂慮せざるをえない、事情があるのでは?

一つ一つ、小出先生に「では、こうしてみたらどうですか?」と質問をぶつけたら、きちんと答えてくれるのではないかな?
 


10. 2011年7月21日 09:56:49: ECFQB31jBY
>>07
>年齢を問わず、みんな、汚染食品は食べてはいけない。

いやいやいや
このままだと、年齢問わずすべての国民は汚染食物をたべるしかなくなる。
天候不順や新興国の消費増で世界は食料不足になっている。
最近の穀物由来の食品も軒並み値上げだし、いずれ輸入しようにも輸入できなくなるかも。

だから、全ての食品の汚染度計測表示を実行してほしい。
自分の子供に何を食べさせるか、自分は何を食べるか選択できるようにしてほしい。

家族を自分を守るためにはそれしかない。

農産物の出荷停止、廃棄なんて今だから言えてる。
もうしばらくしたら、廃棄したことを後悔するだろう。
飢えに耐えられる人などそうそういないのだ。


11. 2011年7月21日 10:00:32: 0GJJznkobY
反原発の運動をすることと、放射性廃棄物に相当するものを食べるかどうかは
まったく別のことです。
反原発運動をしてこなかった人であっても、食品という名の放射性廃棄物を
食べるべきではないと思います。

既に指摘されていますが、
原発事故がどうなっていくかということを考える能力と、
被災地の第一次産業をどうしていくかということを考える能力は別物です。
彼は原子力の専門家なのであって、政治については素人です。


12. 2011年7月21日 10:39:19: yAZZCLUgJo
小出先生の論点のポイントは、「放射能は存在すればDNAを傷つける」ので、放射能量の基準値を設定して安全を論ずべきではないこと。

そして、汚染された農産物を販売ルートに乗せなければ、農家の生計が立たなくなることを考えると、その対策として、農産物購買のルールをつくること。

そのルールの一例として、放射能汚染レベルを表示して個々人が購買の選択ができるようにする、という提案と受け止めます。(子供達には汚染ないものを与える)

本来ならば、放射能汚染物は政府か東電が買い上げて農家の生計を補償するのが筋でしょう。

(放射能汚染基準値は政府の補償費用減額措置)

しかし、政府や東電は動きません。補償費用が莫大なものになるからです。

小出先生は、政治は嫌いだと言っているようなので、このような救済処置に関する分野は、未知の世界なのでしょう。

皆で理解して差し上げることも必要だと思います。


13. 2011年7月21日 11:11:57: tUmLmmqu0Y
暫定規制値さえ下回れば安全だと?
これがそもそも大間違いだ
今の政府、役人、自治体が考えを変えない限り
年齢に関係なくすべての人が放射性物質入り食品を食う事になる。
小出さんは放射性物質の影響を大人より受け易い子供にだけは安全な物を与えよと言っている。
当たり前の話だ。

14. 2011年7月21日 11:50:02: 4WntjJEKtM

この地球は、アメリカ、「ソ連」、フランス、中国などの
大気圏核実験で、相当汚染されてしまった。
地球外、宇宙からの放射線を除き、どこまで「自然」の放射線か、
わからない。

スリーマイル島、チェルノブイリで、一つの原子炉の事故が
世界中を汚染することがわかっている。

福島原発の事故で、日本が、世界が汚染されたのは、はっきりしている。

人間は、ものを食べて生きていく動物だ。
この日本がやばいのは、事実だ。
安全だと思う連中は、この汚染された日本で「安全だ」と思って生きてくれ。
危険だと思うなら、どうするかだ。
この日本を捨て、脱出するか、
この汚染された日本で、汚染された食べ物で生きていくかしかない。
それなら、まず、子供たちを守るのがふつうの考えだろう。

被爆に対する安全基準なんてない。閾値はないのだ。
「基準」値以下だから、安全なんてない。
人によって、影響の度合いが違うのだ。
だから、基準値で、安全と言ってはならないのだ。
その上で、この汚染された土地、食料でどう生きるのか?
その一つの提案であり、
原子力に関係し、原発を阻止できず、この福島の被爆を阻止できなかったと
話される小出さんの「覚悟」でもある。



15. 2011年7月21日 11:53:05: kSKMsKWiwk
同意できる出来ないは個人差があるだろう。
大人の被爆を防いで、子供を守ることも重要、大人が食べて第一次産業を守ることも日本にとって大切。

小出さん、太郎さんしかり。
一般の理解を超えた行動力・見識があり、
小さな利己的な考えはないと思う。

ただ、私個人は政府が「安全、健康に影響がない」という間は食べない。
現状の政府が「リスクはある」と真実を語るまで、絶対に進んで食べない。

同じく、政府が安全とまやかしをいう土地は放棄すべきだと思う。
役人・政治家だけをその土地に残して民間人は立ち去ればいいと思っている。
できるならば・・・。


16. 2011年7月21日 12:01:02: CifuYGkwrg
東日本は大なり小なり汚染されている
これからはわれわれはどのみち
この汚染された国で生きていかねばならぬ
この国に生きてるかぎり放射能を含んだ食物を
摂らずにいることはきわめて困難
基準なんて国の都合できめた単なる数値であって
基準値以下でも絶対安全ていうことはない
必要なのはおのおのの食物の放射線量を把握して
われわれがそれを認識すること
その情報をもとに消費者が食物を選択することだと思う
低年齢の者は汚染食物は避けることは当然だが
ある程度高齢でも食べたくなかったら高い放射線量のもの
は避ければよいし、気にしなければ食べればよい
ミソもクソも一緒にして基準値以下だから安全ですと
いうのが一番困る


17. 2011年7月21日 12:06:27: OWqKlEkjxU
子供のためだとか一次産業を守るだとか乙女語化しはもう止めろ。
経済の損失を人の胃袋を使って補填しようとする
根っこの思想は官僚や政治家と何ら変わりない。
国体を維持する為なら何万人死のうと構わないと思っているのか。
911をたかが3000人死んだくらいで〜と言い放っただけのことはあるね。
いやはや恐ろしいね軍靴の足音が聞こえてきそうだw

18. 2011年7月21日 12:20:29: toMv6Hv0DX
以下、コピペです。

こんなにゆるい日本の暫定基準値
乳児の基準が原発排水の2倍って!?

■のみものの基準値

アメリカの法令基準           0.111 ベクレル/L
ドイツガス水道協会            0.5 ベクレル/L
WHO基準                  1 ベクレル/L
ウクライナ(セシウム137)        2 ベクレル/L
ベラルーシ                10 ベクレル/L
国際法 原発の排水基準値
 ヨウ素131              40 ベクレル/L
 セシウム137             90 ベクレル/L
日本の暫定基準値(乳児)         100 ベクレル/L
日本の暫定基準値
 ヨウ素131(I-131)         300 ベクレル/L
 セシウム137(Cs-137)        200 ベクレル/L

■たべものの基準値

WHO基準                  10 ベクレル/kg
ベラルーシ(子供)            37 ベクレル/kg
ウクライナ(野菜)セシウム137     40 ベクレル/kg 
ベラルーシ(野菜)            100 ベクレル/kg
アメリカの法令基準            170 ベクレル/kg
これまでの日本の輸入品規制値       370 ベクレル/kg
WHO基準
(餓死を避けるための非常事態時の数値) 1000 ベクレル/kg

日本の暫定基準値(野菜)ヨウ素131  2000 ベクレル/kg
日本の暫定基準値(野菜)セシウム137  500 ベクレル/kg

●正しく知って子どもたちを守りましょう。

これで安全ですか?給食大丈夫ですか?


19. 2011年7月21日 14:17:36: GAyBabvkGw
>れをきちっと表示してそれなりに流通させて一次産業を守るということが私は必要だと思います。

やはり産業を守るために毒を食えというのが小出氏の考え方であったか。がっかりする。これでは、日本国内の企業を守るために原発やれという主張と同じ。産業は人の命と健康のためにあるのであって、産業のために人の命と健康とがあるのではない。産業の存立と、人の命と健康保護とが両立しないときにどちらをとるのか。小出氏は産業をとるというのだ。一体この人は、原発に何故反対してきたのだろうか。


20. 2011年7月21日 14:53:27: a3JvMrFb4c
汚染食品はすれてばいいとか考えている人がいるのに驚く。


豊かな土壌は無限ではないのですよ。


 福島の野菜は捨てて、海外の貧しい国から食料を奪う。

小出氏が恐れているのはこの構図。

 自分さえ、よければ他人を不幸にして死においやってもよいというのなら、発想は与謝野と同じ。


21. 2011年7月21日 15:19:55: ESnXcVTTac
小出氏の話を歪曲されて書かれていますが、
小出氏は農家を助けるためとかの課題ではなく、日本と言うより原発でその生活を謳歌してきた国の人は事故が起こったとき、当然の事放射能汚染に一番先にさらされるし世界を巻き込むのであるといっているのでは。

今回の福島事故で一番の被害者は東北在住の人たちです。
ではその電気というエネルギーを一番消費し恩恵を受けているのはどこでしょう。
紛れもなく、電力会社が節電の宣伝する大都市の人たちです。
世界的に見れば原発の恩恵なんて受けていない国もあります。それは通常開発途上国と呼ばれています。
この国の人も「平等」に放射能汚染されます。
まず、原発事故というものはこのようなものであるということから理解しなくてはならないでしょう。

「俺は汚染食品は食べたない」と言い放っても絶対食べていないと言い切れないのです。

汚染の度合いが違っても全て汚染されたものをある基準で安全と言い切ることに無理があります。

汚染の度合いを明確にし選別するのは個人の判断に任せなければならないという
大変な状態であると言う事実。

小出氏は子供には汚染の度合いの低いものを食べさすように出来れば汚染されていないものを食べさすようにといっているのです。
その意味はこの原発を進めてきた責任は大人にあるわけで、その大人が責任を持って次世代を守ることをしなくてはならないと言うことです。

今、50歳代60歳代の大人が20年後何らかの原発障害に合うとしたら70歳から80才です。
しかし、10台未満の子供にしてみれば30台と言うことになります。
まだまだ人生を生き抜いてもらわなくてはならない年代です。

だから、大人は我慢しても子供には我慢させるなと言っている意味と捕らえる事は出来ませんか。

ヒステリックに叫んでみても何も解決しないことだけは理解できるでしょう。

無関心と無批判が生んだ今回の原発事故です。
今も、ネットでアラ探しをして自己満足のマスターベーションで済ますのも
それぞれの判断ですが、原発をなくしていこうと言う人に対しては真摯に向き合うべきでしょう。


22. 爺さん 2011年7月21日 15:37:49: pkMRoq8j2xu8g : V90CPEpsx2
確か就農人口は1980年段階で全国民数の6パーセントだったが、今はどうなってんのかね。
だいぶ増えてるのだろうね、こんなに農家の破産が話題になるくらいだから。

食糧危機のときに空き地に芋を植えて食う話とか、江戸時代の話でなく、20年位前にもしていた気がするが、どんなもんかね。

保健物理学会は放射線の話ばっかりだから、大変だね小出さんも。
激論に水をさしてしまったね。
わたしゃ事故前から外国の貧しい農家から、フェアトレイドとかで農産物買ってました。

小出さんもヨーロッパ資本主義諸国がどう対処したか知ってること話せば良いのにね。
汚染度の高かったオーストリアやノルウェーなど、汚染度考えたら福島以外の日本の参考にはなるんじゃないかね。
ベラルーシやウクライナの同等汚染地に比べて奇形も蔓延していない、そこから考えたらいいアイデアが浮かぶかも。

コメント投稿された方々、ここはネットに向かって調べてみてくださらんか。小出さんが話さないこともたくさんあるようですぞ。
あのヨーロッパ資本主義の血に飢えた?白人たちが、浪花節的にセシウム食ってただけとは思えんがね。


23. 2011年7月21日 15:45:26: h6cbKB908I
>微量であっても危険ですので、汚染の少ないものから汚染の高いものまで
>いろんなものが出てくるわけですけれども。それをきちっと表示してそれなりに >流通させて一次産業を守るということが私は必要だと思います。

この文脈の4行目だけをとって議論するのは意味がない、むしろ反則だろう。


24. 2011年7月21日 15:59:19: a3JvMrFb4c
汚染野菜を日本人が食べずにきれいな野菜を海外から輸入したら、

貧困国からみれば、


汚染牛肉を20キロ圏内から運び出した業者がいるように、
汚染野菜を海外に押し付けようとするよ。

貧しくて、飢えそうな国からきれいな野菜を輸入するつもりなの?

海外から見れば、日本も東電も同じ。

放射能汚染野菜は東電が食べればよいと思うのと同じように海外からみれば、

自分の国で汚染野菜を消費しろ!と思うのは当然のこと。


25. 2011年7月21日 16:36:14: VIDdf4jSiw
21.23.さんのおっしゃるとおりです。
ある人のいった言葉を一部分だけ取り出して叩くのは反則だしマスコミが使う
常套手段です。

このラジオ放送で小出さんは「わたしはその、汚染した、食物が汚染するのは避け
られないし、それを流通させるべきだというふうに言ってる人間で。流通させた上
で実は肝心なことがあるわけで。子どもには汚染したものを与えない。原子力を許
してきた大人がそれを食べるということを私は主張して、います。ですからまず、
一番大切なことはどの食べ物がどれだけ汚れているということを、きちっと東京電
力に計って知らさせるということが必要ですし、それを受けて大人たちがちゃんと
子供たちを守るということをやることが必要だと思います。」といっています。
汚染食品の流通に反対しない真意は、ここにあるのだと思います。

ちなみに、別のラジオ番組でも同様のこといっていましたが、そのあとに「今の日
本人は(汚染された作物を)たべないでしょうが」ともコメントしていました。

私自身も「自分が汚染食品をたべなければ自分の子どもに安全な食品を食べさせら
れない」ような事態にならない限り、汚染食品を食べるという選択はできないだろ
うと思います。


26. 2011年7月21日 16:53:29: 4WntjJEKtM

>>21さんの理解が、的を得ていると思う。

小出さんの、一部の言葉を切り出し、批判しているより、
この放射能汚染の元凶である東電、官僚、自民党と、
この状況に、対応していない、傍観、それこそ見殺しにしている
菅内閣、官僚にこそ怒りをぶつけるべきだと思うが。


27. 2011年7月21日 18:39:35: 1XgNjSv86c
小出氏の言ったことは致命的なことなんだ。
つまり人間の思想の本質に関することなんだ。
人間観や人生観にまつわるもので、「一部の言葉」なんかで済む話ではない。
そういう意味で小出氏は官僚たちの物の見方とあまり変わらないことがこれではっきりしたとわたしはおもう。

一次産業を守るためというが日本の一次産業、とくに日本の農業はとくの昔に破綻している。それを政府が莫大な補助金(2000年の日本の農業生産者向け補助金総額は6兆4560億円(約600億米ドル))
を撒いてようやく存続させているのが現状だ。これは日本の国庫を破綻においやっている元凶でもある。
酷かもしれないが日本の農業はもうつぶれてもいいのだ。このさい。外国から安い米や野菜や魚介を買ったほうが
よほど安いし効率もいいし安全だ。放射能汚染食品を食べるより。これが3.11以後に生じた事態だ。
自分で3.11以後世界が変わったといいながら、農業のことなど何も知らないで、無責任な放言をするのはおかしい。
無責任というのは、政府も生産者も流通業者も小売り人もすべて、放射能の汚染度を正確に表示なんかしないということだ。
その保障もないのに、いたずらに福島の生産物を流通さえればいいというのは無責任な放言だ。
それでなくとも大人は食え、子どもは食うなと差別的なことをいう。だれであれ食べてはいけないものは食べなくていい。

この小出というやつはしょせんは東大での官僚にすぎない。


28. 2011年7月21日 19:14:39: LIPF25cqR6
17さんに完全同意だな。

すぐこの国の国民は全体主義に流れたがる。
この小出氏の発言に同調するコメントの数々を見てもそれがうかがえる。

そもそも流通させておいて消費者の選択?(笑)で被爆防ぐなど不可能だよ。
うっかり摂取したらお得意の自己責任かね?(苦笑)

いかに流通させないかに国民の健康、生命はかかってる。


29. 2011年7月21日 20:46:12: zxRwWYtUnA
小出さんは長年放射性物質を扱ってきた専門家で、その威力をよく知っている。

我々は汚染されたものを、汚染を承知した上で食べよという小出さんの言葉に憤慨して、汚染物は処分しろ汚れたものは食べたくないと言う。

ここには恐らく認識の相違があるのだ。小出さんの目からみると、汚染されていないものなんかもう存在していないのではないか。我々は関西はマシだろうとか楽観的だが、小出さんの目にはもう関西も関東もなく、恐らく西洋も東洋もなく地球は等しく汚染されているので、311以後を生きるためには、少ない汚染食を子供に与え、より汚染されたものは大人が食べるという選択肢しかないのだと、彼は言っているのだと思う。

放射能汚染は目に見えない。素人には本当の恐ろしさがわらないところが、本当の恐ろしさなのかもしれん。東電、役人、マスゴミは上から目線で自分たちだけは救われるかのごとくまだ懲りずに原発推進などと言っているが、この連中にも放射線は襲いかかっている。我々にできることはもうそう多くないのかもしれんな。


30. 2011年7月21日 21:26:11: 39HuzqnW7g
>>22

例えば、こういうことですかね?

http://zuisya.bunkakikaku.com/?eid=869632

447、チェルノブイリ原発事故での日本国内未発表ニュース

・ロシアが穀倉ウクライナ地方の大麦・小麦・トウモロコシなど、1億二千万トン(史上最高)を収穫。
・スリランカの輸入食物から放射能検出
・フィリピンが輸入した有名ブランドの粉ミルクが放射能汚染
・オーストリアでは、汚染された豚肉がイタリアでベーコンに加工されたあと逆輸入
・レバノンでは、目が見えず耳の聞こえない羊が(東ヨーロッパ圏から)2千頭も輸入され、地中深部に埋葬することを保険大臣が許可
・スペイン領カナリア諸島で、未汚染の牛乳をドイツの輸入業者が買い占め。カナリア諸島へは汚染牛乳を輸出。
・スゥエーデンで鹿肉からセシウム検出
・イギリスでヒツジ肉が食用禁止
・ポーランドの汚染された牛が、イタリアとオーストリアの国境でストップ、処分された。

同時代を打つ・立花隆(講談社・88年)の最初の項目からの引用です。

(以下、省略)


31. 2011年7月21日 23:53:26: AD4aJoBwHA
木を見て森を見ず、輸入に頼ることの恐ろしさを考え、小出氏はおっしゃっているのです。
金融戦争の真っただ中、次は食料をめぐる戦争です。
中国が水資源の不足に備え日本に土地を買っていたのをお忘れですか。

TPPはまさしく戦略であり、セシウム牛は(葉)で、本当の問題である世界の食料事情(森)から目くらまし日本の自給率(木)を壊滅させることにある。
そこで輸入という梯を外せば飢餓で苦しむ状態に追い込める。
これで北朝鮮の状況だ。

食品の放射線量の表示を行わない要因のひとつでしょう。


しかも消費税増税という上納システムの合わせ技です。
官僚はその手数料にあずかれる。
結局はお金と恐怖に踊らされてる支配層が言いつけを守っているだけ。



32. 2011年7月22日 00:51:05: z5uQPVPWWg
>牛だけが汚れるなんてことはあろうはずがなくて、あらゆる食べ物が汚れてしまっている。

牛の汚染はともかく、本当に「あらゆる」食べ物が汚れてしまったのか。

まだ汚れていないもの、汚染度の低いものに着目して、関東圏の子どもたちに(給食などを通じ)優先的に供給するという、逆の発想はできないものか。
中国地方、九州地方の産物を関東圏に届けるという取り組みを、農・漁関係者の協力をとりつけて実行することはできないのだろうか。
国は国民の健康に寄与するあらゆる施策を講じる義務がある。「国策」の推進で引き起こされた事故であるから、当事者としての責任は重大である。
しかし「あらゆる食べ物が汚れてしまっている」としてしまえば、国の責任も東電の責任も取らせようがなくなる。

>>28
いかに流通させないかに国民の健康、生命はかかってる
に完全同意。

小出氏の流通させて汚染を広げるのも致し方ないという発想の前提には、原発の事故は収束の可能性がないということがあるのだろうか。
いずれにしても、危機にあたって人間性の発露がみられる施策が講じられないとなると、日本は崩壊の一途を辿るしかない。


33. カエルの合掌 2011年7月22日 04:13:04: ctVEymSOwS0AU : X8i391hXGk
各人がゲーム機やケータイと繋がりながら移動する休日の静かな家族。。
幼い子に大人びた格好をさせてお尻を振らせて喜ぶバカ親。。。
暴力ゲームを店内モニターで垂れ流す、夢を売るはずの玩具屋のオヤジ。
今の日本の普通の光景。
放射能があろうが無かろうが美しかったはずの精神はどっぷり汚染されている。
こんな腐抜けた魂の宿る肉体を規定値云々で守ろうなんてちゃんちゃら可笑しい。
お前たちはすでに死んでいる。俺もか┐('〜`;)┌

 身体は朽ちようとも 奇形の我が子を抱くことになろうとも 人の苦しみ、生きる意味にたとえ僅かな間でも思いを馳せることが出来るならセシウム結構である。
 やっと人間として死ねる、、、ってもんだ。

  では本題、

命を悪魔の前に晒してまで教授して頂いた小出先生の首根っこを捕まえてありもしない仮面を剥がそうとしているそこの貴方、 そんな狭い了見では御自身の閾値がぐっと下がっちまいますぜ。 おおらかに包容力をもって理解する心を開くだけでも免疫力が高まって放射能除去に一役買います。
 どなたかが仰っていたように当て嵌める規定値に個人差があるとすれば受け手の精神の有り様(よう)も無視できません。 
まぁこれからの世界 短絡的で自己中で怒りっぽい輩は淘汰されていくのでしょう。
いずれ仙人クラスしか生き残れない、、、とか。           合掌



34. 2011年7月22日 05:23:56: 3F4TiyHcdQ
>まぁこれからの世界 短絡的で自己中で怒りっぽい輩は淘汰されていくのでしょう。
>いずれ仙人クラスしか生き残れない、、、とか。           合掌

これを小出氏特有の「優生思想」というのだよ。
人間を劣者と優秀な種にわけて、劣等な者は淘汰する。見事に小出信者がそれを示しているとみたが。


35. 2011年7月23日 05:01:08: C4PDVJ6qn6
小出先生は誰もかえりみない時にも、冷静に語り続けてこられました。その語りかけのおかげで、
私も、多くの方々と同じように事故当初から、ある程度の理解を持って覚悟を決めることができました。

最近「どうしたらいいの?」と周囲のお母さんたちに聞かれます。
この間までは「放射能なんて気にしたってしかたない」と笑っていたお母さんたちです。
先生に教えていただいた知識をなるべくやさしくお話ししています。
大切な人を守るためには知識が必要ですが、難しいことになって迷うことの多い日々です。

買い物をする時、絶対においしい、と分かっているのに買えません。生産者の方々のせいではないのに。
命なのに。生きるために売って、生きるために買う。それが、いつの間にか生産者と消費者の戦いのように
なって本当に悲しいことです。生産者と消費者の間を歪めるものはなんでしょうか。

私は、知らされないことが多い状況だからこそ、生産者も消費者も互いの思いを理解するための努力と、
情報の共有が必要だと思います。どうすれば、生産し続け、購入し続けることができるのか、そのためにどのように協力していったらいいのか…見つけるために。

大切な命が手の届かぬところへ消えてゆきました。がっかりしても、がっかりしても、やっぱり、
あとひとり、あとひとり未来へ生き残って欲しい、と強く願っています。まだ自分は生きており、
内部被曝が避けきれないとしても、生かすために働くことができます。

そんな風に思って、勇気を出して周囲のお母さんたちにお話ししたり、
あきらめずに行政に訴えたり、意見を出し続けていられるのは、小出先生が何を語られたか、
ということよりも、先生が一貫して継続してこられた姿勢に励まされているからです。
ご自愛ください。こちらはもっと頑張りますから。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素14掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素14掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧