★阿修羅♪ > 原発・フッ素14 > 646.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
溶融核燃料が「メルトスルー」する驚愕のシミュレーション映像! (杉並からの情報発信です) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/646.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 7 月 23 日 01:46:59: igsppGRN/E9PQ
 

溶融核燃料が「メルトスルー」する驚愕のシミュレーション映像!
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/0ebd23b06b5d7275fb575012d5a47049
2011-07-22 23:14:47 杉並からの情報発信です


ECO JAPANリポート
動画で見る炉心溶融 求められる実態の解明
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20110622/106729/?P=1


福島第一原発の第一、第二、第三原子炉は3月11日の大地震と大津波で「冷却システム」が全面的に破壊されました。

その結果、水で冷却されない核燃料は1000−3000度の高温で「空焚き」状態となり「メルトダウン(溶融)」して分厚い圧力容器の底を突き破り、薄い格納容器の底を突き抜けて

容器支持体(ペデスタル)のコンクリート製中間床面に落下しました。

現在「メルトスルー」した溶融核燃料は中間床面をも突き破りさらに下部のコンクリート床面に落ちて「塊」の状態で停まっているものと推測されます。

「塊」の内部は2000−3000度近い高温で溶融し続け外側は注入された水で冷却された状態で、一応安定しているかのように見えますが、再度大きな地震が原子炉建屋を直撃して

万一「塊」が真っ二つに割れるような事態になれば、同時に3つの溶融核燃料が水と反応して大規模な「水蒸気爆発」を引き起こすのです。

その場合、3月12日の第一原子炉、14日の第三原子炉の核燃料が水素と反応して爆発した「水素爆発」どころではなく、「核爆発」に近い大爆発となり空中に飛散する

高濃度放射性物質は直ちに東日本全体を汚染し、その後風に乗って日本全体を汚染し、1週間すれば偏西風に乗って北半球全体を汚染するでしょう。

そして地球全体が汚染されるのは時間の問題となるでしょう。

▼ 「メルトスルー」した溶融核燃料が今どのような状態になっているのか、誰も語らない

政府や原子力保安院や原子力安全員会や東電や大手マスコミは「メルトスルー」した溶融核燃料が今どのような状態でいるのか、どのような危険が待ち 受けているのかに関して一切口を閉ざしています。

逆に政府は工程表の「ステップ1」が成功裡に終了し来年1月までに予定通り「冷温停止」が達成できるかのような「ウソ」をまき散らすしています。

こともあろか「緊急時避難準備区域」の指定解除に向け地元との調整を進めるとまで言い始めています。

政府は自らの都合ででっち上げた工程表があたかも順調に推移しているように見せかけるために、住民の素朴な願いを逆手にとって

土地や住居や地下水が高濃度の放射性物質に汚染された地域に住民を返そうとしているのです。

▼ 溶融核燃料が「メ ルトスルー」する驚愕のシミュレーション映像!

本日(7月22日)付けネットエコー情報誌「エコ―ジャパン」に日経エコロジ−の中西清隆氏が書かれた「動画で見る炉心溶融、求められる実態の解明」という記事が掲載されています。

その記事の中に、溶融核燃料が圧力容器の底を突き抜ける「メルトスルー」を描いた驚愕のシミュレーション映像がアップされています。

原子力安全基盤機構が原子力防災専門官向けに映像資料として作成したものです。

以下のURLでご覧ください。

「動画で見る炉心溶融、求められる実態の解明」ECO JAPANリポート
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20110622/106729/?P=2

「動画で見る炉心溶融、求められる実態の解明」
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/report/20110622/106729/?P=2

記事の中の説明部分を抜粋して以下に転載します。

(転載開始)

 核分裂反応が止まっても炉心は発熱を続ける。炉心は燃料の核分裂反応で生成した膨大な放射性物質(放射能)を蓄積している。

放射性物質が放射線を放出して熱(崩壊熱)になるためだ。一番内側にある圧力容器への注水が遮断されると、炉心温度は上昇し、

冷却水が蒸発して水位が下がり、炉心がむき出しになる。炉心温度は自身が発する熱でさらに上昇し、千数百〜3000℃という高温空焚き状態の中で

炉心溶融が始まる。

 炉心は核燃料を装填した多数の燃料棒の集合体だ。1本の燃料棒は直径約1cm・長さ約4mの細長いジルコニウム合金被覆管に、燃料である二酸化 ウランの

ペレットを詰め込んでいる。炉心は2万〜4万本の燃料棒で構成されている。

 燃料を被覆するジルコニウム合金は燃料の核分裂に必要な中性子の吸収が少なく、核反応を効率的に進めるのに適した素材だ(ちなみに、原子炉の停 止は

中性子の吸収が大きい物質=制御棒を炉心部に挿入する)。半面、1000℃以上の高温になると水と反応する。水から酸素を奪って自身は酸化ジルコ ニウムへと

変化する一方で、水素ガスが発生する。これが今回、原子炉建て屋を吹き飛ばした水素爆発の原因だ。

 配管破断による冷却材流出と注水失敗を想定したCGでは、事故発生後約30分で高温の炉心中央部が溶け、1時間後には燃料支持台を突き抜けて圧 力容器下部に

落下する。圧力容器は厚さ12〜15cmの鋼鉄製だが、容器下部に落下した高温の溶融燃料は約3時間後には容器を貫通し、容器支持体(ペデスタ ル)の

コンクリート製中間床面に落下。やがて中間床面をも突き破り、さらに下部のコンクリート床面に落ちていく。コンクリートを溶かす過程で発生したガ スが

容器に充満し、圧力による容器破損を防ぐために、放射能を含むガスを外気へ放出せざるを得なくなる・・・。シミュレーション画像は炉心溶融の

すさまじさを“予言”していた。

(転載終わり

(終わり)

   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年7月23日 06:27:56: u0HgnqRhfc
説明野中に
>原子力安全基盤機構が原子力防災専門官向けに映像資料として作成したものです
とある

つまり国、経済産業省は現在の事態の発生を早くから分かっていたということだ
それでも原発の稼動に固執しているのだから、これはもう狂気というほかないな


02. 2011年7月23日 09:05:51: oPXZ19qY9w
政府が工程表の「ステップ1」が成功し「冷温停止」が達成できると言っているのは「ウソ」ではありません。
1号炉には「もともと核燃料棒は入っていなかった」から「安全」と言っているのです。
メルトスルー云々というのは、人工地震を発生させる前に、大事故にならぬよう予め核燃料棒を抜いており、原子炉内が空っぽであることを説明するための方便でしかありません。
本当にメルトスルーしているのであれば、敷地内の放射線量がこのように落ち着くはずはありません(大気中に核燃料が放り出されているのですから)。また、冷却水を注入して安定して冷却できるのは圧力容器(せめて格納容器)内に燃料が留まっていることが最低条件であり、それらを突き破って燃料がコンクリートに接した(もしくは突き破った)状態でうまく冷却できるはずはないのです。
さらに、本当に過去実例がなく予測不可能なメルトスルー状態が発生しているのであれば、役所がリスクを背負ってまでここまでの発言をするとは思えないのです。

03. 2011年7月23日 12:25:45: F5PwblxxO6
[02]さん、あなたは誰ですか?

「メルトスルー云々とうのは、人工地震を発生させる前に、大事故にならぬよう予め核燃料を抜いており、原子炉内が空っぽであることを説明するための方便でしかありません」とありますが、意味が分かりません。

あなたが言われるように、メルトスルー云々が方便だとすれば、実は原子炉内は空っぽであったことを隠すため、つまり人工地震の存在を隠すためですよね。

しかし、あなたは「空っぽであることを説明するため」と「説明」という言葉を使っています。メルトスル―を断言した東電やその関係者たちの真意はどこにあるのでしょう? 原子炉内が空っぽであったことを説明するため、すなわち人工地震の存在を説明するためですか?

そして、「あなたは誰ですか?」とお尋ねしたくなった文は、「本当にメルトスルーしているのであれば、敷地内の放射線量がこのように落ち着くはずはありません」です。あなたは「このように」と言っています。「この」は自分の身近にあるものごとを指し示す指示詞です。つまり、あなたは福島第一原発の放射線量を実際に知っている関係者だということになります。関係者以外の人間なら「敷地内の放射線量が≪どのように≫落ち着いているのかなんてことは知りようもありませんから。

ということで、結論はあなたの文章はメタメタということです。「政府の工程表は嘘ではない」という最初の一行文を正当化しようとするだけが目的ですので、それに続く証明のための文がメタメタになるのは当然なのです。

嘘文はその無論理ゆえにすぐにばれます。


04. 2011年7月23日 12:59:50: B3FrSkvLWQ
こういう映像教材資料があることを初めて知った。
国民は政府、東電、その他原発関係者から馬鹿にされていたということだ。
彼らにとって事故後数時間後でのメルトスルーは当たり前で、放射能の環境への大量放出も当たり前だったというわけだ。
「ただちに云々」と言いながら、国民の無知と馬鹿さ加減、信じやすさを笑っていたわけだ。
それにしても、なぜ心ある原発関係者は事故当初上記警告を強く発せなかったのか。発してはいたが、私が知らなかっただけなのか。無念である。

05. 2011年7月23日 15:56:37: EszHBBNJY2

消えた溶融核燃料ってミステリー本がベストセラーになりそうな気がする。

06. 2011年7月23日 16:30:31: oPXZ19qY9w
>03
>あなたが言われるように、メルトスルー云々が方便だとすれば、実は原子炉内は
>空っぽであったことを隠すため、つまり人工地震の存在を隠すためですよね。

直接的には「原子炉内が空っぽであったことを隠す」ためです。空っぽであったことが明らかになれば、なぜ空っぽにしたのかについて、その理由を説明しなければならなくなり「人工地震の存在」に触れない別の理由をでっちあげなくてはならなくなるからです。

>しかし、あなたは「空っぽであることを説明するため」と「説明」という言葉を
>使っています。メルトスル―を断言した東電やその関係者たちの真意はどこにあ
>るのでしょう? 原子炉内が空っぽであったことを説明するため、すなわち人工
>地震の存在を説明するためですか?

数十年後1号炉の解体が始まりますと、核燃料が存在していない原子炉内の状況が明らかになります。
そこで東電・政府は「昔申し上げたように、核燃料はメルトスルーしたために土の中に埋まってしまいました。ですから原子炉内には核燃料がないんですよ。」と「説明」することになる訳です。そしてきっと「今更原子炉の下を掘り返して核燃料の存在を調査しても危険なだけで何の益もありませんので、このままコンクリートで固めてしまいましょう。」とでも言って、このいきさつは歴史の闇に封印されることになるのでしょう。当然そのころには福島第一原発の跡地は危険地帯として数百年か数千年かの間立ち入り禁止になっているでしょうから、一般人には検証しようがなくなっています。

>あなたは福島第一原発の放射線量を実際に知っている関係者だということになり
>ます。関係者以外の人間なら「敷地内の放射線量が≪どのように≫落ち着いてい
>るのかなんてことは知りようもありませんから。

東京電力が「福島第一原子力発電所構内での計測データ」(http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/index-j.html)を公表していますので、ご参考まで。


07. 2011年7月23日 16:44:38: 8ENmtQk64Y
>>02
1号炉は稼動してたはずなのに、なんで燃料棒が入ってないの?
おかしいじゃん。
実状にも合ってない。東電の説明とも合ってない。

燃料棒は、メルトダウンによって大気中に放り出されたのではなくて、
一部は原子炉の容器に覆われている。そして一部は多分地中。
だから、意外に周囲の線量が上がっていない。

そう想像するのが自然なのでは?

大体燃料棒が入ってないなら、何を冷温停止するの?
「燃料棒がそもそも入っていなかったから、冷温停止可能」
ではなくて、
「冷温停止というロードマップ自体が破綻した」
と素直に理解すべきだと思うよ。


>>03
指摘は大筋間違ってないと思うけど、人工地震の話はまた別だから、
切り離して考えようよ。
強引に絡めると、論点がおかしくなって話が混乱する。


08. 2011年7月23日 18:18:24: oPXZ19qY9w
>>07

本投稿で紹介された映像からも判るように、メルトスルーするということは、圧力容器及び格納容器の底に穴が開くことです。ところが、「福島原発原子炉の状態 原子炉の水位」(http://atmc.jp/plant/water/)を見ても明らかなように、1号炉の水位(水位計測ポイントBが判りやすいです)は、2号炉・3号炉と比べても相対的に高いところで維持されています。

格納容器の底に穴が開いた状態で水を貯めることはできるのでしょうか?
もし水が溜まっているとするなら4月下旬から行われていた1号機の「水棺」化は半ば成功したことになってしまうのですが・・・。

メルトスルーしてしまい、今更冷やしても仕方のない状況になっても、
なぜ注水を続けるのでしょうか?
汚染水を増やすだけのことでしかないのに・・・。

高熱のウラン燃料が格納容器の底に落下したとすれば注入された水に触れずにはおれないため、大量の水蒸気を発生させ続けるか、最悪水蒸気爆発を引き起こさざるを得ません。
でもそのような状況は3月中の映像からは見て取れませんでした・・・。

・・・本当に1号機は稼動していたのでしょうか?


09. 2011年7月23日 21:45:33: GtAqVxpngx
燃料は温度計の遥か下。

10. Ryukyuan.isao-pw 2011年7月23日 23:10:39: YrP2vZDuHZBQs : 9MkipmvZoc
★福島原発の悲惨な現実を直視せよ!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/06/post_5088.html
★福島原発特攻隊!戦略無き大本営の無責任!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/07/post_5a5f.html

11. Ryukyuan.isao-pw 2011年7月23日 23:19:39: YrP2vZDuHZBQs : 9MkipmvZoc
1、2号機はメルトスルーで格納容器底部に核燃料落ちていると想定される。
http://isao-pw.mo-blog.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/07/12/photo_4.gif
3号機ではメルトアウトで建屋地下の高濃度汚染水の底に沈んでいると想定される。
http://isao-pw.mo-blog.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/07/12/photo_5.gif
以上は私の推論ですが実際はどうなのかは現場の吉田所長にも分からないそうです。

12. 2011年7月24日 00:00:48: 55TD8UASTE
私はoPXZ19qY9w さんのお話を冷静になってもっとお伺いしたいです。この方は決して、単に放射能は拡散されていないと否定しているのでも、また、コシミズ・ファンのように陰謀説を無闇に信じているのでもない、知性のある方とお見受けしました。

そこで、確認させていただきたいのですが:

>メルトスルー云々というのは、人工地震を発生させる前に、大事故にならぬよう予め核燃料棒を抜いており、原子炉内が空っぽであることを説明するための方便でしかありません。

ということは、人工地震と掛け合わせて、福島原発は故意に爆破されたという理解でよろしいでしょうか?


では質問させてください:

このことを予め予測して一号機から燃料棒を抜くという対応ができていたということであれば、その他の機にも同じ対応をしなかった、もしくはできなかったのはなぜなのでしょう?そこまでは無理だったのでしょうか。


13. 2011年7月24日 01:21:28: h6cbKB908I
「人工地震」という言葉が出ると、現状のメルトダウン・スルーから
 話がそれる。
 もう、いいかげんやめよう。

14. 2011年7月24日 03:01:48: JrPYjVYQO2
経産省エネルギー庁のネット監視犬は仕事してますか?

15. 2011年7月24日 05:33:49: C1XTCG7GXY
昨日の東電の発表で冷却システムが5時間くらい停電したが温度変化がなかったらしい。つまり発熱していないわけだが増すごみはそれ以上の質問をしてなかった。
メルトダウンの実験でそんなに早く発熱をやめるようなものじゃない、ということはすぐに結論が出るが、東電の担当者は肝心な質問をせずお前らバカかと言わんばかりの顔をしてた。増すごみはツバメの巣の子供のように口だけあけてるだけ。
都合の悪いことを聞かなければ言わない。東電の隠蔽体質は原因の一つに聞かないことかもしれない。

16. 2011年7月24日 08:38:15: B3FrSkvLWQ
この映像は、原子力安全基盤機構が原子力防災専門官向けに映像資料として作ったという。いつ作られたのか?作った担当者はだれで、どのくらいの者がこの映像を見たのか?
原発事故において今回の事例は全く当たり前、常識だったわけだ。アメリカや、フランス等が在日国民を早々に避難させたのも当然だったわけだ。日本政府だけが過小評価し続け、国民を被曝させてしまった。
知らなかったのならまだ許されるが、こういう研修資料映像がある以上、みな知っていたのだ。
政府責任者は未必の故意で告発されなくてはいけない。
思うに彼ら自身がパニックになり、どうすべきか分からなかったのだろうが、それは彼らが政治家として、学者として、原発管理者として無能だったということしか意味していない。
一般国民に原発事故の知識がないのは当たり前で、一部学者等が警告を発しても、政府、マスコミ発表を信じるのもやむを得ない。
フクシマ原発事故が原発事故の想定範囲内に入っている以上、関係者の責任はきわめて大きい。
国民はみなこの動画映像を見るべきだ。怒りがこみ上げてくるだろう。

17. 2011年7月24日 09:36:41: yAZZCLUgJo
>>11さん

教えてください。

http://isao-pw.mo-blog.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/07/12/photo_5.gif

「懸念される原子炉地下を突き抜けるチャイナシンドロームの可能性は、高濃度汚染水の浄化処理が進んで、建屋地下の核燃料が露出して起きる」の文章です。

高濃度汚染水の浄化処理が進むと、なぜ建屋地下の核燃料が露出するのですか?


18. Ryukyuan.isao-pw 2011年7月24日 14:02:54: YrP2vZDuHZBQs : 9MkipmvZoc
3号機の地下は水深6mの高濃度汚染水で満たされています。総量12万トンを超えた汚染水は浄化システムがフル稼働すれば日量1200トンで単純計算では100日、東電の工程表では12月には全量が浄化処理を終わる予定です。
但し、現状では浄化された水を再び原子炉格納容器に注水しても格納容器が破損していて地下に漏れ出すので元の汚染水に混じります。
つまり工程表のステップ1で達成されるべき各々の原子炉毎の独立した循環冷却回路が確立出来ていない事が結果的に3号機地下の汚染水が当面は急激には減らない理由です。
メルトアウトで地下の汚染水の底に落ち込んだ核燃料は水深1m以下になると崩壊熱で汚染水を蒸発させ急激に水深が浅くなって空気中に露出すれば高温で建屋地下のコンクリート床面を溶かして地中に沈み込むチャイナシンドロームに至る可能性が出てきます。
因みに原子炉建屋の地下室は40mX40mX12mです。水深6mとすれば汚染水の量は9600トンです。
但しタービン建屋との間も4号機の地下とも通路や配管の経路で連なっていて汚染水が滞留しています。

19. 2011年7月24日 17:03:51: l49YlFDMUc
元記事の動画リンクがきれているので別のリンクを挙げておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=wwYk62WpV_s
1時間でメルトダウンが起きている。

20. 2011年7月25日 09:07:36: yAZZCLUgJo
Ryukyuan.isao-pw  さん

ご説明ありがとうございました。

浄化された水を元に戻さず処理した場合なのですね。

原発1基でも事故が起こると大変なのに、4基+使用済み燃料プールの処置まで対応されている大変さを、お察しいたします。

放射能被曝に気をつけて、事故処理に頑張ってください。


21. 2011年9月09日 13:22:25: lrFWYnN1GM
釣られすぎ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素14掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素14掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧