★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 109.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
東日本大震災:汚染牛問題 同一牛、部位で濃度差−−セシウムの検出値 (毎日新聞) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/109.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 7 月 31 日 09:16:16: igsppGRN/E9PQ
 

東日本大震災:汚染牛問題 同一牛、部位で濃度差−−セシウムの検出値
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110731ddm041040104000c.html
毎日新聞 2011年7月31日 東京朝刊

 ◇統一指針づくり急務

 福島第1原発事故の影響で放射性セシウムに汚染された肉牛が見つかった問題で、同じ1頭の牛でも部位などにより検出値の違いが出るケースが指摘されている。専門家も「セシウム濃度は部位により異なる」と説明している。各自治体が今後踏み切る全頭検査の信頼性を高めるため、国は検査の統一指針づくりを迫られそうだ。【吉永康朗、井上英介、石川隆宣】

 宮城県は28日、1頭の牛の肉で、部位によって国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超えたり、下回る検査結果が出たことを明らかにした。

 この牛は仙台市内で6月21日に解体され、肩肉(二十数キロ)が流通した横浜市が検査した結果、規制値未満の380ベクレルだった。ところが、もも肉(37・7キロ)の流通先の北海道が肉を調べたところ、530ベクレルを示した。

 宮城県から6月1日、東京都内に出荷された、別の牛の肉では同じ部位で検査値の食い違いがあった。都内の食肉卸業者が、この牛の肩肉(12・9キロ)を自主検査し、1150ベクレルを検出。しかし川崎市が、この肩肉の残りを調べたところ、618ベクレルだった。

 県によると、この4件の検査ともゲルマニウム半導体検出器を使っていた。県は「精密に調べられるもので、機器に問題はない」と話す。ただ、課題は検査手法の統一基準がない点で、県は「検査した肉の部分がどのくらいの脂肪分を含んでいるかや、肉の詰め方で結果に差が出る」と説明する。

 自治体が今後、全頭検査に相次いで踏み切るのに先立ち、厚生労働省は29日、検査の基本方針を発表した。ゲルマニウム半導体検出器より短時間で調べられる簡易測定機器の使用を認めるなどの内容だが、調べる部位には言及していない。

 厚労省は検出値のばらつきは把握しているが、「これまでの例ではセシウムは筋肉に均質に蓄積するとされている。全頭検査を重ねて適切な対処方法を見つけていくしかない」(監視安全課)と説明。各自治体には、同じ牛で1カ所でも規制値を超える部位が見つかれば、全量を出荷停止するよう求めている。

         ◇

東日本大震災:汚染牛問題 同一牛、部位で濃度差 夏堀雅宏氏の話
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110731ddm041040107000c.html
毎日新聞 2011年7月31日 東京朝刊

 ◇赤身に多くたまる−−動物と放射線の関係に詳しい夏堀雅宏・日本動物高度医療センター院長の話

 セシウムは動物の細胞内に多く蓄積するため、脂身より赤身に多くたまる。同じ1頭の牛でも部位によってセシウム濃度が異なる。規制値は十分安全な値に設定されており、これを少し上回っても本来、問題はない。肉のセシウム濃度と相関関係がある血液を調べる手法を確立すれば、検査も簡易になり、安全な肉まで廃棄する事態を避けられる。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年7月31日 09:57:46: iQinVlOl1c
規制値をを少し上回っても本来、問題はないのなら公務員生協の店で売ればいいじゃないか?

02. 2011年7月31日 11:30:47: Ohh5X1MBNw
放射能汚染されている牛であることが問題。

将来、日本人は全て放射能汚染された体となってしまうのか。
民族が滅ぶかも・・・?


03. 2011年7月31日 11:54:56: oGVVuR6zrg
挽肉にして、混ぜて薄める作戦が実施されるのでは?
合い挽きという手もある。
魚もすり身にして、混ぜて薄めるようだな。

04. あっしら 2011年7月31日 15:05:57: Mo7ApAlflbQ6s : FOFJ3ucx7c

ミスジ・イチボ・ロースなど脂肪分を多く含む“旨い”部位はセシウムの残存量が少ないが、モモやヒレなど“健康にいい”と言われる部位はセシウムの残存量が多いという話みたいだね。

「平常値」を超える放射能汚染の牛肉は、暫定規制値未満でも汚染濃度付きで市場に流通させるべきだと考えているが、検査の“ブレ”は、「赤身のもも肉」と部位指定を徹底させることで少なくすることができる。

このように、わずかの間だけでも、肉牛を通じて放射性物質が生体に及ぼす影響の“新しい知見”が出ているのだから、買い上げて屠殺してしまうのではなく、被曝を避けながら飼育を続け貴重なデータを採るべきだ。

あれこれ言われている生体的半減期も実際のところどうなのか、人にそのまま適用できないとしても放射能が様々な臓器にどのような影響を与えるのか、プルトニウムなど他の放射性物質の内部被曝があるのかどうかそしてその影響はどうなのかなど、数多くの研究テーマがある。
牛には申し訳ないが、それが出来る絶好の機会なのに、識者も含めて誰もそれを言い出さない。
牛の健康推移や内部被曝状況が明らかになると、人への影響の類推がなされたり、他の放射性物質の飛散が知られることになる。

それが“イヤ”だからこそ、政府は、汚染疑い牛を買い上げてさっさと“始末”しようとしているのだ。


このような政府が福島県民の「健康調査」を言うなぞあほらしくて受け入れることはできない。
「健康調査」は、被曝データの収集であり、賠償責務から逃れるためのデータ収集でしかない。



05. 2011年7月31日 19:55:35: h6cbKB908I
疑うわけではないが、1頭の牛の部位で測定値がちがうのは当然だが
それを、恣意的に低く出したいひとと恣意的でないひととでは結果が
異なる。
そもそも測定方法が明確でない、ということに逃げ道を作っている気がする。
測定器の統一、測定部位の明確な特定化、高い測定値の採用、測定者の記録、
など、あとあと測定値の疑問が生じても困らないための、最低限のとりきめを
すべきだ。

06. 2011年8月01日 01:41:33: FSt16dxZew
首のあたりの肉を測定すると聞いた。
ふだん食べない部位だが・・・。
多分、肉のロスを出したくないという作為かな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧