★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 150.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
フクシマ50 下請け社長は「死んでもいい人を」と発注受けた (週刊ポスト) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/150.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 01 日 10:03:55: igsppGRN/E9PQ
 

フクシマ50 下請け社長は「死んでもいい人を」と発注受けた
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110801-00000009-pseven-pol
NEWS ポストセブン 8月1日(月)7時5分配信 :週刊ポスト

 菅直人首相が原発対応拠点のJヴィレッジを激励に訪れたその日も、彼は現場で働いていた。その作業服の背中には、「菅直人1回現場に来てみろよ」とある。震災から4か月以上経ち、いま明かされる「フクシマ50」の素顔。原発でともに作業するフリーライター・鈴木智彦氏の、刮目レポートである。

 * * *
 俗にいう「フクシマ50」の定義はひどく曖昧だが、一般的には、「東京電力福島第一原発(以下1F)の1号機および3号機が立て続けに水素爆発をした後、1Fに残った職員・作業員」となる。最初に残った約70人に、事故直後に加わった人たちを含めそう呼ぶ。

 東電は免震重要棟で指揮を執る吉田昌郎所長以外の「フクシマ50」を、プライバシー保護を理由に公開していない。東電社員の内訳、協力企業の人数や年齢、支給された危険手当の金額など、よく分かっていない部分が多い。

 東電としてはフクシマ50を英雄のまま曖昧な存在にしておきたい。一方のフクシマ50にしても、守秘義務からか、おおかた口が堅い。私はそのうち4人を知っているが、フクシマ50だとカミングアウトすることをためらっている。

 そのうちの若いひとりを、佐藤としておこう。彼は3号機が水素爆発した直後、1Fへの“召集令状”を受け取り、地獄絵図の中に降り立った協力会社幹部だ。

「社長は上会社から『死んでもいい人間を用意してくれ』といわれていたらしい。社長、もじもじしてて、なかなか『行け』といわなかったですね。だから志願しました。だってうちの社長、熱い人だから自分が行っちゃいそうだったんで。社長が死んだら社員が路頭に迷うけど、俺が死んでも代わりはいますから」

 もちろん佐藤は自殺志願者ではない。これまで原発を生活の糧にしてきた贖罪だったわけでもない。

「居直るわけじゃないけど、誰も原子力や原発が社会的にどうのなんて考えず、普通の会社に就職する感覚でこの仕事に就いてるんじゃないですか? 原発が善か悪かなんて、深く考えたことなかったです。学校もろくに行ってないんで、難しいことは得意じゃないし(笑い)。

 最初に1Fへ入ったときは、たしかにドキドキしましたね。不謹慎かもしれないけど、それはどっちかといえば楽しい気持ちで……。これまで威勢のいいこと、偉そうなこといってた人間がビビってたんで、『よし、じゃあ俺が行ってきてやる』みたいな。

(1Fに向かう)バスの中、みんな青白い顔して泣きそうなんです。話しかけられる雰囲気じゃなかった。でも俺、わくわくしちゃって、みんなを写メで撮ってました。20代とか、若いヤツらのほうが元気だったですね。年取った人ほどブルってた。なにかあっても死ぬだけなのに」

※週刊ポスト2011年8月12日号

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月01日 10:29:04: osZYFZmHag
チェルノブイリ事故当時は英雄と持ち上げられた人々の今

犠牲者ー事故処理作業者(リクビダートル)の知られざる現実 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=bhvDSqNJ31M


02. 2011年8月01日 10:41:23: FUviF2HWlS
小沢一郎氏が首相なら、自ら志願する人で溢れて選抜に苦労するほどであったはずなのに。

03. 2011年8月01日 11:36:51: R13RBTHDI6
01 これを見たら志願者がいなくなるな…つーか、深く考えずに(覚悟せず)志願するヒトや作業員たちに見せるべきかと。。
情報をありがとう

04. 2011年8月01日 14:57:07: 8qkp570kfE
02さん。さしでがましいようですが。もしや『自分も含めて』の一文を、うっかりお忘れではないかと。

05. 2011年8月01日 15:17:36: FUviF2HWlS
>>05

恥ずかしいですが、自分は躊躇します。
しかし、陸山会に入会しておられる自衛隊員の方とか、そういう方は小沢一郎先生から直々にお話があれば志願すると思います。


06. 2011年8月01日 15:52:10: u3O0TeZ0Go

せめて、言ったヤツの名前を晒せ!

07. 2011年8月01日 17:30:04: 8qkp570kfE
其の方々は菅さんが総理ならやだけど、小沢さんが総理になって、小沢さんじきじきに言われたら、行くんですか?
何かやだなあ。そういうの。せめてそのときはぜひ、小沢総理にも一緒に行って貰って下さい。失礼ながら、それほど放射能の害を心配しなくてよさげな御歳でいらっしゃることだし。あ・アンチ小沢だとか絶滅危惧種の菅さん支持者だとか、そういうのじゃないですよ。小沢さんが任侠とかの世界の人なら、それもありだと思いますけど。国会議員ですから。だったら今、行けよ。
って、仮定の話ですよね、わかってます。
与野党問わず、推進派の議員が行きゃいいんです。。安全なんだから、問題ないですよね〜
重ね重ね僭越ながら、自分は躊躇すると仰った、その正直さは好感度大。
私もパートナーが行こうとしたら、監禁してでも阻止するかも。国の為より私のだけのために生きてて欲しい。すみません、パートナーに何かあったら、もし天皇陛下に誉められても一億円貰ってもうれしくないです。駄目な奴でいいです。駄目な奴募集中です(笑)
今日の新聞だったかに沖縄在住の、原発で働いてらしたご主人を50代半ばでガンで亡くされた方の記事が載ってまして、胸が痛い。

08. 2011年8月01日 17:54:24: 5F6nLELDwX
若者は、先を憂える知識も経験もない‥‥。
なにかあっても、死ぬだけ?
勇ましい言葉だけれど‥‥東海村の事故作業員のように、徐々に体が崩れ苦しみながら死んでいく、その知識と覚悟があったのだろうか。
チェルノブイリ作業員のように、若くして老人のような身体になって、病に苦しみながら、あるいは知能も失って、何十年も生きていく、その意味もきっと彼は知らない。
そんな無邪気な若者を利用して、私たちは電気を使っていたのか。

09. Ryukyuan.isao-pw 2011年8月01日 23:49:32: YrP2vZDuHZBQs : 9MkipmvZoc
チェルノブイリと福島原発の違いは共産党独裁政権下のソ連では軍人も消防隊も命令を拒否出来ないのに対して日本では東京消防庁のハイパーレスキュー隊員への菅直人の命令を拒否出来た事です。
日本の法律で国家非常事態に対処義務を負う組織は自衛隊のみです。しかし自衛隊は平時には不要な装備、機材に莫大な国家予算を浪費しながら肝心の非常事態(戦争)に避けられない放射線防御への備えが不十分で米軍の支援を求めました。
つまり自衛隊は現代の戦争には必然の核兵器に対応出来ず、原発へのテロ攻撃にも対処不能な国家と国土と国民の安全を守れない無能な組織なのです。
通常の事故対処は警察、消防、海上保安庁ですが原発災害は放射能との戦いですから知識も装備も訓練も無い現状では対処不能です。

福島原発で発生した最悪の事故は正に国家と国土と国民が危険に晒されている未曾有の大災害であり非常事態ですから民間事業者である東電のみに対処責任を負わせるのは国策で原発を推進して来た政府の責任逃れです。
第一当事者は東電であっても放射能汚染を防ぎ国民の命と生活を守る事は政府の責任であり、福島原発事故処理に最大限のバックアップ体制を構築し、現場で命懸けで戦う作業員達への万全の支援が必要で有り、過酷な作業環境に対する行政指導、政府の責任においての危険回避、健康管理、生活保障などが求められます。

東電本社も首相官邸も現場の実態を無視して場当たり的な対応で事態を悪化させた上、急遽、募集し動員した作業員達を食事も休息もままならない劣悪で悲惨な環境に送り込んで知識も装備機材の扱いも不慣れな作業員達を見殺しにし、恐怖感から逃げ出した作業員の行方も把握出来ない現状は正に無法地帯であり先進国とは思えない無様な対応で有る。

★福島原発の悲惨な現実を直視せよ!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/06/post_5088.html
★福島原発特攻隊!戦略無き大本営の無責任!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/07/post_5a5f.html
★福島県の半分は放射能汚染が危険なレベル
http://isao-pw.mo-blog.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/06/26/photo_2.gif
★早川由紀夫の火山ブログ 放射能地図(改訂版)
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-397.html
★福島原発、総力を挙げて汚染拡散防止を!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/07/post_3abf.html


10. 2011年8月01日 23:52:42: h6cbKB908I
そうです。東海村の事故作業員のように、臨界が起こって、光を見てしまったら、
終わり、あとは何日も苦しみながら死んでいくだけ、って知らなかったと
思いますよ。
知ってて、怖くないのは、純然たる馬鹿だけでしょう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧