★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 205.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
10シーベルト超の放射線量(原爆爆心地並み)  院長の独り言 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/205.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 02 日 15:38:05: igsppGRN/E9PQ
 

10シーベルト超の放射線量(原爆爆心地並み)
こちらでhttp://onodekita.sblo.jp/article/47080381.html
2011年08月02日 院長の独り言

1万ミリシーベルト超の放射線量8月1日 21時4分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110801/t10014623481000.html 

東京電力福島第一原子力発電所の、1号機と2号機の原子炉建屋の間にある屋外の排気筒付近で、1日午後、これまでで最も高い、1時間当たり1万ミリシーベルトを超える放射線量が計測されました。東京電力は付近を立ち入り禁止にして原因を調べています。
東京電力によりますと、1万ミリシーベルトを超える極めて高い放射線量が計測されたのは、1号機と2号機の原子炉建屋の間にある排気筒の底を通る配管付近で、1日午後、東京電力の社員が棒の先に付けた線量計で測定したところ分かりました。この場所は、先月31日、特殊なカメラを使った観測で高い放射線量が出ていることが分かったことから、1日、改めて詳細な計測を行ったということで、東京電力は付近を立ち入り禁止にしました。また、計測した作業員が、最大で4ミリシーベルトの被ばくをしたということです。福島第一原発でこれまで計測された最も高い放射線量は、▽屋外では3号機の南側で見つかったがれきからで、1時間当たり1000ミリシーベルト、▽屋内では1号機の原子炉建屋の中の1時間当たり4000ミリシーベルトで、今回はそれらを上回っています。東京電力によりますと、今回、極めて高い放射線量が見つかった配管は、地震の翌日の3月12日に、1号機でベントと呼ばれる外部に放射性物質を放出した際に使用したもので、その際に高濃度の放射性物質が付着したのではないかとみて調べています。また、東京電力によりますと、この付近で今のところ復旧作業を行う予定はないほか、1号機を覆うカバーの設置も遠隔作業で行うため、影響はないとしています。 


 重要なこと
・事故から5ヶ月たってからの発表
・1万ミリシーベルト = 10,000mSv = 10Sv(シーベルト) 以上
・棒の先(一体どれだけの長さでしょうか?)につけた線量計で計測

 10Sv以上ですから、実際にはどれだけ数値なのかは、神のみぞ知る領域。10Sv以上の数値を測定できる機器がそもそもあるのか?といった話です。
 当初の発表は1000mSv以上ということが多かったわけですから、あわてて10Svまで測定できる機器を取りそろえたのでしょうが、それすらメーターが振り切れる事態に直面しており、一番驚いているのは東京電力。

いったい、この10Svという値、どれほどのものでしょうか。

よく見かける放射線量を比較する図表は、一番上が、10,000ミリシーベルト=10シーベルト。
全く役に立ちません。(放射線をいくら多く見積もっても、平時に考えられるのはこの程度なのです)

放射線の量 :クリック拡大
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011080202.jpg

 目安にもなにもなりません。人類が発明した最凶の放射能兵器−原爆−しか匹敵するものはなさそうです。

私のブログhttp://onodekita.sblo.jp/article/46184948.htmlから、数値を取り出します(元は、新聞報道)こんな数値が役に立つことになろうとは・・
(参考に該当箇所の新聞報道を貼り付けます。追記に文字起こししています。)
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011080203.jpg

<広島の場合>
103Sv   原爆爆心地
11.1Sv  700メートル
6.85Sv   800メートル

<長崎の場合>
8.88Sv 爆心地から1000メートル

すなわち、10Sv以上が測定された場所に1時間いますと、広島原爆爆心地700m以内にいたのと同じだけの線量を浴びることになってしまうのです。(即死です)

・配管の中に粉砕された燃料ペレットが多量にあり、臨界反応が起きている。

あるいは
・配管回りのガレキの中に使用済燃料棒(ロッドそのもの)がある。
くらいか。

5ヶ月たってこの線量・・世界中の専門家が本当に驚愕しているのは、想像に難くありません。

東電が写真を公開しました。追加します。(13:20)
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011080205.jpg

数メートルの距離。測定者は文字通り命がけ。

次は、ガンマカメラ?の映像でしょうか。
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011080204.jpg

測定写真では、左上から撮影しているのでしょうか?

使用済燃料などのガレキではないことが分かります。だとすると、

・この部分で核分裂反応が起きている?
・核分裂を表す中性子線など発生?
・ダクトから放射性物質が大量に拡散されていないか?

直ちに調べる必要があります。

最後に、この1ヶ月ほど全く発表されなかったサーベイマップ :クリック拡大
2011/07/31
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011080204.jpg

2011/08/01 :クリック拡大
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2011080206.jpg

該当部分は雰囲気線量で1.4mSv/hr程度でした。この程度の線量と考えていた箇所から、信じられない高線量が検出されたとは、本当に驚きです。
 また、3号機の廻りが高濃度汚染エリアであることも明らかです。1号機周辺と全く異なります。

 まだまだ、隠された情報がこのサーベイマップにはありそうです。

■関連ブログ
JCO(4)・・原爆の被曝線量2011.6.21
http://onodekita.sblo.jp/article/46184948.html

つながってきた点と点(2号機 1000mSv/hr汚染水)2011.5.25
http://onodekita.sblo.jp/article/45471556.html

1000mSv/hrのがれき2011.5.22
http://onodekita.sblo.jp/article/45405156.html

米国のオークリッジ国立研究所が1966年にまとめた推定によると、原爆投下直後の広島のガンマ線の被曝量は、爆心地で103グレイで、これはシーベルトに換算するとほぼ103シーベルトに当たる。
 広島では換算値で爆心地から700メートルの場所で11.1シーベルト、800メートルで6.85シーベルトに当たる。
 また長崎の場合では、推定値8.88シーベルトだった爆心地から1000メートルでの被曝線量に相当することになる。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月02日 15:48:37: tUmLmmqu0Y
原爆爆心地並みというより
核燃料の固まりがすぐ近くにある
原爆より悪い

02. 2011年8月02日 16:32:25: EszHBBNJY2

燃料棒自体も2km吹き飛んでいたらしいが、燃料棒はウラン粒子を固めたもの。
溶融して、爆発の時に粒子が吹き飛んでその残量が建屋内や建屋外付近に張り付いているのだろ。
粒子状になっても、臨界を起こす。福島でコバルト60も検出されている。
千葉県柏市でも、コバルト60が確認されているが、こちらは民間人が測定した模様で確認は取れない。(コバルト60を測定できる機器が数百万円)

正直、この状況は最悪というレベルをとうに超えている。
収集は着かなく、どんどん悪くなる一方だろう。
ただただ、もう放置して祈るのみ。

東電の技術者が3月15日に福島は収束できないと言った意味がわかった。
30分で溶融が始まった。3時間でメルトスルーするという想定ビデオ
を見たが、3月11日の当日の内に手がつけられない事態になっていたと
いうこと。
http://ex-skf-jp.blogspot.com/2011/07/blog-post_22.html

首相の責でベントとが遅れたとかはただの言い訳。ベントしてその後に1−2号機水素爆発が続き、3号機が黒煙ミニ核っぽい爆発があった。


03. 2011年8月02日 16:54:23: h6cbKB908I
概ねの線量を知ろうと思えば、距離をはなした数ヶ所で測定すればいい。
線量は距離の2乗に反比例すると記憶している。

機器が10シーベルト/hを超えて判らないから、”以上”をつけて、はい計測
おわりはあるまい。

せめて、じょじょにはなれて、10シーベルト/hになった距離ぐらいは
把握すべきだろう。


04. 2011年8月02日 17:41:47: yAZZCLUgJo
福一は、「爆心地並み」ではなく「爆心地」そのものじゃなかったかしら?

だから、もっとひどいところがたくさんあるんじゃないでしょうか。


05. 2011年8月02日 18:22:56: uo24qIg0cQ
02様
 燃料ペレットが吹き飛んで、ウラン235などが粒子状になった時、どの程度の質量で臨界に達するのでしょうか?原子炉級の濃度のウラン燃料では、小さな粒子では臨界に達しないと学習した記憶があるのですが。02様、または詳しい方是非ご教示ください。(推進派の人たちに、攻撃材料を提供したくないのです)

06. 2011年8月02日 18:46:21: tUmLmmqu0Y
臨界質量とは
連鎖反応を維持するために最小限必要な核分裂物質の量。
一つの原子核分裂によって生じた中性子が外へ逃げる確率は原子核燃料の塊の表面積に比例し、次の原子核分裂を起こす確率はその体積に比例する。
だから核分裂物質がある程度の量まで集まれば前者より後者の割合が大きくなって連鎖反応が起きる。

07. 2011年8月03日 20:44:46: AUAQrtpAkU
10シーベルト「以上」という事は、爆心地と同じ100シーベルトを超えてる可能性だってある、という事だよね?それともそれはあり得ないのか。
「以上」というが、大体どの辺まで考えられるのだろうか。それとも、推測も不可能なんだろうか。これを知った所でどうしょうもないんだけど。

08. 2011年8月03日 20:49:07: AUAQrtpAkU
03のやり方で測ればいいのかな。なんにしろ、10シーベルト「以上」というのはおおざっぱすぎて不安だ。20なのか30なのか、それとも12なのか。それによって対応だって変わってくるだろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧