★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 209.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
脱原発はエネルギー政策の問題ではない - 権利の問題だ(世に倦む日日)
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/209.html
投稿者 スカイキャット 日時 2011 年 8 月 02 日 17:41:25: 3nXimNhwS3/Ls
 

アダムが耕し、イブが紡いだとき、誰が領主だったのか。14世紀の英国の農民反乱であるワット・タイラーの乱の指導者であり、乱後に捕縛され処刑された神学者のジョン・ポールの言葉で、高校の世界史の教科書に登場する。この人類史の遺産のアジテーションを不意に思い出した。脱原発とは何か。それは、春に一人一人がデモ行進し、東電本店前で気勢を上げたとき、手に持ったプラカードに書かれていた言葉なのだ。そのとき、われわれが掲げ、声に出し、要求し請願した「脱原発」こそが、正規な意味として確認しなければならない脱原発なのである。5/7の以前は、浜岡は未だ停止されていなかった。4月は東京も余震が続いていた。そんな中で、脱原発の市民デモは参加者を集め、世論のトレンドとモメンタムを作り、永田町の政治を動かして行った。そのときの「脱原発」に、段階的で漸次的な廃止という意味が入っていただろうか。自然エネがいいとか、火力はCO2だから駄目だとか、そういう判断と合意が定義されていただろうか。半世紀前の60年安保のデモが、再び戦争に巻き込まれることの恐怖と拒絶を動機にして盛り上がったのと同じように、この春の脱原発のデモも、地震と津波による原発事故の再来を恐れ、放射能汚染の被害を防ぐため、市民は原発の停止と廃絶を求めたのである。休日の時間を割き、集会で立ちんぼし、警官隊に囲まれる中、街頭を歩く一人になったのだ。

続きは有料とのことですので下のURLをご覧下さい。
http://critic5.exblog.jp/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月02日 18:03:47: tTrD7tBRQs

歴代の自民党政府と日米詐欺同盟が日本を破壊してしまった。

権利を侵害されるということは、人格や品格を侵害されることと同じことだ。
権利を主張することは倫理的自己保存の義務であり、権利主張を全体として放棄することは倫理的自殺である。
私の権利が侵害・否認されれば法一般が侵害・否認され、私の権利が防御・主張・回復されれば法一般が防御・主張・回復される。
権利のための闘争は、国家共同体に対する義務でもある。
不法が権利を駆逐した場合、告発されるべきは不法ではなくて、これを許した権利の方である。
『権利のための闘争(Der Kampf ums Recht)』Rudolf von Jhering、Ihering
http://esashib.web.infoseek.co.jp/zisin02.htm

「20万を越える軍部防衛省を即時解体して、
10万人の緊急災害救援部隊を創設せよ!」
それは日本国民の悲願だった。
戦後、国民が災害の度に訴えて来た圧倒的な声である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧