★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 322.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
チェルノブイリの内部被曝報告:謎の心疾患急増と放射性セシウム〜ドキュメンタリーWAVEで放送
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/322.html
投稿者 あややの夏 日時 2011 年 8 月 06 日 05:31:05: GkI4VuUIXLRAw
 

チェルノブイリの内部被曝報告:謎の心疾患急増と放射性セシウム〜ドキュメンタリーWAVEで放送

モンゴルの心臓病の子供たちの医療支援NPO 〜 ハートセービングプロジェクト(HSP) 活動紹介・支援ブログ

http://ameblo.jp/heartsaving/entry-10976120034.html

テーマ:放射能被曝・震災関連情報

【追記】・・・記事の最後に、放送内容を箇条書きでまとめました。


今夜24時(6日土曜0時)〜、NHK-BS1 「ドキュメンタリーWAVE」 にて、昨年から日本の研究チームが行っている、チェルノブイリの内部被曝についての健康調査について、放送されます。

健康調査は、チェルノブイリのホットスポットと言われている村で実施され、事故から20年以上たって住民の間で急増している原因不明の心疾患を検証、放射性セシウムが人体に影響を及ぼすメカニズムを探っています。

放射性セシウムは、筋肉、特に心臓などに蓄積しやすく、関東のホットスポット程度の土壌汚染レベルでも、先天性心疾患をはじめ、子供の心臓病・不整脈・動脈硬化やその前兆症状が増える、というチェルノブイリの調査研究が複数あります。
(ただ、現地(ベラルーシなど)の研究は、信頼性が微妙なものが多いので、今回放送の日本の研究内容はとても気になっています)

※後日、このブログでも紹介予定です。

日本でもセシウム137による農作物や牛肉などの汚染が広がる今、謎につつまれてきた「長期的放射能被害」に対して、国内の英知を結集して立ち向かう最新報告は、必見です!! (録画予約しました)

※日本では、チェルノブイリ周辺地域のような、自家消費・地産地消型の食生活でないので、影響をより少なく抑えることが可能でしょうが、国の対応が不十分な現状では、今後、市民主体の放射能測定+内部被曝対策が必要だと思います。

--------------------------------------------------

★番組内容★ (箇条書き)

・内部被曝について、ETV特集(福島の被ばく調査)でも放送された木村真三先生がウクライナの研究者と共同研究

・居住民の多い第2汚染ゾーン(ナロジチ地区)で調査を実施
 (地産地消型、自家消費型の食生活の人が多い)

・地元の病院に保管されたカルテを日本に送り分析した結果、心疾患が事故前の6倍に増えていた。(地区住民の3人に1人)

・院長も心臓病・ガンにかかる人が増えていると感じている。

・白血球の減少、免疫力の低下で疲労感・眠気・心臓痛・頭痛等の体調不良を訴える子供が増えており、その後、病気につながるケースもある。
(事故後生まれた子供は、外部被曝より内部被曝の影響が大きいと考えられる)

・IAEAは、甲状腺ガン以外の病気と内部被曝との関係は認めていない。(調査自体も困難な面がある)

・木村先生はそうした因果関係を調べるため、住民に聞き取り調査を実施。

・事故15年後、心臓痛や激しい動悸、激しい疲労を訴えるようになった女性。心電図検査で心臓の筋肉に異常、皮膚の斑点などが見られた。ホールボーディカウンターでは、セシウムが検出。
(1980ベクレル:許容値内だが、通常はゼロとなるはずの値)。

・セシウム137は、ガンマ線、ベータ線を出しながら崩壊していく。
内部被曝の長期的影響はわかっていないことが多く、今後長い年月をかけて調べていくしかない(広島原爆の調査は外部被曝メイン)。

・肥田舜太郎医師は、原爆事故時から内部被曝の健康被害を目にしてきた。(原爆ぶらぶら病・・・慢性疲労や脱力感→内部被曝の影響とは認められず)

・内部被曝の研究は長期の生物実験が必要で、費用対効果が悪く、ほとんど進められてこなかった。

・ナロジチ地区のキノコ調査:11万6000ベクレル/kgの放射能に汚染

・地元の人がキノコを採る森の空間線量:5マイクロシーベルト/hr
(地元の人は塩茹すれば放射能が低減されると知人に聞き、食べ続けた)
(森では土壌中セシウム濃度が高い:落ち葉→土→木→・・・のサイクル)

・陰膳法:1人分多く食事を作り、その放射能汚染レベルを分析
→よく食べる料理(キノコ以外の料理含む)は、高レベルに汚染されていた。
(最高2万ベクレル:ペチェーニャ(じゃがいも+キノコ料理))
→この食事を続けると国の基準の20倍の被曝量になり、子供も大人も危険。

・木村氏は、こうした調査結果を国内の各分野の研究者に報告
 (しかし、人体への影響メカニズムを明らかにするには、データが 不十分との指摘を受ける)

・ベータ線を出す放射性物質(セシウム137等)の動物実験
 (ベータ線は1cmの範囲で、高頻度で細胞の組織(例:セシウムが たまりやすい心臓組織)に障害を与える)

・ナロジチ地区の子供でミトコンドリアの機能障害が起きている研究論文。
(現地の研究者は、子供の体調不良との関係を疑っているが、こちらもこの研究だけでは、因果関係ははっきりしない)

・そこで、木村氏は、体内に蓄積したセシウムの動向調査を、前述の食事調査を行った家族と同様の食事をとっていた家畜(豚の内臓)で行った。
→長崎大学の分析で、心臓から放射性セシウムが高レベルで検出
(16.5Bq/kg・・・通常1日かけて検出するところ、わずか3分で検出)
(他の臓器でも広く検出)

・前述の家族のホールボディカウンター結果
 →大人:2.4万〜5.8万ベクレル(→基準値超:精密検査が必要と診断)
 →子供:7000ベクレル(基準値ギリギリ)

・チェルノブイリ事故後25年経った今も、人々の生活を脅かし続けている。

※一部、あやしい聞き取りがあるので、訂正箇所があれば、コメント
 頂ければと思います。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月06日 07:26:24: FpVPO6YryM
この2週間 微熱・だるさ・頭痛に悩まされて医者にも2度行きましたが 色々検査をしても原因が分からず…
一時は 座っている事も苦痛で 寝転んで寝てばかりいました。
200キロ圏内に住んでいます。 
今 やっと少し元気が出て来ましたが まさか「ぶらぶら病」では無いですよね。
こんなシンドイ状態が 何度も繰り返し来るのは 勘弁〜!と思っています。

02. 2011年8月06日 08:25:19: SG7M156Shc
>ただ、現地(ベラルーシなど)の研究は、信頼性が微妙なものが多い
自分の思いこみを事実のように書くことは止めましょう。

>国内の英知を結集して立ち向かう最新報告
日本国内では発揮されていません。愚者の集団です。


03. 2011年8月06日 09:27:27: 6YaHKmG30A
01さんへ

レントゲンは撮られましたか?肺に水がたまっている可能性があります。


04. 2011年8月06日 09:42:02: SG7M156Shc
>前述の家族のホールボディカウンター結果
 →大人:2.4万〜5.8万ベクレル(→基準値超:精密検査が必要と診断)
 →子供:7000ベクレル(基準値ギリギリ)
基準値とは何でしょうか?
まるでウクライナ政府が決めた許容値のように聞こえます。
私の知る限り、そのような「基準値」は存在しません。
大人の低い方の値、2万4千ベクレルは2.64mSvです。
豚は、重さ100キロと仮定して1650ベクレル?

以下はヤブロコフ博士「チェルノブイリ」295ページの引用です。
ゴメルの汚染地域(1平方メートルあたり30万7千ベクレル)では、年間実効線量が2.39mSv、その内、内部被曝分は1.3mSv。
*福島がどれほど、ひどいか分かります。
>Measurements were taken in Valavsk Village, in the El’sk District, Gomel Province, where there were 800 inhabitants, including 159 children. The village is located in an area with Cs-137 contamination of 8.3 Ci/km2(307 kBq/m2). According to the 2004 data, the total annual effective dose was 2.39 mSv/year, and an internal irradiation dose was 1.3 mSv/year.

複雑系(児玉先生の受け売りです)では、放射性物質とミトコンドリアの関係を
一義的には示すことはできない。原発推進派が因果関係がハッキリしないと、いつも使う手です。
>Radiation-induced damage of mitochondrial DNA in post-mitotic tissues with low proliferation activity may be one of the effects of low doses contributing to an increase in non-cancer morbidity and mortality in
the Chernobyl accident survivors (Kovalenko and Loganovsky 2001).
(ECRR2006 74ページより)


05. 2011年8月06日 14:43:24: Px8FCO2CKs
現地の人たちが正面から向き合っていることは私たちにも他人事でなくなった

06. 2011年8月08日 00:21:52: xUwk4kggrE
重度被曝の症状の重い人ばかり映して
症状の出ていない人の線量とか食べ物とか
これからの私たちにとって重要な情報
が番組の中に含まれていない。
何を考えて番組を作っているのか?
ただのお涙ちょうだい番組になっている。
取材制限がある可能性があるが、
そうであれば番組の初めに断るべき。

07. さ 2011年9月18日 22:12:12: 1PgVGVTL/hrwM : mokiuWskgI
世界的には 日本国内では、誰もが被爆者被爆物なんですよ。
 そう思われている事を把握するべき。

国外出ないから、関係ねーや。 では政治家さんとかわりないですよ。
 政治家さんも、国内だけが主戦場なんですから。←国外から避難されないでしょう?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧