★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 348.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第1原発事故:即死レベル「毎時10シーベルト超」の衝撃〜もはや事故復旧作業は困難の模様(暗黒夜考)
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/348.html
投稿者 判官びいき 日時 2011 年 8 月 07 日 10:39:40: wiJQFJOyM8OJo
 

(転載開始)
◆作業員が近づけない!「即死」する10シーベルトの衝撃
 2011年08月06日10時00分 ゲンダイネット

<広島原爆の爆心地700メートルと同じ線量>
福島原発で計測された放射線量「毎時10シーベルト(1万ミリシーベルト)」には仰天だ。ヒトは7シーベルト以上の全身被曝で死亡する。その「デッドライン」を大幅に上回る数値が計測されたのだ。これでは現場に作業員が近づくだけで即死だ。とても収束作業どころではない。

「14シーベルト、致死量デス」――。大ヒットアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写版映画では、放射能に汚染された地球を歩く防護服姿のキムタクに対し、ロボットが警告するシーンが出てくる。今回、福島原発で計測された放射線量10シーベルトは、もはや「SF映画」のレベル。とてつもない数値なのだ。ちなみに広島原爆では、爆心地から700メートルの地点が11.1シーベルトで、半径1キロ以内の被爆者の約9割が死亡している。

「致死量に匹敵する放射線が測定されたのは、1号機と2号機の建屋の間にある排気筒近くの配管付近です。3月12日にベントした際に使った配管で、付近では別の場所でも10シーベルトを超える高線量の箇所が見つかっています。線量計は10シーベルト以上は針が振り切れるため、実際はもっと高いとみられます(科学ジャーナリスト)

福島原発の事故現場でこれまで測定された放射線量は毎時1〜4シーベルトだった。今ごろなぜ、超高濃度の放射線量が計測されたのか。京大原子炉実験所の小出裕章助教はこう言う。「おそらく原因は、ベントした際に使った1、2号機のダクト(配管)に、炉心溶融した時に出た放射性物質が降り積もったのではないか。(現場付近の)ガレキを取り除いたために分かったのでしょう」

となれば、現場のガレキ除去が進むほど、「デッドライン」を超える地点が増える可能性がある。何も知らずにガレキ除去の作業に当たる作業員は大変だ。数分間いただけで大量被曝、ヘタすれば「即死」だ。こんな状況では、収束に向けた政府・東電が掲げる工程表の実現はムリ。それでなくてもベテラン作業員は積算被曝量が増えて日々の作業が困難になりつつあるのだ。

小出助教がこう続ける。「東電は把握していると思いますが、放射線量が高い地点はあちこちにあるとみられます。当面、作業員は近寄れないでしょう。また、2、3号機内に誰も入れない状況からみて、建屋内はもっと線量が高いとみていい。以前から指摘している通り、工程表の実現は難しいと言わざるを得ません」作業員が「特攻隊」のようにならないことを祈るばかりだ。(日刊ゲンダイ2011年8月3日掲載)(転載終了)

福島第1原発1・2号機の原子炉建屋の間にて「毎時10シーベルト以上」というとてつもない放射線量が計測されたことは、つい先日(8/1)のエントリーにてコメントした通りである。

※参考「福島第1原発1・2号機の原子炉建屋の間にて「毎時10シーベルト以上」の放射線量を計測」http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/07032ae4fb0e0ad7170c1d03fbad4b6d

何より疑問を感じるのが、大手マスゴミどもが同問題について全くと言っていい程、これを報道せず、一切”ダンマリ”を決め込んでいることである。”御用キャスター”大越が連日のように”トンでも”な自論を展開するNHKの報道番組「ニュースウォッチ9」では、同事態発生直後、「毎時10シーベルト=10,000ミリシーベルトを計測」と繰り返すばかりで、その原因については一切触れない有り様であった。

せめて後日、何か続報があるのかと思いきや、現時点に至っても、「毎時10シーベルト以上」の放射線量が計測された原因等を伝える内容は、小生の知る限りでは、一切報じられていないのが実情である。このような異常ともいえる高い放射線量が計測されているにも関らず、大手マスゴミ連中は揃いも揃って「何故、その原因を追求しないのか?」、「何故、その影響について深く掘り下げないのか?」

大手マスゴミの”屑さ加減”には毎度の事ながら、辟易とさせられる思いであるが、ここまで強い「緘口令」が敷かれているところをみると、事態はかなり深刻とみるべきなのであろう。この異常に高い放射線量が計測されている原因として、先日のエントリーでは「メルトアウトの可能性が高い」との個人的見解を述べさせて頂いたが、上記記事にて、あの京大・小出助教が「ベントした際に使った1、2号機のダクト(配管)に、炉心溶融した時に出た放射性物質が降り積もったため」とコメントしているのであるから、それが”事の真相”なのやも知れない。

しかし、問題はそんなことよりもむしろ、事故対応にあたっている作業員が「ほぼ即死するレベル」の放射線が、現地のあちらこちらにて計測されていることであろう。となると、7月16日に事故収束に向けた工程表「ステップ1」として「原子炉や燃料プールの安定的な冷却」を”達成”したという話は、一体、何だったのであろうか?

※参考「【福島第1原発事故】 事故収束に向けた工程表「ステップ1」 ”達成”の摩訶不思議」http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/cd7428586040c1cf9047cdd23ae20e87

事故発生直後の爆発事故によって、既に核燃料棒の大部分が周辺に飛び散っているのならば、原子炉内は既に”空っぽ同然”ということである。となると、東電は、米べクテル社や仏アレバ社のパーツをつなぎ合わせた、あの”ポンコツ”冷却装置にて、単に冷却水を循環させているだけということである。そんなデタラメ三昧な状態にて、「工程表のステップ1を達成した」と言っているのであれば、こんなバカな話はない。

兎にも角にも、このような状況下、今後まともに事故収束など望めるはずなどなく、チェルノブイリ同様、最後は「人の盾」という”悪夢”のような選択をせざるを得ないのやも知れない。引き続きというよりも、今後さらに、福島第1原発からは目が離せない状況が続くことであろう。
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/75b4a35fd1d546ea05c1b5de3dc42b07
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月07日 13:49:33: E2YReWLDxc
最初から、工程表の実現なんか無理で真っ赤なウソをついていたわけだが、線量が10シーベルトを超えていることをこのタイミングで発表すれば誰も責任を問われないし、次に、総員退避させると発表しても、仕方がないという世論を作りだせるだろう。新手の情報操作だ。細かなウソで塗り固めたウソの報道発表が永遠に続いている。新聞とテレビは死んだ。インターネットが勝利した。

02. 2011年8月07日 14:41:10: 0rhSokRjVA
筑波大の学生たちが「筑波山の地下水脈は東京の東ぐらいまで繋がっているらしいよ」と話していた、すでにメルトスルー、メルトアウトらしいが心配だなあ。

03. 2011年8月07日 15:07:47: VmrM5pfMOQ
今の日本の状況じゃ例えそれが100シーベルトであったとしても同じ感じで流しそうな勢いだ…

それくらいキチガイ沙汰がまかり通っている…

盗電はそこでは作業予定は無いから大丈夫と言っているが…そういう問題ではない、それが本当は何シーベルトなのか、またそれをどうするつもりなのか徹底追及しなければならないと思う…

まるで永遠とそこに置いておくかのような語り口でとても悠長な感じ…相変わらず盗電からは誠意が全く感じられない、

どれだけ国民を馬鹿にするんだろうか…?

盗電幹部及び原発推進者は必ず裁かれて欲しい、バズビー氏も必ず裁かれるだろうと言っている。

この国に法があるのなら、無期懲役か死刑に値すると思う。

人命を軽んじるのは一番の罪なはず!!


04. 2011年8月07日 15:34:56: 8pgL4Nusqw

メルトアウトですか。
マグマのように核燃料がグツグツとして・・・もう腰が抜けそうです。

富士山を持ってくるしかないでしょう。

それで上から降ってくる分が閉じこめられるても、地下は筑波の学生がいうように、ダダモレ。


05. 2011年8月07日 16:02:12: mk4h9KGSr2
地下水汚染が東京に届く頃には、だいたい首都移転が完了するのではないか。

汚染物の流通に対する政府の動きに注目したい。犯罪国家ニッポンは、東日本は捨てても中枢は守ろうとするはず。


06. 2011年8月07日 22:00:30: NdCNXr323Y
フランスの「核防護安全研究所」がIAEAに提出した臨界事故に関する実証実験。
福島原発は第二のケースの相当するか?
1号機で自動スクラムが完璧に作動したならば、直ぐにホウ酸を注入しようとしていたのは何故か?
>CRITICALITY ACCIDENT STUDIES AND RESEARCH PERFORMED IN THE
VALDUC CRITICALITY LABORATORY, FRANCE
BARBRY, F., FOUILLAUD, P.
http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/pub1120/CD/PDF/Issue3/CN-82-26.pdf

07. 2011年8月08日 14:02:52: eiBcXT7JCA
>最後は「人の盾」という”悪夢”のような選択をせざるを得ないのやも知れない。

本当にそのような事態になったら、原発を推進してきた自民党元総理を筆頭に政治家、経産省・エネ庁を初めとした役人、東電幹部、東芝・日立・三菱の原発推進派幹部、福島のメレンゲ医師、出鱈目委員長、嘘川迪夫、佐藤知事などなど、特攻人材に事欠かない。

手前の尻拭いを他人にさせることだけはあってはいけない。
とりわけ、金のない若者を突入させることは断じて許されない。


08. 2011年8月08日 16:38:00: iQinVlOl1c
最後はチェルノブイリを見本に人海戦術に持ち込まざるを得ないだろう。
本来なら下請けではなく、東電社員一丸となって人海戦術で止めるべきだった。
平成神風特攻隊をやるのなら東電社員にさせろ!
業務丸投げで無責任な東電幹部・社員を人海戦術で10数シーベルトの建屋に放り込め!
この企業はろくな奴がいない。

09. 2015年4月14日 10:36:51 : RQK3OApm5o
東電のやっていることは時間の引き伸ばしで、
処理しているふりをしているだけです。

なぜかといえば、
間もなくアウターライズ地震が来るのが分かっているから。

どのみち、次の地震で日本は…いえ、世界はトドメを受けます。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧