★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 440.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<重要>首都圏150カ所土壌放射能測定結果-三郷市で計画的避難区域レベルの汚染が明らかに(レイバーネット日本)
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/440.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 8 月 10 日 13:21:47: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.labornetjp.org/news/2011/1312818799913zad25714 から転載。

【重要】首都圏150カ所土壌放射能測定結果-三郷市で計画的避難区域レベルの汚染が明らかに

黒鉄好@福島です。複数のMLに投稿します。重複失礼。

本日、ジャーナリスト・木下黄太氏の呼びかけで集まった市民で構成された「放射能防御プロジェクト」による首都圏150箇所の土壌放射能測定結果が記者会見により公表されました。

このプロジェクトは、木下氏が6月から自分のブログ・フェースブックで参加者を募集し、それに応じた市民らが首都圏150カ所の土壌を採取、検査機関で放射性物質の濃度を測定してもらうもので、このほど、その結果がまとまり本日の記者会見となりました。木下氏は、土壌の測定を依頼した機関が(株)同位体研究所であることを自分のブログで明らかにしています。

※参考URL
放射能防御プロジェクト http://www.radiationdefense.jp/
首都圏土壌調査結果 http://doc.radiationdefense.jp/dojyou1.pdf
首都圏150カ所土壌汚染調査結果マップ http://doc.radiationdefense.jp/dojyou_map.pdf
(株)同位体研究所(検査機関) http://www.isotope.ac/

詳しくは、上のURLをご覧いただきたいと思います(PDF。携帯電話等のため見られない方は http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/d/20110808 からご覧ください)。

検査結果ですが、首都圏でもチェルノブイリ事故の際の「第3区域」(185,000〜555,000Bq/m2;希望者に移住の権利が与えられる)に相当する高濃度汚染地域が4カ所出ました。住民を避難させないが厳重に健康管理を行うべきとされる「第4区域」(37,000〜185,000Bq/m2)相当は29もの場所に及んでいます。

そして、最も衝撃的な検査結果が出たのが埼玉県三郷市です。ここは、原発事故の直後から既に空間線量がずば抜けて高い「ホットスポット」として知られていましたが、今回の検査では、なんと919,100Bq/m2という途方もない数値が出ました。これは、チェルノブイリ事故における「第2区域」(住民全員に避難勧告;550,000〜1,480,000Bq/m2)に相当します。今回の調査では唯一の第2区分相当地域です。

ところで、文部科学省が7月8日に公表した福島県内放射性物質蓄積状況第3次航空機モニタリングの結果が公表されています(http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1840/2011/07/1305819_0708.pdf)。この文科省モニタリング資料のうち、放射能防御プロジェクトによる調査と同じ条件(セシウム134、137の合計累積値)で表示した「別紙2」に三郷市を当てはめると、緑色に塗られている「600,000〜1,000,000Bq/m2」地域に該当します。ここに含まれる場所としては、福島県葛尾村、川俣町山木屋地区などがありますが、これらの地域は計画的避難区域に指定され、ほとんどの住民が避難を終えています。

埼玉県三郷市は計画的避難区域レベルの汚染という非常に深刻な結果が出ました。私の住んでいる福島県白河地域でさえ、上記の文科省モニタリングでは「100,000〜300,000Bq/m2」区域です。三郷市はほぼこの3倍の汚染ということになります。

先日まで日本中を騒がせていたセシウム汚染牛問題が、白河市の農家で生産された稲わらから始まったことを考えると、土壌がその3倍汚染されている三郷市の住民は地元産の食物を決して口にすべきではありません。全住民を避難させることが困難だとしても、子ども・若い女性は直ちに三郷市から避難すべきだと考えます。

私のような福島県民が避難指示を受けていないのに、三郷市民が避難を呼びかけられることに納得のいかない方も大勢いらっしゃることと思います。しかし、三郷市の土壌の放射能汚染が私の住んでいる福島県白河地域の3倍というのは残念ながら事実です。

実際には様々な家庭の事情があり、今すぐ避難などできないという三郷市民が大半だと思います。しかし、準備が整った方から順に避難してもよいと思いますし、その準備が整わない方も、今後の健康のために避難を検討すべきだと考えます。

-----------------------------------------------------
黒鉄 好 aichi200410@yahoo.co.jp

首都圏なかまユニオンサイト
http://www3.ocn.ne.jp/~nakama06/

安全問題研究会サイト
http://www.geocities.jp/aichi200410/

==============================================

<参照>

防御プロジェクトHP
http://www.radiationdefense.jp/

首都圏土壌調査結果(pdf)
http://doc.radiationdefense.jp/dojyou1.pdf
   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月10日 13:52:14: nwOJhjbmeg
テレビ、新聞は沈黙。高校野球がどうしたこうしたと騒いでいる場合でもないだろうに。

02. 2011年8月10日 14:03:59: Mb4DcXILmI
>01 確かに!!

でも放射能汚染が・・・と問題にする以前に、日本は既に終わっているのかもしれませんね。


03. 2011年8月10日 14:25:46: zQM5EQTCJg
01 02さん本当につらいところです、若い人達の将来が心配です

04. 2011年8月10日 15:41:29: FpVPO6YryM
スポーツを 放射能からの目くらましと 感じている 今日この頃です。
サッカー・野球・ゴルフ…と。
家族から 見方が歪んでると言われてしまってますが〜

05. 2011年8月10日 16:30:21: VmrM5pfMOQ
>04さん

歪んでいないまっとうな感覚だと思います。

例えて言うなら…どこかの県で戦争してるのに違う県ではお笑い番組でもみてゲラゲラ笑っているようなものじゃないですかね…

今の日本ならこんな事もきっと可能な国なんじゃないかなって思う今日この頃です。

というか、行われてしまっています…

多くの国民がテレビでやっているニュースこそ信実としてきた結果じゃないでしょうか?

メルトダウンしようが爆発しようが小さく報道すれば小さな問題と捕らえてしまうんじゃないでしょうか…

なんだかそうプログラムされたロボットみたいだなと感じてしまいます…。

ネットが無ければ自分もその一員になるんだろうと思います、これがテレビの力なのかなと思います。


06. 2011年8月10日 16:38:26: AJujdcx0bE
>【東電会見】ドイツZDFがきてる。作付けしている田んぼの土壌が35000Bq/kgだった。徹底したチェックはしないのか?。細野さん、なが〜く周囲の人に確認した後で、牛肉で抜けがあったので再確認してチェック。育っている稲もチェックすると。
http://twitter.com/#!/kinoryuichi/status/100487856560160768

07. 2011年8月10日 16:45:47: AJujdcx0bE
福島市から北東に80キロ地点は、宮城県多賀城市或いは塩釜市付近。
福島原発から80キロでは仙台市南部、名取市、岩沼市。
>ドイツTV記者の質問
http://www.youtube.com/watch?v=FkYVFRtdgVQ

08. 2011年8月10日 21:10:03: pEgCpfCxXY
野球もサッカーも、練習でも試合でも
砂埃巻き上げ、砂を噛む飲むスポーツ。ヒバクスポーツです。
長野県松本市で練習中に心筋梗塞で34才の若さで死亡した
選手がいます。
長野県松本市は日本アルプスの麓にあり、
風に乗ってきた放射性物質がそこに溜まる場所です。
チェルノブイリ事故では多くの若者が
瓦礫を運んだりした後、数年後、心筋梗塞で死亡しました。
ヒバクを急ぐ理由なんて、誰にも、どこにも、ありはしません。

09. 2011年8月10日 22:02:48: exORZoz5U2
だからああああ、これをチャンと読め
今現在の放射線量が数年の内に急激に減少する科学的な分かり易い解説
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/Cs137vs134.html

>おおよそ 3 年で(放射性物質の減衰だけで)線量率は半分程度に下がることがわかる

だから、チェルノブイリ級の汚染というのは嘘
放射能を煽る連中はわざとこの事実を隠している
つまり嘘つきのペテン師


10. 2011年8月10日 22:43:11: pEgCpfCxXY
->>9さん、
そのページにこうあるよ。
>おおよそ 3 年で(放射性物質の減衰だけで)線量率は半分程度に下がることがわかる。

ただし、以下の条件で、と。
>放射性物質が流さたり飛ばされたりしないと仮定すると、
>時刻 t での放射線の強さは p(t)=p(0)2−t/τ になる。

>よって、(やはりセシウムが飛んでいったり流れていったりしないとすると)...
>という減衰を示すことになる

実際には、土壌汚染のものはなかなか減ってゆかないし、
コンクリやアスファルトのものは「流されたり飛ばされたり」するから、
この計算通りにはいかない。文字通りの意味で、
机上の空論の危うさを秘めてるね。


11. 2011年8月11日 04:03:38: ZhUzZHEESo
それに今も放射性物質は出続けているしね。

(ピ)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧