★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 507.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ふくいちライブカメラに写るこの黒煙の正体は何なんだ!
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/507.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 8 月 12 日 20:34:40: KbIx4LOvH6Ccw
 

福島第1原発の4号機と思われるあたりから出ている黒煙の正体は一体何なんだろう?東電は特にこの黒煙については何も言及していないようだが…。

2011.08.11 07:00-08:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/495jvY12WkQ

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 07:00-08:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/nxxHho

2011.08.11 08:00-09:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/-rHAnEaaYoQ

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 08:00-09:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/q29Y4E

2011.08.11 10:00-11:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/-y_U6f59Er8

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 10:00-11:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/rgaxCf

2011.08.11 12:00-13:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/X2reHkEQ6Gc

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 12:00-13:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/rttgQ8

2011.08.11 14:00-15:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/ZpFTklb-RAI

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 14:00-15:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/pYAjh7

2011.08.11 15:00-16:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/pSEy-w0TbVA

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 15:00-16:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/r5FxqE

2011.08.11 16:00-17:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/RbBfs6ld2-I

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 16:00-17:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/r2mXJ1

2011.08.11 17:00-18:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/DaJzNaiyxi8

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 17:00-18:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/oSw1e4

2011.08.11 18:00-19:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/xQePVsVpiUA

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 18:00-19:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/nrdltc

2011.08.11 19:00-20:00 / ふくいちライブカメラ(long ver)
http://youtu.be/sT46Sb9KAHQ

ふくいちライブカメラ 2011.08.11 19:00-20:00 の映像記録 / Live Fukushima Nuclear Plant Cam / ※1時間の映像を15分間に倍速再生しています。
短縮版/Short(3分/min):http://bit.ly/n3Kzkg

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月12日 20:53:38: NasJ9wtRgI
その映像の時間を書いてちょうだいね。

02. 2011年8月12日 20:57:39: Ed4X1QOznU
この動画全部見て黒煙を探す気にはなれません。

できれば、何時何分か書いてくださるとありがたいのですが・・・。


03. 2011年8月12日 20:58:37: KlfEYrVaNl
何時何分何十秒と書かないと意味が無い。
議論はそれからだ。

04. 2011年8月12日 21:26:36: NasJ9wtRgI
gataro
阿修羅の方々の意見だ。
もっと人のことを考えて投稿しなさい

05. 2011年8月12日 22:00:13: hMSQ53G7t6
自分も、最初をも5分ほど見てやめた。5分でも忍耐が要った。黙って全部見ろってか。

独善すぎるぞ、gataro。

そして、「5月8日夜の3号機爆発」の話はどうなったんだよ。
今回も煽り投稿するだけで終わりかよ。
ま、隠れ陰謀論爺だもんな、gataroは。陰謀論者なんて、所詮はそんなもんか。


06. 2011年8月12日 22:09:36: NasJ9wtRgI
gataro
何の為に投稿したの?
お前の信用が無くなっただけ。
真のバカとはお前のことを言うんだね。
あかかぶをみならえ。

07. 2011年8月12日 23:10:45: vYaTE3dzKU
この手の投稿は非常に興味はあるのだが、ざっと早送りで見たが黒煙は確認出来ず 。
出来れば発生時間、例えば何m何sと記入してくれたら議論もし易いのだが。

08. 2011年8月12日 23:14:47: j4f9eKQRR6
>読売テレビが3号機爆発を核爆発だと思わせるように演出。なにか つかんだか?
http://twitpic.com/63hm0d
>かんさい情報ネット
『原爆投下から66年…いまだ解明されない“内部被ばく”』
9日、長崎では原子爆弾の投下から66年を迎えました。原爆による放射線障害には、直接被爆と放射線を体内に取り込む内部被爆があります。特集では原子爆弾に特有の“黒い雨”による内部被ばくについて考えます
http://www.ytv.co.jp/ten/calendar/oaDetail.php?dateList=20110809
http://www.ytv.co.jp/ten/sp/asx/sp20110809.asx

09. 2011年8月12日 23:16:03: j4f9eKQRR6
>内部被曝 : 南相馬の農家は 25万Bq/Kg
Cs-137 129746Bq + Cs-134 122676Bq = 252422 Bq/kg
http://twitpic.com/6475n7

10. 2011年8月12日 23:17:51: NasJ9wtRgI
07
ビデオを見る前にコメント欄をみたほうがいいですよ。

11. gataro 2011年8月12日 23:59:22: KbIx4LOvH6Ccw : IBBS2pmUMM
映像に映った影を早とちりで黒煙と見間違えたようです。お騒がせして申し訳ありませんでした。おわび申し上げます。3852

12. 2011年8月12日 23:59:38: j4f9eKQRR6
ex−skf.blogspot氏にはいつもお世話になっています。この場を借りてお礼申し上げます。何故、ヨウ素131が不検出にも関わらず、キセノン131メタステーブルが検出されたのか? ヨウ素131(半減期8.021日)→ 
β崩壊 → キセノン131メタステーブル(半減期11.84日)
2号機格納容器内、空気サンプルの結果。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110810_04-j.pdf
>#Fukushima I Nuke Plant: Krypton-85 and Xenon-131m in Reactor 2 Containment Vessel Air Samples  Half life of xenon-131m is about 12 days.
http://ex-skf.blogspot.com/2011/08/fukushima-i-nuke-plant-krypton-85-and.html

13. 2011年8月13日 00:04:23: NasJ9wtRgI
8,9,12
板違い

14. 2011年8月13日 00:22:17: j4f9eKQRR6
ご不満な方がいるようなので、これで最後とします。
自分なりに関連はあると考えてコメントしました。
気分を害されたならば、お詫びします。

>Column of the Day: Boycott Japanese products
Posted by Mochizuki on August 10th, 2011
Japan relies on exporting.
・・・

so I want to spread boycott Japanese products.

It will crash Japanese economy.

Japanese government and some of the Japanese residents are rotten.

Kill them without bleeding.

This is a little wiser version of London riot.

World economy will crash anyway.

and now that JPY is becoming expensive more and more,it will help our boycott.

I couldn’t be sorry for Fukushima children anymore.

and of course for other children,and I am in danger myself too.

but taking each kid for a foster child is too powerless.

Even Bill Gates can’t save Africa.

We need to be smart.

I know this is a suicidal attempt.

This is an economical suicidal terrorism for ancien regime.

・・・
http://fukushima-diary.com/2011/08/column-boycott-japanese-products/


15. 2011年8月13日 00:59:34: d1INYqu1to
>>14
Please stop buying Japanese products, for your health, for Fukushima children, and let them know what will happen if they stick to nuclear power.
Now we should get united to stop this rubbish.

草の根レベルで、不買運動が始まりつつあるね。日本が誠意のある対応をしないから、こういうことになるんだ。


16. 2011年8月13日 11:21:59: NSx26QlLsU
24時間アクセスランキングでこの記事が一位だが、
デマじゃないなら、この十本中のどの動画の何分からなのか示して欲しい。
デマなら、この記事を作業員の家族や福島の人が
どういう気持ちで見ているか考えるべき。
またデマに慣れると実際何か起きた時の避難も遅れる。

17. gataro 2011年8月13日 11:46:04: KbIx4LOvH6Ccw : IBBS2pmUMM
>>16

>>11に書いたとおりです。投稿削除を依頼した(http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/229.html)が、

管理人さんが
>阿修羅掲示板は2重投稿以外の削除依頼を受け付けておりません。
>あしからずご了承くださいませ。
とはねつけられたのでどうすることもできません。

結果的にはデマでアクセスを稼いでいるといわれても甘んじて受け入れるしかありません。

目下、投稿自粛中です。


18. 2011年8月13日 14:52:46: fxGXBqv3no
確かに全部見れません。こんな投稿はやめてください。また投稿する前に東電に確かめてバカ東電の答えも入れて投稿してください。
政府は冷温安定と言っている。未だにバク発したままの建物は見苦しい。
まず、4号炉からでもすぐに元の形にして欲しい。いつまでも破壊ビルでは
先進国とは言えない。また早く覆って少しでも放射能の拡散を防がねばならない。

19. Ryukyuan.isao-pw 2011年8月13日 17:15:49: YrP2vZDuHZBQs : 9MkipmvZoc
建屋を覆うカバーを設置する事は東電本社が事故の形跡を隠蔽したくて計画しているが放射線は遮蔽出来ず何の意味もない気休めである。
現場としてはIAEAの調査団にも全ての情報を公開して福島原発と同様な深刻な事態を発生させない為にも政府と東電本社の情報隠蔽、無責任体制の欠陥を指摘したが事故調査報告書には記載されず事故の本質、現場の実態は隠蔽されたままである。
<4号炉からでもすぐに元の形にして欲しい。いつまでも破壊ビルでは先進国とは言えない。>
こう言う見掛けだけの対策では問題の本質を見誤る。
放射能汚染拡散を防ぐ方法は技術大国日本の企業、大学、研究者の知見、技術を政府が本気で求めてバックアップする体制を構築し、英知を結集して可能な限りの対策を講じれば不可能では無い。
そして放射能汚染に対する除染、環境浄化システムの構築は今後に必要となる原発の廃炉解体に伴う不可欠の技術であり、地球規模での環境ビジネスとしての成長産業として米仏が国家戦略として取り組んでいる先端技術である。
国内に存在する54基の原発などは遅かれ早かれ廃炉解体が必要になる。
福島原発の悲惨な事態は極めて不幸な事故であり、今後に生かすべき教訓であると同時に深刻な放射能汚染環境を如何にして改善出来るかの貴重な研究環境、技術環境が現実に存在するビジネスチャンスとも言える。
脱原発、減原発、原発依存低減とかの政策目標がどうなろうと今後に必ず必要となる放射能汚染環境を如何に克服するかの先端技術は国家戦略として取り組むべき課題であり、経団連も原発依存に拘らず成長ビジネスとして優先投資すべきである。
★誰も書かない福島原発災害の真実!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/08/post_b4a8.html
★福島原発、総力を挙げて汚染拡散防止を!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/07/post_3abf.html
★福島原発特攻隊!戦略無き大本営の無責任!
http://isao-pw.mo-blog.jp/isaopw/2011/07/post_5a5f.html
福島原発において現実的に深刻な問題は過酷な作業環境の実態が知られた事で作業員達が次々に脱落して行く現状である。
事故処理工程表の作業手順を実行し安定的収束に至る迄に必要な作業員数を確保出来るかは当事者責任として東電任せで政府が責任逃れは許されない。
国民の命と安全を守るのは政治の責任である。

20. 2011年8月13日 20:32:42: 7ypKHFgTT2
でも、でもな。
ほろ酔いだったからとは言え全部、全部見ちゃった俺の時間と気持ちはどうなるんだ。
gataro おいこら。原発がまぁ、こんな時なんだから早とちりだけは勘弁してくれ。

21. 2011年8月13日 21:27:22: q8ofSd3RFM
まあ悪気はなかったみたいだからドンマイって事で>gataro氏
この次は間違いのないネタでドーン!とぶちかましてくれ。

22. 黒煙 2011年8月13日 21:35:03: 1TMmdhV26NEn6 : cwbpt4bwFY
題名が題名だけにびっくりするだろうが!

デマは、気をつけろよks


23. チョソ釣り名人 2011年8月13日 21:58:29: EqDIVjisk7Eiw : Fs7PpEUjIw
>>17
投稿自粛とかしないでください><

これからもgataraさんの投稿楽しみにしてます!


24. 2011年8月13日 22:57:22: 2w3QZy5QeI

言いたいことは、『何で2号炉の建屋は水素爆発しなかった』、じゃねえの?


25. 2011年8月13日 23:03:51: vYaTE3dzKU
gatarou come back again!

26. 2011年8月13日 23:19:06: JrPYjVYQO2
19.
You are absolutely right.

I totally agree with you.


27. 2011年8月14日 04:41:47: oz33FCcPgo
Gataro氏へ、

勘違いは誰にもある。
投稿にはそれを指摘してもらう目的もあるのだから、あまり自粛、恐縮しなくていいと思います。

それに4号機はときどき白煙を上げているから、あながち間違いとも言えない。

内容より投稿の仕方が問題。
即、問題箇所にアクセスできるようにビデオの時間を入れて下さい。
画面をスクリーンコピーして、問題の部分に赤や黄色の矢印を入れてもよいでしょう。

とにかくわかりやすくして下さい。これは投稿者全員へのお願いです。


28. ゲシュタボ・ケロリン 2011年8月14日 05:47:46: WvS696ydsjLkI : OYXZNtmeUE
じゃまするゼ。

<放射線防護学研究者談 センター>よ。

●>20キロメートル圏内のほとんどは、将来立ち入り禁止を解除できる
・・らしい。 その将来とは、2〜3年後か?・・2〜3万年後か?
●チェルノ型放射能核種は、ソ連製黒鉛タイプだから、
未だに、何十年経とうが、立ち入りデキンのか?
日本型軽水炉核種は、アッという間に低レベルに落ちるのか?

どうなんだ?・・以上を答えてくれ・・・。

関西でも放射線量は、すでに2倍になっている。
年間<0.4mSv/年>から<1mSv/年>に跳ね上がった。

※若干、違う角度からの情報を上げておく・・。
・・・・・・・・・・・・・
最近、この場所で起きて来る地震活動は、
普通に考えるのであれば、
不可解な事象なのではないかと想われます。

つまり、福島第一原発の1-3号機までは、
各原子炉内の核燃料はすべて、
地面の下に漏れていて、そのために起きていますね。

その後の行方ですが、いまだ、
地下水脈には到達していない模様です。

これは、フォッサマグナの東側の淵を、
拡大しながら染み渡っている状態にあります。

このことから予測されるのは、
「より大きな動きに向かっている」ということですね。


福島第一原発の4号機は、
原子炉内の核燃料は、すべて溶けてしまい、
格納器の底に貯まっている状態が続いています。

これも、まもなく、地面の下に突き抜けるでしょう。

毎日のように垂れ流されている高濃度の放射能汚染は、
すでに地球地表上に蔓延していますね。

もし仮に、「国際原子力事象評価尺度(INES)」を、
そのまま辿るとするのであれば、
「レベル12」ぐらいの規模と云えるでしょうか。

現時点では、これに対して、もろに、その影響を受けている人々と、
全く影響を受けていない人々とに、完全に分かれています。

kagari氏ブログ
http://mihoh.seesaa.net/
・・・・・・・・・・・


29. 2011年8月14日 06:17:46: x86YTsuNBo
この投稿の仕方はデマを助長させてる。
何本目の何分からのが煙に見えると書くべきだった。
ろくに確認もしないでこのページにリンク貼られてる

30. 2011年8月14日 06:49:34: h7GCESrUdI

 2011年3月11日、宮城県沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生。その直後の大津波によってもたらされた大災害は、東日本の太平洋側およそ500キロメートル一帯を地獄に陥れた。大堤防を破壊して陸域に押し寄せた大量の海水が町や畑を飲み込んだ。死者行方不明者はおよそ2万人、経済被害16兆円を超えた。まさに平成の国難である。

 この地震が放出したエネルギーは、核爆発に換算すると487メガトン、広島核の3万発分に相当する(1メガトン威力は、TNT火薬100万トンに相当する爆発エネルギー)。それが太平洋プレートが北米プレートに沈み込む宮城県沖の海底で一斉に爆発したような災害なのだ。だから海岸一帯がどうにもならない被害を受けたのはうなずける。

 しかし、海岸にあって巨大地震と大津波に破壊されなかった建造物があったことに、国民はあまり気がついていない。それは震源の至近距離にあった東北電力女川原子力発電所、東京電力福島第一および第二原子力発電所である。

 岩盤上にあって厚さが2メートルあまりもあるコンクリート壁からなる格納容器と、分厚い鋼鉄製の潜水艦のような圧力容器からなる原子炉を心臓部とする原子力発電所。私が国内最強と考えていた陸上の建造物である。戦闘機が激突しても、対戦車用の可搬型ミサイルでも破壊しないのが原子炉格納容器なのだ。しかも、大震動となるS波の前に到達する弱い振動のP波(第一波)を検知して、1秒以内に制御棒を炉心に挿入し核反応を自動停止する機能があり、中越沖地震でそれが証明されていた。

 一方、大津波に襲われ冷却機能を失った福島第一原子力発電所では炉心が高温になり、発生した水素ガスが地震発生の翌3月12日に原子炉建屋内で爆発し、周辺環境にヨウ素、セシウムなどの放射性物質が漏洩、同日政府の指示で福島第一原子力発電所から半径20キロメートル圏内(住民およそ6万人)が緊急避難区域に指定された。その直後から連日連夜、原子炉の専門家やNHKのニュース解説員から詳しすぎるほどの装置的情報や周囲環境の放射線線量率(毎時マイクロシーベルトの値による)の報道が継続してなされ、ある週刊誌で集団ヒステリーと言われたほど、政府を筆頭に日本社会の長期間にわたる心理的動揺が続いた。

 福島の核事象では、広範囲に顕著な量の放射性物質が飛散したが、原子力施設職員たちに急性死亡は1人もいないばかりか、直後から5月の時点までに急性放射線障害すら1人もいない低線量事象である。もちろん、福島県民にも急性放射線障害はない。これは水素爆発はあったものの、圧力容器および格納容器は閉じ込め機能をかなり保持していた証拠でもある。

 しかし私が恐れていた、原子力安全委員会(内閣府)など災害対策本部の周辺住民ならびに東日本に対する放射線防護科学に基づいた判断と、対策本部の意思決定機能が発揮されない事態となってしまった。そのため、過剰で片手落ちな政府介入により、20キロメートル圏内の病院患者の受け入れ先の未確保や手当のない搬送により、取り残された患者数人が死亡した。さらに長期化した避難民の困難の継続となった。そして多数の置き去りにされた牛、豚、鶏の死を招いたばかりか、政府は殺傷処分の指示を福島県にした。

 国際原子力事象評価尺度(INES)では、福島第一原子力発電所の事象レベルを当初’レベル5’との評価を、4月12日になって突然政府は’レベル7’に変更した。原子力安全委員会と原子力安全・保安院(経済産業省)それぞれの放出放射能値の違いがあるばかりか、算定の過程を示す報告書すら公開されておらず、私のみならず国内の専門家に疑問を持たれている。さらに、政府が飯館村などの計画避難の根拠とする文部科学省の今後の住民の線量予測は、屋内滞在や放射能の減衰が組み込まれていないずさんな推計であって、とても長年核エネルギーの平和利用をしてきた科学立国とは思えない乱暴な論拠によっている。今回の国内の情報混乱と国内外の風評被害の根源が政府にあるとみる私の原点がこれらにある。

 日本社会が科学情報で混乱するなか、世界の核被災地を調査してきた放射線防護学の専門家として、同一手法で、震災ひと月以内に、福島の20キロメートル圏内を含む札幌から東京までの東日本の放射線衛生を調査した報告をする。その手法は、私がロシア科学者との共同調査のなかで開発した内外被曝の線量測定法=モバイルラボによる系統的で統一的な評価法で、核ハザードの健康影響を迅速に定量化できる特徴がある。これを活用し、3.11震災以後の東日本を調査した。特に、10年前に開発した甲状腺線量計測法を初めて適用することと、震災3カ月前に入手していた米国製の核兵器テロ対策用の携帯ガンマ線スペクトロメータの活用が、今回の現地での放射線衛生調査の特徴である。

 さらに震災3カ月後、南相馬市、いわき市、郡山市で計33人のセシウムのホールボディカウンタを実施し、全身量を検査した。結果、全員線量レベルE,Fと全く問題なしだった。

 政府機関や原子力業界とは完全に独立したひとりの医学系の放射線防護学の専門家が、体系的な環境・健康調査を報告する。ただし、日本はもちろん、世界で最も核被災地の現場を知る希少な放射線防護学者としての自負もある。米ソと中国による核事象(セミパラチンスク核実験場周辺影響、桜欄核爆発災害、チェルノブイリ周辺3カ国、南ウラルのプルトニウム工場周辺汚染、シベリアの地下核爆発、ビキニ核爆発災害)の調査に加え、東海村臨界事故時の公衆の線量評価を調査してきた。これらの、核爆発時の熱線と衝撃波で一瞬に都市が壊滅する最悪のレベルから、核の砂や灰が降り積もり急性死亡や急性放射線障害を受けるレベル、白血病などの発がんの健康影響を受けるレベル、そして核放射線の実被害はないものの社会的心理的混乱を生じるレベルまでを体験的に調査してきた考察を基礎としている。

 福島県をはじめ東日本ならびに全国民の核放射線衛生に対する正しい認識と対処、そして核放射線影響の科学理解に結び付き、行き過ぎた社会心理の混乱を鎮静化できればと切に願う。

 線量6段階区分
危険:A〜Cの単位(シーベルト):ウイグル、広島・長崎、チェルノブイリ
A:4以上・B:1〜3・C:0.1〜0.9
安全:D〜Fの単位(ミリシーベルト):福島、東海村、スリーマイル島
D:2〜10・E:0.02〜1・F:0.01以下

 放射線防護学研究者談


31. 2011年8月14日 06:51:31: h7GCESrUdI

 2011年3月11日、マグニチュード9.0の巨大地震後の大津波により冷却機能を喪失した東京電力福島第一原子力発電所の核分裂反応停止中の炉心が過熱溶融し、3月12日に最初の水素爆発事故となった。そこから噴出した核分裂生成物による環境影響と人体影響を、震災からおよそひと月後に札幌から東京までの東日本を広範に調査した。

 調査項目は、環境のガンマ線空間線量率、調査員自身の積算個人線量、地表面のガンマ線スペクトルによる核種同定、地表面のアルファ線計数、現地住民の放射性ヨウ素による甲状腺内部被曝線量である。結果は、世界の他の核災害と比較され、福島の核事象の環境健康影響の大きさが相対的に明らかにされる。

 チェルノブイリ事故災害と違い、福島県および東日本の放射線線量はけた違いに低く、健康影響のリスクは無視できるくらいであった。この理由は、1)福島第一原発では炉心での核分裂反応が停止24時間以後の水素爆発で、その間に短い半減期の多量の放射能が消滅していた。チェルノブイリ原発は運転中の核反応の暴走爆発で、一気に高レベル放射能が環境へ吹き出た。結果、多数の運転員や消防士が急性放射線障害になり死亡者も発生した。福島第一原発ではそうした死亡事故はない。2)福島第一原発では損傷はあったものの格納容器がかなりの核分裂生成物を閉じ込めたばかりか、チェルノブイリ原発のように黒鉛火災による上空への舞い上がりがなかった。そうした理由で、2000メートル級の高さの岩手山や奥羽山脈を越えて青森や北海道へ福島から放射性物質が飛散しなかった。

 2002年に私は放射線防護学の100年以上の研究成果にもとづき、放射線の危険度(リスク)を判断するための「線量の6段階区分」を発表した。AからCが危険な範囲、DからFが安全な範囲である。

 福島県を除く東日本の年間外部被曝線量は2011年度でレベルE。福島市でさえ、屋内滞在時間の長さを考慮すれば、同年度の年間内外被曝総線量はレベルDと推定される。

@2011年4月6日に陸路、札幌を出発し、青森、仙台、福島、東京と同月10日までに放射線衛生調査がなされた。
A福島第一原発20キロメートル圏内を含む全調査での調査員の受けた外部被曝の積算線量は0.11ミリシーベルト、レベルE。甲状腺の放射性ヨウ素も検出されなかった。こうして調査は完全に実施された。
B札幌および青森では、顕著な核分裂生成物は検出されなかった。仙台、福島、東京でのガンマ線スペクトロスコピーで、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137が顕著に検出された。福島から少量持ち帰った土壌を5月に測定すると、ヨウ素131は消滅していた。
C甲状腺に蓄積されるヨウ素131による内部被曝線量検査が成人希望者76人に対して行われた。検査当日の福島県民66人のヨウ素放射能の最大値は3.6キロベクレル、平均1.5キロベクレル。6人は検出限界の0.1キロベクレル未満であった。20キロメートル圏内浪江町からの避難者40人の平均甲状腺線量は放射能の減衰を考慮して5ミリグレイ(ミリシーベルト)、チェルノブイリ被災者の1000分の1以下程度と、甲状腺がんの発生リスクはないと判断する。
D浪江町などの被災者らは、災害対策本部から安定ヨウ素剤の配布がないばかりか、甲状腺検査も受けていないことがわかった。避難だけしか行わない政府介入における緊急被曝医療体制に大きな問題が存在していた。ヨウ素剤は、わが国の原子力災害時に大多数の県民と周辺県民には配布されない現状が証明された。抜本的な改革が求められる。
E損傷した炉心のある施設外の隣接地表面さえ、プルトニウムが放射するアルファ線は毎分7カウントと少なく、核燃料物質の施設外環境への漏洩は、顕著ではなかった。プルトニウムの吸い込みによる肺がんなどのリスクは無視できる。なお、セミパラチンスク核実験場の爆発地点周辺が半世紀後においてもアルファ計数が毎分200、西日本の地表面の値が1〜2である。
F浪江町や東日本各地の空間線量率の値は、最初の1カ月で4分の1以下になるなど、放射能の減衰に従って、放射線環境は減衰傾向にある。福島を除く東日本の公衆の個人線量は屋内滞在による遮蔽効果もあって、年間外部被曝線量は1ミリシーベルト以下、レベルEである。福島市では2011年度の年間線量はレベルD。瞬時被曝ではないので、小児、胎児への健康影響は心配するほどではない。次年度以降も年間線量は低下していく。
G福島県民の内部被曝については、地元産の農産物および飲料水を採り、体内にセシウムを取り込んだと仮定した場合の線量は、外部被曝のおよそ3分の1と考えられる。この比率は、ロシアの放射性セシウムの汚染地で自給自足する農民から評価した値である。福島市民に当てはめると、2011年度の年間内部被曝線量はおよそ1ミリシーベルトである。実際3ヶ月後の6月後半に、南相馬市、いわき市、郡山市で計33人の放射性セシウムの全身量を検査したところ、全員が推定年間線量として1ミリシーベルト未満であった。したがって内外被曝の総年間線量はレベルDと推定される。
H放射性セシウムの環境中の半減期は、30年よりも短い。それは、初期に存在するセシウム134の半減期が2年と短いばかりか、風雨などによる地域からの掃き出しがあるからである。2年目はすでに放射性ヨウ素が消滅しているので、その線量はない。さらに、外部被曝に加え、内部被曝も減衰する。こうして、福島県民の年間線量は2年目に大幅に減衰する。レベルF,E,Dと安心の方向に推移する。

線量6段階区分
危険:A〜Cの単位(シーベルト):ウイグル、広島・長崎、チェルノブイリ
A:4以上・B:1〜3・C:0.1〜0.9
安全:D〜Fの単位(ミリシーベルト):福島、東海村、スリーマイル島
D:2〜10・E:0.02〜1・F:0.01以下

 放射線防護学研究者談


32. 2011年8月14日 06:54:25: h7GCESrUdI

 平成23年3月11日14時46分、宮城県牡鹿半島の東南東約130キロメートル沖(北緯38度、東経142.9度)深さ約24キロメートルでマグニチュード9.0の巨大地震が発生した。場所は北米プレートの下へ太平洋プレートが潜り込む海溝であり、地震多発地帯である。

 核爆発のエネルギーに換算すれば、マグニチュード9.0の地震エネルギーは487メガトン、広島核の3万発分に相当する。この地震エネルギーにより、北海道から千葉県までの東日本の太平洋側に大津波が押し寄せた。津波の高さは最大15メートルを超え、震源近くでは防波堤さえ破壊された。東北から北関東の海岸線では多数の家屋や走行中の車が津波に呑み込まれ、死者と行方不明者を合わせた数はおよそ2万人となった。

 至近距離の東北女川原子力発電所と東京電力福島第一・第二原子力発電所も、震度6で揺さぶられると同時に大津波に襲われた。しかし、その時に稼働していた全ての原子炉は、P波(大震動となるS波の前に到達する第一波の弱い振動)を検知し自動停止した。

 福島第二原子力発電所と女川原子力発電所は、原子炉の冷却にも成功し、全体の安全は保たれた。日本の軽水炉技術の高い耐震性能が証明されたのである。

 しかし福島第一原発では、巨大津波による冷却機能を喪失、炉心が高温となり、地震発生の翌日12日に1号機、その後に3号機で水素爆発が起こってしまった。施設周辺環境へ放射性物質が漏洩したため、福島第一原発から半径20キロメートル圏内が避難区域に指定された。

 ここでまず最初に確認しておくべきことは、日本の原子炉は軽水炉型であり、旧ソ連の黒鉛炉ではないため、チェルノブイリ事故での大火災に伴う大量の放射性物質の環境放出による公衆の高レベル放射線被曝にはならないというこである。しかも、ソ連の原子炉には格納容器がなかった。第二点は、チェルノブイリでは核分裂反応が暴走して爆発したのに対し、福島第一原発では、核分裂反応は制御棒が緊急挿入されたため、自動停止した状態での建屋内の水素爆発であったことである。そのため、運転員などに急性放射線障害はなく死亡者もいなかった。チェルノブイリ事故では、核分裂反応の暴走事故に伴い、運転員や消防士ら129人が重軽傷を負い、そのうち28人が死亡した。こうしたことから、これら二つの核事象の大きな違いが明らかである。

 福島第一原発では、自衛隊ヘリによる空中からの放水に始まる懸命の冷却が続けられた。この時間稼ぎのなかで、炉心の崩壊熱は経過時間の7倍則(7倍の時間が経つと全放射能が10分の1に減る法則)で低下していった。しかし、建屋内の高レベルな汚染水に阻まれ、冷却機能の回復工事などが遅延している。

 被災した福島第一原発敷地内の状況調査は私の専門外で、これは原子炉安全工学の専門家の調査を待つところである。私としては、避難者や福島県民など周辺の公衆の防護と放射線衛生の調査が目的である。

 公衆防護に対しては、政府の災害対策本部が全責任を持つが、その意思決定には科学評価に基礎が置かれなくてはならない。しかし、管政権が采配する災害対策本部の科学根拠にいくつか重要な問題が見えている。

 その第一は、環境へ放出された総放射能量の評価である。当初福島核災害を国際原子力事象評価尺度(INES)で‘レベル5’と発表していたものを、2011年4月12日に突如、‘レベル7’に押し上げた。この際、根拠となる放出放射能の算出方法を明記した検証可能な報告書が国内の専門家にさえ開示されていない問題。第二は、飯館村など5月以後のさらなる計画的避難の根拠とする線量予測年間20ミリシーベルト超の誤りである。住民に個人線量計を装着する現実的科学的評価もせず、屋外線量率を一定値にして年間時間数を掛け算するなどとした過大計算は、ずさんで容認できない。

 放射線防護学研究者談


33. 2011年8月14日 06:56:02: h7GCESrUdI

 宮城県沖地震の発生した当日、私は都内文京区にいた。文部科学省科研費研究「放射性ストロンチウムによる内部被曝線量その場評価法の検討」の一環として、楼蘭周辺での核爆発からの黄砂に含まれていた放射性ストロンチウムによる日本人の内部被曝研究報告のためである。日本シルクロード科学倶楽部主催で、翌12日から、文京区シビックセンターの展示ホールにおける「シルクロード今昔 展示と講和の会」で研究成果を報告することになっていた。免震機能を有したシビックセンターはまったく無事であったが、施設の点検のため、会の開始がまる1日の遅れとなった。東京滞在の3月16日まで、展示会の内外で、放射線防護学の専門家として、新聞やテレビの要請に応えながら、チェルノブイリと福島との違いなどについての情報を発信し続けた。

 その後、帰宅するも、福島現地への調査には出発できなかった。それは、前年から計画していたモンゴル・ウランバートルでの第1回核放射線防護と衛生学の科学会議が、3月後半に予定されていたからである。

 そして、ひとり3月21日に出国した。モンゴル核エネルギー庁との間で開催された科学会議において、楼蘭周辺での総威力22メガトン(1メガトン威力は、TNT火薬100万トンに相当する爆発エネルギー)の核爆発から噴き出した核の砂の降下によるモンゴル国の環境と人体への影響について討議された。これは2009年3月の憲政記念会館でのシンポジウム「中国の核実験災害と日本の役割」に次ぐ、核災害の歴史上大きな意味ある科学会議となった。

 その間、3.11の巨大地震と津波による災害と福島第一原発影響の科学について、モンゴル国立大学で講演した。これらは、専門家のみならず、モンゴルの一般国民の大きな関心となり、新聞とテレビで報じられた。

 そして、3月28日に帰国するやいなや、モンゴル報告をする間もなく福島調査の方法を検討開始した。鉄道および高速道路の不通の問題があったが、東日本の広範囲な放射線衛生の状況を調査するべきと考え、陸路の調査旅行を計画した。この科学調査旅行に週刊誌の元気な記者が自身の車をもって、福島調査の同行取材を申し入れてきた。ありがたい話だ。当然、まじめな報道姿勢を受け入れ、福島以後の機動的な調査となった。多くの国民へ素早く科学情報を拡散するばかりか、第三者の同行による科学調査の目撃証言にもなるからである。

 科学調査を4月6日から10日にかけて実施した。さらに、12日までの東京滞在中に、都内の環境調査も追加した。調査は、福島第一原発20キロメートル圏内を含む札幌から東京まで、陸上の環境放射線と甲状腺線量を中心とした現地の人々の健康影響である。

 さらに6月18日、19日には南相馬市などで体内のセシウムを検査した。

 測定では線量の絶対値を評価することになる。ただし、これだけではわかりにくいのが核放射線災害である。そこで、過去に起こった核放射線災害事例と比較することで、この福島核災害の健康リスクを併せて浮き彫りにする。

 放射線防護学研究者談


34. 2011年8月14日 07:26:23: h7GCESrUdI

 4月8日・9日に福島では、20キロメートル圏内からの避難者を中心に希望者68人に対し、甲状腺に含まれている放射性ヨウ素の放射能量の検査を行った。

 最初に、浪江町からの避難者40人の希望者に対して検査した。彼らは、災害対策本部からの甲状腺検査もなければ避難時に安定ヨウ素剤も配布されていなかったと、私の質問に答えた。従来から原子力緊急被曝医療として、ヨウ素剤配布用の備蓄があったにもかかわらず、災害対策本部は何も手を打たなかったのは、大きな驚きである。絵に描いていただけの‘餅’だったのだ。

 その他は、二本松市立第一中学校区の保護者24人の希望者、飯館村の2人、東京からの福島調査に同行した2人の検査である。

 最初に、毎日検査して甲状腺に放射性ヨウ素が沈着していないと考えられる調査員自身の喉元(甲状腺付近)の測定値を、測定場所の背景値(バックグラウンド)とする。その後、被検者の甲状腺を測定して、その値から背景値を引き算した値が、被検者の甲状腺に沈着した放射性ヨウ素による線量率となる。この甲状腺ヨウ素線量率に測定器の放射能換算計数を掛け算して、甲状腺内に沈着している放射能量値が求まる。

 この放射能の値は検査日のヨウ素131の放射能量である。半減期8日で日ごとに少なくなっているということは、以前にはさらに多くの放射能が甲状腺の中にあったはずである。この推定はやや複雑な方法となるが、単純化して、3月12日に全量が甲状腺に蓄積したとして、最初の量を、国際放射線防護委員会勧告(ICRP Pub.78)の方式により推定した。その値に線量換算計数(ICRP Pub.71)を掛け算して、甲状腺線量が求まる。

 浪江町からの避難者40人の結果は、二本松市民に比べて全体的に甲状腺に蓄積していた放射性ヨウ素の放射能量は多かった。平均で2.4キロベクレル、最大で3.6キロベクレル。他方、二本松市民は平均で0.1キロベクレル、最大で0.5キロベクレル。飯館村の2人は、平均で1.8キロベクレル。放射能の減衰を補正して推定された甲状腺線量の平均値(ミリグレイ)は、浪江町5.1 飯館村3.9 二本松市0.3であった。レベルで示すと、D,D,Eである。

 線量6段階区分
危険:A〜Cの単位(シーベルト):ウイグル、広島・長崎、チェルノブイリ
A:4以上・B:1〜3・C:0.1〜0.9
安全:D〜Fの単位(ミリシーベルト):福島、東海村、スリーマイル島
D:2〜10・E:0.02〜1・F:0.01以下

 これらの値は、チェルノブイリ事故被災者の値の1万分の1から1000分の1である。かの地、ウクライナ、ベラルーシ、ロシア3カ国の被災者700万人の最大甲状腺線量は50グレイ(=50シーベルト)。その後数年から、総数で当時の4800人の子供たちに甲状腺がんが発生した。20年後の世界保健機関の調査報告である。このリスクが線量に比例すると考えれば、今回の放射性ヨウ素量が原因で、福島では誰一人として甲状腺がんにはならないと予測できる。

 この理由は、1)人々の暮らす陸地へ降った放射能の総量がチェルノブイリに比べ福島では圧倒的に少なかった、2)汚染牛乳を直後に出荷停止とした、3)日本人は日頃から安定ヨウ素剤を含む昆布などの海藻類などの食品を採っているので、甲状腺に放射性ヨウ素が入る割合が低ヨウ素地帯の大陸の人たちに比べて少ないことによる。

 なお、6月後半の南相馬など3市での甲状腺検査では、ヨウ素が検出されなかった。これは環境中の調査と一致し、半減期8日からヨウ素量が1000分の1に減衰した理由による。すなわち、今後はヨウ素ハザードはない。

 放射線防護学研究者談


35. 2011年8月14日 07:28:01: h7GCESrUdI

 4月9日、10日と2日間にわたり20キロメートル圏内に突入し、放射線環境を調査しながら、徐々に福島第一原発敷地境界に接近していった。

 最初は、西側の八本松市から東に向かう行程である。葛尾村から浪江町に入り、その家畜や牧草地を調査し、双葉町から福島第一原発に接近する。

 避難圏内の浪江町のある地点に到着するも、その値は毎時0.017ミリシーベルト(=17マイクロシーベルト)、仮に24時間屋外に立ち続けたとしても、0.4ミリシーベルト(=400マイクロシーベルト)に過ぎない値であった。続く双葉町、大熊町での測定値も浪江町と大差はなかった(一般的な目安として100ミリシーベルトを超えると、健康に影響が出る危険性が高まるとされている)。

 そして核緊急事態が続いている福島第一原発の敷地境界の調査を開始した。福島第一原発の西門や、他のゲートやフェンスに沿って測定したところ、放射線の強さは避難区域の浪江町や双葉町の2倍程度であり、最大でも毎時0.059ミリシーベルト(=59マイクロシーベルト)であった。この値は、チェルノブイリの緊急事態時の値の1000分の1以下である。

 敷地内にプルトニウムが検出されたとの報道があったので、念入りに境界付近数か所の地表面でアルファ線計測を実施した。結果は最大で毎分7カウントしかなかった。空中ではアルファ線は検出されなかった。すなわちプルトニウム微粒子が空中を漂ってはいないのだ。アルファ粒子はプルトニウムが放射するが、空気中を5センチメートルしか飛ばないのだ。少しだけ、敷地境界近くの地表面にプルトニウムがあるかもしれないと考えられる。

 私のセミパラチンスク核実験場内の地表核爆発地点の調査では、毎分200カウントもの値だった。しかも、空中でも10カウントも計測されたのであった。その地表は、顕著にプルトニウムで汚染しており、プルトニウムの微粒子が舞い上がっているのだ。

 これと比較しても、福島第一原発での調査時に、プルトニウム微粒子の吸い込みのリスクは無視できる。したがってマスクは不要だったのだ。プルトニウムの吸い込みは、肺がんリスクを高めるが、この心配はいらなかった。

 私はオンサイト近傍で最大10ミリシーベルトの被曝を覚悟していたが、実際は100分の1と低く、拍子抜けするものだった。さらにマスクと簡易防護衣を用意はしていたが無用だった。

 放射性物質は風向きなどによって数値が変わってくるため、ある一定時間測り、たとえその時、値が低くても決して安全とはいえないのではないかと疑問に思われるかもしれない。ところが、今回の調査では5日間にわたって常に放射線量を測定している。福島20キロメートル圏内を出入りした3日間の積算線量は0.10ミリシーベルト(=100マイクロシーベルト)であった。すなわち、今後の放射性ヨウ素の減衰を予測すれば、現地に1カ月滞在しても1ミリシーベルト(=1000マイクロシーベルト)にも満たないのである。

 さらに、毎日、自分自身の喉元の計測もしたが、甲状腺線量は検出下限以下の範囲であった。

 結論からいえば、少なくとも原発の外や20キロメートル圏内のほとんどは、将来立ち入り禁止を解除できるし、今でも放置されている家畜の世話に一時的に圏内へ立ち入ることにリスクはない。

 もちろん、核緊急事態にある福島第一原発の敷地内が高線量であるのは別である。それは病院放射線科のがん治療用装置が致死線量を発するのと似た意味である。

 放射線防護学研究者談


36. 2011年8月14日 08:20:19: TRlvpkEP3A
ながながとコメント欄を占拠する放射線防護学者って何者なんだ。
国民を実験用動物としか見ていないじゃないか。
人間には、暖かい血が流れているんだ。あなただってそうだろ。
どうして、そう、冷血になれるんだ。
人をだますやつは天罰が下るって俺は思っている。
どうも、放射線防護学者7311グループには納得がいかない。
同じ学者でも、子供と妊婦を守ろうと必死になっているえらい方も
いらっしゃるというのに、研究者の風上にも置けぬ人たちだ。
人のために働き、人を助けるのが研究者だ。だますために研究が
あるわけではない。

37. 2011年8月14日 10:40:56: sQxpdyxrgo
日本人の恐怖心をあおって、脱原発にしたい輩が暗躍してるようです。
さぞかし、
中国か北朝鮮から国費できている秘密工作員か、スパイでしょう。
あるいは、反日左翼、か、テロリストか。

北朝鮮から60万人ほどの工作員が日本に暮らしています。
中国からは、・・・・民主党がビサ緩和など、中国人が3000万人以上日本にこれるように、どんどん中国人移住をゆるしています。

こんなことを許していたら、日本は中国の属国になってしまします。

日米同盟を壊そうとしている輩も同じ、民主党であり、反日左翼集団。市民団体でしょう。

中国はすでにアジア全体を支配しようとしてます。

中国と北朝鮮は地下でつながってます。

中国が日本を攻めてこれないのは、中国の核兵器よりもアメリカの核兵器のほうが圧倒的に多いからです。

アメリカが沖縄を去っていったら、日本も台湾も韓国もあっというまに中国共産党に奪われてしますのです。

中国軍がどのような形で国を奪うのかは、ウイグル・チベットを見ればわかるでしょう。自分の国の国民さえ人権無視する国であることは、少しづつわかってきてるのではないでしょうか。


日本が脱原発すれば、日本は核兵器をもった国々に取り囲まれ、攻め込まれやすくなります。
中国はすでに日本を射程に入れた核兵器を準備しているのです。


原発があるということが抑止力になるのです。

情報で操り、中国文化を日本に浸透させて日本人を油断させ。
次に人口侵略をしたあとに

中国共産党は中国人にむけて「国防動員法」を発令し
日本人の大量虐殺をねらっているのです。
日本にいる中国人がある日、中国共産党の命令で、兵隊にばけるのです。

今回の福島原発問題ですが、 「本当の原因」 を国民はもっと情報を共有つかむべきです。


初動期の管直人のテロリストのような不穏な動きによって、爆発が誘発されたのです。
その原因追究を免れるために、「脱原発」しか言わない管直人。
それを集団で隠ぺいする民主党とマスコミ。

また北朝鮮というテロ国家にたいして2億円献金という、悪徳行為を隠ぺいしようと、追及をまぬがれるための退陣明言など、

責任をのがれ、自分たちの延命のためには手段をえらばない民主党は即刻解散すべきです。

日本では、昔から
「天変地異は、政治や人心の乱れた時になると、天の警告がある」と言われています。

疫病、風水害、などの災厄が多発すると言われているのです。
 
社会党政権のときにも阪神大震災がおきました。
社会党は、いまの民主党の前身の政党です。

国民の安全と財産を守り、日本を発展させたいという気概がある政党なら、
民主党のような政策はとらないでしょう。

ペテン。誤魔化し、無責任の民主党。
民主党の「悪」にたいして、あいまいな判断しかしないなら、
民主党はさらに「悪」をかさねます。
 
大手マスコミも正しい情報を発信することはないでしょう。

良いも悪いも判断できない日本人と思って、民主党も中国共産党も北朝鮮も、大手マスコミの中にいる反日勢力も   ますます増長するだけです。

ヘンな情報を撒き散らして、日本壊滅を企てる者たちは許せません。
情報誘導作戦にひっかからないようにしたいものです。

日本に「スパイ防止法」がないのも、危機を回避できない原因かもしれません。


38. 浅見真規 2011年8月14日 12:45:17: AiP1TYI88G3dI : gW3lZJ3Id6
>中国軍がどのような形で国を奪うのかは、
>ウイグル・チベットを見ればわかるでしょう。


ウソを書かないように。

現在、ウィグル族が住んでいるタリム盆地等は2000年以上前の前漢時代には
月氏というイラン系白人が住んでいました。
(wikipedia「カシュガル市」参照)
そこを遊牧民族の匈奴が奪い匈奴は前漢も攻撃したので、前漢は月氏と連携を
模索しますが月氏が旧領回復に消極的だったので、漢帝国が単独で戦い
タリム盆地から匈奴を追い払いタリム盆地を中国領にしたのです。
(その後匈奴はフン族としてヨーロッパに民族大移動し、ハンガリーの
白人と混血しハンガリー人になったとの説が有力)

ウィグル族は元々はモンゴルにいたのが唐の時代にタリム盆地に移住したのです。

チベットは唐時代に自由意志で一時的に唐朝中国に服属し仏教を国教にし、
また、清朝中国時代には自由意志で中国領になって財政支援を受けました。
ダライラマ亡命政府は独立宣言をしたと主張しますが国際法的に有効な
独立宣言は存在しません。ダライラマ亡命政府に好意的な英国人学者すら
国際法上有効な独立宣言が存在しない事を暗黙上認めています。
*****
逆に、日本はアイヌから北海道を奪い、琉球王国を武力併合しました。
アイヌから奪った土地である北海道に原発まで造り、アイヌの許可無く
再稼動させようとしています。

日本の軍事同盟国のアメリカも本土の大部分は先住民インディアンから
奪い、テキサス等はメキシコから奪い取り、ハワイ王国も実質的に武力併合
したのです。


39. 2011年8月14日 12:46:12: nwEDJZgO3o
「放射線防護学研究者談」や37のような工作員連中の醜さ!
「国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦 」…
 http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo
の、国民の側に立った迫真の追求と比べると、醜いとしかいいようがない!
このような連中を操る勢力が原発を推進することは決して許されない!
やらせ意見の組織を原子力の規制機関たる保安員までがやっていた、あの醜さ!
そのような原発推進グループの意のままに原発が継続・推進されるなら、
いつか日本も終焉を迎えるであろう。
原発利権によって沈没する日本!
もし福島に続いて、偏西風によって日本全土に汚染物質が流れていく地域の
原発が重大事故を起こしたらいったいどうなるのか?!
もう二度と許すまじ!!

40. 浅見真規 2011年8月14日 12:46:27: AiP1TYI88G3dI : gW3lZJ3Id6
>>38>>37へのレスです。

41. 2011年8月14日 12:57:34: HC4ifPQQTM

 私はソ連崩壊後の1995年以来、カザフスタンのセミパラチンスク核実験場周辺影響とシルクロード楼蘭遺跡周辺のウイグルで行われた中国による楼蘭核爆発災害、チェルノブイリ周辺3カ国、南ウラルのプルトニウム工場周辺汚染、シベリアの地下核爆発、ビキニ核爆発災害といった世界各地の核放射線災害地を訪れ、核ハザードの環境と人体への影響(放射線防護学)を調査、研究してきた。

 そのなかで、現地の環境および人体への核放射線影響をその場で評価する方法と、トラベルケースに納まる各種の計測装置と線量評価ソフトを開発した。ガンマ線外部被曝、地表および体内の放射性セシウムの定量、およびストロンチウムの内部被曝評価、地表面のプルトニウム汚染計測のためのアルファ線計測器、地球座標の確認のためのGPSおよび測量機器、ノートPCなどである。これが持ち運べる実験室・ポータブルラボである。
@ガンマ線スペクトロメータ Model 702 米国Ludlum社
Aアルファ・ベータカウンタ TSC-362 日本アロカ社
Bポケットサーベイメータ PDR-111 日本アロカ社
C個人線量計 RAD-60 S フィンランドRADOS Tec.
DGPSナビゲータ 米国Magellan

 これまで、チェルノブイリの限界管理区域に暮らす住民の体内セシウムや、ビキニ被災となったロンゲラップ島民たちの前歯のベータ線計測からのストロンチウム量評価、彼らが摂取する食品の放射能、環境放射線などを測定してきた。

 今回の福島現地調査では、核緊急時であるために、致死線量まで計測できるフィンランド製の個人線量計に加え、前年12月に購入したばかりの国産車の価格ほどする米国製核テロ対策用に開発された最新小型スペクトロメータも持参した。急遽、実験室で、セシウム137やアメリシウム241の人工線源で試験するとともに、地表面の調査も行った。

 機材としては、粉じん吸い込み防止用のマスク数枚と、簡易使い捨て防護衣1人分を初めて携行した。過去の調査事例ではないことだ。

 さらに、10年前に開発した甲状腺に蓄積している放射性ヨウ素131の放射能を測る方法を、今回はじめて実践使用することとなった。小型のガンマ線線量計を、放射線医学総合研究所が保有するヨウ素131人体型線源を用いて校正した。

 それはヨウ素131の半減期が8日と短いため、核災害直後でしか測れないからである。今回の福島調査は震災後30日以内なので、十分測れるのであった。

 震災3カ月前に入手した携帯型のガンマ線スペクトロメータは、ロシア放射線医学センタ−所有のブロックプラスチックファントム(人体模型)でセシウム137放射能計測用に校正した前機種で二次校正したので、全身の体内セシウムの放射能が計測できるようになった。これが、今回の福島事象でのポータブルホールボディカウンタである。なお前機種は、小型ながら国際比較で10%以内の差で一致を示している優れものである。

 さらに同機種は、環境中の放射性セシウムやヨウ素の地表での汚染密度をその場で計測できるように、同様に二次校正した。

 大災害は机上理論では通用しない。専門家は緊急時に現場へ入り、状況を評価し、正しい社会的意思決定に導かなくてはならない。医療班の他に放射線防護の専門家たちが現地入りし、被災者への対応や相談を受け付ける意味は大きいのだ。

 放射線防護学研究者談

 


42. ヘス・ケロリン 2011年8月14日 17:03:43: Xk5jhSBoRDBcw : OYXZNtmeUE

33. 2011年8月14日 06:56:02: h7GCESrUdI ・・・よ。

政府機関や原子力業界とは完全に独立したひとりの医学系の放射線防護学の専門家 ・・・らしいが、

文部科学省科研費研究「放射性ストロンチウムによる内部被曝線量その場評価法の検討」の一環として、楼蘭周辺での核爆発からの黄砂に含まれていた放射性ストロンチウムによる日本人の内部被曝研究報告のためである。

・・・・となっている。
完全に独立している、となれば、どこで、収入を得ているんだ?
完全なフリー・ライターのような、フリー・研究者なのか・・?
国内で、完全にどこからの機関からも<独立>していて、めしなど食えんだろ?
・・・そこを明示しては、どうなんだ?

>2011年4月12日に突如、‘レベル7’に押し上げた。この際、根拠となる放出放射能の算出方法を明記した検証可能な報告書が国内の専門家にさえ開示されていない問題。第二は、飯館村など5月以後のさらなる計画的避難の根拠とする線量予測年間20ミリシーベルト超の誤りである。住民に個人線量計を装着する現実的科学的評価もせず、屋外線量率を一定値にして年間時間数を掛け算するなどとした過大計算は、ずさんで容認できない。

>文部科学省科研費研究「放射性ストロンチウムによる内部被曝線量その場評価法の検討」の一環として、楼蘭周辺での核爆発からの黄砂に含まれていた放射性ストロンチウムによる日本人の内部被曝研究報告のためである。

文科省から科研費要が出ている調査・研究での、
<ずさんで容認できない・・>などというのは、
内部告発ということか?
御用マスコミは信用できかねるので、
ネット阿修羅での、投稿となったのか?

コソコソチマチマと、こんなところで、拡散していないで、
いまや、体制側からでも、表に出ていって、
出版まで、堂々とされているゼ。
そうしたら、どうだ?


下せんのは、
たびたびの、投稿アドレスだわ・・・。
何故、そんなに大量に用意してある?
完全な、どこからも独立した個人が、何ゆえ、
投稿ごとに、たびたび、変更するんだ?

・・・・そこを、説明しろ・・・・。
<放射線防護学研究者談 センター>さんよ・・・。


・・・それと、こらこら・・・コイツ、、
>37. 2011年8月14日 10:40:56: sQxpdyxrgo ・・・よ。
あと、一発、若狭辺りで、もんじゅなんぞが問題起こせば、
それこそ、朝鮮半島経由して、モンゴル大移住になっちまうわ。
それも、原子力施設の近くのな・・・。

>日本が脱原発すれば、日本は核兵器をもった国々に取り囲まれ、攻め込まれやすくなります。

こういうDQN洗脳奴隷がおる限りは、いつまでも、問題はなくならんだろう・・・
日本の心配するよりも、シコシコと、おのれひとりの心配でもして、引っ込んどれ・・・。
そこまで心配なら、自衛隊に入って、先頭に立って守ってとれ・・・。
チョロコイ、前時代の妄想など、聞き飽きとるわ・・・。辟易するゼ・・・。
おまえは、1億二千分の中の妄想ビビリの、洗脳奴隷のなかの1人なんだよ・・・
出てきても、引っ込んでも、自殺しようが、なんら、日本には影響など
爪の先ほども、無い、ということだ・・・。


43. 汎日秘密工作員・ケロリン 2011年8月14日 17:57:48: sCK9wXS61oLEQ : OYXZNtmeUE

なるほど、<放射線防護学研究者談センター >の出所は、下記か??
それで、税金使って、大量の「投稿アドレス 」も用意できると、いうわけだ・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
独立行政法人 日本原子力研究開発機構
原子力基礎工学研究部門 環境・放射線科学ユニット
<放射線防護研究グループ>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほど、『完全に独立している・・』などと、子供っぽい妄想抱いている意味が分かったゼ。・・ただの天下り御用機関だな。

最近だけでも、見ろ、このアドレスを・・・
『DRUEZ000vI 』 『gLsqBJnITc』『DRUEZ000vI』『h7GCESrUdI』
過去から調べれば、大量に保有している。全部税金だ。
なにが、独立だ?・・・笑わせるなと、言いたい。

・・・・・・・・・
ところで、

『中国が攻めてくるぅ〜攻めてくるぅ〜・・ウッパッピ〜』・・などと、
一所懸命、日本人の恐怖心をあおって、原発利権を維持したい<ヤカラ>が暗躍してるようだな?
さぞかし、 中国か北朝鮮から国費できている秘密工作員か、スパイだろう。
あるいは、反日左翼、か、テロリストか。 あるいは、洗脳DQNか?
はたまた、ちゃんねる桜のDQN水嶋か?・・ひょっとしてウッパッピ〜タモガミか
冗談は桜井よし子ちゃんか?

しかし、考えてみれば、
3万人もの東北救援で、自衛隊員がガラ空きになってた日本に・・・、
3.11.は絶好の攻め入るチャンスだったぜ・・、おまえ(>37)、
ちゃんと、祖国には、報告したんか?
こっちは、最強のもんじゅと常陽が控えている・・・
昔の戦艦大和と武蔵だ・・・。核を打ち込まれる、どう抑止力になってるのは、
イマイチ、わからんが、最強なんだぞ・・・。
国へ帰って報告しておいてくれ・・
>37. 2011年8月14日 10:40:56: sQxpdyxrgo ・・・よ。


どこかで、遭遇した、知的レベル最高峰らしい、
「ポピュリズム」のように、逃げるなよ・・・。

おまえ・・・、
フクイチ被害者に、リンチ袋詰めにしてもらって、
燃料プールに埋めてもらえや・・・。


※またまたハンネを変更させられた・・
<汎日秘密工作員・ケロリン >とする。
この<汎日>は、日本の中から「DQNビビリ洗脳奴隷」&「利権おためごかし」を一掃して、日本を世界のひな形に創り直し、世界に日本の在り方を汎用・広めていく、ということだ。


44. 2011年8月14日 18:08:57: 2fbNRG7mfc
あの自由の国アメリカの恥、悪名高きGHQ下日本人検閲官。1万人弱の日本人がサラリーマンの10倍の給与で日本人の行動を告げ口したやつら。重点的に広島長崎に配置されてた。このやからはアイデンティテーとか民族の誇りはない売国奴でアメリカ人にも人間的には信用されてない。虚勢された最近SHEEPLEと言うグループに属す人間家畜だ!仏教では畜生道に分類されます。

45. 2011年8月14日 18:11:42: PjRemh2RV6
すごいですな〜!
   【 放射線防護学研究者談 】氏のご意見は。

 将来(来年頃かな?)は福島第一原発の10km圏内に全原子力機関・機構および原子力安全委員会・保安院の移設を実施してください。
 
 え!?  もう準備しているんですか? 率先して行かれるんですか?
  ・・さすが放射線防護学研究者様です。


46. 汎日秘密工作員・ケロリン 2011年8月14日 19:05:19: sCK9wXS61oLEQ : OYXZNtmeUE

なるほどな・・・。

将来の食いっぷちの、下準備、というわけか?
どっちにしても、一掃するゼ。無駄金だ。
原因無くして、予防すりゃ、何の問題もなくなるゼ。

防御など、鼻から不要だ・・。
てめぇ〜らで自らが被曝しながら、防御研究でもしておれ、
・・ということだ。

核種は200種類以上もあるから、
研究ネタには事かかんだろう・・。
人間使わずに、ラットと自分を使って、
自腹で研究してくれ・・・。
<放射線防護学研究者談センター>の面々よ・・。

核の抑止力になるらしいから、
戦艦もんじゅと、戦艦常陽は、常用するほうが
いいかもしれんな?
>37. sQxpdyxrgo ・・よ?
どう、思う?

ホントに燃料プールに沈められたのか?
一言でも、しゃべれよ・・・・。
聞きたいことがある・・
戦艦の使い方だ・・・。
そっちの祖国の極秘事項か?


47. 2011年8月14日 19:35:56: 03bw0jfJsI
38<
頭を正常にしてから書き込んでください。

48. 2011年8月14日 19:41:12: 03bw0jfJsI
38>さん 申し訳ありません。頭を正常にしてから書き込んでくださいは、<37さんに対しての言葉です。38>さんに同意してます。

49. 2011年8月14日 20:36:00: sQxpdyxrgo
38と43へ

民主党と、管直人氏のことについては触れられませんね。
民主党即刻解散には賛成ということでしょうか?
管直人氏は、テロリストです。
民主党の方々はもとは朝鮮人の方多いんですね。
 
原発を爆発誘発させた事実は、自民党の議員さんも、国会で管直人氏に質問してます。ほか日本の一部関西系テレビでも放送してますから事実です。

田母神氏や、青山繁晴氏や、櫻井よしこ氏を敵にまわすということは、あなた方こそ正真正銘の工作員か極左翼か共産党の方々でしょうか。

、櫻井よしこ氏ブログ
「中国共産党が歪曲発信してきたウイグル族弾圧の事実」
      2008年5月17日号『週刊ダイヤモンド』
情報操作に成功すれば、
戦いは半分以上勝ったものだ。

中国は国内の異民族支配でも情報操作していた。

異民族を外部から遮断し、閉ざされた空間で弾圧と融和策を繰り返し、
彼らの消滅を図る。

外部世界には、偽りの情報を発信する。
世界はその情報を多少は疑いながらも関心を抱かない。

かくして中国共産党の情報操作は効果を発揮するのだ。

中国国内の異民族の実態はどこにあるのか。

東トルキスタン(ウイグル)亡命政府の首相ラクマット・ダミアン氏に聞いた。

「私たちは今、中国共産党政府から、テロリストで国家分裂主義者として断罪されています。

そして国際社会には真実は知らされていません。

歴史を翻ると、ウイグル人がその時々の局面でじつにさまざまなレッテルを貼られ、虐殺されてきたことがわかります」

・・・・・・・・・・・・・・

文化、文明、価値観を漢民族のそれに合わせ、
漢民族の一部となって溶け込んで消えてしまうまで、

中国共産党はウイグル族への弾圧をやめない。と、ダミアンシは断言する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・このあとも文章は続きます。


あなたがたの国は、中国か北朝鮮か知りませんが?

中国共産党は、ノーベル平和賞受賞の劉暁波氏を拘留してるそうです。
民主主義を強く訴えて受賞した人を、罰するとはどういうことでしょう。
しかも中国国民には、まったく受賞を知らせてません。

中国も民主党も日本を中国化させる作戦を続けてます。

言論統制されないように、民主党の怪しげな動きにさらに警戒を強めなくてはいけません。とくに民主党がごり押しで法案をきめてしまう体質をもってます。
「人権侵害救済法案」を断固阻止しましょう。

あなたがたは、脱原発して、日本を三流国家に貶めたいのでしょうか。


50. 潜艦トマト 2011年8月15日 08:33:38: yqV0JYBcORkm6 : F7ZUuA8t27
>>11に書いたとおりです。投稿削除を依頼した(http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/229.html)が、

>>管理人さんが
>>阿修羅掲示板は2重投稿以外の削除依頼を受け付けておりません。
>>あしからずご了承くださいませ。
>とはねつけられたのでどうすることもできません。

ということは、同文を投稿すれば……???


51. 2011年8月15日 09:58:04: w9njDTx7Zw
ちなみにどれが黒煙だと思ったの?
ツイッターではまたいつものように
煙だ閃光だと騒いでるが

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧