★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 527.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス NHK (Nuclear F.C) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/527.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 13 日 18:13:51: igsppGRN/E9PQ
 

プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/4456761.html
2011年08月13日17:54 Nuclear F.C : 原発のウソ

1986年4月26日。旧ソ連ウクライナで人類史上最悪の事故が発生した。
チェルノブイリ原子力発電所4号炉の爆発。大量の放射性物質が発生、その多くが風下に位置したベ­ラルーシに流れ、間もなく悲劇が始まった。

子供たちに甲状腺ガンが多発し始めたのである。現地の病院で手術を受けた子供たちの首筋には、一生消えない大きな傷がついた。
そ­の時、一人の日本人医師が立ち上がった。信州大学医学部の外科医、菅谷昭。父は、夜の往診も厭わない町医者。もっと患者と向き合いたい、そんな思いを抱き続けていた菅谷は­、大学教授の座を辞し、ベラルーシに渡ることを決意する。

ベラルーシでの菅谷のたった一人での闘いが始まった。やがて菅谷の高い手術技術や、患者との交流に心打たれていく­若い現地医師たち。いつしか菅谷のアパートに集まり、勉強会が開かれるようになった。
菅谷は、彼らに自分の手術技術の全てを伝えた。さらに菅谷は、手術後もガン再発の不安­を抱える患者達の家を一軒一軒訪ね、診察を繰り返した。脳裏には父の姿がよぎっていた。

そんな菅谷の活動に共感し、菅谷を支えようと奮闘する一人の男がいた。28歳の若手­医師、ゲンナジー・トゥールだった。二人は訪問診療を黙々と続けていた。
やがて菅谷たちの努力は、ある一つの奇跡を産んだ・・・。人類史上最悪の事故と対峙した、日本人医­師と現地の医師たちの5年半に及ぶ闘いを描く。

プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス
http://www.youtube.com/watch?v=cJu-rU4-Xyk&feature=player_embedded


【テレビ番組紹介】
NHKEテレ1東京 ETV特集「アメリカから見た福島原発事故」
2011年8月14日(日) 22時00分〜23時30分 の放送内


深刻な事故を起こした福島第一原発。アメリカで原発の設計、研究に関わってきた技術者たちは重大な関心を寄せている。彼らはこの事故をどう見たのか、取材した。


深刻な事故を起こした福島第一原発。アメリカで原発の開発・設計・研究に関わってきた技術者たちは、重大事故のシミュレーションを行い、メルトダウンに至るプロセスも研究していた。彼らは福島第一原発の事故に重大な関心を寄せている。彼らは、この事故をどう見たのか。アメリカから見た、福島原発事故を取材した。

出演:科学ジャーナリスト…小出五郎,元原子力プラント設計技術者…後藤政志,
語り:鹿島綾乃
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧