★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 550.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
社説 終戦の日に臨み考える 新たな「災後」の生と死 東京新聞 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/550.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 15 日 00:39:48: igsppGRN/E9PQ
 

【社説】終戦の日に臨み考える 新たな「災後」の生と死
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2011081402000057.html
2011年8月14日 東京新聞

 長大な堤防が防ぐはずだった大津波。安全と信じた原発の事故。日本は戦災に続く新たな「災後」を迎えました。死生観も再び揺さぶられています。

 「敗色が濃くなるなかで戦争に駆り出された若者たちは、どうやって精神の均衡を保ったのか」

 九十歳を過ぎた父に尋ねたことがあります。父は答えました。

 「国のために死ぬことが当たり前だった。特攻隊で米国の軍艦に突っ込む若者たちは特別な存在ではなかった。ただ、残り少ない日々を大切にしようとは考えた」

◆社会おおう重苦しさ

 敗戦は覚悟していた死から国民を解放しました。敗北感より喜びが勝っていたことは米進駐軍を「解放軍」として歓迎する動きがあったことから、うかがえます。

 突然の震災に何の心の準備もなく、自身や近しい人々の命、古里を奪われた悲劇は戦災にも匹敵します。ただ、被災の規模は全国の主要都市が焼け野原になった先の大戦に比ぶべくもありません。

 それでも戦後の解放感と違い震災後も社会をおおう重苦しさは放射性物質を排出し続ける福島第一原発があるからです。日本は広島、長崎の原爆を体験しましたが、地域が限定され占領下で情報が制限されたこともあり、多くの人々は被爆者の痛みをわがこととして感じることはできませんでした。

 しかし、「広島原爆二十個分」(児玉龍彦東京大アイソトープ総合センター長)とも推計される福島第一原発による放射性物質の広がりは、大気や水を通じた拡散にとどまりません。農産物や食肉、魚介類に対する汚染によって不安を日本全体に広げています。低レベル放射線の人体への影響は科学的な追跡調査のデータが乏しくはっきりしたことがわかりません。これが政府発表の「ただちに人体への影響はない」「暫定規制値」といったあいまいな表現の原因です。

◆見えない敵との闘い

 専門家の中でも楽観的と悲観的に見方は分かれていますが、子どもはもちろん、大人もできるだけ被ばくを避け、がんなどのリスクを最小限にすべきだという点では意見が一致しています。

 目に見えない放射能との闘いは原発事故が長引くにつれ社会に疲労感を広げています。東日本大震災の影響で、東海、東南海など他の大地震が起きる可能性が高まったともいわれることもあって、一種の無常感さえ漂ってきました。

 しかし、戦争では、それまで培ってきた産業基盤や技術だけでなく多くの人的資源を失い、占領下に置かれても、人々は立ち上がり日本の復興を成し遂げました。

 それに比べ、大震災で打撃を受けた東北の製造業が短期間で回復したように日本の産業基盤は健在です。放射性物質との闘いで武器になる食品の汚染測定も日本は世界一の技術を誇っています。

 放射性物質を除染し、子どもたちの命を守ることを、あきらめることはありません。長期にわたる放射線による影響調査やがん予防は、先進国の中で立ち遅れている日本のがんへの取り組みを一段と強化する機会になるはずです。

 がんは現代医学の進歩で既に死に至る病ではなくなりました。早期発見による生存率は飛躍的に高まり、完治も夢ではありません。抗がん治療も、生活に影響を与えない方法が開発されています。

 もちろん、再発や転移の恐れが付きまとう手ごわさに変わりはありませんが、がんによる死は突然、襲うものではありません。

 多くの末期がん患者が雄々しく病に立ち向かい、残された時間の中でも立派な生き方をのこした例を私たちは数多く知っています。大津波では多くの人々が心の準備もなく突然、命を奪われました。がんは、それを直視すれば、闘い迎え撃つことができるのです。

 誤解のないように付け加えますが放射能汚染や、がんを甘受せよと言っているのではありません。あらゆる手段で放射能と闘い、がん予防に尽力すれば恐れおののくことはないと言いたいのです。

 震災と放射性物質の拡散は、ふだん人々が忘れている死を身近なものに感じさせました。しかし、無力感や虚無感にとらわれることこそ、今は排すべきです。

◆一生の四季を豊かに

 幕末の思想家、吉田松陰は二十九歳の若さで処刑されました。処刑の前日、人間の寿命には長短があるが、「それにふさわしい四季がある」と述べ、明日死ぬわが身にも「四季はすでに備わっており、花を咲かせ実をつけているはずだ」(「留魂録」講談社学術文庫)と書きのこしました。

 生ある限り、自らの四季を豊かにする努力を惜しまない。それこそが新たな「災後」に、まず心の復興を成し遂げる一歩となるのではないでしょうか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月15日 01:13:19: WiEHp7VcYc

>社説 終戦の日に臨み考える 新たな「災後」の生と死 東京新聞

いま自衛隊のイカレた軍事拡大予算は毎月5000億円である。
戦後ずっと、
災害列島の災害予算はこの軍需経済の発狂予算に乗っ取られてしまった。

どれほど無駄なハコモノであろうと、必要のない道路であろうと、
命令されれば虐殺兵器の引き金を引くような不気味でおぞましい人間を社会の中に作り出しはしない。
軍需経済は若者たちを侵略強盗の殺人者に変えて行くことでしか機能しない究極の犯罪システムなのである。
http://esashib.web.infoseek.co.jp/tohokuzisin01.htm

我々の税金から収奪される平成日本軍部の軍事予算は、あらゆる国民生活予算が削られるなかで異常な伸びを示している。理由は簡単である。軍需産業は独占体制であり利権が桁違いだからだ。資本主義の経済原則に従えば人殺し産業(軍需企業)こそが終着点である。
5兆8039億円(2006年度)
(防衛費4兆8139億円、軍事偵察スパイ衛星関連年度分経費612億円、危機管理体制充実強化経費16億円、米軍再編調整関連費1000億円の1年平均分200億円、旧軍人恩給費9072億円etc)



02. 2011年8月15日 01:39:18: NasJ9wtRgI
食品の汚染測定も日本は世界一の技術を誇っています

これが本当だとしたらなぜ安価で性能のよい放射能測定器が
売りにだされないのだろう。この人も高度成長期の日本製品神話に
洗脳されているのだろう。町工場は世界一だとかね。


03. 2011年8月15日 10:41:17: czgXAEQpzY
早い話、運が悪ければ早く死ぬこともあるのであきらめろと言っているわけか。

個人がそう思うのは勝手だが新聞に書くことか。


04. 2011年8月15日 20:29:14: nQoA7dC4lI
悲しいかな、日本の首都の新聞の社説がこの程度かと感じてしまう全くお粗末な
内容とは・・・。

今目の前で展開している、3.11東日本大震災・福島第一原発事故と大東亜・
太平洋戦争とを比べしかも、1945年の今日敗戦が決定した日は有る意味、軍閥
政権国家よりの開放であり、暑い夏の空を見上げながら「明日はどうなるのだ
ろう?」と思いを巡らした当時の国民は一抹の不安はあっただろうが、「戦争が
終わった。」という安堵感はみな一様に抱いた筈である。

今の東北太平洋側・東日本、あるいは関東の現状はどうであろう?

どう見ても、原発事故は始まったばかり。 これからどんな試練、窮状・国難
が襲ってくるか解らないいま、到底66年前の終戦の日の人々の抱いた思いと
は、遠くかけ離れた物のような気がする。

66年前と今日を比べ、感傷に浸るのは全くのオカド違いも甚だしい。

東京新聞ともあろうものが、これからあなた方の地域がどれほどの放射能汚染
に見舞われるのかもっと真剣に現実を捉えるべきじゃないのかな?

敗戦の日に、当時を振り返るのは過ちを繰り返さない為にも大事な事。 

だけどそれとこれとは区別するべきもので有ると思う。

それが新聞の社会性ってもんだろう!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧