★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 560.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新米の放射性セシウム汚染調査を実施する自治体が計30都府県に 〜いよいよ”コメ騒動”が本格化〜(暗黒夜考)
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/560.html
投稿者 判官びいき 日時 2011 年 8 月 15 日 09:39:28: wiJQFJOyM8OJo
 

(転載開始)
◆<セシウム汚染>コメ検査30都府県で 「自主」西日本でも
 毎日新聞 8月14日(日)2時30分配信

東京電力福島第1原発事故を受け、新米の放射性セシウム汚染調査を実施する自治体が計30都府県に上ることが、毎日新聞の調べで分かった。農林水産省は東日本の17都県を調査対象としているが、汚染牛問題で消費者の「牛肉離れ」が進んだことなどから、安全性をアピールしたい産地の危機感が浮かぶ。

農水省は青森から静岡の17都県に対し、「土壌のセシウム濃度が1キロあたり1000ベクレル以上」か「空間放射線量率が毎時0.1マイクロシーベルト超」の地点で、収穫の前後2回、玄米を調べるよう求めている。

収穫前の予備調査で玄米1キロあたり200ベクレルを超えるセシウムが検出された場合、その地域は重点調査区域に指定され、収穫後の本調査で15ヘクタールごとに細かく調べられる。もし500ベクレルを超えれば、その地域のコメの出荷は禁止される。

自主調査の動きは北陸や近畿、中国・四国地方まで拡大し、13日現在13府県が実施を決めている。調査地点は、本調査で少なくとも3500カ所、予備調査も900カ所前後に上る。本調査は福島が最も多く、宮城、茨城が続く。秋田、山形、宮城、新潟、栃木、茨城、埼玉、千葉、長野の9県は農水省が定めた地点にこだわらず、稲作を行う全市町村で実施する。

宮城県は34市町村で、農水省が求めた地点の倍近い約400カ所を対象に9月上旬をめどに本調査を実施する。国の「基準」より手厚い調査に踏み切る理由について、県担当者は「コメ主産県として安全安心を確認する義務がある」と説明する。

国と県が12日に県南部で開いた説明会では、農家や自治体職員から「検査済み地域のコメには安全だという証明書を出すべきだ」などの要望が続出した。農水省は本調査で暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出された場合、旧市町村単位での出荷制限を指示、その地域の今秋のコメは全量廃棄処分される。七ケ宿町の職員は「農家の被害を減らすため、出荷停止範囲を集落単位に狭めてほしい」と訴える。

一方、西日本の府県は地点を絞りながらも「消費者の不安を取り除く」(福井県)ため実施するところが多い。予備調査は9月上旬、本調査は同中旬にピークを迎えるが、機器が足りない自治体もある。検査が滞り出荷が遅れれば、コメの品質や価格が下落し、農家に経済的な影響が及ぶ恐れもある。【井上英介、浅野翔太郎】      (転載終了)

スーパー等では既に昨秋に収穫された「2010年度(平成22年度)産米」の”買占め”がはじまっているようである。理由は勿論、今秋から店頭にズラリと並ぶであろう「セシウム汚染米」を恐れてのものであろう。一部マスゴミ報道では、相も変わらずこの手の消費者の行動を「風評被害」として、生産者の声・悲鳴を喧伝しているが、3月の福島原発事故以降の政府・マスゴミによる情報隠蔽の数々を考えれば、至極当然の行動であろう。

それに生産者には申し訳ないが、これは「風評被害」などではなく、立派な「実害」である。政府・マスゴミはその怒りの矛先を消費者に向けるように画策し、偏向報道しているのである。即ち、消費者に怒りの矛先を向けるのは間違いであり、そもそも論として、今回、この「実害」をもたらした東電や政府にその怒りの矛先を向けるのが筋である。

つい先日、大文字の送り火に用いる汚染松を巡って、京都・大文字保存会叩き報道がなされていたが、これなどは政府・マスゴミによる”矛先すり替え”のその最たる例であろう。その新聞・テレビでは、ここ連日、”猛暑ネタ”をトップニュースとして報道しているが、毎日毎日子どもが水遊びをする光景をバックに、各地の最高気温と熱中症の搬送者数・死亡者数を繰り返して、言われずとも体感している「暑さ」をさらに蒸し返して、「国民総思考停止」にでもしたいのであろう。

そして締めくくりは、”最重要スポンサー”たる電力会社の「電気予報」である。しかし、暑さも一段落する頃には、恐らく上記記事にて危惧されている「新米の放射性セシウム汚染問題」の話題で持ちきりとなることであろう。ここからは個人的な想像(妄想)であるが、ここで繰り広げられるのは、「セシウム汚染濃厚な東日本を中心とするコメ主産県と、安全圏にある西日本を中心とするコメ主産県の”対立の構図”」であろう。

前者は政府・官僚ら”国家権力”によるバックアップの下、如何に”産地偽装”的行為にて汚染米を”安全”なコメに混ぜ合わせて消費者に売りつけるかを画策することであろう。「いくら何でもそんな馬鹿なことがある訳がない」そんなご意見もあるであろう。

しかし、現に福島産の原乳はその産地を完全に消されて、他府県産のものと混ぜ合わされて、「安全な牛乳」として全国に流通しているのが実態である。即ち、我々国民の食卓に並んでいる牛乳は、一見安全な「○○産」と表示されていようが、その中身には福島県産の原乳が混入されている可能性が高いということである。

想像するに生産農家や海産業者に対する賠償を回避するべく、政府・東電らによる国家ぐるみでの詐欺的な「産地偽装」はその他多くの食材でも横行していることであろう。特に産地表示が不要な外食産業においてその傾向は顕著であり、我々が外食にて口にする食材ほどその可能性は高いであろう。

”国家権力”は、不景気により疲弊している外食産業に対して、通常よりも大幅に安価な卸値にてフクシマ周辺の汚染食材を卸すことを”確信犯”的に黙認しているのである。そして今秋収穫されるコメについて、これと同様のことが全国的に頻発することであろう。国家の一番の財産たる「国民」の健康・生命を危険に晒す今の日本は一体どこに向かっているのであろうか?民(たみ)なくして、果たして国家は存続し得るのであろうか?

「選民思想」に汚染された”国家権力”に与する者が、大きく道を誤っているとしか思えないと強く感じる次第である。
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/193584fa2e8f3c96ab7c1fe37d0940ba
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月15日 09:49:03: oWbillhalg
汚染許可値500ベクレルという時点でアウトだ。

02. 2011年8月15日 10:03:22: CptwSoSGUo
消費者は米にこだわる必要はないんで、パン、うどん、スパゲッティなどの
輸入小麦粉を使った食品を食べればいいと思うけど。

まあ、農家の跡取りとしては非常に困るなあ。


03. 2011年8月15日 10:20:15: oWbillhalg
いずれにしても、大甘な汚染許可値の現状では、個々の袋やパッケージに500以下などというのでなく汚染実測値表示しない限り、東北、関東、甲信越、道央、道東の米は極力避けるのが無難だ。
私の田舎は新潟魚沼の米農家だが田舎の米は食べないことにして味は我慢し宮崎米を買うことにした。スーパーにたまたまあったので買ったのだが、たまたまの入荷で継続入荷しないようなら、送料くらい出しても産地から直接買おうと思っている。
まぁ、家の場合は小家族だし3食米食というわけでもないから、米袋は1週間やそこらで食べ尽くすことはないので日割り計算すれば送料分アップは保険くらいに考えようと思っている。

04. 2011年8月15日 10:26:20: oWbillhalg
汚染許可値100ベクレル以下にし面倒でもベクレル実測表示でもすれば、ここまで見放されることはなかったのにね。

05. 2011年8月15日 10:43:05: oWbillhalg
立て続けのコメントで恐縮だが、農家の残る自衛手段は野菜などでやってる個人生産者の顔入写真入り販売のように、民間衛生検査所等で自分で生産した米を自主検査して100ベクレル以下のを検査値表示して売れば売れるだろう。検査費用や農協ルートの見直しなど手間はかかるかもだが、10や20ベクレルなどの数値が明記されれば飛ぶように売れるかもしれない。検査費用等を価格にやたら上乗せしたらこれまたアウトだが。。

06. 2011年8月15日 10:52:11: FpVPO6YryM
01さんの おっしゃる様に 500ベクレル設定の時点で アウトです。
主食が そんなに汚染されてたら…泣…

07. 2011年8月15日 10:52:44: hvkbydMJj2
100ベクレルが大問題。3・11までの時点で原子炉等規正法によれば、100ベクレルは立派な放射性物質です。食べるどころか保管、搬送等に規制がかかっていたのであるから100は勿論仮令50でも食するには危険が伴うことをご用心あれ。騙されては末代の恥。

08. 2011年8月15日 12:10:30: oWbillhalg
>>07

04、05です。

うん その通り。0.1ベクレルそこそこのレベルが平時と小出氏も言ってるしね。
04,05は放射能が全国各地にバンバン降ってることが隠せない現実では、東北から関東は0,1はもちろん5や10などの値は、関東、東北、道央、道東だけでも数千万〜1億枚もある膨大な田の数からしてとても代表してるなどと言えないたった数千のサンプルだし、しかもそのうち偶然見つけた最も低い1サンプルの値を出すような行政の常套手段である悪質な手を使わない限り、これまでの土壌の数字から見て残念ながらどうみても絶対無理なので、仕方なく100ベクレル以下と書かかざる得なかったというところです。もちろん100が安全なわけはない。危険が500より少ないだけです。


09. 2011年8月15日 13:58:42: ssV8pSUttw
原発の放射能汚染排水の基準は40ベクレル以下よ。

国の基準とは、「安全」だとか「許容できる」とかいうレベル以前だ。
その目的は、汚染実態に合わせて基準を決め、汚染した作物を流通可能にし、
損害賠償を過小評価させ、行政、政治の責任を回避することだろう。
そんな基準に、安全であることが期待出来る訳がない。
案外、たいした影響はないのかもしれないし、深刻な結果をもたらすかもしれない。

でも、原発事故はこれがはじめてではない。どれぐらい規制すればいいかは、ある程度わかってきているはず。にもかかわらず、「コメの基準 500ベクレル以下」。
確信犯だよ。


10. 2011年8月15日 14:33:22: E4bT3Bpr2w
体内に入ったセシウムで病変がおきる危険を認識せよ、ベラルーシからの警告
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/caa4017e4453051f7853bfcc1c60b43c

から抜粋。

(抜粋開始)
心臓血管系等にはどういう影響が出るのか。首都圏と同程度の被曝状況と推測される、放射線管理区域に当たるゴメリ州の子供たちを心電図検査し、心臓の動きに不調があるケースを調べている。これによると、セシウムの平均蓄積量30.32±0.66Bq/kgにあるゴメリの三歳から七歳の子供は蓄積量と心電図に比例関係があった。心室内の伝導不整と心筋代謝不調が原因とする。心筋にセシウムが大量にある場合は、さらに問題で、ゴメリ医大の突然死など四百件あまりの死亡データで、心臓欠陥病を疑われるケースで、心臓域のセシウム137の濃度は高く、136±33.1Bq/kgとなっていて、心筋の不調にセシウムが関与している証拠とバンダジェフスキーは考えている。

腎臓は排出に関与していて、ゴメリ州の子供の死者で調べた平均は、なんと645±134.9Bq/kgだった。肝臓も身体の代謝変化につながる基本器官。ゴメリ州で、急死の場合に肝臓を検査したところ、セシウム137の平均濃度は28.2Bq/kgで、このうち四割に脂肪過多の肝臓病か肝硬変の症状があったという。

女性の生殖系は下垂体、卵巣、子宮のホルモン状態が変化し、卵巣と月経が初期は特に不調になるほど敏感。チェルノブイリの事故の影響を受けた地域で、妊娠可能な女性の身体に入ったセシウムは月経サイクルの不調を招いていて、40Bq/kgを超えるセシウム137は影響があるとみている。濃度が高まるにつれて、女性の健康に影響を及ぼす。生殖器に付属する器官の炎症、月経サイクルの不調、子宮筋腫、さらに不妊。

妊娠した場合は母体内の蓄積は進む。胎児には防御が効いていて、セシウムは入りにくくはなっている。しかし、入った先天的な進化欠損が重要で、汚染地住民の中で増大している。

動物の体内にセシウムが63.35±3.58Bq/kgがあると、中央の神経系の各部位で影響があるという。神経系統は放射線の影響を最初にうける。


11. 2011年8月15日 14:36:17: E4bT3Bpr2w
(10の続き)

体内放射能のレベルが50Bq/kg以上のこどもは体内の器官や系に病理変化があり、心筋はセシウム137が20Bq/kgで記録されたという。
(抜粋終了)

体重30kgの子供の場合、全身で1500Bq以上で体内の器官や系に病理変化があり、心筋なら600Bqということになる。

セシウム137を経口摂取した場合のタイムリミットを計算してみる。

毎日bベクレルのセシウム137を経口摂取した場合、体内のセシウム137のベクレルがXになるまでの所要日数dは

d = -ln(1 - λ・X/b)/λ

λ: ln(2)・(1/Tp + 1/Tb)
Tp: 30.17年(11019.35717日)
Tb: 70日

となるから、所要日数は次表のようになる。

       所要日数
       ------------
摂取量(Bq/日) 600Bq 1500Bq
------------- ----- ------
      6 567.5   ―
      10 91.4   ―
      15 51.0 567.5
      20 35.6 138.1
      25 27.4  91.4
      30 22.3  69.2
      35 18.8  55.9
      40 16.2  47.0
      45 14.3  40.5
      50 12.8  35.6
------------- ----- ------


12. 2011年8月15日 15:04:29: PIOpKwk8b2
JAも、「暫定基準値以下安全」で、国策に沿ったセシウム米消費を勧奨する気です。クレージで愚かな行為に手をかすJA。

13. 2011年8月15日 18:32:57: PgPBMdxElo
目の前の責任追及、損害補償を押さえようと放射能汚染を無かったもの、軽微なものであるという報道が盛んに行われているが、そのことが将来の国民の医療費の爆発的な増大をもたらすものであることを指摘する報道は全く見られない。


14. 2011年8月16日 00:20:18: nl6htXk0og
国民の医療費は、検査代、薬代などへ・・そうして、検査機器メーカー、製薬会社を潤わせると。検査機器メーカーには、原発関連企業あり。薬剤は、アメ企業も絡んだの放射性物質の排出剤やキレート剤かな。やあ、集金システムまでばっちりできてるね。・・ですが、やはり、日本の残留組は米にこだわって、田畑の除染を行うのが土地へのお返しだと思う。

15. 2011年8月16日 10:10:18: 8pgL4Nusqw
医療費増えても国は増税するとか保険料負担を増やすとかすればいいとか思っているのかもしれないが、そんなことにお金を回していたら、国としての力はしぼんでいくだろうに。

今除染の方法や機材の開発研究費などに回せば、世界中に原発や核施設があるかぎり役に立つ、金になる技術や製品になる可能性もある。

それをほったらかしておいて、バカみたいに高い暫定規制値設定したままでは将来病気や障害が増えるだろう。医薬品業界、病院はもうかるかもしれないが、費用を払うのは自費だろうが保険だろうが結局は一般国民。多くの民が苦しみ貧しくなる。若く健康で労働できる国民が減るだけだ。

国民の健康とか国民の安全を守らなきゃ、国の将来は無いだろうに。そんなもの無くてもいいと思っているのかこの国の政治家や役人は。


16. 2011年8月16日 21:11:29: Get9aY0xRA
現在の規制値が子どもも含めて人々の健康を守るために何の役にも立たないという共通認識を国民の認識にすること。
そうすれば実測値の表示を自主的にする生産者・販売者が出てくる。その流れので国として表示を義務付けさせるところまで持っていかなくてはいけない。そしてその値が本当かどうかを調査する民間組織がチェックをする。
生きた民主主義的規制とはそういうものだ。

17. 2011年8月16日 23:22:19: UmcEZUaJps
16>
同感だけれども、それを達成するためにどうしたらいいのかが大切。
実行が伴なわなければ机上の空論だね。誰でも思っている。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧