★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 564.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県内1000人以上の子どもの甲状腺から放射線検出(3月検査)(暗黒夜考)…更に深刻な内部被曝へ進行・政府ら知っていた
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/564.html
投稿者 新世紀人 日時 2011 年 8 月 15 日 11:33:31: uj2zhYZWUUp16
 

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/428f2e1ea0f7b0d9b8b2ee658c8a148f

福島県内1000人以上の子どもの甲状腺から放射線検出 〜チェルノブイリの悪夢が再び〜

2011年08月14日 | Weblog(転載開始)

◆子どもの甲状腺から放射線検出
 8月13日 16時48分 NHKニュース



東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと、福島県内の1000人以上の子どもの甲状腺を調べたところ、およそ半数から放射性ヨウ素による放射線が検出されたことが分かりました。
専門家は
「微量なので、健康に影響が出るとは考えにくいが、念のため継続的な健康管理が必要だ」
としています。

この調査結果は、13日、東京で開かれた日本小児科学会で、広島大学の田代聡教授が報告しました。
田代教授らのグループは、国の対策本部の依頼を受けて、今年3月下旬、福島県いわき市や飯舘村などで、1149人の子どもを対象に甲状腺への被ばく量を調べる検査を行いました。

その結果、およそ半数の子どもの甲状腺から放射性ヨウ素による放射線が検出されたということです。

田代教授によりますと、甲状腺への被ばく量は100ミリシーベルト以上に達した場合に健康に影響が出るとされています。
しかし、今回検出された放射線から換算される甲状腺への被ばく量は、子どもへの影響を最大限に考慮しても、最も多い人で35ミリシーベルトで、「健康に影響が出る値ではない」ということです。

田代教授は
「微量なので将来、甲状腺がんが増えるとは考えにくいが、万が一の場合にも対応できるよう継続的な健康管理が必要だ」
と話しています。

検査の結果は、来週以降、国の対策本部から子どもや保護者に通知されることになっています。

(転載終了)

ついに恐れていたことが現実のものとなった。

今年3月下旬、福島県いわき市・飯舘村などで、1149人の子どもを対象に実施された甲状腺への被曝量検査にて、実に半数の子どもの甲状腺から放射性ヨウ素による放射線が検出されたのである。
最も多い子どもで35ミリシーベルトもの被曝をしているが、専門家とやらのコメントは、案の定、「健康に影響が出る値ではない」とされている。

しかしよく考えてみて欲しい。
この検査が実施されたのは福島原発事故発生直後の今年3月下旬であり、子ども達はその後も長期間被曝し続けているのである。
即ち、福島原発事故が未だ収束せず、放射性物質に汚染された食材を摂取し続けてきた結果、多くの子ども達が、その後、更に深刻な内部被曝をしていることは明らかだということである。

今もし同様の甲状腺検査をおこなえば、間違いなくもっと重度の放射線が検出される子どもが増えることは確実であろう。

何より腹立たしいのは、「何故、今になって漸く3月下旬の検査結果を報じるのか?」ということである。

今回公表された調査結果は、「日本小児科学会」という場でのものであり、政府発表ではない形がとられているが、この調査自体、田代教授らのグループが国の対策本部の依頼を受けて行なったものである事から、早い段階で政府・保安院(官僚)・東電らがこの情報を知っていながら、握りつぶしていたものと考えてよいであろう。

もし仮に、早い段階でこの検査結果をきちんと報告されていたならば、それ以降の無用な被曝はある程度避けられたのではなかろうかと考えると、腹立たしさでいっぱいである。
やはり、国家権力たる政府・官僚らは”鬼畜”同然のろくでなしどもと断じてよいであろう。
こ奴らは、”己の保身”のみを優先して行動し、国民の健康・生命など二の次としか考えていないことが改めて露呈したものと言えるであろう。

同検査の結果は、来週以降、国の対策本部から子どもや保護者に通知されることになっているようであるが、今、保護者や子ども本人は一体どんな気持ちかと考えると怒りの気持ちでいっぱいである。

つい昨日、福島第1原発事故で自主避難した住民ら411世帯が東京電力に対し、総額約12億円の損害賠償請求をおこなったが、福島県の子どもとその保護者の皆さんは、政府・保安院(経産省官僚)・東電ら原発関係者らに対して、即座に刑事訴訟を起こすべきであろう。
こんな輩どもを平然とのさばらしておくなど、断じて許してはならない話である。

(転載開始)
◆福島第1原発事故で自主避難した住民ら411世帯が東京電力に対し、総額約12億円の損害賠償請求
 8月12日 時事通信社

福島第1原発事故で自主避難した住民ら411世帯分の損害賠償請求書を東京電力の担当者に手渡す支援団体の福田健治弁護士(右)。
引っ越し費用や慰謝料など総額約12億円の支払いを求めている=12日、東京都【時事通信社】
(転載終了)


これは何も今回被害にあわれた福島県民にのみならず、日本国民全体の問題として、国民一人一人が我がこととして考えるべき内容である。

「福島原発周辺だけの問題」だと考えている国民がいるのであればそれは大間違いであり、もう既に日本全土が多かれ少なかれ、放射性物質に汚染された食材を通じて内部被曝させられているのが実情である。
セシウム汚染牛問題だけをマスゴミが煽り立て、これをスケープゴートとして、その他多くの食材から国民の目を逸らさんとする”国家権力”の意図にまんまと騙されてはならないのである。

子どもの甲状腺ガン多発という「チェルノブイリの悪夢」が今後ニッポンに襲い掛かることは、悲しいことだがもはや自明であろう。
一連の日本国家による”情報隠蔽”体質をみるにつけ、北朝鮮や中国のそれとまったく同様であり、北朝鮮や中国を「異端の目」でみる日本こそ嘲笑されるべきであろう。
まったく憐れな国である。


(新世紀人コメント)

…早い段階で政府・保安院(官僚)・東電らがこの情報を知っていながら、握りつぶしていたものと考えてよいであろう。

もし仮に、早い段階でこの検査結果をきちんと報告されていたならば、それ以降の無用な被曝はある程度避けられたのではなかろうかと考えると、腹立たしさでいっぱいである。
やはり、国家権力たる政府・官僚らは”鬼畜”同然のろくでなしどもと断じてよいであろう。
こ奴らは、”己の保身”のみを優先して行動し、国民の健康・生命など二の次としか考えていないことが改めて露呈したものと言えるであろう。…

いやはや、まことに終戦の日に向けての皮肉にもお似合い?の 数日前のニュースの有様である。

隠していると具合が悪かったのか? と疑ってしまう。 「そろそろ出そうか」とモジモジと出してきたか?

◎私はここに、一つの疑惑を抱くのである。

「やはり、”生体実験結果を得たいとかんがえて福島県民を子供をはじめとして避難させなかった可能性があるのではないのか。
そしてデータを得る事が出来て、かなり時間を経過してから発表したのではないか。
疎開などの避難処置を取らなかったのは費用がかかることへの心配だけだったのか。
官邸には米国からの原子力関係者の顧問?が常駐していたが、彼はこれ(避難指示)について進言しなかったのか?
むしろ、彼は移動させないようとの進言をした可能性はないのか?
生体実験結果を得たいとの思惑が、米日の権力側に存在した可能性があれば、意図的に避難処置を取らなかった可能性は疑い得るではないか。」

私はかなり前に「生体実験をやられる危険性」を指摘しておいたのだが…?
どうも、日本の皆さんは人がいい方が多いようで…。

放射能を安全と宣伝して自分を自己暗示にかけたい人も居るようで…自己の不安感を打ち消すにはそれは最も有効な手段ではありますからな。いやはや。精神病理学現象であります。
これは戦場で精神異常を起こして再起不能になった将兵が少なからず発生した事と同一の現象です。

今回の事態は、人体の被曝被害データを採取するには絶好の機会ではないですか?
採取したい立場からすればこの機会を逃したくはないでしょう。
そう考えれば、やられる危険性は感知できるでしょう。


菅の間抜け面に騙されていけませんや。彼に隠れて裏では悪魔の科学が蠢いて居るでしょう。

福島県や宮城県の人達、中央政府と背景の居座り占領国は怖いんですよ。仏様然とした微笑みに毒を塗られないよう気をつけてくださいよ。

 2 81 +−

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. BRIAN ENO 2011年8月15日 13:51:57: tZW9Ar4r/Y2EU : vfGGvbPXMg
先ほど、あるテレビ局の番組を観ていたが・・

わが国の原発労働者で
労災認定を受けた労働者は
わずかに10人程度しかおらず、
彼らの認定疾病名は
@白血病
A多発性骨髄腫
B悪性リンパ種

の3種のみ。

さらにおどろくべきことは、

彼らの年換算被ばくの数値である。

ランダムに書くが

10.8
6.8
5.7
48.6
16.7
15.7

一人だけは、20ミリシーベルトを超えているが、
ほとんどが、20ミリシーベルト以下の被ばくである。

原発労働者の被曝と
福島の子どもたちを単純に比較できないが、

番組で村田三郎医師も、
政府の20ミリシーベル決定の
ずさんさを、強烈に批判していたが・・


02. 2011年8月15日 16:06:25: PIOpKwk8b2
EX-SKF 氏のブログに教えられました。
http://ex-skf.blogspot.com/2011/08/decrease-in-white-blood-cells-headache.html
放射線障害の可能性が高いです。
“あゆみ”さんは、仙台の大病院に勤務する看護師です。
>ひどい。 RT @amityworld: 今日福島にいる母から、親戚のお嫁さんが来月出産だったのにお腹の中で突然死していたとゆうのを電話で聞いた。母の周りでは2例目らしい。私は心の中で放射線の影響を考えたが、何も根拠がないので口に出来なかった。なんてやりきれないの…(泣)
https://twitter.com/#!/at3856/status/101423212587520002
>原因不明の白血球低下、頭痛、嘔吐増えてます。既存の診断名つけられて治療しても効果なしのケースうちの病院でもみかけます。もちろん全部放射能の影響というつもりはありませんが、これも事実です。
https://twitter.com/#!/at3856/status/101472030238580736
>患者さん洗髪すると、髪が束になってごっそり抜けます。それを見るたびほんとに怖いです。「なーんで白血球下がってるんだろうなーーー」なんてのんきにいってる場合ですか先生。治療できない人がこれから増えていきますよ。
https://twitter.com/#!/at3856/status/101472727084445696

他に興味深い情報がいっぱい。
https://twitter.com/#!/at3856


03. 2011年8月15日 21:50:56: rmtzigsn5o
ヨウ素131の半減期は8日間。軽く100半減期(80日)以上過ぎてこの状態。
こっそり3月末か4月に誰か測定済みで、マジやべぇ、8月にやるか。つうことで
今回、ご報告いたしました。

04. 2011年8月16日 11:38:10: Get9aY0xRA
人間の被曝の影響は胎児・妊婦さんに、死産や異常分娩等という形で早く現れるというが、一つ一つの事例で被曝の影響を立証することは極めて難しい。
統計をきちんととって公表させる必要がある。ただ、疫学的にに立証されるのも数年後という単位なので、非常に口惜しい。

05. 2011年8月16日 14:27:01: dpp0eXCVak
内部被ばくは東京でも起こっているでしょう!
菅政権が隠した情報を全て公開し
適切な対処をすべき!

福島の放射能がれきの処理について
細野大臣「福島を放射能ガレキの最終処分場にはしない!」と発言
がれきを福島以外で分散して処分し放射能の拡散を目論んでいるのか?

     


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧