★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 570.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第一原発敷地内で「地割れ、水蒸気が噴出している」情報。再爆発の懸念も (木下黄太のブログ) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/570.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 16 日 00:03:40: igsppGRN/E9PQ
 

福島第一原発敷地内で「地割れ、水蒸気が噴出している」情報。再爆発の懸念も
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/26ea73eff5b8b8d698d21dc57d1b10ba?fm=rss
2011-08-15 10:36:30  放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」


 元々、僕に入っていた情報は、8月上旬の話です。夜の九時ごろにおきたこと。福島第一原発の作業員よりつぎの趣旨でメールで情報が地元関係者に届いたという事です。その内容は、「敷地内に​ある地割れから水蒸気が噴出。周りが真っ白になり、作業員が一時退避した。地下で反応しているようだ。風向きでそちらの線量に注意して」​。作業員から自分の知人へ心配して伝えている文脈です。僕としては、この情報の精査を続けていましたが、ようやく、政府内の情報源より「構内の​地面から水蒸気が出ているとは聞いていて懸念している」との話がありました。完全な原因は不明ですが、作業員の情報と中身がかぶりましたので、この情報を公にしました。元々の作業員情報には、格納容器に近い場所で、何箇所か地割れがあって、そこから水蒸気が吹き出てくる状態が、恒常的ではないのですが、おきているということも伝わってきています。さらに、10,000ミリシーベルトの箇所も東電の発表と違い、六ヶ所もあるということも伝えてきています。

 この情報のニュアンスとしては、再爆発への懸念という要素が含ま​れている事も皆さんには、十分に理解していただけると思います。メルトスルーした核燃料の所在が断定でき​ない中で、再爆発への懸念という感覚が、政府内部でも実は存在している​事だけはお伝えします。その背景には、東電、保安院、経産省の不明​瞭な説明が政府内部でも続いているという事です。補足しますが、再爆発の可能性が高まっているというよりも、その懸念が​続いているという事ですから。説明がおかしいと、内部でも納得してい​ない人がいるということです。おかしな事象がおきていれば、さら​にそう思うのは、ある意味当然の事と僕は思います。水蒸気が噴出している現象が、どこまでの危険度を示すものなのか、過去にまるで類例がないだけに、僕にも想定がたちません。

 万が一のことを考えると地下で、何らかの爆発がおきる想定は不可欠ですし、何らかの爆発事象がおきたら、遠方に逃げるしか回避の方法はありません。地下のどのポイントに核燃料があるのかで影響は違います。燃料の所在が不確定なため、とにかく爆発事象がおきたら、地元は極力遠方、風向きと反対側へ逃げることを考えます。首都圏の皆さんは、いち早く西に逃げる。無理なら目張りをして、立てこもるしかありません。逃げられる人は逃げることが最優先です。逃げるための準備、ガソリンを満タンにしておく事などは、ブログを見ている皆さんはいつもそうしていらっしゃると思いますが、確認をしてください。

 もちろん、爆発事象につながらないことを切に願いますが、願っても現実は変化するとは限りません。六十六回目の敗戦記念日にこの話を書きながら、自分の心の中はずっともやもやしています。

「追記」

 問い合わせの多い、港区内の超有名中学校は、具体的には麻布中の情報ではありません。勿論、港区内の学校は多かれ少なかれ、放射性物質に一定量汚染されていますが。僕は都内の、比較的裕福な人々の層が、自分たちの既得権益とそれにまつわる社会的関係を優先して、緊急事態への対応を、早急かつ具体的に実行していないことは、本当に馬鹿げた話だとおもいます。社会的パワーがあるはずなのに、それよりも見栄を優先する感覚は僕には滑稽です。子供の健康や命よりそうしたことを優先する人々を、僕は心の底から軽蔑します。


ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、被曝線量の低い場所に退避すべきだと僕は思います。優先順位は「避難する」ことです。僕はそれしか言う事ありません。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く退避することをすすめます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月16日 00:11:22: qm1sEKIyyQ
常に汲み出さないと、地下水が溢れるような土地に建てた原発だったと思うが
それが地下で気化してるのか?

02. 2011年8月16日 00:47:19: h6cbKB908I
世界ではじめての事例なのに、今燃料は、地下でどのようになってるのか?
一切状況の報道がない。
東電と国は、高濃度汚染を空に海に垂れ流して、爆発でもおきない限りばれない
と信じて知らんふりを決めているにちがいない。

03. 2011年8月16日 01:23:35: XoHB025m6M
>敷地内にある地割れから水蒸気が噴出。周りが真っ白になり、作業員が一時退避した。

そのうち一時退避では済まなくなる。
水蒸気が慢性化し、湧水・間欠泉・温泉が湧くようになる。
マグマがあるところに、水を注入すれば、そうなるだろ。
退避したまま戻れなくなったら終わりだ。

建屋をコンテナで覆う計画は、もう無理だ。
地下ダムも、相当柔軟性のあるエンジニアでないと対応できない。1000億では、予算は全然足りなくなる。囲い込むほど、水蒸気はひどくなる。
人員は完全に足りないが、どうするのだろう。

やはり手のうちようがないまま、放置状態になるのかな。


04. 2011年8月16日 01:47:37: 4GxHq9ub7o
ラドン温泉ならぬウラン&プルト温泉か。
地獄だな。
神話的な事故にするつもりか。
従軍記者はいなのか。
事実をきちんと報道すれば神話や妄想は生まれない。

05. 2011年8月16日 02:48:19: RE24fqItMo
黙示録的な事故なんだよ。むきだしの原子炉がいつまでも放射能を絶賛放出中なんて、人類滅亡に繋がる話だ。国連軍は日本を軍事占領して、全人類を危険にさらす、この日本という国を暫定統治し、フクシマの事故処理をすべき。そしてこの事故の責任者たち(原子力マフィアの連中)を裁判にかけて死刑にすべきだろう。ニュルンベルグのような軍事法廷を設置すべきだ。このままでは何十億人の人々が癌になってしまう。国連の安全保障理事会はこの事実を認識しているのか?さっさと軍事占領すべきだ。

06. 2011年8月16日 04:26:23: iEFwWwZ29c
おお神様、何とかいい方法を教えて解決させてください。犠牲者が増えないことを祈ります。国を挙げて対処できる組織を造らせてください。あれやこれやと見解が混乱して事態を悪化させているのも事実でしょう。一番詳しい情報を得ている所の助けを借りるべきです。天下国家が非常事態と言うのに政府は何をしているのでしょうか。

07. 2011年8月16日 04:37:25: c2HouAgfFE
確かに、日本だけで処理出来る事故ではないし、被害も国内に留まるものではない。補償も、東電という私企業だけで出来るものでもないし、日本という国だけで出来るものでもない。国際的な原子力産業の問題として捉えなければ、どうにもならない。
食糧ひとつ取っても、大人は汚染食品を食べるべきという大先生もいるが、それ以前に、なぜ国際的な援助を求めようとしないのかが分からない。

もはや、どう転んでも、明るい未来など、望めないのだろう。
食べて応援などという小賢しいことをやったところで、少なくとも、東日本の既存産業は壊滅状態になる。

核による事故で、国が国民に対して、明確な情報・指針を出すことはあり得ない。

汚染区域は、放射線の影響で、だんだん人口が減り、いずれ無人地帯になる。
排除するのが簡単にできるくらいに人口が減れば、国が排除することもあるだろう。
そうやって出来た無人地帯が、ようやく放射線管理区域として指定される。
管理区域には、放射性廃棄物の処理プラントが建設され、また一帯は、低レベル放射性廃棄物処分場という埋立地になる。

なしくずし的に、管理区域内に核ゴミ処理・処分場が、だんだん増えていく。
東日本を、世界の核のゴミ捨て場にする「悪魔の20年計画」が、進行中である。

いまだ汚染区域にいる自力で逃げられる若者は逃げた方がいい。束縛の多い大人には、もはや何も言うまい。


08. 2011年8月16日 04:56:08: d1INYqu1to
メルトアウト確定だな。

おそらく崩壊熱なんだろうが、地下水もあることだし、
臨界してしまう可能性はゼロではないだろう。

オクロの天然原子炉の福島バージョンが出現するかもしれないな。


09. 2011年8月16日 08:51:15: vYaTE3dzKU
何トンもの核燃料が地中深くめり込んでいる様な事は人類始まって以来前例が無いだけに今の科学ではどうしようも無い。そこに居るだけでOUT。収束作業何て不可能。
見栄に拘ってないで撤退しろ。今迄無能なりに良くやった。原子力発電とはおさらばだ。

10. 2011年8月16日 09:10:25: Ed4X1QOznU
ジェームズ・ラブロックのガイア理論って
原発推進だから、馬鹿にしていたけど、あながち本当なのかもしれない。

つまり、フクイチがガン細胞で、なんとか押さえ込もうとしているが、
もう既に手遅れということ。

じわじわと福島、関東に広がって地球をむしばんでいく。

地球は一つの生命体。しかし、フクイチというガン細胞によって命を落とすのだ。

ジェームズ・ラブロック自身が実はガン細胞だった。


11. 2011年8月16日 09:11:05: E4rr7SGb1I
細野は今まで、なにをやっていたのだろうか?
現場を何回見に行ったのだろうか?
無駄な仕事を現場の人に命がけでさせておいて
今度は、どんな言い訳をするのだろうか。

12. 2011年8月16日 09:33:36: AKPn8wUrRS
この水蒸気には、厖大な濃度の放射性物質が含まれているのだろう!

汚染水の次は、汚染蒸気か!

日本は、ダメかもしれないね!


13. 2011年8月16日 09:33:45: iQinVlOl1c
これはもう前代未聞の原子炉火山の誕生だ!
原発を推進して来た奴らよ、お前等の罪は重いぞ。
福島全域はおろか東北関東を包み込むであろう巨大原子炉の前で子孫に詫びろ!

14. BRIAN ENO 2011年8月16日 09:57:19: tZW9Ar4r/Y2EU : vfGGvbPXMg
古い情報(7月21日)だが、既出なら失礼・・
以下のような見方もあるようである・・参考までに・・

溶融デブリはどこにあるか?

●私の考えでは、1号から3号まで、異なる状態ではあるものの、
溶融物は、格納容器の底部、その下部の配管などにも、
だらしない形でひっかかっており、また大半は、地下室の汚染水の中に
没したと見ています。

ただし、地下室の底部を突き抜けて、メルトアウトしているとは私は思いません。

巨大な溶融物の「外側だけ」は冷やされているので、
その外側は、地下室のコンクリートの床を熔かす温度にはまだなっていないと思います。

ですから、小出さんが懸念するような、
完全に外へメルトアウトして地下水に接して、爆発する可能性は、
まだ「今のところ」は、回避できていると思っています。


なっちゃった「水棺」状態


●東電は、おそらく地下室に溜まった汚染水の中に、溶融物が落ちたと見て、
そこを「水棺」の代用品にしようとしています。

循環冷却を使って、その地下室から汚染水を汲み上げて、それを戻す
ということを続けるしかありません。

ただし、地下室の壁面や底部に地震による亀裂があれば、そこから
どんどん地下に汚染水は漏れています。

このことは今後も続きますが、
東電は、「遮水壁」を地下に打ち込むという案については、
「予算とは関係なく、その計画は、まだない」と言い切っています。

遮水壁の設置が困難な理由のひとつとして、東電は
「地下配管を避ける必要があるから」、とか言っています。


注水を一時的に止めて
メルトスルーさせろ

●もしも、溶融物がまだ格納容器などにひっかかっている場合には、
一時的に、原子炉への水の注入を全て止めて、わざと高温化させ、
すべての核燃料を溶けるにまかせ、そのまま地下の汚染水の中に落とす、
というのもひとつの手です。

メルトスルーはさせるが、メルトアウトはさせないという「技」です。


●この場合には、水蒸気爆発は起きないとも推測できます。

その理由としては、おそらく溶融物は、一度に大量に地下に落ちず、
ボタボタと少しずつ落ちるからである。

また仮に、かなり大きな体積の溶融物が落ちても、
水が大量にあるために、比率的に考えて、水蒸気爆発は起きず、
水に没したときに大量の放射性物質を含む水蒸気が一時的に出るのみである。


●水蒸気爆発は、大量の溶融物に少量の水が触れたときに起きるものと
思われるので、比率的に見れば、爆発はない。

この点で、私がひとつ気になっているのは、
ガンダーセン博士は、3号は、プールが臨界爆発したと推測していますが、
私は、そうではなくて、実は3号機は「格納容器の水蒸気爆発だったのではないか?」
という可能性を考えています。

事故の初期に既にメルトダウンまたは、メルトスルーしたデブリに対して、
東電が注水をした、その瞬間に水蒸気爆発をしたのかもしれないと思っています。


●では、どうして、同じことが1号と2号に注水したときに起きなかったのか?
という点については、1号と2号は、まだ核燃料が「全部は溶け落ちていない段階」から、
海水を注入できたからです。

その為に、大規模な水蒸気爆発は起きず、溶融したり、冷やされたりを
繰り返しながら、徐々に格納容器の底部まで、溶け落ちたわけです。

しかし、3号機は「注水開始」が間に合わず、燃料がすべて溶け落ちて、
格納容器の下部に大きな塊として溜まっているところへ、冷却のための注水をしてしまい、

その瞬間に水蒸気爆発を起こし、格納容器の蓋も上空へ飛んで、
それが落下してタービン建屋の屋上に穴をあけた、というシナリオです。


●したがって、もしも1号、2号、3号の中で、まだデブリが地下室の
汚染水の中に、「落ちきっていない核燃料」があるとしたら、
東電は、(地下室の汚染水からの「循環式冷却」は動かしたままで)、
いったん注水を止めてみて、溶融物を地下に集めたほうがいいだろう。

そうすれば、汚染水があるおかげで、多少は放射線量も少なくなり、
作業員が作業を出来るようになる。

しかし、もしもまだ、デブリが格納容器や配管等にへばりついているならば、
そこから出ている線量によって、地上階での作業が出来ないからだ。


東電が言わないデータがある

●記者会見の最後に、松本が言う「本日の作業」というのをよく
聞いていると、皆さんは奇妙な事に気づくだろう。

たとえば、原子炉に関するデータの主な項目は、

1−1号から3号までの、原子炉への注水量、

2−1号から3号までの、原子炉圧力や温度

3−1号から4号までの、地下室の汚染水の水位

4−1号から4号までの、使用済み燃料プールの温度


これらのデータの中に、必ず、抜け落ちるデータがあるのである。
たとえば、ある日には、4号の使用済み燃料プールの温度だけが発表されなかったり、
あるときには、ある建屋だけが地下室の水位が発表されなかったりである。


●これについて、東電の言い訳は「線量が高くて計測できなかった」
と言うのだろうが、そもそも、そうしたモニタリングは、
わざわざ、危険を犯してまで人間が行かなくとも、
各種の計測器から、配線なり無線をひけば、制御室の中でモニターできるはずだ。

原子炉や、プールから上がっている蒸気に含まれる線量にしても、
地下水の線量や、水温や、水位など、すべては一度計測機器を
取り付ければ、あとは常に監視できているはずだ。
それにも関わらず、不自然に抜け落ちたデータのままて発表される。

つまり、東電から発表される「今日の作業内容」のデータから、
あるはずのデータが部分的に抜け落ちて発表される場合には、
その部分に、トラブルなどが生じていると読んでいいでしょう。


●このことのひとつの証拠として、最近の記者会見で、
東電の松本は、3号機の使用済み燃料プールの温度を30度から40度
と言ったことがあった。
しかし、原子炉の温度は、言わなかった。

しかし、その日のライブカメラには、
もくもくと、3号機から白煙(水蒸気)が上がっていた。

この季節にあれだけの白煙が上がるということは、その出所の水温は、
最低でも60度から70度以上はあるだろう。

つまり、その時の3号の原子炉の温度(または地下室の汚染水の水温)は、
実は非常に高くなっているということだが、
そういうのは、なぜかその部分のデータを言わずに松本はスルーする。

こんなことが、過去四ヶ月に、繰り返し、何度もありました。


●たとえば、4号機の燃料プールの水温も言わないことがあり、
そういう日は、白煙がもくもくと出ていた日である。

そして数日して、水温が低くなると、これみよがしに、
「今のところ、安定した冷却が出来ております」と言い腐るのである。


つまり、「最も冷却できたときの、優等生的な水温だけ」を発表し、
途中で、水温が乱上下したときの、最高温度を決して発表しない。

本来であれば、原子炉であれ、地下室の汚染水であれ、燃料プールの水温であれ、
一日の間に、最大が何度まで上がり、最低は何度まで下がったかを
発表しなければ、公開データとして意味がないのである。

http://www.mumyouan.com/k/ume.cgi?mode=f&mtu=ume&no=1573


15. 2011年8月16日 10:01:44: B3FrSkvLWQ
 こういう情報が飛び交っている以上、政府、東電は溶融した核燃料の位置(圧力容器内、格納機内、地中)によるケース・シミュレーションを公表するべきだ。最悪の場合を含め、国民にきちんと説明し、可能な限りの対処法を想定しておくべきだ。
 私たちは今の科学がなし得る範囲内での分析と予測を求めている。 
 責任逃れや面子のためのごまかしや情報の秘匿は後世の笑いものになることを知るべし。
 

16. 2011年8月16日 10:28:02: yMx7eAEsns
海水注入で放射性硫黄が飛散=カリフォルニアで観測−米大学
 福島第1原発事故で、原子炉冷却に注入した海水から放射性硫黄が発生し、米カリフォルニア州まで飛散していたとする観測結果を、カリフォルニア大の研究チームが16日までにまとめた。米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
 同大のエアロゾル(浮遊粒子状物質)を観測する施設で3月28日、放射能を帯びた硫黄35を含む硫酸イオンの量が例年平均の約3倍検出された。硫黄35は自然界にも存在しているが、量はわずかという。
 研究チームはシミュレーションなどから、今回検出された硫黄35は、コンクリートポンプ車などで原子炉に注入した海水に含まれる塩素が、中性子と反応して生じたとしている。(2011/08/16)

これは、核反応が起きたことを証明している。臨界や核爆発だ。


17. 2011年8月16日 11:58:27: j8DlsR41DQ
3号機は核爆発したのではないでしょうか。政府は絶対プルトニウムやコバルトの汚染は隠しておきたいのでしょうから絶対言わない。核爆発した時の地震計の波形も確認したほうがいいでしょう。311の地震と津波も水爆爆発の波形ですからヤラセなのは明らかですが絶対に学者は言わない。数千メートルの黒い煙が上がった3号機爆発は核爆発以外には考えられない。

1、2号器地下には空洞ができてマグマのように再臨界してるのは東電も知ってるでしょう。地下を電波探査すれば簡単に確認できるから知ってるでしょう。電波探査の話は出ませんね。なんで地下を探査したのを言わない。変でしょう。

4号機は地震の時は止まっていたし、燃料倉庫の別棟もですが、次々に誘爆していったのですから1器が事故すると他も火がつくから膨大な事故になる。現在止まってる浜岡も燃料棒を抜かないかぎり危ないのではないでしょうか。

東京の汚染は絶対に言わないでしょう。判ってる人だけ避難するしかないですよ。子供だけでも早く逃がす。1、2号機が水蒸気爆発するか4号機が崩壊してから逃げたのでは手遅れです。現在言われている、政府が大阪を副首都にすると発表したら多くが一斉に逃げ出すでしょうから今の時点で早く逃げることです。子供を疎開さすのです。子供は親が助ける。

2011年から世界はニューワールドオーダーに入りました。戦時ですよ。米国でも放射能汚染が始まりますよ。要人は地下に逃げてますよ。


18. 2011年8月16日 12:32:47: DA9isIzP3s
拡散・隠さん・核産!!\(^o^)
非常事態!遂に「飯館村」でプルトニウム大量に検出!(抜粋)
http://the-news.jp/archives/6356

先生は独自で福島県内、原発の敷地前まで行き、土壌、稲藁、水の解析を始められたのです。その論文を見せて頂きました。
この論文は、今、海外の学会で審査にかけられてて、査読中なのです。ですから、詳しいデータや先生のお名前を明かすことができないのです。その論文が学会にアクセプトされるまで(学会誌に掲載のため採用されるまで)二重論文にならないよう、詳しいことは公表できないのです。
その論文の解析結果は恐ろしいものでした。
要点だけ書きます。
ネプツニウム239という物質が飯舘村で福島原発の正門と同程度検出された、というもの。ネプツニウム239、あまり聞いたことないでしょう? これはプルトニウム239の親核種となるのだそうです。

ウラン239→ネプツニウム239→プルトニウム239
とβ崩壊していくのです。

そして、ネプツニウム239の半減期は約2.4日。つまり、ネプツニウム239は2〜3日で半分がプルト君になるのです!
そしてその量の具体的な数字は出せませんが何千Bqという大変な量が検出されているのです。それがいずれ必ず、全てプルトニウムになるのです。


19. 2011年8月16日 12:51:47: oz33FCcPgo
3, 4号機付近が煙っているのは、どう見ても霧には見えない。
これらの画像からしても、水蒸気が地表から噴出しているのは、ほぼ間違いないだろう。

2011.08.07 19:00-20:00
http://www.youtube.com/watch?v=Lo_Q8bq1ZVc

2011.08.07 23:00-00:00
http://www.youtube.com/watch?v=GYkwnxIUcOA&feature=related

2011.08.14 01:00-02:00
http://www.youtube.com/watch?v=IXQ6xGApwek&feature=related


20. 2011年8月16日 13:35:52: F7nVEQPLJY
東京へも福島原発の放射能地獄が波及していないか・?心配です。石原都知事は原発推進派であり核武装を急げという、とんでもないタカ派ですから『大震災は、天罰だと言われても被災地の人は怒らないのですね」都内の放射能汚染をろくろく調べません。なぜ10000箇所ぐらいで放射線の量や食品や水や土壌の放射能汚染を調べないのでしょうか?。生活者の不安をかんじなのでしょう。『一億玉砕戦法」『先制攻撃論者」らと同様に、日本が核武装して米。ロ。中。北朝鮮。などと対峙するつもりなのか、「核による防衛の意思を明示する」ために核武装をとアピールしています。「著書より」。こんな都知事が都民の放射能汚染に興味を示さないのは必然です。時代の預言者、天才的歌人、である、故塚本邦雄氏の短歌一首を原発推進派の国賊たち『産官学や政財界や電事連や電力労連や大手メデいアなど」の頭目は味わうがいい。「さみだれてみだるるみどり原子力発電所は首都の中心に置け」。

21. 2011年8月16日 13:38:45: vYaTE3dzKU
猛烈な水蒸気だ!とても収束作業ができる状態ではない!
おそらく作業は中断しているのではないか。
2011.08.14 11:00-12:00 / ふくいちライブカメラ
http://www.youtube.com/watch?v=wwXXGYPDZUI&feature=player_embedded#at=63

22. 2011年8月16日 14:12:50: A29psqWrVk
国際社会で散々日本政府をたたきながらも、介入しないのが不思議です。
フランスでは、ネットで、「国際規模のチームでふくいちを収束し、政府に見捨てられた国民を助けろ」という署名まで起きているのに。
私も同感。自国民を助けずに利益をとるような政府ならいらない。国際社会がチームを集めて、ふくいちをなんとかコントロールし、日本国民を救ってほしい。
どこかの先進国の管理下でもいい。元日本国民がなんとか穏やかに暮らしていけるなら。
こんな状況にまで追い込んで、国民を見捨てておいて、まだ、原発マネーで潤いたいと、世界さえも危険にさらした奴らには、それなりの償いを。

23. 2011年8月16日 14:17:07: 0nlvepj3EE
東京は、α線を出す核種だけで、放射線管理区域レベルの汚染はありますよ。
公表される可能性は低いので、個人的に、東電の技術系の社員から情報を得るなど、工夫が必要です。

水道水のトリチウム汚染が、今いちばん気になっているのですが、なかなか情報が入手できないです。
たぶんECRRの懸念どおり汚染されてるのでしょうけど。
首都圏でも、風呂に水道水を使ってる人は、経皮浸透による内部被曝をしている可能性があります。


24. 2011年8月16日 15:00:59: LiR04XGoPA
京都大学原子炉実験所小出裕章助教

「福島第一はもっと絶望的な状況にある」

「メルトダウン・メルトスルーの状態で安定的な冷却は出来ない」

「溶けた核燃料であるウランの塊=溶融体が、格納容器の底をも破り、原子炉建屋地下のコンクリートを溶かして地面にめり込んでいるのではないかと考えています。核燃料の炉心部分は、2800℃を超えないと溶けません(現在の温度は高い放射線量のため測定不能)。溶融体の重量は100tにもなります。圧力容器や格納容器の鉄鋼は1500℃程度で溶けてしまいますから、溶融体は原子炉建屋地下の床に落ちているはずです。その一部は地下の床を浸食し、一部は汚染水に流され周囲の壁を溶かしているでしょう」

 これは核燃料が原子炉建屋の外部に直接漏れ出て、周囲に超高濃度の放射性物質を撒き散らす「メルトアウト」と呼ばれる最悪の状態だ。小出氏が続ける。

「もし溶融体が地下水を直撃していれば、いくら循環冷却しても放射性物質の拡散は防ぐことはできません。地下水の流れを止めない限り、周囲の海は汚染され続けるのです。汚染を防ぐためには、原子炉建屋の地下の四方に遮蔽壁を作るしかないでしょう。溶融体や汚染された土壌と、地下水の接触を断つのです」

 原子炉の構造的に見ても、メルトアウトが起きている可能性は高い。解説するのは、元東芝の原子炉格納容器の設計技術者だった後藤政志氏だ。

「圧力容器の鉄鋼の厚さは、十数cmもあります。一方の格納容器の厚さは、20~30mmしかありません。また圧力容器は70気圧にも耐えられるように設計されていますが、格納容器の設定は4気圧です。もし圧力容器を溶かすほどの核燃料が漏れ出たら、格納容器はひとたまりもない。ましてや原子炉建屋地下のコンクリート壁などは単なる覆いであって、超高温の溶融体を防ぐことはできないのです。

 そもそも圧力容器も格納容器も、炉心溶融することを前提に作られていません。すでに設計上、破綻しています。ですからメルトダウンして何の対策も採らなければ、溶融体が圧力容器から格納容器を突き抜け、原子炉建屋地下の床に溶け出てしまうのは時間の問題なのです」

 メルトアウトによって撒き散らされる放射性物質は、より猛毒なものとなる。地下から地表に溢れ出た汚染水の中には、半減期が8日のヨウ素や2年ほどのセシウムなど、水の上部に溜まりやすい軽い放射性物質が多く含まれる。だが地下から漏れ出るのは、半減期が29年ほどのストロンチウムや2万4000年にもなるプルトニウムなどの放射性物質だ。特にプルトニウムは、人体に入ると50年にわたり内臓を破壊し続け、最悪の放射性物質≠ニ言われる。中部大学総合工学研究所教授で、元内閣府原子力委員会専門委員の武田邦彦氏が語る。


25. 2011年8月16日 18:14:13: tJXJJazKUo
管は辞める(辞めさせられる=首)前に福島での罪(飛行機遊覧飛行で東電の作業の邪魔して水素爆発を起こさせた張本人『主犯』)を明確にして起訴しなければならない。東京の人よ検察審査会へ訴えてください。起訴相当x2回で裁判で詳しく
管直盗の犯罪を全公開してもらおう。

26. 2011年8月16日 18:31:27: pjBE7X0sew
小出氏や武田氏がこれほど警鐘をならし、メディアに訴えていても
原発利権や東電マネー欲しさに、日本国民を見殺しにしようとする
政府、東電、メディアに天誅を下すべきだ!!
何としても子供たちを助けないと、日本国民は本当に滅んでしまう!

今、西に逃げている人達が沢山いる。
妻と子供を沖縄に避難させている。
ただ、食料の流通により内部被爆の心配がある。

仮に福島で再臨界や4号機倒壊など最悪な事態が起きても
妻と子供は助かる・・・。
俺は関東在中なので、死を迎えるかもしれないが・・・。

復興、復興と言っている場合ではない!
子供だけでも疎開させろ!!!自分の子供が死んでもいいのか!!!!
5年後、10年後に悔やむことになってもいいのか!!


27. 2011年8月16日 18:59:49: NRvAM7Ti0k
地熱マグマから数千度の高圧水蒸気が出ていると思う
作業員の皆さんには注意してほしいと思う

28. 2011年8月16日 21:39:00: UmcEZUaJps
作業員の方々の気持ちがわからない。下請けの仕事らしいし、金銭的にも
いろいろ噂が、すなわち搾取があるみたいです。戦前の神風特攻隊であれば、お国のためとかで、拒否も出来なかっただろうが、今は東電の正社員を除いては辞められるだろう。なんの為に命を張っているのだろうと思う。戦前の軍人さんであれば、遺族などに現在でも手厚く優遇されているのに、この人たちは名誉も金も付いてこない。遺族にもなにもないだろう。
一番不思議な事だ。

29. 2011年8月16日 22:03:59: InMaNky1UQ
>敷地内にある地割れから水蒸気が噴出。周りが真っ白になり、作業員が一時退避した。


東海アマとほぼ同じ内容。

熱源は溶けた燃料ですかね。


30. 2011年8月16日 22:12:18: QxMGuCyrzp
水蒸気が断続的に発生したとしてメカニズムはどうだろう?
1)燃料が水脈に落ち蒸気が上がるが底まで落ちて一旦冷える
しかし底部は高温で岩盤を溶かしながら落下を続け次の水脈に辿り着く

2)水脈で留まり続けていて蒸気は出し続けているが、上に蓋ができて
圧の逃がし弁のようになっている?

皆さんはどう考えてますか?


31. 2011年8月16日 22:58:56: TovHgSL7Ik
最期の手段、「ロシア製指向性中性子爆弾」で全量反応させる。
運搬手段、ICBM地中貫通型。

その2、「き〜み〜が〜あ〜よ〜お〜は〜・・・」。
これにて、日本国は終了いたします。


32. 2011年8月16日 23:02:24: oz33FCcPgo
>>30
間欠泉のように規則正しく噴出しているのではないだろうが、
そのメカニズムは似ているのかも。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%93%E6%AC%A0%E6%B3%89

33. 2011年8月16日 23:20:07: uY93cotMLO

 日本の原子炉は軽水炉型であり、旧ソ連の黒鉛炉ではないため、チェルノブイリ事故での大火災に伴う大量の放射性物質の環境放出による公衆の高レベル放射線被曝にはならないというこである。しかも、ソ連の原子炉には格納容器がなかった。第二点は、チェルノブイリでは核分裂反応が暴走して爆発したのに対し、福島第一原発では、核分裂反応は制御棒が緊急挿入されたため、自動停止した状態での建屋内の水素爆発であったことである。そのため、運転員などに急性放射線障害はなく死亡者もいなかった。チェルノブイリ事故では、核分裂反応の暴走事故に伴い、運転員や消防士ら129人が重軽傷を負い、そのうち28人が死亡した。こうしたことから、これら二つの核事象の大きな違いが明らかである。

 福島第一原発では、自衛隊ヘリによる空中からの放水に始まる懸命の冷却が続けられた。この時間稼ぎのなかで、炉心の崩壊熱は経過時間の7倍則(7倍の時間が経つと全放射能が10分の1に減る法則)で低下していった。

  放射線防護学研究者談


34. 2011年8月16日 23:22:03: uY93cotMLO

 原子炉の中に制御棒が入ると、核分裂反応は停止します。それ以後、新たな核分裂生成物は生まれません。しかし、燃料棒内にあるそれら核分裂生成物が放射能ですので、放射線、つまりエネルギーを発します。

 福島第一原発では、地震後の15メートルにも高くなった大津波に襲われ、冷却ポンプが故障してしまい、燃料棒の冷却水が足りなくなってしまいました。燃料棒自身が発生する高熱により、ウラン燃料を包んでいた薄い金属の被覆が融けたのです。こうして炉心が溶融したと考えられています。

 福島第一原発の水素爆発は、炉心周辺の水の分解で発生した水素が建屋内に充満して、それが酸素と反応して起こったものです。決して核爆発ではありません。

 核分裂生成物の総放射能は、7倍の時間の経過で10分の1に減衰する法則になっています。停止1分後の総放射能を1とすると、7分後に10分の1、49分後に100分の1、6時間後に1000分の1、40時間後に1万分の1に減衰するのです。ですから、24時間以後に水素爆発したときには、放射能は1000分の1以下に弱まっていたのです。

 核分裂反応が暴走して炉心が爆発したチェルノブイリでは、放射能の減衰の間もなく、環境に莫大な大きさの放射能が噴き出したのです。時間からだけで推定すると、福島の1000倍以上の放射能になるのです。そのためチェルノブイリでは、発電所の運転職員たちが急性放射線障害で死ぬほどの線量を受けたのでした。

 それに対して、福島第一では水素爆発までの24時間以上の間に、炉心内の放射能が1000分の1以下に減衰したので、東電職員たちが危険な線量を受けるリスクが低くなったのです。

 放射線防護学研究者談


35. 2011年8月16日 23:25:03: uY93cotMLO

 福島原発のような日本の原子力発電所が‘核爆発’する可能性はありません。原発事故と核爆弾は全く違うものです。
 核爆弾というのは90%以上という高い濃度に濃縮されたウラン235や金属プルトニウムを、極めて硬質の分厚い金属容器に封入した構造を持っています。

 この‘90%以上’という高濃度が核爆弾には絶対に必要で、ウランをここまで濃縮できる技術を持った国は世界でも多くはありません。だからこそ、時々北朝鮮やイランが高濃度の濃縮ウランの製造に成功した云々というニュースが話題になるのです。

 それに比べて原子力発電所で使用している核燃料ウラン235の濃縮率は3〜5%と低く、この濃度ではどうやったって核爆発を引き起こすことはありません。

 また、原子力発電所の核燃料を覆っている被覆管の厚さは0.6ミリ程度の厚さしかないため、核分裂の連鎖反応が始まってしまったところで、すぐに溶解して核爆発するまでには至らないのです。それに比べて核爆弾は分厚い金属容器で密封されているために、起爆薬に点火した瞬間に、100万℃を超える高温高圧の気化状態になって衝撃波と閃光を発し、周囲を焼き尽くすのです。

 このように原子力発電所と核爆弾は全く違うもので、福島原発の状況がどんなに悪化しても、核爆発は起こりません。だからこそ国際原子力機関(IAEA)は、日本に原子力発電所の建設を認めているのです。

 放射線防護学研究者談


36. 2011年8月16日 23:39:01: UmcEZUaJps
35>
放射線防護学研究者談 のコピー貼り付け

あなたがなにを言いたいのかわかりません、
あなたの意見を書いてください。


37. 2011年8月17日 00:28:28: AEpSXuDD0g
>36に同意。

38. 2011年8月17日 02:28:28: j8DlsR41DQ
確かに原爆は原料が高濃度で、なおかつ樽状の形にして、頑丈な容器につめないといけないというのもありますが、4000メートルの黒い煙が上り現実に核爆発したのですから、原因を考えるべきです。

イスラエルか米国が小型核で爆破したテロか、それとも原発でも状況によって爆発するのかでっしょうね。

それより三菱が研究してる電磁波で核物質を崩壊変移さすことができる装置を使うべきでしょう。ここまできたら総理官邸にいるという日本操縦者の米国人のいう事を聞く必要はないですよ。311の地震波も水爆の地震波だというのが拡散してますよ。地底掘削船地球も水爆を埋め込んでるらしいと評判が悪いですよ。

2チャンネルに書いてあった売国在日政府が自分達の祖国を守るために米国債を買って米国が倒れないようにしているという噂は本当ですか。まあとんでもないとは思うネタですが。日本の政府赤字は殆んどが米国とシナに行った金だというのを読んだのですが真実ですか。真相はわからんが、ネットに書かれている噂ですが、あんた達の親分は米国と日本は潰す予定らしいですがこれって本当なんですか。嘘のガセだと言ってくださいよ。日本が人口減と経済崩壊で潰れたらあんた達の寄生する国が無くなって、シナ国属旗と迎恩門を再び作ってもシナ人に今回も毎度の人口削減をされるかもですよ。可能性がありそうでしょう。無かったらいいですがね。

御免、最近陰謀脳に染まってきて妄想が見えてるわ。妄想がちらついて。ひょっとしたら本当かなと思ってしまうわ。もう寝るわ。妄想。妄想。妄想。病気になったわ。


39. 2011年8月17日 06:29:30: qtkyH3HPEI
もう、何も起こりはしない。

41. 2011年8月17日 09:00:36: xpqRhr8Lm2
気持ちが悪いことは、モクモクやピカピカ現象の原因がわからないことです。

原因がわからなければ、政府や東電が調査すればよいのですが、この現象が起こって1カ月以上経ち、何の発表もないのです。

調査をしているのでしょうか?

どんな調査をして、どんな結果が出ているのかを知りたいですね。

ご存知の方、いらっしゃいますか?



42. 2011年8月17日 09:43:00: vYApJLKLXk
>>33-35
なにこの知恵遅れ談

43. 2011年8月17日 11:15:25: S0iCuTLGS6
放射線防護学研究者談さん、

>このように原子力発電所と核爆弾は全く違うもので、福島原発の状況がどんなに悪化しても、核爆発は起こりません。
…3号機で一度核爆発、他は核爆発し損なってメルトアウトしてしまったから普通に考えればもう起こらない。でも、高熱のまま、地下の高温水蒸気やマントルと接触した場合どうなるかわからない。高温高圧下でどのような現象が起こりうるわからない。

>だからこそ国際原子力機関(IAEA)は、日本に原子力発電所の建設を認めているのです。
…書類そろえてお金を用意して国が申請すればOKでしょ?


44. 恵也 2011年8月17日 14:11:51: cdRlA.6W79UEw : 1oOcRaMsMw
>>14 格納容器の底部、その下部の配管などにも、だらしない形でひっかか
>>  っており、また大半は、地下室の汚染水の中に

この方は構造を間違って理解してるのじゃないかね。
格納容器とは巨大で重たいもので、建物の最地下まで一体物であり
俺が見てる略図では、地下三階の格納容器の下は土で地下室はない。
地下三階から地上五階まで格納容器はぶち抜きで造ってあります。

格納容器内に水が溜まる場所は存在するが、それは地下室とは言えません。
だから格納容器をブチ抜いたらメルトアウトとかチャイナシンドロームというべき。
降り積もった溶融デブリの下部は冷やす事が出来ませんので、、3月14日に
すべての圧力容器が破損したごく短時間後にメルトアウトまで行ってるでしょう。

水棺の可能性があるのは、高熱を発する溶融デブリ周囲を全部冷やせる状態
でありコンクリなどで遮断されてはコンクリの中に流れ込んで行きます。
むしろ格納容器の下5mほどで、地下水に冷やされた状態だろう。

爆発する可能性は低いとは思うけど、完全にゼロになったわけじゃない。
旧ソ連では核廃棄物捨て場で、爆発があったというし何が起こるかはわかりません。
地下での再臨界の可能性もないわけではない。

ーーーー引用開始ーーーー
南ウラルでの1949〜51年の汚染事故と57年の廃棄物爆発事故により住民47万
人がなんらかの影響を受けた。うち5万人は、注意を要する人たち。
(91/1/29 朝日 より)

>> 「予算とは関係なく、その計画は、まだない」と言い切っています。
民主党の馬渕氏が遮水壁を作ろうと頑張ってましたが、東電の抵抗で負けて
首相補佐官の地位を追われてしまいました。

>> 一度に大量に地下に落ちず、ボタボタと少しずつ落ちるからである。
それは甘すぎる。
具体的にどんな状態に溶融デブリがあるかも分からずに、少しずつなんて楽観過ぎ。
俺は3号機爆発を圧力容器からの落下による格納容器内での水蒸気爆発と見てる。
MOX燃料を使っていたために発熱量が大きく、粘度が低かったのだろう。

>>38 確かに原爆は原料が高濃度で、なおかつ樽状の形にして、頑丈な容器
>> につめないといけないというのもありますが

高濃度にするのは、爆弾を小型にするためだろうが、樽状ではなくても頑丈な容器
でなくても爆発はするはず。威力を最大限にするためにはともかく、未成熟核爆発
というものが生じてもフクシマ原発のソバには近寄れなくなる。


45. 2011年8月17日 15:52:21: V2qrNvdZ2g
 3号機爆発が、核爆発であっても、水蒸気爆発であっても、大量のMOX燃料が高度上空まで打ち上げられ日本の広範囲に拡散したという点では、結果は同じ事でしょう。むしろ、水蒸気爆発の方が、燃え切っていない生プルトニウムのまま打ち上げられたことになり、より質(たち)が悪いのではないでしょうか。
 どのシミュレーション研究を見ても、ブラックアウト(全電源喪失)後、遅くとも6時間後にはメルトスルーしてますよね。コンクリートはメルトスルーを前提にした厚さは想定されていませんので、高温に溶融した燃料により容易に浸食されます。
とーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっくの昔にメルトアウトしていたんですね。現実には。
 要するに、爆発の前にメルトアウトしていたんでしょ?
 4月頃の記者会見のテレビ中継で、圧力容器の底に溜まった状態でどうのこうのと言う論説が、今となっては非常に空しく感じます。あんなことで時間稼ぎをしていったい何の意味があったのでしょうか。
 東日本の危機→日本全体の危機→北半球全体の危機→生命体全ての危機。
原発はこの世に「とてつもなく巨大な不死身の悪魔」を作り上げてしまった。にもかかわらず、今だに原発推進派がマスコミでは幅を利かせており、新聞の世論調査でも40%は原発に反対しないことになっている。日本国民にそんなキチガイがたくさんいるとは思えない。間違いなく「情報操作」でしょう。

46. 恵也 2011年8月17日 16:56:02: cdRlA.6W79UEw : Xa6AO1DdkM
>>26 原発利権や東電マネー欲しさに、日本国民を見殺しにしようとする

そら仕方がない。
テレビの大スポンサーにテレビ局が歯向かうわけには行かないでしょう。
テレビの洗脳力は凄いものがある。ヒットラーもラジオで国民を洗脳して無謀な
戦争に突き進んだように、原発マフィアも再度の原発事故に突き進んでる。

>>28 作業員の方々の気持ちがわからない。下請けの仕事らしいし、

親分・子分の関係だよ。
下請け社長にはヤクザ染みた方が多く、浮浪者まで集めて作業員にしてるよ。
仕事が終わればタダ酒を飲まし、親分・子分の人間的関係を築きながら目いっ
ぱい放射線被ばくを親分のためにしてもらうわけだ。

>>33 ソ連の原子炉には格納容器がなかった。

格納容器があるのはマイナス面もある。
核燃料がいつまで経っても、蛇の生殺し状態で終結が難しい。

ソ連の原子炉はその点、空中に放射能を撒き散らしたが蛇を完全に殺せた。
フクシマ事故は生殺しで、いつまでたっても海や空中に死の灰を流し続けます。
どちらが人間にとって良いのか問題がある。

>>35 福島原発の状況がどんなに悪化しても、核爆発は起こりません。

可能性が無いわけではない。
核爆発とは核分裂を起こす事でエネルギーを作りだし、原子炉が爆発する事。
そういえば斑目委員長が「原発の爆発は起こりえません」と断言したのとそっくりだね。
それでアンタは科学者なのか、安全教の信者なのか???


47. 2011年8月17日 18:11:41: TRlvpkEP3A
さすが恵也さま。スカッとすっきり。
論理さわやか。真実とは恵也様の明快で、論理的に美しくあらわされる。
放射線防護学研究者談の人たちの記事は、読むともやもや、ピカピカうそばっかり。放射線防護学研究者談は、読むと気持ちが悪くなる。
しかし、世の中にこのように真実を表現してくれる恵也様のような方がいらっしゃると思うと、うれしい。阿弥陀如来様のように、ありがたく感じる。
きっと、恵也さまは、イケメンで後光が差しているように感じる。
恵也さま。ありがとうございます。

48. 2011年8月17日 18:57:01: DOKCOHVcew
33.34.35.を投稿された方にお願いしたい、是非其の内容を『動画』であなたの顔を出して説明してください、でないとなかなか地獄の淵に置かれた国民は信用しませんよ。

49. 2011年8月17日 21:37:04: OMATootqrg
小出先生のプルサーマル事業とは破綻した核燃料サイクル計画の後始末という見解をお聞きして、急に脳裡に嫌な妄想が浮かんできた。
今から30年ほど前、米ロ(当時はソ連)両国は地球という天体を4回以上も爆破できる双方3万発以上の核弾頭を保有し睨み合っていた。
その後ソ連は崩壊、米ロ間の核軍縮交渉の結果、両国とも急激に弾頭数を減少、とも盛時の1/3以下まで削減させた。
・・・・・・
しかし解体された核兵器からは大量の軍事用プルトニュームが排出される。
それらはいかにして処理されたのか・・・・・
マスゴミは一言も説明しない・・・・
そして米ロ間の核軍縮が進展し始めたころから出て来たのがくだんの「プルサーマル事業」
まさか民生用原子炉内で軍事用プルトニュームを処理するのがこの事業の目的としたら・・・・・
3号機爆発の謎の一部を垣間見たような気がした

50. 2011年8月17日 23:49:04: oz33FCcPgo
ふくいちライブカメラだけど、4号機付近および3号機横排気塔あたりの陽炎が
ますますはっきりと見える。(8/17 23:40)

ランダムな発光も相変わらず。

単なる勘違いというのなら、東電は地面を含めて3、4号機の動画像を公開すべきだ。
それができないなら疑惑を真実だと認めたに等しい。


51. 2011年8月18日 00:03:42: vYaTE3dzKU
↑マジですか?!
iPhoneではLIVE無理なので、ダイジェスト版がようつべから出たら人類史初の原発火山をじっくり見てみます。

52. 2011年8月18日 00:03:47: hMSQ53G7t6
>>50
ばかじゃねえの、おまえ。
夜中に陽炎が見えるのかよ。

それは画質の悪いためにチラチラするノイズだろ?
ここは動画ノイズで馬鹿騒ぎするのな。

ほんっと園児レベルのボケ老集団


53. 2011年8月18日 01:51:57: 7HbPWrsZbc
また在日米軍が何か仕掛けたんだろ。

54. 2011年8月18日 05:03:38: iEe69CTcRQ
こんな状態で東北3県(4県)で国体やってる国はどうかしている。。。

55. 2011年8月18日 08:10:28: bNai5yoGME
52の
hMSQ53G7t6 は自演基地外 キモい!

56. 2011年8月18日 08:23:18: QbXw4a6k0g
> 2011年8月18日 00:03:47: hMSQ53G7t6

>ばかじゃねえの、おまえ。
>夜中に陽炎が見えるのかよ。
>それは画質の悪いためにチラチラするノイズだろ?
>ここは動画ノイズで馬鹿騒ぎするのな。

>ほんっと園児レベルのボケ老集団


プッ

画質?

幼稚園レベルはおめえの方

ここに来る人たちは頭ん中がもっと深いんだよ。
おめえと違ってな。

と書くとエキサイトしてすぐ反論してくるぞ。
おもしろ。


みっともねえやつ。
しかも暇。


57. 2011年8月18日 09:02:39: zeavHX4aUE
@溶けた炉心は地下数千キロ(初日にメルトアース)
A今出てる湯気は使用済み燃料
B原発施設直下での余震はメルトアースのせい

『溶けた炉心東電の管理下にあると絶賛隠蔽中』
という可能性もあると思います。
理由1『じゃあそれなりに冷却が成功したと本気で思っているの!?』
理由2『まだ爆発してない。まだオレ生きてる=木下危機感なさすぎ(失笑)』

反原発派が思っているより事態はヤバくヤバ過ぎて助かった。特にBの余震スルーで議論してた(地元の東京の汚染以外興味なしだった)のがバレてカッコ悪いと今思っている・・・と考えると辻褄あいます。

木下、小出は東北民からすると危機感なさすぎだわ。


58. 2011年8月18日 09:25:26: agPFnvlw8U
>放射線防護学研究者さま

特に34のコメントに対してですが、
事故が起こる前から思っていたのですが、
沸騰水型原子炉の制御棒の構造って非常時に対して少しおかしくないですか?
あれって動力炉を用いて下から上に差し込むタイプですから、
もしもこの動力装置が破損していたならば、
制御棒は挿入できないことになります。
『一定時間通電していたからそれは問題ない』
とのご意見もありそうですが、
動力装置自体が地震によって破損していたという可能性は否定できません。
(誰もこれを確認できないのですから)

加圧水炉型原子炉の場合は、
最悪、挿入装置が破損していたとしても重力で挿入できるように思います。
(厳密に確認したわけではないですが、理屈上ではそう思う)

ですから、
放射線防護学研究者様は『制御棒は挿入された』とお考えのようですが、
私は『中途半端に挿入された』のではないかと考えています。
このように考えてみると、
その後の状況の辻褄が合ってくるような気がしています。>>46 恵也さま
この『放射線防護学研究者』さまは研究者ですよ。
まぁ、御用学者かと聞かれると『どうかな?』と感じますが、
十中八九間違いなく『あの方』だとは思います。
なんて言いますか、色々な考えがあっていいのではないでしょうか?

ただし、
今『安全論』を言いまくっている専門家の方々、
今後十年以内に発がん率に関する優位な地域格差が出た時、
一体どうなされるのでしょうか?
事故直後に『原発は安心です、何も問題ありません』と言いまくっていた専門家の方々と同じように、
何も仰られなくなるのでしょうか?


59. 2011年8月18日 09:47:45: zeavHX4aUE
>>58
下から先に溶けたら、圧力容器の圧力で溶けた炉心は高温高圧により発射されると思います。容器下部すべてが溶けるまで留まる道理がありません。
3号機の爆発と同等以上の力が地下方向にかかったはずです。

コンクリの方が圧力容器より強靭で跳ね返したのでない限り。

メルトアースしてれば、
@直下の余震の説明がつく
A結果オーライで福島の危険度が下がる
ゆえに「地下に突き抜けていて欲しいけど・・・」という発言が人情としてあってしかるべき。
結論「施設直下の余震は天文学的偶然」という発言がないのはおかしい。
辻褄がきにならないのはおかしい。
ないということはそうであっては(福島の危険度が下がっては)困るからじゃないでしょうか?


60. 2011年8月18日 11:34:12: V2qrNvdZ2g
格納容器の気密性は失われているので、再爆発の可能性はないと考えます。むしろ、地割れがどんどん至る所まで拡がり、水蒸気や黒煙を発生する量や面積が増して、福島第1の敷地全体が白や灰色のスモッグで被われた異様な世界=「この世の生き地獄」=「この世と地獄を結ぶゲート」が出現するかもしれません。要するに、高濃度の放射性物質を多量に、何百年も出し続ける地帯が誕生するのです。当然ながら高線量の放射線が出ていますので、人が近寄れないので放置されざるを得ません。
忘れてならないのは、情報が全くシャットアウトされている5号機、6号機と共用プールの状態です。伏兵が、想定外のことをしでかすかもしれません。

61. 2011年8月18日 13:34:30: iQinVlOl1c
共用プールは既に主力レギュラーでしょ(笑)

62. 2011年8月18日 17:18:12: d1INYqu1to
Cracked Fukushima: Radioactive steam escapes danger zone
http://www.youtube.com/watch?v=fimRJocH_90

Workers at Japan's Fukushima plant say the ground under the facility is cracking and radioactive steam is escaping through the cracks. The cooling system at the plant failed after the devastating tsunami hit Japan in March, sparking a nuclear crisis. But new evidence suggests that Fukushima reactors were doomed to cripple even before the massive wave reached them. RT's Anissa Naouai talks to Dr. Robert Jacobs, a Professor at the Hiroshima Peace Institute.
RT on Twitter:
http://twitter.com/RT_com
RT on Facebook:
http://www.facebook.com/RTnews


63. 2011年8月18日 22:15:11: agPFnvlw8U
>59さま

58です。
仰られる意味がよく理解できないのですが、
私としてはごく単純に、
『挿入装置が地震によって故障、よって適正位置まで制御棒が挿入されなかった(かも)』
ということが言いたかったのです。
(あくまでも可能性として、ですが)
40年前の地震を考慮してない(と思われる)装置ということで、
そういう可能性もあるのではないか、と。

したがってこの場合は、
上から被覆管が破れて溶けると思います。

ま、
本題としては放射線防護学研究者様の仰られる
『制御棒ありき』
のご意見に
『そう断言はできない』
と言いたかっただけで、
お気を悪くなされないように。。。


64. 2011年8月18日 22:18:51: gKatIlkFsQ
>>60
もちろんその可能性もありますが、「この世の地獄」は使用済み燃料によるものだけで炉心は地下深くでもう安心ということもあり得るかと。
そうすると木下氏のように
「除洗すれば住めるんじゃ」×「費用かかるから福島の除洗はNG」
などという話になります。法的根拠ないし勝手に法ねじまげちゃダメでしょ。

大規模爆発をあおりつつ、爆発はないという状況が心地よいのか、って思うわ。

この世の地獄って、あの状況で計画停電クーデター起こした東京の方でしょ?
施設直下の余震スルーな専門家、マスコミ=原始人の住んでる東京のことでしょ?
これからくる世界同時国家破産でしょ?
そんなん原発事故なくても来るの決まってたんだし。3/11からず〜っと爆発の恐れはあってずっと地獄なの。
「余震ピーク越えたし大規模爆発はないといいなあ」くらいが常識的じゃね?
今。つじつまあう過程はそれしかないし。

むろんコンクリの上にあんこ状という可能性もあります。すべての可能性はかんがえるべき。
ただ「地下水に触れると爆発する」と「どういう物理現象であんこ状に?」の矛盾がわからない。


65. 2011年8月18日 22:29:15: gKatIlkFsQ
>>63
すみません。
炉心は既に地下深くなら結果オーライで助かるかもというのは「ただの願望」ですから、気にせずに。

合理的に考えてコンクリの上にある可能性が高い・・・ということであれば、そうなんでしょう。
ただ誰もその「設定」の合理性を検証しないのが意味わからないだけですので。

素人は施設直下の余震あれば、再臨界爆発したか、地下水と触れて爆発したか、地殻壊れたかと思ってしまいます。確か「3/12,13のどちらかの朝方震度4くらい」だたっと思います。他の余震と違い横揺れのない縦揺れ一発だけでした。


66. 2011年8月18日 23:26:49: oz33FCcPgo
ふくいちライブカメラだけれど、今宵も盛大にモクモクです。(2011/8/18 23:20)
3号機横の排気塔からあたりから出て広がっています。

霧なら全体に広がるはずですが、画面右端には煙はありません。
もちろんカメラのノイズではありません。

いよいよ福一プルト温泉誕生か?


67. 2011年8月19日 02:32:56: gKatIlkFsQ
「炉心は地下深く? 根拠@当日真下で余震があったAまだ生きてる」

この小学生の作文がいちばん辻褄が合うってどうなんだろう。
この話するとレス止まるし。
偉い専門家の人なら一蹴出来る情報持ってそうなもんなのに。
これはオレ当たり引いたかもしんない。


68. 2011年8月19日 08:21:22: agPFnvlw8U
58です。

ちょっとわき道にそれたごくごく単純な感想ですが、
『放射線防護研究者』さまは相変わらず書き込みっぱなしで、
その後の会話に加わろうとはしませんね。
別のスレでは『質問』もあったのに、
それに対する回答はあったのでしょうか?
都合が悪くなると何もコメントしないというのは、
311から今までの『専門家』と言われる方々の態度と同じですし、
我々一般人の不信感もぬぐえないと思うのですがね?

ここまで不信感が募ってくると、
『理屈』ではなかなか納得できないと思います。
この文面を読んでいただけると幸いなのですが、
それによって不愉快になられましたらご容赦願いたいと存じます。


69. 恵也 2011年8月19日 09:27:19: cdRlA.6W79UEw : 3kuS7IILtE
>>49 民生用原子炉内で軍事用プルトニュームを処理するのがこの事業の目的

俺が読んでる範囲では、民生用原発でプルトニウムを外国では燃やしてます。
ただし日本みたいに大量の割合ではなく、ごく少量。

ウラン燃料と違いプルトニウム燃料は高放射線を出すために危険で、人が近づけず
運送や装荷の段階で、燃料として使うのには非常に不向き。

ーーーー引用開始ーーーー
プルトニウム入り燃料(MOX)は、ウラン燃料にくらべて

1、放射線も熱量も大きい。(→燃料製造・輸送・装荷時に遮断が必要)

2、熱伝導度が下がる。(→事故時に燃料溶融の危険が高くなる)

3、融点が低くなる。(→事故時に燃料棒内部の圧力が高くなる)

4、気体状の放射能が増える。(→燃料棒内部の圧力が高くなる)

5、中性子が増える。(→炉内壁などが傷みやすくなる)

6、中性子と反応しやすい。(→発熱量が大きくなり炉内出力にムラができる)

7、制御棒のききめが悪くなる。(→とっさの際の急ブレーキがにぶくなる)

8、使用済み燃料の発熱量が減りにくい。(→長期間プールで水冷が必要に)
(プルサーマル:福島原発は実験台だ!!  より)

>>57 特にBの余震スルーで議論してた(地元の東京の汚染以外興味なしだった)

確かにあなたがいう通りに、福島原発の真下でよく余震が起こってる。
そのたびに心配はしてるが、心配しても屁のツッパリにもならん。
役に立つ心配ならしてもいいけど、危機感を煽るだけの話じゃ・・・・

>>58 私は『中途半端に挿入された』のではないかと考えています

俺もこの可能性はあると見てる。
3機の原発が運転中に停止したのに、24時間後、70時間後、90時間後と
地震後の爆発までの時間のずれを説明しにくい。

1号機の24時間後というのは、冷却配管の破損が大きかったと思ってたが制御棒
の挿入が完全に出来なかった可能性もある。

制御棒は4mの長さのあるもの。地震のショックで少しでも曲がったら挿入は無理。
アメリカで起こった軍事用の原子炉SL−1事故では、制御棒が抜けず無理やり
抜いて、作業員が天井に串刺しになり核暴走したことがあります。

>>60 「この世と地獄を結ぶゲート」が出現するかもしれません。

プルトニウムとは地獄の王様が語源。
偶然とはいえ上手な命名をしたものだ!

>>66 霧なら全体に広がるはずですが、画面右端には煙はありません。

霧は全体に確実に広がるものではない。
その部分の温度や湿度、風など複雑な条件で生じるもので、山登りしたらよく判る
けど極一部分で霧が生じることはよくあります。


70. 2011年8月19日 11:25:35: 4avKPofclI
>>69
>>57ですが間違いです。
直下の地震は初期にあったので、炉心のメルトスルーが原因ならむしろ安全になってます。地下深く潜っていってるんだから。
逆に、
@安全を煽ってはいけないので
Aメルトスルー地下深くの場合東電は隠蔽するだろうが
B1%でもコンクリ状に残っている可能性があるなら(使用済み燃料の問題もあるので)、念のため冷却続行するべき
Cまことに残念ながら・・・直下の地震は天文学的偶然かも知れないので
・・・というのが正解。

爆発的事象の可能性は3/11からずっとあったしこれからもずっとあるの。
むしろ助かる可能性はメルトスルーで地下深く(オレは勝手にメルトアースって言ってますが)が一番安心できる。
ここまでは数学的事実。誰も否定できない事実。
(この話を冒頭にしてないのは=傷害罪だね)

だからといって真実はわからない。あくまで上記の前提でその上で合理的な危機の可能性を語るべき。


71. 2011年8月19日 12:37:28: oz33FCcPgo
1号機に遮蔽シートで覆う工事だが、ちっとも進んでいるように見えない。
ひょっとして、放射性水蒸気の噴出で、そばに近寄れないんじゃないか?

72. 2011年8月19日 19:20:41: oz33FCcPgo
作業ができないのではと懸念していたら、RT.comでDr. Robert Jacobsが
同じようなことを言っていた。

ざっと訳すと以下の通り。

http://www.youtube.com/watch?v=fimRJocH_90

7/31と8/12の2度の地震で、地下の配管か何かが破壊され、汚染水が土壌に流出し、
地震で出来た割れ目から地表に漏れているらしい。非常に深刻だ。
予想しなかった所から噴出しており、現場では作業がしにくくなっている。
溶融燃料が地下に降下している徴候だ。

マグニチュード8に耐えられるよう設計されているが、9以上の地震はあり得る。
津波が来る前に1号機はメルト・ダウンを始めたという有力な証拠がある。
他の原発の耐震設計も疑問だ。

溶融燃料は格納容器の底に落ちている。
温度や水圧、線量が下がったのは溶融燃料が下へ移動したから。

自然災害はときとして我々の対処できる能力をはるかに超えてしまう。
原発が機能的には大丈夫でも、そういった災害に耐えられるかが問題。


73. 2011年8月19日 21:17:44: ZlcRhop5bE
>>72
余震で循環系が壊れるなんて当たり前。
想定してないのが頭おかしいだけです。
今壊れてなくてもいずれ壊れる。
ゆえに溶融炉心が東電の管理下(格納容器〜コンクリの間)にあるならどっちみちダメ。
使用済み燃料に起因する蒸気なら想定内。
作業できるかは線量次第。これで明らかになるっしょ。

溶融燃料がまだ格納容器〜コンクリの間にあるという根拠がわかりません。教えていただけると助かります。
>津波が来る前に1号機はメルト・ダウンを始めたという有力な証拠がある。
→ならコンクリ突き抜けて潜る→地下水が爆発(余震)のが納得いきますが。
(ちなみにアンコ状の超物質に溶融炉心が包まれ冷却水の中にあるという小出説がそもそも物理現象として「?」)
>>72さんの言い分だと初期に直下であった余震は偶然ということでいいですね。

木下ブログで爆発説テコ入れしてますが3/11〜今日までの間に『1秒でもその心配をしてない瞬間』があるならそいつはアホです。
(ただ地割れの下に何かあるのは当然なので悪い情報じゃないです。問題は溶融炉心か使用済み燃料どっちに起因するか)
これまで爆発してないことを根拠に、炉心は既に地下深く=地割れからの水蒸気は使用済み燃料によるもの・・・であることを祈るのみ。


74. 2011年8月19日 23:27:09: oz33FCcPgo
>>73
>溶融燃料がまだ格納容器〜コンクリの間にあるという根拠がわかりません。

確たる証拠がないので、Dr.Jacobsは貫通したと言わなかったのでしょう。

高濃度の汚染水が蒸気となって噴出しているとすれば、
敷地内の汚染もひどくなり、非常に深刻だと思います。

どこから噴出するかわからないとしたら、地下ダムの建設も非常に困難でしょう。

東電は敷地内の線量が爆発当時に比べて下がった云々と発表していますが、
目くらましですね。

作業ができない極めて深刻な状況に陥っているのではないでしょうか?


75. 2011年8月19日 23:35:46: vkcNJwrLkU
木下ブログ続報について。以下引用

僕がこの山川さんの作家としてのすさまじい直感を受けて、僕が言えることの限界を、一言、書いておく。

「再爆発の懸念を抱えているのは政府最高首脳」

懸念が現実にならないことを祈る。

上記について感想
@もう8月。今まで懸念抱えてない方が狂っている
Aもう8月。にも関わらずまだ爆発してない(メリトアウトで結果オーライで助かった可能性が高まってきている)
B同ブログでの「東京の除洗はいい除洗。福島の除洗は費用の問題でNG」発言について。これは法律無視のテロ行為なので『政府最高首脳』に言ってないことを祈る。ブログで口がすべるのはあるので許そう。
C作家としての直感・・・それは作文。その作文の次は「本当に地下深く潜ってないのか?」となるのが自然。ゆえにこの作文は賞味期限切れ。
(かといって爆発の可能性はある。事実は誰もわからないのだから当然警戒はすべき)


76. 2011年8月20日 08:52:04: IIZVAcLoOY
敷地内のモニタリング情報に大きなブレが無いのに水蒸気だ何だと
皆好きですねー。

コンクリートの基礎がものすごい厚さであり、さらに地下に水が溜まってる
ことから地下水に炉心が落ちたという情報は嘘だね。

小出さんの意見は極端すぎ。純粋なセシウム137が2グラムでだいたい10s/hの
強さ。高濃度汚染水の水蒸気があちこちで噴出してたら
とても現場で作業はできないよ。。。

妄想オナニー危険あおり知ったか忠さん達、乙ですね。


77. 2011年8月20日 09:33:59: sJDEzphgJM
>>76
そんなにぶ厚いんですか。それは設計ミスでしょうw

ただ穴の大きさにもよると思います。数10センチくらいならその後の余震でふさがるし、地下に水がたまってるからというのは弱いです。
直系数10センチ程度で高圧で噴射された場合どうなりますかね?
(イメージは1,3号機の爆発と同等で地下方向。直系小さい)
専門の人の話を伺えたら。

いずれにしろ最近になってコンクリ抜いたというのはちょっと、抜けるなら初期かと。


78. 2011年8月20日 13:56:48: hVpNEt6f7I

 福島の核事象では、広範囲に顕著な量の放射性物質が飛散したが、原子力施設職員たちに急性死亡は1人もいないばかりか、直後から5月の時点までに急性放射線障害すら1人もいない低線量事象である。もちろん、福島県民にも急性放射線障害はない。これは水素爆発はあったものの、圧力容器および格納容器は閉じ込め機能をかなり保持していた証拠でもある。

 東北女川原子力発電所と東京電力福島第一・第二原子力発電所も、震度6で揺さぶられると同時に大津波に襲われた。しかし、その時に稼働していた全ての原子炉は、P波(大震動となるS波の前に到達する第一波の弱い振動)を検知し自動停止した。

 福島第二原子力発電所と女川原子力発電所は、原子炉の冷却にも成功し、全体の安全は保たれた。日本の軽水炉技術の高い耐震性能が証明されたのである。

 しかし福島第一原発では、巨大津波による冷却機能を喪失、炉心が高温となり、地震発生の翌日12日に1号機、その後に3号機で水素爆発が起こってしまった。施設周辺環境へ放射性物質が漏洩したため、福島第一原発から半径20キロメートル圏内が避難区域に指定された。

 ここでまず最初に確認しておくべきことは、日本の原子炉は軽水炉型であり、旧ソ連の黒鉛炉ではないため、チェルノブイリ事故での大火災に伴う大量の放射性物質の環境放出による公衆の高レベル放射線被曝にはならないというこである。しかも、ソ連の原子炉には格納容器がなかった。第二点は、チェルノブイリでは核分裂反応が暴走して爆発したのに対し、福島第一原発では、核分裂反応は制御棒が緊急挿入されたため、自動停止した状態での建屋内の水素爆発であったことである。そのため、運転員などに急性放射線障害はなく死亡者もいなかった。チェルノブイリ事故では、核分裂反応の暴走事故に伴い、運転員や消防士ら129人が重軽傷を負い、そのうち28人が死亡した。こうしたことから、これら二つの核事象の大きな違いが明らかである。

 放射線防護学研究者談


79. 2011年8月20日 22:49:56: ShG7mDvCnA
>>78
だから低線量なのは溶融炉心がコンクリ突き抜け地下に行ってるからじゃないの?

抜けてたとしたらむしろ安全が高まるんだから言っていいはず(初期は地下水と触れて水蒸気爆発・・・も怖かったけど、今はもう余震が被害のない範囲に収まった)

『例えば直系30CM×温度×圧力容器の圧力』

これでどのくらいコンクリ溶かすか計算出来るっしょ。
(直径が小さいほど、圧力が高いほど深くコンクリを溶かす)
それでもコンクリの厚さゆえに突き抜けない・・・という数字を出せば、なるほど冷却に成功していると評価せざるをえない。
@炉心が地下深くなら地元の人はいくらか安心
A残念だがコンクリ状にあるらしい・・・となっても「この5ヶ月冷却に成功してた」という結果は認めざるを得ない。

どっちにしても世論に好感を持たれる『広報』を何故出来ないのかということだ。
意味がわからん。


80. 2011年8月20日 23:24:16: oz33FCcPgo
ふくいちライブカメラ映像も早回しにすると煙の動きがよくわかる。
これは20倍速。
http://www.youtube.com/watch?v=RstudYQxKHc

どうみても霧ではない。
循環冷却で燃料プールの水温は40度前後に下がったはずだが、
その温度でこんなに大量の湯気が出るわけはない。
おそらくプールの循環冷却系はうまく動いているのだろう。

となると溶融燃料に触れた冷却水が高温になって外に漏れている可能性大。
建屋から直接流れ出ているか、地下から割れ目を通って噴き出しているか。

いずれにせよ大変なことだ。


81. 2011年8月21日 03:09:14: slVn2SaL8o
>>80
意味わからない。
何かしら漏れてる可能性大じゃなくって、確定事項。
放射性物質が『密封されてない』状態で存在するのはあたりまえじゃん。
それが@コンクリの上A地下B地下深くのどこかにある。
むしろ『お湯の中』にあって湯気出てるっていうのは、いい情報でしょう?
少なくともむき出しじゃないんだからw

氷入れたりジャバジャバ水ぶっかけて海に放出したら湯気出ないかもしれない。
空冷なら湯気でないかもしれない。
そこは汚染の少ない方選ぶべきじゃないの?
ふくいちライブカメラの価値は爆発するかしないかだけだろ。



82. 2011年8月21日 03:45:21: oz33FCcPgo
>>81
私が懸念しているのは、汚染水が敷地表面に出てきてしまっていること。
建屋の中ではもちろん漏れまくりだが、内部にとどまってくれれば何とかなる。

地表に出てきてしまうともう近寄ることができない。作業ができない。
どんどん出てくるから除染も難しい。

こうなると遮蔽シートで覆うことも地下ダムを作るのも難しいだろう。

地下深く掘ったら、いきなり高温高濃度の汚染水がドバッと噴き出して来るんじゃないか?
そうなるともう手がつけられない。


83. 2011年8月21日 09:21:25: vbXQeap8GQ
>>82
なるほど。

コンクリの上、コンクリの下、さらに地下深く

それぞれすべてのケースを想定しつつ、今重点おいてる対策はこれという広報があってしかるべきだった。
政府、東電が無能ということ。
建屋内部に留まってたら・・・というのは無能じゃない前提だと思う。
これだけ無能な者の管理下で冷却されてる方がオレは逆に怖い。

(コンクリ抜く場合は、初期に抜け、それで直下の余震があったと考えるのが自然なので逆に安全だと思う)

抜けたと思っている根拠は>>79
東電の教育ビデオでは床が全部均質に抜けてるがそんなことは起こりえない。圧力容器内部の高圧×温度×直径でないと。
これを直径30CMでシュミレーションした数字が出て、それでも明らかにコンクリ内に留まるという結果だったら主張を引っ込める。


84. 2011年8月24日 19:55:35: qZuxCp7kX2
アメリカが仕組んだ「恐怖のフクシマ・ショー」じゃん。
あほらしい。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧