★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 580.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
youtube上のビデオ「世界は恐怖する 死の灰の正体」に見るインターネット上の情報コントロール
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/580.html
投稿者 taked4700 日時 2011 年 8 月 16 日 13:57:14: 9XFNe/BiX575U
 


youtube上のビデオ「世界は恐怖する 死の灰の正体」に見るインターネット上の情報コントロール

http://red.ap.teacup.com/kysei4/427.html に、「世界は恐怖する 死の灰の正体」の映画のチラシの画像がある。それによると映画は80分の作品だ。また、このURLからyoutubeにリンクが貼られていて、「世界は恐怖する 死の灰の正体」の一部、9分ほどのものが1と2として合計18分程度見ることが出来る。この短いビデオを見て気が付いたことが二つある。
1.明らかにあまりインパクトのない部分だけを集めてあると言うこと。下に引用するあらすじから見ても小頭症の子供というのはどちらかというと奇形というより知的障害であり、映像からはあまり放射能の影響の深刻さが伝わってこない。
2.ビデオ中で若い人のデート現場として紹介されている東京の宮城前というのは皇居外苑のことの様子だ。そこでのストロンチウム、セシウムの検出というのは、実を言うとほとんど気が付いていなかった。広島原爆や長崎原爆の影響、そして、当時盛んに行われていた大気中での核実験のせいでかなり東京も、そして関東地方も汚染されていたと言うことだ。この短くされたビデオでは奇形児のことが小頭症以外触れられていないが、「無脳児、単眼児などの奇形児」と下に引用したあらすじにはある。このビデオだけを見ていると、影響はあまりなかったのだと思ってしまうが、どうやら情報統制が行われた結果、そう思い込まされているだけのことのようだ。

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD18705/story.html より引用:
作品解説・紹介 - 世界は恐怖する 死の灰の正体
リンクするには

「生きていてよかった」「流血の記録 砂川」(編集)の亀井文夫が、原水爆実験が生み出す“死の灰”の恐るべき実体を伝え、全世界の良心に訴える長篇記録映画。各大学、研究所の多くの科学者の協力により完成されたもの。解説は亀井文夫戦前の名作「信濃風土記・小林一茶」で組んだことのある徳川夢声。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

解説 - 世界は恐怖する 死の灰の正体
「生きていてよかった」「流血の記録 砂川」(編集)の亀井文夫が、原水爆実験が生み出す“死の灰”の恐るべき実体を伝え、全世界の良心に訴える長篇記録映画。各大学、研究所の多くの科学者の協力により完成されたもの。解説は亀井文夫戦前の名作「信濃風土記・小林一茶」で組んだことのある徳川夢声。

あらすじ - 世界は恐怖する 死の灰の正体
清らかな水の中で熱帯魚ブルー・グラーミーが、自分たちの生命を子孫に分け与えるため美しい性の営みをつづけている。だが−−。これの営みの上に暗い影を投げる“死の灰”、二十世紀科学が生んだ原子力は、一歩誤…
>>『世界は恐怖する 死の灰の正体』あらすじ全文

※ストーリーの結末が記載されていることがあります。ご注意ください

清らかな水の中で熱帯魚ブルー・グラーミーが、自分たちの生命を子孫に分け与えるため美しい性の営みをつづけている。だが−−。これの営みの上に暗い影を投げる“死の灰”、二十世紀科学が生んだ原子力は、一歩誤まれば人類を絶滅にみちびく悪魔の化身となりかねないのだ。朝、元気にラジオ体操をする子供たちの大きな深呼吸とともに、またはチリや雨水にまじって田、畑の土に、稲に野菜に牛乳に……、そして人体に“死の灰”は、しのび込む。“死の灰”−−ストロンチウム90を、飲んだネズミは、肺に流し込まれた兎は、骨にたまり骨ガンや白血病をひき起す。死んだ人の骨を焼いてみると成人より幼児に多いという。広島で原爆にあった四十三歳の婦人のケロイドがガンに変った。放射線ガンの潜伏期間は七年から二十五年という。しかも、もっと恐ろしいのは放射線を浴びた親から生れる子供である。ショウジョウバエ、金魚を使っての実験が無気味につづく。広島、長崎の被爆した母親からの死産児や生れた後死亡した無脳児、単眼児などの奇形児たち。更に、知脳が全く発達しない“小頭児”と、驚くべき事実が紹介される。そしてこの“死の灰”は、若い男女が青春を謳歌する宮城前広場からも、気球や飛行機の飛ぶ高空にも満ち満ちている。「“死の灰”は人災である。人間がその気になれば……」。いますぐ実験を止めても、十年は増加の一途、六十年後はじめて今と同じ量になる、作者はこう結んでいる。

以上引用終わり。

*6月8日の記事「近づく戦争・テロ社会、これらの動きを止めるべきでは?」から一連番号を付しています。<<633>>  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2011年8月16日 22:11:14: 9XFNe/BiX575U : 3ctwEOKH8Y
世界は恐怖する 死の灰の正体/亀井文夫監督特集上映会 予告編 2011年8月27日(土)江東区 森下文化センター多目的ホール 12:30会場 13:00開映 入場料1000円

という情報がある。ただ、江東区 森下文化センターの主催事業ではない様子だ。


02. taked4700 2011年8月16日 22:46:56: 9XFNe/BiX575U : 3ctwEOKH8Y
世界は恐怖する 死の灰の正体1
http://www.youtube.com/watch?v=BRazaWSBtnc
の6分15秒ぐらい経過したところに、「ストロンチュウム90が115マイクロマイクロキュリー、セシウム137が240マイクロマイクロキュリー、1キログラムの土の中から見つかった」というような解説が入る。
1キュリー=3.7*10の10乗ベクレルであり、1マイクロマイクロキュリーが10のマイナス12乗キュリーなので、計算すると1マイクロマイクロキュリーは0.037ベクレルとなる。

ストロンチュウム90が115マイクロマイクロキュリー、セシウム137が240マイクロマイクロキュリー

は言いかえると

ストロンチュウム90が4ベクレル、セシウム137が8ベクレル

と言った程度だ。

福島第一原発事故による土壌のセシウム汚染は首都圏において数多くの地点が数百ベクレルになっているので、1950年代のこの数ベクレルというレベルとは比べ物にならない。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1192
に首都圏の測定結果が出ている。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧