★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 592.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ (日刊ゲンダイ) 米国の原発専門家が緊急警告 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/592.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 17 日 00:03:49: igsppGRN/E9PQ
 

福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-3611.html
2011/8/16 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ

米国の原発専門家が緊急警告

原子力発電に携わってほぼ40年になります。全米70カ所の原発で運営・管理した経験をもとにお話しします。まず日本の方に大変重要なことをお伝えしなければならない。それは福島第1原発の4基すべてから、いまだに放射性物質が放出されているという事実です。
3月中旬の水素爆発で飛散が終わったと考えていたら間違いです。確かに9割はあの時の爆発で放出されたかもしれない。しかし、それで終わりではない。
ですから環境汚染は計り知れないのです。放出を防ぐには、建屋を覆いかぶせるテントなどを使わない限り無理です。物理的に阻止できるまで、今後も数カ月間は放射性物質が飛散すると考えてください。

もう一点、大事なことは汚染水が建屋の最下層から地中に流れ出ていると考えられることです。誰一人として肉眼で確認はできませんが、これは確かなことだと思います。炉心は溶融して格納容器の底から建屋の下にまで落ちていると考えられる。日本政府は炉心を取り出すまでに今後10年はかかると言っていますが、炉心を取り出す技術などありません。
スリーマイル島事故の時は燃料は溶けて原子炉の底に落ちましたが、福島の場合は一番底までメルトスルーしたのです。これは建屋の下の土壌と地下水が汚染されたということで、一度高濃度に汚染された土壌は今後300年は消えません。
周辺住民の避難指示は半径20キロでは不十分です。最低でも40キロというのが私の考えです。残念ながら日本政府はその数字を信じようとしません。悲しいことです

◆がん患者は100万人単位で増えていく

あまり煽(あお)りたくありませんが、今後10年でがんを発症する人は100万人単位になるかもしれません。最初の5年で甲状腺がんや甲状腺異常が顕著になります。次に50キロ以内の地域で肺がんの発症率が今よりも20%上昇するでしょう。この数字はノースカロライナ大学の免疫学者スティーブ・ウィング助教授が算出した数字です。そして10年で骨腫瘍や白血病、肝臓がんも増えてくると思われます。福島の現状というのはこれくらい深刻なのです。日本政府は十分にこのことを肝に銘じて、スピーディーな対応を取ってほしいと切に願います。

◇アーノルド・ガンダーセン氏 原発のコンサルティング会社「フェアウィンズ・アソシエーツ」チーフエンジニア。元原発関連会社上級副社長。原子力工学が専門で、スリーマイル島事故の調査でも活躍した。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月17日 07:27:06: FpVPO6YryM
日本人って 忘れっぽいし 政府(おかみ)の言う事には 間違いない!って 未だに思ってる人 多すぎ!
もっと自分で調べて考えて 行動しなきゃ〜(自戒も兼ねて)

02. 2011年8月17日 08:59:18: FeQBCsRq3c
原発と白血病の間に関係はないと結論付けたCOMAREの研究に疑問を呈したのがSteve Wing氏。
>studies to date have not been properly designed to detect any effect from the very low radiation doses that people living near nuclear plants may be exposed to. But a US team is now preparing to update a 1990 study on the link between nuclear power stations and cancer cases at the request of the US Nuclear Regulatory Commission (see 'US radiation study sparks debate'). Wing suggests that the US study could provide a more effective analysis by assessing the radiation doses that are received in utero and in
early childhood by those living close to nuclear plants.
以下は昨年の12月に出た論文。
>Cancer Risks near Nuclear Facilities: The Importance of Research Design and Explicit Study Hypotheses
Steve Wing1, David B. Richardson1, Wolfgang Hoffmann2
1 Department of Epidemiology, University of North Carolina–Chapel Hill, Chapel Hill, North Carolina, USA, 2 Institute for Community Medicine, Section Epidemiology of Health Care and Community Health, Ernst-Moritz-Arndt University of Greifswald, Greifswald, Germany
続きは、
http://ehp03.niehs.nih.gov/article/fetchArticle.action?articleURI=info%3Adoi%2F10.1289%2Fehp.1002853

03. 2011年8月17日 10:30:52: xpqRhr8Lm2
米国の原発専門家が緊急警告したから、記事になったんでしょうか?

本来、日本の原発専門家がもっと大騒ぎしなければならないのに、なぜ騒がないのでしょう?

児玉先生、小出先生、武田先生のように、危険であることを真剣に訴える人がいるのに、声が聞こえてこないのは何故でしょうか?

マスコミ統制が効いていると考えるのは、自分だけ?



04. 2011年8月17日 10:38:20: uycEIR2cys
結局のところ、日本は米政府、もしくは米軍の指示なしでは動かない。
個々の学者や民間団体が指摘したところで何の反応もあるまい。

05. 2011年8月17日 11:07:31: czgXAEQpzY
「パニックが起こるといけないので情報を公開しなかった」

これはデタラメを報道していることを自ら告白したもの。

大本営発表と何ら変わらない。政府も国民も。


06. 2011年8月17日 11:58:56: mAKWjxKjsw
今朝のNHKニュースで
福一は毎時10億・・単位を忘れた
の放射能を放出していると普通にさらっと言っていた。
いまさら驚くような内容じゃないってことだよね。

07. 2011年8月17日 15:53:22: FHVyh15Kso
こっち今さら驚くべき内容じゃないけど、

山下俊一副学長の発言「100μSv/hまで安全は10μSv/hの間違いだった」と福島県ウェブで訂正! 
http://www.monipo.net/blog/tv-news/110817-08/

訂正:質疑応答の「100マイクロシーベルト/hを超さなければ健康に影響を及ぼさない」旨の発言は、
「10マイクロシーベルト/hを超さなければ」の誤りであり、訂正し、お詫びを申し上げます。
ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありません。

http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23695


08. 2011年8月17日 17:59:36: TrNZsfMFdo
山下俊一こんな人が副学長?
 逃げ場がなくなったから訂正ですか? 
   現在の日本を象徴している。だれが福島に呼んだ。福島県知事。総理大臣菅からこんなものですから平気で嘘を訂正に。 恐ろしいしことですね。福島県民はじめ国民被曝はへいちゃらさ。ですかね。


09. 2011年8月17日 20:58:31: Tzx99pxIaU
『放射線は体にいいんだ」とか「プルトニウムは食べても大丈夫」とかと、日本の原発専門家は福島原発の放射能地獄をよそに強気だ。放射能をつまみにして一パイでもやろうかという調子なのだ。原発という麻薬の甘い汁に中毒している原発推進派の国賊たちは、なんと「泊原発」運転を再開するという暴挙に出た。麻薬患者が禁断症状に耐えかねて注射を打ち出したのと同じである。その報いは日本と日本人へのホロコーストへの道開きとなるだろう。ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ、から何も学ばず、『安全な原発」というこの世に有り得ない幻想をバラまき、泊原発を再稼動させた国賊たちを激しく非難したい。日本人はカネと権力に信じられぬぐらい弱い。昔竹やりでアメリカ軍に勝てるという幻想を信じ『一億玉砕」を叫んだという日本人の裔が、ふたたび「安全な原発」というウソで国民をたぶらかし、放射能被害で『一億玉砕」するまで原発を推進しようとしている。ガンダーセン氏の言うように福島県民をすぐに避難さすべきだ。日本人は核による自滅の道を選ぶべきでない。核の火は人類には消すこともどうすることもできない制御不能で出口無しの『悪魔の凶器」なのだ。日本人は『日本の「原発は安全だ」などと驕り高ぶるべきでない。今回の泊原発再稼動は国賊たちが開き直り国民に対し核攻撃の恐れを持ち込んだものだ。日本民族への反逆行為だ。厳しく糾弾すべきだ。

10. 2011年8月17日 21:02:31: h6cbKB908I
山下は1つ2つ訂正しても無駄だろう。どなたかが山下のデタラメを
羅列しておられたが、7つぐらいあったぞ。
裁判所の被告席で残りを訂正する気か?。

11. 2011年8月17日 21:36:44: gf7OQcxcqA
バスビーだっけの臭い演技とガンダーセンのコン猿と
馬鹿かぶの透過脳は、遊び書きも不毛
注水口からつっこんで見ろ

12. 2011年8月17日 22:54:56: 00zFHHmt6Q
「福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ」とのことですが、40キロ程度で良いのですか?。

福島県のうち、中通り、浜通り全域の間違いではないのですか。

福島市、二本松市、郡山市、須賀川市の4市は、相当放射線が高いが、大丈夫ですか?。

当初アメリカは、80キロと言っていませんでしたか。
私は、当初広げておいて、大丈夫と確認されてから、徐々に避難範囲を狭めて行くのが、国民を守る政治家の姿勢だと思う。

民主党政権は、この逆を言っており、所詮他人の命や生活、気にもならないのが本音か。


13. 恵也 2011年8月18日 06:22:47: cdRlA.6W79UEw : 4UUFC4TVOQ
>>12 40キロ程度で良いのですか?。

アンタ、言葉を勘違いしてるよ。
今の日本では20km〜40kmの範囲の方は、自分で避難しても自腹。
公的な援助も東電からの援助もない。

援助を与えることで、その範囲の住民も保護した方が良いといってるわけだ。
その上で特別ひどい汚染地帯は別途で、援助するのが本来の為政者。
ところが今の政府の20kmというのは、放射線量としても危険が大きすぎる。

俺が行った範囲でも30kmくらいの場所で、非常に線量の高いところは多々
あったから最低でも40km圏内の希望者には、引越しをする場合援助すべし。

もちろん60kmの福島市信夫山遊園近くの住人も、線量が高いのだから
引越しをする時には援助すべき場所だ。


14. 恵也 2011年8月18日 11:51:23: cdRlA.6W79UEw : P74Jbnd1vQ
>>12  福島市、二本松市、郡山市、須賀川市の4市は、相当放射線が高いが、大丈夫ですか?。

高知放送を見てたら、この地域はチェルノブイリ事故では移住権利区域の放射能。
今の日本はソ連時代の人権さえないような国家に成り下がったとしか思えん。

最低限、これらの地域住民は移住する場合、費用として1人当たり200万円出せ。
東京電力に出させる前に国家で立て替えるべきだ。
それにしても旧ソ連以下の人権とは情けないね!!!!


15. 2011年8月18日 12:16:24: EYQV2tnPj2
地震直後の原発危機発生時で10km
1号機爆発時点で30km
3号機爆発時点で50km

最低限これくらいは避難指示を出すべきでしたね


まあ、政府は国民の安全や健康を守る気はサラサラ無い
って事だけはハッキリした


16. 2011年8月18日 21:29:51: 00zFHHmt6Q
>>13

私は>>12だが、図らずも>>14さんがコメントして下さっているとおりの意味合いを、言っているのです。

普通は>>14さんのように理解して頂けるはず。
何か理解出来なかったのですか?、他人のコメントは、言わんとすることを斟酌して、理解するよう進言する。

さて、電力会社は、悪魔の熱源原子炉を、政府の方針無くして導入はしない。
政府は、戦勝国の命令無くして、日本へ取り入れはしないのだ。

このことは、放射能被害の全責任は、政府にあると言うことになる。
東電は、政府に言われるままに、原発を建設、運転を代行する会社でしかない。

東電に全く責任がないとは言わないが、原子炉導入の経緯から、その責任の度合いは、薄いのだ。

したがって、政府の国民救済の考え方が、避難範囲の大小に関係してくる。
私は、80キロどころか、岩手県から静岡県まで、避難対象地域指定、避難クラスを段階的にすべきと思う。希望者は当然必要経費を賠償する。
原発とは、このくらい高いリスクの電力である。

福島の放射能は、今なお何の収束もしていない、高濃度で出続けており、少なくても東福島県は、すでに廃墟化していると考えている。
放射能被害は、大きく見積もって対処すべきで、少なく見積もって将来に禍根を残してはならない。

小沢氏は、国家を挙げて放射能収束をと、呼びかけている。
細野などの素人若造で、対応出来るほど簡単な案件ではない。

核のゴミは、収束に10万年要す、このことからも人知制御不可能な核燃料は、利用してはならない熱源なのだ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧