★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 628.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新設される「原子力安全庁」の担当相は退陣する菅首相が務めてはどうか  田中秀征 (ダイヤモンド・オンライン) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/628.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 18 日 09:16:44: igsppGRN/E9PQ
 

新設される「原子力安全庁」の担当相は退陣する菅首相が務めてはどうか
http://diamond.jp/articles/-/13611
2011年8月18日 田中秀征 政権ウォッチ :ダイヤモンド・オンライン

■「原子力安全庁」設立において気をつけるべき3つのポイント

 政府は8月15日、経産省から原子力安全・保安院を分離し、内閣府の原子力安全委員会などと統合、新たに環境省の外局として「原子力安全庁」(仮称)を設置することを閣議決定した。

 環境省に置くか、それとも内閣府に置くかはまだ異論のあるところ。全く独立した組織にすることも前向きに検討する余地はある。

 いずれにしても、今後の原子力安全行政には、内外の厳しい目が注がれている。中途半端なことは決して許されないことを関係者は肝に銘じるべきである。

 新機構は来年4月の発足を目指し、1月召集の通常国会で関連法案を成立させる予定だという。

 この新機構の設立に際しては、次の諸点に注目しなければならない。

(1)経産省、文科省、内閣府などが省益の観点から無用な介入をしないように、政治と民間の主導で進めるべきこと。特にその設置法案は国民的議論の中で政治主導によって作成することが望ましい。

(2)新しい組織は、いわゆる“原子力村”に属してきた人を極力排除し、これまで原発の安全性に警鐘を鳴らしてきた人たちが中心となるように配置すべきである。

(3)経産省など過去の原子力行政に関与してきた人たちを完全に排除せよとまで言わないが、再び元の省に帰れないように人事交流を法的に厳しく制限することが必要だ。

■首相職よりも持ち味を発揮?「原子力安全庁」担当相に菅氏を推す理由

 さて、私は新首相が誰になっても新機構の設置を担当する閣僚を置くべきだと考えている。

 現在、細野豪志氏が務めている原発事故担当相は、原発事故の収束と、汚染被害対策など“事故対策”に専念すること。そして、4月以降に「原子力安全庁」の担当になる閣僚は、中長期の課題を含む“安全対策”。閣僚数の制限もあるが、知恵を出して何とかそれを実現すべきだろう。

 新設の担当相の役割は次の諸事項である。

(1)「原子力安全庁」設置に関連する法案作成の指揮を執る。

(2)「原子力安全庁」と「原子力安全審議会」の人事の指揮を執る。

(3)既に作業中の原発事故調査・検証委員会を担当し、厳正な作業が行われるように監視し、督励する。

(4)(3)の結果を踏まえて、新しい安全基準を策定し、さらに新しいエネルギー基本計画(15日の閣議で2012年中に策定)における原発の位置づけを提言する。

(5)国会と連携して、何らかの場をつくって今回の原発事故について徹底した責任追及を行う。

 この担当相は、退陣する菅直人首相に務めてもらったらどうか。

 なぜなら、最終盤での彼の問題意識はここに集中しているし、他の誰よりも大きな成果を挙げることが期待できる。

 菅氏にとっては、首相職よりはるかに持ち味を発揮できるだろう。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月18日 14:06:26: Ue3h2flpJY
>今後の原子力安全行政には、内外の厳しい目が注がれている。
>中途半端なことは決して許されない

福島の事故調の調査が終わらない段階で
経産官僚出の北海道知事がゴーサインだしちゃいましたよ。
既にアウトです


02. 2011年8月18日 19:18:57: gT7RlRbStI
いい提言が多く含まれていると思います。
要注意なのが、「“原子力村”に属してきた人を極力排除」の項。この項は諸刃の剣です。

新しい安全庁に、極力 馬鹿な失言を言わせて、予算削減、人員削減、弱小官庁化し、最終的にお飾りの追認機関に仕立てる策動が予想されます。

古賀氏、児玉氏、管氏、小沢氏くらい集めて、一仕事するところが見てみたい。


03. 2011年8月18日 22:43:44: oWbillhalg
田中秀征の話は文頭から文末まで「んなこと誰でも判ってるよ」いうレベルの低い話で、突っ込みどころ満載だが、そのバカさをひとつだけいうと、

菅を使う理由として、菅が成果を上げられると考えところが、田中秀征のお目出度さであり日本の政治屋の限界である。

原発対応とくにこの度の事故に限って、菅を蚊帳の外には置けないのは確かだが、その理由は菅が成果を上げられる手腕があるからではない。

事故発生当初からトップにいて、事故の実態とそのデタラメ対応の内実を一部始終知り得る立場だったからだ。つまり菅が必要なのは事故対応能力でもなんでもなく、適切な事故対応が出来るよう体制を掃除する上で、事故の最高責任者としてデタラメ対応の一部始終知り得た目撃者であり当事者の、実体験の情報が絶対不可欠だからだ。こばかりは誰が跡継ぎになろうが菅をおいて他にはいない。

なので、菅にやらせるもっとも重要な仕事は、デタラメ事故処理体制を迅速・効果的に掃除するため、トップを妨害してきた旧体制の人的癌や制度の癌がどこにあるかを、官僚組織の大手術を出来る腕力を持った跡継ぎ(実は小沢氏しかいない)に教え、その掃除作業の手伝いをすることだ。田中は事故処理担当相をつくりそれを菅にやらせいろいろ物事を決めさせろというが如何なる決定行為も、究極的には官僚組織を脅かすトップの権限の無力化や剥奪を狙う、官僚による人事工作・委員会設立謀略をどう腕づくでねじ伏せるかということと同義なのだ。
これまでで証明されたように官僚を腕ずくで牛耳る能力は菅には無い。

菅に与える仕事は小沢氏の復権に尽力させるか少なくとも旧体制を看板だけすげ替え温存しようとするような後継者は引きずり下ろすかさせ、そうして出来た覚悟ある新トップに罪滅ぼしのチクリをし国民の生命と安全を守る側に立った新体制づくり・法整備に一役買い、前首相の発言力を活用し手足になって働くことだけだ。

その他言葉尻を捉えて申し訳ないが、田中が断り書きひとつなく「安全庁」とサラッと言うところに、田中の原発肯定の正体が見えている。真剣に原発の危険性を思う者なら、「安全庁」などという白々自らしい名称には即拒否反応がでる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧