★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 728.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
京大小出、4号機プールも吹き飛んで、その下の階もボロボロ(プールを支える構造物が破壊)ソコトコ8月22日
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/728.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 8 月 22 日 14:00:39: V/iHBd5bUIubc
 

小出裕章非公式サイトをのぞいていたら、
8月22日(月)の文化放送、吉田照美さんの「ソコトコ」で、京大原子炉の小出さんにインタビューがアップされており、4号機使用済み燃料プールの崩壊の危険性に言及されてました。
阿修羅でも、ずいぶん以前からとりあげられていたことなので、早速投稿しようと思いましたら
ざまあみやがれさんが、書き起こしされてました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://www.youtube.com/watch?v=OEtml1XihNk

初稿です。誤字脱字満載だと思いますすいません。徐々に訂正してまいります。

(書き起こし)

※スタジオ

吉田照美「えー月曜日の今日はですね、1週間前の取材でありました。わたくし大阪の泉南郡熊取町にあります京都大学原子炉実験所を訪ねまして小出裕 章助教にお話を伺っております。広い敷地の中にですねグラウンドそして研究施設がありまして、その中にある研究施設で小出先生とお会いすることが出来まし た。恐らくですね今日本の原発に関わる研究者の中で、1番お忙しい方かと思われるわけなんですが。まずはですね、東京電力福島第一原発の現在の状況から伺 います。」

※京都大学原子炉実験所

小出「えー残念ながら正確にわかりません。というのは私が得られるデーターというのは東京電力あるいは政府が公表するというそのデーターだけです。えーそれ以外のデーターは一切私はないのですから。」

吉田「憶測になっちゃうわけですね」

小 出「そうです。私にとって一番大切なのはデーターがどこまで正確なのかということなわけですが。東京電力や政府が公表するデーターがこれまでもたびたび覆 されるということになってきましたので。今現在東京電力と政府が公表しているデーターがほんとうに正しいのかどうか私に確信が持てないという、そういう状態で、 おります」

吉田「はあはあ分かりました。具体的に1号炉はこれ3月12日に水素爆発したと。」

小出「そうです」

吉田「いうことですよね」

小出「それは確実です」

吉田「確実ですね」

小出「はい」

吉田「で、2号炉はどういう感じかって、これもつかみにくい状況なんですか?

小 出「はい。えーと、2号炉も、私たちがサプレッションチェンバーと呼ぶ、格納容器の1部で水素爆発を15日にすでにしています。ので、えー、原子炉の炉心 の相当な部分がすでに損傷しているということは確実、です。ただしその損傷がどの程度なのか。つまりメルトダウンをしてしまっているのか。それともまだか ろうじて圧力容器と言ってる圧力釜の中に残っているのか。ということは私自身未だに確信が持てない状態であります。」

吉田「はあー。3号炉は3月14日にこれは核爆発だったわけですか」

小出「水素爆発です。」

吉田「水素爆発」

小出「私は水素爆発だと思っています」

吉田「はあーそうですか」

小出「核爆発ではないかという推測をされる方もいます。いますし私自身それを絶対的にそうではないという断言できる自信もありませんけれども。多分私は水素爆発だと思います」

吉田「そして4号炉ってのは、どういう状況というふうに今思ってらっしゃいますか?」

小 出「4号炉はですね。えー、当時止まっていた、地震と津波に襲われたときには。止まっていました。つまり原子炉の中にはすでに燃料はなくて、その燃料はす でに使用済燃料プールと呼ばれている場所にあった、わけですが。3号機のほうから空調施設が共用になっていましたので、その3号機の方から水素が4号機に まわってきて、爆発した可能性を今私は疑っています。そして使用済燃料プールそのものがある階も爆発で吹き飛んでいますし、使用済燃料プールがあるその下 の階で爆発があって、その階もぼろぼろになっているんですね。つまり使用済燃料プールを支えているそこの構造物が破壊されてしまっているということですの で。使用済燃料プールがもう支えを失って崩落する可能性がある、と私は思って、います。えー、もちろん東京電力もそれを認識していまして、使用済燃料プー ルが崩壊しないように、使用済燃料プールの下の階の補強工事をやると、ずいぶん早い時期から表明していましたし多分それなりの工事が進行しているはずで。 なんとか崩壊する前にきちんとした工事を終えて欲しいと思っていますけれども。あれだけ巨大な地震が起きた、3月11日に。でそれ以降もかなり大きな余震 が続いていますので、今後、使用済燃料プールの崩壊も招くような余震が近い将来なければいいなと私は願っているところです」

※スタジオ

吉 田「小出先生は非常に分かりやすくお話ししていただいて、これも、結局は東京電力と政府の情報で小出先生がご自身で分かっているところでお話しいただくわけ ですけど。こういう形で東京電力、政府の発表っていうのは国民に果たしてちゃんとされてるのかっていうと、されてない感じがとても強いんですけどね。連日 テレビでは伝えていませんけれども、えー福島第一原発どれをとっても、未だにこれ安定した状況にはなってません。それより今はですね、水蒸気爆発の恐れが あるかも知れないと、いう状況であると、いうことですね。この話伺ってたんで金曜日に震度5弱の地震が起きたときにはこの水蒸気爆発とかですね、それから 4号炉の使用済燃料プール崩壊の心配をしちゃうわけなんですけどね。えー、そんな福島第一原発の汚染水のこと、それから様々な状況も伺っております」

※京都大学原子炉実験所

吉田「これはあの、汚染水の地下水へのどんどんと影響があると思うんですけれども。」

小出「はい」

吉田「どんどん染みてる状況を防ぐために、なんか地下ダムみたいなものをまあやるっていう作業するって言うようなことを言ってたものは、その後情報として聞こえてこないっていうのは何なんですかね。」

小出「(笑)。5月の下旬、まあ私はかなり早い段階から地下ダムをつくらなければいけないと発言をしていたのですけれども。東京電力は5月の27日か28日に株主総会があった、んですね」

吉田「そうですね」

小出「その地下ダムをつくろうとすると私が聞いた話では、どうも1000億円のお金がかかると。それを株主総会の前に発表するのは嫌だと。」

吉田「その空気感がもろに伝わってきてましたからね」

小出「あの聞きました。しかし私はその1000億円っていう値段を聞いて、もう冗談を言わないでくれと、実は思った、んです」

吉田「え? どういう事ですか?」

小出「1000億円くらいケチるなと。」

吉田「そうですよね」

小出「今度の事故を収束させる。あるいは被害の全体を賠償しようと思えば、何十兆円ものお金がかかる」

吉田「ほんとですよね」

小 出「そうです。1000億円なんてそんなことをけちっている時代、時ではない。即刻でもやるべきだと私は思った、のですが。株主総会が終わったあとも、ま あ東京電力としては直ぐにどうもやるという動きはありません。ただ、工程表が改定されて、えー、レベ、第二段階だったのか、それ以降だったのか。やはり彼 らも地下ダムをつくるというそういう案が出てきてましたので、いずれやることになるだろうと。」

吉田「そんないずれっていう……おっとりした状況じゃよくないわけですよね。」

小出「もうすでに、今現在もどんどん汚染水が海に向かって流れているわけですよね。ですから一刻も早く本当はやらなければいけない。」

吉田「まあ本当にそういうおはなし伺うと、暗澹たる思いになるんですけれども。この状況下でその原発の再稼働北海道ですけれども。まあこれに関して前向きな発言がなされているこういう状況って言うのは小出先生はどうお考えですか?」

小出「みなさんどう思うんでしょう」

吉田「いやとんでもないと思いますけどね」

小出「そうですか」

吉田「なんだそれはと」

小出「はい。私はその、原子力発電所というのは、いつか事故を起こすから早く止めたいと思ってきたし、みなさんにそう発言してきたわけですね」

吉田「そうですね」

小出「でも残念ながら私の声なんてものは本当にちいちゃくて何の力もないまま、今度の事故を起こしてしまった、わけですね。でもここまで来たんだから日本中の原子力発電所は私は即刻全て止まると、始めは思った」

吉田「僕もそう思いました」

小出「ですが、えーところがどうも日本の政府は止める気もないし、産業界も止める気がない。止めてしまうとやれ電気代が上がりますよとか、経済が縮小してしまいますよとか、そういう事ばっかりで、」

吉田「不思議ですよね。当事国であるのに当事国じゃないヨーロッパ、ドイツなんかも即刻方向性決めてるのに。これは、結局は理由は小出先生は何だというふうに思ってらっしゃいますか。正直言っていただくと」

小出「えー、まあそれは産業界はこれまで、原子力に利益を求めてここまで来たわけですから。」

吉田「でも人間がそもそも人間がいなくなっちゃったら経済も何も無いと思うんですけどね」

小出「ですからあまりにもバカげていると。経済原則で言ってもあまりにバカげているということが今回の事故ではっきりしてるわけですから。産業界経済界としてはさっさと足を洗うというのがまともな決断だと、思います。」

吉田「そうですよね。それに加えてメディアも本当だったらそのあたりを糾弾追及しなきゃいけないのが全くその手がないってのが。これまた世界から不思議だと思われてるみたいですけど」

小出「はい。あの、どうも私のとこに世界の方々メディアがきますけれども。なんで日本のメディアはこんな駄目かと言って大抵の方は首をかしげながら。」

吉田「それに関して小出先生は何とおっしゃってるんですか」

小出「まあ日本というこの国の歴史を見ると、えー、お上意識が強すぎるし。お上が決めたことにマスコミが付き従って今日まで来たと私は思うと答えてきました。本当かどうかは分かりませんが」

吉田「いえいえ、それに関して、海外のメディアの方々は、なおかつ質問を重ねて来るってことはないわけですよね」

小出「信じられないと。言いました」

吉田「そういう事になっちゃうわけですね」

小出「はい」

吉田「あといろいろ各国から小出先生に取材が殺到してるって言うお話を伺ってるんですけど。1番聞きたがってるってこと他にどういう事になるんですか」

小 出「要するにこれだけの事故を引き起こしてるわけですから。世界各国がこの事故を教訓になんとか原子力から足を洗おうとしている、わけですね。それもな おかつ日本という国が未だに原子力をやろうとしているのはなぜかということが、彼らにもわからない。ということでどうしてかと私はよく質問を受けます。」

吉田「ああー。最大の理由は小出先生は、それは、どこにあるというふうに思われていますか」

小出「まあ今聞いていただいたように産業界経済界、のえー、欲求のためにここまで来たと私は思いますけれども、それはすでに崩れた。それでもなおかつ日本という国が原子力を諦めないのは、いわゆる「核」だと思います。」

吉田「ああー。そりゃ、核ってことはやっぱり、その核兵器に対する日本のスタンスっていうのは全然変わってないってことですか?」

小 出「えー、去年の秋にNHKが「核を求めた日本」という番組を放映したんですね。その内容は、この日本という国は先の戦争で負けて二等国になったと。で も二等国で、ままいつまでもいたくないので核兵器を持てる力を作りたいと、ずうっと思ってきたと。そのために原子力の平和利用という言葉を標榜しながら実 際には核兵器を持つ技術的な力、というのを蓄えたいというために今日まできたと」

吉田「はあー。都知事の言葉とかぶりますね」

小 出「はい。そういう内容、でした。私はそのことをずうっと政府の外交文書等で知っていましたので、まあようやくNHKもこういうことを言い出したんだな と、思いましたけれども。えー、まあいわゆる国営放送であるNHKが、なぜ今こういう段階でそれを言い出したのかなと。思って。むしろ積極的に国民に対し て日本という国が強国になるためには核兵器というものを持つということも必要なんだし、えーいつまでも原子力の平和利用という言葉だけで、進められないと いうところまで彼らも、覚悟を決めてきたのかなと、いうように受け止めました」

吉田「恐ろしいですねえ」

スタジオ

吉 田「えーおはなしはまだ続くわけなんですけども。まあ日本政府、バックの経済界産業界も利益を求めてですね、国を強めるために核兵器を持つことの一環とし ての原発の開発が存在したということになるのかなと、いうことですね。まああの、先週の東京電力・政府の発表では放出された放射性物質の量がですね、事故 直後の1000万分の1になったと。えーなんだか急に言っておりますが、えーそれはまあ現在進行形の放出量のことでありまして、4月の時点ではですねチェ ルノブイリの1割程度と発表がありました。チェルノブイリから出た放射性物質はセシウム137換算で広島原爆の、このえー800発分に相当すると。いうこ とです。これをそのまま当てはめると、もうすでに原爆が80発分ということで。それ以上の死の灰がとびちってしまったと、いう事になるんですね。放射性物 質の放出はいったいいつになったらおさまんのかと、いうことですが、明日のこの時間はですね。京都大学原子炉実験所助教の小出裕章先生にですね、今後の東 京電力福島第一原発、それからこれからの日本についてお話を伺うことになってます。衝撃的な話題も出てきますが、そのままお伝えしていこうと思っておりま す。」


アナ「以上週刊エンターでした」

(書き起こしここまで)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月22日 14:14:42: EszHBBNJY2
>>4号機プールも吹き飛んで、その下の階もボロボロ

驚愕だな。>>4月の時点ではですねチェ ルノブイリの1割程度と発表がありました
>チェルノブイリから出た放射性物質はセシウム137換算で広島原爆の>>800発分に>相当すると。いうこ とです。これをそのまま当てはめると、
>もうすでに原爆が80発分ということで。それ以上の死の灰がとびちってしまった

80発分か・・・。・。・。・。・。・俺はあと数年後には東京も住めないか、と思う。


02. 2011年8月22日 16:46:11: bWNa2523yk
吉田照美がんばれ!「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」リクエストします!原発推進派は照美ちゃんの力で番組から追放してください!

03. 2011年8月22日 17:21:02: 6YaHKmG30A
3号機・・水素爆発 といいはる。

情けない話だ。原子力村八分の称号がぴったり。残念だが。。


04. 恵也 2011年8月22日 18:01:14: cdRlA.6W79UEw : sxLm9AXEDQ
>>01 俺はあと数年後には東京も住めないか

まず90%くらいの可能性で東京に住んでも大丈夫。
心配なのは次の水蒸気爆発。
これさえなければ東京は大丈夫だ。

むしろ東北沿岸の海産物の汚染。
これから汚染がドンドン増えて、沿岸漁業の壊滅の可能性がある。
それと農産物へのセシウム汚染。

とくにセシウムを濃縮しやすい桃やキノコ、ホウレン草、タケノコなど
汚染地帯の農家はどうやって生活するのだろう。
汚染米を混ぜて500ベクレルという暫定値を合法的に合格させて売るのだろうか?


05. 2011年8月22日 21:37:21: ejzgLmBDAw
04>汚染地帯の農家はどうやって生活するのだろう
そして汚染地帯の生産者は九州産の野菜、米、などをその所得で購入する。


カルネアデスの舟板。。。。。正当防衛


06. 2011年8月22日 21:51:41: 7lx2tt9KhI
>3号機・・水素爆発 といいはる。


チェルノブイリ事故も公式では水素爆発です。

表向きは。


07. 2011年8月22日 22:17:28: mdMbGwGEpU
4号機のプールの下の補強工事はとっくにやって終わってるでしょうが。
今頃言われてもねえ。

08. 2011年8月22日 22:25:07: HCQ1BaKEzU
・20110822 たね蒔きジャーナル 「新エネルギー 3」

(1)http://www.youtube.com/watch?v=f-lpg0zpo9c
(2)http://www.youtube.com/watch?v=ektLZodVhYg


09. 2011年8月22日 22:49:05: hMSQ53G7t6
小出さんって、最近は時の人にまつり上げられて、年中ペラペラしゃべり続けているだけの生活になったからなのか、言うことが一貫していないんだな。

話の内容からすれば、本記事は古いインタビューだろう。4号機燃料プール下の補強工事は7/30に完了しているのに(http://p.tl/u834)小出さん、それを知らないからだ。また東電の株主総会は5月ではなく、6月28日だったようなのでその後の日のインタビューであるのは間違いないが。7月中のインタビューかな。

しかしこの古い記事の話は、「わからないものをわからないという学者の誠実さ」という面では全面的に賛成できる。

小出さんは、本記事では「3号機は水素爆発」と断言に近い形で言っているが、過去には3号機プールは核爆発、というようなニュアンスで発言したこともあった。このインタビューの後日(8月1日)1、2号機の間の配管あたりで10Sv/hという高線量スポットが発見されると、「燃料棒ではないか」という意味の発言をした。これは3号機燃料プールが核爆発したことを前提とする発言だ。

このように、彼の発言はかなりブレる。以下本記事引用

>東京電力福島第一原発の現在の状況から伺 います。」

小出「えー残念ながら正確にわかりません。というのは私が得られるデーターというのは東京電力あるいは政府が公表するというそのデーターだけです。・・・

---------------------------

学者である以上、常にこう言えばいいものを、5/16、東電のメルトダウン解析が発表された後、彼は「溶融燃料は格納容器どころかその下のコンクリート基礎をも突き破り、すでに土中に出ており、地下水を汚染している」と何度も語ってきた。覚えている人も多いだろう。ところが本記事では

>つまりメルトダウンをしてしまっているのか。それともまだか ろうじて圧力容器と言ってる圧力釜の中に残っているのか。ということは私自身未だに確信が持てない状態であります。」

とものすごいトーンダウンだ。学者がこんなにブレていいもんではないだろう。というより、このインタビュー記事は、東電などがメルトダウン解析を発表した5月16日以前のものではないのか?という気さえした。実は小出さんの上の発言は7月以後なのだから、このブレはかなり常軌を逸している。

まあどうでも、自分は小出さんは95%信用している。反原発における常識を語ってきたからだ。ただ、残りの5%で彼が、ふらふらペラペラ、学者として軽率な発言を繰り返してきたことについてはどうしようもないと思ってきた。さらに、彼はたとえば福島人、東京人といった、汚染に曝された人間にとって何らかの生きる指針を示してくれるような人間でもなかった。

これからしばらくの間も、小出助教の人気は続くだろうが、彼の役割は実質的にもう終わっている。彼は被曝人のともしびではなかったし、この反原発の好機に、運動を盛り上げるリーダーとなる資質もなかった。彼のやることは、これからもメディアや大衆に請われるままに、ぺらぺらぺらぺらしゃべり続けることだけだろう。95%正しいいのだから、まあよしとしなければならないのかもしれないが。


10. 2011年8月22日 22:50:14: ZSW67Q8CDM
いやー全く小出の煽りに加えて小銭稼ぎにも参ったもんだ。
あきれてものいえんわ!!!

11. 2011年8月22日 23:04:56: A4GQ7o9O02
このインタビューは、一週間前に吉田照美さんが大阪熊取の京大原子炉実験所で行われたものです。
この前の土曜日、児玉東大先端研教授が、田中康夫さんの「にっぽんサイコー」に出演。その番組の録画再生がうまく行かず手間取っているようです。低レベルの放射線で、染色体の遺伝子がトリソミーになる異常。

12. 2011年8月22日 23:23:01: u8oxXwk9ww
>>10
たまたま本が必要とされて読まれたら小銭稼ぎって?
政府の公式発表が信じられない人たちが、講演を長年続けて話し慣れた小出の
分かりやすい本に群がっているのだと思う。
実は昔から執筆依頼が多く、忙しいので断わって、無理に編集者が頼んで
講演をまとめ、監修した本が多い。
断わっても頼まれるからそういう形で出しているだけ。
助教なんて助手と同じ、言い換え。安月給で不安定な身分。それに甘んじて
汚染された食品食べて、原発批判してきた。
あの性格だから印税なんか寄付にぶっこんでるっしょ。
小銭稼ぎと貶めているが、本が出るのが羨ましいなら自分が勉強して本書けばいいじゃない?
で印税は寄付してね。


13. 2011年8月22日 23:25:47: u8oxXwk9ww
>>09
>彼は被曝人のともしびではなかったし、この反原発の好機に、運動を盛り上げるリーダーとなる資質もなかった。

自分がリーダー、ともし火になりな。
自分がやらないで人に押し付けるな。


14. 2011年8月22日 23:39:19: vdTZNC5yCw
小出氏をバックアップする最良の策は、財務省主導の消費税増税のために仕込んだ洗脳を説くこと。

悪しき原発村同様に、悪しきMOF村がある。

けち臭い財源論やまやかしの平等負担の消費税論のくびきを解き、金の心配をせずに最良の原発対策をすれば良い。

それが最良の未来を引き寄せる。

長きにわたる財務省の消費税増税キャンペーンを無に帰す事と、原発事故による、国民の生命危機、そして世界における日本の地位の失墜を、どう天秤にかけるのか?

純粋な科学者の思考や提言を、下賎な財政論で縛ってはならない。

日本に金はある。そして、金は創れるのだから。


15. 2011年8月23日 00:01:33: 001gwLfPp6
ジャック・どんどん なる人は、小出助教を落とし込める任務でもあるのでしょうか?
またしても、「京大小出、4号機プールも吹き飛んで・・」などという見出しを使うとは。
先日も間違いを指摘しましたが、小出助教は「使用済燃料プールそのものがある階も爆発で吹き飛んでいます」とは言っていますが、プールが吹き飛んだなどとは言ってはいないでしょう。

阿修羅の質も落ちたもんだと、ため息でますわ。


16. 2011年8月23日 00:07:08: uXBPlMCuOE
 小出先生は立派です。みんなこんな事故がなかったら、原発のことなど考えたこともなかったでしょう?私もです。54基も日本中に林立していることもしらなかったでしょう?小出先生自身を知らなかったでしょう?

 自分の人生を生きるのに必死だったとしても、あまりにもエネルギー問題に無関心に生きてきたでしょう?快楽を求めて生きてきたでしょう?

 小出先生は学生時代から「反体制」を覚悟で生きた人です。普通の人間にそんなことができますか。戦争中に反戦を唱えれば、殺されました。反体制は命がけだったのです。「人間の条件」の梶も「反戦」を言えずに、侵略軍の一員として狩り出され、人を殺し、そして最後に満州の雪の中に埋もれて死にました。BSで、5日間ありましたね。

 国策に反対することは、よほどの信念と勇気と人間への愛がなければできないことです。それをあらゆる迫害の中40年間続けてこられました。それだけで、私たち凡人には足元にもおよばないことでしょう。

 小出先生は現体制から一切無視されている中で、馬鹿な私たちにも分かりやすく言ってくださっているのです。そのことを忘れて、あれこれ言う人の気がしれません。

 私は原発のことを知らなかった自分を心から恥じています。大橋との討論を見ても、小出先生の人生の一端がわかります。どれだけの絶望があったか、どれだけの屈辱があったか、どれだけの勇気がいったか・・・・・それを、何も知らなかったことをすまなく思います。

 小出先生は立派な方です。尊敬します。誠実さが口調ににじみ出ています。


17. 2011年8月23日 02:23:07: AEpSXuDD0g
13に同意。

16に共感。


18. 2011年8月23日 04:26:49: VmrM5pfMOQ
>>09

発言がぶれているという指摘はいかがなものかと思う。

原発の危険性を知る人は事故がおきて、冷却水が無くなればすぐにメルトダウンになるというのは常識だから、小出先生や後藤さんとかそういった人々は元々危険性は昔から指摘していた、これが

>>学者である以上、常にこう言えばいいものを、5/16、東電のメルトダウン解析が発表された後、彼は「溶融燃料は格納容器どころかその下のコンクリート基礎をも突き破り、すでに土中に出ており、地下水を汚染している」と何度も語ってきた。覚えている人も多いだろう。

という意味、データでなく、科学者としての立場からの発言。


データからの発言と言うのは当然信実な訳だから、盗電がメルトダウンしてないといえば、そういってるからしてないんじゃないでしょうか?としか言いようがない。

たまねぎジャーナルもずっと時間を追って聞けば矛盾は一切感じない、「盗電はしてないといい張っているが、急にしてるといいだした…と小出先生自信、今までのデータは一体何だったんだろうか…?」と唖然としていたこともありました。


たまねぎジャーナルは毎日毎日リスナーの気になることを質問形式で小出先生に聞くという形式で進められているので、一国民と同じデータしかもってないのにそれ以上の信実を求めようとするのは無理があると思う。


それを求めるのは盗電の記者会見にでも求めればいいと思う、まぁ何も出てこないだろうけど…。


そういう事なので、発言がブレるという指摘は正直無理があると思う。

あくまでもインタビューアーが小出先生がデータを持ってない事に関しての問いに対する意見は、原子力の知識に詳しい一般人が考えた場合の回答と受け止めるべきだと思う。
勘違いしてはならないが小出先生は関係者ではない、福一に行ってデータを取れる訳でも何でもない、一般市民と同じか、個人的に調べられる位のデータしかもっていない、なので無茶を要求するのはどうかと思う。

当事者の盗電だって原子炉の中は見れない、核燃料はどこにあるかわからない訳で…。


19. 2011年8月23日 06:31:33: i37fD8kRRc
工作員とおぼしきが何をわめいたところで、小出さんは蚊に刺されたほどにも思わないだろう。

工作員とおぼしきが安全をわめいたところで、我々は鼻にもかけないだろう。

工作員が東大教授であれば、やっぱり東大、さすがは東大、既得権益に魂を売った下賎なものとして卑しむだけである。

わが国の内部には、そういう隔絶が形成されつつある。

わが国初の市民革命の萌芽ともなるような、画期的な覚醒の現場に立ち会っているような気がする。


20. 2011年8月23日 09:05:25: tKGOgD5FZE
16氏に同意。多くの欲ボケ愚民に限って小出氏のような人を軽率に批判する。批判する資格など全くないくせにだ。円高だから海外旅行に行き、「ズルイ=ブタトンのバッグを10万円も安く買ってきた」とかをバカ面下げて得意そうに言う女。こんなことをする暇や金があれば、特にフクシマの人々のことや原発頼らぬ生活のことを少しでも考えたらよいものを。他者の、特にその苦しみや不幸について想像したり共感できぬ非情で鈍感でバカな手合いがあまりに多いゆえ、小出氏のように自己犠牲厭わず生きてきた良心的科学者などに対してさえ平気でイチャモンつけるようなのが出てくるのだ、ちょうど9番のように。小出氏を批判するなら、その前にまず小出氏のような冷や飯人生を半世紀近く経験してみな。

21. 2011年8月23日 09:31:25: WIBzFXObA6
>16さま、わたしも、事故後はじめて小出先生の名前を覚えました。10さまやみなさんのおっしゃる通り、立派な方であろうとおもいます。

核爆発ではないというなら、(ガンダーセンはデトネイションとみなす計算根拠をあげていたわけだら)、小出先生も反論根拠だしていうべきだ。東大の教授も根拠ださずに、(プルトニウムがアメリカで検出されたときも)違う違うというばかりだったが。

>彼は被曝人のともしびではなかったし、この反原発の好機に、運動を盛り上げるリーダーとなる資質もなかった。

酷な言い方ですが、まあそうも言えるかも。よき解説者のおひとりではあった。


おとなは汚染されたものでも この際、食べてくれーーーということをアチコチで吹聴してまわっておられる。これは一番いけないと私はおもいます。

原発推進派は、ここぞと汚染食品を拡散して、国民を飼いならし、東電の賠償額を減らす方向で、子分を使ってあらゆることをやってる。

それに対して、小出先生がお墨付きえを与えることになってるからだ。

日本じゅうの農地を汚染してまわって、そうやって、こどもをまもれるのか!!??

放射能を封じ込めるということ、小出先生はなにをかんがえてるのか!?

原発推進派あいてにバトルロヤルをやってる最中に、放射能封じ込めを切崩す役目を演じることにならないか? 政治が嫌いだとおっしゃる。それがイカン。みずからの発言が政治に利用される。他人が聴いた瞬間、政治になってしまう。このことを、いまだからこそ自覚してほしい。


22. 2011年8月23日 11:27:04: S9g2KsRfyY
小出先生。尊敬しております。
 ガンジーのような人。あっちこっちで講演ご苦労様です。
 今ではやせ細って心配です。個人的にはすこし休ませて上げたいくらいです。
政府が健康に被害はないなんていっているものだから。だんだんと被害が拡大し、真実をおっしゃる小出先生のようなプロの原子力専門家の言う話を多くの国民は耳を傾けて必死に聞いております。ありがとうございます。
 とにかく子供たちを助けなければと常におっしゃております。これこそ早く手を打たなければなりません。


23. 2011年8月23日 14:08:10: rO8NnUeo5U
菅は総理を辞めれば自分の罪が逃れられると思っているのか。

福島の人達に情報隠ぺいした罪は「人殺し」と同じだ。

子供たちの将来をズタズタにしてしまった責任は総理を辞めても必ずとってもらう。

絶対にウヤムヤで許してはならない。


24. 2011年8月23日 17:23:48: hj5sogWyEs
構造改革後の日本=新自由主義の下では、短期的な株主利益が全てに優先されますからね。
その思想の下では企業の社会的責任なんて問われない訳ですよ。
安全対策が杜撰だったのもそれが間接的な原因です罠。
そこの一番痛い所を知識人もマスゴミも触れない。
なぜなら彼ら自身がそれを煽ってたから。
また現在もその考えを改める気は更々ないから。
だから私は当初から国の管理下に置いて自衛隊に指揮管理させろと言って来た訳ですよ。
短期的な株主利益優先の思想の下でこれだけの事故を収束させるのは不可能だと。
市場原理を働かせたら必ず遅れると。
国が責任もってやらんと駄目。
費用の点でも人材の点でも。

25. 2011年8月23日 20:23:30: okrcMDXixY
日本の核武装についての、小出さんの分析は、当つて居る。石原都知事や石破茂など日本の核武装派は、放射能地獄で開き直り、破れかぶれで本音を出し{日本の核武装のために原発の維持が必要だと言いだした。日本は核地雷を敷設したように全国50余基の原発を、展開している。福島原発のような放射能地獄。死の灰。プルトニウム。プルサーマル。高速増殖炉。の暴走。爆発。などで日本と日本人のホロコーストの引き金には事欠かない。再びの「一億玉砕戦法」か?核戦争でも勝てると踏んでいるのか?と思えるぐらいの意気込みで大口を叩く、日本のタカ派は{水爆など以外に核ミサイル搭載原潜を50隻以上保有し展開せよ。」などの著書も出している。」狭い国土。高い人口密度。地震国。無資源国。という日本が米。ロ。中。などと核戦争含め互角の軍事的対峙するために「先制攻撃」または{或いは報復のための」核武装の狙いを持つて居ることは米。ロ。中。も知ることになつた。原発に狂乱状態で麻薬中毒患者のように執着し,泊プルサーマル原発を再稼動している日本のあり方を見れば、日本は核武装を急ぎだしたと私は見ている。

26. 2011年8月23日 21:22:36: X9GAsvBxmQ
とりあえずは、福島県の人は放射能食品を作って全国にばらまくような事はやめて、岡山など、農業従事に支援がでるような場所で日本国民全員の為に食糧を作ってほしい。故郷を捨てるのは大変かと思いますが…。

27. 2011年8月23日 21:25:01: v0f1vdXQfw
核武装なんて考えてないんじゃないかな。
だとしてもそんくらいのプルトニウムは既にあるでしょ。
核武装してアメリカ依存から脱却したいなんて高等な事は考えてないよ。たぶん。
単に電力独占、経済産業省天下り、関連企業ウマウマな構造を変えたくないだけ。

28. 2011年8月23日 21:35:18: eEdDplVwaI
売春婦に仕立てられ、殺された故東電OL殿のご冥福をお祈り申しあげます。

「原発」は良くても、「プルサー○」はあってはならない。を主張したのだろう。

勝又4兄弟も、同じ意見も「売春婦に仕立てられた部下が惨殺」では転向せざるを得なかったのではないでしょうか、皆さま。
(S学会やりそうですが・・・、「売春婦」なら六村?のフランス系ですね)


石油の10割を止められ(昭和14年、アメリカより81.1%、オランダ領インドネーシア14.4%)、日本はアメリカ相手に戦いを挑んだ。

日本の核武装は・・・解らないでもないが、「脱プルサーマル」は4号機プール崩壊憶測で・・・証明・担保されている。

獰猛狩猟民族アングロサクソンも「金子みすず」を見習え。

以上


29. 2011年8月23日 22:10:30: DCgmczlpEB
>私はそのことをずうっと政府の外交文書等で知っていましたので、まあようやくNHKもこういうことを言い出したんだな と、思いましたけれども。


日本の核武装、ちゃんと裏付けがある話なんですよね。


30. 2011年8月24日 00:01:35: 7ypKHFgTT2
小出氏が信頼に値する人だと思うのはやはり知識の正確さと誠実な口調。
そして寄付金の絡んでいない京都大学の通常は金の動きが個人的にない教授という職にある。

しかし三号機が核爆発ではないというところだけは初めて「?」だれど。
まぁこの規模の事故になると何爆発でも影響は大差ないような気もするからどっちでもいいか。
いや良くないな。なぜ核爆発でないかの根拠を聞いてみたい。


31. 2011年8月24日 00:22:07: lSU1h3KQOc
>1
Dr Michio Kakuによれば福島はチェルノブイリの10分のいとか5分の1とかそんな規模ではない。明らかに日本政府は嘘をついている、とのことです。
http://www.youtube.com/watch?v=NC3Bhn69QrQ&feature=related 
残念ながら字幕無しですが。

彼らアメリカの物理学者はスーパーコンピューターを使用し、一秒ごとの割合で福島の状態をシミュレーション測定し、放射能の量から三月の時点で既にメルトダウンしているとわかっていたとのこと。
事実三月の時点で彼は、後もう少しでレベル7、フルスケールチェルノブイリである。メルトダウンは避けられない。といってましたね。全部的中。さすがアメリカのトップ級の科学者。当たって欲しくなかった予想ですが。 http://www.youtube.com/watch?v=JJ5h1tnEIWM


数千人もの人がガイガーカウンターでチェックしてるのにどうして隠蔽出来るのか?簡単だそうです。低い所の数値のみを出す。高い所は無視。放射能は風で行ったり来たりするので様々な方法で誤摩化す事が可能との事。

耳無しうさちゃんに関しては、放射能の影響が出るには数年かかるので恐らくは単なる自然の突然変異ではないか。しかし福島のシンボルになるであろうとのことです。


32. 2011年8月24日 05:10:32: ejzgLmBDAw
31さん>
アメリカエネルギー省も日本国内向けは了承してるかもね


http://www.youtube.com/watch?v=P6XTx9fTEOc


33. 2011年8月24日 07:41:37: 23pBFYwGyQ

投稿文:小出「えー残念ながら正確にわかりません。というのは私が得られるデーターというのは東京電力あるいは政府が公表するというそのデーターだけです。えーそれ以外のデーターは一切私はないのですから。」

⇒実際に数値を測定した人はいる。以下は、その人(放射線防護学の専門家)の言葉です。

(放射線防護学の専門家の言葉 開始)

 浪江町などで4月9日に線量を調査しました。この浪江町のガンマ線線量率は毎時17マイクロシーベルト。私が仮にここで1日調査をして、24時間いることはまずないですが、24時間いたとしたら0.41ミリシーベルトということになります。

 20キロメートル圏内の避難区域をチェルノブイリと比較するとどうなるか。チェルノブイリの事故は1986年4月26日に発生し、緊急避難区域30キロメートルの線量というのはわかっていて、避難するまでの数日間に最大750ミリシーベルトと測定されています。すなわち1日およそ100ミリシーベルトを受けたのがチェルノブイリ事故なのです。この浪江町の避難区域は1ミリシーベルトにも満たない。30キロ圏内とか20キロ圏内といっても、チェルノブイリの線量とこの福島の線量では全然桁が違うのです。「事故レベルが7でチェルノブイリと同じである」という発表をしていますが、こういった線量のリスクから考えると桁が2桁ないし3桁低いのが事実です。本当にこの20キロ圏内から避難しなくてはいけなかったのかどうか、簡単には判断できません。チェルノブイリと同じ基準にはなっていないということはまず言えます。

 福島第一原子力発電所正門前で、4月10日午後2時に計測しました。私は防護衣、防護マスク、メガネ等は装着せず、普通の恰好でした。ここではガンマ線線量率、毎時35マイクロシ−ベルト、1日線量0.84ミリシーベルトでした。ということは、胸部X線撮影8枚分くらいです。1日中この場所にいた場合です。24時間もここに立つ人はいないと思いますが、24時間立ち続けるならばX線撮影8枚分ということになります。

 いきなりここに立ったわけではなくて、福島市から車で少しずつ接近していって、20キロメートル圏内の調査も含め、いろいろな調査を終え最終的に、もちろん安全を確認しながら接近接近していったわけです。

 さてこの値は、チェルノブイリがよく引き合いに出て、ニュースにも「チェルノブイリと同じレベルの災害レベル7である」と出ているわけですが、このデータを見るかぎり核放射線レベルとしては全く低いレベルで、チェルノブイリ4号炉の緊急時に比べ、線量的には2000分の1ということになります。

 この推定は当時の放射線防護上の、いくつかのデータから見積もっています。チェルノブイリの勤務医、ベクロン医師が負傷した人たちを救急的に対処していて、急性放射線障害になっています。チェルノブイリの敷地内で急性放射線障害を起こす線量というのは、シーベルトでいきますと1〜3シーベルトです。この医師は死亡しておりません。仮に2シーベルトとしますと私の線量の2000倍以上ということで、チェルノブイリと比較すると福島第一原子力発電所正門あたりの線量は2000分の1以下ということになるわけです。

 チェルノブイリ事故のときは急性放射線障害での死亡者はおよそ30人います。今回の地震はマグニチュード9.0、それに続く巨大津波で発電所が大きな影響を受けたわけですが、このときに急性放射線障害で死亡した運転員は1人もいないということです。したがって、線量的に高いものがなかったということは、そこでも見えています。

 甲状腺の線量検査ですが、調査員の私たちも含めて89人検査しました。例えば放射性ヨウ素131を体内に入れると甲状腺に蓄積するので、甲状腺に線量率計を持っていくと顕著に放射線が検出されます。その線量率から甲状腺にたまっている放射性ヨウ素131の放射能の量を評価することが可能です。私は10年前に内部被曝線量その場評価法で甲状腺のヨウ素を評価する方法を研究していました。その方法を使って今回、福島県の人たちを測定したわけです。

 甲状腺に蓄積した放射能は3キロベクレルというのが最大値です。ということで、暫定ですが、甲状腺線量が7.8ミリグレイと推定されました。これに対しチェルノブイリの被災者の最大値は50グレイ(=50,000ミリグレイ)です。私たちが今測っているのはミリですから6000分の1になるわけです。福島県のほとんどの人たちはもっと低いということで、甲状腺がんの発生のリスクはないと判断できます。チェルノブイリではどうであったか。甲状腺の線量が最大で50グレイ(=50,000ミリグレイ)、ある地域の平均が3グレイ(=3,000ミリグレイ)で4000人以上の子供に甲状腺がんが発生しています。線量の違いから、福島県の場合は、甲状腺がんは発生しないという予測になります。

 「チェルノブイリ原発事故と同じレベル7」は、だいぶ現実と乖離していると言わざるを得ない。どういう専門的な評価でこうなったのか、これから確認していかないといけないと思いますが、一部の原子力安全・保安院等の見当だとしたらまずいのではないか。国内の専門家が発電所のなかに入っていないというのが問題だといろいろなところで言われています。災害対策本部も科学的な専門家の体制はいかがなものか、非常に疑問に思っています。

 2011年4月9日、10日と2日間にわたり20キロメートル圏内に突入し、放射線環境を調査しながら、徐々に福島第一原発敷地境界に接近していった。

 敷地内にプルトニウムが検出されたとの報道があったので、念入りに境界付近数か所の地表面でアルファ線計測を実施した。結果は最大で毎分7カウントしかなかった。空中ではアルファ線は検出されなかった。すなわちプルトニウム微粒子が空中を漂ってはいないのだ。アルファ粒子はプルトニウムが放射するが、空気中を5センチメートルしか飛ばないのだ。少しだけ、敷地境界近くの地表面にプルトニウムがあるかもしれないと考えられる。

 私のセミパラチンスク核実験場内の地表核爆発地点の調査では、毎分200カウントもの値だった。しかも、空中でも10カウントも計測されたのであった。その地表は、顕著にプルトニウムで汚染しており、プルトニウムの微粒子が舞い上がっているのだ。

 これと比較しても、福島第一原発での調査時に、プルトニウム微粒子の吸い込みのリスクは無視できる。したがってマスクは不要だったのだ。プルトニウムの吸い込みは、肺がんリスクを高めるが、この心配はいらなかった。

 私はオンサイト近傍で最大10ミリシーベルトの被曝を覚悟していたが、実際は100分の1と低く、拍子抜けするものだった。さらにマスクと簡易防護衣を用意はしていたが無用だった。

 放射性物質は風向きなどによって数値が変わってくるため、ある一定時間測り、たとえその時、値が低くても決して安全とはいえないのではないかと疑問に思われるかもしれない。ところが、今回の調査では5日間にわたって常に放射線量を測定している。福島20キロメートル圏内を出入りした3日間の積算線量は0.10ミリシーベルト(=100マイクロシーベルト)であった。すなわち、今後の放射性ヨウ素の減衰を予測すれば、現地に1カ月滞在しても1ミリシーベルト(=1000マイクロシーベルト)にも満たないのである。

 さらに、毎日、自分自身の喉元の計測もしたが、甲状腺線量は検出下限以下の範囲であった。

 もちろん、核緊急事態にある福島第一原発の敷地内が高線量であるのは別である。それは病院放射線科のがん治療用装置が致死線量を発するのと似た意味である。

 世界の核被災地は復興している。チェルノブイリも、マーシャル・ロンゲラップ環礁も復興できるのだ。自然界も生物もたくましい。復興させるという強い意志を持てば、必ずできる。絶対にあきらめてはならない。

 総理大臣が福島第一原子力発電所周辺に「10年住めないのか、20年住めないのか、ということになってくる」と暴言を吐いたとされているが、断じて許されることではない。

 世界の核災害地と比べて、福島の放射線衛生上の実被害は極めて低い。より厳しい核被災地や核汚染地が復興したり、人々が再定住している現実からしても、また放射線防護学の見地からしても、福島県はもちろん、福島20km圏内も必ず人々が暮らせるようになる。その日は遠くない。

 当地の科学調査を継続し、農家の協力のもと、家畜も調査研究すべきである。今回の災難を科学力で乗り越える姿勢が福島県と政府に望まれるのではないか。専門科学者のみならず、多くの心ある国民が、福島の復興を支援するはずだ。

(放射線防護学の専門家の言葉 終了)


投稿文:吉田「はあー。3号炉は3月14日にこれは核爆発だったわけですか」
小出「水素爆発です。」
吉田「水素爆発」
小出「私は水素爆発だと思っています」
吉田「はあーそうですか」
小出「核爆発ではないかという推測をされる方もいます。いますし私自身それを絶対的にそうではないという断言できる自信もありませんけれども。多分私は水素爆発だと思います」

⇒この問題についても、放射線防護学の専門家は次のように語っている。

(放射線防護学の専門家の言葉 開始)

 ウランがあるから何かの拍子に核爆発というふうに思われる人と、「核爆発するぞ」と脅してる人が世の中にいます。インターネットかどこかで「あれがいつか核爆発する」と。それは全く嘘、デマです。なぜか。日本の軽水炉はウランを主に使っていますが、広島に使われたウラン爆弾、ウランの濃縮率は90%以上です。この発電に使う燃料の濃縮率は日本の場合ですと濃縮率は3〜4%です。まずこの濃縮度では爆発的な連鎖反応は起こらない。

 もう一つ、爆発させるためには、広島の爆弾もそうですが、かなり厚みのある金属の容器に入れないと、中の圧力が高まった時に被覆、周りの容器が先に溶けてしまうので、爆発的な膨張が起こらない。今の燃料棒の被覆管というのは非常に薄いもので、圧力が高まる前に被覆管が溶けてしまう。だから爆発的な膨張は起こらない。

 そういう二つの意味で軽水炉のウラン燃料棒は核爆発しない、原理的に絶対にしないということです。

(放射線防護学の専門家の言葉 終了)

これだけの表記の内容でも、放射線防護学の専門家の行動力・発言内容に比べれば小出氏のそれは素人のように感じる。
尚、一部他の専門家に対する執拗で不当な弾圧を見るにつけ、ここではそれを避けるために、あえて実名は出さずに「放射線防護学の専門家」とした。


34. 2011年8月24日 09:03:23: A4GQ7o9O02
放射線防護学の専門家なら、小出さんに直接メールで議論してみてはいかがでしょうか?
ゴフマン博士の「人間と放射線」が明石書店から、再販されました。うれしい、廉価版で5千円ほどです。

35. 2011年8月24日 11:21:16: vkB4vGTvOw
8/24ソコトコで「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」掛かっていました、せっかく照美ちゃんが命掛けて掛けているのに、河野太郎は無反応、馬鹿!

36. 2011年8月24日 11:44:24: YQ2h5pG6JU
基本的な事だが、核燃料は何もしなくとも発熱する。発熱するから冷却する。
青森の大規模な施設でも、使用済み燃料プールにおいても水に漬けて冷却し保存管理
している。
もし仮に冷却しなければ、温度が上昇するだけではなく、固体燃料が膨張し爆発する。
セラミクスやガラスで固形化した物体が爆発するのだ。
これは急速な核分裂反応とは異なるが、同様の事故は世界で起きている。


発電所の事故は最悪の事故のケースを想定している。複合的な要因で事故が
起こっていると想定する事はシビアなケースでは当然に起こりえる。
実際、福島発電所の爆発では何が起きたか正確には判っていないし、
事故調査委員会の調査も報告レポートすらもない。

既に誰の目にも明らかな事だが、福島発電所は爆発し構造物が破壊している。
通常の核物質管理を前提として事故のケースを例にし核燃料は爆発しないと言うべきではない。
爆発的な現象を伴わない臨界事故なら東海村で既に起きている。
特に核兵器に用いられる核技術と比べて原子力発電の核燃料を比較する事は出来ないし、目に見える爆発が起きないから安全だなどという事も出来ない。

第一、放射線防護学の専門家は防護は理解しているかもしれないが核の専門家ではないし発電プラントの専門家でもないし原発設計の専門家でもない。
書いている記事の内容がおかしい。


37. 2011年8月24日 13:32:04: oz33FCcPgo
小出先生や、後藤政志など日本の専門家は、3号機の使用済み燃料プール内で
爆発があったことに絶対触れないね。
原因はともかく、爆発があったことは海外の専門家の間では意見が一致している。

穴が開いて煙が上がっているし、底のラックに収まっているはずの燃料集合体が
水面近くまで浮き上がっていることまで指摘されているのに、一切無視。

おそらくタブーなんだろうね。

水素爆発だけで、あんなキノコ雲が上がらないのは素人でもわかる。
それを「水素爆発だと思う」とそっけなく片付けてしまう。

本当のことを言うと命が危ないのでしょうね。


38. 2011年8月24日 20:04:32: XeWCwnTTsU
コメント一番乗り。でも内容が高度すぎて何に反論しどこで相槌を打ったらいいかわからない。

ただ覚えているのは頭のずきんずきん。家族に話したが笑い飛ばされたので自信はない。あのかすかなずきんずきん(偏頭痛、というほどではない。何か細かい粒子が空中を飛んでくるな感じ。そして頭に物理的にプチプチと当たる感じ)はあの時だけだ。感じたのは。

3月12日の午後4時頃から5時頃あたり。避難所の校庭を歩いていた。避難所に避難していても多くの人は外に出ていたのだ。建物と建物を行き来したり、(ケータイがつながらないので外にある電話ボックスに並んだりしていた。)
そのときかすかにずきんずきんとした。今まで味わったことがないような頭をちょっと締め付けられるような感じ。小刻みに何度も何度も。外に出ている間ずーっと。3月12日3時36分に1号機が(水蒸気)爆発した。川内村役場は原発のほぼ真西にある。

二回目のずきんずきんは4月6日。自主的(?)一時帰宅をしたとき。(免許証やカードを持ち帰るために) 家の中でモノ探し(地震で中はグジャぐじゃだったので)して家と車を行き来するのに庭を通った時。

これまで一度も味わったことがないずきんずきんだった。二度感じた。あれは何だったのか。気のせいか。誰か説明して。


39. 2011年8月25日 00:03:03: lSU1h3KQOc
>32
情報有り難う御座います。これは知りませんでした。これから見てみます。

>>33
出ました倒電の犬!
どこの専門家だ!名前を出しなさい!卑怯な奴だ。こういった腐れ御用学者は署名を集めてクビにすべき。金に転んだ奴は金を奪い取るべきだ。


>この浪江町の避難区域は1ミリシーベルトにも満たない。
http://www.monipo.net/blog/wp-content/uploads/2011/05/koukuu-osenzu.gif
http://www.youtube.com/watch?v=kZI4YktOra8

このデータは何ですか?チェルノブイリ148万ベクレルから380ベクレル、福島は300万ベクレルから3000万ベクレル。浪江町無茶苦茶酷いですわな。これだけの汚染があって1ミリシーベルト
しか影響ないとはどういうことですかな?

アメリカさんと一緒に測った汚染データがこの酷さ。アメリカさんはグローバルホークとか使ってますよね。http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1607465.html

アメリカさんの情報は信用できますよね。少なくともエセ専門家よりはね。

そうそう写真家の広川氏が原発の近くに言った時にとんでもない値をガイガーカウンターが計測してパニクったそうですよ。1000μSv/hの針が振り切れたとかどんだけ凄いんですか?
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2268288/

まあもっとも嘘なんていくらでもいえますわな!チェルノブイリとは全く違う放射性物質です。一年すれば大半が消えます。全く問題ありません!まあ嘘つくここら辺でしょう。

>胸部X線撮影8枚分くらいです

もう聞き飽きましたわw。一秒以下のレントゲン検査と比較するとはクズですな。
内部被曝は全く無視ですか。さすが御用学者。

>福島県の場合は、甲状腺がんは発生しないという予測になります。
外れたらどう責任を取るつもりでしょうな?そうそうチェルノブイリの事故当時安全デマをバラまいた御用学者がフランスで裁判にかけられてますな。日本も当然そうすべき。最高刑は当然死刑でよろしいな!


>空中ではアルファ線は検出されなかった。すなわちプルトニウム微粒子が空中を漂ってはいないのだ

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-758.html
クリストファー バスビー博士の車のフィルター(福島)からα線の放射性物質が出てますが何か?

>これと比較しても、福島第一原発での調査時に、プルトニウム微粒子の吸い込みのリスクは無視できる>。したがってマスクは不要だったのだ。プルトニウムの吸い込みは、肺がんリスクを高めるが、この心>配はいらなかった。

本当の詐欺師とはこういう奴をいう。プルトニュウムを大量に含むMOX燃料が大爆発しているのにどうしてプルトニュウムの心配がないのですか?小学生でもわかるでしょうに。

プルトニュウムが飛散していないのならなぜアメリカから通常の60倍のプルト君が検出されるの?
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-44.html

>世界の核被災地は復興している。チェルノブイリも、マーシャル・ロンゲラップ環礁も復興できるのだ
>福島県はもちろん、福島20km圏内も必ず人々が暮らせるようになる。その日は遠くない。。

チェルノブイリは今でも死の土地ですが何か?Dr Michio Kakuはメルトダウンの影響は半永久的と言ってますが何か? http://www.youtube.com/watch?v=okHM-Y1-3L0


>チェルノブイリと比較すると福島第一原子力発電所正門あたりの線量は2000分の1以下ということになるわけです。

思うのですがそれをこの先生達に教えて下さい。そんなフルアーマーしなくても全然大丈夫ですよとね。
http://www.fiveone51.com/article/196932895.html

そうそう東電の社員達にもそれを教えて上げて下さい。チェルノブイリの二千分の一以下だから全然大丈夫。給料は一日40万円、働く時間は数時間、福島の海から取れる上手い魚、土地から取れる野菜食べ放題!夢のような生活ですよ!3年働けばもう一生働かなくても食べていける金を貯えられるはずです!
憧れていた一生ニート生活満喫できますよ皆さん!さあ東電の社員達に教えてあげましょう。チェルノブイリの2000分の1の放射線量です!とっても安全!皆で福島逝きましょう!

私は遠慮しときますわwww この年で禿げたくないんでね。

参考 Michio Kaku http://www.youtube.com/watch?v=TSfzT-2JtEk 福島はチェルノブイリの20倍の放射線量を持つ。
ロシアの科学者 チェルノブイリの20倍
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/lifestyle/6950/1.html
チェルノブイリの20倍の放射線量
http://ameblo.jp/global7ocean/entry-10939653444.html


40. 2011年8月25日 12:58:58: 186Q5NGJb6
>>37
広島型原爆ですらきのこ雲は広島県全体を覆いつくすほどだったんだよ、
きのこ雲=核爆発ってのは早計だと思う、かといって水蒸気爆発だとしても
放射性物質を広範囲に撒き散らすという意味で核兵器より或る面始末が悪い。

41. 2011年8月25日 13:56:18: oz33FCcPgo
>>40
臨界が効率よく起きるように設計された原爆と比較するのは間違い。
3号機で起きたとしても即発臨界だから爆発力は小さい。

ガソリンなどが大量に燃焼したときもキノコ雲は出るが、そんなものは建屋にはない。
そもそも使用済み燃料プールのまわりは何かが燃えた形跡がない。煤けていない。
それでいて屋根の骨材まで吹き飛ばす爆発とは何なのか。
しかもプールの中で爆発しているのだ。

東電は3号機では2回爆発があったと言っているから、
水素爆発があったことは必ずしも否定しないが。


42. ケロリン 2011年8月25日 18:51:02: 6aICm6xzPa6aE : OYXZNtmeUE

>。(放射線防護学御用センターの専門家の言葉 開始)

>浪江町などで4月9日に線量を調査しました。この浪江町のガンマ線線量率は毎時17マイクロシーベルト。私が仮にここで1日調査をして、24時間いることはまずないですが、24時間いたとしたら0.41ミリシーベルトということになります。


何回も書いてきたが・・・百歩譲ってその値が正確だとしても・・・、
0.41ミリシーベルト×365日=<146.65ミリシーベルト>・・になる。

大本営発表でさえ、年間<1ミリシーベルト以下>が規制値だ、
浪江町では、年間<146.65ミリシーベルト>になる・・・・。
これが、大したことが無いような、印象記事だな??
<放射線防護学御用センター>は、一体何が言いたい??


阿修羅はDQNの巣窟だから、
何を言ってるのかも、自分でも解らず、
その上、平気でコピペしてくるアホさえ出てくる。
・・・というのが、狙いなのか???


43. 2011年8月25日 21:08:38: lSU1h3KQOc
>42様
御用学者に嘘をつくな、というのは彼らに仕事するなといっているのと同じでしょう。東電や政府から金をたんまりもらって国民に放射能安全デマを撒くのが彼らのお仕事。絶対に嘘を止めることはないでしょう。あの手この手で嘘をつく。そんでもって政府の方針もこいつらによって決定される。間接的殺人です。何百万人の人命を危機に陥れるわけですから。オウム狂よりずっと悪い!

44. 2011年8月25日 21:44:40: lSU1h3KQOc
>38様
放射線で頭痛くなるとか唇に金属の味が残るとかはよく聞きますよね。しかしそれだけの情報では誰もわからないんじゃないでしょうか?ご心配なら病院で被曝の検査されてみては?

話題を変えます。私が一番知りたいのは福島はチェルノブイリと比較してどのくらい悪いのか、これが知りたい。政府は絶対に真実を明かさないでしょう。チェルノブイリも20年経ってようやく驚愕の事実が出てきましたね。二回目の爆発が起これば広島原爆の10倍の爆発が起こりロシアだけでなくヨーロッパの半分吹っ飛んでいたそうですね。恐ろし過ぎです。

http://www.youtube.com/watch?v=vog5R6DF9wU
ここの訳は稚拙ですがまあ無いよりましでしょう。

福島の驚愕の事実が明らかになるのはやはり20年後くらいでしょう。その時まで私も生きていればの話ですけどね(><)

4月の航空モニタリングで、チェルノブイリ148万ベクレルから380ベクレルに対して福島は300万ベクレルから3000万ベクレルという恐るべき値が出た。そしてその後も

http://www.youtube.com/watch?v=fg8yGBhoLxU

のような正体不明(再臨海?それとも水蒸気爆発?)な事を3回くらい繰り返している。場所によってはチェルノブイリより遥かに酷いはずです。だからといってチェルノブイリを超えたとは一概にいえないのではないでしょうか?あくまでも私の個人的な楽観論&希望論ですがチェルノブイリの半分くらいということにしておきたいです。

しかしながら信じた事が現実に影響されるわけないですからね。実際は三倍から五倍かも(><)
福島の放射線量はチェルノブイリの20倍。全部出ちゃったら確実に日本アウトでお隣の中国韓国も只ではすまない。恐ろし過ぎ。ある日森の中でくまさん(三メートル級、しかも複数)に出会っちゃった並の恐怖です。 (((( ;゚д゚))))アワワワワ


45. 2011年8月25日 23:50:50: 03bw0jfJsI
>38様
私は15年程前になりますが、子宮内膜症でMRI(放射線を全身にあてる)を受けたことがあります。その時、放射線が体をとうり抜けていくのを、しっかりと感じ取れ、患部と思われる個所のとうり抜ける感覚が他とは違っていたので、明らかに解りました。あまりに面白いというか不思議だったので、先生に他の人もそうなのか聞いてみたました。驚いた様子でいままでそんな患者さんはいないとのことです。
この僅かな体験からですが?
放射線に敏感な人はいると思います。ちなみに私には痛みはまったくありませんせした。参考になれば幸いです。

46. 2011年9月09日 21:33:34: ethNHERqUg
>>45
あり得ません。気のせいです。MRIは放射線を出しません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧