★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 744.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第1原発:住民に怒り、不信感…警戒区域の一部長期化 (毎日新聞) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/744.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 23 日 02:42:37: igsppGRN/E9PQ
 

福島第1原発:住民に怒り、不信感…警戒区域の一部長期化
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110823k0000m040089000c.html
毎日新聞 2011年8月22日 21時37分(最終更新 8月23日 0時04分)

 東京電力福島第1原発事故で立ち入りが禁止されている警戒区域(20キロ圏内)について、放射線量が極めて高い地域の規制が長期間継続される見通しとなった。「事故さえ収束すれば故郷に帰れる」と信じて避難生活を続ける住民の間に落胆や怒りが広がり、地元自治体は「なぜ事前説明がないのか」と国への不信感を募らせた。【伊澤拓也、島田信幸、藤沢美由紀】

 「わたしら年寄りにはもう何十年もない。一日も早く故郷に帰って、ゆっくりしたいだけなんだが」。福島市内の仮設住宅で、土田(どだ)君子さん(77)が深いため息をついた。自宅は第1原発から約5キロの双葉町長塚地区にあり、文部科学省が19日に公表した年間推定積算量は近くの測定地点で172.4ミリシーベルト。避難の基準となる年間20ミリシーベルトの約9倍にあたる。

 土田さんは被災後、避難所や県外の息子たちの家を転々とし、2週間前にようやく仮設住宅に落ち着いた。原則2年とされる入居期限が来た時は自宅に戻る時と信じてきた。夫の郁夫さん(77)は毎日のように我が家に帰る夢を見るという。

 双葉町の鵜沼(うぬま)友恵さん(36)は埼玉県加須市内の雇用促進住宅で暮らす。自宅は第1原発から約2.6キロ。「覚悟はしていた。帰れるかと期待しては裏切られることが続いてきたので、最悪の事態を想定しないと、心が持ちません」と険しい表情を浮かべた。

 双葉町ではパート社員として食材の配送や営業をしていた。「地元で子どもを育て、自分も仕事を続けていく生涯設計が全部ダメになった」。しかし、生まれ育った町や海への思いは割り切れるものではない。「せめて年に1回くらいは家に帰れたら……」

 一部地域の立ち入り禁止継続を打ち出した政府の対応を、福島県は冷静に受け止めている。災害対策本部の職員は「これまでのデータでも原発周辺では毎時50マイクロシーベルト以上の信じられない数値が出ている。他の区域で行っている高水圧洗浄や表土除去では歯が立たず、家を取り壊すなど徹底的な除染が必要で、元通りの町並みを残したまま帰還するのは困難」との見方を示し、「県も自治体も『短期間には帰れない』と薄々気づいている。誰かが宣言する時期に来ていたのでは」と話した。

 だが、地元自治体からは「またも国は頭越しか」との声が上がっている。全域が警戒区域となっている大熊町ではこれまで実施されてこなかった半径3キロ圏内への一時帰宅が26日から始まるが、同県会津若松市に移転した町役場には22日、「一時帰宅が最後になるのか」などの問い合わせが相次いだ。担当職員は「国から事前の調整がなく、何も説明できない」と憤った。

 渡辺利綱町長によると、細野豪志原発事故担当相が20日に3キロ圏内を視察した際、除染のモデル地区を作るよう依頼したところ、細野担当相は「全力で取り組みます」と答えたという。渡辺町長は「一度も除染作業をしないで『帰れません』では住民が納得しない。政府に住民説明会を開くよう求めたい」。双葉町の井戸川克隆町長も「住めなくなると決断する前に、土地の放射性物質の除去などやるべきことがあるのでは」と国との話し合いを求めた。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月23日 03:39:51: Q742Bd6j56
ちょっと待て!
地方と国の対立構造として描いているが、肝心の「主人公」がいないではないか!

大地を汚し、人間の住めない場所にしたのは、東京電力である。
第一の責任は東電だ。
やつらは一体何をしているんだ?


02. 2011年8月23日 05:03:35: maxkpWHZCo
日本が滅びるかも知れんってときに
政府は何やってんだ?
原発をこれからどうするつもりなんだ?
震災復旧をどうやっていくんだ?
代表選の政策論争に浮上していないのにはあきれる
マスコミも最低だよな
あのあたり50q程度は人がすめる状況でないのにさ
細野の馬鹿は避難解除するだってよ
こいつはやっぱチンカス人殺しだ

03. 2011年8月23日 06:08:30: JZJFncoyZM
被害者づらしているが、交付金でロクでもない施設を作っておろかな贅沢三昧した住人達だろう。自業自得とも言える。
責任は、あろう。
時々は帰りたい、というのも、また迷惑な話だ、無駄な金がかかる。
乞食根性のつけではないか。

04. 2011年8月23日 06:37:22: au4dKgprDA
>>03

何もわかっていないくせに馬鹿なこと言ってるなよ。知恵遅れ。

お前みたいな脳なしは死んでしまえ。

1.ロクでもない施設とは何のことか具体的に名前を挙げろ

2.おろかな贅沢三昧をした住人とは誰のことか、どういうことか説明しろ

他人の立場に立ってものを考えれば、時々帰りたいと思うのは至極当然の話だろう。

また迷惑な話だとあるが、何が迷惑なんだよ?無駄な金がかかるというが

お前は東電の会計係か?住人を放浪の民にしておいて乞食と言うとはお前の脳味噌

は腐っているか又は無脳症なのだろう。犬畜生より馬鹿な奴は死んでしまえ。


05. 2011年8月23日 07:07:06: k931ppotGk
チェルノブイリでも後から戻って住んでる老人とかがいるんだから
福島県双葉郡でも数年たてば戻ってひっそり暮らす人もでるんじゃないかな。

06. 2011年8月23日 07:38:06: vYaTE3dzKU
事故さえ収束すれば故郷に帰れるなんて考えられる方がどうにかしている。
原爆投下間もない爆心地に近い所に住むようなものだ。

07. 2011年8月23日 10:49:26: huMALo37oA
汚染の実態を明らかにして、住民の選択に任せればよいのではないだろうか。
避難する人には生活費を含めたその費用は東電及び国が負担し、住み続けることを選択した人には、放射能を起因とする病気になったときに、損害賠償金を出せばよい。
 そのほうがTOTALの支出が少なくて住む。
私なら絶対住まないけど。
私は心臓にステントを入れるのに、冠動脈の直径を計測するのに超音波をいれたので結構時間がかかり、終ったら食事を吐いた。私は術中の冠動脈造影のために放射線を浴び続けた影響だと思っている。
これだけの事故で放射能の影響があるところで、帰れないといって怒っている人の気が知れない。

08. 2011年8月23日 10:59:44: JywhpcJSgQ
なんというか、放射能で汚されていても、自分はもう十分老いているので愛着のある故郷を離れたくないと思うひとはいると思う。

また「除染もしないで!努力もしないで!」と怒りを感じるのはわかります。でも、とても除染できるようなレベルではないのです。


09. 2011年8月23日 12:50:22: TH6ry05dzQ
帰れないことは、3月の爆発時点で判っていたのに、それを今まで発表を延ばしに延ばしただけの事だと思う。

酷な流しであるし、本来ならばここの地域住民(選挙権を持っている大人)にも責任がある。
大熊町、双葉町にしても、町議会員全員が原発賛成派構成され、反原発を唱えた人が誰も当選しない。確かに原発が出来たから、出稼ぎに行かずに済んだし、町も発展したのも事実である。
しかし、反対派や慎重派が全員排除された状態で、緊張した議会運営や電力会社に物を申す事が果たして出来たのであろうか?
何事も、なあなあで物事を進めてきた結果でしかないでしょう。

現状の放射性物質が出続けている状態で高レベル地域での徐洗(洗浄)は、雪が降っている状態で雪かきをするような物であるし、せっかく洗浄した直後にまた降ってくる状態なので、少なくとも放射性物質が飛散が止まってからしか出来ないでしょう。
更に、人口建造物や、道路、畑等は、高圧洗浄機や、表層の地面を取り除く事は可能であるが、山林、河川に降り注いだ、放射性物質の除去にはほぼ不可能に近いのではないでしょうか?

60歳以下の住民は、もう帰らないことを覚悟する必要が有るでしょう。(特に若い世代)
但し、60歳から上の人には、言い方は悪いが、放射線に対する感受性が低いので、年4回以上の健康診断を義務づけて、放射線レベルの引くところから帰宅させても良いのではないでしょうか?
その代わり、食料品や行政サービス等は、放射能が安全と云っている、政治家や御用学者又はその近親者、東電にやって貰わなければならないが・・・。


10. 2011年8月23日 18:02:43: RRc2xdsED2
「事故が収束したら帰れると思ってた」のが驚き。何言ってんだこの人たちは。
結局原発に無関心で何も知ろうとして来なかったという事だよな。だから平気で
原発の傍に住んでたんだろ。地方の特に中高年以上は殆どこのタイプじゃないの?
何も考えてない日本人。

11. 2011年8月23日 20:49:05: iNxxDJ7VrI
チェルノブイリでも避難区域に戻って住んでいる老人達がいて、
サマショーロ(わがままな人達)と呼ばれて差別されている。
しかし年間170ミリシーベルトの地域にはさすがに人は住んでいない。
福島とチェルノブイリでは避難基準のケタが違う(食品の基準値もだが)。
福島では本来避難すべき地域に住み続けることを余儀なくされている
子ども達まで差別されている。彼らを避難させる責任は東電や政府に
あるのに、マスゴミによって責任が転稼されている。非道な国だ。
今こそ声を大にして東電の責任を問い、幹部の私財を売り払ってでも
全面賠償させなければならない。もちろん会社は倒産させることになる。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧