★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 775.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第1原発:サリーの放射線 作業員被ばく3.47ミリ (毎日新聞) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/775.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 24 日 01:46:41: igsppGRN/E9PQ
 

福島第1原発:サリーの放射線 作業員被ばく3.47ミリ
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110824k0000m040145000c.html
毎日新聞 2011年8月23日 23時45分

 福島第1原発で導入している高濃度の放射性汚染水浄化装置「サリー」の配管から、毎時3シーベルトの高い放射線量が計測された問題で東京電力は23日、作業員の最大被ばく量が3.47ミリシーベルトだったと発表した。計画線量5ミリシーベルトを超えた作業員はいなかった。

 東電によると、22日午前7時過ぎから計23人が交代で、放射性セシウムを吸着する部品交換作業をしていた。松本純一原子力・立地本部長代理は「(配管に付着していたとみられるセシウムの)塊は数グラム程度と思われるが、なぜ配管に付着したのかは分からない」と述べた。

 また、東電は、4号機使用済み燃料プールの水を循環冷却する装置の配管で、微量の水漏れが見つかったことも明らかにした。

 水漏れが見つかったのは、4号機廃棄物処理建屋内のステンレス製配管。縦14センチ、横15センチほどのにじみがあり、30秒に1滴程度、水がたれているという。同プールの放射性物質の濃度は低く、1リットルあたり約10ベクレル。配管の下に受け皿を置いて、冷却装置の運転は継続している。【藤野基文】

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2011年8月24日 02:53:49: 9XFNe/BiX575U : PsECOTvAN6
>「(配管に付着していたとみられるセシウムの)塊は数グラム程度と思われるが、なぜ配管に付着したのかは分からない」

セシウムの塊というのが疑問だ。水酸化セシウムの状態で見つかったはずで、それなら塊で見つかるはずがない。水に溶けた状態でしか普通は存在し得ないはずで、濃度があまりに高いために析出したか、または、不溶性の酸化物になっていたか、どちらかだが、そもそも、配管の外側に付着していたのか、それとも内側なのか、それもはっきりしない。

上の報道では、浄化する対象の液体に混じっていたのか、それとも、原発敷地内のどこかで付着したものなのか、それが分からない。

どちらにしても、放射能漏れが今でも大規模に続いていることを示唆することだと思う。


02. 2011年8月24日 07:02:02: B2SDsiH2RV
汚染水を原子炉・格納容器や他の付属設備から直接浄化設備に送り込むのではなく、
下水道設備のように、いったん沈殿槽に滞留させ浮遊しいている粒子状物質を沈殿除去
してから浄化設備に送り込んだほうが浄化設備への負担が軽減されるのではないだろうか。

03. 2011年8月24日 11:13:48: FsdZAfXqe6
「セシウムの塊」と言われて本当にセシウムの塊を想像するのは知識が足りない。

本当にセシウムの塊なんてあったら3Svなんかじゃ済まない。
高濃度のセシウムを含む、汚れの塊と解釈すべき。


04. 2011年8月24日 23:06:16: 9470b9hCBI
あれほど塩ビが好きだった東電が、ステンの配管を使ったのは大進歩だろう。
しかし、あのコストカッター東電が、ステンを使ったということは、よほど絶望的な状況なのに違いない。
もうおしまいです。
さようなら、ジャパン。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧