★阿修羅♪ > 原発・フッ素16 > 373.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
20110907 町をどう存続させるのか 岐路に立つ原発避難者たち(クローズアップ現代)
http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/373.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 9 月 09 日 21:44:41: KbIx4LOvH6Ccw
 

20110907 町をどう存続させるのか 岐路に立つ原発避難者たち
http://dai.ly/oOGqPZ
http://dai.ly/oOGqPZ

クローズアップ現代より。拡散した放射能によって全住民の避難がつづく原発周辺の町。一日も早くふるさとに帰りたいと願ってきた人たちが、いま大きな岐路に立たされている。かつて共に町おこしに取り組んできた福島県浪江町の若者たちだが、避難生活が長期化する中で、ふるさとに戻ることを断念する仲間が次々と出てきた。このまま若い世代の流出がつづけば町は成り立たなくなる。危機感をもった行政は、対策を懸命に模索している。震災から半年、町の存続をめぐる原発避難者の葛藤を見つめる。

--------------------------------------------------

http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3091

2011年 9月 7日(水)放送
町をどう存続させるのか/岐路に立つ原発避難者たち(クローズアップ現代)

震災から半年、原発事故で被災した自治体で、町の将来を巡り激しい議論が起きている。放射性物質による深刻な汚染が明らかになった浪江町では、故郷への帰還を目標に掲げる役場に対し、商工会青年部を中心とする子供を持つ若い経営者たちが異議を唱え、敢えて、『故郷には戻らない』と宣言。放射線の脅威がない“代替地”に結集し、いち早くコミュニティの再生をはかるべきだと主張しはじめた。町民の中にも、帰還の見通しが立たない状況に不安を募らせ、生活再建のため避難先への定住に踏み切る人も増えている。しかし役場側は、「今後の除染の結果を待たねば判断は不可能」として、あくまで“不帰還宣言”に同調する様子はない。政府が来年1月までに示すとした『帰宅見通し』を待たずにはじまった町民と役場の激論を追いながら、原発被災地の復興に今何が必要なのかを考える。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年9月09日 22:45:02: H0e6ay11VE
早い話、見切り千両ということだ。

誰だいつまでウソに希望をつないでいるのは。先の戦争で沖縄まで攻め込まれていて勝てるわけがないのにまだ「国体護持」とわめいていた光景とダブる。

「原発推進」これは現在の「国体護持」である。


02. 2011年9月09日 23:09:39: u4XBhbcgCY
人のために町があるのか、町のために人がいるのか。

人のために国があるのか、国のために人がいるのか。


03. 2011年9月09日 23:53:49: t6Zfev5Hqk
面白い記事があったので転載します。
こんな深夜にテキスト版2
http://moonlights2010.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=4389614
原発事故特別法でバーチャル自治体を造れ - 丁稚48歳
2011/09/09 (Fri) 23:14:01

原発事故が発生した当時は菅民主政権だった
そこから既に半年が過ぎ、新しく野田政権ができたが
原発事故への対応は、相変わらず遅々として進まない。
この状況に対して被災した自治体や住民の苦悩は増すばかりで
先日NHKのクローズアップ現代では
被災した浪江住民の模索を放映していた。

個人的な結論から言えば、原発事故で被災した自治体は
現在のままでは存続できない。
私の提言は原発事故で被災した自治体や住民の
二重自治・二重住民票登録を認める特別立法である。
そこで必要になってくるのはバーチャル自治体だ。

住所表記も二重にできるようにする。
自治体の予算や行政サービスは仮想自治体で存続させる。
被災者が避難している、生活している自治体に徴税や行政サービスは
委託するのだが、予算や支出その他諸々の業務は特別立法で存続する
仕組みを造るのだ。
当然、地方自治に必要な交付金も存続する。
自治体としてその土地に住んでいるわけではないが
被災して非難している地域に元々の自治体の行政業務を委託するとの
形をとり、バーチャルタウン仮想自治体とするのだ。
住民の住民票は二重に登録できる。
IT技術が全国隅々まで行くわたっている現代だからこそ可能だ。
市役所や区役所の記録は仮想自治体サーバーに存在する。
いわき市あたりに被災した自治体を統括するデータセンターを
設立するのだ。
南相馬市等の避難区分が入り組んでいるところはまた個別対応が必要だ。
予算は当然存続する自治体の予算である。
自治体の資産は国が借り受けるのだから、そこからお金は出る。

福島市や郡山市は放射線量から論外である。
本来なら、福島市や郡山市は避難地区・立ち入り禁止地区である。

自治長や議員・役人はこのサーバーデータを基に
全国を飛び回ることになる。
住民が仮想自治体にアクセスできるようにするのは
地デジTVを端末化して対応する。
高齢者にもTV電話などをいつでも使えるように開放する。
被災した地域に存在した企業などにもバーチャルモールを造り
開放するのだ。

住む場所に関しては世代ごとで分けるしかない。
50代以上など、放射線からの影響が僅かだが少なくなる世代で
どうしても故郷の近場に住みたいのであれば、同じ福島県浜通り地区の
いわき市・相馬市・新地町、南相馬市の一部に住むことである。
どうしても故郷の近くに住みたいとする高齢者等には
バーチャルではなく3ヶ月や半年にいっぺんぐらいは地元に
立ち入れることとする。

子供がいる世代や若い世代は、福島県外が望ましい。
放射性物資を除染・無害化できるような画期的な技術ができなければ
10年20年で戻り定住できるはずがない。
汚染で立ち入れない場所は、国の借り上げである。
買い上げではない。
借り上げて、何十年何百年かかろうと除染してすめるようにするとの条件で
国が借り上げるのだ。
買い上げたら国が好き勝手してしまうのは目に見えている。
借り上げ返却という重し、重圧をかけておくのだ。
土地や建物の賃料で、若い世代や子供&希望する住民は
県外への集団移住が望ましい。
移住に耐えうる土地や条件というのは限定されているだろう。
例としては、北海道等の農業+漁業などができる広大な土地を
国の調整により汚染地区の賃料で借り受け住むのである。
上記に記載したように、移住した住民の方々は二重住所が認められる。
浪江町のような自治体は仮想自治体として、汚染の除去等の技術が確立し
人が住めるまでバーチャルな自治体として存続させるのだ。
【転載終了】
現状でも原発事故で被災した役所のHPは存続しているようだ。
それを更に拡張した考えなのだろう。
地元住民のコミュニティーやつながりをある程度維持するのには役立つ
更には国に原発事故への真剣な対応をさせるという重石にもなるかもしれない。
まじめに検討しても良いのじゃないだろうか?


04. 2011年9月10日 08:16:50: 9sgsaTCGB6
65歳以上は余生を故郷で穏やかに過ごして
生涯を終えたいだろう。

だが将来がある働き盛りの人や年少者を抱える世代は
代替地に住んで生活設計の立て直しをしたいだろう。
除染をしても完全には除染は出来ないのだから・・・


05. 2011年9月10日 18:16:57: tGsgduxheQ
犬hkのいつもの誘導番組
インタビュー相手がなんと「浪江町長」
自分のポストが無くなるのだから
集団避難を嫌がるに決まっているじゃないか
原発応援団である首長軍団→日本町村会間接ヨイショ番組
もっともこいつらがてめえの利権・ポストだけが大事で
住民のことなどこれっぽっちも考えていないことは良く判ったな

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素16掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素16掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧