★阿修羅♪ > 原発・フッ素16 > 532.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
六ヶ所村の再処理工場→33京Bq (古性隆の「陽はまた昇る」)
http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/532.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2011 年 9 月 15 日 14:27:10: tZW9Ar4r/Y2EU
 

古い記事だが、既出ではないようなので、貼り付ける。
私は、以下の件、全く知らなかった。驚くべきことであるが、既出なら削除してください。

福島原発事故で放出された放射性物質の総量は77万テラベクレルだったと経済産業省原子力安全・保安院は発表している(毎日jp)。
当初、37万テラベクレルと発表していたが、6月6日に上方修正した。
国際原子力事象評価尺度(INES)では、数万テラベクレル相当の放出がある場合、「レベル7」とされている。
チェルノブイリ原発事故は520万テラベクレルと推計されている。

ところで、77万テラベクレルというのは77京ベクレルということになる。

私が小学生・中学生の頃は「兆」の単位までしか学校では習わなかった。今は「京」の単位まで習っているようだが、とにかく大きな数値である。
その数値の大きさに国民の多くが驚き、福島原発事故の深刻さを改めて思い知らされた。


さて、みなさんはご存知だろうか???
実はこの日本の中で年間33京ベクレルまでの放射性物質の放出が認められているところがあるということを・・・。
恐らくご存知の方は少ないのではないだろうか?
私も先日のエネルギーシフト勉強会のネット中継で、公明党加藤修一参議院議員が「下北の六ヶ所村では年間出してもよいという(放射性物質の濃度は)管理目標値は33京ベクレルだ。33京ベクレルまで出してよいことになっている。」と話をされるまではまったく知らなかった。

ニュースにはならない、知る人ぞ知る、問題意識を持った人しか知らない・・・こういう事実が既にあるのだ。

私は耳を疑った。33京ベクレルと言ったら77京ベクレルの半分よりちょっと少ないくらいの値だ。
77京ベクレルで日本国家が揺るぎかねないほどの重大事になっているのに、33京ベクレルの方はほとんどニュースにも出てこない。
ごくごく普通に何事もないようにサラリと流されている。

福島第一原発事故では、大気中にも海水中にも放射性物質が流れ出た。
青森県六ヶ所村の再処理工場からも、実は大気中にも、海水中にも放射性物質が放出されているのである。

福島原発から排出される放射性物質は危険だが、六ヶ所村の再処理工場から排出される放射性物質は安全だなどと言うことはまったくない。
放射性物質に変わりないのだ。

六ヶ所村の再処理工場の放射性物質の排出実績を調べてみようと思った。

一番の問題は、調べるにしてもパッとデータが出てこないことだ。
放射性物質の放出量は、日本原燃(株)のHP(今年度の分だけ)。
過去の放射性物資の放出量データは、同じく日本原燃(株)のHP内にはあるが、どこのリンクからたどればここにたどり着くのかわからない・・・。
たまたま教えてくれた方がいたので、わかったのだが・・・。とにかくわかりづらい。
更に放射線量になると、過去2週間分しか出ておらず、また皆さんご存知のμSv/hの単位ではなく、nGy/hという単位である。もっと過去のデータはないかと探してみたら月毎の最大値と最小値は出て来るが、毎日のデータは見当たらないという状況だ(もしかしたらどこかにあるのかもしれないが、今のところ見つかっていない)

不思議だなと思うのは、福島第一原発事故では放射線量が通常よりも高くなっているが、六ヶ所村の再処理工場では大気中に放射性物質を放出しても、放射線量にあまり変化がないようなのだ・・・(月毎の範囲しかわからないので、放出したときに上昇しているのかもわからないのだが)。
なんで???
なんで???
なんでなんだろう???

前置きが長くなったが、排出実績を見てみると、・・・下表の通りだ。

【放射性気体廃棄物の放射性物質の放出量】(NDは検出限界以下)

年間放
出管理
目標値 年度(単位:Bq) 単位:Bq
H19 H20 H21 H22 H23.4
クリプトン85 33京Bq 1.7京 4.6京 1.8京 ND ND
トリチウム3 1900兆Bq 6.0兆 9.8兆 3.7兆 0.34兆 810億
炭素14 52兆Bq 0.91兆 2.1兆 1.4兆 ND ND
ヨウ素129 110億Bq 2.2億 3.3億 2.0億 0.018億 ND
ヨウ素131 170億Bq 0.0032億 0.11億 0.058億 ND 210万
その他α線を放出する核種 3.3億Bq ND ND ND ND ND
その他α線を放出しない核種 940億Bq ND ND 0.0026億 ND ND

【放射性液体廃棄物の放射性物質の放出量】(NDは検出限界以下)

年間放
出管理
目標値 年度(単位:Bq) 単位:Bq
H19 H20 H21 H22 H23.4
トリチウム3 1.8京Bq 0.049京 0.13京 0.036京 0.00041京 120億
ヨウ素129 430億Bq 0.94億 2.4億 2.1億 0.12億 72万
ヨウ素131 1700億Bq 0.031億 0.046億 0.49億 ND ND
その他α線を
放出する核種 38億Bq ND ND ND ND ND
その他α線を
放出しない核種 2100億Bq ND ND ND ND ND

わからない・・・。放射性物質濃度が「京」の位まで達しているというのに、なんで六ヶ所村の再処理工場近辺では問題にならないのだろうか・・・。
福島第一原発事故では大騒ぎになっているというのに。
なんで???
なんで???


ここに日本原燃(株)が公表している放出状況のグラフがある。是非リンクをクリックしてグラフを見て頂きたい(表がまず出て来ると思うが、少しスクロールするとグラフが出て来る)。

いかがだろうか? これはあまりにひどくないだろうか???
グラフの縦軸の桁数のとり方が、例えば放射性気体廃棄物のトリチウム(1番上の右側の図)であれば、管理目標値の1900兆Bqつまり1.9×1015Bqの1015の桁だけしか表されていない。1015以外の桁はなんと「0」!!!
平成23年4月の排出量は810億Bqだが、グラフ上は「0」!!!
1015の桁になって初めてグラフに出て来る仕組み・・・。

あまりに乱暴すぎないか???

桁数が大きすぎて書ききれないのであれば、波線を入れて省略形にするか、いやいや、省略形にしなくたって、きちんと表示できるでしょうに・・・。

何でこういうトリックを使うのだろう・・・。
これをトリックと言わずに何というのだろう。
小学校2年生か3年生でグラフの描き方を算数の時間に習う。。。描ききれないときは省略の印(波線)をつけて描くんだということを習う。
なぜ、そのように描かない???

これはもういよいよ怪しくなってきた。

ちなみに、このトリチウムの海への年間放出管理目標値は一般人の年摂取限度3億2400万人分に相当すると京都大学原子炉実験所助教小出裕章氏が仰っている。

六ヶ所村の再処理工場は、注目していかねばならない施設である。

追伸、「年間管理目標値」はあくまで目標値。この点も注意!!!


【参考】

•日本原燃(株):放出状況
•日本原燃(株):安全協定に基づく定期報告書
•青森県環境生活部原子力安全対策課:青森県の原子力安全対策

http://office-aoba01.seesaa.net/article/210572296.html

以下にも凄いことが堂々と書いてある。
興味のある方は、どうぞ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E3%83%B6%E6%89%80%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%A0%B4

国に提出されている再処理事業指定申請書には、放射性廃棄物の環境への推定年間放出量が記載されている[5]。この値にもとづいて周辺住民などの年間実効線量当量が推算されている。また、保安規定として、同じ量を放出管理目標値に設定している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. BRIAN ENO 2011年9月15日 14:46:27: tZW9Ar4r/Y2EU : vfGGvbPXMg
上記の表はズレているのでわかりにくいので、
リンク先を見てください。

02. 2011年9月15日 15:14:21: DxiJFVdsrx
私も知らなかった。これでは北海道まで汚染されるのは確実。ますます東北、北海道の食べ物が買えなくなる。

03. 2011年9月15日 15:28:48: BIgfJMRMNE
京の次の位は何だったっけ?

04. taked4700 2011年9月15日 15:49:44: 9XFNe/BiX575U : 1Ljo8xbXQU
これは多少誤解があります。

六ヶ所村の場合は、一年間での数値です。福島の場合は、3月11日から一週間ほどで大部分の放射性物質が環境中へ飛散し、かなりの濃度のものが人口密集地帯へ降り注ぎました。

次に、出てきている核種の問題があります。もし、半減期の短いものが大部分であれば、六ヶ所村のあまり人口が多くない地域で、しかも、太平洋上へほとんどが流れていくなら、実質的にあまり大きな問題にはならないはずです。

ただ、再処理工場では結構プルトニウムなども漏れてしまうという話を聞いたことがありますから、実態がどの程度か、確認する必要があると思います。

どちらにしても、環境中へ放射性物質がどんどん漏れて出ていくわけで、その意味では大きな問題です。ただ、その影響を評価することはかなり難しいでしょうね。


05. taked4700 2011年9月15日 15:55:19: 9XFNe/BiX575U : 1Ljo8xbXQU
追記です。

人間の本来持っている免疫力の範囲で被爆するなら、あまり問題ではないのです。

あまり高線量ではなく、しかも、被爆が一時的であれば、なんとかなる可能性はあります。

六ヶ所村の33京ベクレルは確かに大きな数値ですが、現実の生活環境での被爆量がどうなるかが問題です。煙突を高くしたり、風向きを考えて排出をしたり、工夫をすることで人間の実際の生活環境への影響を少なくすることはできます。


06. 2011年9月15日 16:19:28: vm8v3hG2Cw
今度の件で六ヶ所が超アブナイ、ということがバレてしまった。
再処理工場だけでなく、普通の原発でも、もれている、ということも。

福島が一年かけてゆっくりだったら問題なかった、というコメントは原子力村からのものだろう。


07. taked4700 2011年9月15日 16:52:14: 9XFNe/BiX575U : 1Ljo8xbXQU
>>06

多分誤解をされています。

そもそも、放射性物質は天然に存在するのです。プルトニウムなどを除いて、原子炉で発生する放射性物質の大部分は、自然状態でも発生します。

ですから、原子炉の問題は究極的には放射性物質の表れ方の問題なのです。

もちろん、放射性物質が無いに越したことはありません。しかし、例えば放射性があるカリウム40は地球上の環境全てにほぼ普遍的に分布しています。そして、カリウム40から出てくる放射線の方が、今問題になっているセシウム汚染地域でのセシウムからの放射線よりも強いのです。

カリウム40は地球誕生の時からあった様子で、生物はカリウム40からの放射線には適応したのだと思います。同じガンマ線でも強さが異なるのです。強さが異なると、生体内での反応も異なることが確認されている様子です。

どちらにしても、六ヶ所村自体が新たに核物質を作っている訳ではなく、単にあそこで再処理しているだけです。本来の問題は原子炉にあるのです。


08. 2011年9月15日 17:09:50: pIad38DQnM
六ヶ所村で排出予定は33京ベクレルでしょ
これは、目標であって本当はもっと出すつもり。

排出には、濃度には規定があるが量には規定が無い
つまり、薄めたら地下処分する予定の廃棄物も全部放出してもいいらしい。


09. 2011年9月15日 18:16:05: gy2CH7Cpm6
六ヶ所村の排出基準この投稿で知りました。
フランスの再処理工場のダダ漏れは聞いていましたが、日本も同じとは!
原発即廃止にしないと、将来人口激減、残った奴は病人だらけ!

10. 2011年9月15日 19:28:59: y4rwBBP6EQ
セシウム・ヨウ素の33京Bqと、クリプトンの33京Bqを同列にしてもいいのかなぁ、と思うけど、「じゃぁ、何が違うの? 放射性物質のくくりで並べるしかないんじゃないの?」と言われそうだな。。。。

11. 2011年9月15日 19:43:25: pEgCpfCxXY

http://cnic.jp/files/lec/koide090321.pdf
で、小出氏は次のように指摘します。
「六ヶ所再処理工場から放出が予定され、そして実際にもそうなる放射能の一つにトリチウム(三重水素)があります。海に放出が計画されているその量は年間 18000 テラ・ベクレルで、1 日あたりにすれば約 60 テラ・ベクレルです。」

六カ所が稼働すれば年間18000兆ベクレルが海に拡散されるんです、
トリチウムだけでこれです。2000兆ベクレル?なんぼのもんじゃですね。
日本政府は、再処理工場の場合には、原子炉等規制法の規制から
除外し、濃度規制をしないことにしてしまいました。

ある意味、日本政府にとっては福島第一事故なぞ、六カ所の汚染能力に比すれば
何でもない日常にすぎないかのようです。法的には。
仮に、福島事故後の海産物摂取による体内被曝により、事故後二十年で
発がん発白血病で死者が千人、ぶらぶら病患者が一万人出たとしましょう。
六カ所の放射能拡散量はトリチウムだけで、福島事故の六月末時点の
公表拡散量の2500倍あるんです。
するとですね、六カ所稼働後二十年後、
体内被曝による死者、ぶらぶら病患者も単純計算でそれぞれ、250万人、
2500万人となり、一年当たり、それぞれ12.5万人、125万人となります。
日本政府はこんなに市民を苦しめて、そこから吸い上げて
干上がるために法改正あるいは法改正なく基準を変更してきました。鬼です。
狂気の沙汰です。
結局、フランスやどこかのように、市民が立ち上がって、情報管理、
政府監視、除染、政治弾圧阻止救出、の独立機関をつくり、
国家の暴力と闘わなくてはならなくなるだろう。
特に重要なのが、バズビーの言う、健康被害追跡調査のための独立機関だろう。
http://umi238.blog79.fc2.com/blog-entry-75.html
がんの発生率に結びつくデータを集め、管理、証拠を残すこと。

具体的には、たとえばhttp://www.videonews.com/asx/news/news_536-0.asx
22:20から転載。
髪の毛に放射性核種が残り、計測できるのでぜひ保存しておくこと。
一ヶ月に一センチ伸びるから、四センチ以上になったところで根元から
十本か二十本抜きまたは切り、
ビニール袋に入れて冷蔵庫保管。袋にラベルを貼り、ラベルには氏名、年齢、
行動記録、自覚症状を記しておく。それはいずれ法廷闘争で証拠能力を
認められる可能性がある。

なお、トリチウムについてバズビーはこう述べてる。
Q:
水のトリチウム(水素同位体)の検査をしていないという話。
どれぐらいの数値だとどういう被害が予想されるのか。

A:
ECRRはICRPから危険性を無視された重要な要素と考えている。
動物の発育障害を促すことを知られている。特に胎児。
DNAへのダメージ効率が高い。
だがβ線が低いため、被曝量ベースの計算をした場合
そのリスクは相当の過小評価につながる。
だが水を大量に使用している福島からは
大量のトリチウム発生が予測される。

また、トリチウムは集合する性質で知られている。
そうしてトリチウムの霧を発生させたりする。
それを吸引する恐れがある。水蒸気と同じなので体に吸収される。


12. 2011年9月15日 20:10:49: vm8v3hG2Cw
再処理工場のなり手がないはずだ。
漏らさなければ成り立たないシステムなら、すでに原子力発電は破綻しているではないか。

漏れる事を隠して安全だクリーンだと言い募り無知な住民を騙すお前達は縛り首に相当する犯罪者だ。

再処理工場では、一年に数十回、原水爆が爆発する量の放射能を排出している。
そんなの、まっぴらだろ、しらなかった。


13. 2011年9月15日 22:08:43: Get9aY0xRA
ここも合わせて読まれると、いくらかことの次第がより正確に理解できるとおもいますので
http://www.stop-hamaoka.com/kaisetsu-6.html

ベクレルという単位にだけ引っ張られるのは、私も素人なので仕方がないとは思いますが、放射性物質にも様々な特徴があるようです。「なんで?なんで?」ということを書かれるのなら、もう少し追跡調査をしてみて追加投稿をお待ちしています。


14. 2011年9月15日 22:32:16: ZXg4qOGMEo
福島の燃料棒があったと想定して計算すると77万ベクレルになるのだろう。

実際どうだろう?

トキオの山口君がダッシュ村(飯館町)に行って計って15マイクロ・シーベルトだ。


15. 2011年9月15日 23:58:23: oz33FCcPgo
>>07
>そもそも、放射性物質は天然に存在するのです。プルトニウムなどを除いて、
>原子炉で発生する放射性物質の大部分は、自然状態でも発生します。

六ヶ所村再処理施設が放出する主な放射性物質は以下の通りだが、
自然界にはごく微量にしか存在しないものだ。

クリプトン85  
ヨウ素129,131
セシウム134、137
ストロンチウム90
プルトニウム239、240、241
コバルト60
アメリシウム241

>カリウム40は地球誕生の時からあった様子で、生物はカリウム40からの
>放射線には適応したのだと思います。

地球上の生物にとって上記の物質は新しいものであり、
太古の昔から存在するカリウム40と違い、全く適応性はないものと考えられる。
またヨウ131は甲状腺に、ストロンチウムは骨に蓄積されるなど、
化学的特性が物質により異なるので、線量だけで危険性は判断できない。

>どちらにしても、六ヶ所村自体が新たに核物質を作っている訳ではなく、
>単にあそこで再処理しているだけです。本来の問題は原子炉にあるのです。

その再処理が問題なのだ。
ジルコニウムのさや(被覆管)に収まっている使用済み燃料(死の灰)を
細かくせん断し、硝酸液で溶かす。
この工程でとんでもない量の放射能が放出される。また爆発の危険性もある。
再処理工場の汚染は原発の数百倍以上と言われている。

汚染があまりにもひどく厄介なので、使用済み燃料の再処理は断念し、
直接処分するのが世界の趨勢だ。
日本やフランスなどごく一部の国が核燃サイクルにこだわって、
無意味に放射能汚染を広げているのだ。

それも、高速増殖炉は完全に破綻、プルトニウムをMOX燃料として再利用するだけだから、
本当の核燃サイクルではない。

原子力産業はウラン採鉱から再処理、最終処分までどこをとっても、イカサマ、まやかし、
問題だらけなのだ。


16. 2011年9月16日 00:13:59: vm8v3hG2Cw
なんだ、燃料を低温で十万年保管するだこではなく、
切り刻むの、、、
高速増殖炉破綻しているのに。

六ヶ所の人は毎日、風の流れしだいて放射能すってるのか。十万年の義務を負いながら。


17. 2011年9月16日 00:56:13: wPhSbkP90U
15さん。すばらしい分析です。

18. 2011年9月16日 08:31:46: urlcOVwQGw
六ヶ所村は、ほとんど治外法権と化している。
日本のようで日本でない。

19. 2011年9月16日 12:53:21: tzmi4UKous
いまだに12基の原発の予定があって
進行中も2基?あって!
な〜んてバカな国日本!

再処理施設なんて作って人間に生き物にいいわけないのは
最初からわかっている!
六ヶ所村初めからなんてなかったら
自然豊かな故郷で済んでいたものを
強欲な人間が住めない地域にしてしまった!
六ヶ所村近辺の住宅が売れない!ってやってましたっけねぇ

賢明な判断です!
施設に何の問題なくても
十分体に悪い!ってこと!
日本人の汚点施設!


20. BRIAN ENO 2011年9月16日 15:47:26: tZW9Ar4r/Y2EU : vfGGvbPXMg
遅くなりましたが、ご存知かもしれませんが、
再処理に関する情報がありましたので、
貼り付けます。
参考にしていただければ幸いです。

http://cnic.jp/modules/rokkasho/index.php?content_id=7



21. 2011年9月16日 19:50:34: vm8v3hG2Cw

読みました。ありがとうございます。
いままで、原発も再処理も、漏れるものだとは夢にも思いませんでした。
ゴーストタウンの分譲地の意味が判ったような気がします。

22. 2011年9月16日 20:53:46: topEgSpnNU
どうも、日本の原発は日本の核武装のためにと言うただひとつの目的のために今後も再稼動される、恐れがあります。五十余の原発。高速増殖炉。プルサーマル。青森の再処理工場などすべて撤去させるべきです。先制攻撃がお家芸の日本が核武装「水爆保有や核ミサイル発射機能つき巡航ミサイルや原潜50隻以上保有など」。さえすれば米。ロ。中。と互角の対峙が出来、相手が震え上がると言う算段らしい「本が出ているので読んでください。」が少し読みが甘いように思うがどうでしょうかね。原発も核兵器も爆発すれば放射能被害は同じです。日本は狭い国土。高い人口密度。無資源国。地震国。逃げるにも逃げる場所が無い。シエルターを日本中に100万箇所作つても放射能地獄に耐えられないのでは無いでしょうか?

23. 2011年9月22日 01:04:38: LpLlHFXC3c
>06. 2011年9月15日 16:19:28: vm8v3hG2Cw さま
>再処理工場だけでなく、普通の原発でも、もれている、ということも。

あれは漏れているのではなくて、放射能の蒸気を抜いているのではないのですか?
原発って蒸気機関車と原理は同じで抜かないとダメだって誰か言ってたな〜。
だから漏れでは無くて
   抜いてる
なんでしょ。


24. けいけい 2011年10月02日 11:21:25: nckBSvqQd4h.k : asOAM3k8nw
ちょっと全体的に見方が恣意的かな。
再処理で一日に出る放射能が原発一年分で多いって訳じゃなくて、
原発一年の運用で再処理で出る放射能の一日分しか出していないって事なんだよ。
それだけしっかりと密閉された状態で運用されていると考えられるわけで。

というかそもそもその数字もちゃんと検証した方がいいね。
解釈が恣意的過ぎるのでそういう部分の信憑性にも疑いがかかってしまう。

再処理で大量の放射能が出るのはしっかりと密閉して放射能を閉じ込めて
いた燃料棒を解体するから仕方ないわな。
これはちょっと処理法を考え直さないといけないと思う。
せめて1/3〜1/4程度には抑えないと。
安全性のためなんだから金をかけてもいいところだと思う。

逆に必要なところにも金を掛けられない、又はコストダウンできない
のなら廃止した方がいい。


25. 2011年10月13日 10:28:58: sgolhP60mA
このベクレルが、北海道沖で獲れたサンマにどう影響するのかを知りたい。
北海道沖以外は食べないことにしているが、それもダメとなると、禁サンマだ。

春に福島沖にいたサンマが北上しても、10月になれば放射能はあらかた落ちていると思っていたので、このニュースはショック。


26. 2011年10月14日 10:39:22: sgolhP60mA
もう再処理もその研究も、日本ではやらない方が良い。
アメリカに任せることにして、研究員は全員アメリカに就職あっせん。
設備も買ってくれるなら言い値で売る。残った放射能が問題だが。
もちろん、廃棄のための再処理にはお金を払う。

27. たつまき 2012年1月01日 00:15:15 : qh5xavL6cfAiY : 8kGaCCv5Fc
三陸沖〜房総沖で3.11を遥かに上回るM9.2 の大地震と 高さ2倍以上の大津波が
2012の1月前半に切迫
 ―日本人は6ヵ所村核燃再処理工場が爆発する脅威に直面している
2012.1.1 
三陸沖=岩手県南部沖から房総半島沖のN39.3 E145.7から南南西=S15°Wへ延びた南北500kmに及ぶアウターライズ(日本海溝外縁隆起部)での前回3.11より遥かに威力の大きい、正断層を震源とするM9.2の巨大地震と、それによる3.11の2倍以上の高さの大津波が発生するとの予測を、北大地震火山研究観測センターで森谷博士が地震の前兆であるVHF(超短波)のデータで最近発表した。彼は、2011.12から2012.1頃に勃発すると警告している。 
  これは、それなりの科学的データに基づいた正しい予測であると、創造主らの宇宙ブロックス管理界が指摘した。それは1月前半に起きる見通しだ。森谷情報は:
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-981.html
これが起った場合は、北は6ヵ所村核燃再処理工場から東通原発(MOX)、女川原発・福島原発-1と2、南は東海村原発等の新たな爆発が起きる。
6ヵ所村核燃再処理工場が爆発した場合は、日本で1000万人、北半球で数億人の犠牲が出る。緊急対策が必要になっている。
ところが、野田らは売国TPP参加と消費税倍増策動に狂奔して、背任の無為無策で、何もやっていない。内閣打倒が緊要になっている。
 http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/88.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素16掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素16掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧