★阿修羅♪ > 原発・フッ素16 > 855.html  
「『汚染食品は大人が責任を取って食べろ』という論理破綻」 ダンディ・ハリマオ(カレイドスコープ)
http://www.asyura2.com/11/genpatu16/msg/855.html
投稿者 爺さん 日時 2011 年 9 月 28 日 20:55:50: pkMRoq8j2xu8g

ダンディ・ハリマオ氏のサイト「カレイドスコープ」に
小出助教と森啓太郎氏(子供を放射能から守る全国ネットワーク)の公開討論が紹介されています。
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-898.html

ハリマオ氏のコメントもなかなかなものです。私は拍手を送ります。
「大人が食べろ」については4月から反対コメントを書き工作員認定されてきた私ですが、皆さんどうお考えですか。
 この論理は、国民分断と、人間としての尊厳の根本を突き崩すことによる精神的屈服による、なし崩しの国民運動破壊だとしか私には思えません。

 以前の投稿で稚拙な英語で次のように書いたのは、実は小出助教への非難でした。
This is my protest against any hypocrite in justice clothing that doesn't care who lives and who dies from the depths of the mind before their cause.
(この投稿は、自らの運動の大義のためには、誰が生きようが死のうが心の底では関心のない、正義の皮を被った偽善者への抗議です。)  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年9月28日 21:04:02: QwVeyUwOgY
yottanntann: うちのわんわんの出産がおわったようです、3匹中2匹が死産でしたが、残った一匹には他の2匹分たくましく生きてもらおう\(^-^)/ 帰ったら母犬を誉めてあげないとっ!

02. 2011年9月28日 21:06:15: XYF9DtsOPc
小出先生の情報はとても役にたってますが、食べろには反対です。
どう考えても、将来みんなが不幸になる方向になる。
病気になりやすくなるってのがもっとも出やすい健康被害って聞いてるので、健康なくして幸福なし。

国としても、競争力が低下するし、健康保険制度にも悪影響。円高の今は小出先生の信者以外は買っても食べない方がよいと思います。放射能の感度が十分低いかなりの年配者を除いて。

年配者が大丈夫かも年配のバズビー教授のビビリぶりから、年配者が大丈夫かについても心配になってきてます。


03. 2011年9月28日 21:12:51: wIcpB1Tc7I

>月に戻ったかぐや姫の安否は?地底生活?
>月へ往復したアポロ乗組員達のその後は?
宇宙の1日の被曝 地上150倍
https://aspara.asahi.com/blog/science/entry/8J0lnjztRn


04. 2011年9月28日 21:15:06: hg7b493QFA
健康なくして幸福なし。その通りですね。
私の知人で大金持ちなのですが、子供や孫が相次いで病気になったり
障害を負ってしまったりしてしまった人がいます。
大金持ちでも羨ましいと思いません。

05. 2011年9月28日 21:28:20: iedTyPt7yk
ポルポト的レトリク。
気違い小出。
十分評価した上であえて言う。

06. 2011年9月28日 21:29:17: Dt6vAk1llM
小出氏のいう『汚染食品は大人が責任を取って食べろ』というのは観念論の一種と解するのが正しい。あくまでアカデミックの立場からの主張で「食べろ」と言ったところで強制力は存在しない。学問の自由、言論の自由による論争が許されているだけまともだと思うんだが。

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/49397/m0u/


07. 2011年9月28日 21:30:43: mAKWjxKjsw
とても少ない汚染されていない食品を奪い合うという事態になった時。
の話だろうが。
その時原発を作ってきた世代が、安全な食品を子どもにゆずっても
いいんじゃないのか?
子どもをしなせてもいいんか?
子どもをしなせても老人たちは長生きしたいんか?

この投稿者したいんだろうね。
はいはい、どうぞしてくださいな。
これでいいんでしょ。
20年後の世界にあなたはいないんだろうから。


08. 2011年9月28日 22:03:21: pOnQu1o4hA
>>07
そういうことですよね。そこさえ押さえておけばとくに問題ない発言だと思う。
何を騒いでるのかさっぱりわからん。

森啓太郎氏は自分の親には絶対食べさせたくないと言っているが、
あなたが金にモノを言わせて安全なものを肉親である老人に食べさせてる分、
どこかで子供に汚染物が回ってく可能性ということを理解してるのかね。
管理人氏の言う「裁判官」は結局ひとりひとりの心の中にいるのだろう。
森氏や管理人氏の中の「裁判官」はそれでも安全なものを買い占めるのだろうか?

福島や東北の生産者ができるだけ遠く移住して比較的安全なものを作れればいいが、
大半の農家がいまだに現地に留まっているということが現実としてある。
補償できればいいが、依然としてその体制も整っていないというのが現実としてある。
その現実をすべてすっ飛ばして、移住させろとか補償でまかなえとか
輸入品を食べればいいとかお花畑なことをいつまでも言ってても仕方ない。

ありえないことだけど、福島や東北から農家を九州に移住させることが出来ても、
今度は関東、その次は北海道・東海・北陸地方の農産物が最も汚れた農産物となる。
それをできるだけ老人から順番に食ったほうがいい。当たり前の話だよね。


09. 2011年9月28日 22:05:57: QwVeyUwOgY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110928-00000041-jijc-biz

東電、社員1割超削減へ=経営陣には報酬下げ要求―第三者委
時事通信 9月28日(水)20時0分配信
 福島第1原発事故の賠償金捻出のため、東京電力の経営実態を調べている第三者委員会(委員長・下河辺和彦弁護士)の報告書の概要が28日、判明した。社員の削減は、本社が約1割。グループ全体でも事業の整理を通じて1割強の人員を削減する。経営陣には報酬引き下げや退職金の辞退など、経営責任の一層の明確化を求める。 


10. 2011年9月28日 22:09:33: UAYFz38nUs
汚染されていない食品を奪い合うという極限的な状況になった時、つまりこれを食わなきゃ自分が餓死するという時、俺は迷わず食うだろう。
そんな状況下で、子供には興味ない。

ちなみに、ガキをダシに使った禁煙運動にも興味ない。


11. 2011年9月28日 22:13:03: pOnQu1o4hA
>>10
おまえがそこそこ若いのであればいいが、老人の癖にそんなフザケタことをしていたら
おそらく子をもつ親に半殺しの目にあうだろうからせいぜい気をつけろよな。

12. 2011年9月28日 22:31:53: vsXOorX3zQ
意地汚い爺だなこの投稿者は

13. 2011年9月28日 22:34:24: AO9cro3kmk
人が健康的に生きる権利ぐらい守りましょうね。小出さんと信者さん。

14. 2011年9月28日 22:46:25: UAYFz38nUs
>>11
俺は若い。
餓死寸前の状況で、子を持つ親が食い物を奪いに来たら、俺は全力で戦うだろう。
極限状況を想定しての話だ。別にふざけてるわけではない。
余裕があれば、食べ物を分かち合うくらいの人間性は持ち合わせてるよ。

「半殺し」とか「気をつけろ」とか、品の無いコメントは控えるように。おまえがそこそこ若いのであればいいが。


15. 2011年9月28日 22:52:36: AO9cro3kmk
>>14

同意。自分たちの『教義』に反するものに脅しをかけるようになっては、ますますカルト臭が強くなってきますな


16. 2011年9月28日 23:11:59: B3FrSkvLWQ
小出氏は今回の福島第一原発事故で「自分名敗北した」と言っている。
長らく反原発運動をしてきた人ならば「言わないことじゃあないだろう。ざまあみれ」と言ってもおかしくないところ、「自分は敗北した」と。
そのことの意味をよく考えてみる必要があると思う。
「ざまあみれ。俺には責任はない」と思う人は汚染食品を食べる必要はない。
逆に「自分は敗北した」と思う人は汚染食品を食べる理由がある。

私は原発には無関心だった。「ざまあみれ」とも「俺は敗北した」とも言えない。
事故以来、無関心であった責任を感じてはいるが、できれば汚染食品は食べたくはない。しかし、あらゆる食品が汚染され、子どもの食べるものが少なくなれば、年齢順に汚染食品を食べる覚悟はしている。
むろんその際、汚染ウンチは東電本店に送付するがね。


17. 2011年9月28日 23:15:21: BHiSo37vfw
放射能汚染されてない食品を奪い合う事は、ないと思います。
全然気にしていない人が多いみたいです。
親が気にしていなければ、当然子供も気にしていません。
阿修羅で出会う人々の意識と、テレビ・新聞でしか情報を取らない人のそれとは、大きな温度差があります。
これは、年齢には無関係です。


18. 2011年9月28日 23:15:47: aDiDCZHnys
放射能汚染は流通に乗って瞬時に恒常的にムラなく全国に広がる。
だから誰もが深刻な被曝は避けられない。
そういう状況にあって子供だけでも助けたいと思えば、当然そういう覚悟をすることになる。
今は非常事態だから。
しかも終息の目処が全く立たないところからして戦争よりひどい。
毒を盛る安全デマはその矛先が自国民に向けられている分、戦争と比べて救いがたいし。

19. 2011年9月28日 23:17:10: xITXlNWr9M
子供を持たない人は子供を持つ人の気持ちは分からない。

ということで。


20. 2011年9月28日 23:17:40: FEC1zKK4NY
胎児や子供の放射線影響は、極めて高い。0才児と55才大人を比べると
グラフでは、後者がゼロにも見える。(小出先生の本に載っていた)
おそらく、小出先生は子供を守るべきことを食物の例で強調されたのだと思う。

言葉の真意を理解できないかたも多いので、小出先生は文言に注意したほうが
よかったのではないか。


21. 2011年9月28日 23:25:45: G0fkoMjiOQ
国が補償を嫌って基準を引き上げた結果、大量の汚染食品が市場に流通してるんだから、国民一人ひとりが子供たちのために率先して食べて処分する美しいとりくみ。
それを推奨する小出氏こそ真に護国の英雄といえる。
結果的に「国」を守ってるんだからね。

22. 2011年9月28日 23:35:50: MP6tnW7Jqc
俺は絶対食わん!盗電、高級官僚ども、原発関係企業の幹部に食わせろ!ついでに福島県人、昔から反原発の福島県人は食わなくて良い!

23. 2011年9月28日 23:39:05: AO9cro3kmk
安全な食物を食べてすくすく育った子供たちが重病で苦しんで死んでいく両親や祖父母を看取り、自分の将来を憂う世の中ですか・・・なかなかシュールで素敵な世の中ですねぇ。

24. 恵也 2011年9月28日 23:49:35: cdRlA.6W79UEw : pG6jCqlHcg
>> 尊厳の根本を突き崩すことによる精神的屈服

お年寄は大切にするという伝統が日本にはあったんだけど、今じゃ放射能入り
食い物を食べろと早めに殺そうとする。間違ってるよ!

どんなに年取ったって、健康で文化的な生活をしたいもの。
小出氏は放射能入りを年寄りに食わせて、病人にして苦しめるつもりかね。

俺はどんなに年寄りになっても、遺伝子を壊して病気にはなりたくないし苦しむ
ようにはなりたくないよ。出来れば老衰で眠るようにあの世に行きたいものだ。

毒を食べて、病気になり苦しみぬいて死ぬのは自己責任。
小出氏は病気の苦しみを知らないのか、空想の未来を夢見て足元が見えてないのか。
俺個人は、セイゼイ放射能の少ない食べ物を選んで食べるわ。


25. 2011年9月29日 00:01:53: MP6tnW7Jqc
佐賀県稚痔、限界弔弔弔一族も食え!

26. 2011年9月29日 00:07:50: i6Stp9FBeA
アイロニーとしての小出氏の大人が食べろの言は理解できますが、本当に
食べろは少し無理があるでしょう。

汚染が進むようであれば廃棄をすべきでしょう。
小出氏は、農家が廃棄を前提とした野菜やコメをどうして作れるのだろうかと
情緒としての論を展開しています。この部分においては科学者ではなく単なる
思い込みではないかと思います。その意味で否定されてもいいのではと考えます。

過去の水俣や八代の公害を考えても、多くの海を汚して、多くの魚たちが汚染
されて食することはできませんでした。
その対策として、湾で漁業をして陸揚げされた多くの魚たちを国は買い上げ
それらを全て埋め立てて廃棄をし続けました。これは害がないと言われるまで
何年も何年も続けられ、補償が続けられました。

それ程人命や健康とは尊いものです。今回の放射能の件でも同様の措置が取られる
べきだと思います。絶対的に食物が不足する状況であるのなら致し方がないですが
代替輸入は可能です、そうした状況がある以上廃棄は仕方がないでしょう。
健康に害がある可能性の食物を食わせて満足する農業生産者もいないと思います。


小出氏は矢張り、原子力、放射能の危険性に科学者として警笛を鳴らす立場に
留まるべきです。またそう期待をします。


27. 2011年9月29日 00:15:36: pOnQu1o4hA
>>14
>>15
「半殺し」は子を持つ親がする極限状態で行う行為であり、単なる客観的事象だ。
「気をつけろ」というのも単なる忠告であり普通の表現。
品の有る無しでもないし、脅しでもない。
そんなこともわからないのか品性下劣な爺は。

>>24
子供の将来を踏みにじった上でなにが文化的な生活だ。笑わせるな。
そんなことをしてなお、のほほんと眠れるというのなら、
その前にそれこそ半殺しの目にあうから気をつけろよ。


28. 2011年9月29日 00:23:23: AO9cro3kmk
>>27

生まれながらにして健康に生きる(死ぬ)権利を制限しようとする人間のどこが『子供の将来』を思ってるんだい。滑稽だね。


29. 2011年9月29日 00:29:19: pOnQu1o4hA
>>28
子供の将来か、ある一定の人間の生まれながらにして健康に生きる(死ぬ)権利を制限するか、
そういう究極の選択でどちらかしか選べない場合の話だということを理解しろよ阿呆。

30. 2011年9月29日 00:32:16: AO9cro3kmk
>>29

終末しか語れないからカルトだと言ってんだ。馬鹿。

子供もいずれ大人になることもわからんのか。阿呆。


31. 2011年9月29日 00:34:22: pOnQu1o4hA
>>26
水俣や八代の場合はピンポイント集中的な汚染、
福島の場合は気の遠くなるほど広範な領域での大量の汚染、
ただし老人には影響がほとんど薄い汚染物ですから、
かなり事情が違うしその分対処法も違ってくるということでしょう。

32. 2011年9月29日 00:35:32: UAYFz38nUs
>>27
なぜか爺扱いされてしまったが、俺はまだ十代だ。
「品性下劣な爺」と決めつけるのは、主観的な事象だな。
尚、客観性と品性は同列に並べて、比較できる事象ではない。

33. 2011年9月29日 00:40:07: pOnQu1o4hA
>>30
いつまで安全神話にすがってんだ馬鹿め。諦めろ。

それがどうした。
大人になれば影響もそれだけ薄くなる。子供はそうなってから食えばいい。
だから爺は屁理屈こねてないでさっさと食え、阿呆。


34. 2011年9月29日 00:48:41: AO9cro3kmk
>>33

本物の馬鹿だな。大人の勝手に作った原発で被爆する事と、大人の勝手に作ったルールでのちのち内部被爆を強制されるのと何が違うんだ?

『大人は食っても安全神話』に一生すがってろ(笑)


35. 2011年9月29日 01:02:32: MP6tnW7Jqc
俺はジジイだが50年前から反原発です!とにかく原発推進派に毒入り(放射能汚染物質)食わせろ!若者だろうが、中年だろうが、若者だろうが、原発推進派が責任とって食え!このやろう!盗電潰せ!窮電潰せ!衷電潰せ!感電潰せ!

36. 2011年9月29日 01:07:03: 8A51lxqj32
イタ飯ブーム、フレンチブーム、ファミレスのタイ料理、韓流グルメ、B級グルメ・・・
ずいぶん長い間世界中の食べ物を飽食し、注文しても食べきれず大量の残飯を出してきました。
神様ごめんなさい。

飽食しない方が健康にも良いし、必要な食糧も減ることでしょう。
世代間で奪い合う必要のない食生活レベルになればよいと思います。

私自身は大人が食べるべきだ、というのは子どもに食べさせるな、という意味に理解しています。
そもそも子どもに食事をさせない鬼畜親がいます。
一日に給食だけしか食べられない子どもがいます。
親は弁当など作りません。
それなのに毎日給食が汚染食品では影響が大きすぎます。
せめて給食には安全な食材を使う配慮を強くすべきです。

大人については、小出氏が何を言おうと誰も自分の考えでしか行動しません。
一般に影響などありません。
そもそも全量検査、スーパーでいちいち個別にベクレル表示など実現しっこありません。
小出氏については、ODAに東北の海産物が回されたことでわかるように
より弱いところに犠牲がいく、という問題に注意を喚起したことに意義があると思います。


37. 2011年9月29日 01:10:28: aAg9bhd5Hc
森啓太郎氏は小出氏の言わんとしていることが理解できないのか?
小出氏は誰にも食べさせたくないが実際は汚染されきっているから食べざるを得ないと言っているではないか。その上で子供にだけは食べさせられないと
森啓太郎氏は政府と東電とマスコミに対して言え

38. 2011年9月29日 01:53:03: rnVWwTMSYo
>17さんと同じく

福島県でも200万人中避難した人は3〜4万に程度では
ほとんどの人が残って地産地消に励んでいる
私は事故後速攻で避難したけれど
携帯に知人から☎「竹の子堀に行っていい」
「え〜汚染されているってテレビで言ってたよ」
「掘って行ってもかまわないけど孫には食べさせないほうがいいよ」
「大好物だからもういっぱい食べさせたよ〜」
他の知人
「家の野菜無農薬だからスーパーで買って食べるんだったら
放射能少し入っているかもしれないけれど家の野菜の方が安心」
ホットスポットと言われる高濃度に汚染された所でも
こんな感じです
さて関西の避難先の友人ですが
「安くておいしそうな桃、あなたの分も買ってきたから〜」
「産地何処」
「しらない〜」
「サンマ安かったから余分に買ってきたから夕飯食べにおいでよ〜」
産地なんてもちろん目にも止めていません
いくら応援と言っても
東北産の物がまったく売れなければ店でも置きません
山となって置いてあるのは買う人がいるからです
気にしている人は1部
食糧難なんてきませんよ〜



39. he8 2011年9月29日 02:03:48: /XGAlxEUgVRGw : XkPvYI279I
現在、可能な危機対策は、穏当な順に、
1、地方自治体の条例制定による、農作付け漁禁止、農漁民の移住勧告(或いは強制)
2、国の法律制定による、農作付け漁禁止、農漁民の移住命令ーー違反者は、逮捕
3、警察、自衛隊等によるクーデター。実力行使による作付け漁禁止、農漁民の移送
4、米国、或いは、国連等、国際機関等による、対日放射能対策要求(かつての、日本による、対華21カ条の要求のようなもの?)
5、国民蜂起による、新政府樹立。新政府下での作付け漁禁止、農漁民の移住命令


現在の段階は、1、は、望み薄、2、も、新政権で、むしろ、退歩。
3,4,5が、現実味を、帯びてきた。(他国では、放射能より、はるかに、小さな騒乱でも、よくある話)


汚染された食物を、食べるか否かなど、1,2,3,4,5すべてが、失敗してから、初めて、考えるべきこと。


路上で、刃物を、振り回している狂人に対して、彼は、生きていく為に、純粋な気持ちで、やっているので、尊重しよう。
殺されるときは、子どもからではなく、まずは、大人から、殺されよう、といっているのとおなじ。


40. 2011年9月29日 03:22:01: 9Jmsq0d2bU
誰でも放射能汚染されたものは食べたくないでしょうから、食べないですむような対策(方法)を考えるようにした方に力を入れるようにした方がよいと思います。
無能なのか、何処かに脅されて動かないのかわからないような政府が動くように行動を起こしたらどうでしょう。
放射能汚染が福島近辺、北関東よりうんと薄い地方で、減反政策や高齢化で遊んでいる土地は多くあると聞いています。
汚染が1年2年と短ければよいが、何十年続くかわからないところで生産しても、タチの悪い業者に買いたたかれ流通され、それで被爆者が増えようになり、生産者本人も生活が良くならないでしょう。
消費者が嫌ってさける放射能汚染物を作るより、汚染の薄い土地に移り、消費者が避ける食物を作らずにすみ、技術があるので移った土地に合つたブランド物もできるかもしれません。
このままだと生産者も消費者も悲惨なことになるだけだと思います。

41. 潜艦トマト 2011年9月29日 03:46:53: yqV0JYBcORkm6 : yeQpw4iYW2
「東電に検査させる」というのも「東電に検査費用を出させる」とどちらかが言い直せば一致できると思うのですが、そんな調子で他の点でも折り合えないものですかねぇ……。

42. 2011年9月29日 04:02:00: Dt6vAk1llM
・20110928 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

http://www.youtube.com/watch?v=naucXnQ-SVE

・20110928 たね蒔き「驚くべき東電の賠償姿勢〜福島の農家の思い」

1.http://www.youtube.com/watch?v=r3-oUIkdjxE
2.http://www.youtube.com/watch?v=3GoSJ8Qm_78


43. 2011年9月29日 04:07:35: Dt6vAk1llM
・2011年09月28日 京大原子炉実験所助教 小出裕章

http://www.youtube.com/watch?v=DqsPsf3zctg


44. 2011年9月29日 05:38:23: E2Sls0yTLW
日本オワタ チェルノブイリの教訓とは何だったのか?

45. 恵也 2011年9月29日 06:40:02: cdRlA.6W79UEw : 3z5oBKOvDQ
>>07 子どもをしなせてもいいんか?

子供を守るのはその保護者の責任。
世代の責任として大人にしわ寄せすることと違う。

それに大人が放射能入りを食べたら、子供だって食べるのが常識だろ。
お金持ちなら子供用の食事と大人用の食事を別々に作れるかも知れんが
普通の家庭じゃ同じものしか食えないし、そんな時間もない。

ハリマオ氏の言ってる本音は、学校給食などで放射能入り食べ物を子供たちに、
地元の食べ物を食べさせるとか、困ってる百姓を助ける美名で食べさせる事だろ。
小出氏には、むかしの特攻隊の思想が感じられる。


46. 2011年9月29日 07:26:03: QAH895epFU
子供を守るため一生懸命頑張っている小出先生の言葉尻のみ捉えての揚げ足取りはやめませんか。
小出さんは、原発事故が起こったら程度の差こそあれ、日本で採れる全ての食物は汚染されている。日本で採れる作物を全て食べたくないなら海外に逃れるしかない。国内に残るのなら汚染されていても食べざるを得ない。でも子供にはできるだけ汚染程度の低いものを食べさせたい。
とおっしゃっているのではないですか。
世の中には自分で何も行動しないのに、批判ばかりする人が多すぎます。

47. 2011年9月29日 08:02:44: 6Huq1dxSKc
もう日本は終わったんだよ。
子供を守りたいなら海外に移住しろ。この列島は終わりだ。

48. 2011年9月29日 08:26:16: Ws7DVaJgAU
小出氏の主張は論理的に破綻している。

 youtubeの小出助教と森啓太郎氏の公開討論
 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-898.html

に、「doji61」の名前で書き込みをしておいたが、小出氏の発言は矛盾だらけ。

かれはまず
1.子どもの命を守りたい
という。
ところがそういいながら、
2.どうせ世界中の食物は汚染されているのだから、福島の農作物を全国に流通させろという。

しかしそうなると日本中の子どもたちの命が危機にさらされるのは明らかだ。

小出氏はそのような事態を防ぐために東電に放射線量を計測させ、小売業者にそれを表示させればいいという。
その上で、被爆の低い食物を子どもが食い、大人は高いものを食えと。

ばかばかしい。
いまですら東電はウソをつきつづけ、小売業者は産地偽装を続けているのに、そんなことが可能かどうかわかりそうなものだ。
実現性の薄い夢物語でしかない。

要するに小出氏の一番いいたいことは、「福島近県の一次産業を守る」ということであるらしいことがわかる。
そのために年寄りに等級を付け、五十代はいくらまでの被爆食物、六十代はいくらまでの被爆食物を食うことを法的に強制するシステムをつくれという。

しかし、これは子どもの命を守ることとは逆の発言であることは明らか。
そのような命の等級付けをしても、必ず子どもも汚染食品を食うはめになる。
子どもの命を守りたければ、簡単なことだ。
放射線量の少ない安い食品を外国から輸入してそれを子どもたちに優先的に配分するシステムを作ればいい。

小出氏は世界中が汚染されているのだから、そんなことをしても意味がないというが、福島の500ベクレルを食べ続けるのと他の国の1ベクレル基準値食品を食べ続けるのとでは寿命にして50年から100年の差がある。

乱暴で雑な議論をしているのは小出氏なのだ。

要するに小出氏は精神的にどこか病んでいるのだとおもう。
たしかに原発についての専門知識はとても役に立つが、人間に対する発想には非人間的で危険なものを含んでいる。

わたしはこのひとが人の命や子どもの命をほんとうに真剣に心配しているとは思えない。
もしほんとうに人間の命と正面から向き合えば、子どもの命も老人の命も天秤になんか、かけられないもだとういうことがわかるはずだ。

また、一方的に「大人には原発の責任がある」などというが、そんな「責任」はだれにもない。
「責任」なるものは役職(職務権限)や利害関係に応じて生ずるものだ。
選挙権があるのに原発容認派を選んだということで「責任がある」というのなら、まっさきに、原発容認知事を選んだ福島の一次産業事業者こそがその責任を果たして、
いさぎよく農業や漁業を続けることをやめろということになる。

しかし小出氏は「責任論」を唱えながら、一番の責任ある福島の住民とくに一次産業従事者を助けるために
日本人は汚染食物を食って順次死ねという。

これが精神をすこし患った人の言葉でなくしてなんだろうとわたしはおもう。



49. 2011年9月29日 08:39:55: S2l3raS7AQ
>>46さんの言うとおりだと理解してます。

小出さんを批判する方は、彼の発言・その言わんとすることをよく理解した後
反論するようにして頂きたい。


50. 2011年9月29日 08:51:20: OWqKlEkjxU
健康で長生きしたいと思うことがそんなにいけないことでしょうか?
食糧難になって飢え死にするような状態なら
子供に優先的に安全な食材をまわすべきだと思いますが
捨てるほど食料が余っている現状でわざわざ汚染食品を選ぶ必要はない
小出と糞信者は滅びの美学に酔っているだけ

51. 2011年9月29日 09:50:35: mAKWjxKjsw
7です。45さん もっと簡単に言えば?
子どもをしなせてもいいんや。

食糧難がこないと言う方は、ペットボトル騒動をお忘れでしょう。
食糧危機はテレビの一言で一晩でやってきます。
バナナがいいとテレビで言えば売り場は空、市場も品薄。
ネット話がみのもんたで流れないようにしないとね。
「あたしたちだって、安全なものが食べたいのよー」おばちゃんは叫ぶ。
そして子連れのママは弾き飛ばされる。

がんなのに何年も元気に生きているお年寄はごまんといます。
がんも成長しないんだよ。
30代でがんになった方はあっという間に亡くなってしまったよ。

だいじょうぶ、なんもせんと、毎日ぶらぶらしてるあんたら老人は長生きするよ。
どうせ他人の不幸だ
子どもと子育て世代が命を削っていくのをのんびり眺めていたらいい。


52. 2011年9月29日 10:14:37: 1WOIjZNs0I
本当に論理破綻しているのは原発そのものに対する日本人の思考そのものだったりしてな。人間の手に負えないものを負えると勘違いした点で。東電・政府を叩くか、小出氏を叩くか、対象物が分かれているだけ、というに過ぎない。

http://sophy.org/Fuku1/Fuku1Deception.htm


53. 2011年9月29日 10:18:22: i37fD8kRRc
小出先生の指摘は大変厳しいが、現実として受け入れざるを得ない相当な汚染があるという状況認識の程度の差が、判断を大きく二分しているのだろう。

汚染食品をみんな食べたくないし、食べさせたくもない。
しかし、全て汚染されているという状況の認識の程度の問題のように感じる。

要は沈没しつつあるらしいタイタニック号における状況認識と決断のようなものであろう。

出口無しの状況の中で、若い者を優先的に脱出させ、老いた者は自らの意志で危機を引き受ける、そういう人間としてあるべき品位を求めた一つの決意として受けとめれば、小出氏の主張はまさにそのとおりである。

しかし、現実の問題として捉えると、汚染情報を開示しながら、且つ高汚染地帯の第一次産業を護るということはできない。

確かに食品の汚染度について何らかの数値が明記されるべきではあろうが、明記された瞬間に、汚染値の高い作物の産地は一気に壊滅することは必至だ。

2ベクレルと8ベクレルと280ベクレルの食品を競りに掛けてみれば分かることだ。
自ずと価格差が生じ、ある一定以上の汚染度の商品は9割引でも売れ残ることになるだろう。
販売者も口にせず廃棄ということになる。

結果として、現在のような、情報が伏せられたまま、何の根拠もない安全を担保して、放射性物質含有量を伏せたまま流通させざるを得ない、というのが霞ヶ関の判断なのだろう。

食糧の国内生産を断念しない限り、絶対に避けて通れない問題なのである。


54. 恵也 2011年9月29日 10:38:11: cdRlA.6W79UEw : lMP3UTqWUU
>>36 そもそも全量検査、スーパーでいちいち個別にベクレル表示など実現しっこありません

可能性が無いわけじゃありません。
東京の武蔵野給食センターというところでは、60万円の測定器を購入し食材の
線量が空間線量の3倍になったら仕入れを断るというシステムを完成してます。

大きなスーパーだったら全量検査なんて簡単なものだろう。
精度の面では、マダマダ問題はあると思うけど信用を大切にする企業なら当たり前。

>>39 2、国の法律制定による、農作付け漁禁止、農漁民の移住命令ーー違反者は、逮捕

俺はこの程度が順当だと思う。
チェルノブイリでは55万Bq/m2以上は強制移住・避難にしてますので、飯館村
などは廃村にして、18万Bq/m2以上なら希望者は移住する人に国家が援助し
たソ連に学ぶべきだよ。

いまの野田政権のやり方じゃ、食べ物や瓦礫で放射能の日本全国への蔓延になってしまう。
それから国連に期待するのは間違ってる。
国連は原発マフィアの一員であり、原子力の平和利用という名で日本人をモルモット
代わりにする組織です。国連の組織であるIAEAの重松というのはその代表者。

それにどんな国も本音では他国のために国家利益を手放しはしない。
アンタは甘ったれで、甘ったれ国家を容赦しないのが今までの歴史。

ーーーー引用開始ーーーー
1991年IAEA(国際原子力機関)の諮問委員会(委員長重松逸造氏、広島放
射線影響 研究所)は、「直接放射線被曝による健康障害はみられない」という
趣旨の事故報告書を発表した。

これに対して、ベラルーシ、ウクライナ両国は「余りにも楽観的すぎる」と反発した。
また日本でも意図的に過小評価するものだとの批判がなされた。その後の事実は
この委員会報告をくつがえすものである。
(小林 千枝子 より)

>>40 減反政策や高齢化で遊んでいる土地は多くあると聞いています。

俺のいる四万十市でも高齢化はひどく、俺の村は60歳以上がほとんどだ。
しかも耕作放棄した畑は、機械化も難しい場所が多く、若い人間ならいろいろ
助成措置もあるが、お年寄りでは無収入で数年間は生活しないといけない。
収入があるようになる頃は死ぬ時期になってるのじゃないかね。


55. 2011年9月29日 10:47:19: RrWLNzxadE

48さんのコメントは、100%、正しい! まったく非の打ち所がない!

小出信者さんたち、「子供」対「老人」を対立軸に仕立て、
子供の親である自分(中年?)は、ちゃっかり、子供のお相伴にあずかろうとする、
そんな淫靡な魂胆が見え透いて、なんとも可笑しいなあ。

しかし、「子供」対「大人」の世代間対立構図は、あるいは歓迎すべき事象かもしれない。
「農漁業者」対「一般消費者」の階層間対立、「東日本」対「西日本」の地域間対立を経て、
この腐敗堕落した官僚独裁国家を根底から破壊する「革命」に繋がるのであれば……ね。
そのプロローグと考えよう(笑)
 



56. 2011年9月29日 10:50:03: mAKWjxKjsw
7です 53さんへ
この投稿者に品位なんて求めてはいけない。
アメリカの老人たちは言った「十分に人生を楽しんだ私たちはもういい。
ワクチンは子どもを優先してくれ。」
実際60歳以上にワクチン接種はなかった。

老人なら知ってるだろう、お釈迦様は言った「因果応報、自分のした事は
やがて自分に返ってくる」
近未来、若年層は病弱で健康保険を使いまくり、老齢者は保険が使えなくなる。
電車で席を譲ってなんかもらえない。
若年層が年金を払えないので、当然年金なんかない。
老人たちは友人のお葬式で、おまえがうらやましいよ、こんな世の中じゃ
生きててもしょうがない、と言う。
でもこんな世の中にするの、あなただからね。
同じ物を食べても大人の方が放射能の影響が少なくて長生きして
きっとこうなる。


57. 2011年9月29日 10:52:23: 7Pmawew46c
>>48さんへの讃です。
ただ、人格否定につながるような言葉の使用は、お考えください。
彼およびお仲間を意固地にさせるだけだと思いますよ。


小出氏の主張は論理的に破綻している。

 youtubeの小出助教と森啓太郎氏の公開討論
 http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-898.html

で明らかである。

小出氏はまず
1.子どもの命を守りたい そのために子どもには汚染食物を与えてはならない
という。

他方
2.福島の農家は、汚染地域にとどまり汚染作物をつくれ。そしてその汚染されている福島の農作物は全国に流通させろ 
ともいう。

これを古来より矛と盾という。

流通させてしまえば、子どもも必ず汚染食品を食することは自明の理である。
子ども専用の調理を実現できる家庭がいかほど、この国にあると想定しているのであろうか。
(子どものために調理する安全な食物を大人が食して、何が悪いのか。)

小出氏風厳密主義にたてば、食材は勿論のこと、調理器具、食器およびそれらの洗
浄系を、すくなくとも、2系列用意しなければならない!

子どもの命を守りたければ、簡単なことだ。
放射線量の少ない国内農産物の流通拡大と外国の農産物を輸入すればよいだけのことである。
(汚染農産物を流通させよなどというのは天に唾する行為そのものである。)

小出氏は世界中が汚染されているのだから、そんなことをしても意味がないともいうけれど。ならば、子どもに与える食物は手に入らないことを白状していることと同じではないか。

Fukushimaの500ベクレルを食べ続けるのと他の地域の1ベクレル基準値食品を食べ続けるのとでは明らかな差がある。Fukushima以前の日本がそうだったのだから。

もしほんとうに人間の命と正面から向き合えば、子どもの命も老人の命も天秤になんか、かけられないものだとういうことがわかるはずだ。

多分、小出氏は自分の説が、一部、破綻していることは認識しているのだと思う。
いちど言いだした説の、たとえ一部と言えども、誤りを認めることは、自己の否定につながると思い込んでいる多くの「良心的」科学者がいることも事実である。
人格の否定ではなく、論説の誤りに気付くだけのことなのであるが。

Fukushimaを招いたのは自分の責任、みたいな妙なヒロイズムの自酔に幻惑されないこと。

科学者は、「事実」を語ってくれればよいのです。
それを実践出来ない科学者もどきが多すぎるのがこの国の実態です。

文科省・群馬県はいい仕事をしてくれました。

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092714.pdf

他府県の状況も速やかに開示してもらいたい。


58. 2011年9月29日 11:21:42: ZxgrL8HOPN
岩手の汚染瓦礫を東京都が受け入れ!ふざけるな!首都圏ももう終わりか!千葉の間抜け痴児ももう受け入れているみたいだし!もう早く首都圏から金のある奴は逃げたほうがいいよ!

59. 2011年9月29日 11:51:54: 1WOIjZNs0I
小出氏への批判というのは核武装論に関する認識の違いみたいなものもあるかもしれない。核兵器は別に原発がなくてもできる。この辺において(核兵器開発推進には原発増設は不可欠。推進理由は他に存在しないという考えにおいて)小出氏は頑な面がある。ここに認識のズレが最初からある。これに関しては、多くの専門家の意見を集約して判断するのが最もいい方法だ。

http://www.news-pj.net/genpatsu/2011/genpatsu_gakusei-0924.html


60. 2011年9月29日 12:01:49: mAKWjxKjsw
7です 老人は知らないんだろうけど
いまの子どもはみんなネット三昧だよ
すぐに原発を作った年代を恨むだろうね。
放射能給食を食べさせた仕返しをされるだろうね。
子どもの方が影響が大きいと知りながら
子どもにだけ安全なものをたべさせるなんて「ズルイ」と言ったあなた達老人に
やさしくしようとは、誰も思わなくなるよ。
私たちをこんな体にした老人の面倒なんてみない、とみんなが思うだろうね。
子どもを失くした親が黙っているとも思えない。
私自身は子どもが死んでしまったらもう生きている必要はないと思っている。

61. 2011年9月29日 13:17:50: mw9oBLevAo
7さん。

私は福島のお友達に逃げろとずっと言っているのですが、高校生の子供がいやだと言うのだそうです。

この子は、テレビからしか情報はなく、インターネットはゲームしかしないのだそうです。

意識のレベルがあまりに低すぎる人が多いのではないでしょうか。


62. 2011年9月29日 13:41:17: ZxgrL8HOPN
35>若者だろうが→爺だろうが

63. 恵也 2011年9月29日 14:52:52: cdRlA.6W79UEw : 4UUFC4TVOQ
>>53 何の根拠もない安全を担保して、放射性物質含有量を伏せたまま
>> 流通させざるを得ない

これがいまの政府と官僚の意思だろう。
俺はこの意思は間違ってると思う。

国民の自己責任で、放射性物質含有量をみて身体に入れるかどうかを
考えるべき。まあ含有量を気にする人は10%くらいのものだと思うよ。
俺はその10%に入ってしまうけど・・・

>>57 小出氏は世界中が汚染されているのだから、そんなことをしても意味はない

意味はあるよ。
大なり小なり汚染はされてはいても、ランクがまったく違う。
福島県内だったら0.3μSv/h以上のところがほとんどだが、俺のいる高知県なら
0.10μSv/hで3倍も違う。放射線の汚染の影響だって3分の一だろ。

>>59 核兵器は別に原発がなくてもできる。

核兵器を作る技術と、原発は密接に関係があるのは事実。
あなたが言ってるのはウラン爆弾だと思うが、これも濃縮する技術がなくては不可能。
濃縮という技術は原発の技術なんだよ。

原発を持ってれば、核兵器を作るのは簡単な作業。
原発がなければ、核兵器を作る核兵器の材料や技術者など簡単には集めれない。
材料さえあれば優秀な理科系の大学生だって作れるぞ。

>>60 原発を作った年代を恨むだろうね。

世代を恨むというのはアンタの妄想。
悪行を行った個人を恨むことはあっても、感謝こそすれご先祖全体を恨むことはない。
ご先祖サマ全体を恨めば、自分自身を否定する事につながる。

ご老人を大切にする事は、自分の未来を大切にする事。
誰だって老人になるのだから。

>> 子どもにだけ安全なものをたべさせるなんて「ズルイ」と言ったあなた

誰もそんな事を言う方はいないでしょう。
子供にだけは安全な食い物を食べさせるのは、大人としての義務。
その為にも大人は安全な食べ物を確保し、自分達の食卓を守るべきなんだよ。
経済問題は二の次、三の次。

>> 私自身は子どもが死んでしまったらもう生きている必要はないと思っている。
単細胞だね、アンタは!
人間は生きてること自体に値打ちがあるの。
お前は子孫を残す動物か?


64. 2011年9月29日 14:58:20: ZxgrL8HOPN
「安全だたらあなが食えばいい!」「空飛ぶ鳥は汚染物質は食いたくない!」


制服向上委員会


65. 2011年9月29日 15:29:39: RrWLNzxadE

7さん、ほか
「老人が食べろ」じゃなくて「日本人は全員食べろ」でしょ?

世界中に放射能を撒き散らしたのは、「日本人」なのだから、
原爆投下や大都市空爆みたいにして、老若男女を問わず、
日本人なら全員、皆殺しにしてしまえ!

あなた方の言っていることは、これと全く同じだということが、
わかんねえ〜んだなあ。

しかしまあ、こんな呑気な議論をしている間に、お陰さまで、
食品汚染、土壌汚染は、日本中に拡大してしまいましたね。

そして政治家の誰一人、メディアの人間の一人として、
この事態の深刻さと対峙せず、知らん顔を決め込んでいます。

「小沢問題」などの「床屋の政談」は、もう結構。
今更、司法の腐敗を嘆いたって、手遅れというもの。
 
もう、日本は、終わったのだ……。

赤ちゃん、幼児は、国外に逃がそう。それしか、ない。

(でも、外国に逃げても、日本人はみんな悪いという
 考え方をする人に、殺されてしまうかもしれないね)



66. 2011年9月29日 15:50:16: FtaQVvyw0w
>「小沢問題」などの「床屋の政談」は、もう結構。
>今更、司法の腐敗を嘆いたって、手遅れというもの。
 
>もう、日本は、終わったのだ……。


こういう敗北主義はなにも産み出さない。
東電・政府の思う壺。

そういえば小出氏の原発に関する説明はありがたいが、それ以外の話は官僚の発想そのものですね。

本人はそのことに気がついていないのでしょうが。

それと小出氏ほど頭のいい人が、どうしてこれだけ論理の道筋を誤るのかということですが、
論理の間違いというのは頭の良さとはあまり関係なく、心理的な歪みによって生じることがありうる。
本人の無意識にある何かが出てしまうんでしょうね。


67. 2011年9月29日 16:01:57: JrPYjVYQO2

日本の米は事故以前は0.1bq/kg以下だったとか。

今、そんな米は日本中探してもないのでは。


68. 2011年9月29日 16:35:50: RrWLNzxadE
66.さん、65です
>。ヨ小沢問題」などの「床屋の政談」は、もう結構。
>今更、司法の腐敗を嘆いたって、手遅れというもの。
>もう、日本は、終わったのだ……。
こういう敗北主義はなにも産み出さない。

これは敗北主義ではありません。現実認識です。
こうした現実認識をみんなが回避した結末として、
今回のこの救いがたい事態がもたらされたのです。

大昔すぎて恐縮ですが、坂口安吾の『堕落論』ではないですが、
一度、堕ちるところまで堕ちる必要がありそうですね。
それでも、目覚めない? それが、日本人、なのか?

絶望することは、空疎な希望を叫ぶよりも、
はるかに建設的でしょう。
 


69. 2011年9月29日 17:15:03: pOnQu1o4hA
>>34
安全ではないが、子供に食わせるよりは絶対に安全だよ。
それを否定する材料があるなら聞いてやるから持ってきな(笑
持ってこれないなら本物の馬鹿はおまえな。さあ頑張っていって来い。

大人の勝手に作った原発によって被爆することを出来るだけ避けるための「ルール」だよ。
出来るだけ避けるけど、避けられない部分があれば将来の大人つまり子供に負ってもらわざるを得ない。

おまえら欲呆け爺がいってるのは、出来るだけ避ける努力やルール作りすらせずに
自分たちは安全なものを子供から奪い取り、いますぐ彼らの成長細胞に
放射能ぶち込んでやろうっていうイカレタ発想だよな。
本当の屑だわ。半殺しされないよう気をつけろよマジで。

>>45
>それに大人が放射能入りを食べたら、子供だって食べるのが常識だろ。

んなわけねーだろ。
親が酒飲んでる家は子供も酒飲んでるのかっていう話。
タバコでもちゃんとリビングから出て吸うぐらいのことはどこでもやってる。
それぐらい管理できないでどーする。


70. 2011年9月29日 17:33:04: sgolhP60mA
>17 全然気にしていない人が多いみたいです

千葉県船橋市のスーパーに行くと、群馬のキャベツが山積みになっていて、手に取る人を見かけなかったので、みなさんかなり気にはしているのでしょうが、追い込まれている感じではない。まして関西、九州などは余裕しゃくしゃくでしょうね。

だから、そこから「脱原発」までは道のりが長い。もし、みんなが追い込まれていれば、再稼働に前向きな野田総理、ベトナム原発輸出の前原政調会長などは、次の選挙が怖くてあんなことは言えない。

ついでに、千葉県のサツマイモも同様。九州産のキャベツが東京のスーパーに並んで、九州で群馬のキャベツしか手に入らなくなったら、九州も余裕がなくなるでしょうが。


71. 2011年9月29日 17:34:37: pOnQu1o4hA
>>57>>2.福島の農家は、汚染地域にとどまり汚染作物をつくれ。そしてその汚染されている福島の農作物は全国に流通させろ

うーん、これはちょっと違うだろうと思いますよ。
もともと小出氏は汚染地域の人は避難させろと思っていたけど、
実際にチェルノブイリが起こって強制移住させられた人々の悲嘆をみて考えが変わったと言っていた。
我々からみれば汚染地帯になぜ住み続けるのかと思うけども、一関市長などの反応をみても
実際に危機感のない現地人にとっては「国家権力による強制移住」なんでしょう。
その折り合いをどう考えるかということ。
小出氏のように危機感のない汚染地農家側の立場を尊重するかどうかは別にして、
実際に現地人がいまだに住み続けているという現実があるわけだし、
都会の老人に負担を負ってもらわないと、>>1.子どもの命を守りたい そのために子どもには汚染食物を与えてはならない
への現実的対処は出来ないということでしょう。それはなんら矛盾はありません。


72. 2011年9月29日 17:49:15: RrWLNzxadE
大人だ、子供だ、と愚かな議論をしている暇はない。
マスメディアは、総力をあげて、汚染野菜、汚染米、汚染魚を、
全国民に喰わせようと、躍起になっているのだ!
 



73. 2011年9月29日 18:03:57: pOnQu1o4hA
>>72
メディアがやろうとしてるのは、
「大人にも子供にも汚染物を喰わせよう」
ということ。

小出氏がやろうとしてるのは
「子供には汚染物は喰わせたくない。そのためには老人が喰わせよう」
ということ。

森啓太郎氏がやろうとしてるのは
「自分の親には汚染物を喰わせたくない。そのためには他所の子供に喰わせよう」
ということ。


74. 2011年9月29日 18:24:53: AO9cro3kmk
>>71

そもそも君と話が通じないのは君や小出氏が汚染食物を作らせ続け、流通させることが前提な点にあるわけで、被害をいたずらに拡大させるだけの危機管理としては最悪なやり方であり、被害を最小限に抑え、すべての人に安全な食物を供給しようというベクトルの私達とは正反対なんですよ。ちなみにすべての人というのは東電や原子力ムラの人間も含まれます。この世に毒を食って苦しんで死ぬべき人間なんていないんです。勿論君も食べるべきでない。

そして小出氏のこの提言でもう一つ重要な問題点は、原発政策をごり押し、挙句の果てに事故を引き起こした外道国家にさらなる人権蹂躙、国家権力の強化の機会を与えてしまうことです。

小出氏の境遇には同情できますが、この提言は狂気の沙汰と言わせて頂きます。

それからそれから、食糧危機を心配してるようですが・・・
私は20代の爺のなので知りませんが、君が散々貶している爺達には、戦前戦後の食糧難を生き抜いてきた人達がいます。もう少し年長者への尊敬の念を持ち、彼らにアドバイスを乞うてみてはいかがでしょう?
老婆心ながらの提案です。



75. 2011年9月29日 18:55:02: 1WOIjZNs0I
>小出氏が汚染食物を作らせ続け、流通させることが前提な点にあるわけで、被害
>をいたずらに拡大させるだけの危機管理としては最悪なやり方

小出氏がどうやって汚染食物を作らせて流通させるのかな?それをやっているのは政府だと思うんだが。農地法を制定したり減反政策を決定したのも政府だ。この意味がよく理解できない。この辺が勘違いなんだろうな。


76. 2011年9月29日 19:03:42: kohXLPJBgY
>>71 >>74
>この提言は狂気の沙汰
日本の食料状況からいって現状で放射性物質に汚染されていない食物だけで国民を養うことができなくなったの。
北海道や西日本の耕作休止地を全部使おうなんて発想もできないがね。

じゃあ、海外から日本品質の食料品を輸入できるだけのことが可能なのか?
資金的にも環境的にも不可能。
最貧国を見殺しにしてまで日本人が食料を奪える価値があるのかどうか。
海外の空港に行けば分かるが、日本人のある種の評価は急降下だ。日本人だけ隔離されて放射線被曝検査を受けるんだぞ。

そういう中で、原発を放置した連中に優先的に汚染食品を配分してもまだ余るから残った部分は成人が、世の中の役に立たない順序に食ってゆくしかないんだよ。

それと平行して、如何に食品に放射性物質を付けないようにするかという試行錯誤が必要なことはいうまでもない。


77. 2011年9月29日 19:16:51: 0VWPxYyPeE
>71

doji61です。
えー、71さん、なにがいいたいのか論旨が支離滅裂で理解しがたいのです。
たとえば、

>現地人がいまだに住み続けているという現実があるわけだし、

って、それは無知な大人の勝手のために、自らの自由意志で疎開のできない子どもたちが放射能に被爆し続けるということでしょう?
あんたそんな非道なことを認めるの?
なんの権利があって大人たちは自分の子どもたちを被爆させ続けるの?
小出は何の権利があってそんなことを国民に強要できるのか?
小出の論理は支離滅裂であることはすでにわたしは指摘した。その支離滅裂な論理をどう裏返しても、
結果は正反対のものでしかない。
つまり小出がほんとうに「子どもたちの命を守る」つもりがあるのなら、その頭の錯乱した主張の内部にある精神的な暗黒部に気づいて、反省すべきなのだ。

発言の時期からみてもあまりにも異様だ。
いまは老人が食うべきだとかそんな暢気な談義のときではなく、実際に子どもたちをどう非難させるかという智慧を出すべきときなのだ。

わかりましたね。


78. 2011年9月29日 19:18:22: 0VWPxYyPeE
訂正:

実際に子どもたちをどう非難させるかという智慧を出すべきときなのだ。

実際に子どもたちをどう避難させるかという智慧を出すべきときなのだ。


79. 2011年9月29日 19:21:32: AO9cro3kmk
>>75

もちろん政府ですよ。でも小出氏はそれを止めることができないと思ってるわけですよね?政府には逆らうことはできないと。
それは長年、国や大資本と戦ってきた小出氏故の結論かもしれませんが。
しかしまだ救えるものは残ってると思いますよ。

小出氏には知識も情熱もあったけど、数(仲間)が足らなかった。今は世論という強力な仲間がいます。だから敵に塩を送るような提言をしてほしくありませんでした。まあそもそも憲法違反ですが。

小出氏の長年の活動には同じ反原発の人間として敬意は払ってるつもりです。



80. 2011年9月29日 19:38:50: RrWLNzxadE

久々にこのコーナーが賑わって、まさにご同慶の至りです。
(阿修羅は、もうつぶれるのかと思った)

しかし、TVメディアでは、連日連夜、東北の汚染食品を食べる催しを放映して、
キャスター、コメンテーター、解説者を自称する輩どもは、「東北を応援しよう」と
欺瞞的な笑顔をつくるのだが、彼らは、絶対に、食べない! 断言する! 
彼らは、食べないのだ! 「そんな危険なものを喰ってどうする」と
百人が百人、心の中では思っている。

子供も老人も、へったくれもない!
メディアは、大本営発表を無批判に報道しただけでなく、
いよいよ「一億玉砕」「汚染食品を食べない者は、非国民」
という雰囲気づくりの段階に踏み込んだようだ。
 


81. 2011年9月29日 19:46:00: 1WOIjZNs0I
>でも小出氏はそれを止めることができないと思ってるわけですよね?政府には逆
>らうことはできないと。

なるほど、そういう意味で言っているわけですか。ただ、小出氏本人も語っているように、推進派の方が力が強いようですから、些細なことで対立しない方が今は得策という気がします。これはつまり、小出氏という人を見る立場の違いによる見解の相違ですね。遠くで眺めている人には綺麗なところしか見えない。そういう意味でしたか。よく分かりました。


82. そば屋竹林庵 2011年9月29日 20:21:40: Dosidgiv/8/F6 : OvbAoT5Dio
心配するな諸君
原発推進の論理を思い出せ
原発なんて20世紀に日本の最初の原発作る時から「核廃棄物をどうするつもりだ」って言われてたんだ
それに対する答えは「その問題が深刻化するのは何十年も先、21世紀になってから」「その頃には科学が進歩していて何とかなるはず」「だから見切り発車しろ」だった
そして21世紀になった(笑

小出は長年原発推進派と戦う内に敵の論理を自家薬籠中のものとしたんだ

「取りあえず、危険な汚染された福島の農産物は老人が食え」「それなら彼らがガンになるのは20年も先のことだ」「その頃には科学が進歩してて何とかなるはず」

20世紀の原発推進派はその多くが既に逃げ切った
まだ死んでいない場合でも、もう責任を問われる地位や役職にはない
小出だって、あの歳なんだから20年後に被爆者のガンが問題になる頃までには逃げきりだろう
子供に食わせて5年後にガンではなく、老人に食わせて20年後というのがミソだな
自分が逃げ切るまでの時間稼ぎが出来れば、それで良い、後は野となれ、山となれ、それが原発推進の論理だ


83. 2011年9月29日 20:27:44: 1hj4t858UM
>>74
俺は7Pmawew46cさんと話してるの。
お前には、宿題に出した『子供に食わせるより老人に食わせるほうが安全』
を否定する材料をさっさと持って来いといっただろうが(笑
持ってこれないなら「本物の馬鹿」はお前だともな。馬鹿に付き合ってる暇はないんだよ。

安全を目指すだけでは危機管理とは呼ばない。
安全を目指すことが本当に実現困難な場合だからこそ危機管理。
安全を目指せるはずと今でも思っているおまえは危機の認識が薄いということ。
平時ならば狂気の沙汰かもしれないが、それを甘受しなければいけない事態を
招いてしまうからこそ原発はやめなければいけないということ。
おまえのようにこうなってもなお、平時のままの感覚で
なんとかなると思ってる連中がいることが危機管理としては最悪。

>>77
>それは無知な大人の勝手のために、自らの自由意志で疎開のできない子どもたちが放射能に被爆し続けるということでしょう?

無知蒙昧な親のもとから強制的にひっぱがしてどこかに移住させるということ?
出来るの?出来るのなら別に全然反対はしないからすぐやってもいいと思うよ。


84. 2011年9月29日 20:42:51: 1hj4t858UM
>>82
別に逃げ切りにはならないよ(笑
老人といってもまだ定年前。定年後の暇人の欲呆け爺よりは多少長生きするだろう。
現にこうしてわが身大事さには敏感な欲呆け爺からはすでに轟々たる避難を受けてもなお彼は逃げていないのだし。

欲呆け爺どもは、自分が成長細胞に放射能をぶち込んだ子供が発症しても
自分さえ良ければそれで良い、後は野となれ、山となれ、で
その子供より長生きするつもりなんだろうね。
さすがはこんな原発だらけの日本を作ってくれた尊敬すべき年長者だぜ(笑


85. 2011年9月29日 20:51:48: 7mlyqJ4kQQ
小出先生には結局、こういうことキチント考えに入れとてとうこと\\\\
@高汚染物を低汚染地へ拡散させる拡散屋のお手伝いせんといて、
A政府や東電の権限をこれ以上強めること、おわんといて、
B高汚染地の農民を被曝農奴にして縛り付けんといて。
  高汚染地農業で被曝させんといて、
Cん〜〜
>48さんに賛成

高等戦術を駆使してる工作員に反対!
「こども」をダシにして、
ニンッポンの括弧つき「共同体」の、
ねぢまがってるとはいえ”共同性”を破壊するな。
どう、よき社会を共に造りだすのかをかんがえよ!


86. 2011年9月29日 21:01:52: 1hj4t858UM
>>50
捨てるほど食料が余ってるのは、政府の情報統制が利いて
味噌も糞も一緒にして大人から子供まで食べまくってるからですよ。

本来なら首都圏需要を満たす供給地である南東北、北関東が全部やられてるわけです。
普通に考えてものが余るわけないですよね。余ると思ってる人はよほど御目出度い頭の持ち主。


87. 2011年9月29日 21:30:19: HelV0ZKVGc
小出さん次の100万人デモ先頭に立ってください!紳士ぶらないで!山本太郎さん、制服向上委員会もがんばっているんだから!広瀬隆も出てほしいな!人寄せパンダで西田俊行も、当事者だから!福島を汚したのは誰だ!盗電だ!と叫んで欲しい!宝くじの宣伝している場合かよ!一応ビックなんだから!

88. 2011年9月29日 21:57:27: mAKWjxKjsw
7です 63さん

日本中に毒まいて、住み慣れた土地から追い出してくれて
子どもたちを病気にしてくれたお礼を言えと
感謝まで強要してくる。
きっと大事に思う人も思ってくれる人もいない悲しい、さびしい人なんでしょう。

大人達は恨まれはすれど、感謝なんかされないよ。
こどもが大きくなったらみんな絶対に言うよ
「誰だよ、地震国日本にこんなにたくさん原発作ったの、いいかげんにしろよ」
「まじどうすんだよ、作ったやつが生きてるうちに絶対自分でかたずけろよ」


89. 2011年9月29日 22:16:16: 3Bta6JDun2
>小出氏のいう『汚染食品は大人が責任を取って食べろ』というのは観念論の一種と解するのが正しい。あくまでアカデミックの立場からの主張で「食べろ」と言ったところで強制力は存在しない。学問の自由、言論の自由による論争が許されているだけまともだと思うんだが。


そうですよね。

小出裕章の話でこの問題は全体のごく一部なのに、これだけを取り上げてネガティブキャンペーンを行うというのはまさに悪評工作、木を見て森を見ずですよね。


90. 2011年9月29日 22:22:28: l1qrGMjI1k
汚染食品を大人が責任を取って作れ。
一次産業を守るために、被曝してでも作れ。逃げるな。移住するな。
いずれ後継者がいなくて潰れるが作れ。

汚染ゴミを大人が責任を取って燃やせ。
ゴミ処理業を守るために、被曝してでも燃やせ。
汚染ゴミを燃やせなくなったら、ゴミ焼却場が潰れてしまう。
汚染空気を、大人が吸え。

汚染建材で作られた家に大人が責任を取って住め。
建設業を守るために、大人が住め。
被曝してでも、ローンを払え。

汚染中古車に大人が責任を取って乗れ。
中古車屋を守るために、乗れ。

汚染牛乳は大人が責任を取って、金を出して買え。
牛乳メーカーや牛乳配達を守るために買え。

ああ、汚染食品が食いたい。汚染食材限定の汚染食堂はないのか。
子供を守るために汚染食堂を作れ。

愛煙家を喫煙所に隔離したように、汚染食品愛好家を汚染食堂に隔離すべきだ。

汚染されていないものを食べたい人と子供たちのためにも、汚染食堂を作るべきだ。


91. 2011年9月29日 22:32:06: GhvuJqRUFI
>7は十代のとき
チェルノブイリから降って来たブイリを吸って
しまった
年代か?それとも/そのうえ
工作いnu?
咬みつきいのち?

92. 2011年9月30日 00:18:04: rGe4o0tIEE
なんか許容力がない。

小出先生のいってるのは、この日本には全員が清浄な食べ物を
食べる量は無いと考えて言ってるのでは。

放射線を全国にというけど、現状では放射能の入っていない食品はないのでは。
生協、農協などどんどん流通させていることのほうが問題では。
小出先生の食べる食べないは個人の価値観の問題です。
当然食べ無い権利があるでしょう。
それだけのこと。食べたくない人は食べなければよろしい。
小出先生を批判して食べなければいいのです。
日本のどこに放射能を含まない土地があるのですか。
食べたく無い人専用の畑でもあるのですか。
そんなものはどこにもないのです。特に首都圏には。
現状はそうです。
チェルノブイリの事故の時に汚染された母乳を飲ませるか
飲ませないのかでずいぶん考えたことなどが今の小出先生を
作っているのであって、食べたくないという自己中心の人とは
全く違う次元で話しているのでは。

また、学者はこのような場合に、発言に責任を持つが
その発言を抹殺されることがあってはならない。
発言する自由を担保する必要がある。
原発の推進派はカネを使い、この発言を担保することはまったくなかった。
二極化しないよう、十分に発言出来る場を確保することも重要。

食べたくない金持ちは遠くの食材を空輸してたべなさい。
あなたが食べたくないことと、福島の子供を守ること
福島1時産業を守ることは全く違う次元の話です。

また小出先生は50代以下にはなるべく食べさせないという
考えであるのでは。これから子供を産む世代は
子供同様救わなくてはいけない存在です。

子離れした老人は癌になっても寿命から考えて問題ない。
食べたくないなら、福島や茨城の農産物、宮城や岩手茨城千葉東京の海産物
の流通を完全にストップさせ、全員を補償する必要があります。
当然全員を補償する責任は東京電力にありますが、
補償はしない、政府も高みの見物、状態で今をどのように生きていくのですか。
現状では、食べる解決策しかないのでは。
若い人は汚染された土地を離れて新しいところで補償されることは出来るだけ
行うべきですが、その土地を離れられないひとは必ずいるのではないでしょうか
その場合農業をして(働く)東電に補償してもらうために野菜を買ってもらうが
東電は放射性廃棄物としてすべて捨てる。
土地を離れたくないという人に「補償して貰って遊んで暮らせば」とは誰もいえない。人間の尊厳について、食べない他人に言われる筋合いではない。

いま汚染されている土地に現に住んで、農作物・海産物を出荷している。
規制区域外では高線量であっても測定さえしない県の怠慢から
汚染された食品が低線量の食品と混ざって出荷されている。

先日、除染をおこなうと大変なお金が必要になると政府は発表していました。
また細野は5mmsv以下の土地にはとりあえず補償は行わないとしました。
食品の汚染について改善させるにもこの状態では、あと100年はかかるでしょう。

全国で全核種の検査を精密に計る作業が最も風評を防ぐ方法でしょう。
全国を以前と同じ1mmsvにする努力を行なうべき。
それが無くて子供の安全は絶対に守れない。

5mmsv以上は管理区域で立ち入りを制限する。
強権を政府が施行しない限り食品に放射能は入り続け、全国に撒かれる。



93. 2011年9月30日 07:14:36: X1dgpamnfk
この手の話するなら小出氏が毎回用いるグラフ載せろよ
子供の方が何百倍も影響を受けると言う可能性を乗せたデータだよ
逆に年寄りは放射能の影響受けにくいんだよ

上げ足取りだろ、工作員め

善人者っていう証明もしてほしいね、小出みたいに裁判で戦ってきた人に対して失礼と言うか意味不明な奴だな
爺さんが善人で他人のことを心の底から考えてると言う証明が欲しいな
小出をそこまでけなすんだから爺さんはどんな善人だろうか
さっさと根拠示せよ


94. 2011年9月30日 08:32:31: 4xkjz41tqM
93の意見に賛同します。

いろんな意見が活発にやりとり出来ること、素晴らしいことだと思います。

ただ残念なのは、言葉使いの汚い文章があることです。

真摯に品よく意見交換できることを願っています。


95. 2011年9月30日 08:38:34: 4xkjz41tqM
94です。

93ではなく92の意見に賛同でした。

93の意見にも賛同なのですが、言葉使いがもっと丁寧だと嬉しいです。


96. 2011年9月30日 09:35:15: UGFnMQxVBc
皆さんは何ベクレルまでの食品を安全としますか?

499ベクレルのお米を育ち盛りの子供に食べさせたい親御さんはいますか?

500ベクレル以上は飢え死するとしても食べないぞ、と言う方いらっしゃいますか?


97. 2011年9月30日 18:56:05: guMPUS5Omo
私は、小出さんの、放射線への感受性が強い子どもは(大人が犠牲になってでも)守らなければならない、という意図には賛成してきました。
ただし、20禁、30禁といった分け方は実現性がないこと、子どもを守るなら、福島の子どもたちの疎開・避難を主張し、応援することが不可欠であること、こうした批判点はもってきました。
しかし、森啓太郎氏との公開討論を見ると、小出氏の論理破たんと、その結果の(意図はどうあれ)弊害は思ったよりひどいことが分かりました。
57さんや77さんなどの意見におおむね賛成です。

簡単なところから。
小出氏は、年齢ごとに20禁、30禁などと段階を設ける主張をしていました。
これは、現実の実現性がないことを留保しておいても、そのようにして汚染された食糧流通を促すことは、結局、子どもも汚染食料を口にする条件が拡大するだけです。

もっとも、これは、その段階の基準をどのようにするのかによって、内容が違って吐きます。

ところが、小出氏は、討論の中で、どれほど弱くても害はあるので、すべて汚染されているとみなければならない、ということを強調しています。
山下俊一はじめ、「放射能安全論」をばらまいた人たちは、100m以下は安全、などと、「しきい値」理論をとっています。それに対して、こうした安全デマを正当に批判する論者は、おおむね、○○以下でも絶対安全ではないという「直線モデル」に立っています。
(なお、生涯100mSvを打ち出した食品安全委員会は、こっそり「しきい値」モデル導入を行おうとして、8月25日の政府交渉であばかれ、沈黙していました)
小出氏は、当然ながら「直線モデル」に立っていますが、しかし、そのことによって、○○以下は一応安全とみなす(その限界内に抑えなければならない)という意味での「しきい」まで否定することで、森啓太郎氏などに反論しています。
これは暴論と言うほかありません。
「すべて危険」という、これ自体は正しい内容が、だから「どこから危険という線引きをする意味がない」→「すべて受け入れる」という論理の飛躍によって、避けるべき基準を否定する論理を展開しています。
このことによって、放射性汚染物が拡散することを少しでもどのように防ぐのか、という立論を、まっこうから否定し去る結果になっています。

子どもを守るためにも、大人を含めた住民全体を守るためにも、基準をどう設けるのか、汚染されたものの拡散を防ぐため、全国的にどう対処するのか、このことが必要です。

そして、途方もない高線量下の福島の子どもたちの疎開・避難を実現することです。
福島では、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク(子ども福島)などが、子どもの被曝軽減や疎開実現などに向けて、厳しい環境で活動しています。
私は県外ですが、この取り組みを応援しています。


98. 2011年9月30日 21:07:18: BP9HROaYcc
97です。
「爺さん」さまの群馬の報告や、飯舘村への市職員派遣への警告など読ませてもらい、情報に感謝し賛同してきた者です。
 しかし、小出氏への評価では、私は甘かったことがわかりました。
 
 よろしければ教えていただきたいのですが、「爺さん」さまは、4月から小出氏の批判を行ってきたと書いています。
 この時期、小出氏のどのような発言、行動などを対象としたのでしょうか。

99. 2011年9月30日 23:52:46: rGe4o0tIEE
しきい値モデルも直線モデルもどちらでもなんでもいいんだよ。
無理して危険側に立つ必要はない。安全側に立つ予防原則を。
安全という前に、除染をしなさい。少しでも下げる努力をしてから
安全論を話すべき。被曝を強制されて、山下なぞに安全と言われ
そのまま高線量地域にいる。これほど酷い話はない。

子供だけでなく、子供を産む世代の若者も同様に守れねばならない
存在ということを、もう少し表明しても良いと思う。
私のような50以上のものは、除染の手伝いなどするべきかと思う。


100. 2011年10月01日 11:02:18: 6kuobrWeYc
>>08
現実には、金のある人は大人でも老人でも汚染されていない食品を手に入れ食べるだろう。
一方、子供でも若いやつでも金のない人は、安い汚染食品を食べざるをえないだろう

この発言の最大の問題は、そういう現実社会の格差構造に目をつぶり、「子供のために」などという美しい言葉で命に格差を持ち込んでいるところである。


101. 2011年10月01日 17:42:00: mAKWjxKjsw
7です 100越えおめでとう

乳幼児が1年後にガンを発病するケースだと
子どもがガンになるのは5年後
若者        10年後
中高年       25年後
高齢者       50年後
新陳代謝速度が違うため
鼻血を出した高齢者っていないでしょう。

100さん それは外国の話
アメリカ国防省が、食糧危機になった時
日本は協力的な国民性のためなんとか乗り切ることができるであろう
と評価しているよ
死にそうになって、節電に協力した日本人
これを証明してると思わないかね


102. 爺さん 2011年10月05日 16:24:55: pkMRoq8j2xu8g : m8Li67CBLk
>>98さま
3月11日以来小出助教の発言より、自分の家族が生き延びるための情報収集が課題でしたので、4月半ばまで小出助教の記事もネットビデオも1つも見ませんでした。アメリカ軍・ヨーロッパ系在日大使館の動きや海外の意見に注意が向いていました。また、私には武田教授の方が性格があっていました。

つまり小出助教についてはそもそも関心がありませんでした。群馬に住んでいる私の家族にとって、問題は簡単でした。風向きを予測しておき、常時パソコンをネットに接続しておき、福島周りの線量が立ち上がったら逃げる、地表と食材の汚染情報をかき集め、その危険度を評価するため手に入る文献に目を通す。E-mailで聞ける所には聞く。食材補給経路を確保する。原発サイトの成り行きは私の家族にはどうしようもない。
小出助教の話は特に役立たないと判断していました。3ヶ月間、毎日3時間位しか寝ませんでした。仕事もしながらでしたので、小出助教の話を読む時間をとる気はありませんでした。

注意を引かれ疑問を感じたのは「七転八起」氏や「gataro」氏などが阿修羅に頻繁に小出助教の発言とコメントを投稿しているのを見てからです。
私が大学生のころ、大学では共産党系とそれに対するいわゆる極左が学内で戦争ごっこをしていました。
私は阿修羅の匿名コメントで共産党を徹底的に非難してきました。共産党支持者ではありませんが、極左も嫌いです。小出助教の発言を聞くたびに、若いころ学内で見かけた極左を思い起こしました。
言うことに承諾せず個人テロ「撃沈」宣言を研究室で極左から言われた、あの忌まわしい思い出が蘇りました。

@関東圏の汚染を含め汚染状況を4月に入ってから出し渋った。
 国会で意見陳述したときに言っていました。「上からの圧力で言うなといわれた。」
 今中助教もプルトニウムとウランについてどこまで隠しているのやら。
 もっと事実を発表していれば、パニックを伴う形だったかもしれませんが、もっと短期決戦で政治状況が変わったかもしれません。支配層内の力関係が今とは逆だったかもしれない。残念です。助教の理想は革命ではなかったのですか。
 私の理想は革命ではありませんが、この現状よりは一時的混乱的事態の方がましだったかもしれません。

A「福島に家族と残る方が移住して悲惨な生活を送るより良いかも知れない」発言。
 実は私は4月の段階で群馬から移住するつもりでした、しかし、妻は小出助教と同じ事を言いました。
 個人的なことはさておき、彼が移住政策の具体策を呼びかけていたら、事態は違っていたと思います。
 助教が同情を語る中、全国で移住支援の動きが起きていました。
 農民の代替農耕地付き移住を具体的に提案する方々もいた。
 助教の発言はそれらに水をさす働きをしました。

B放射線防護剤・放射性核種体外排出財について、知っていたのに語らなかった。
 これは小出助教だけの話ではありませんが、既に進展していた健康破壊を少しでも防ぐ可能性を被爆者に伝えなかった。
 結果として、理想的な被曝人体実験データ収集状態になりました。

C問題を癌死に歪曲した。チェルノブイリで報告されていた数々の健康被害を知りながら、ヤブロコフの報告書を紹介することも無く、癌の発生率と死亡率ばかりを論拠とした。
 次で検索すれば、老人の問題は科学的真理審判の問題ではないとわかります。
age-related effects of low doses of radiation

D食品問題についてはこのコメント欄に投稿された方々の一方と同意見です。
 群馬のスーパーに行ってみて下さい。
 気にしているのは100人に1人もいない。食料の簒奪戦は現状では絵に描いたもちです。数か月前はなお更でした。
 そういう事態で助教の発言は、ネットも見ている原発や政府に批判的な人たちの中に、世代間対立を持ち込み、良心的な老人の戦線離脱あるいは自爆死を増やすことになります。

---私は若いころ普通は体験せず一生を終わるような自己犠牲の「ボランティア」をしました。その後も余波で意に沿わない奴隷のような仕事を体験してきました。助教にも反原発運動家にも、私は道義的に何も引け目は抱いていません。
 もって生まれた性格上投稿してきましたが、「子供」一般を美化してもいません。精神分析学の意味で自己中で自己肥大した不遜な他人の子供や青年のために、自分を犠牲にするつもりは一切ありません。
『みんなで助かる手立てを、結果はだめだとしても、探ろう』私の哲学です。

玉勝間でもどうぞ、
「おほかた古を考ふる事、さらに一人二人の力もて、ことごとく明らめ尽くすべくもあらず。またよき人の説ならなむからに、多くの中には誤りもなどかなからむ。必ずわろきことも混じらではえあらず。あまたの年を経るまにまに、さきざきの考への上をなほよく考へきはむるからに、次々に詳しくなりもて行くわざなれば、師の説なりとて、必ずなづみ守るべきにもあらず。よきあしきを言はず、ひたぶるに古きを守るは、学問の道には言ふかひなきわざなり。また、おのが師などのわろきことを言ひあらはすは、いともかしこくはあれど、それも言はざれば、世の学者その説にまどひて、長くよきを知る期なし。師の説なりとして、わろきを知りながら言はず包み隠して、よさまにつくろひをらむは、ただ師をのみ尊みて、道をば思はざるなり。宣長は道を尊み古を思ひて、古の意の明らかならむことをむねと思ふがゆえに、わたくしに師を尊むことわりの欠けむことをば、えしもかへりみざることあるを、なほわろしとそしらむ人はそしりてよ。そはせんかたなし。われは人にそしられじ、よき人にならむとて、道を曲げ、古の意を曲げて、さてあるわざはえせずなむ。」  本居宣長−師の説になづまざる事−


103. 爺さん 2011年10月06日 16:11:21: pkMRoq8j2xu8g : kiiNXWwsZE
「狂った」発言の論旨は次
Kernberg O.F.(1986) Object Relations Theory and Clinical Psychoanalysis. Aronson. p.145-p.148

LOWER LEVEL OF ORGANIZATION OF CHARACTER PATHOLOGY

At the lower level, the patient's superego integration is minimal and his propensity for projection of primitive, sadistic superego nuclei is maximal. His capacity for experiencing concern and guilt is seriously impaired, and his basis for self-criticism constantly fluctuates. The individual at this level commonly exhibits paranoid traits, stemming both from projection of superego nuclei and from the excessive use of rather primitive forms of projection, especially projective identification as one major defensive mechanism of the ego. The delimitation between ego and superego is completely blurred: primitive, narcissistically determined forms of the ego ideal are practically indistinguishable from primitive forms of narcissistic ego strivings for power, wealth, and admiration. The synthetic function of the patient's ego is seriously impaired, and he uses primitive dissociation or splitting as the central defensive operation of the ego instead of repression. The mechanism of splitting is expressed as contradictory ego states alternating withe each other, and this dissociation is reinforced by the patient's use of denial, projective identification, primitive idealization, devaluation and omnipotence. This omnipotence reflects a defensive identification of the patient's self concept with forerunners of his ego ideal, namely, idealized, condensed primitive self-and object-images. His pathological character defenses are predominantly of an impulsive, instinctually infiltrated kind; contradictory, repetitive patterns of behavior are dissociated from each other, permitting direct release of drive derivatives as well as of reaction formations against these drives. Lacking an integrated ego and the capacity to tolerate guilt feelings, such patients have little need for secondary rationalizations of pathological character traits.
These patient's capacity for encompassing contradictory ("good"and"bad") self-and object-images is impaired, mainly because of the predominance of pregenital aggression as part of both ego and superego identifications. Excessive pregenital aggression also causea a pathological condentation of pregenital and genital conflicts with predominance of pregenital aggression and is evidenced by sadistically infiltrated, polymorphous perverse infantile drive derivatives which contaminate all the internalized and external object relations of these patients. Thus, their oedipal strivings appear intimately condensed with pregenital sadistic and masochistic needs, and there may be direct expression of oedipal impulses such as in masturbatory fantasies involving the original parental objects.
Their inability to integrate libidinally determined and aggressively determined self- and object-images is reflected in their maintaining object relations of either a need-gratifying or threatening nature.They are unable to have empathy for objects in their totality; object relations are of a part-object type, and object constancy has not been reached. Their lack of integration of self-representations is reflected in the absence of an integrated self concept. Their inner world is peopled by caricatures of either the good or the horrible aspects of persons who have been important to them; and these exaggerated representations are not integrated to the extent that the person could feel that one of his inner objects had a "good side" and a "bad side." By the same token, his inner view of himself is a chaotic mixture of shameful, threatened, and exalted images. The absence of both an integrated world of total, internalized object representations and of a stable self concept produces the syndrome of identity diffusion. In fact, identy diffusion is an outstanding characteristic of this lower level of character pathilogy. The lack of integration of libidinal and aggressive strivings contributes to a general lack of neutralization of instinctual energy and to a severe restriction of the conflict-free ego.
All these factors, in addition to the disintegrating effects of the predominant mechanisms of splitting and related defenses and the lack of crucial ego organizers such as an integrated self concept and an integrated superego, contribute to severe ego weakness. Ego weakness is reflected especially in the patient's lack of anxiety tolerance, of impulse control, and of developed sublimatory channels as evidenced by chronic failure in work or creative areas. Primary process thinking infiltrates cognitive functioning, and, although not always evident on clinical contacts, it is especially manifest on projective psychological testing.
Most infantile personalities and many narcissistic personalities exhibit this level of organization of character pathology. All patients with antisocial personality structure are at this level. The so-called chaotic, impulse-ridden character disordres, the "as-if"characters, the "inadequate personalities", and most "self-multilators" belong to this group. Patients with multiple sexual deviations(or a combination of sexual deviation and drug addiction or alcoholism) and with sever pathology of object relations (reflected in their bizarre sexual needs) are organized at this level. The same is also true for the so-called prepsychotic personality structures, that is the hypomanic, schizoid, and paranoid personalities.
The next step down along this continuum would carry us to the field of the psychoses. The lower level of organization of character pathology I have been describing consists, in effect, of the group of patients who are generally included in the field of borderline disorders or "psychotic characters", or present "borderline personality organization." The differential diagnosis between patients with bordreline personalities and those with psychoses centers on the persistence of reality testing in the former and its loss in the latter. This difference depends, in turn, on the differentiation between self- and object-representations and its derived delimitation of ego boundaries; these are present in the lower level of organization of character pathology, lost or absent in the psychoses.


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★だれでもOKコメント投稿場所。
よかったらこの記事の感想を聞かせて下さい。
コメント投稿するとすぐに表示されます。投稿メルマガで即時配信アリ

ペンネーム:
パスワード: ペンネームとパスワードは無くても投稿できます。ペンネーム+パスワードは記録されます。後日投稿するときのためパスワードは覚えておきましょう。
スパム対策画像認証: ←左の画像に表示されている文字を↓に入力してください。これはいつも・みんな同じです。

 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素16掲示板

ツイッター★阿修羅♪ 投稿コメントツイッター自動つぶやき中

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用もとを表示することを強制いたしません。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素16掲示板