★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 152.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
米 各地で脱原発求める集会
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/152.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2011 年 10 月 02 日 22:52:41: 6nR1V99SGL7yY
 

米 各地で脱原発求める集会
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111002/k10015980881000.html
http://megalodon.jp/2011-1002-2108-11/www3.nhk.or.jp/news/html/20111002/k10015980881000.html
http://www.youtube.com/watch?v=meSwlBbYA_c

東京電力福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、
アメリカでも市民の間で原発の安全性を疑問視する声が高まるなか、
1日、脱原発を求める市民の集会が全米各地で開かれました。

脱原発を求める集会はアメリカの15か所で開かれ、このうちニューヨークでは、
ハドソン川に面した公園でおよそ300人が参加しました。
104基の原子炉を抱えるアメリカでは、福島第一原発の事故はニュースで
大きく取り上げられたほか、最近ではアメリカの原発でも
竜巻や地震などによって緊急停止するなどの事態が起き、
市民の間で原発の安全性を疑問視する声が高まっています。
集会では市民団体の代表が演説し、地元ニューヨーク州で
40年近くにわたって稼働している原発の閉鎖を求めました。
また、ニューヨークに住む日本人女性が福島県の現状について
「母親たちが子どもにマスクをつけさせるべきか、
外で遊ばせないべきかと自問自答しなければいけない毎日です」と訴えました。
参加した人たちは「福島での事故は原発に対する私の意識も変えた。
日本で起きるのであれば、どこでも起きうることだと思うようになった」とか
「この問題は日本だけの問題ではなく、国際社会の悲劇だと思う」などと話し、
原発から環境にやさしいエネルギーへの転換を求めていました。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月02日 23:06:03: Q7zcw8q2Jc

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/23613


南相馬市小高をすぎて、国道6号を南に向かっている時だった。運転席のジローくん(仮名)が左側を指差した。

 「ほら、あれ、略奪されたコンビニ」


一見するとどこにでもある普通のコンビニだが・・・。
 え? ぼくは戸惑った。被災地では略奪はなかったことになっているのでは?

 「ATMが壊されて金が盗まれたらしいス」

 広い駐車場にワンボックスカーを入れた。今度も手短にお願いします。国道はパトカーが多いですから。ジローくんはそう言って、また「見張り役」を引き受けてくれた。

 セブン-イレブンに歩み寄る。向かって左側の側面のガラス壁が割られていた。人がくぐれるくらいの穴があいている。

破壊されたATM、中身がぶちまけられた商品

 頭を中に入れたとたん、何か邪悪な空気が気道に流れ込んできて、胃からすっぱい塊が上がってきた。それは肉や野菜が腐った匂いだった。

 私は中で何が起きているか、察知した。コンビニが1軒まるごと腐っているのだ。


破壊されていたATM
 こういう匂いは殺人事件の取材で経験があった。私はマスクの上から頭にかぶっていた手ぬぐいを巻き、後ろで縛った。そして深呼吸して、鼻から息を吸わないようにして、中に入った。

 真っ先に目に飛び込んできたのは、破壊されたATMだった。パネル画面の下の引き出しのような部分(こんな部分が隠れているとは知らなかった)が前に出ている。何か巨大なニッパーでねじ切られたかのように、金属部分がちぎれていた。紙幣か何かを収容していたらしい。空っぽだった。

 息が荒くなった。こらえても邪悪な空気が鼻に入ってくるのだ。

 そして暑い。カメラを握る指先が汗でぬるぬるした。

 床が見えないくらい商品が散乱していた。いや、もう商品ではなかった。スナック菓子の袋が引き裂かれ、カップ麺の容器はちぎれて中身がぶちまけられている。

 レジ横に、カップ麺用なのか白い電気ポットがあった。その周辺に、ブルーベリージャムが点々と落ちている。

 なぜここにジャムが?


よく見ると、それは鳥のフンだった。動物らしい泥の足跡もある。誰かがコンビニのガラスを破って中に入ったあと、鳥や動物が入って食べ物を荒らしたのだ。なるほど、ポテトチップやスナック菓子の袋を破って中身を食べたのはカラスや鳥かもしれない。


商品が床に散乱するコンビニの店内
 店内を一周する。ホワイトデーのギフトバッグが手つかずで並んでいる。3月11日の朝刊がそのままになっていた。ひからびて雑巾のように蒸し器にへばりついた肉まん。サラダは溶けてどす黒い液体になっていた。

 一見、そこは私の家の近所にあるセブン-イレブンと同じだった。だが入ってみると、それはミイラになったセブン-イレブンだった。

 なくなっているもの。おにぎり。サンドイッチ。そしてペットボトルの水やお茶。やっぱり。ペットボトルを盗むのは動物や鳥じゃない。床を見ると、買い物かごに野菜ジュースやコーヒーだけが仕分けられている。持ち出そうとしてやめたようだ。

 歯ブラシ。歯磨き。タオル。ひげ剃り。なるほど洗面用具か。これは動物が持ち去るわけがない。人間の仕業である。

 そして店内をぐるりと回って雑誌スタンドの前に来て、力が抜けた。数ある雑誌の中で、アダルト本コーナーだけが、きれいに抜き取られて空っぽになっていた。

 放射能災害の現場で略奪するものが、エロ本かい!

 私は心の中で略奪犯にツッコミを入れた。

なぜみんな防護服を着ていないのか

 「タバコ、ありました?」

 車に戻ると、ジローくんが言った。見てないけど、あったかも。そう言うと「じゃあ取ってこよう」とカジュアルに言う。やめた方がいいですよ、と止めるも、スタスタ歩いて行ってしまった。

 「ぎゃあ! くせえ!」

 破れたガラスの前で叫ぶと、ダッシュして戻ってきた。

 「くっせえ! なんすか、あれは!」「わ! 防護服までくせえ!」

 袖をくんくん嗅いでいる。私はげらげら笑った。悪いこと考えるからですよ。

 一刻も早く立ち去ろう。ガラスの破れたコンビニの前で、騒いでいる防護服の2人組はどう見ても怪しい。


誰もいないはずの20キロ圏内で、時々車とすれ違った。警官ではない。がれきや廃材を積んだトラック。老夫婦が軽四輪を運転していたこともある。しかも、みんな平服で、防護服など着ているのは私たちだけなのだ。そういえば、警官もごく普通の制服だ。

 「あれは、一時帰宅ですかね」

 「さあ?」

 2人で首をひねった。一時帰宅なら、20キロラインのちょうど外にある南相馬市の「馬事公苑」に集合してバスで入るはずだ。

 「何か商売かな? 許可証をもらんたスね。いずれにせよ」

 ジローくんもわけが分からないらしい。これでは一体何のための立ち入り禁止規制なのだ?

 線量計を見る。毎時0.2マイクロSv(シーベルト)。これでは福島市や郡山市と同じだ。いまの福島県の感覚では「平常」「やや低め」である。

 一体どうなっているのだ。ここは政府が立ち入りを禁止しているゾーンなのだ。福島第一原発から10キロ前後なのだ。逮捕するとまで言っているのだ。新聞やテレビは「線量が高く危険」と取材に入ろうとしないのだ。もしここがそれほど危険なら、福島市や郡山市も立ち入り禁止にしなくてはならない。

学校に吸い寄せられる放射線

 もう1カ所立ち寄ったのは、学校だった。「鳩原小学校」と地図にはある。だが、どうもピンとこない。向こうに白い校舎らしい建物が見える。手前にサッカーゴールやブランコが見える。確かに学校らしいのだ。


背丈ほどのセイタカアワダチソウで埋まった小学校のグラウンド
 が、問題は、自分がいま立っている校門から校舎の間までずっと、背丈ほどのセイタカアワダチソウが埋めていることだ。サッカーゴールの下半分が草原に埋まっている。風でその草原がざわざわと揺れる。

 まったく見たことのない風景なので、ここが学校だと言われてもピンとこない。

 地面を見ると、自分が立っているのがグラウンドらしいと分かった。が、表面は雨で流れ、塩田のようにひからびている。シカやヤギらしい足跡が点々と続いていた。

 線量計を取り出した。毎時1.57マイクロSv。がっくり力が抜けた。いちばん放射線の影響を受けやすい子どもが過ごす学校に限って、線量が高くなる。そんな話は、先立って訪ねた飯舘村でも聞いた。


舗装面では、雨が降ると、地表に落ちた放射性降下物(いわゆる死の灰)を洗い流す。が、校庭やグラウンドは露地なので、降り積もったままになる。地面にしみ込む。校舎は屋根の面積が広く「大きな漏斗」のように雨を集める。雨と一緒に落ちてきた放射性降下物が集まり、雨樋で1カ所に流れ込む。行き先の側溝や水はけ口の線量が高くなる。飯舘村で聞いたのはそんな話だ。

 ブランコも登り棒も、セイタカアワダチソウに埋もれていた。日が西に傾き始めていた。私はここを子供たちが駆け回る姿を何とか想像しようとしたが、だめだった。暑さと疲れで頭がぼんやりし始めていた。

モンスターまであと5キロ

 南に走った。ジローくんも私も黙っていた。疲れてきた。汗でぐっしょり濡れたズボンが重く冷たかった。

 浪江町に入って何分くらい走ったのだろう。ジローくんが突然車を止めた。標識を見ると、もう少しで福島第一原発のある双葉町だった。私はジローくんを見た。ジローくんも私を見た。唇がかすかに動いて、小さな声がした。

 「双葉町に入るのは、ちょっと・・・」

 私は言葉に詰まった。口にはしなかったが、ジローくんの目には、怯えの色が走っていた。

 目の前には、がらんとした無人の国道と街が続いていて、西日が長い影を落とし始めていた。

 るるる、というエンジンの音だけがした。外は海底のように静かだった。

 もう少し行けば、福島第一原発が見えるかもしれない。いま人々をこれほどの惨事に追い込んでいるモンスターの姿を確かめたい衝動にかられた。しかし、モンスターを見た瞬間、自分だけではなくジローくんの体も危険にさらされるのだ。あと5キロ。

 「帰りましょう」

 言葉が私の口から出るやいなや、ジローくんはハンドルを反転させてアクセルを踏んだ。そして無言で前をじっと見つめたまま加速した。


 遠くにうずくまっている怪物の息づかいが聞こえたような気がした。

 私は何度も振り返った。何度も何度も。ジローくんも私も、ずっと黙ったままだった。

 20キロ圏の外に出る検問では、警官は私たちに関心すらないように形式的にチェックをした。

 そのすぐ前を、自転車に乗った子供や、イヌを連れたおじさんが行き交っていた。

 「日常の世界」に戻ってきたのだ。

福島県にあった別の惑星

 何だか夢を見ていたような気がして、後ろを振り返った。検問の向こう側には、雑草に埋もれた無人の世界が、確かにあった。

 4時間、私はどこか違う世界に行っていた。この日本、この福島県にある土地なのに、その姿はまるで別の惑星のような異質な記憶になって頭にこびりついていた。

 どこか別の惑星にある、日本そっくりの街。そんな感じなのだ。

 路肩に車を止めて防護服を脱いだ。蒸された体が外気に触れて、ひんやりした。

 法律上は、これも立派な「低レベル放射性廃棄物」である。原発では放射線マークつきの黄色いドラム缶に入れて保管するような「危険物」なのだ。ジローくんはそれを無造作にビニール袋に突っ込み、後部座席に投げ込んだ。

 「それ、どうするの?」

 「ちゃんと捨てときます」

 そう言ってニヤリと笑うと、ジローくんはワンボックスカーにもたれ、たばこをふかした。私はすっかりぬるくなった「おーいお茶」を飲み干した。

 疲れた。街路樹の葉っぱが色づいて、はらはらと散っている。そこにも降下物がつもっているのだろう。その下を子どもが自転車で走り抜けた。

 かつてなら炉心そばのような線量の区域にいた私は「被曝者」なのか? 靴の裏には放射性物質が付いているのか。これを履いたまま東京の自宅に帰っていいのか?

 ふと不安にかられて、線量計を確かめた。出発した時とほぼ同じ、毎時0.2マイクロSvだった。



02. 2011年10月02日 23:25:33: aakvlBAPYg
国内で日々起きている反原発デモや抗議活動は足蹴に取り上げず、海外で起これば嬉々として取り上げる。NHKをはじめ日本のマスメディアは一体どこを向いているのだろうかと半ば諦めに近い感覚が、こういうニュースを見るとまたよみがえってしまいます。
NHKも属国思想からいち早く抜け出してほしいものだけど、やはり無理なんだろうな。

期待せずネットで情報を集めて、身近な人に伝えることを続けたいと思います・・・。


03. 2011年10月03日 00:11:14: B3FrSkvLWQ
01さん
貴重な体験をありがとう。
SFのような、不思議な臨場感があるね。
復旧、復興も大事だろうが、もし日本、世界が存続し得れば、フクシマはこのままそっくりそのまま世界遺産として保存し、後世に伝えたらどうだろうか。
経済優先も結構だが、こういう「遺構」に触れ、人生や世界、宇宙のことを真剣に考えることこそ必要だ。
むろん福島の人たちには十分な補償はしなければいけないが。

04. 2011年10月03日 21:53:59: mAKWjxKjsw
3さん 中国四川大地震の被災地はそのまま保存され地震博物館になっていたように思います。ロシアも災害時は復興などせず、そのほとんどが土地を放棄しています。
日本が福島を捨てられないのは、そういう習慣がないからでしょう。

アメリカのデモは、はじめは経済状況に対するものだったのが
地元の事情によって多様化したものとききました。
その土地土地でいろんなデモをやっているらしい。
国中で反原発デモが巻き起こっている、というわけではないようですよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧