★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 190.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
キツネ (北海道新聞 卓上四季)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/190.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2011 年 10 月 04 日 11:12:02: tZW9Ar4r/Y2EU
 

人間をだます動物の代表選手といえば、まずキツネを思い浮かべる人が多いのではなかろうか▼真っ暗闇の山野にあやしくともる「狐火(きつねび)」。花嫁に憑(つ)いて、嫁ぎ先で繁殖するという「尾崎狐(おさききつね)」。極め付きは、9本もの尾を持つ「玉藻前(たまものまえ)」か。中国や天竺(てんじく)で国家転覆を謀った末、日本に渡来して宮中を揺るがしたという▼江戸の化け物総覧に基づく作家京極夏彦さんの「妖怪画本 狂歌百物語」(国書刊行会)をめくるとキツネの妖怪が続々登場する。たわいもないものも含め「キツネにだまされた」という逸話はかつては各地で語られていた▼ところが、哲学者内山節(たかし)さんによると、1965年を境にキツネに化かされた体験談はふっと途絶えてしまうという。経済成長や科学技術の進展など理由は幾つも挙げられよう。が、内山さんは私たちが「キツネにだまされる能力を失った」とみる(「日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか」講談社現代新書)▼身体で受け継ぐ技。自然から里へと降りてくる生命の流れを感じる力。それら知性だけでは捉えきれないものを喪失した暮らしからは、キツネに惑わされる物語は紡ぎ得ない▼国内初の商業用原発の稼働は66年からだ。いま次々に判明する経産省、電力会社ぐるみの「やらせ」に暗たんたる思いがする。それはキツネに代わって、何者にだまされてきたかを教えている。2011・10・4

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/322766.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月05日 17:19:18: QYK9TgXw5U
ジャーナリズムの矜持を辛うじて保っている?北海道新聞さん、是非、泊原発を廃炉にするよう世論を喚起して下さい。長い目で見れば、北海道の価値を高めるチャンスです。最後のチャンスかもしれません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧