★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 196.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山本太郎 X 辛坊治郎 : どうなる?日本の原発
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/196.html
投稿者 妹之山商店街 日時 2011 年 10 月 04 日 17:25:46: 6nR1V99SGL7yY
 

山本太郎 X 辛坊治郎:どうなる?日本の原発
http://www.youtube.com/watch?v=ewqwT14Juio

山本太郎氏が辛坊治郎氏とテレビで対談。
一時間ほど対談したというがその内、わずか数分しか放映されなかった。
わずか数分とはいえ、それでもテレビに
山本太郎氏の肉声が放映されることは僅かしかない。

20mSv問題で
「子供達に『死ね』と言っているのと同じだなと。
その姿っていうのは明日の自分達にも当てはめられることだろうと」

今、目指していることはとの問いに対して
「原発一斉停止を目指したい」

持論である“サテライト疎開”を主張。

「一番最悪と思われるパターンをとらないと
守れないですよね、人は。
命を守らないのであれば国が存在している意味がない」

「市民の運動というか、皆のうねりで変えていくしかない。
今、立ち位置をはっきりしていない政治家達は
次の選挙で全員落ちてもらうような動きにしていくしかない」

<参照>
山本太郎が見た福島の現実
http://www.youtube.com/playlist?list=PLA5E7FD0573929131

俳優の山本太郎氏が福島現地を取材
・公園の放射線量計測、それを年間線量に換算すると20mSv/年を超える
 しかもそれは空間線量=外部被曝に過ぎないと指摘
・尿からセシウムが検出された子供達の父母達との討議
・学校給食は検査する必要はないとの市教育委の回答への疑問
 日本の暫定規制値とウクライナの暫定規制値との比較
 ICRPとECRRについて
・現地の市民団体の自主的な食物計測の取り組み(市民放射能測定所)の紹介
・サテライト疎開(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)の紹介  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月04日 17:52:20: bvs5qg7jfs
うーーーんと。
山本太郎。こいつもマスコミに囲い込まれたね。w
いまや「脱原発ファッショ」で、知識人にとっては受難の時代だ。
知識人が「原発容認」なんていえば袋叩きにあいかねない。
池田信夫とかあのての瘋癲(ふうてん)はもとからおかしいから、袋叩きにはあわないが、
周囲から進歩的な文化人だと思われていた人は原発容認なんていうと袋叩きだ。
自由に論議などできる状況じゃない。これを「反原発ファッショ」という。

もっとも原発容認か脱原発かなんていう議論は無意味なのだ。
そういう対立軸での論議は政府東電が一番よろこんでいる。
なぜなら、そういう議論は、
原発の惨禍が起こる前に有効な議論だからだ。惨禍が起こってしまったら、ほんとうはそんな議論より、
如何にして拡散された放射能を無化するか、被爆を最小限にできるか、が大切な論議になる。
これは原発容認派も否定派も垣根を払って取り組むべき問題だ。
それをいまだに対立軸で煽るバカがいるし、何の意味も無いことを語っているバカ知識人もいる。


02. 2011年10月04日 18:05:34: hHvssaJtnU
過去しか見えない頭と 未来を想像する目
今 より必要なのはどちら?

03. 2011年10月04日 18:11:12: aakvlBAPYg
>01
山本太郎さんはまさに、被曝を最小限にするためにサテライト疎開を進めているわけですよね。
原子力政策大綱の見直し会議において国民から寄せられた意見の98%が脱原発だということもありますし、福島第一原発による被害やこれまでの原発行政の事実が明らかになるにつれてもはや対立をするようにフェーズは過ぎ去ったのかもしれませんね。
なお「ファッショ」という言葉の定義・使用法、もう一度確かめられることを切に願っております。

04. 2011年10月04日 19:00:31: bvs5qg7jfs
おれが不満なのはね、こういうええかっこしいばかりが、うじゃうじゃと湧いて出て、どこからも子どもの声の紹介がないということだ。
山本もなぜ子どもの声を伝えない。おまえ、子どものためにやりはじめたのだろう? 子どもの声の伝道師になれよ。
なにをゴリゴリの翼賛右翼アナウンサーとじゃれているんだ。子どもはいまどうなっているか。
ほんの少しだけ紹介しよう。この子たちの声を聞けば、かれらはちゃんと大人のウソを見抜いていることがわかる。小出も山本もね。

「最後に、私自身が大変ショックを受けた話ですが、北海道の泊原発の隣の共和町で、教職員組合主催の講演をしていた時のお話をします。どこへ行っても、必ずこのお話はしています。あとの話は全部忘れてくださっても結構ですが、この話だけはぜひ覚えておいてください。

その講演会は夜の集まりでしたが、父母と教職員が半々くらいで、およそ三百人くらいの人が来ていました。その中には中学生や高校生もいました。原発は今の大人の問題ではない、私たち子どもの問題だからと聞きに来ていたのです。

 話が一通り終わったので、私が質問はありませんかというと、中学二年の女の子が泣きながら手を挙げて、こういうことを言いました。 

 「今夜この会場に集まっている大人たちは、大ウソつきのええかっこしばっかりだ。私はその顔を見に来たんだ。どんな顔をして来ているのかと。今の大人たち、特にここにいる大人たちは農薬問題、ゴルフ場問題、原発問題、何かと言えば子どもたちのためにと言って、運動するふりばかりしている。私は泊原発のすぐ近くの共和町に住んで、二四時間被曝している。原子力発電所の周辺、イギリスのセラフィールドで白血病の子どもが生まれる確率が高いというのは、本を読んで知っている。私も女の子です。年頃になったら結婚もするでしょう。私、子ども生んでも大丈夫なんですか?」と、泣きながら三百人の大人たちに聞いているのです。でも、誰も答えてあげられない。

 「原発がそんなに大変なものなら、今頃でなくて、なぜ最初に造るときに一生懸命反対してくれなかったのか。まして、ここに来ている大人たちは、二号機も造らせたじゃないのか。たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ」と。ちょうど、泊原発の二号機が試運転に入った時だったんです。

 「何で、今になってこういう集会しているのか分からない。私が大人で子どもがいたら、命懸けで体を張ってでも原発を止めている」と言う。

 「二基目が出来て、今までの倍私は放射能を浴びている。でも私は北海道から逃げない」って、泣きながら訴えました。

 私が「そういう悩みをお母さんや先生に話したことがあるの」と聞きましたら、「この会場には先生やお母さんも来ている、でも、話したことはない」と言います。「女の子同志ではいつもその話をしている。結婚もできない、子どもも産めない」って。」

(原発で40年間働いたある一級配管工の話)


05. 2011年10月04日 19:08:23: bvs5qg7jfs
失礼、「原発で働いていたある一級配管工の話」のURLは以下です。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page16


06. 2011年10月04日 20:17:23: s6rUY0uvOc
>04さん
納得!
>01で
>如何にして拡散された放射能を無化するか、被爆を最小限にできるか、が大切な>論議になる。
>これは原発容認派も否定派も垣根を払って取り組むべき問題だ。

ごもっとも!
ところが
東電は放射能拡散しない取組、してる?
役人タラシコンデ、拡散必死に見える。補償裁判対策で統計差をなくすためだとか外人からさえ言われちゃったんじゃ?
本物の愛国右翼はじつは絶滅危惧種だったんだってバレちゃった。西尾さんはえらい。見直した。ノビテルのおやぢは大拡散をに大懸命だし。

拡散反対大同団結は絶対やらんといけない。


でもファッショというのは、ちがうんじゃないか?

マスゴミからめて裁判所、kさつ、東京都の瓦礫焼却業者にまで、手を回してる方が、ファッショの名に相応しいよね。


で、辛抱は脱派になったの?密かにオーエンしてんの?


07. taked4700 2011年10月04日 20:18:16: 9XFNe/BiX575U : gVjL3ax6tQ
>>04

こんなことをコメントするのは気が引けるのですが、

>私は泊原発のすぐ近くの共和町に住んで、二四時間被曝している。原子力発電所の周辺、イギリスのセラフィールドで白血病の子どもが生まれる確率が高いというのは、本を読んで知っている。私も女の子です。年頃になったら結婚もするでしょう。私、子ども生んでも大丈夫なんですか?

と言うのはやらせの可能性があると思います。中学2年生の女子生徒がセラフィールドのことを本で調べるでしょうか?「子供を産んで大丈夫」と心配する前に、単に放射能は怖いと普通なら言うと思う。

更に、

>「この会場には先生やお母さんも来ている、でも、話したことはない」と言います。「女の子同志ではいつもその話をしている。結婚もできない、子どもも産めない」って。

と言うのもおかしい。講演会の会場で自ら発言するするような生徒なら、学校や家庭である程度は話していないとおかしい。更に、女の子同士で話していると言うなら、少なくとも複数の女子生徒が同じ意見を持っていたわけで、彼らが家庭で話をしていないはずがない。

自分はこの平井さんのお話を数年前、確か5年か6年前に読んだような気がしますが、読んだ当初は衝撃でした。しかし、その内、本当かなと思うようになったのです。

しかし、やらせかどうかは別にして、重要な問題提起であることは確かです。

>今夜この会場に集まっている大人たちは、大ウソつきのええかっこしばっかりだ。私はその顔を見に来たんだ。どんな顔をして来ているのかと。今の大人たち、特にここにいる大人たちは農薬問題、ゴルフ場問題、原発問題、何かと言えば子どもたちのためにと言って、運動するふりばかりしている。

この部分は、非常に示唆に富むものです。実際、多くの大人たちが事実をよく調べずに、その時々の状況に合わせて適当に反対や賛成を叫び、結局状況に妥協していく。現在の日本の原発の状況はまさにそうやって作られてきました。

今、最も必要なことは事実をきちんと確認していくことでしょう。地震に対する原発の安全性は本当に担保されているのか。低線量被曝は故意に隠されている部分があるのではないか。そもそも原発は経済的に引き合う発電方法なのか、等々。


08. 2011年10月05日 04:54:55: vsXOorX3zQ
辛坊治郎はどうでもいい
山本太郎さんには頑張ってほしい

09. 2011年10月05日 06:18:42: BwyAwQru5w
>>07
共産党系の仕込っぽいな

まあ、メロリンQにはがんばっても貰わんとな
>>01
原子力利権がどういうものか知っていて言っているんだろ
知っていながらそういえる人間は信用できない

>>06
そりゃ小泉でも脱原発くらいなら言いますよ
本当に脱原発に舵が切れるわけがない連合も言ってます
分のある方につく、それが辛抱


10. 2011年10月05日 10:27:06: b67oqhA4SI
1さん
バカっていったら、自分がバカ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧