★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 239.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
10月5日 〔文字起こしUP〕 小出氏:放射線審議会基本部会、一般市民の年間1mSv見直し提言について@たねまき
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/239.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 06 日 00:56:03: igsppGRN/E9PQ
 

10月5日 【文字起こしUP】小出氏:放射線審議会基本部会、一般市民の年間1mSv見直し提言について@たねまき
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3073126.html
2011年10月05日23:59 ぼちぼちいこか。。。


正直に申し上げます。
これが通ってしまったら、全てなかったことになります。
起こしながら、心臓が飛びでそうでした。

どうしたら止められるでしょう。


20111005 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章
http://www.youtube.com/watch?v=ErLigpobM_s&feature=player_embedded

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

東京には近藤さんです。
まず、私たち一般の住民が一年間にどれだけの被曝をしてもいいと国が定めているかという、この数字についてのニュースから伺いたいと思います。
被曝線量の基準を検討している国の放射線審議会基本部会というところがあります。
ここは、一般の住民の被曝線量の限度の数字を変えようとしているらしい。そんなお話が出てきました。
これは、小出先生がいつもおっしゃる、一般の住民は、年間1mSvまででしたよね?
(小出氏)そうです。
そうですね。
被曝線量の限度は年間1mSvでしたね。
ところがですね、この基本部会は、この1mSvについて、
「達成することは当面困難だ」と判断しまして、どうするかといいますと、20mSvから1mSvの間で限度を緩和した、緩めた中間目標の設定を認める提言を近くする方針だという話が伝わってきました。
まずは、小出さんの感想を聞かせてください。
(小出氏)はぁ・・・・。
まずは、呆れました。
ただし、今現在福島を中心として、1mSvを守ろうとすれば、膨大な土地を放棄しなければもうできないという現実は、確かにあります。ですから、その現実の中で「もうどうしようもないから」と言って、国の方は、国民に被曝を強制するという方針に打って出たということですね。

小出さんは、この広大な土地を捨てなければいけないくらいの被曝であるということは、事故直後からずっとおっしゃってきました。
(小出氏)そうです。

ただ、年間1mSvを守るというのが、国の定めなんだから、これを無視するのは法治国家ではないとおっしゃっておりましたよね。
(小出氏)多分、そう論理的な帰結でいけばそうなるしかないと思ってきました。

「その法を守ることができないから、じゃあ今度は法を変えちゃえ」ということですよね?簡単に言ったら?
(小出氏)そうですね。それが法治国家という国のやることなのかどうか、私にはよくわかりませんが、随分身勝手な国だなと思います。

これは、具体的にどのような目標数値になってくるか、いろいろあると思いますが、例えばこの一番大きな数字であります、20mSvというものを年間の限度に定めたとしましょう。
どういうことになるんですか?
(小出氏)私は、放射線に被曝した時に、どれだけのリスクがあるかという評価に関して、米国のGofmanさんという方のデータを信頼しています。
そのGofmanさんの評価によると、1mSvという現在の国の基準を1万人の人が被曝をすると、そのうち4人がガンで死ぬという…

1mSvの基準で1万人が被曝すると、そのうち、4人ががんで死亡する。
(小出氏)はい。もし20人まで許すとすれば、80人がガンで死ぬということになります。

数値でいうとそういう数字になるんですね?
(小出氏)はい。そして0歳の赤ん坊は、平均的な人間に比べて、4倍危険があるので、0歳の赤ん坊が20mSvの被曝をさせられてしまうと、1万人のうち、320人の赤ん坊がやがてガンで死ぬということになります。

はぁ・・・・。
この数字をどういうふうにとらえるかでしょうけれども、小出先生はどんなふうにとらえますか?
(小出氏)私は少なくとも子供というものは、現在の原子力を選んだ責任はありませんし、事故が起きて、膨大な汚染が起きていることに関しても責任がないのですから、何としても子供を守らなければいけないと思いますし、1万人に320人もの子供をガン死させるということは、私は容認しがたいです。

近藤さん?
このこうした話が出てきた、つまり法律の方を変えようという、このやり方ですよね。
(近藤氏)だから、この問題は、科学っていうレベルよりも政治の世界の話じゃないんですかね。つまり、1年間に20mSvまで我慢させるという、これは要するに政治の世界でそういうふうに、もともと法律ですから決めていくわけですから、今出てる動きも科学者うんぬんかんぬんのレベルを超えたところで、何かことが動いているという…。

でも、政治って、国民の安全、国民を守るのが政治じゃないんですか?政治的というなら。
(近藤氏)そうですね。

逆ちゃいますの?これ、やってることは。
(近藤氏)だから、おかしいわけですよ。

これが政治的なんですね?
(近藤氏)そうですね。

私はね、素人考えですけど、非常にこれは経済的な問題でもあるのではないか?と疑うんです。
というのは、これ、今除染をどれだけの地域に対してするかというのは、非常に大きな問題だと思うんですが、当初5mSv以上のところを除染するという話が出て、福島県知事も各自治体も非常に反発なさいましたよね。
そうすると、細野原発大臣が、「いやいや1mSv以上のところも、除染を国の責任でしましょう」という話になったと思うんですが、そうした論議が吹っ飛ぶ恐れはないでしょうか?小出先生、いかがですか?
(小出氏)そうですね。全体が多分吹っ飛んでしまうと思います。除染もしなくてもいいということも言い出す可能性すらありますね。

うーん。
もし全部を1mSv以内にってなると、ものすごく多額な費用がいりますでしょうからね。
(小出氏)そうですし、私は除染というのは基本的にできないと発言をしてきましたし、恐らく福島県のかなりのところは、どんなに除染を頑張ろうと、1mSvを守るということはできないだろうと思います。

近藤さん?
(近藤氏)だから、この原発に関しては、僕は政治と経済の線引きっていうのは極めて難しいと思うんですよ。つまりそれは、いわば一体化したもので、だから、国策って言ってるわけですから、今、除染の問題も含めて、同時に起きてる動きというのは、原発を如何に依存、依存というよりも、守っていくか?ということのほうに傾いてますよね?

政府がですね?
(近藤氏)それも含めて、政治の動きの中でとらえたほうがわかりやすいっていいますかね。

わかりやすいですね。
わかりやすいですけど、それが本当に国民にとってどういうことにつながるか?というと、先ほど小出先生がおっしゃったみたいに、やはり将来の子供たちのリスクが非常に大きくなると、ここは、確実に言えることなんですか?小出さん。
(小出氏)そうです。

はぁ・・・・。
(近藤氏)プルトニウムが検出されたニュースの時に、要するに「そんなものは、いろんな核実験が起きてて、そのくらいの微量は世界中にあるんだから、今更そんなことどうのこうの」
ということを言うてたんですかね?
(小出氏)はい。言ってました。
(近藤氏)言ってましたよね?あれも、要するに、酷い理屈でしょ?
(小出氏)そうです。大気圏内核実験でプルトニウムが大量にばら撒かれたのは、本当ですけれども、それによって世界中で多分ガンの発生率が増えたはずだと思います。ですから、それに何がしかの上乗せをするのであれば、それもまたガンの発生率の上乗せ分が生じてしまいますので、「嘗てあったから、今回も問題ない」というような理屈は、通用しません。
(近藤氏)そうですね。

私は、小出先生、この1mSvっていう数字を見直すというのは、ものすごいショックなんですけど?
(小出氏)そうですよね。日本という国が日本に住む人に対しては、これだけのリスクまでしか与えないとしてきたものなんですよね。それを、原子力を奨めてきて、事故が起きてしまえば、その事故を起こしたことに責任があったはずの国家が、もう法律を変えてしまうと、今言っているわけで、本当に私たち、国民ひとりひとりがこんなことを許していいのか?或いは、こんなことを生んでしまった原子力をこのまま見逃すのか?と、そういうことだと私は思います。

民主党の動きで一つ、お伝えしますとね、これ、民主党は原発を今後どう考えていくのか、その大きなカギを握るであろう人事がひとつありまして、民主党って前原さんが政調会長で、この方がうんと言わないと政策は前に進まないシステムを野田さんが作られたそうですけど、前原さんがある人事を行われました。
政策委員会であるプロジェクトチームを置いて、そこでエネルギー政策の見直し作業をやるんだそうですが、そのプロジェクトチームの座長が、大畑さんという方で、この方は、元経済産業大臣でもいらした方で、もともと日立製作所出身で、原発プラントの設計にもかかわっていた方で、非常に原発推進派と言われている方なんだそうです。
ご存知です?
(小出氏)はい。

その方がエネルギー政策の見直し作業を民主党で率いていかれるという人事なんですよ。
これは、どういうふうに小出先生は見られますか?
(小出氏)前原さんは、もともと原発推進でしたので、前原さんの意向で民主党全体を原発推進のほうへ持っていくということですね。
まぁ、私は前原さんのような考え方は間違えていると思っていますし、彼はたしか松下政経塾だったと思いますが、幸之助さんが泣いてるだろうなと思います。

民主党のエネルギー政策のこれからを一つ占うような人事ではありますよね。
(小出氏)そうですね。

ありがとうございました。
(小出氏)ありがとうございました。

【以上】

これは、本当にどうしたら・・・。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 爺さん 2011年10月06日 02:06:55: pkMRoq8j2xu8g : DKTMk0HL2A
糞政府に糞役人、もうそのうち血を見るしかないのかもしれない。

02. 2011年10月06日 03:37:14: 3bncRlqgg6
クソッタレ役人や政治家に告ぐ
内部被曝を考慮していない
医療機関の放射性管理区域の規定では
0.6μSv/hであり、90日での定期検査が必要。
0.6x24時間x90日間=1296≒1.3mSv/90日である。
コレを年間換算すると3ヶ月分x4=5.2mSv/年である
くどいようだが、これは内部被曝無しで成人男性の規定
50年近く続いた医療機関の法律だぞ。
乳幼児、幼児・児童・生徒・子供を造る意志のある若い世代とは別である。
これらの前提を無視し、目の前にある経済的破綻だけ回避するのならクソである。
短期の痛みを選ぶか?
痛みを麻薬で散らしながら破滅に突き進むか?
ジジィの論理ではない、若い世代へ繋がる考え意志を示せ!

03. 2011年10月06日 07:18:32: Gp5Q0ZICig
ふざけた奴らに放射能を漏らされて、被爆を矯正されるのが当然だとされるのなら、そんな原発も、政府も、国も、いらない。

04. 2011年10月06日 08:08:20: 918qmW8rRs
・放射性物質に狙い撃ちされた村飯館村の悲劇(前篇)【JB PRESS】

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/24801


05. 恵也 2011年10月06日 09:05:15: cdRlA.6W79UEw : nivO84svm6
>>01 コレを年間換算すると3ヶ月分x4=5.2mSv/年である

1年間そこにいたときの被曝線量で判断すべきで、3ヶ月なんて中途半端にしてたら
なにがなにやら判らなくなってしまう。

1年間で1mSvを限度で、日本中の子供を集団疎開するくらいの政策が出来ないものか
お金がないというけど、戦争中はお金もないのに政府は子供の集団疎開を実行した。
未来の人材さえ大切に出来なくなってしまった。

今の政府は大日本帝国よりずいぶん劣化してしまったようだ。
民主党政権が小沢一郎を排除した影響がここまで来たのだろう。
司法の劣化、マスコミの劣化、政治の劣化は目に余る!


06. 2011年10月06日 09:53:50: QiD7e8R01Y
まだ国がなんとかしてくれると思っている人がいることに驚きだ。

07. 2011年10月06日 10:27:08: 3bncRlqgg6
>>05 恵也さん 医療機関の放射線管理区域での作業者
レントゲン技師や放射線治療技師は3ヶ月ごとに血液検査等を受けているのですよ。
これは、あくまでも医療機関でさえ検査をするというような数値例です。
おっしゃるとおり一般人は1mSv/年 以下とするのが基本ですね。

08. 【タヌキ腹組“ぽんぽこ”】 2011年10月06日 11:51:59: SM2DPWDDuBDzg : AdKaaFvNBE

★核(放射能)をめぐる“第3次世界大戦”に突入?!

 人類が、“自滅型絶滅種”になるかどうかの瀬戸際かも?!

 核(放射能)廃絶に向け、万国の労働者、人民は、団結・連帯せよ!


09. 2011年10月06日 12:32:10: DTK68v7wks
そういえば「大日本帝国」なんて、エラそうに名乗ってた頃もありましたな。
いまや傀儡や奴隷が跋扈する「犬日本天国」ですな。

1mSv/年を守るのが不可能なら、一次産業も除染も瓦礫処理もあきらめて、全員移住して、汚染区域は放置した方が、まだましだろう。
その方が、被曝も汚染拡散も避けられる。

高濃度汚染地域で、被災住民が、無償で被曝しながら除染してるって、どうよ?
清掃人は、東電がやるもんだろ。あたりまえだ。


10. 2011年10月06日 13:39:02: JXoL6OrmMA
20mSv以下の地域は徐染をしないと表明したということ?
政府は膨大な費用がかかりしかも効果がはっきりしない除染よりも
発ガン者を治療するか、あるいは因果関係不明としてほったらかしにする方が
費用と効果の面で優れていると考えているのでは


11. 2011年10月06日 14:53:14: f5tzEg8kPc
>>05
1年間で1mSvを限度で、日本中の子供を集団疎開するくらいの政策が出来ないものか
お金がないというけど、戦争中はお金もないのに政府は子供の集団疎開を実行した。
未来の人材さえ大切に出来なくなってしまった。


同感です。
福島(だけではないようですが)の学校の基準を20mに引き上げた時、政府に対する佐藤県政からの強い要望・圧力がありました。県民を県外流出させないためです。
政府にとっても、避難の費用など抑えられるし悪い話ではないので、これに乗っています。
このような狭い利害で動く政府です。
今回も、佐藤県政―山下の強い要請が絡んでいる可能性もあります。

ともかく、政府、福島県、福島氏は、5マイクロ(45m/年以上)のエリアも広がっている渡利地区の避難していさえ避け続けています。
大波築では、「福島の経済を縮小させるので避難は採らず除染で行く」と説明会で言い放ちました。

「福島の経済」と国のため、子どもを含む大量被曝を我慢させるという今の社会は、戦前とどこが違うのか、と思わずには居られません。


12. 2011年10月06日 16:12:24: DWmiujB15o
幸之助さんが泣いているって前原について誰もが思う感想を
高潔な小出先生が述べられたのに笑ったw

13. 2011年10月06日 23:40:39: vsXOorX3zQ
× もし20人まで許すとすれば、80人がガンで死ぬということになります
○ もし20mSvまで許すとすれば、80人がガンで死ぬということになります

14. 2011年10月06日 23:49:21: vsXOorX3zQ
ノータリン前原よ
ノータリン民主党よ
国民の命を守らず
原発利権守ってどうする
締めるぞ!!!

15. 2011年10月07日 01:21:46: IWRxOjotbE
国民が子供を連れて、みんな海外へ避難したら、どうよ。
政府と官僚だけ残してね。
誰も税金を払わなくなったら、彼らもようやく気がつくと思うけどね。
そうでもしないと国民は永久に政府と官僚の奴隷だよ。

少なくとも福島県民はすべて避難して、県知事と山下と東電だけ残せばいいと思うけど、どうよ。

 もっといえば、原発の下請け作業員も安い賃金で、こんなことバカバカしくってやってられねえ、といって、みんなで一斉に避難してしまって、西山不安院とかに任せたらどうよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧