★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 244.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
元原発作業員が語る実態/「低線量の被ばく 害ない」/安全教育は洗脳/素人が支える構図 今も(東京新聞・こちら特報部)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/244.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 06 日 10:29:29: KbIx4LOvH6Ccw
 

(回答先: 元原発作業員が語る実態/「線量計外して」/指示何度も 全員が従う/拒める雰囲気なく(東京新聞・こちら特報部) 投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 06 日 10:27:27)

元原発作業員が語る実態/「低線量の被ばく 害ない」/安全教育は洗脳/素人が支える構図 今も
東京新聞 2011.10.06 朝刊 「こちら特報部」

 「若いころは放浪癖があった」という川上さんが原発で働くようになったきっかけは、沖縄で暮らす費用を稼ぐためだった。ところが、“渡り鳥”のようにあちこちの原発をめぐる生活が旅の欲求を満たしたことや、午前と午後合わせて実質三時間あまりという「実労働時間の短さ」にひかれ、計画していた資金がたまった後も原発で働き続けた。

 「今から思うと、被ばくの危険性について何も知らなかった」と、過去の自分を正視する。

 原発で働く作業員は全員、人体に対する放射線の異常などを事前に学ぶことになっている。当時は現場を移るたび、二日間にわたってこうした安全教育の機会が設けられていたが、その実態は「決められた範囲内であれば被ばくしても安全だとひたすら繰り返し、作業員を洗脳するための時間だった」と振り返る。

 現場では入れ墨をした人や、さまざまな経歴を持つ人たちが作業員として働いていた。共通していたのは、川上さんを含め、放射線の知識がない素人がほとんどだったことだ。

 そんな作業員を集めた安全教育の席で、講師を務めた電力会社の社員を名乗る男性が、被ばくの危険性について詳しく説明しなかったばかりか「低線量の放射線は害ではなく、むしろ健康のためによいと言われています」と話したことを、川上さんは今も鮮明に覚えている。

 「素人を危険が伴う現場で働かせる以上、正しい知識を与えるのは必須であり、安全教育もそれが目的のはずだ。真実を語らなくてはいけない立場の人間がとんでもないウソをついていた。なのに、当時の私は全く気づかず、素直に信じ込んでしまっていた」

 八六年にそれまで勤務していた下請け会社を辞めた川上さんは、しばらくタイで生活した後、帰国。〇三年から主に浜田原発で、低レベル放射性廃棄物の仕分けを行う臨時作業員として、再び働き始めた。離れていた間にチエルノブイリ原発事故や東海村JCO臨界事故もあった。しかし、久しぶりに戻った現場の雰囲気は、以前と全く変わっていなかったという。

 「チェルノブイリ事故について、元請け会社の社員に聞くと、『日本は管理体制がしっかりしていて技術者の質が高く、炉の形式も異なる。日本では絶対に起きない』というばかり」。阪神大震災も起きたが「大地震にも耐えられると言われた通りに、みんな信じ込んでいた。能天気で、原発の安全性を疑う人は現場にいなかった」。

 負の側面含め
 知ってほしい

 〇八年に臨時作業員を辞め、がんを患った後も、御前崎市内にとどまっている。労災申請などの準備を進めながら被ばくの恐ろしさについて調べ、自分が働いていたところが人体に害を及ぼす可能性のある危険な場所だったことを初めて理解した。手記を書いたのは、負の側面を含めて、多くの人に職場のありのままを知ってほしかったからだ。

 原発に批判的な考えを持つようになった川上さんだが、ともに各地を渡り歩き、今も原発で働くかつての同僚とは付き合っている。先日、福島の事故が話題に上った際、元同僚の一人は「福島は特殊な例。浜岡は該当しない」と言い切ったという。

 「原発の運転は、定期検査時などに作業員の被ばくなしでは成り立たない。その危険件を認識していたら、あんな現場では誰も働きたがらないはず。十分な知識を与えられない人たちが支えている構図は、今も変わっていないのではないか」

デスクメモ

 原発の安全神話は、下請け作業員の危険を隠して作られていた。それでも野田政権は原発維持に傾こうとしている。黙々と仕事をするのではなく、黙々と官僚の言いなりになるのがこの政権のカラーなのか。まさか発電量の50%を原発で賄うエネルギー基本計画の「見直し」まで撤回するつもりでは…。(立)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 恵也 2011年10月06日 14:47:10: cdRlA.6W79UEw : iqGZPPAgRg
>> 技術者の質が高く、炉の形式も異なる。日本では絶対に起きない』というばかり

俺もこの話を読んだ事がある。
質が高いにしてはウラン溶液を能率が良いからと、バケツで運んで臨界事故を
起こしたし、ヒビのいったシュラウドを誤魔化して使ってたし怪しい。

炉の形式が同じスリーマイル事故では、作業員の対応ミスだと言ってたね。
黒鉛炉のチェルノブイリじゃ事故を起こす前までは、世界で一番安全な原子炉
だってソ連がエバッてたが、フクシマ事故でも事故を起こす前までは世界で一番
安全だといって、日本が外国に売り込んでたよね。

「世界で一番安全な原子炉」と言い出したときが「世界で一番危険な原子炉」
になった証拠だろう。

だいたい同じ電力会社の連中に安全教育をさせるなんて、組織がなってない。
逆に危険だと運動してる反原発派の人を国家が雇って教育すべきなの。
同じ穴のムジナに安全教育なんて、へそが茶を沸かす!

>> 阪神大震災も起きたが「大地震にも耐えられると言われた通りに、みんな信じ込んでいた。

逆だよ、阪神大震災クラスの震度じゃ、耐えられる原発はない。
机の上に置いてた灰皿が、天井にぶつかる様な直下型地震じゃ完全にオシャカだ。

今回事故った福島原発は、花瓶が倒れるような震度4ででもドンドン故障で緊急
停止してます。2000年のこの時に廃炉にしてたらこんな目には会わなかったのに・・・

2000年7月21日6時頃地震がおき、福島第一原発の6号機が17時頃手動停止。
同2号機は3日後の24日零時ころ緊急手動停止してます。

ーーーー引用開始ーーーー
震度6だの7だのという激震に襲われても、この程度の破損で済んだというのでし
たら「原発の地震対策は電力の主張どおり万全に近い」と評価するにやぶさかではな
いですが、たかだか震度4程度でばらばらと壊れる原発をみていると、いったいこれ
らが震度6だとか7だとかに遭遇したらどうなるのかとぞっとすると共に、おのれら
一体何をしているんだとあたまにきますわ。直下(10キロ以内)マグニチュード
6.5による地震にも十分耐えられるというのが福島第一原発であったはずですから
ね。
http://fenv.jp/20030331/topics/20000729a_nucs.htm

>> 元同僚の一人は「福島は特殊な例。浜岡は該当しない」と言い切ったという。
同じ沸騰水型で配管が水素爆発までした原発。
危険性では浜岡の方が、はるかに危険な代物。
俺だって福島に住むか浜岡に住むかと科学的に危険性を比較したら、浜岡は遠慮したい


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧