★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 264.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
10月6日 福島県各市町村:ガラスバッジの測定結果の対処に困惑 〔文科省は市町村独自の取り組みには支援しない〕 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/264.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 07 日 08:47:17: igsppGRN/E9PQ
 

10月6日 福島県各市町村:ガラスバッジの測定結果の対処に困惑【文科省は市町村独自の取り組みには支援しない】
http://bochibochi-ikoka.doorblog.jp/archives/3075439.html
2011年10月07日03:53   ぼちぼちいこか。。。


健康対策指示なし 子どものガラスバッジ結果通知 
福島民報(2011/10/06 10:45)
 外部被ばく量を測定する個人積算線量計(ガラスバッジ)の子どもらへの配布をめぐり、県民や市町村がどう健康対策に生かすか困惑している。伊達市は結果に福島医大の教授の所見を添付したが、今後の生活に対する指示はない。川俣町は今のところ、数値を通知するのみにとどまっている。一方、郡山市が5日に配布を始めるなど、全ての市町村がバッジか線量計を配る計画を持つ。県はバッジ配布に補助しているが、その後の対応は市町村任せ。国の支援もなく、関係者は疑問を投げ掛けている。

■何を伝えれば ■素っ気ない国


 伊達市は3日から分析結果を対象者約8400人に配布した。結果には数値と、市健康管理アドバイザーの宍戸文男・福島医大教授のアドバイスを添付。今後除染でさらに数値が下がることや、健康被害がないと予測されることなどが記載されている。
 「数値別にコメントを書き分けることが必要だ」。4日の市災害対策本部会議で、仁志田昇司市長は、アドバイスが総括的なコメントにとどまり具体的な対応策がないため、改善する考えを示した。さらに今後、健康相談会を開く予定。
 川俣町は7月から3カ月ごとに約2500人の積算放射線量を測定している。町によると、3カ月で最大約1ミリシーベルトを被ばくしたとの測定結果が出ているという。現在は乳幼児や妊婦、高校生の結果を通知するにとどまっているが、町教委は「今月末には園児や小中学生らの測定結果も出そろう。その後、町復興支援アドバイザーの近畿大に結果分析を依頼し、来月には結果を踏まえた健康への影響などについて説明会を開きたい」とする。
 福島市は9月に測定したガラスバッジを住民から回収しており、間もなく測定結果を住民に通知する。その際、数値以外の何らかのコメントを付けるかどうかを検討しているが、結論は出ていない。担当者は「積算線量を評価する基準が明確でなく、市レベルでは数値を基に住民に何を伝えればいいのか、判断できない」と実情を明かした。
 ガラスバッジは1カ月や3カ月の期間を区切り、その期間の外部被ばくの積算線量を算出する。ただ、0.1ミリシーベルトの単位までしか測定できない。例えば0.06ミリシーベルトは「0.1ミリシーベルト」の表示となるが、0.04ミリシーベルトは「0」となるという。
 「数値だけが分かっても住民は納得しない」。市町村の担当者からは国、県の対応に批判が漏れる。
 ある自治体の担当者は「国、県の動きは遅過ぎる。放射線の数値の分析や具体的な対応について早急に支援すべき。市町村任せにするのはおかしい」と憤っている。
 文部科学省の原子力災害対策支援本部は「(ガラスバッジ配布は)市町村独自の取り組みであり、支援などの対応をする考えはない」と素っ気ない。
 県は測定結果の住民説明について「まずは市町村が行うべき」とするが、専門家派遣などの要請があれば支援をする方針。
※背景
 個人積算線量計(ガラスバッジ)は原発事故に伴い、放射線に対する子どもや保護者の不安を払拭(ふっしょく)しようと、川俣町が6月下旬に県内のトップを切り配布を始めた。県によると、9月末までに福島、二本松、伊達、本宮各市など17市町村がガラスバッジを配布している。大玉、北塩原、湯川、西郷の4村は線量計を貸し出している。
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4147&blockId=9895001&newsMode=article

測ったはいいが、どう扱うかというところで、判断基準がないという状態でしょうか。
この誤差も大きいですね。
0.06⇒0.1mSv、0.04⇒0

精度の問題もありますし・・・。
それにしても、文科省の対応、
「あなたたちがやらないから、市町村独自でやっているのに、なんでしょう、この言い草は?」
と思ってしまいました。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月07日 09:38:12: mAKWjxKjsw
もらった時小学生が
「これを持ってると安心する」と言っていた。かわいそうに。

02. 恵也 2011年10月07日 12:12:56: cdRlA.6W79UEw : 9nyD8q2Jf2
>> 3カ月で最大約1ミリシーベルトを被ばくしたとの測定結果が出ているという。

これは大きいよ。
むかしは年間1ミリシーベルト以上を受けない日本の規則でした。

東電のおかげで被曝は避けられないけど、1年で4ミリシーベルトを受けるような
方は引っ越すか除染をしないと、内部被曝もあるし健康は維持できない。
2ミリシーベルトを受けるくらいなら、健康のために俺は引っ越すよ。


03. 2011年10月07日 13:13:33: sgolhP60mA
測定開始前の時期を加えると、測定誤差を考えても、1ミリシーベルトは恐るべき数字に思えます。 
何もアドバイスできないのが、悲しくて悔しい。
少なくとも除染が済むまで、一部の人だけでも疎開させるべきではないでしょうか。

04. 2011年10月07日 15:31:34: saGsW2R2jg
ガラスバッジを軒下など放射線量の高い場所に差し込んでおく。高い被ばく量が公式記録に残れば要注意となり他の同級生より精密検査を受けられる可能性が高くなる。さらに将来がんになった時、他の人より手厚い補償が受けられる。
福島から逃げ出さないなら賢く立ち回れ。

05. 2011年10月07日 19:38:16: 5Am7c9WMpU
これだけはいっておく。
こんな国のために絶対に徴兵なんか応じるなよ。
こんな国のために命投げ出す必要無いことがこれでわかったはず。
自分たちを守ってくれてはじめてその国を祖国といい、そのために命を投げ出す人もいるのだ。
しかしこの国はどうだ? 恥知らずを飛び越えて、ケダモノが支配する国だ。

06. 2011年10月07日 21:02:49: sgolhP60mA
内部被爆は外部被爆よりずっと影響が大きい、と言う説があります。私はこれを信じていますので、もし自分の子供が同じ状況にあったら、徹底的にベクレルの少ない食べ物・飲み物にします。

ところで、自然放射線は世界平均で年間2.4ミリシーベルトということですが、線量計で出た1ミリ・シーベルトは、自然放射線を差し引いたものでしょうか。基準の1ミリは人工放射線の筈ですね。


07. 2011年10月08日 10:28:06: HelV0ZKVGc
ガラスバッジて平成版、福島家畜に付けるマイクロチップですか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧