★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 276.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ICRPの毎日セシウム137を10ベクレル食って600日で半数に心電図変化が起きる説
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/276.html
投稿者 爺さん 日時 2011 年 10 月 07 日 16:10:56: pkMRoq8j2xu8g
 

賛否両論の東海アマさんが拡散してくれと言っていました。

ICRP PUBLICATION 111のシュミレーションに基づくと、
毎日10ベクレルセシウムを食べると、600日で被験体の半数に心電図変化が起きる10ベクレル/キログラム(体重)に達するようです。

放射線衛生研究
http://yocaki.tumblr.com/

私の余命も後1年あまりかな。
このシュミレーション、皆さんどう思いますか?  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月07日 16:30:31: 5Am7c9WMpU
自然がきっかけをもたらしてくれた壮大な(だけど非人間的ではあるが)実験としては面白いかもしれないな。

キチガイ小出のいうように50歳以上の老年に、福島や周辺地域の汚染食品をばくばく食べさせればいい。
法令を作って拒否すれば罰金や実刑ということで、家族や地域で老人たちがちゃんと汚染食品を食べるか監視する。

人口の三分の一くらいが、ころっと死んでくれれば、世の中も変わるだろう。

おれは台湾あたりに逃避して、にやにやしながら毎日、ネットで日本の阿鼻叫喚の地獄を眺めていると。
あのキチガイ小出あたりがひょっとすると議員になってるかもな。www
あるいは朝日から表彰状をもらってたりりして。

とにかく、見ものだ。w
世界中の人が見世物を待っている。


02. 2011年10月07日 16:54:24: 1RpGyTLFb2
ノイローゼ扱いで構わないけど、イオン系の新米弁当食べて、家の前にあるから結構食べて、10日ぐらいしたら心臓がおかしい。
昨日イオンが堂々と福島米をパウチ製品で売ってるのを知った。当然弁当も使ってるよね。
偉そうなこと書き込んでみたりもしたけどこれでパアですね。。
関係ないかもしれないけど関係あるかもしれない。

外食や弁当買ってる自体アホ呼ばわりされそうですが。甘かったです。


03. 2011年10月07日 17:17:20: FL3HBMFVVs
原発推進派の方々に食べ続けてもらい、確認すれば良い。

04. 2011年10月07日 17:19:50: u3E6Ef3e1Q
>毎日10ベクレルセシウムを食べると、600日で被験体の半数に心電図変化が起きる10ベクレル/キログラム(体重)に達するようです。


だったら大半の日本人はアウトになりそうだが・・・
あれではどういう人の、どういう研究だか全然分かんないし。
信用するとかしないとか言われてもねえ・・・


05. 2011年10月07日 17:42:14: 5Am7c9WMpU
世界中が壮大な実験国家として日本を見守っているんだ。
これから三年、五年、十年後、どうなるか。これは下手な娯楽番組より断然、興味を引くドキュメントだろう。
日本人は総モルモットであり、国を妄信する家畜である。
出口は無い。

06. 2011年10月07日 17:44:32: UWJxCtjuDO
これは笑い話では、ない。

うちの近所の大手スーパでは、国内産と言う表示だけのサンマ、キュウリ、
カツオのたたきが、売られている。

と言うのも、某東北産表示のキュウリが、全然売れていなかったからだ。

国内産ですよ! 表示が。きのこ類も、信用出来ないね。
弁当には、注意しましょう。売れ残りを次の日の弁当、惣菜にしている。

大手の弁当販売店などは、何処の産地かも分からないからね。


07. 2011年10月07日 17:48:03: VUsG7NG3L2
『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響―チェルノブイリの教訓​ セシウム137による内臓の病変と対策 ―』元ゴメリ医大学長、バンダジェフスキー博士
http://george743.blog39.fc2.com/blog-entry-711.html

「なぜか」あんまり知る人もいない、ありがたい知識。
「なぜか」は重要。もちろん巨大な力で抑圧されているのだろう。


08. 2011年10月07日 19:50:29: blaYOwPZYg
http://twitter.com/#!/momozou_chan/status/120993796308746241

@momozou_chan
ももぞうちゃん
@haha_bono: @kazukazu721 @ya_1028 @KinositaKouta うちの夫が非常勤で柏の総合病院へ勤務していますが、先生方の間でも本当に「最近、若い世代の心臓死が多い」と話題にのぼっているようです。”
4 Oct via ついっぷる for iPhone


09. 2011年10月07日 20:00:57: pEgCpfCxXY
田口卓臣、阪本公美子、高橋若菜
「放射線の人体への影響に関する先行研究に基づく福島原発事故への対応策の批判的検証
−なぜ乳幼児・若年層・妊産婦に注目する必要があるのか?−」
宇都宮大学国際学部研究論集、32号、2011年9月
http://t.co/n5IQQxrt

10. 2011年10月07日 20:20:04: UErq2txJWs
僕は一日5ベクレルは食らってる、と思う。すると、四年で確立半分か、、、
死ぬ前に、仕返しは、してやる。

11. 2011年10月07日 20:42:56: N4ysGmxBeU
単純にしてざっくり計算しましょう。
一日10ベクレル食べる人は一日に10ベクレルを排出するところまで体内のセシウム濃度が濃くなっていきます。
100日で体内半減期といわれているので、約0.5パーセントが体外にでていくわけです。
ということは、0.5パーセントが10ベクレルなわけですね。
1パーセントは20ベクレル。100パーセントで2000ベクレルです。
体内に2000ベクレルある計算になります。
体重50キログラムのひとなら1キログラム当たり40ベクレルのセシウム人ですね。ドイツ基準なら廃棄処分となる肉で自分の体ができているわけです。
とりわけ濃く集まる心臓は1キログラム当たり何ベクレルになるのでしょうか。1.5倍とすると60ベクレル。2倍とすると80ベクレル。
何ベクレルから心臓ってやばくなるのか私はしりませんが、どこかのサイトで75ベクレルって書いてあったような気がします。
以上で正確ではありませんが、わかりやすく単純化した説明を終わります。
さ、輸入食品食べようっと!

12. 2011年10月07日 20:57:17: cYwkdhFxZg
国内産は放射能
輸入食品は高濃度農薬、遺伝子組替、BSE・・・etc
どちらも地獄
究極の選択というには酷過ぎる
こんな世の中に誰がした

13. 2011年10月07日 21:23:43: Ezxe7dgdsE
Cs−137は筋肉組織に均等に分布すると言われています。
しかし、ユーリ・バンダイェフスキー博士の論文によれば、心臓と副腎に顕著に蓄積しています。
Amount of 137Cs in the internal organs of child L.
Organs Amount of 137Cs,Bq/kg
Lungs 450
Heart 2410
Stomach 250
Small intestine 1250
Large intestine 1200
Kidneys 710
Pancreas 240
Thymus 80
Thyroid gland 470
Spleen 130
Brain 650
Liver 670
Adrenals 2500

14. 2011年10月07日 21:35:18: aKuqvXCQNQ
10ベクレル/日食べてしまったらどうするか、
『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響』バンダジェフスキー博士
内容要約の最後に次のように書いてます。

>セシウムの排出に、カリエイ土を加えたペクチン製剤のペクトパルは最も将来性がある
>製剤のひとつである。
> しかし、セシウムが人体に入るのを防ぐほうが、セシウムを排出したり乱れた代謝を正常にする
>より容易なことを心に留めるべきである。
 とあります。

それには正確な食品の情報とこれまでの調理・食事への態度を変えてゆくことだと思います。
数ベクレル/kgを測定できる民間の放射能測定室に参加し、食べる食材のセシウム汚染を実測する。

会員同士で情報を共有し、食品からの内部被爆を避ける。または円高を活用して外国産を食べる。
例えば静岡放射能汚染測定室 のような民間主導測定室を各地で立ち上げ参加する。
http://sokuteisitu.plumfield9905.jp/wordpress/

酸素を取り除いた調理法(真空調理(下記P.93)によって安全な地方で調理し、
首都に住む子供にクール便で定期的に届けてます、真空調理は活性酸素を消去し、鮮度を保ちながらも
長期保存できるので、外食による汚染をさけれます。

さらに、その調理にバンダジェフスキー博士 が語っているペクチンなどセシウムを排泄する
食品や防御する食事メニューを組み合わせてゆくことが皆さんでもできるでしよう。
「今ある放射能を消す食事」主婦と生活社 役立つことを期待します。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106067930/subno/1


15. 2011年10月07日 22:05:59: TULhMqLNYs
>>04
>だったら大半の日本人はアウトになりそうだが・・・

もちろんそうだ。もしかして自分だけは大丈夫だとでも思ってたのか?

>あれではどういう人の、どういう研究だか全然分かんないし。

ちゃんと出典記載されてるだろうが。

ICRP Publication111
「原発事故あるいは緊急被ばく後における長期間汚染地域での被ばく防御に関する勧告」

批判は勉強してからしろ。ここから無料でダウンロードできる。
http://www.elsevierjapan.com/tabid/214/Default.aspx
あ、もちろん英語な。

くだんのグラフは21ページ、説明は20ページだ。
チェルノブイリ近辺の汚染地域では事故20年後でも
平均1日10〜20 Bq のセシウム137を摂取している、
野生キノコやベリーを食べると一度に数百ベクレル摂取することも普通、とも書かれている。
今の平均的な日本人よりは少しましだろうか。


16. 2011年10月07日 22:25:00: w6jnLGPqbg
1ヶ月に1回の外食でもなかなか排出されないセシウム。
自衛して、西日本のものを食べるしかない。

17. 2011年10月07日 23:25:21: pEgCpfCxXY
どちらかといえば西へいたほうが子どものためであるのに、
もうひとつ、学徒被曝出陣です。頭がおかしい。菅谷先生、
どうか長野県警に説法して下さい。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011100701000636.html
非行歴の少年ら震災被災地へ派遣 長野県警、ボランティアで

 長野県警は7日、非行歴がある少年らに社会貢献の経験を積んでもらうため、大震災の復興ボランティアとして仙台市に派遣すると発表。全国の警察で初めての試みという。

 参加するのは、長野県内の15〜18歳の少年7人。仙台市のボランティア団体「仙台津波復興支援センター」が受け入れる。14日に仙台市で被災状況を見学し、15日は田畑や庭の草刈り、ヘドロの除去作業などを手伝う。警察官6人らも同行。16日には長野中央署で関係者を集めた報告会を開く。

 復興に向けて困難に立ち向かう被災地を訪れることで、少年らに将来を見つめ直してもらおうと計画。県警の呼び掛けに7人が参加を希望。
2011/10/07 20:04 【共同通信】


18. 2011年10月07日 23:51:55: zBfakMWZ4D
>田畑や庭の草刈り、ヘドロの除去作業

非行歴があるといっても、たいへんな懲罰ですな。いやでも将来を見つめ直さざる得ないことになるかもしれない。

>少年らに将来を見つめ直してもらおうと計画

なんか、他のことを計画してないか?
彼らは、帰って来られるのか?
うまいこと言って、清掃人として、汚染区域に、住まわせるつもりかね。
俺らの海外土木の業界では、行ったまま帰って来ないなんて話はよくあることだ。ま、俺らの世界では、そんなに非人道的なことが行われてるわけではないが、行ったきりなんてのは、簡単に想像できてしまう話なので、ちょいと心配だな。

そのうち、刑務所からも、清掃人や現場作業員が徴用されるかもしれない。


19. 2011年10月08日 01:50:17: ACayQGlEcQ
 最近阿修羅では、数か月前まではあんなに沢山あった「原発が爆発して東日本は人が住めなくなるぞ」という内容のコメントは減ってきて、「放射能がいろいろな所で濃度が高まって、その辺は人が住めなくなるぞ」というコメントが増えてきていますね。鼻血が出たとか白い彼岸花が咲いたとかも放射能のせいではないか、なんてヒステリー的コメントまで出てきた。
 やはり原発事故そのものは、終息の状態に近付いているということでしょうね。多摩散人。

20. 2011年10月08日 03:05:47: TULhMqLNYs
>>19
>鼻血が出たとか白い彼岸花が咲いたとかも放射能のせいではないか、なんて
>ヒステリー的コメントまで出てきた。

鼻血も動植物の奇形もチェルノブイリでさんざん観察されている。
ヒステリーと決めつける人間の神経の方が病んでいる。

>原発事故そのものは、終息の状態に近付いているということでしょうね。

だとしたら何だ。既に東日本が終わりの状態に近付いているというのに。


21. 2011年10月08日 05:55:10: ACayQGlEcQ
>>原発事故そのものは、終息の状態に近付いているということでしょうね。

>だとしたら何だ。既に東日本が終わりの状態に近付いているというのに。

 上のあなたの一行は、「確かに原発事故そのものは、終息の状態に近付いている。しかし、そうだとしても、それが何だというのだ、既に東日本が終わりの状態に近付いているのに、今そんなことを言っても意味がない」という意味でしょうか。だとしたら、やはり、「原発事故そのものは、終息の状態に近付いている」ということをあなた認めているわけだ。

 その認識を踏まえて、今度は、「既に東日本が終わりの状態に近付いている」というあなたの判断が正しいかどうか、お互いにじっくり様子を見ていきましょう。多摩散人。


22. 2011年10月08日 08:12:00: TULhMqLNYs
>>21
「だとしたら」は仮定文。日本語も分からない人と議論するつもりはない。

23. 2011年10月08日 10:19:02: 1laTubqZew
■ 体内のCs137の放射能強度(Bq)の計算

N(t): 時刻t秒における、体内のCs137の量(原子の個数)
M: 1秒当たりのCs137の摂取量(原子の個数)
λp: ln(2)/Tp
λb: ln(2)/Tb
Tp: Cs137の物理学的半減期(秒)
Tb: Cs137の生物学的半減期(秒)

とすると、次の微分方程式が成り立ちます。

dN(t)/dt = M - (λp + λb)*N(t)

これを解くと

N(t) = (N0 - M/λe)*exp(-λe*t) + M/λe

N0: 時刻0秒における、体内のCs137の量(原子の個数)
λe: ln(2)/Te
Te: Cs137の実効半減期(秒) (1/Te = 1/Tp + 1/Tb)

となります。

従って、時刻t日における、体内のCs137の放射能強度(Bq)をB(t)とすると

B(t) = λp*N(60*60*24*t)
   = (λp*N0 - λp*M/λe)*exp(-60*60*24*λe*t) + λp*M/λe
   = (B0 - C/λ)*exp(-λ*t) + C/λ

B0: 時刻0日における、体内のCs137の放射能強度(Bq)
C: 1日当たりのCs137の摂取量(Bq)
λ: ln(2)/T
T: Cs137の実効半減期(日)

となります。

http://yocaki.tumblr.com/ にあるグラフ

放射性セシウムの一回摂取と長期摂取による体内残存量の経時推移
( http://s3.amazonaws.com/data.tumblr.com/tumblr_ls61492eso1ql506do1_r1_1280.png?AWSAccessKeyId=AKIAJ6IHWSU3BX3X7X3Q&Expires=1318109251&Signature=af7Sf%2FO88FJa2kj1FGMqPuDDldE%3D )

から、Cs137の実効半減期が約100日であることがわかるので

B(t) = (B0 - C/λ)*exp(-λ*t) + C/λ
   = (B0 - 144.2695041*C)*exp(-6.931471806E-3*t) + 144.2695041*C

となります。

lim B(t) = 144.2695041*C
t→∞

であることから、グラフとほぼ一致していることがわかります。

■ Cs137の体内残存量を減らせるか
B(t)の形を見ればわかると思いますが、Cを体内残存量の144.2695041分の1未満にしないと、体内残存量は減りません。0.6931471%未満ということです。
公表される数値は裾切りされるので、これはかなり難しいと思います。
汚染されていないものを食べるしかないと思います。


24. 2011年10月08日 11:00:52: ACayQGlEcQ
>22

>。ヨだとしたら」は仮定文。

 これは私が間違いました。お詫びして、21のコメントは取り消し、書き直します。

>>原発事故そのものは、終息の状態に近付いているということでしょうね。

>だとしたら何だ。既に東日本が終わりの状態に近付いているというのに。

 上のあなたの一行は、「原発事故そのものは、終息の状態に近付いていると仮定しても、それが何だというのだ、既に東日本が終わりの状態に近付いているのに、今そんなことを言っても意味がない」という意味でしょうか。「原発事故そのものは、終息の状態に近付いている」ということを仮定しているということは、やはりあなたはそういうことがあり得ることを認めているわけだ。

 認めないなら、仮定文など使わず、「原発事故そのものは、終息の状態に近付いていない」と否定平叙文を使ったらよいと思うが。

 その認識を踏まえて、今度は、「既に東日本が終わりの状態に近付いている」というあなたの判断が正しいかどうか、お互いにじっくり様子を見ていきましょう。多摩散人。



25. 2011年10月08日 15:40:46: TULhMqLNYs
チェルノブイリでは事故から25年が経った今も、被害の規模について見解が大きく分かれている。
死者100万人という人もいれば、どこかの政府のように28人という奴までいる。
福島の事故でも同様のことになるだろう。
被害を過小評価したい奴と議論したって永遠に意見の一致は見られない。
事実としての被害だけが静かに進行して行く。


26. 2011年10月08日 22:16:27: u3E6Ef3e1Q
>>15 さま

はいはい、これでしょう?英文70ページ、とりあえず読んでみた・・・
http://www.icrp.org/docs/P111(Special%20Free%20Release).pdf

・・・というのはウソで日本語訳を見つけました。
(team nakagawaのブログによれば、東大の中川恵一教授が「日本アイソトープ協会」というところに翻訳を依頼したそうです。以下、同ブログから引用)
---------------------------------------------------------------------------->>2011年 04月 26日

>国際放射線防護委員レポート111号(ICRP111) >>2008年にまとめられた「国際放射線防護委員会」レポート111号「原子力事故もしくは緊急放射線被ばく後の長期汚染地域住民の防護に関する委員勧告」が、2011年4月4日付けで特別無償配布されています。

>このレポートは、適応される状況が異なる「緊急時被ばく状況における放射線防護に関する委員勧告の適用」(ICRP 109)とともにまとめられました。現在、そして今後の福島第一原発事故による放射線被ばくと、どう向き合うかを考える上で大変参考となるレポートです。

>そのため、私たちteam_nakagawaは、なるべく多くの方に、この「ICRP 111」を読んでもらいたいと考え、独自に日本語訳を進める一方、ICRPから翻訳・出版権を取得された日本アイソトープ協会に、日本語訳(暫定版)の公開をお願いしてきました。4月20日、暫定翻訳版が公開されました。
http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15092,76,1,html
-------------------------------------------------------------------------------
(引用終わり)

ICRP Publication 111 「原子力事故又は放射線緊急事態後における長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用 2008年10月に委員会より承認」
http://www.jrias.or.jp/index.cfm/6,15092,76,1,html

上記の「翻訳・出版権」とかが、あるせいでしょうか?コピーロックがかかっているらしく、コピペはできませんが、これを読むと、現在日本で「汚染地域の除染や復興」が盛んに言われている理由がよくわかります。つまり、医学的、生物学的な危険回避を最優先にして、汚染地域の住民をすべて避難させれば、社会的に膨大なコストがかかります。また、住民自身にとっても、それまでの生活を捨てて、新しい土地へ移住することは(放射線による健康被害以外の点では)しばしば大きなリスクを負うことにもなり、必ずしもそれを望むとは限らない。だったら、出来るだけ元の地域に住民を留め、放射性物質から防護させつつも、安定した経済活動を存続させて行くにはどうするか、という、かなり政治的な判断を含んだ対策について書かれているようです。

これをどう評価するかは、人それぞれの立場や考え方によると思うので、私としてはこの場で何か言うつもりはありませんが、少なくとも「現在の国や行政も、おそらく、この路線に従っているらしい」ということはわかりますので、興味を持たれた方は、ご一読をお勧めします。

和訳にはページ番号がありませんが、pdfのファイル番号25に、投稿で紹介されたレポートの中の以下の図と同じものがありました。
http://s3.amazonaws.com/data.tumblr.com/tumblr_ls61492eso1ql506do1_r1_1280.png?AWSAccessKeyId=AKIAJ6IHWSU3BX3X7X3Q&Expires=1318160564&Signature=x5Kr4nK8590ux%2F6MO1J6w%2BTIVbM%3D

でも結局、あのレポートの基本的な元ネタはこちら↓のようですね。

「チェルノブイリ事故による放射性物質で汚染されたベラルーシの諸地域における非ガン性疾患」
Y・バンダシェフスキー教授
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/09/non-cancer-illnesses-and-conditions-in.html
(幸い、こちらも日本語訳です。以下、上記サイトの紹介文より引用)
--------------------------------------------------------------
バンダシェフスキー教授は豊富な実験データを提示し、「セシウム137が人体に与える影響の特徴は、生命維持に重要な臓器や臓器系統の細胞内の代謝プロセスの抑制だとみられる」とまとめています。さらには「セシウム137により人間や動物の体内に引き起こされる病理的変異をすべてまとめて“長寿命放射性物質包有症候群”(SLIR)と名付けることもできそうである。」といい、その症候群は心臓血管系、神経系、内分泌系、免疫系、生殖系、消化器系、尿排泄系、肝臓系における組織的・機能的変異によって規定される代謝障害という形で表れると書きます。SLIRを誘発する放射性セシウムの量は年齢、性別、その臓器の機能的状態により異なることを明記したうえで、「子どもの臓器と臓器系統では、50Bq/kg以上の取りこみによって相当の病的変化が起きている。しかし、10Bq/kg程度の蓄積でも様々な身体系統、特に心筋における代謝異常が起きることが報告されている。」という指摘を行っています。
---------------------------------------------------------------------
(引用終わり)

バンダシェフスキー教授はたしか、バスビー教授が「同僚」だと言っていた人ですが、小出裕章氏の同僚(同志)の今中哲二氏も、かつて、この人について触れています。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/etc/RFERL/Banda-j.htm

ICRPは、基本的に「原発の平和利用」を謳うIAEA(国際原子力機関)傘下の組織で、つまりは原発推進派であり、低レベル放射線被ばくによる障害に否定的であったことから、これまで、原発反対派からは何かと非難されてきた団体です。だから、上記文書の中から引用されたグラフも「それだから直ちに危険」という意味で掲載されていたのではなかったのだと思いますが、こちらの投稿で紹介されているレポートの作成者である獣医学生さんは、バンダシェフスキー教授の説に基づき、たまたまICRP文書の中のあのグラフを発見して、10Bq/kgレベルの汚染食品を食べることの危険性に気づかれたようです。(それ自体は「鋭い」と思うけど、原典を確かめたいので、この程度のことは書いといてほしかった。)

結局、最終的には、「バンダシェフスキー教授のレポートをどう受け止めるか」ということになると思います。


27. 2011年10月09日 00:07:14: u3E6Ef3e1Q
>>26です。

すいません。

最後の部分、

× 10Bq/kgレベルの汚染食品を食べることの危険性
○ 10Bq/日程度に汚染食品を食べることの危険性

でした


28. 爺さん 2011年10月09日 00:34:50: pkMRoq8j2xu8g : qd0aCmeGqg
「鋭い」というか、大学で学問的に訓練されたら普通する知的作業を大方の「科学者」と「知識人」が意識的にしないでいる状況で、「知的にまとも・健全」だったので投稿してみました。
『結局は「バンダシェフスキー教授のレポートをどう受け止めるか」ということですが』、とお得意の一要素への還元はこの事態でどんなものですかね?

この2つを見つけて組み合わせて問題提起してくれたことに感謝しています。
それぞれ別個に見せられたら特に何も感じなくとも、並べて解説されると、もしバンダシェフスキーが当たっていたらやばそうだとなります。それはもう、後の仮説構築を含めた思考を別物にします。

私の家族は、西日本の人からはバカアホと言われるでしょうが、まだキエフのような場所で生活しています。
私の「civil war」の第一の戦いは、ハハハハ、地元の生産流通業者に負けず、自分の子供たちに西の食品を食べさせることです。数匹いる子供のうち一匹は牛乳無しの給食を食っていますが。
ある意味ゾンビの中で生きています。見抜かれたらやられちゃいますからスリルに満ちています。きれいごとの戦いではないです。
ナチス占領下のスペインの村みたい。地産材でじゅうたん爆撃されたら全滅ですがね。ふふ。

チーム中川が出した日本語版に目を通すと、
汚染地域で農工業生産させ、地消だけでなく非汚染地に作物を送り出す図式が推奨されています。
汚染地と非汚染地間で、被曝量の不公平の緩和つまり平準化も勧奨されています。
その理由は主に2つ。
一つは経済活動の維持。
もう一つはリスクを伴って移住することを望まない住民も多くいる事への配慮。

反原発、自分と家族を守りたい人、一人でも多くのこの国土に住む人の健康と命を守りたいと思っている方々、一度中川が出した日本語版をお読み下さい。
誰が敵か、誰が内部スパイか、誰が誰のために働きのせられているのか、良くわかります。汚染地にいると涙が出るくらい良くわかります。涙が出るのです。

健康被害については2010年なりの最新情報で判断しよう。
ICRPも日本語67ページ(私のAdobe Reader)で、話ついでに漏らしています、
「低線量の放射線を長期間被曝することに伴うリスクに関する開かれた論議が今なお解決していないこと」
ただしこの日本アイソトープ協会による訳は、巧妙な誤訳の一種でしょう。
the still open discussions on risks associated with long-term, low-dose exposure to radiation
『開かれた議論』などとは言っていません。『いまだ未解決の議論』と言っています。
よく読んだらこの類がいくつあることやら。揚げ足取りは趣味では無いのでやめておきます。


29. 2011年10月09日 00:40:49: kv0iZSiaVk
>>01
>このシュミレーション、皆さんどう思いますか?
爺さんがシュミレーションを理解できずにに丸投げですか?

シュミレーションが指数関数で>>23の意味と直ぐにわかるはず。
ICRPの計算は人体の物理シュミレーションとかリスク統計が主で
実効値だろう。
良く言っても実務的な目安だと思う。
>>26医学的、生物学的な危険
バンダシェフスキー教授のデータは興味深かった。
人はネズミと生存期間とか異なる点もある。

1960年代日本でも大気圏核実験によるセシューム汚染が酷かった。
この時のセシュームによる人体影響のデータがあるはず。



30. 2011年10月09日 00:56:04: kv0iZSiaVk
>29です>>01さんでなく、爺さんへ。

31. 2011年10月09日 02:39:11: TULhMqLNYs
>>26
ICRP レポートの日本語訳とバンダシェフスキー論文の紹介ありがとうございます。
「バンダシェフスキー教授のレポートをどう受け止めるか」ということですが、
低線量被曝の害については学術的な議論を始めるときりがないので、
実際に汚染地域に住んでいる人の経験に学ぶのがよい、と考えます。
例として、ご存じかも知れませんが、「ベラルーシの部屋」というブログで
ミンスク市在住の日本人女性が、自らの体験を含めて現地の状況、特に食物からの汚染と
対処方法に関する情報を発信しています。

・ベラルーシの子どもは体重1キロあたり20ベクレル程度の被曝でも様々な病気を発症している。

・ベルラド研究所という民間研究所では上記基準値を超えた子どもにペクチン剤、
カリウム摂取などからなる食事療法を処方している。

・汚染地域外であるミンスク市民の平均被曝量は1キロあたり10ベクレル。
(ベラルーシでは誰でもWBC検査を受けられ、1人3分で結果が出る)

・この女性自身も3年間で体重1キロあたり0ベクレル(不検出)から34ベクレルまで
被曝したが、ペクチン剤と食事療法により3か月で不検出に戻った。

など、有用な情報が満載です。読み始めるのにいいと思われる6月の記事にリンクしておきます。
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/m/201106 


32. 2011年10月09日 02:46:26: TULhMqLNYs
>>31 を訂正します:

×:汚染地域外であるミンスク市民
○:汚染地域に認定されていないミンスク市の市民

ちなみにミンスク市内の現在の空間線量は 0.016 μSv/h だそうです(上記ブログ主の測定)。
自分は西日本だから安全と思っている皆さん、食事にご注意を。


33. 爺さん 2011年10月09日 11:10:55: pkMRoq8j2xu8g : L7KF3T4v32
>>29
残念ながら微分方程式を示されれば計算が分かる程度です。
ICRPには式が先なのが何か根拠があるのか書かれていませんでした。
実務的にはこれでリスクを考えろと公認したのだと受け取りました。

60年代のデーターは調べていませんが、農作物を含めた環境値については、文部科学省のデータベースにある値と現在の福島と関東の値は比べました。コメのガンマ値はデータベースからは削除、かな?、載せられていませんが、野菜は載せられています。
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/top.jsp

このさいついでに専門家にまる投げ質問ですが、次のかたの論、どうお考えですか?
renormalization
http://ameblo.jp/makirin1230/


34. 爺さん 2011年10月09日 14:12:55: pkMRoq8j2xu8g : L7KF3T4v32
私と似たような人のために

λ=log2/T (マルサスの方程式より)
λ:崩壊定数、単位時間に崩壊する確率。
ln(2)=log2=λT=0.6931471806
exp(n)=e^n=(2.7182818284)^n   ^n=n乗


35. 2011年10月09日 17:24:12: JZ3J0fnQLo
ICRP1990年勧告で公衆被ばく実効線量1mSv/年です。
放射線障害防止法により平成12年文部科学省告示。
公衆被ばく実効線量1mSv/年で自然放射線と診療被ばくは除外。
被ばくは内部被ばくと外部被ばくの和で計算式もある。
病院などの事業所境は更に厳しく250μSv/3月。
この数字はICRP1990年勧告より、現在国民の放射線防護での法的根拠で権利。
文科省告示で緩和されたら現状回復も責任追及も補償も住民要望希望になる。
法律的権利の意味で大切な数字と思う。

ICRPの計算自体は物理モデルとリスク統計。解説を見ただけですが保険料の計算
と人を機械にモデル化しているとしか思えなかった。
人体機能が微分方程式で表されるのは単純化しすぎでバクテリアの増殖ではない。
分子生物学的視点でガン抑制因子P53の破壊とかのメカニズムにより低線量被ばく
にも危険がある、とは小玉龍彦氏の指摘だけでなく市販の本にも書いてある話。

この二点を分けて考える必要があると思う。


36. 爺さん 2011年10月09日 23:23:53: pkMRoq8j2xu8g : 0ZfqROPD5Y
監修者の名前を見ただけでアマゾンに注文しました。

金谷節子監修 今ある放射能を消す食事  主婦と生活者 1000円

浜松大学教授 
http://www.e-enge.com/hem5.htm


37. 2011年10月10日 08:59:12: N4ysGmxBeU
11です。
子供の場合1キロ20ベクレルでやばいのですね。
一日10ベクレル食ったらやばすぎです。
子供の体重を20キロとすると、1キロ100ベクレル近いことになるのでは?
ま、私の場合、ザックリの単純計算ですけど。

38. 2011年10月10日 13:02:09: sgolhP60mA
>11 単純にしてざっくり計算

少し単純でなくしてみます。

体内半減期は吸収されたものについてだと思います。
10ベクレル食べても全部吸収されるとは限りません。消化吸収されなかったセシウムの体内半減期は24時間以下でしょう。
体内半減期も、そのあとで放射性でないセシウムをどれだけ摂るかにより変わる、恐らく類似物質であるカリウムをどれだけ摂るかにも左右されるのではないでしょうか。
ということで、良く分からないと言うのが結論です。済みません。

小松菜の3倍のセシウム(ベクレル/kg)を含むサツマイモは、カリウムも3倍含んでいてリスクは同じではないかと、私は思っています
(サツマイモは、同じ畑で採れた小松菜の3倍のセシウムを含むだろうとも思います)。


39. 2011年10月11日 14:25:36: u3E6Ef3e1Q
>>28 爺さん様

>『結局は「バンダシェフスキー教授のレポートをどう受け止めるか」ということですが』、とお得意の一要素への還元はこの事態でどんなものですかね?

えーと、どなたかと勘違いなさっているのではありませんか?
「お得意」も何も、私は爺さん様と議論などしたことはありませんし、このような言い方をしたのも、少なくとも、ここでは初めてです。私自身、科学者でも医師でもないので、バンダシェフスキー教授の言われることを信じるべきかどうか、正直、見当もつかないから、そういう言い方になりました。そのせいで、何か誤解されてしまったのでしょうか?

実を言えば、心情的にはバンダシェフスキー教授の言葉を信じたくはないが、その履歴からいって、信頼できない人とも思えないので、困っているというのが本当のところです。

>>31
ベラルーシの女性のブログ、ご紹介ありがとうございます。これから読んでいこうと思います。


40. 爺さん 2011年10月11日 23:57:26: pkMRoq8j2xu8g : bqIZEL9MkA
>>39さんへ
ごめんなさい。

41. 2011年10月24日 01:06:17: sgolhP60mA
グラフからの目分量の計算だけれど、毎日12ベクレル摂ると、300日(10か月)くらいで10ベクレル/kg(体重)になる。
この方が怖さが、より実感できるのでは。
なお、「摂った」とは「消化吸収した」と解釈しています。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧