★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 321.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
放射線被ばくを舐めているこの国の指導者たちを国民は拒否すべきだ  天木直人 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/321.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 09 日 12:20:36: igsppGRN/E9PQ
 

放射線被ばくを舐めているこの国の指導者たちを国民は拒否すべきだ
http://www.amakiblog.com/archives/2011/10/09/
2011年10月09日  天木直人のブログ


 まず次の文章を黙って読んでいただきたい。

 「・・・今行なわれている除染とは、庭の表面の土を取り除き、側溝
などの泥をかき出すこと。やっていることは例年の大掃除となんら変わっ
ていません。むしろ、それで安心、安全を手に入れたと錯覚するほうが
危険。本当に必要な除染とは、街の作り変えを伴う汚染構造物の完全撤退
という大規模なものになります。でなければ、効果は期待できません」

 これは今日発売の週刊プレーボーイ10月24日号に掲載されていた
神戸大学山内知也教授が、「放射能汚染、ゴミが捨てられない!」という
特集記事の中で述べている言葉である。

 福島各地を調査してきた放射線計測学専門の学者の言葉である。

 山内教授が言っていることは、既に多くの専門家が様々なところで指摘
していることだ。

 それにもかかわらず、このような意見は決して大手メディアで大きく
報道されることはない。

 ましてや政府がこの意見を本気になって政策に反映しようとする気配は
ない。

 私はここに、日本の危うさを見る。

 責任ある立場の中に、自らの保身をなげうって本物の改革に取り組もう
とする者がいないのだ。

 真実を直視し、ごまかす事無くそれに取り組む勇気ある指導者がいない。

 その間に情勢が悪化し、そのツケが最後は国民に跳ね返ってくる。

 これがこの国の政治の繰り返しであった。

 そしてそのことは政権交代した民主党政権の下で悪化し、野田政権の下
で最悪の状況になりつつある。

 一事が万事である。

 しかしその中でも最も深刻なのが原発事故に対する民主党政権の対応で
ある。

 原発事故の教訓は、決して原子力発電所の安全性の問題などではない。

 核物質という人間の手に覆えない非人間的物質を、実利や保身のために
利用したという「人間の過ち」に気づくかどうかなのである。

 今、日本を苦しめているのは、原発事故が再び起きる恐怖ではない。

 拡散されてしまったおびただしい放射線汚染からの被ばく、被ばく不安
から、どのように日本を救うのかである。

 そして、これは長い時間を要する戦いであり、誰も決め手を見出せない
戦いである。

 野田政権が行うことは、ごまかしたり、気休めを言ったりするのではなく、
本気で福島原発事故に取り組むことだ。

 それは、ドイツやイタリアのように脱原発を国是として打ち出すことだ。

 安全性や技術的問題の克服を言うのではなく、日本は脱原発で国を立て
直すと決断することだ。

 その上で、福島を作り直すと宣言し、予算と権限のすべて注ぐことだ。

 福島をつくり直すということはどういうことか。

 それは

(1)原発事故周辺地域をグランドゼロ地に指定し、その地下深くに福島
   の核廃棄物、汚染物を封じ込めて、この悲劇を忘れないようにする

(2)全国からシニアの国民を雇って、福島のシニア住民と一緒になって
   福島除染を国家事業として進める

(3)福島在住の母子を放射線被ばくの危険のない地に集団疎開させる、
   これをその他の地方行政と一体となって国策としてすすめる

 これである。

 この三つを三位一体として同時進行的に国策事業として進めることだ。

 野田首相が決断すればすぐにでも実施できることだ。

 誰も反対できない最善の福島復興策だ。

 なぜそれが出来ないのか。

 それは野田首相に政治的覚悟がないからだ。野田政権が官僚主導の政治
に安住しているからだ。

 野田首相は10月8日、拉致被害者家族と会ってこう言ったという。

 「私が(北朝鮮に)行くことで拉致問題を含めた諸懸案が解決するなら
いつでも行く」と。

 なんという情けない言葉であることか。

 この言葉がすべてを象徴している。

 順序が逆なのだ。

 諸懸案を解決するためにいつでも、何度でも北朝鮮に乗り込んでみせる、

 失敗しても、恥をかいても、解決するために、国民のために何度でも
挑戦する。

 この熱意と覚悟こそ、今の日本の指導者に求められていることだ。

 これまでの指導者に欠けていたものだ。

 私がもっと驚いたのは、この野田首相の発言をどのメディアも問題に
することなくやり過ごされていることだ。

 残念ながら野田首相の過去一ヶ月の言動を見ている限り、菅首相が
辞めた時点から何ひとつ進んでいない。

 まったくの時間の無駄、政治の空白だった。

 一ヶ月たって何も出来ないという事は何年たっても何も出来ないという
ことだ。

 もはや国民は自分たちの命と暮らしは自分たちで守るしかない。

 福島住民は福島県知事や市長を突き上げて、はやくなんとかしろと立ち
上がるほかはない。近隣の住民の助けを求めて一時疎開や生活再建の動き
を始めるほかはない。

 近隣の住民がそれを助けるしかない。

 政府や官僚が無能であるならば、自らが解決に向けて動くしかないのだ。

 そのためには政府や官僚が当然のように独占している予算と権限を、
せめてその一部でも自分たちに使わせろと要求する。

 頭を下げてお願いするのではなく、当然の権利としてそれを要求する。

 これが私が言う「もう一つの日本」をつくるということである。

 世界は今すべてその流れの中にある。

 日本だけが取り残されてはいけない。

 いや、福島原発事故を受けた日本こそ、世界に声を上げなければ
いけないのだ。

 「放射能被ばくを舐めている政府など人類の敵だ」

 「人間が核を手放す時が来た」、

 と声を上げるのだ。

 その声が日本から起きなければならない。

 世界はそれを待っているのではないのだ。
         
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月09日 12:45:26: 8duARaMw5s
天木氏の意見は科学的というより政治的。
原発板ではなく政治板に掲載するほうが正解ではないのですか?

02. 2011年10月09日 13:41:14: gIfAVD2LVg
>01
なんやねん!?

原発問題を原発板で論じちゃアカンいうアンタはなんだぃねん?

「ワンワン、ウ〜ゥワンワワワンゥ〜?」(いぬ語で言ってやりました。)
                                                                                                                                                                                                                                                                        .
天木さん、論点テンコ盛りですー。

私たちがすぐにでも始めなられ、始めなきゃいけないコト、

>もはや国民は自分たちの命と暮らしは自分たちで守るしかない。

>福島住民は福島県知事や市長を突き上げて、
>はやくなんとかしろと立ち
>上がるほかはない。近隣の住民の助けを求めて
>一時疎開や生活再建の動き
>を始めるほかはない。

>近隣の住民がそれを助けるしかない。
>政府や官僚が無能であるならば、自らが
>解決に向けて動くしかないのだ。


                                                            .
ぢゃあ、どうやったら、それが可能になるでせう!?!


03. 2011年10月09日 13:51:04: 8duARaMw5s
>>02
原発板を政治板みたいなカルトの巣から守りたいからですよ。
天木氏の話は科学的ではなく政治的というか反社会的偏見に満ちた話で、
政治板への隔離がふさわしい。

04. 2011年10月09日 14:58:45: nXMIev3lPj
1と3へ

 バカか。原発を政治と切って離すことなど出来るわけがない。堂々と原発版で政治と原発の関係を議論すればよい。天野氏の議論は非常に合理的だ。「反社会的偏見」などと、自分の偏見を棚に上げて、よく言うぜ。


05. 恵也 2011年10月09日 15:32:20: cdRlA.6W79UEw : dNJCwzqJ3Q
>> 原発事故周辺地域をグランドゼロ地に指定し、その地下深くに福島
>>  の核廃棄物、汚染物を封じ込めて、この悲劇を忘れないようにする

これだけの事が何で半年以上もかかるのか俺には理解できん。
高汚染地帯はどのみち人間は住めないのだから、安全のために国家が強制
収用して核廃棄物などドンドン溜め込むだら良いの。
あまりにも対応が遅すぎ。


06. 2011年10月09日 15:36:29: 5d6sE5bGa4
>本当に必要な除染とは、街の作り変えを伴う汚染構造物の完全撤退という大規模なものになります。
 本当に必要な除染とは、脳の作り変えを伴う汚染人物の完全撤退という大規模なものになります。

 
 汚染人物=盗電や増すゴミと政官業の既得権益者のみなさん。


07. 2011年10月09日 15:51:51: vhwp4hcvfM
>>05 さんのように福島原発周辺に放射性廃棄物を持ち込んだり
最終処分場を造れと意見がでてくるが、リスク分散を考えていますかね?
広範囲で高濃度汚染地域がある場所で、最終処分場などできないよ。
連鎖事故の危険度が増すだけ。通常作業ができない場所で施設は造れないし
ちょっとしたミスや事故の処理に手間取って、大事故になる可能性がある
最近起こったフランスの核施設事故をもっと検証すべきだろう。

08. 2011年10月09日 15:57:58: EC2OhxdvBA
>03

原発事故は、放射能の拡散、ということ。
科学反応❶で事態は進行した。が、

その科学反応❶は、ポダム以来のトリックと政治❷とで導入された。
崖を削るのも、堤防を低いまま高くしないのも、知事逮捕・交替えも、
MOX導入も・・・。

そういう政治的の力によって整えられた諸条件の上に立って、
はじめて、配管破断や爆発や炉心溶融/燃料溶脱・・・の物理的の
科学反応はやっと十分に反応生成❶し得た。


                               .
ところが、いまやどうだ。
放射能の全国土、全国・全住民への拡散は科学反応❶としてではなく、
政治❷として、(主に)行われているではないか!!

政治家と官僚が行政命令を出し、各地の役人が指令を出しつつ従って
行政を行う。政府の「基準値」に喜んで従って放射能拡散をやって
のける企業・個人が現出している。放射能拡散が科学❶としてではなく
買う愕として、迷信として、偏見差別として、ロボット操縦として、
政治主導❷で住民の上から行われて来ているのだ。

良心と常識に従って放射能を封じ込めよう、拡散させぬようにしようと
発言=行動するひとびとは、けっして少なくないのだが。
拡散政治❷に十分には対抗できていない。

放射能迷信❷と拡散無知❷に対抗して、をれを打ち破るために、
放射能の科学的な危険性@を議論し理解し身に付けAて放射能拡散を
防護@するために力を合わせる=Aこと、このAがなんとしても
成し遂げねばねばなっと、考える。

こう考えると、政治❷に対し政治Aを、(科学❶に対し科学@をと
同じように)考え論議し、嫌いなヤツとも、放射能封じ込め@の為に
力を合わせる秋(とき)であろう。(まず放出された核を封じ込めるべ
きだ、最優先に、と考え行動する原発推進派が、いても不思議では
ないが、あまりお目にかからない)

事故前の、とりあえずは、まだあまり放射能がどこにでもあったワケ
ではない日本を、取り返すことが、核を封じ込めることが、
かくも困難になろうとは!
かくも困難なニッポン❶❷@Aであろうとは!!!



09. 2011年10月09日 16:56:11: sgolhP60mA
>福島をつくり直すということはどういうことか

福島はつくり直さなくて良い。カネのかかり過ぎるところの除染は要らない。
ゴミは福島に埋めれば良い。グランドゼロにしようがしまいが、危なくてそこには行けない。
みな放射能の怖さは知ったから、作業員はそれで良いと言う人を集める。
誰がまで国が考える必要はない。もちろん子供を働かすのは労基法違反。

母子だけ逃げるのは、片親の子をたくさん作ることになる。単身赴任も期限があってこそ。本人の意向も訊かれる。
子供のいない町は、町ではない。そんな町を作ってどうする。


10. 2011年10月09日 17:42:17: TULhMqLNYs
結局、除染なんて無理。全員移住が唯一の解決。チェルノブイリを見れば分かる。

11. 2011年10月09日 18:21:58: xpqRhr8Lm2
天木氏の意見を支持します。

「太った豚」と「痩せたソクラテス」

首相と経産大臣は前者で、意見が同じ後ろ向き。両社とも楽に儲けたい口なのでしょう。

このままだと、沈没した日本を再浮上させることは、難しいと感じます。


12. 2011年10月09日 20:45:05: evOflCA4AE
原発の問題は政治と経済の問題でもあります。

13. 2011年10月10日 08:05:01: Jk72sZfYww
本当の除染とは、自然界に放置される放射能の総量を、正しく減少させるという意味で有効な部分に行うべきであるし、そのことによって意味を成す。

14. 2011年10月10日 15:22:45: EszHBBNJY2

官僚や行政担当者(地方公務員)自体が放射能を勉強していない。
だから御用学者の安全デマを真に受けて政策を進める。
御用学者は既得権益層(原発連合)の札束と研究費で頬を100回ほど叩かれ取る。

行政担当者は放射能を舐めてるというのは事実だが、正確な所もまた
知らないのだろう。当然、自ら勉強もしない。
焼却灰のことで電話をしても、個人的にはやりたくないけど・・・突っ込んで聞くと
判りません。など逃げの一手。

今回の被爆拡散は、近い将来(本当にもう直ぐ)に逃げの一手で逃げ切れる事態とはとても思えん。 とんでもない大惨事の幕開けになる。
大惨事=>官僚や行政担当者や御用学者にとっても、対立する国民にとっても同じ。
担当者は一日も早く国民目線を取り戻さないと、幹部連中と心中するだろ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧