★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 323.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
低量放射線は怖くない(中村仁信著):ダイオキシンは無害でも、1ミリシーベルトの放射線は危険という武田学説
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/323.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2011 年 10 月 09 日 14:26:52: 8rnauVNerwl2s
 

原子力発電所は、発電する核兵器で、日本に作るのは、間違いだ。危険な原発は即刻廃止し、ガスタービン発電や燃料電池に切り替えるのが最良の策だろう。

しかし、放射線は危険だ危険だと大騒ぎして、津波と原発事故で疲弊した福島と東日本の復興をめちゃめちゃにし、除染利権・廃炉ビジネスに群がる守銭奴だけを利する「放射線危険論」には与しない。

放射線については地球温暖化と同じく、科学的な態度が必要です。


◆武田先生と放射線

猛毒のダイオキシンは実は無害、地球温暖化は嘘だとマスゴミが作り上げた「常識」を科学的な観点から、デタラメだと糾弾した武田邦彦氏。瞬く間に環境問題の権威に祭り上げられたわけだが、放射線に関しては、低量放射線でも危険だというカビの生えた学説に固執し、あの副島先生とケンカ対談を繰り広げている。


◆ほんまでっか 旧学説VS最新学説

放射線は1ミリシーベルトでも人体に危険だというのは、LNT学説というもので、武田先生が金科玉条としているICRPが長年唱えていた説。放射線の国家資格でも試験問題の正答とされてきた。

しかし、中村先生によると放射線を浴びることは、科学的は、「火傷」をするのと同じで、体内に活性酸素が発生し、DNAが損傷するだけで、低量であれば、生来人間に備わったDNAの修復機能で回復してしまうということが、最新の研究で明らかになった。

理科の教科書にも載っているマラーのショウジョウバエのDNA損傷実験は、修復機能のないショウジョウバエの生殖遺伝子を使った特殊な例であり、一般化することは危険だ。

1日何万回も発生するDNAの複製ミス、何千個も発生するガン細胞はDNAの修復機能や免疫機能で自然治癒するのだ。

1000ミリシーベルトの放射線でも毎日自然に起こる日本鎖切断より多いとされる。

現在では、ICRPの勧告も5年で100ミリシーベルト、50ミリシーベルトを単年度で超えないようにという具合に変わってきている。

そもそも人間は体に必須なカリウムを取り込んでおり、通常でも4000ベクレル、年間0.2ミリシーベルトの体内被曝の原因になる。普通の生活でも年間2.4ミリシーベルト被曝しており、高地に住む人間や客室乗務員は東京-NY往復で0.19ミリシーベルトに及ぶ。

冷戦期の核実験のフォールアウトの影響も相当なものだと思うが、ガンとの関係は不明である。


◆体外に排出される放射能
ヨウ素は、8日で半減し、日本人では35日で半分が体外に出ていく。有効半減期で考えると6.5日である。最近騒がしいセシウムも物理的半減期は30年と長いものの、体内では85日に過ぎない。


◆放射線ホルミシス

結局、医学的には、低量放射線よりもタバコやストレスの方が、体に悪いという結果になりそうだが、低量放射線は生物の持つ免疫機能を高める効果があるという。

台湾でアパートが放射能に汚染され、大勢の住人が年間500ミリシーベルトの被曝をした。20年間で年平均20ミリシーベルトの放射線を浴びた。医学的なデータによれば、被曝した住人のがん死亡率、先天性心臓奇形率が激減した。

大量では有害でも、微量では生体に刺激を与え、有益な影響をもたらす。米国ミズーリ大のラッキー教授の研究だ。日本でも低量放射線を浴びた放射線医がかえって長生きしたことが知られている。

ピッツバーグ大のコーエン氏はラドン濃度が上がるほど肺がんの死亡率が減ることを調査している。


◆除染と利権と東電潰し

地球温暖化は、原発利権と排出権利権を狙ったヨーロッパ国際金融資本家の捏造だと言われているが、放射能危険論はどうだろう。

1ミリシーベルトでも危険だ、福島を除染しろ、東電賠償4兆円云々は、アメリカのため長銀潰しと郵政民営化を実行した竹中平蔵の金融機関潰しを彷彿とさせる。はっきり言えば悪意ある東電叩きと思われる。

東電を解体し、これから何年もの間、何兆円もかけて、除染することは一体誰のためになるのだろうか?


<参考リンク>

■低量放射線は怖くない
 http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4860102991.html

■専門家が答える暮らしの放射線Q&A
 http://radi-info.com/

■「東京ドーム23杯分」の除染は本当に必要なのか(newsweek)
‎ http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2011/09/23.php

環境省は、福島第一原発事故で放射性物質に汚染された土壌を除去する作業の試算結果を検討会で示した。福島など5県で追加的な被曝線量が年間5ミリシーベルト以上の地域を除染する場合、必要な面積は最大で2419平方キロメートル、福島県の17.5%に当たる。表土を5センチメートルはぎ取るとすると、除去する土壌の量は最大で2879万立方メートル、東京ドーム23杯分に相当する。

 しかし、この計画は財政的に実現不可能だ。1979年から行なわれているカドミウムの除染は1630ヘクタールで8000億円かかったが、今回の除染面積はその148倍だから、118兆円以上かかる。年間5ミリシーベルトという基準は、何を根拠にしているのかよくわからないが、国の年間放射線量限度は、緊急時には20〜100ミリシーベルト、平時には1ミリシーベルトである。これはICRP(国際放射線防護委員会)が1958年に決めた基準に準拠しているが、これには科学的根拠がない。

 そもそも日本の自然放射線量は全国平均で1.5ミリシーベルト、世界の平均は2.4ミリシーベルトであり、1ミリシーベルトというのは自然界の放射線量を下回る。これは原子力施設の中の放射線を管理する基準であり、人々が避難したり帰宅したりする基準ではないのだ。1ミリシーベルト以上の放射線は全国どこにでもあるので、これを基準にすると全国の土を除染しなければならない。

 多くの放射線医学の専門家が提唱する放射線の安全基準は、年間100ミリシーベルトである。広島や長崎の被爆者を調査した近藤宗平氏や高田純氏は、「100ミリシーベルト以下の被曝量で発癌率が増えた統計的証拠はない」として、ICRP基準を強く批判している。たとえば45℃を超える熱湯に手を入れるとやけどするが、それ以下の温度なら問題ないように、放射線の影響にも閾値があるというのが多くの科学者の意見だ・・・


■電気料金の大幅UPないと無理な東電(ゆかしメディア)
 http://media.yucasee.jp/posts/index/9102?la=nr3

・・・福島第一原発事故による賠償額は約4兆5400億円と試算。また、原発の再稼働と電気料金の値上げをしない場合は、今後10年間で最大8兆6000億円の巨額の資金調達が必要だとする見解を示した・・・


■農水省「除染方針」は、とてつもない事故処理利権を農水省にもたらすだろう
 http://arinkurin.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-daf4.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月09日 15:33:39: AOhsMxPnDA
体に良い福島原発に行こか。なかむらはん。

02. 2011年10月09日 15:35:46: vhwp4hcvfM
矛盾点の指摘や反論をコメントするつもりだったがやめました。
安心なら飯舘村でなくてもよいから
福島県の広野町や南相馬市に住んでみろ
低線量の放射線地域が結構あるよ。
その場所で、コメを食い、野菜・肉・魚を食い
水をのんで生活してみなさい。

03. 2011年10月09日 16:02:38: Q742Bd6j56
Sciの一種だな。

04. 2011年10月09日 16:52:16: 1BUTANNmPQ
原爆投下の後遺症は永遠に

05. 2011年10月09日 16:53:50: W1595Y4I7k
まだこんな妄言を弄してる奴が居るのか。
原発推進派のお先棒担ぎははこういう嘘とでたらめをいつまで言い続けるつもりだ?

まずこれを通読しよう。

WEB書籍『原発と放射線 第3版』中山幹夫
http://www.kuis.ac.jp/~nakayama/gyouseki.html

特に付録の「C.カリウムの嘘」ってところを拳々服膺すると良かろう。

それでも足りなければ,

市川定夫「放射能はいらない 1〜4」も併せてみてみるといい。
http://www.youtube.com/watch?v=-CeLnWq8rjs&feature=channel_video_title
http://www.youtube.com/watch?v=iBc0fDgScnI&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=FSQMLt-E6T4&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=KxeS4i02sv4&feature=relmfu

科学的態度というのは,自分の妄想に都合のいい屁理屈を牽強付会する事じゃない。よく心しておくべし。


06. 2011年10月09日 17:10:29: u3E6Ef3e1Q
中村仁信って、どこかで聞いたと思ったら、「放射線は微量なら安全、むしろ体にいい」って言ってた人か。
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/922.html
なんだかそれだけで、もう、どうでもいいような気がしたが、一応。

低レベル被ばくの影響に関する最近の報告より 今中哲二 第106回原子力安全問題ゼミ 2009.3.6
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No106/imanaka090306.pdf
(京都大学原子炉実験所のサイトより)


07. 2011年10月09日 17:23:29: I3A7eKKqdI
なんか内容以前に、ものの言い方が「臭い」w
ぷんぷん匂う。w
わざと貶めようとしていることが見え見えで、鼻しらむ。
だれも相手にもしないだろうな。

08. 2011年10月09日 17:24:18: 6Huq1dxSKc
体にいいとか、安全だとか言う奴は全員飯館村に引っ越せよ!
自ら行動で、自分の学説を証明したらどうだ?

安全派学者を福島に住ませる基金を作ろう。
その基金で飯館村に研究施設を作って、安全派の学者はそこで研究させてあげよう。


09. 2011年10月09日 17:58:10: e8Gkb4IHRk
トンデモ学説ですね。
自費出版に近いような本の宣伝をされても困ると言うほかない。

10. 2011年10月09日 19:45:19: A4GQ7o9O02

《理科の教科書にも載っているマラーのショウジョウバエのDNA損傷実験は、修復機能のないショウジョウバエの生殖遺伝子を使った特殊な例であり、一般化することは危険だ。

1日何万回も発生するDNAの複製ミス、何千個も発生するガン細胞はDNAの修復機能や免疫機能で自然治癒するのだ。》

昔、細胞遺伝学やら、放射線生物学の基礎講座(テキストは「新訂 放射線と生物」 山口彦之著)をかじったことがありますが、上記のようなショウジョウバエのDNA損傷実験について、ショウジョウバエは修復機能がない生殖遺伝子を使った特殊な例であるとは、知らなんだ。小生の勉強不足か。
人間を含む哺乳類には、適用できないちゅうことか?

そんな有名なことなら、どこに載ってるのか教えて下さい! 投稿者様


11. 2011年10月09日 20:11:27: A4GQ7o9O02
いろいろな哺乳類の50%致死量
「新訂 放射線と生物 入門放射線生物学」山口彦之著、1981、啓学社 P146より引用

いろいろな哺乳動物の50%致死量
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生物種        LD 30/50 〔Gy(rad)〕 30日以内に50%が死亡する致死線量
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハムスター      8 (800)
ウサギ        7.5 (750)
ラット        7 (700)
マウス        6 (600)
サル         5.5 (550)
モルモット      5 (500)
ヒト        3〜4(300〜400)
ロバ         3 (300)
イヌ         3 (300)
ブタ         2.5 (250)
ヤギ         2.5 (250)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 


おもな生態系が破壊されてしまう被曝推定線量〔R〕
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  生 態 系             破壊の程度
           ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
              僅少           中程度            激甚
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
市街地          200           200            ー

農耕地          200           200            ー

針葉樹林         200        200ー2000         〉2000

落葉樹林         200        200−10000        〉10000

牧草地         2000       2000ー20000        〉20000

放牧地         4000       4000ー70000        〉70000
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                      (WOOODWELL and SPARROW 1965による)
   
          


12. 恵也 2011年10月09日 23:26:46: cdRlA.6W79UEw : FeIgY3LJnA
>> 台湾でアパートが放射能に汚染され、大勢の住人が年間500ミリシーベルト
>> の被曝をした。20年間で年平均20ミリシーベルトの放射線を浴びた。医学的
>>なデータによれば、被曝した住人のがん死亡率、先天性心臓奇形率が激減した。

ずいぶんいい加減な記事が出るようになったね。
俺が知ってる話とまったく違うな。
誰が何時、調査したのか判らないで凄く怪しげな表現だ。

名古屋大学の先生が1992年に調査されましたが、300人中14人が白血病
というガンにになっておられます。1983年に立てられた建物の鉄筋に放射性の
コバルト60が混入したためでした。

アンタの記事は何人が「年間500ミリシーベルトの被曝をした」のかさえ判らん:
統計を取るのなら、10万人くらいの人数がいるんだけどね。

ーーーー引用開始ーーーー
台湾台北市の民生という70世帯以上300人が住むアパートで、16年間に14人
の住人が甲状腺ガンに侵されていた。

甲状腺は、体の発育や新陳代謝を促すホルモンを分泌する、喉の下にある内
分泌腺。甲状腺ガンはガンの中でもまれで日本人は0.0001%の発生率。

原因は遺伝子の異常かヨードの不足または放射線。名古屋大学理学部 
河田昌東博士は、民生アパートの場合、大量の放射線が原因という。
(忍び寄る放射線の恐怖!  より)


13. 恵也 2011年10月10日 07:41:32: cdRlA.6W79UEw : nZAmshX9Eo
>> 地球温暖化は嘘だとマスゴミが作り上げた「常識」

俺もそう思う。
だいたい世界の温度がむかしから一定で変化してないのなら、人類が出した
CO2の影響で温暖化したと証明できるかもしれない。

しかし世界は大昔から温度の変化は激しく、氷河期や高温期が交互に襲ってる。
その原因を現在の科学で説明できてるわけではない。

ニワトリと卵の関係じゃないけど、温暖化とCO2の関係もどちらが先なのかの証明
なんて出来るものなんだろうか?
つい最近まで氷河期が来ると大騒ぎしてたのが、急に温暖化騒ぎだ。
なんか原発マフィアの世論操作の匂いがしてならない。

ーーーー引用開始ーーーー
炭酸ガスによる地球温暖化有害説には、どこか、胡散臭さが感じられ、そのまわり
には腐臭が漂っている。技術者(のはしくれ)としての勘だ。

だから、ぼくははなからこの話を信じていない。温暖化しないと言っているんじゃない。
「温暖化してなにが悪いのだ?」と言っているんだ。

念のために付け加えるけど、炭酸ガスが増加して大気の温度が上昇することが問題
なのであって、増加した炭酸ガスの量が直接人体に影響があるわけではない。
http://www.k3.dion.ne.jp/~akiradzf/the_Earth.htm

>>10 ショウジョウバエは修復機能がない生殖遺伝子を使った特殊な例であるとは、
>>  知らなんだ。小生の勉強不足か。

俺もこんな話は最近初めて聞いた。
しかし「ショウジョウバエのDNA損傷実験」なら実験的には簡単に証明できると思う
けど放射線量を変化させて、すべての放射線量で「修復機能がない」という証明を
する必要があり、膨大な数のショウジョウバエだけでなく、他の生物では「修復機能
がある」という証明をする必要がある。

俺の知ってる範囲では、核戦争が起きて世界中が放射能で汚されたら、最後に
放射能から生き残るのはゴキブリだという。
どちらかというと修復機能は昆虫には大きいという印象を持ってる。
実験目的のわりに、あまりにも時間と費用がかかりすぎるから、たぶんデマでしょう。


14. 2011年10月10日 09:52:16: 82elLZiCBs
武田さんの主張を分析すると原発利権に繋がりがあると思う。論法の180度転換を踏まえるとおそらく米国石油資本の巻き返し工作なんだろう。
稲先生のお蔭で健康になった人もいるし、中国農薬餃子やダイオキシンパニックにより焼け太りの官僚や裏で儲けている奴がいるのに・・・
冷静に判断する理性が放射線の恐怖で曇っているようだ。

◆武田邦彦氏の主張は科学者として一貫性を持つか?
 http://bobby.hkisl.net/mutteraway/?p=3637

武田邦彦氏の記事を取り上げるにあたり、氏のwikiページを読みました。以前は環境問題の常識へ過激に異論をとなえる斬り込み隊長のような方だったようですが、当時の議論の主旨と、現在の放射能汚染への警告との間で、どうも一貫性が破綻しているように感じられます。

武田邦彦氏は、環境問題における議論で、ダイオキシンは人間の生活環境に普遍的に存在しているので、ゴミの焼却などを恐れる必要はなく、ペットボトルなどは分別せずに焼却するべきだと主張しています。この主張は、予防医療的見地ではなく、自然界全体を見渡した時の科学的考察から発しているようです。私は当時から今に至るまで、この意見に賛同しています。

福島第一原発後の低量放射能汚染問題では、震災前の政府の規制値に固執しています。未知のリスクには十分に大き目のマージンを取るべきだという意見は、科学的な態度というようりは、明らかに予防医療的な見地から発しています。

(医療は技術であって科学ではない、というのが私の意見です)

ダイオキシンと低量放射能汚染に対するアプローチには大きな違い(180度逆向きのアプローチ)があり、科学者としての一貫性を損なっているように感じます。武田氏が今回の件だけを例外としているのか、過去の環境問題の意見も今から考えれば間違いだったと思っているのか、ぜひご本人に伺いたいところです。


◆稲恭宏(WIKIPEDIA)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E6%81%AD%E5%AE%8F

・・・福島原発事故における放射線線量率パニックの科学的鎮静化のための講演などを行い 、エネルギー安全保障を確保した上での安定的脱原発、世界中の放射性廃棄物の平和的安全処理への活動を続けている。また、恒久的世界平和を維持しながらの核廃絶・核兵器開発の即時中止・核実験の全面禁止・広島や長崎の原爆被爆者や全世界の核実験被爆者への手厚い支援などのための活動も行っている・・・・


◆コバルト60が鉄筋に混入したアパート住民の健康影響調査(原子力技術研究所)
 http://www.denken.or.jp/jp/ldrc/study/topics/cobalt_apartment.html

・・・調査結果によると、アパートの居住者のがん死亡率は、台湾の一般公衆の3パーセントにまで大幅に低下しました(図1)。 また、先天性奇形の発生率も、一般人の発生率のおよそ7パーセントに減少しました・・・


◆放射線科医として原発事故放射能漏れに思うこと(中村仁信)
 http://envepi.med.uoeh-u.ac.jp/2011UOEH/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E4%BB%81%E4%BF%A1_%E6%96%B0%E5%8C%BB%E7%99%82%E9%9C%87%E7%81%BD%E3%81%AB%E6%80%9D%E3%81%86%E3%81%93%E3%81%A8_%E6%9C%88%E5%88%8A%E6%96%B0%E5%8C%BB%E7%99%822011%E5%B9%B47%E6%9C%88.pdf

私の若い頃、ショウジバエ実験結果から、放射線の影響は蓄積すると誰もが思っていたし、LNT仮説を疑うことはなかった。しかしその後、ショウジバエオス精子は DNA損傷修復機能を持たない特殊な細胞であることが判明。LNT仮説の前提が崩れたである。

 



15. 2011年10月11日 12:10:09: 6Huq1dxSKc
中村仁信と稲恭宏と原子力技術研究所は飯館村に引っ越して、自分達の学説をその身をもって証明してみろ。 安全だと信じているならできるはず。

こんなトンデモ理論を信じてしまうバカは、死ねばいいと思う。


16. 2011年10月13日 11:43:34: u7tMtR4U3o
何だか批判的な意見が多いですね。

この、少量の放射線はかえって身体にいいという説は、前から気になっていて、中々説得力があるなと思っていたのですが、本当の所はどうなんだ、という疑問が当然あって、反対する意見にも、色々と目を通しているのですが、皆さん感情的な、なわけねえだろっていう意見ばかりで、明確な科学的根拠に基づいた反論がまだ見つけられてません。

つまり自然放射線を常に浴びている人の、健康リスクはどうなっているんだ、といふ所が説明されてないのです。

国際線のパイロットは、長いパイロット人生で、どれだけの放射線を浴びているのか。

それと健康の因果関係については、様々なデータがあるのに、そこを説明してる人がいません。

飛行機は安全なのか?

数字だけ見れば、とても子供を乗せることは出来ないのに、何故みんな平気な顔をしてるのか。誰か説得力のある意見を聞かせてください。

また、かねてからガンなどに効能があるとされる、秋田の玉川温泉。あそこの岩盤からは、もの凄い量の放射線が出ています。

台湾のオフィスビル、コバルトが資材に使われていて、何万人が被曝したけど、健康被害のデータが出ない。

ブラジルのビーチ、ローマの花崗岩で出来た街、この辺の放射線は、原発事故の放射線とは別なのか、この辺についても、説得力のある意見が聞いてみたいです。

また、これから行われる除染にかかる費用は、国家が破綻するくらい膨大なものです。

感情論としては、全てを除染してくれという人の気持ちはわかるのですが、本当に必要なのかという検証は、納税者として、是非とも議論して欲しいところでありますし、それで生まれる利権についても、突っ込んだ議論をして欲しいものであります。

このコメントに、反論がある方は、後学の為、是非とも説得力のある意見を聞かせてください。


17. 2011年10月26日 14:06:53: ruKNi0jBok
>>15
中村仁信氏と稲恭宏氏と原子力技術研究所の見解は、彼ら独自のもではなく海外でも広く認められているもの。

ただ、日本では放射能の教育が海外より遅れてるだけなんだよ。

よく調べもせず、考察もしない君がトンデモになってしまったね。


18. 2011年11月15日 13:17:09: fnXltvG2ZU
通常人よりも多い放射線を浴びている放射線技師や、航空機国際線の搭乗員の発癌率とかが低い…という事実はあったりするわけだが。

こういった事実に対し、どういう説明が可能か?

低線量の放射線は身体に害を成さない。以外で説明できるか?

水だって、10〜30リットルを一気飲みしたら、水中毒で死亡する。
醤油だって1.5リットルとか一気飲みしたら死亡する。
水や醤油を「危険だから、飲むな」といったら、変人扱いされることだろう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧