★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 419.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
道のり険しい除染 識者に聞く 求められる「安心」水準(毎日新聞)山田(京都精華大)・山内(神大)・児玉(東大)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/419.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 10 月 12 日 20:48:36: V/iHBd5bUIubc
 

素直に撤退した方が賢明なのでは?除染しても、あんまり効果がない?
「除染が済んで安全を確認できるまでは、とりあえず、子供と若い女性は避難させよ!」というのは、山田国広(京都精華大)、山内和也(神大)児玉龍彦(東大)の3者とも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111006dde012040008000c.html

特集ワイド:道のり険しい除染 識者に聞く 求められる「安心」水準


屋根などを洗浄する作業員。効果には限界があるとの指摘も=福島市渡利で、手塚耕一郎撮影
 ◇高圧洗浄機にも限界が 屋根はふき替えも
 福島第1原発事故に伴う「緊急時避難準備区域」が解除されたが、なお放射線量が高い市町村では、にわかに「除染」が焦点となっている。住民が安心して暮らせる環境は取り戻せるのか。福島で除染や線量の測定に関わる識者に聞いた。【大槻英二】

 (1)学校のグラウンドの表土をはがす(2)側溝の泥を取り除く(3)高圧洗浄機で屋根を洗い流す−−いずれも除染作業の模様を伝えるニュースなどでよく見かける光景だ。(1)は有効とされ、(2)(3)も一定の効果は認められるものの、高圧洗浄機への「過信」については疑問視する向きもある。

 「除染作業をしている気にはなるかもしれませんが、高圧洗浄機では屋根そのものに強くこびりついている放射性セシウムを取り除くことには『限界』があるのです。一方、表面の土などは取り除けますが、汚染された水は下水に流れ、一部は川に流れて農作物や魚介類に影響が及ぶ。住宅密集地などで皆が洗浄機を使い始めれば、汚染水の押し付け合いにもなりかねません」

 こう指摘するのは、京都精華大の山田国広教授(環境学)。山田教授は5月に福島大や大阪大の教員らと「放射能除染・回復プロジェクト」を結成、福島市内で、住民自らの手でできる除染方法をさぐる実験を重ねている。独自のマニュアルもつくり、代表世話人を務めるエントロピー学会のホームページなどで公開している。

 高圧水洗浄は政府や福島県のマニュアルでも紹介されているが、「限界がある」とはどういうことか。

 山田教授によると、セシウムは(1)水に溶けた状態(2)コケや木の葉など有機物に緩く結合した状態(3)ケイ酸塩など岩石成分に固く結合した状態−−の三つの状態で存在していると考えられるという。つまり、土を取り除いて、高圧洗浄機で流せば、(1)(2)のセシウムは取り除かれるが、屋根などでは(3)が残ってしまうというのだ。

      ■

 神戸大大学院の山内知也教授(放射線計測学)は9月14日、地元住民や市民団体の要請を受け、福島市内でも線量が高い地域のひとつとされる渡利地区で線量を計測した。学童保育に使われている建物内を調べたところ、床付近で毎時0・33マイクロシーベルトだったのに対し、はりの位置で0・52マイクロシーベルト、天井の下で0・72マイクロシーベルトと、高い位置ほど線量が高いことがわかった。屋外に出て、コンクリート製の屋根瓦の上を計測したところ、1・74マイクロシーベルトに達した。

 山内教授は「屋根は高圧水洗浄をしたということでしたが、それでもこの程度までしか下がらない。屋内の線量を下げるには屋根をふき替えるしかないでしょう。まずは屋内を事故前の0・05マイクロシーベルトまで下げることを目標にするなど、安全地帯をつくっていくことが必要」と話す。

 屋根と同様、道路のアスファルト、コンクリート製の側溝、敷石などにもセシウムが強くこびりつき、高圧水洗浄では一定程度までしか落ちないという。

      ■

 「今回の原発事故で放出された放射性物質の総量はウランに換算すると広島原爆20個分」「7万人が自宅を離れてさまよっているときに、国会は一体何をやっているのか」−−。

 7月27日の衆院厚生労働委員会で政府の対応を厳しく批判し、除染の重要性を世に知らしめた東京大アイソトープ総合センター長の児玉龍彦教授。東京都内の日本記者クラブで9月30日に行った講演では、除染とは「環境中の放射性物質を隔離して減衰を待つこと」であり、自らが福島県南相馬市の幼稚園などで行ってきた除染は「(放射線の影響を受けやすい)子どもや妊婦を守るための緊急避難的な除染であって、本当の除染ではない」と説明した。そのうえで「恒久的な除染は専門家や企業の知識や技術を結集する必要があり、膨大なコストがかかる。利権がらみの公共事業にしてはならない」と指摘した。

 児玉教授によると、南相馬市のある幼稚園では除染前、屋根の上で33マイクロシーベルト、滑り台の下で5〜10マイクロシーベルトなど、ところどころにミニホットスポットが見つかった。1回の除染で50%程度までは低減できるが、屋根などを0・5マイクロシーベルト以下にするのは難しいという。「屋根の材質によって、表面を削るか、全面的にふき替えるか、次のステップではノウハウをもつハウスメーカーなどの協力が必要になる」と話す。

 一方、ふき替えでは大量の廃棄物が出るとして、山田教授らのプロジェクトでは、メーカーと提携し、屋根に接着剤を付けた布を貼って、表面をはがし取る製品の共同開発を進めている。

 政府の原子力災害対策本部が8月26日に発表した「除染に関する緊急実施基本方針」では、今後2年間の暫定目標について「年間被ばく線量を約50%減少させる(子どもは約60%減少)」と掲げた。その内訳は、放射性物質の物理的減衰や風雨などの自然要因による減衰(ウェザリング効果)によって2年で約40%減少すると想定し、除染で残りの約10%(子どもは約20%)を削減するとした。

 これに対し、山田教授は「住民が求めているのは、線量を半分にすることではなく、安心して暮らせる水準に戻すこと。放射性物質が大量にまき散らされた今回の原発事故では、風雨による減衰は期待できない。拡散するばかりか、新たに濃縮する場所をつくってしまう可能性もある。放射性セシウム137の半減期は約30年だが、セシウム134は約2年。政府の目標は本格的な除染には取り組みませんと言っているのに等しい」と批判する。

 そして、山田、山内両教授はこうも訴える。避難対象とはなっていないものの、福島市や郡山市などの線量が高い地域では子どもや妊婦をいったん避難させて、その間に除染を徹底して行うべきだと。児玉教授も「年間被ばく線量1ミリシーベルト以上の地域で、避難を希望する住民には、政府と東京電力が全面的に支援すべきだ」としている。

 <われわれは、祖国の土壌という、先祖から預かり子どもに伝えるかけがえのない財産を汚染してしまった。しかし、人が汚したものなら、人がきれいにできないわけがない>。児玉教授は著書「内部被曝(ひばく)の真実」(幻冬舎新書)をこう結んでいる。

 除去後の汚染された土などの仮置き場や中間貯蔵施設をどこにつくるかなどの難問も抱え、本格的な除染への道のりは険しい。

==============

 ◇「特集ワイド」へご意見、ご感想を
t.yukan@mainichi.co.jp

ファクス03・3212・0279

毎日新聞 2011年10月6日 東京夕刊  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月12日 21:18:43: ZkOAv6N1O2
除染は無理!とにかく避難、解決出来るのは「時」のみ。 早めに諦めないと除染ビジネス、除染公共事業化しそうです、 どうせ利権が絡むのが避けられないのなら(笑) 避難ビジネス、避難公共事業…の方がまだしもマシかも? とにかく東日本の状況は日増しに悪くなっていく感がひしひしとしています。

02. 2011年10月12日 21:26:00: A4GQ7o9O02
避難ビジネス・・・いいですね!

03. 2011年10月12日 21:43:24: ZkOAv6N1O2
避難ビジネス…本当にやったろか(笑)? 例えば西日本の過疎地や休耕田を安く買い叩いて分譲地やマンションに、造成や建設工事の仕事を与えて、中古農機具や中古漁具のレンタル業務を…ってか、 日本国政府やれよな!

04. 2011年10月12日 21:58:32: 7GJsEDmnxE
・20111012 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章(録音)

http://www.youtube.com/watch?v=HtteC9GKjhA


05. 2011年10月12日 22:19:10: 1qmOy4Hy0U
避難ビジネス、マジでいいね! 補助金を出させて、被災者自身も参加で、楽しく!

06. 2011年10月12日 22:25:48: FAe5ZcPrSM
>放射性セシウム137の半減期は約30年だが、セシウム134は約2年。政府の目標は本格的な除染には取り組みませんと言っているのに等しい

これが国の除染に対するもっとも正しい認識である。

つまり除染をする振りをし住民を騙して高レベル放射能地帯に投げ込もうというのである。国のやってることは、丁度「これからシャワーを浴びるのだ」と騙し服を脱がさせガス室に送り込んだアウシュツビッツと同様だ。


07. 2011年10月12日 22:35:00: yWT2sRngHw
日本政府は、国内移住希望の場合には、その実現に最大限の支援をすべきだ。
どんな数値であれ、移住希望者はいるはずだ。

ドイツでは、日本人移住希望者を政治犯と同じ扱いにすると言う情報が流れている。
外国が日本人移住者に対して、支援を惜しまないことが分かれば、日本脱出は増える。


08. 2011年10月12日 22:45:21: FEC1zKK4NY
「内部被曝」の許容幅を知りたい。
国が決める飲料・食物の安全基準値などどうでもいい。
実際に汚染物質を体に取り込んでしまった場合は、それがすでに許容値を超えて
いるのか、まだ許容の範囲なのかは重要な問題だ。
そういう視点で、内部被曝の計数的説明があれば助かるのだが。

09. 2011年10月12日 22:48:27: mlChCZrDTk

 除染ではなくて、移染なのに・・・ それしか手段が無い。

10. 2011年10月12日 22:55:18: pZ4CHUghM2
 児玉だって結局政府に利用されるだけ効果なく終わって、原発は維持されるのが関の山。除洗、除洗と騒ぐな。目晦まし。東大教授はどれもダメ。視野が狭い。

11. 2011年10月12日 23:16:44: B3FrSkvLWQ
まず福島県民のどれほどが旧居住地に帰りたいと思っているのかアンケートを採るべきだろう。
老人は別にして意外と少なく、他に適地があれば、そちらへの移住希望者の方がはるかに多い気がするが。
議員、公務員は失職するが、やむを得ないというか、本当は自分たちも移りたいのではなかろうか?
避難ビジネス、結構だね。
除染に使う金があるなら、避難に使うべきだろう。

12. 2011年10月12日 23:33:29: W1Z4xu6d7g
>>人が汚したものなら、人がきれいにできないわけがない>。
児玉教授は著書「内部被曝(ひばく)の真実」(幻冬舎新書)をこう結んでいる。

児玉先生へ。
国会で怒りを表明した映像をネットで拝見しました。なので、こんなことを申し上げて本当に申し訳ないのですが、この発言には科学者としての驕りを感じました。

人が汚したものなら、きれいにできないわけはない。その論法だと、「人が作った原発、その放射性廃棄物でもなんとかできる」になりますが、何万年?も静かに眠っていてもらわなければならないような危険物質を、どうにかなると、今現在、お思いなのでしょうか?

国会でもお話されてましたが、福島の保育園を除染して出てきた放射性汚泥を「違法」と知りつつ公言しつつ、東京まで持ち帰り、国立の大学に保管しています。でもすべての保育園をそんなふうに作業できるものなのでしょうか。できるとしてもそれまでの間、確実に子どもたちやその親たちも被曝し続けます。

先生を違法行為をしていると裁判所に訴えようかと考えたりします。そうすれば、今の福島の現状、放射性物質の危険性などについて、多くの人が知ることができる土台ができるかもしれないと思うからです。


13. 2011年10月12日 23:52:55: v4BlKJuOO6
除染作業は大量の内部被ばくをもたらす。それを覚悟で除染を行っている大学の先生には、頭が下がる思いだ。おそらく、多かれ少なかれ死を覚悟して、作業していると思われる。とくに、児玉氏は内部被ばくの専門家なので、その恐ろしさも承知の上だろう。彼らの行為を批判できる資格をもつ人間など存在しない。

とはいえ、福島原発の問題は、もはや除染で終わる問題でないことも確かだ。緊急避難的な除染といっても、その効果は限定的だろう。児玉先生や山内先生の行為は素晴らしいが、いち早く住民を避難させるように、尽力を注いで欲しい。


14. 2011年10月13日 00:27:27: sgolhP60mA
外部被爆の問題ではないが、
すでに放射性セシウムを取り込んだ人たちに飲ませる、セシウム剤の準備はあるのだろうか。
ホールボディカウンタの検査をしているらしいので、早速必要になると思うが。

15. 2011年10月13日 11:24:29: XRaix0NcXM
> そして、山田、山内両教授はこうも訴える。避難対象とはなっていないものの、福島市や郡山市などの線量が高い地域では子どもや妊婦をいったん避難させて、その間に除染を徹底して行うべきだと。


この話が一番納得がいく!
山田国広(京都精華大)、山内和也(神大)は
あまりメディアで名前を見たことのない学者さんだけど、
除染などといっても限界があることをまず認めるところは好感が持てる。

除染が万能かのような言説を振りまき、昔から反原発というわけでもないのに
突如あからさまで派手な演説とともに出てきて本を売る、児玉教授はなんとなく胡散臭い。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧