★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 437.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<シリーズ 原発の深層>第二部 米戦略のもとでI/「安全神話」の源流(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/437.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 13 日 09:47:15: KbIx4LOvH6Ccw
 

(回答先: <シリーズ 原発の深層>第二部 米戦略のもとでH/英国式を抑えたのは(しんぶん赤旗) 投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 13 日 09:25:13)

<シリーズ 原発の深層>第二部 米戦略のもとでI/「安全神話」の源流
「しんぶん赤旗」 2011.10.10 日刊紙 3面


 「地上最大の力―人類はそれを手中に収め、自らの意思で使うことができる」。米原子力委員会(AEC)が1954年に作成した「平和のための原子力」政策の広報冊子の一節です。

  学者の警告は

 「6`の濃縮核燃料で石炭1万8000j分」(同冊子)という巨大な力を自由に操ることができる―。そう描くために排除されてきたのが、“安全性”に関する議論です。

 「現在までいかなる施設でも原子炉事故が起きていないのは、極度に幸せなことだ。しかし、核分裂と原子力の応用が広がるにつれ、これまでの破られざる記録を維持できるとは期待できない」

 原爆開発のマンハッタン計画に参加した理論物理学者エドワード・テラーは53年9月、米議会の上下両院合同原子力委員会で警告しました。

 しかし、同委員会では、テラー氏の警告を無視。原子炉の安全性に関する議論は一切行われず、54年に民間企業の原発参入を認めた改定原子力法が可決されました。

 当時、AECは原子力防護勧告委員会から受け取っていた報告書を公表せず、表向きは「(事故の)可能性を最小限にするためにあらゆる合理的な措置」が取られていると繰り返していました。(ダニエル・フォード『メルトダウン』)

 批判的な意見を排除し、都合の悪い情報を隠して「安全性」を強調する―。日本で形づくられてきた原発「安全神話」の源流です。

  最悪の事故は

 56年6月、全米科学アカデミーが164人の科学者を動員して、「原爆であれ、平和利用であれ、自然であれ、放射能は人間に有害」とする報告を公表。「原子力産業が発展すれば、蓄積される放射性廃棄物は、原水爆戦争で放出される放射能より多くなりうる」と指摘しています。

 さらに57年3月には、衝撃的な報告書が公表されました。

 「死者3400人、障害者4万3000人」「死者は15マイル(24`)、障害者は45マイル(72`)圏で発生する」「損害額は70億j」

 原子力損害購償制度を定めたフライス・アンダーソン法の制定(同年9月)に先立ち、AECが作成した報告書「公衆災害を伴う原子力発電所事故の研究」(WASH740)で示された「最悪の事故」での予測です。

 日本でも60年、同報告を参考に、東海村原発(茨城県)での炉心溶融(メルトダウン)を想定した報告書が作成されました。しかし、最大で死者720人、障害者5000人、被害額3兆7300億円という衝撃的な被害予測は米国とちがって公表されず、79年に「赤旗」が暴露して初めて知られました。

 深刻な原子炉災害は起こりうる―。それでも、「安全神話」は拡大されてゆきます。

(つづく)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧