★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 453.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
今こそ、エネルギーシフトー成長市場としての自然エネルギー産業/飯田哲也
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/453.html
投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 13 日 20:26:50: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 国際級のスーパーチームをつくって、…収束をめざしすしかないのではないか('11年5月)/飯田哲也 投稿者 仁王像 日時 2011 年 10 月 13 日 20:24:03)

第三章 今こそ、エネルギーシフト
<成長市場としての自然エネルギー産業>
飯田 2010年、自然エネルギーのクリーン御三家(風力、太陽光、バイオマス)の、世界での総発電量が、原子力による総発電量を追い越した。あと3〜5年で風力だけで原子力を追い抜くと試算できる。原子炉には寿命があり、原発の時代は、世界的にみても、終焉を迎えている。世界はいま、「第四の革命」と呼ばれるエネルギー革命の渦中にある。残念ながら、日本だけレースに参加できていない。
飯田 いずれにしても、この事故によって「原子力ルネッサンス」は終わった。日本では、「世界は原子力ルネッサンス」と言われていたが、実は世界の人々から見ると「ルネッサンスをやっているのは日本だけだろう」というマッチポンプだった。もともと日本の一人芝居たったのだ。

 飯田 日本の場合、エネルギー政策にまったく民主主義が機能していない。経産省をはじめとする原子力ムラが方針を決め、二人羽織のようにして政治家を動かしている状況が続いてきた。
 しかし、変化はある。私自身が原子力ムラを出て活動を始めた当時は、完全に蟷螂の斧だった。しかし、年を経るごとに彼らの中身の虚ろさが馬脚を現してきた。逆に市民サイドの力がついてきており、いまや市民団体の報告書のほうが政府のものよりはるかに説得力があるという状況が出現してきた。

【出典】「今こそ、エネルギーシフト〜原発と自然エネルギーと私達の暮らし」飯田哲也・鎌仲ひとみ/岩波ブックレット'11年5月
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月14日 12:10:38: sgolhP60mA
そう信じるなら、あなたが銀行から金を借りて、自然エネルギーで頑張っている会社の株を買えば良い。
設備投資に頑張っているか、研究投資に頑張っているか、よく見定めて。
株屋は、よくそう言われる。そして株屋の見通しはたいてい外れる。

02. 2011年10月14日 12:12:45: sgolhP60mA
01 を以下のように訂正。済みません。

>成長市場としての自然エネルギー産業

そう信じるなら、あなたが銀行から金を借りて、自然エネルギーで頑張っている会社の株を買えば良い。
設備投資に頑張っているか、研究投資に頑張っているか、よく見定めて。
株屋は、よくそう言われる。そして株屋の見通しはたいてい外れる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧