★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 501.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
もんじゅ:「火は消してはならない」 文科副大臣、現地を視察 /福井
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/501.html
投稿者 あややの夏 日時 2011 年 10 月 15 日 17:19:26: GkI4VuUIXLRAw
 

毎日新聞 10月15日(土)15時28分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111015-00000200-mailo-l18

 ◇「見直し中」でも強調

 文部科学省の奥村展三副大臣が14日、敦賀市の高速増殖原型炉「もんじゅ」を視察し、同市の河瀬一治市長、西川一誠知事と相次いで会談した。もんじゅの運転再開は、国のエネルギー政策見直しに伴い一時、凍結されているものの、奥村副大臣は2人に「もんじゅの火は消してはならない」と踏み込んだ発言をした。

 奥村副大臣は、もんじゅの原子炉容器上部などに立ち入り、昨年8月に原子炉容器内に落下した炉内中継装置の復旧状況などの説明を受けた。

 もんじゅは当初、炉内中継装置を復旧させ、今年度中に40%出力試験を始める予定だった。しかし、福島第1原発事故が発生し、来夏をめどに国の原子力政策の見直し作業が進められることになった。文科省は先月末、国のエネルギー政策が変更される可能性があることなどから、見送りの方針を示した。

 会談で河瀬市長は「もんじゅの火を消さずにぜひ目的を達成していただきたい」と運転再開を要望。さらに「(福島のような)原子力災害が起きて、住民に不安は確かにある」と安全対策の充実を求めると、奥村副大臣は「原子力機構は安全に対して最大の力を注いでいる」と応えた。

 奥村副大臣は続いて、県庁で西川知事を訪問し、「国がぶれないということが一番基本ではないか」「『もんじゅの火を消しては困る』のは、私も個人的にはそうだが、省としても火は消してはならないと思っている」と語り、研究開発推進への思いをにじませた。

 西川知事は「核燃料サイクルは、これまで国のエネルギー政策の根幹にあった。真剣かつ総合的に考えてもらわないと、日本の将来にさまざまな影響をもたらす」と応じていた。

【柳楽未来、安藤大介】

10月15日朝刊
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月15日 17:28:11: ivLPTA9B66

「もんじゅ」と言うものがどんなものか解って言っているのか?

まぁ、人類の手に余るもんだ、とでも言っておこう。


02. 2011年10月15日 17:35:35: rWmc8odQao
もうやめたらどうでしょう。

毎日新聞「モンゴル政府:核処分場建設計画を断念 日本に伝達」
http://mainichi.jp/select/world/news/20111015k0000m010153000c.html

核のゴミのほうも「行き詰まり」です。「来夏をめどに国の原子力政策の見直し作業が進められることになった。」そのとおり、着々と見直してください。滞りなく、速やかに、脇目もふらず、テキパキと、見直してください。


03. 2011年10月15日 17:39:01: EJniQ3GxYY
奥村副大臣は続いて、県庁で西川知事を訪問し、「国がぶれないということが一番基本ではないか」「『もんじゅの火を消しては困る』のは、私も個人的にはそうだが、省としても火は消してはならないと思っている」と語り、高速増殖炉について何も分かっていないことを暴露してしまった。

ナトリウムやプルト君が、どんなに気難しくて扱いにくい物質であるかということを理解していないマヌケの見本である。

世界にこれらを制御しきれる人間が、本当に居るのだろうか?


04. 2011年10月15日 17:39:23: u3E6Ef3e1Q
副大臣閣下は「日本国の火を消してはならない」とは思われないらしい。

05. 【タヌキ腹組“ぽんぽこ”】 2011年10月15日 17:45:34: SM2DPWDDuBDzg : AdKaaFvNBE

★小沢グループは、いつまでも“安全神話”に縋りつかず、

脱原発=原発即時全廃で早急に、意思統一を図るべきだ。

 でないと、今後、国民の支持は得られないと覚悟すべきだ!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■“小沢一郎の側近・奥村展三が「もんじゅ」の来年度運転再開に前向き”
kojitakenの日記 10/15
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20111015/1318646340

これはひどい。

もんじゅ:副文科相が視察 来年度運転再開に前向き姿勢 - 毎日jp(毎日新聞)
-------------------------------------------------------------------------
もんじゅ:副文科相が視察 来年度運転再開に前向き姿勢

 奥村展三副文部科学相は14日、今年度の試験運転実施が見送られた高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)を就任後初めて視察し、河瀬一治・敦賀市長と会談した。

 奥村副文科相は試験運転について、「東日本大震災の影響でやむを得ず延期することになった。(もんじゅの)火を消さないよう、文科省がしっかりバックアップする」と説明。来夏をめどに国の原子力政策の見直し作業が進められていることに触れ、「そこに照準を合わせて(安全対策などを)やっていきたい」と来年度の運転再開に前向きな姿勢を見せた。【柳楽未来】

毎日新聞 2011年10月14日 19時39分
--------------------------------------------------------------------------

 奥村展三はさきがけ出身だが、現在では小沢一郎に近く、「一新会」の代表代行を務めているらしい。

小沢グループはやはり根っからの「原発推進勢力」といえそうだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■【69]今後の我が国のエネルギー政策について
〜エネルギー政策については、安全の確保がすべてに優先されなければならない〜
奥村展三オフィシャルサイト 2011/07/01
http://okuten.com/cgi/news/c_note.cgi?v_n=69&mode=view&page=0

 平素より、多大なるご指導ご鞭撻を賜り、心より感謝申し上げます。
 3月11日に発生した未曾有の東日本大震災から4ヶ月が過ぎようとしております。政権与党として、2次補正予算の編成、そして、3次予算の編成及び来年度予算の編成と切れ目のない迅速な政策対応により、普及から復興へとつなげ、被災者の皆さん、そして国民の皆さんが、希望を持って明日に向かえるように全力投球しております。しかし、被災者の立場、あるいは国民の皆さんの立場からすれば、まだまだいろいろなことが遅いとか、不十分だとかの指摘もたくさんいただいております。これも政府はもとより、我々もそれぞれ被災者の立場に立ってもっと早くしてほしい、より明確にしてほしいといった問題について、思い切ってスピーディーな対応がとれるように、一層の努力をしていきたいと思います。
 さて、日本のエネルギー政策について考える時に、最も重要なことは、安全の確保がすべてに優先されなければならないということです。震災で被災した東京電力福島第一原子力発電所の事故で、国民の原子力発電の安全性に対する信頼は大きく揺らぎ、今後の我が国のエネルギー政策についても抜本的な見直しが必要であります。
 私は、原発については、現時点において、安全とは言えず、反対でありますが、頼らざるを得ないと考えております。なぜなら、安全性が確保されないとの理由で原電をすぐに停止した場合、全国的な電力不足が懸念され、日本経済・社会は崩壊するからです。
 まず、原子力発電を今後も利用していくために、福島原発の事故により失われた原発に対する国民の信頼を回復する必要があります。そのために、福島原発を早期に冷温停止し、安定化させるとともに、事故の原因追求と抜本的な安全対策の強化が必要です。問題は、運転の可否を判断する安全基準、安全審査の公正性、中立性をどのような枠組みで担保するかであります。
 今後のエネルギー政策を考える時に基本となるのは、エネルギーの安定供給の確保(energy security)、環境への適合(environment) 及びこれらを十分考慮した上での市場機能を活用した経済効率性(economic efficiency)の3E の実現を図ることにあると思います。
 その上で、国民の皆さんにも、エネルギーの需給や政策の在り方に関心を持ち、それらの構築に参画するとともに、国民合意の下に方向付けられたエネルギー政策の実施を通じ、新たなエネルギー社会を切り拓いていくことが必要とされています。
 この観点から、現状においては、安全の確保を最優先とした上で、既存の発電施設を活用し、これからは、太陽光・風力発電やバイオマス由来燃料の導入、廃棄物の活用、エネルギー自給率の向上や地球温暖化対策といった問題意識に根ざした再生可能な自然エネルギーの推進を図り、総合的に判断し、エネルギーを確保する必要があると考えています。



06. 2011年10月15日 17:46:27: b3SI5j4ihg
もんじゅと青森の再処理工場の火はもう消えた。
存在意義ごと消えた。

07. 2011年10月15日 17:53:09: v9NDsdvUkg
奥村展三馬鹿副大臣へご意見、メッセージをお待ちしております:
http://www.okuten.com/mail.html

08. 蒲田の富士山 2011年10月15日 17:53:34: OoIP2Z8mrhxx6 : vF2Rr6oOxs
吉本隆明さんの御意見も聞きたいけど、また以前と同じかな。

09. 2011年10月15日 18:16:25: JbjRNIKokk
「省としても火は消してはならないと思っている」
いいなりじゃねぇか、使えねぇ能無し

10. 2011年10月15日 19:05:32: gEpcn4S5uk
「レミングの死の行進(」諸説ありますが)!
どうにも、国民引き連れて崖からダイブして溺れ死にたいみたいですね。

「もんじゅ」継続希望の、論理的な根拠をあげて欲しいです。


11. 2011年10月15日 19:14:13: dHNluj81Fq
こいつは武村が放った小沢派に対するトロイの木馬である。
早く追い出さないと最後には小沢さんを裏切るに違いない。

もんじゅ推進、原発推進が小沢派の方針なら支持を撤回させてもらうほかない。
特にもんじゅについては半素人が小ざかしいことを言うな!
なにも分からないくせに。


12. 2011年10月15日 19:19:40: JbjRNIKokk
滋賀の代議士のせいで殺される
滋賀県民責任とれよ

13. 2011年10月15日 19:27:32: cYaicK1AbA
もんじゅはもうボロボロ。

事故にあえば、滋賀は冬には北西の風で真っ先に被害にあうだろう。
水がめ琵琶湖も危ない。
プルサーマル実現のメドも立たないものに、
いつまで国費を浪費するのか。
早く廃炉にしろ!


14. 2011年10月15日 20:35:10: kmRrTQnpHg
もんじゅの火は、消さなくてはならない、

消さなければ、大惨事となり、日本は滅ぶ。


15. 2011年10月15日 21:07:32: lkv9plBZlo

【もんじゅ】欲しいヤツは、家族ぐるみで【もんじゅ】構内に住め。


16. 2011年10月15日 21:09:59: YLoYRDFctQ
[安全性が確保されない理由で原電をすぐ停止するのは反対だ」と云う奥村副文科相、[安全」が絶対条件のはず。国民をなめているのか!何万人にも避難されている福島の人達の前でそう云えるか?[安全」以外何がある!地獄の火をとぼし続ける、こんなカス、さっさと、首にしてしまえ!                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         


17. 2011年10月15日 22:19:22: WxTUcoBbOI
もんじゅの火を消さず、国民の命の火を消したいんだね
馬鹿野郎副大臣。
こんなやつ早くやめろ!

18. 2011年10月15日 22:30:14: 8H9nIxVLIY
>>12滋賀県民として、責任を持って落選させます。もともと奥村展三は選挙に弱く、前回の選挙でも当選確実がなかなか出なかった。毎回、かろうじて当選しているのが現状。他の候補者と比較して、女性有権者からの支持が弱い。動員している連合傘下の労働組合でも、他の候補者に相当流れている模様。

トラック運輸業界のドンなので、これのライバルの鉄道業界からは敵視されている。鉄道貨物関係者から見れば、商売がたきだからね。

もんじゅの問題は、滋賀県内の良識ある市民にとって脅威の存在となっている。敦賀にあれだけ原発が集中し、しかも夜にこっそりと放射性物質を放出しているのか、これが原因と思われる甲状腺がんの発生が多いような気がする。正確な数字は全く発表されず隠蔽されているが、甲状腺ホルモンの経口薬チラーヂンS錠の販売数は多いのではないか。このがんにかかった人をちらほら聞くからね。日本でも有数の人口増加地域である滋賀県だが、とてつもないリスクだ。障害児が実際に産まれている。DNAを損傷したのだろう。憶測だが、夜のこっそりベントを親が吸い込み、それで子供に出てしまったとか。ちなみに両親にも親戚にも、障害児はいないんだが。突然変異で産まれている。

現に湖北地域の人口減少が目立つ。単に過疎化が進んでいるからなのだが、敦賀に近いことから不安は以前より高まっている。湖北地域と、湖西地域の高島市から産婦人科がなくなっている。現地では高校の統廃合の問題を抱え、滋賀県庁と地元との間で大問題になっている。

奥村展三の地元は湖南市だから、敦賀原発から遠いと思っているのだろうが、距離感ないのか。関西全滅ですまないぞ。西日本、中日本が全滅する。こうならないためにも、奥村の選挙区の有権者への働きかけを強めるよ。こんなことを言う議員を国政に送り出してはいけない。我々、滋賀県民の良識が試されている。


19. 2011年10月16日 00:34:25: w6jnLGPqbg
落選させるように滋賀県民は頑張れ!

20. 2011年10月16日 03:01:33: kmRrTQnpHg
滋賀県も危ないが、東海地方は、敦賀原発群との、距離が近い、冬の強烈な季節風(偏西風)の通り道、その風下に東海が存在する、
美濃地方の山地から見ると、敦賀の存在を、すぐそこに感じる、近い・・、

今まで、揖斐、岐阜西部は、敦賀原発群の放出放射性物質により、汚染されてきたのであろう、濃度は低いかとは思うが・・、

美濃に住む者として、敦賀原発群の存在、これを大変に脅威と、
考えざるを得ない、
この地に、原発の災禍が降りかからないことを、神仏に祈るのみ・・。

もんじゅの火・・、そんなものは、・・ろくなことにはなるまい・・、
綺麗さっぱり、消し去るべきである。


21. 2011年10月16日 03:41:33: kv0iZSiaVk
民主党のウルトラ原発推進政策の本音が見える。
仕分け事業で廃止と思ったら、難しいので判断できずとレンホウ丸投げの八百長。
もんじゅ再開してすぐにトラブルを起こし国民を危険状態にさらした。
まだ懲りずに運転再開とはね

あきれた。
危ないから止めてくれないか


22. 2011年10月16日 08:55:16: EF2Owu3KPN
>>20
ストップ・ザ・もんじゅの「もんじゅ事故時の放射能の流れ」を見ると大垣・一宮・名古屋
が危険な直撃コースの中心だもんね。かなりヤバイ。

23. 2011年10月16日 11:15:32: AwaTa3Fhrt
ま、小沢派は原発推進・非推進で集まってる訳じゃないから、こういう奴もいる。

原発に関しては小沢大将はどこまでも日和見だから、仕方ないな。


24. 2011年10月16日 11:23:12: sgolhP60mA
次の選挙で脱原発が決まれば、脱もんじゅも決まる。
それまで、お願いだから事故を起こさないで!

25. 2011年10月16日 12:06:13: v9NDsdvUkg
このバカ副大臣のオフィシャルサイトより:
http://okuten.com/cgi/news/c_note.cgi?v_n=69&mode=view&page=0

> さて、日本のエネルギー政策について考える時に、最も重要なことは、安全の確保がすべてに優先されなければならないということです。

> 私は、原発については、現時点において、安全とは言えず、反対でありますが、頼らざるを得ないと考えております。なぜなら、安全性が確保されないとの理由で原電をすぐに停止した場合、全国的な電力不足が懸念され、日本経済・社会は崩壊するからです。

この自己矛盾にすら気づかない知能程度。


26. 2011年10月16日 21:22:43: VKc8iXvpdM
>5さん
森ゆう子さん、辻恵さんは反原発だから小沢グループ原発推進との嘘を流さないで下さい。

27. 2011年10月17日 00:43:02: VYq5UMkVKM
>>18さん

滋賀民主は、奥村展三以外バリバリのネオコン前原派(川端は?)。
自民は論外
社民は影もなく
共産党も配下のコープ使って放射能垂れ流し。
http://mytown.asahi.com/areanews/shiga/OSK201105160155.html

当座、奥村展三の意識改革しかないでしょう。


28. 2011年10月17日 01:06:42: IPE9bwphw2
金蔓は消してはならない?
何か貰ってるんじゃないか?

29. 2011年10月17日 15:20:32: sgolhP60mA
>26 小沢グループ原発推進との嘘を流さないで下さい

再稼働に熱心な海江田をグループとして推したのだから
やはり小沢グループは、総体としては原発推進だ。

野田も、当選したら原発寄りになってしまったが、民主党全部がダメと言うことか。


30. 2011年10月17日 15:24:42: EF2Owu3KPN
いずれにしても民主党には何の期待もせんよ。あとは消え去るのみ。

31. 2011年10月17日 17:37:30: FEC1zKK4NY
風向きや立地から考えて日本国土全体への影響が最もおおきい福井県の
原発群が、いちばん困る。
おそらく日本国民に致命的トドメをさすのは、福井県の原発乞食だと思う。

32. 2011年11月13日 18:41:28: t2B8CvytGg

> もんじゅ:「火は消してはならない」

消そうと思って消せる火であるなら、誰も苦労しない。

原子力は「消せない火」だ。

原子力の出す「灰」は、煮ても焼いても消えないんだ。

原子力の商業利用は、人類が手を出すには早すぎたんだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧