★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 517.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「東京で強い放射能」(RFIの記事などから)
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/517.html
投稿者 無段活用 日時 2011 年 10 月 16 日 01:51:19: 2iUYbJALJ4TtU
 

(Japon: forte radioactivité dans un arrondissement de Tokyo: RFI)
http://www.rfi.fr/asie-pacifique/20111013-japon-forte-radioactivite-arrondissement-tokyo


日本−記事発表:2011年10月13日木曜日−最終更新:2011年10月13日木曜日

日本:東京都区内で強い放射能

記者:RFI


非常に高いレベルの放射能が、東京都の1区・世田谷のある道路沿いで見つかった。 区は、福島原発から200km以上離れたこの場所に近づかないよう、住民に呼びかけた。この事象を説明するために、雨によって運ばれた放射性微粒子が蓄積されたとの仮説を、当局は提示した。


報告:RFI東京駐在記者フレデリック・シャルル

この5月には既に、放射性の灰が東京の浄水場に集まっていた。しかし、日本の首都の都心部にある主要な区の1つである世田谷では、学校が集まる地区で、1時間当たり2.7マイクロシーベルトに達するレベルの放射能がたびたび示されている。これは、福島原発の周辺20km圏内の立入禁止区域内のいくつかの地点よりも高い。

「学校に近いその場所を大量の水で洗浄したが、放射能を減らすことはできなかった」と、保坂展人・世田谷区長は明らかにしている。

成田国際空港から遠くない船橋では、ある公園内で、5.8マイクロシーベルトの放射能が示された。横浜では、骨ガンや白血病を発症させる可能性がある放射性同位体・ストロンチウム90が地面から検知されている。ストロンチウムは、福島原発から80km離れた地点で既に検出されているが、東京までと同じくらい離れた場所でこれを発見したのは、今回が初めてだ。

東京で示されたこの放射能は、雨による放射性物質が蓄積されたことが原因との説明が可能だ。福島原発は放射性微粒子を環境に放出し続けている。

-----------------------------

(投稿者より)

RFIサイトに掲載された記事です。誤訳があるかも知れません。ご容赦下さい。

世田谷の件は、蛍光塗料として使われる放射性ラジウムが原因だったようです。あるいは、情報を攪乱し、住民を混乱させ、放射能に対する感度を鈍らせるために、仕組まれたものかも知れません。

仮にそうだとして、情報を攪乱し、住民を混乱できた、という点では成功だったかもしれませんが、その代わりに、「東京ももはや安全でない」というシグナルを全世界に与えてしまいました。勿論、別の可能性はありますが、人家からラジウムの瓶が出てくる、というのはどう考えても不自然だと、個人的に考えています。

RFIの記事にはラジウムへの言及はありませんでしたが、BBCは「正体不明の物質が木箱の古い瓶に入っているのが、近所の家の床下から見つかった。瓶の中身は現在検査中。」「福島との関連性はない」とレポートしています。

(Tokyo radiation hotspot 'not linked to Fukushima': BBC NEWS ASIA-PACIFIC)
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-15285843

横浜の件については、「ストロンチウムは東京を飛び越えた。東京が汚染されていないはずはない」とは、記者もさすがに書けなかったようですが、分かる人には分かるでしょう。

そのような国で、私たちは日々生活しています。

BBCの記事については、記者の分析が興味深いので、その部分だけご紹介します。

--------------------------------

分析

ローランド・バーク BBCニュース、東京

今回の事件からは、福島原発からの放射線が実際に拡散している範囲の広さよりも、ここ日本での、放射線に対する人々の不安の大きさが、よりはっきりと分かる。

この数ヶ月で、線量計の売上げは急増した−人々は自分の近所を計測して回っている。世田谷のホットスポットは、それで見つかった。こうした心配した人々が通りをパトロールしていなければ、今回の件が発見されることは決してなかったかもしれない。

人々が不安だというサインは東京の至る所で見ることができる−スーパーでは、生産物の産地表示が見られるようになった。福島地方のいかなる産地の食品も食べないようにしている人々がいるからだ。

原発を安定させる重大な局面はいまなお続いており、7カ月目に突入している。それにあわせて、人々の神経も緊張がまだ続いている。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月16日 06:46:22: DcddVPlXGc
> 横浜の件については、「ストロンチウムは東京を飛び越えた。東京が汚染されて
> いないはずはない」とは、記者もさすがに書けなかったようですが、
> 分かる人には分かるでしょう。


おそらく東京もストロンチウムに汚染されているでしょう。

> 人々が不安だというサインは東京の至る所で見ることができる−スーパーでは、
> 生産物の産地表示が見られるようになった。
> 福島地方のいかなる産地の食品も食べないようにしている人々がいるからだ。


産地偽装を心配しなくては、いけない段階!!。


02. 2011年10月16日 15:11:38: mAKWjxKjsw
外国プレスはもはや東京に支社をおく必要がなくなった。
日本の重要性がなくなったからだ。
彼らは日本にいた記者を支社ごとを中国に移した。
日本には、一人残っていればいいほうだ。
その記者個人の見方で記事が書かれていることを頭において
こういう記事を読むことをおすすめします。

03. 2011年10月17日 14:37:23: sgolhP60mA
>放射性の灰が東京の浄水場に集まっていた。

浄水場 ―――− 水道水を作るところ
下水処理場 ―― 下水を浄化するところ

「下水処理場に集まっていた」が正しいと思います。英語からの翻訳で間違えたか? 英語で浄水場と下水処理場が同じ言葉になるかどうかは知らないが。「灰」でなく「汚泥」。細かいことでごめんなさい。


04. 2011年10月17日 22:07:41: iGxLtcvUr2
  B番さん、有難う、そこんとこ大変重要なところだと思いますよ

05. 無段活用 2011年10月18日 02:17:06: 2iUYbJALJ4TtU : ZgIt55eFaN
>>03

"Des cendres radioactives avaient déjà été recueillies dans des stations
d’épuration à Tokyo en mai dernier."

>。ヨ下水処理場に集まっていた」が正しいと思います。

事実としては、そうですね。辞書には「浄水場」とあったので、それを信用しまし
た。

ただ、ウィキでさらに調べると、"épuration"には、「浄水」「下水処理」の両方の
意味があるようです。
http://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%89puration_des_eaux

ご指摘の通り、記者は「下水処理場」と言いたかったのかも知れません。

>。ヨ灰」でなく「汚泥」

"cendre"ですから「灰」です。本当は「死の灰」と言いたかったのでしょうね。

この記者の方は、細かい部分の事実誤認はところどころあるようです。その代わり、
滞日30年だけあり、日本の権力中枢の構造、日本人の価値観など、本質的なところ
を深く理解なさっていることが、記事から読みとれることがあります。日本のマス
コミなら絶対に書けないようなことをさらりと書いてくださることが、たまにあり
ます。

逐語訳を事実の一片一片と照合して、「この人の言っていることは正しい」「間違
えている」という見方は確かにあると思います。ただ、「浄水場(下水処理場でし
ょうか)に死の灰が集まっている」とは何を意味するのか、そこに記者のメッセー
ジが隠れているのかもしれません。勿論、外してはいけない急所はありますが、こ
の記事では、これがそことは、私には思えないのです。いかがでしょうか。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧