★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 530.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
これからの生活の計画のために(1) 岩手県   武田邦彦
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/530.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 16 日 18:37:31: igsppGRN/E9PQ
 

これからの生活の計画のために(1) 岩手県
http://takedanet.com/2011/10/post_0589.html
平成23年10月15日  武田邦彦(中部大学)


2011年3月12日の原発の爆発から半年が経ち、今後の生活の計画を立てる時期になりました。3月、4月に避難した人と事情で動けなかった人ですこし違いますが、地区ごとに解説をしていきます。群馬大学の早川先生の地図を主として参考にします。

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/10/15/bandicam_20111015_101521302.jpg

岩手の人もまた政府と東大教授の「虚偽」の犠牲になりました.おそらくは「遠くに逃げろ」とか「距離の二乗に反比例する」という科学的な間違いを信じて、「もし、放射線が来るとすると、宮城から徐々に岩手に来るだろう」と思っておられたのでしょう。

しかし、汚染や被曝は「距離」ではありません。「死の灰」が飛んできてどこで落ちるかが問題なのです。もし、正しい知識を持っていたら、田畑にビニールを敷くとか、気象庁と連携をとって危険な時には児童を待避させるなどの措置ができたはずです。残念です。

岩手県一関に落ちた死の灰は、宮城県沖から牡鹿半島を通ったものと奥羽山脈にそって北上したものがあるようです。それが2回に渡っているのか、一緒なのかも今のところ明らかではありません。

さらに残念なのは盛岡です。一関から北上川を北上した死の灰は盛岡で落下しました。

都市部は人間が住んでいますので、ビルがあったり周辺と温度が違ったりしていて死の灰が落下しやすい傾向にあります。関東の柏市、東京の新宿などと同じです。

自治体・教育委員会単位で実施することは、1)一関付近の0.5マイクロシーベルトの場所は自治体がさらに詳細に測定し危険な箇所に標識をたて児童を被曝から守ること、2)汚染地域にはできるだけ作物を植えないこと、植えた場合はベクレルを測定すること、3)0.125マイクロ以上の場所は自治体が警戒区域にして、詳細なマップを作り市民の被曝を抑制してください、3)子供の給食は北海道などの汚染されていない食材を使ってください(子供と土地は郷土の宝です)です。

個人レベルでは、1)ホットスポットの面積が小さいので、できるだけその場所から引っ越しをすること、2)買い物やレジャーに行く時には汚染されていない場所に行くこと、3)付近で線量率の高いところを避けることができるようにマップを作ること、です。

法律的に言えば(放射線防護の法律。もし自治体の人で法律を知らない人は武田に聞いてください)、0.5マイクロシーベルト以上のところはセシウムが4万ベクレル以上ある危険性が高いので、直ちに東電に電話してください、法律では事業者に次のような義務を課しています。

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/10/15/bandicam_20111008_225217554.jpg

スポット的に汚染されても「法律を守り、冷静、科学的」に対応すれば被曝を最小限に抑えることができます。児童は大人と違い、感度が3倍、被曝チャンス3倍で約10倍の被曝を受けます。岩手の方が一致協力して一関、平泉、奥州市、盛岡の子供たちを助けることを願っています。

(私はまったく弁明する気はないのですが、関西のテレビでの私の発言を報じた東北の新聞は、私の発言を正しく伝えてはいませんでした。私が知っている東北の人は口が達者ではありませんが、誠実で粘り強い人ばかりです。私がなんとか子供の被曝を減らそうとしていることを東北の新聞は伝えてください。間違いを報道して東北の人の感情をたかぶらせ、その結果子供の被曝が増えるのは決して東北の人の希望ではないと思うからです。一関の議会からも抗議が来ていますが、その根拠が「東北の新聞にこう書いてあった」ということなので、もしできましたらもう一度、私のテレビをご覧になって抗議をしていただければと存じます。)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月16日 20:48:55: 59y8J55ugA
話題が少しずれるが、横浜のストロンチウムの件。これって、すごくヤバイのではないか?市が二か所測って、ドンピシャで検出。100%の確率だ。つまり、関東はどこを測ってもストロンチウムは出るということ。

さらに、マンション屋上のストロンチウム90は195ベクレル(1キロg)。4月に文科省が飯館村で測ったとき、90は120ベクレルだ。自然濃縮があるとはいえ、横浜のほうが飯館村よりも高濃度で検出されている。

なによりヤバイのが水道水だ。ストロンチウムは水溶性なので、水道処理施設では除去できない。そのまま水道水に入ってくる。それを赤ん坊から老人まで毎日飲んでいたわけだ。水道局は、ヨウ素とセシウムしか測定していない。これらは水溶性ではないので、比較的除去しやすいが、ストロンチウムはそうではない。

今回横浜で検出されたとき、さすがにマスコミでさえも「微量」、「健康に害はない」という枕詞を付けていない。世田谷のビン騒動は、この大ニュースの目くらましに使われた感がある。

もう一度いう。関東は、測れば、どこでもストロンチウムは検出される。3号機の炉心自体が爆発したというアメリカNRCの分析が正しければ、もちろんプルトニウムも大量に拡散されているはずだ。警戒を怠るなかれ!


02. 2011年10月16日 21:24:35: EF2Owu3KPN
岩手大農学部による岩手県放射線量マップ。本日更新。
http://news7a1.atm.iwate-u.ac.jp/~grass/radiation_iwate.htm

03. 2011年10月17日 04:54:52: YchnCFQqPM
セシウムのあるところストロンチウムあり、と考えるべきと思う。もちろん、関西地方なども降下しているがセシウム量自体低いのでストロンチウム量も低い。

04. 2011年10月17日 21:57:08: mAKWjxKjsw
新宿って柏レベル?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧