★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 596.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ドジョウ首相 着工済みは稼動容認「原発推進」なし崩し復活の最悪 (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/596.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 19 日 06:11:50: igsppGRN/E9PQ
 

ドジョウ首相 着工済みは稼動容認「原発推進」なし崩し復活の最悪
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-4030.html
2011/10/18 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ


依存度引き下げ表明は何だったのか

脱原発がどんどん遠のいていく。

野田首相はきのう(17日)の内閣記者会のインタビューの中で、原発の新増設についてこう言った。

「進(しん)捗(ちょく)状況が違う。建設が相当進んでいるものもあるので、案件ごとに個々に判断していく」

着工済みの原発は完成後の稼働を認める場合もあると、容認姿勢を明らかにしたのだ。福島第1原発事故から7カ月。今なお数万人が避難生活を強いられ、事故収束に程遠い状況の中で、一部とはいえ新増設容認発言とは驚くべき無神経ぶりだ。
首相就任以来、野田の原発発言は後退の一途だ。9月の所信表明でドジョウ首相は「原発への依存度を可能な限り引き下げる」と明言したくせに、訪米直前の米紙のインタビュー(9月20日)では「来年夏の再稼働」に言及。国連演説では「原子力の安全性を最高水準に高める」「原子力の利用を模索する国々の関心に応える」と、原発輸出の継続を強調するありさま。そして、今回の容認発言である。
依存度を下げると言ったのはウソだったのか。これでは、なし崩し的に原発が復活していくことになりかねない。その先に待ち構えているのは、さらなる不幸である。元京大講師の荻野晃也氏がこう警告する。
「福島第1原発事故でこれだけ大きな被害を出しておきながら、なぜこんな発言が出てくるのか。原発が稼働している限り、地震、津波、ヒューマンエラーなどで次の事故、トラブルが必ず起きます。もぐらたたきの繰り返しになってしまう。なぜ、ドイツのようにスカッと脱原発路線に踏み切らないのでしょうか」
ハッキリしているのは、野田の頭の中には、明快な新エネルギー・ビジョンなど、まったくないということだ。あるのは安定した政権運営だけ。この男には、脱原発などありえない選択肢なのだ。
「菅前首相は“脱原発”に踏み込んだため、原発推進勢力から猛烈なバッシングを受けた。閣僚として身近に見た野田首相は、その二の舞いは繰り返したくないのですよ。財務官僚の根回しもあり、原発推進では財界と考えが一致しているとみられる。安全性強化を強調して原発を存続させ、停止中のものも来年には再稼働させていくつもりですよ」(政界関係者)
作家の金原ひとみ氏が東京新聞(10月11日付)に「制御されている私たち」という一文を寄せ、こう指摘している。
〈私たちは原発を制御できないのではない。私たちが原発を含めた何かに、制御されているのだ〉
社会全体が制御されたままでは、再び災禍に見舞われることになる。住民投票で原発の是非を問おうとする動きも出てきた。原発問題は、もはや政治家任せにはできない。国民一人一人が声を上げていかなければ、安全な国はつくれない。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月19日 09:43:02: xpqRhr8Lm2
ドジョウ内閣は掴まえ所がなく、問題を先送りして政権を維持する内閣なのでしょうか?

02. 2011年10月20日 13:02:19: sgolhP60mA
野田も悪いが、民主党全体が悪い。
その証拠に、野田の発言を批判する言葉が党内から上がらない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧