★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 612.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
NHKの報道(2011年10月17日あさイチ)  武田邦彦 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/612.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 19 日 13:37:50: igsppGRN/E9PQ
 

NHKの報道(2011年10月17日あさイチ)
http://takedanet.com/2011/10/20111017_a8aa.html
平成23年10月18日  武田邦彦(中部大学)


映像は人の心や判断を決めるのにとても強い力があります。特に、特定の思想で国民を洗脳するときには映像は大変な武器になるので、歴史的にも多くの重要な場面で政治に利用されてきました。日本ではNHKがもっとも歴史も深く強力な映像を提供していますが、NHKはもともと1920年代に誕生したもので、戦後、今の形になっています。

NHKの設立の目的はまだ日本が貧困で、情報が極端に少なかったので、全国津々浦々に電波を届けるということでした。もちろん、地上波テレビ、BS、CS、ネット、携帯電話、iPhoneなどができた今日、NHKがその設立の目的を失ったのは明らかですが、一度できた組織は簡単には無くなりません。

でも、NHKが「良い番組」を提供してくれれば良いのですが、本来の目的を失った組織が「良い番組」を提供するというのは至難の業で、NHKの番組には理解できないある特徴があります。それは「放送の素人のような内容の番組を作る」ということです。その典型的なものの一つが2011年10月17日の朝に放送された「あさイチ」という番組でした。

番組の内容は福島と福島以外のいくつかのご家庭を選び、そこで1週間にわたって食べた食材のベクレル(汚染度)を測定して放送するというもので、放送の結論としては、1)福島の家庭がもっとも食材の汚染がすくなかった、2)気にすると被曝して気にしないと被曝しない、というものでした。

・・・・・・・・・

この番組は、1)学校で平均値と個別の値の関係を勉強しなかった人、2)因果関係を考えることを知らない人が制作し、3)映像のもつ力を理解していない(もしくは悪意のある)人が指導した、ということになるでしょう。

たとえば、3年A組の平均身長が160センチ、3年B組が165センチとします。でも、A組でも背の高い人は180センチあり、B組でも背の低い人は150センチの人もいます。だから、A組から一人だけ、B組から一人だけを選んで写真を示し、「B組は背が低い」と言ったのとおなじなのが今回のNHKの「あさイチ」です。

福島から一つ、放射線の無いところから一つの例を出して、結論を出すなど言いようの無いほどひどい番組でした。

映像で断面を切り取ることは印象を深くするのに大切ですが、それを示すときには合わせて統計的なデータを示す必要があります。あまりにひどい番組であることはNHKも知っているので、大学の先生を出して「私が先にやりたかった」と言わせるところなど、とても作為的です。このような手法をとれば、集団の一つを選んでなんとでも言えます。

福島の家庭には汚染されていないものを、遠く離れたところのものは福島のものを食べさせたのか、あるいは九州の原発から放射性物質が漏れていると言いたかったのかと考えられます。

次に、「因果関係」を当たらなければなりません。つまり、「汚染された畑からとった野菜がなぜ汚染されていないか?」ということです。すでに学問的には「移行率」、つまりどのぐらい汚染されていたらそれが植物にどのぐらい移るかという研究があるのですから、「汚染されている畑でとれた野菜が汚染されず、汚染されていない土地のものが汚染されている」ということはあり得ません。もし、放送があったように福島の野菜から放射性物質が検出されず、汚染されていない地域から検出されたなら、慎重に調べなければなりませんので放送できないはずです。

また、映像というものを扱うときには、平均値と個別の値、因果関係などを正確に調べ、さらに映像を見る人に間違った印象を与えないように万全の注意をしなければなりません。これは放送法で3条で、{三  報道は事実をまげないですること}と厳しく定められているからです。私もNHKに出たことがあるのですが、放送の前後にかなり厳しく事実関係を調べ、論理の整合性をあたります。もちろん、この番組もしているでしょうから、意図的であることが判ります。

さらに、「気にしていると被曝する」と指定ましたが、このようなことを放送するのはきわめて悪質です。たとえば、台風報道、インフルエンザ報道など危険が迫ってくる場合、「注意すること」が被害を減らすことにつながるからです。これからNHKは台風報道にさいして、「注意しない方が安全です」と言わなければなりません。

以上、この放送はまったくひどい放送で、なんの参考にもなりません。NHKが故意に子供に被曝をさせようとしているとしか解釈のしようがありません。またネットなどに出ている説明ではカリウムの放射線を小数点8桁ぐらいだすなど、専門家が測定した結果ではないことを示しています。これでNHKに受信料を払えといっても無理というものです。

       ◇

NHKの本気を見た!福島産の野菜を使って食事を作る⇒0Bq 福島産以外を使うとセシウム検出【あさイチ】
2011年10月17日  日々雑感
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48865830.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月19日 14:44:26: mAKWjxKjsw
放送業界の就職試験をうける人はまずNHKを受けて、落ちたら民放に入る
んだから、NHK社員は東大が多くって、霞が関に友達がいっぱいいるんだろう。
BSはまだましだと思うよ、目が海外に向いてるからだろうか。
それとも、BS見る人をちょっとは知識のある人だと想定しているのか。

02. 2011年10月19日 14:59:46: pZ4CHUghM2
NHK、勿論見なかったけれどもよく指摘したくださいました。

03. 2011年10月19日 15:37:50: 03bw0jfJsI

私はNHK解約してるが、ある人の ”つぶやき”
でもなにも考えずに受け取ると、すんなりと受け取れるつくりで、良い番組に感じる。スタッフはみんな誠実そうだし明るい
この誠実そうにみえるあたりや良い番組に見える処うが、、、ヤバイんだなぁ

04. 2011年10月19日 16:42:44: QiD7e8R01Y
翌日のテーマにセックスレスを持ってくるあたりに作為的なものを感じる

05. 2011年10月19日 16:51:21: 4rAB0nup5M
某所から転載です


188 名前:可愛い奥様 [sage] :2011/10/19(水) 10:35:25.32 ID:N8BWsFxs0
あさイチの件だが、番組後半で「ゲルマニウム半導体検出器で計測した値から環境放射線量の分を引くから0やマイナスになる事がある」って説明してたね

ゲルマニウム半導体検出器って外部からの放射線が混入しないように内部を10cm以上の鉛で遮蔽してるのに、環境放射線量を引くってどういうこっちゃ?

そういうおかしな事してたら、そりゃ福島の食材の計測値が0ばっかりになるはずだわ
一日だけ数ベクレル出た他のところも、産地偽装食材をつかまされてて、実際はこの「おかしな引き算」をしない場合の値は数ベクレルどころか数十〜数百ベクレル出てたんじゃないの?

計測担当した首都大学の福士はもろ御用学者なので、別の中立な検査機関で同じような実験を定期的にやるべきだと思う
環境放射線の分とか言って余計な引き算をしないところなw



番組観なおしてみたら、確かに終わり部分で上記のようなおかしい説明が入っていました。


06. 2011年10月19日 17:12:33: E4bT3Bpr2w
賽の河原の石積みの山を蹴り壊す地獄の鬼が如く、室井佑月が「あさイチ」をガタガタにしてくれることを希望します。


07. 2011年10月19日 17:18:14: QiD7e8R01Y
放射能は心配しすぎ、セックスレスは深刻な問題です。っていいたいのかな?オープンに話せないといけないのは放射能のほうだろに


3Sの一つはセックスでしたね。


08. 2011年10月19日 17:52:10: vhwp4hcvfM
>>06 室井佑月の前段には笑った!
9月30日にNHKで放送された『首都圏 放射能汚染 〜不安にどう向き合うか〜』
室井佑月が出演していて、賽の河原の石積みの山を蹴り壊す地獄の鬼が如くか?
まぁNHKの意向をうまく壊していたね
生放送で、地デジでアンケートをリアルタイムで取っていた結果は以下です。
(1)国の定めた食品の放射性物質の暫定基準
 信用できる:25%
 信用できない:64%
 どちらともいえない:11%

(2)米の放射性物質検査はどこまで求めますか?
 自治体:12%・・・生産地の代表的な田んぼや
           集荷場の米のサンプル検査
 生産者:36%・・・生産者が自主的に自費で行う米のサンプル検査
 全ての米:52%・・・全量検査
           (特に子供が毎日食べるものだから)

(3)食品の放射性物質の量の表示
 必要:83%
 必要ない:12%
 解らない:5%

現在の放射線量測定法や暫定値も、ことごとく視聴者は信用していないが多数になった
GJ!室井佑月


09. 2011年10月19日 18:02:00: vhwp4hcvfM
>>08へ追加です。番組は首都圏スペシャルで他地域では放送されていなかった。
http://www.nhk.or.jp/shutoken/special/
興味のある方はご参照ください。
   

10. 2011年10月19日 18:11:53: tRdNTeoJ5o
これは報道ではなく政府=国営放送による印象操作番組、放射能なんて無いよショーです。

11. 2011年10月19日 18:30:16: aakvlBAPYg
最近NHKによく出るようになったみたいだけど、安斉育郎先生、残念です。
疑うことをさまざまな材料を用いて常に説いておられたあなたは一体、どこにいってしまったのか。
反原発集会で登壇されているようなあなたがこのような番組にも出ていることが残念でたまりません。
ご自信の立場の大きさをよく理解されたほうがいい。

12. 2011年10月19日 19:09:19: 03bw0jfJsI

耳より情報です。
 中古車の購入時や、紙幣、衣服などの表面汚染度を調べるなら、α、β、γも検知できるパンケーキ型GM管搭載の(米製:inspector+)空間線量のγ線も地表β線CPM値も計るなら、パンケーキ2個搭載の(ロシア:RADEX1008)なにしろ正確なγ線を知りたいなら(国産:シンチ)
10月16日 » TOHRU_HIRANO 平野 透:デザイナー
@ 何人かの方からの質問の件ですが、線量がそれなりに高く、ある程度は正確なγ線の数値がわかり、β線も拾うなら(ウクライナ製:TERRA)線量は心配ないので、数値は目安を知りたい、側溝、砂場などのホットスポット探しがメインなら(ロシア:RADEX1503)のガイガーカウンター(続く
10月16日 »
TOHRU_HIRANO 平野 透:デザイナー
ご質問の件ですが、被曝は外部+内部の合計。例えば空間線量が(0.09μSv/毎時)なら、×24時間×365日=(年間の外部被曝量:0.79mSv/y)これに呼吸+食物などの内部被曝が加わるので、×3= (およその年間総被曝:2.37mSv/y) " @KTa_brasil

福島の子供の甲状線量も、その時その時の条件で変化する、環境放射線量 を引きながら出していたので、不正確な値しかでないと、おしどりマコさんが書いていましたネ。


13. 2011年10月19日 19:27:00: zW4Aqg0BrM
だが 苦しんでることも
これがわれらの不幸であることも われらは知らない
(エドウィン・ミュア『不在者』コメンター超訳)


14. 2011年10月19日 20:12:09: Q2Kx32BWHb

NHKの放送みました。
武田先生のご意見は頭ごなしの批判で
ひいてしまいます。
確かに問題ある内容かもしれませんが、
ひとつの取組として意義も多少なりあったのでは
ないかと思います。
NHKもかなり謙虚に伝えていたように
受け取りました。

15. 2011年10月19日 21:10:20: WBkIfqFolA
>14

 そりゃ、原発マフィアには意義あるだろ。(失笑)

 


16. 2011年10月19日 21:35:55: WBkIfqFolA

 原発、放射能汚染の事など忘れてセックスに励めや。

 これが国民奴隷化装置、NHKのメッセージだろ。

 

 


17. 2011年10月19日 22:06:04: ZOlPqnTMV6
たまたま見た。
全く非科学的でひどい内容だった。


江戸川区の人のコメントは、台本があったとしか言いようがない。風評被害にだまされるなと印象つけるに十分効果的な演出だった。
完全なやらせ番組だと思う。
悪意を感じた。

逆立ちしても、汚染がゼロのはずないじゃないか!


18. 2011年10月19日 22:25:36: WBkIfqFolA

 口蹄疫や鳥インフルじゃあんだけバカ騒ぎして、パニックを煽ったクセに

 原発事故では、「風評被害」を嘯いて国民の被曝を拡大しているマスゴミ。

 こいつら犯罪者には徹底抗戦するしかない。


19. 2011年10月19日 22:53:13: JrPYjVYQO2

もしも福島の人の食べた食品の汚染度が高かったら番組にならなかったのでは。

20. 2011年10月19日 23:33:55: C7pZ2HQYAI

確かに19さんが言う通り、放射能数値が高いと番組にならないのですよ。
元々NHKは日本国の放送局ではないので
見ません!

21. 2011年10月19日 23:39:01: A4GQ7o9O02
NHKでは、必ず台本があります。
しゃべる内容も予め決められています。
その点、生放送の室井さんに期待したいです。

22. 2011年10月19日 23:50:59: m4DeACTjsY
日本中に放射能を拡散させる
N   H    K

23. 2011年10月19日 23:56:09: x5rjPNE3W2
>>14
> 武田先生のご意見は頭ごなしの批判で
> ひいてしまいます。

人間、引くことも時には大切だけど、
そういう、引いちゃいけないとこで引いちゃうクセがついてるから
物が見えなくなってるんだろね。
残念だね。
もっといろいろよく考えた方がいいよ…。


24. 2011年10月20日 01:15:49: jhH8flUeak
番組を見て誰か記事を投稿してくれないかと思っていましたので、投稿していただいてよかったです。お前が投稿しろという声があがりそうですが、投稿するにはもう一度番組見て正確を期さねばなりませんので、ちょっと時間が取れませんでした。

この番組、ヤラセじゃないかと思われるひどいしろものだと思います。
一週間に食べた食事に含まれる放射能値を数家族について比べるという企画。
福島県で販売されている食品を無差別に食べている家族と、自分の畑で作った野菜を食べている郡山の家族とが、放射能不検出。
他方、西の食品のみを食べていた東京の家族や、大阪の家族が検出。たしか、北海道の家族も検出されたと思う。

このうち、西の食品のみを食べていた東京の家族は、福島その他の結果を見て、これからは西の食品を選んで食べるのは止めて、無差別に購入した食品を食べるという内容の発言をします。

また、番組の最後の方で、この番組を見た視聴者からの声を紹介しますが、その中でも、これからは福島のものを食べますという声を紹介します。

つまり、放射能を心配して西の物をたべるようなことをしないで、福島のものを食べましょうという宣伝番組になっているのです。
何という犯罪的な番組でしょう。

番組の中で、安斉氏は、これはほんの一例なので、これを見て全体を判断することは適当でない、というような発言をさしはさみ、NHKの解説委員?氏も、似たような注釈を加えます。それらは、番組の公正さを印象付ける作用をしているように思われます。

しかし、安西氏も、解説委員氏も、当然の疑問を何も提示しません。
すなわち、日頃の食品汚染調査の汚染食品常連である福島の食材を食卓に乗せると放射能が検出されなくなるという結果の不思議さです。また、汚染食品の報告のほとんどない大阪では、逆に食材を食卓に乗せると放射能が検出されるようになるという不思議さです。もっとも、そんな発言をしたなら、安斉氏も解説委員氏も、番組に二度と出ることができなくなるかもしれませんが。そういう疑問を出すということは、この企画自体の不当性へと及ばざるを得なくなるからです。

とにかく、北海道、大阪、そして西の食品だけ食べている東京、それぞれを相手にして、福島の二家族が大勝利を収めるという、まこと不思議な現象を紹介して(作り上げて?)、最後に、これからは福島のものを食べるようにしますという視聴者の声を紹介するのだから、まこと政府広報放送としてのNHKの本領が遺憾なく発揮されたと言わねばならないでしょう。


25. 2011年10月20日 01:45:44: YpWj6COnxQ
>2)因果関係を考えることを知らない人が制作し、3)映像のもつ力を理解していない(もしくは悪意のある)人が指導した、
>「因果関係」を当たらなければなりません。
喫煙率の推移と肺ガンの発生数のグラフだけ並べて、”喫煙と肺ガンは関係ない”なんてトンデモ論を展開する武田某とかいう学者がいましたね。喫煙から発ガンまで十年以上の潜伏期間があるはずだし、母集団の条件(年齢・性別・喫煙の有無以外の生活習慣など)を同じとして比較しなければ無意味なはずですが、統計データの使い方の知識がないのか、あるいは、”喫煙と肺ガンは関係ない”の結論のため、一見相関関係があるように見えるデータをこじつけたとしか見えません。

>慎重に調べなければなりませんので放送できないはずです。
この武田某氏は、世田谷のラジウムの件で「哀しい事実と、国や自治体のウソがまだ続いています。世田谷で1時間あたり2.7ミリシーベルトが観測されましたが、道路の脇の藪の傍で、当然、死の灰の性質からいって予想されることです。 」
などとブログで書いておきながら、ラジウムだと分かると、
「世田谷で1時間あたり2.7ミリシーベルトが観測されましたが、これは付近の住宅にラジウムなどを保管していたためとされています。」
と、ブログをこっそり書き換えて知らん振りですね。
彼はこの勘違いから「国、自治体、専門家、NHKはまったく頼りになりません・・・自治体やNHKを排除することがポイントです。」と非難し、そして謝罪もなく抹消されている。
勘違いで他人を非難しておいて、勘違いが分かったらだんまり・・これが大人ですか?
「無理矢理、関東、福島の野菜を食べさせるために、汚染されていない各地の野菜を出荷しないように圧力がかかっています。」
こんな根も葉もない嘘を平気でつくなど、「学者」とは思えないですね。

こんな不誠実な「学者先生」「服を着た風評被害」を、私は絶対に信用できませんね。彼の言葉を有り難がる信者がいるのが驚異です。


26. 2011年10月20日 02:00:59: 1rrTqyQGMk
安斎は一貫してICRPの手先だ。
阿修羅検索して考えればすぐ分かる。

27. 2011年10月20日 03:09:27: vrnvUj8ffk
 
ろくな業績・実績もなく、武田氏に嫉妬している研究者モドキは人間失格、
存在そのものが、みっともないですね。
東電債NHKのデマ報道は、もはや刑事告発対象ですので、証拠ブツをしっかり録画・保存しておきましょう。

 


28. 2011年10月20日 06:24:15: GQAmX9gBwg
<あさいち>は男性司会者の柳沢さんが好きでよく見ます。
柳沢さんは放射性物質による汚染問題に積極的で、(Eテレの番組等)
NHKのなかでは信頼しています。
ニュースセンター9時を担当していた時も
今の大越氏とは雲泥の差でした。

只、あの日の番組では驚きました。
福島産の食品だけを摂取している人の方が
数値が低いなんて結果は、視聴者には不自然としか映らないでしょう。
NHK側の作為しか感じられません。
室井さんをコメンテーターにしている事だけが救いでした。

翌日のフジテレビでは、女性コメンテーターが泣きながら福島のものを食べます、
小さい子供がいて食べられない人の分まで私は食べますと発言し、
デーブスペクタ氏が私も食べますと宣言していた。
いよいよマスコミが福島の農産品を食べようと大宣伝を始めたのかと思う。

武田先生がとり上げて下さって良かった。


29. 2011年10月20日 08:04:37: CREzSywElw
見てないけど、足りない国民を、マス【ゴミ】TV電波がいつも洗脳してきた。今後も続けるだろうし、バカな国民もそろそろ自分の頭で考えるだろうし、猿じゃないんだから。

30. 2011年10月20日 08:35:19: WWPdCisWSY
私はこの放送を見ていませんでしたが、60代の母親が見ていました。

母親は、この放送を見て「福島が一番低いんじゃ、産地なんか気にしてもしょうがないってことだったんだね。」なんて恐ろしいことを言っていました。

間違いなく国と放送局がタッグを組んで汚染食品を国民に消費させようとしていますね。国、東電の賠償負担を少なくさせるために。


31. 2011年10月20日 08:50:36: k3nzYl0Obw
私の周りで聞こえてくるのは、
「政府・東電・テレビ・新聞情報何も信じられない」という人がほとんどです。

秋用ガーデニングの土・腐葉土を買いに行ったら、そこの店員(チェーン店)でさえ
「セシウムゼロではありませんが、我が社の朝礼では
1.放射能検査済みと説明すること、
2.人体に影響はないと説明すること・・
と教えられています」と話された。

自分で一つ一つ熟慮しながら 土も種も食材も選ぶしかありません。
未だにNHKのような子どもだましな番組なんて 誰も本気で見ないのでは。
私方、NHK受信料払ってないので、この番組見てもいません。


32. 2011年10月20日 09:15:38: mAKWjxKjsw
この番組たまに山本太郎さん出てるよ。

33. 2011年10月20日 09:23:19: GB1y72Cjic
NHK? NHK?

放射能も怖いが、放送能もこわーーい。

NHK受信料を払わずに、民法だけみる方法、  教えて。


34. ももん爺 2011年10月20日 09:54:50: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
>>14
> 武田先生のご意見は頭ごなしの批判で
> ひいてしまいます。

多くの方の発言聞いてみますと、確かにあなたの言うように「ひいてしまう」と言いたいものもあるでしょう。

しかし、そのなる理由は?  原因は、あなた自身の「心のあり方」にあります。

あなたの感じ方、考え方の許容する範囲内の情報だけでは「進歩」が生まれません。ご自身の持っている意見を再認識しているだけでは「進歩」もなければ、「ひいてしまう」というような心の動きが生まれません。

「引いてしまう」という心の動きを感じたら、それは「あなたが無意識に受け入れたくない情報」があるからです。

ということは、取りも直さず「あなたの心の中に、受け入れたくない真実の収めるべき真空地帯がある」ということなんです。

その真空地帯を埋め合わせて無くすことが、人間として成長することなんだと思いますよ。

子供が成長して大人に成るには、時々刻々と「心の痛み」を克服する必要がありますが、これが「勉強」ということなんです。こどもは勉強がきらいですよね?

お節介なこと、書いちゃって済みません。

NHKの放送は、偏向報道が目立ちます。とくに反原発、脱原発、TPP、小沢の政治とカネ、そして番組制作費の節約です。

番組では、「なぜ、日本人の出ない大リーグをみなけれればならないの?」「なぜ、アメリカのバスケットのリーグ戦を放送するの?」、「なぜ、名作でもないハリウッド映画をやるの?」、「はぜ、韓流ドラマ?」、なぜ?、なぜ?、なぜ?。

きりないなぁー。


35. 2011年10月20日 10:04:13: GB1y72Cjic
>28さん。

ほんとに恐ろしい時代になりましたね。

でも、言わずもがな、って言うこともあるかも。

放送、見てませんので間違ってる可能性が高いのですが、福島の人は「被災地近くの食品」は一切、避けているっていう報道かも????


36. 2011年10月20日 10:22:32: PV9mgxFbAL
各TV局は無試験入社で在日韓国朝鮮人の採用を毎年 続けました。
もちろん在日朝鮮人たちは日本戸籍をとり日本名で入ってきます。
いわゆる「なりすまし日本人です」。
その在日韓国朝鮮人社員が昇進して、主要な報道番組のプロデューサーや報道局長
など1980年以降、決定的な権力を持ったポストに、つき始めました。
すなわち、在日韓国朝鮮人に各TV局は、乗っ取られていると云う事です。
その証拠に、韓流ブーム捏造と韓流ゴリ推しTVが、繰り広げられています。

それでは何故テレビ局が在日韓国朝鮮人の指示で動き支配されたのか?
1960年頃、テレビ放送で朝鮮人に対してうかつにも侮蔑的な事を言ってしまい、
その事に対して、朝鮮総連から、会社及び経営幹部に対し 、脅迫的な抗議行動がくりかえされました。
彼等はヤクザまがいの風貌で自宅にまで押しかける始末だったと言います。

朝鮮総連の手打ちの条件は、社員募集の採用枠に在日朝鮮人枠を数名設ける事でした。
恐怖を感じていたTBSはそれ以降、無試験入社で在日韓国朝鮮人の採用を毎年 続けました。
この脅迫で味をしめた朝鮮総連は各局のテレビ局をTBSと同じように
因縁をつけて脅し、在日枠を設けさせたのです。NHKも同じです。
こうして在日韓国朝鮮人のなりすまし日本人によって日本のテレビ局が支配されました。


この人達はテレビ、広告代理店の電通、新聞、週刊誌、一流企業、政治家など日本の中枢に入り込んで、日本を弱体化させていってます。TV、 新聞、週刊誌は韓国の不利になるような情報は一切流しません。管直人、小沢一郎、仙石、輿石幹事長みんな帰化人です。国会議員90人以上が帰化朝鮮人です。


37. 2011年10月20日 10:42:48: GXXKNE7VKY
武田先生よく言ってくださいました。私も番組をっ見てすぐにNHKに電話し抗議しました。しかし例により番組担当に伝えますだけで何の反省もありません。
NHKの問題
1.全く責任感がない
  これはもう傷害幇助罪と言う犯罪行為だ。この番組を見て福島産の物を子供に  ジャンジャン食べさして数年後癌を発生した子供がいてもかわいそうですねと
  報道して終わり。
2.見たくなくても受信料をとる
  国民に選択肢がない。貧乏人も金持ちも同じ料金。かなりの人が収入の5%を
  NHKに払わねばならない。税金以上に酷なことだ。
3.政府の広報である
  皆様のNHKはとうの昔に放棄、アメリカ様のNHKだ。
反省させるには自動引き落としをやめる。皆様のNHKではなく放送法違反も平気でやるのだから今果たしている通り国の広報として国の予算で運営する。



38. 2011年10月20日 10:45:11: A4GQ7o9O02
日本列島の生物相は、昔にさかのぼれば全て大陸起源のものばかりです。大昔、日本列島はアジア大陸の一部でしたから。

39. 2011年10月20日 10:57:09: aakvlBAPYg
この情報戦の時代にどうすれば生き残れるのか。
依存型メディアから自立型メディアへと乗り換えるしかもうないですね。
まわりに乗り遅れている人がいたら助けてあげましょう。
何よりもマスメディアを疑う習慣をみんなで共有していくことが、何よりも強い。
おかしさに気付いたら次は気付かせる立場にまわりましょう。
ネットで得た情報を噛み砕きまだ「平成の大本営」の中にいる人を引きずりだしましょう。できるだけ身の回りの人間関係でこれを実践していきましょう。

リテラシーを高めずにテレビ新聞の情報を受けることはもはや害悪でしかありません。

もう一度言います。

マスメディアを疑うことを共有しましょう。お子さんからお年寄りまで、みんなで。


40. 2011年10月20日 11:58:54: MwOwveZOMk

全ては8〜10年後に分かります・・・。

癌センター、成人病センターが予約が取れない状態に・・・。

ロイケミー(AML、CML)、マリグナントリンフォーマ、そしてクレブス・・・だらけの東北、関東。

中部も大丈夫だろうか・・・。


41. 2011年10月20日 13:22:02: NIKu3GlYqU
自分の嫁が見ており、まんまと信じております。
というよりも、安全な食材を探す事に疲れきっているので嘘でもいいから信じたいというのが有るのだと自分は思います。

当然武田先生他皆様おっしゃるように(自分は見てないですが)放送の内容を聞けば、そんなバカな事は無いだろうと感じます。
NHKだけでは無く日本のマスコミの情報は、本当に信用できないのだなと痛感しております。
ネット上の規制がゆるいのがせめてもの救いでしょうか。
武田先生以外の専門家、科学者等も、是非検証して頂きたいものです。

そういえば先日関東で今迄検出されていなかった放射性物質が検出された件では、民間調査業者の調査だった気がします。

おかしな意図を持って発信される情報ではなく、本当の情報が欲しいと切に願います。


42. 2011年10月20日 13:28:38: Gz7KwLcpDA
とりあえずテレビの制作の仕事をしています。

 あさいちのこの回は 録画をしていて見ました。私は 爆笑しましたが
妻は激怒していました。なんかこう 最初から結論があったというか
シナリオがあったんでしょう。
 番組開始から 室井さんは 終始厳しい表情でした。ドライリハで
結論を知っていたのでしょう。番組中も 表方の有働さん イノッチの表情は
困惑した感じでした。

 一方で出演されている一般のお方も アサイチの会員から選ばれたのでしょう。
制作する場合 出演者の選定 特に一般人に気を使いますというか
この手の番組には出演していただけません。まあかなり番組の趣旨に
理解のある方が 献身的に出演・頑張ったのでしょう。

 である仮定をしてみます。
あの福島の家庭が ダントツに高い数値をはじき出してしまったら
放送ができたでしょうか?それを考えると kの結果だから放送できた
若しくは 結果が最初からシナリオとして組まれていた???

 次の日の番組の冒頭 有働さんが挨拶で
「嘘偽りのない あさいちです」といっていたのが反響の大きさを
物語っていたのでしょう。


43. 2011年10月20日 13:35:53: 03bw0jfJsI

マスコミに加え、インターネットで沖縄発になりすましtwitterから、韓国、中国脅威論を発信させます。韓国でも反日世論工作も同時に行います。エコノミックヒットマンは領土や愛国心は道具として利用しますが、実際に興味があるのはお金と支配です。沖縄は基地利用と武器購入を日本が手伝ってくれれば、日本の領土でもかまいません。彼らはインターネットが大きらいです。ネットでは地球規模で真理追究の情報が共有されます。ネットでの911の真相解明には手を焼いています。日本では放射能汚染に目を向けさせ、ネット規制案、共謀罪、TPPを一気に可決します。アメリカでは反テロ法と愛国者法でアメリカ市民を奴隷にしました。日本市民は寝たまま奴隷にします。全人類の奴隷が究極目標です。

まずは「汚職」「不祥事」「スキャンダル」(女性関係、痴漢行為)で失脚させます。シナリオはマスコミと検察に作らせます。エコノミックヒットマンの邪魔者を失脚させることが目的です。(古いところでは田中角栄首相、エコノミスト植草一秀氏、最近では原発安全性を唱えた佐藤栄左久前福島知事などなど)。
政治家、ジャーナリストを「自殺」「急死」させることはしょっちゅうですが、エコノミックヒットマンの追求(お金の流れを追及)をはじめると暗殺もやります。


44. 2011年10月20日 14:05:51: N99hlALTwE
今の時代、NHKは不要だ。廃止すべきだ。NHKがヤクザ如く「受信料」という名目でカツアゲや偏向報道し続けるとは、彼らは犯罪者でしかない。彼らを生かしておくことは、国民の為にはならない。教養番組などはまだしも、NHKの報道や解説を信じていると、庶民は知らぬ間に殺されてしまう。何を言おうとも、彼らは権力提灯持ち報道機関に過ぎない。

それにしても、あの緊張感のない、間抜けな面構えし、前時代的公務員然とした印象のアナウンサーや司会者自身は、自身のいい加減さ無責任さ倍国土的対応に申し訳ないとかペナルテイ賭けて戴いてもよい、という思いになどならないのだろうか。


45. 2011年10月20日 14:48:44: Tor6W2vftA

 NHK = 日本変態協会 だね。

46. 2011年10月20日 15:01:43: QkJa4sUx3k
NHKを潰すのは簡単です。
見なければよい。なら、払わなければよい。
そうすれば自然に潰れます。

なのに、いっこうに変わらないではないですか。
と言うことは、多くの日本人が、NHKは必要だと思っているのです。
ウソを付かれても、意図的な報道をされても、それを善しとする日本人が一杯ならしょうがない。

ウソだらけのTPP報道が津々浦々に流れて、ずっと後で「そんなー。」っていうのでしょう。何やら原発と同じようだ。一人一人が変わらなければ何も変わらない。だが、変わらなければと言う方が周囲にどのくらいいますか?。

メディアが向こう側にいる以上、変えるには、彼らの収入を絶つ事しかない。新聞は止めろ、TVを見るな、これしかない。


47. 2011年10月20日 15:07:03: tCXlt7Pj0k
NHKの偏向報道、検察・裁判所リーク垂れ流し報道、大手記者クラブと同じスタンスなら、少なくとも「民営化」して自分で運営資金を作ることから始めなさい。

経団連・創価などのスポンサーがないはずなのに偏向民営放送局と変わらないスタンスであるならば既存の放送局より存在意義がありません。

少なくともN9大越健介のような超偏向キャスターは即刻降板させるべきです。
彼の姿勢は小沢氏冤罪事件の積極的な加担者です。みのもんたクラスの悪人です。


48. 2011年10月20日 16:47:51: 03bw0jfJsI
団塊世代の協力 (Unknown) 木下黄太ブログより
2011-10-20 05:19:17
たいへんな活動いつもありがとうございます!私も微力ながら避難中ですので、スマホを片手に、授乳しながら(この母乳大丈夫?と不安をかかえながらメールや電話でいろいろといあわせています。

その反面、私の両親達は避難を理解してくれず、孫が遠くに引っ越して苛立っています。私からしたら、あんたの孫の命と自分の欲と
どっちが大事?といいたいですが。というか言っていてケンカになっていますが…。

そんな両親が、毎朝観ている朝の連ドラ「カーネーション」のあと
に流れる「朝イチ」をたまたまみて、さすがに放送内容に「なにかおかしい」と気付いたようです。
日本を支えてきた典型的な技術者ですので、サンプル数の少なさなど、そういった適当さが、NHK盲信世代のハートに疑念のをもたせてしまったようで。おかげで、きゅうに私に協力的になりました。

毎日、テレビみたりゴルフしたり時間たっぷりある
ので、瓦礫についても市にきいてくれたりしてます。
親の世代は、人数がおおいので、こちらがわについてくれると助かります。朝イチは、そういう意味で、皮肉にも、よいきっかけになったようです。


49. 2011年10月20日 16:53:52: Rn4eyZEmCM
武田さんは学者としてはかなり冒険されている。

しかし、このような差し迫った危機においてデータが揃うまでとか、
理論的に検証してとか言っていたのでは手遅れになる。

その意味で、たまに早とちりや勘違いがあってもやもうえない。
今現在刻々と事態が推移し変化している状況において学者として発信する
場合、どうしてもこうなる。

学者としての評価など関係なく、きちんと自分の考えを発信している
武田さんは偉い。
(といって、武田さんの考えを鵜呑みせよと言っているわけではない)

データを揃え科学的に検証し、合理的に行動したい人は、それまで
待てばよい。(原発事故のデータは不足、不備なので後10年ぐらい待とう)
そして、後は政府、マスコミの欺瞞につき合えばよい。

NHKは反日左翼の牙城であるので日本人の命などどうでもよいし
自民党も何も出来ない。


50. 2011年10月20日 17:15:17: Abq5vRXL1E
NHKは、年次改革要望書のことを一切報道しません。
日本人にとってとても大切なことなのに、意図的にスルーしています。
多くの国民が、この年次改革要望書のことを知っていないために、まともな政治判断が出来なくなっています。
国民にとって、とても大切な情報の報道をスルーするのが、公共放送の役割なのでしょうか!?血税や受信料まで提供しているのに、報道してくれないなんて、完全に裏切られている気持ちです。私は、この件からNHKに対してとても不信感を抱くようになりました。一体誰のための放送局なののでしょうか!?
年次改革要望書のことですら報道しないNHKです。ましてや放射能汚染の報道なんて、到底信じられません。

我々は、お金を巻き上げられ、騙されているだけです。
ほんとうにばかばかしい日本国です。


51. 2011年10月20日 19:33:59: Ev8zsHJ6XA
この間の日曜日、地デジ化が完了したせいか終わったと思っていたNHKの
”おじさんによる視聴料徴収”が久しぶりに来ました。

即、”うちは結構です”と言ってドアを閉めました。

本当に見ていないし、視聴料が取れなくて潰れてくれればと思います。
(まあ、そんなことにはならないでしょうが…)

一人暮らしになって以来10年以上視聴料は払っていないので
私はドア先で断ればいいですが、今まで払っていたのをやめるのは
大変かも…。
(引き落としの人は”口座を変えたい…”等で何とかならないでしょうか?)

それでも、”払わない”という選択をする方が増えて
国民の怒りを少しでも伝えられればと思います。


52. 2011年10月20日 19:51:44: 3pzJyybIjk
‐朝イチ‐朝からおふざけ!いい加減にしろ。

番組、つずけるならせいぜい、一般的な健康、ファッション、家計の知恵、etc。
チャラチャラ笑いを取りながら、放射能なんてやるな!被害は広がり、深刻な問題なんだ。

NHkが何であんな番組、あんな時間にやってるかずっと理解に苦しんでる。


54. 2011年10月20日 20:25:48: wbyNqRWwQM

戦後まもなく沖縄に放送局のあった進駐軍放送局VOA(ボイスオブアメリカ)がラジオで進駐軍やその家族向けに放送していたのが懐かしい。

NHKは国民の視聴料を使いVOA(ボイスオブアメリカ)の役目を果たす国民洗脳放送局であることが60歳過ぎてから判った。

マッカーサー元帥が日本を去るときに「日本国民の魂を抜いて帰国します」と言ったわけはこの事だろう。
読売新聞正力や今の大手マスコミ各社は戦犯から進駐軍に救われた関東軍諜報部員によって構成された電通によって支配コントロールされ思想、文化が統制された。

日本軍が米軍と争い、祖父母や父兄等の親族に多数の犠牲者を出したにもかかわらす米国に恨みもなく心象は大変良いのはこれらの報道やメデアや官僚、自民党政権によって巧みに脳内がコントロールされた為と思う。

占領後、米国に刃向かうことなく大人しく経済活動を行い復興してた陰に米国の支援があったとも思いますが、年次改革要望書の強制や金融資本等が押し寄せ日本の政治家を支配しながら国民の血税や経済・産業界の利益を奪って行くことは許せないな。

年金制度改革について。金が無ければ先送り後ろにずらすこと位私だってできる。
年金受け取りは70歳からとか財務省の狗でバカばかりの年金改革委員会みたいのが異次元の制度に切り替えようとしているし、大手メデアも異論を唱えることも無く税金が少なくなったから仕方が無いみたいに口を揃えて喧伝しているのはおかしいよ。

こういうことに気がつかない国民はホントに「おめでたい」
とは言えない長年騙されていた私だが、、、

日本の年金制度や社会保険、国民保険制度は世界に日本が誇れる制度と思っていたがそれを亡き物にする傾向だ。

TPP参加で大手会社、郵貯資金、年金制度や保険制度、食料商権、医療機関を米国資本に基金丸ごとくれてやるつもりだろう。

行政改革もせず、要するに米国資本家たちが利権としている税金には手を付けず更に利権を増やし権力弱者から税金を奪う考えが見え透いている。


55. 2011年10月20日 20:52:27: aIJAGStNaI
総務省から出ましたね「放射能影響」って 一番最初は4月29日です!!!
 明らかに隠していたのですね「枝野」「管」完全に殺人罪でしょう!
わかっていたことを報道せず隠していたのですから。 6っ月も
挙句には「除線をみんなでやりましょう!」ってお金?地方自治体でって?
「つまらん」   全部なし崩し
早く東京電力をつぶせ!!!

56. 2011年10月20日 20:59:57: SS2InQsuqU

53さん

>>高濃度の放射能汚染の危機は去ったのです。今程度の微量な放射能なら、健康に対して害にならないのです。

そのように断言されるからには、東電が公表していない、福島第一原発の正確な状況を、あなたは、ご存知なのですね?

「高濃度の放射能汚染の危機は去った」ということは、今後の新たな危機は、100%回避された、ということですよね。

ならば、そのように断言された真の理由を、たとえば、核燃料が今どこにあり、今後、かくかくしかじかという挙動を示す、だから危機は去った、安全であると、あなた一人の胸の内においておくのではなく、みんなにも教えてくれませんか?

また、今現在、なおも毎時1億ベクレルも放出されているという放射能は、地中や海水への放出も含めて、まもなく完全に止まるんですね? 
今後、核燃料を取り出せるようになるまで、10年以上も放出し続けたりはしないのですね?

魚介類の汚染も、心配する必要はなし、ということなのですね?


とはいうものの、三月の発災直後に放出されたのは、確か、今の放出量の800万倍もの放射能ですよね。

《レベル7》の高濃度放射能汚染がすでに生じてしまった、というのは、素人の私にも間違いないように思われるのですが? 
しかも、半減期30年のセシウムの影響が無視できるようになるまでには、150年くらいかかるのではないのですか?

あなたのご意見によると、私の認識は完全に誤りで、そもそも「高濃度汚染」という事実がなかった、ということなのでしょうか?

大量にばらまかれたセシウムをはじめ、最近になってようやく各地で検出され始めた危険な核種は、既にあちこちに散らばっていますよね。

「今程度の微量な放射能」とは、どの程度の放射能/どこの放射線量/セシウム汚染マップのどこの場所のことをさすのか、さっぱりわからないのですが.... 

やみくもに「洗脳」「洗脳」と繰り返すのではなく、もう少し、ていねいに、万人が納得できる根拠を具体的にあげて、説明してくれませんか?


57. 2011年10月20日 21:21:16: aIJAGStNaI
ホント
56さん言う通りです。

「洗脳」「風評」「国民目線」「想定外」「ただちに、、、」
新しそうな、、、普段使っていなかったような言葉で惑わして、本質からずれさせる。
 管直人を殺人罪で告発しなきゃいけないでしょう、前原を政治献金規制で告発
でしょう。
 あーーーーあ みんな忘れる「日本人」ですか。
だから言われるのでしょうか「従軍慰安婦で、、、」って終わった事を
忘れないようにしましょう!大切なことは!


58. 2011年10月20日 21:24:50: aIJAGStNaI
阿修羅を見ていない人に広めましょう!

「ぼろHK」の献金(受信料と表現するそうです)を辞めよう!って
早くつぶれれてもらいましょう
 ぼろHKには。


59. 2011年10月20日 21:58:56: FHVyh15Kso
玄海原発の再稼働に際して、佐賀県知事の関与が問題になっているけど、
NHKの7月9日に放送した「シリーズ原発危機 第3回徹底討論 どうする原発 第一部・第二部」では、
冒頭、NHKの取材カメラが佐賀県知事室に入り、県知事が手紙を読んでいるシーンから始まる。
カメラは県知事の背後に周って佐賀県知事の肩越しに知事が読んでいる「手紙の内容を写し出す」。
手紙には、大きく達筆で「自分は工場経営者だが、このまま電力供給に不安があると、工場を海外に移転させざるを得ず従業員の雇用を奪ってしまう。なので、原発を稼働させて電力供給を安定させて欲しい」と書かれている。
県知事は「このように原発が必要だ、という意見もあるんです」と語っている。
この一連のやりとりが、番組の初っ端に入っている。

この時期は、菅総理が5月9日に浜岡原発の停止要請を行った事で、反原発ムードが盛り上がり、
経産省が海江田大臣に原発の再稼働要請を行わせるなど、原発推進派が劣勢に立たされていた時期。

当時は、推進派の手紙を小道具に使うなんてミエミエの芝居じゃないか、と思ったが、
改めて思うと、文字の大きさは「TV映りを考慮した」としか思えないぐらい大きく、誰もがTV画面から手紙の文面を読めるぐらい「長時間」手紙が写されていた。
NHKと仕込んだ「手紙そのものが番組用のヤラセだったんだろう」と思えてくる。

人間の記憶だから曖昧な点もあるから、誰か検証して欲しい。


60. 2011年10月20日 22:00:46: 3pzJyybIjk
53へ

あなたがどこに住んでいるのか、原子炉は今、手がつけられなくなっているだろう。
今もし、あなたは被害者ではないとしても、何時かあなたのところにも、放射能は姿を変え、やってくる。
<暫定基準値>なのだ。汚染は、国がどのように発表しても、事実として、広がっている。
北関東から今関東全域に、更に季節風が強まり。

3月11日に、私達はどのくらいの想像力を‐、それから一週間、一カ月と、想像を超えて、私達の想像力を超えて、被害は広がった。

風評被害、に今実態が伴っている。今の風評被害は、××シーベルトだから大丈夫
だ、という。××という実態がある。風評という言葉が間違っている。風評という言葉は実態がないときに、使う言葉だ。

53よ、
あなたのところにも、放射能は、具体的な実態を伴って、やってくる。
被害者でなければ分からない、事もある。もうしばらく待っていなさい。


62. 2011年10月20日 22:42:40: hfvArAx6KE

先日も、 東京・世田谷で、(愚かな騒ぎだった)、放射性物質が見つかった」のバカ騒ぎもひどかった。

 真実は、 たったの 2.7 マイクロシーベルト毎時(パーアウア per hour )のラジウム入りの塗料か何かだった。それを 武田は、「2・7ミリシーベールの高濃度の」と、書き続け、 つい最近、こそこそと それを、「2・7マイクロシーベルト」に書き変えたそうだ。2・7ミリシーベルトというのは、= 2700マイクロシーベルト のことである。武田の 文章改ざんの 証拠は挙(あ)がっている。 

 武田邦彦をは、これを同じことを、これまでに数回やっている。 こんな男が、科学者とか、原子力の専門家とかを名乗れるはずがないのだ。 そのうち、 彼は、各方面の専門家たちから厳しい指弾を浴びて、消えていなくなるだろう。  私も、そろそろ、この男の 扇動言論と、確信犯としての犯罪者体質が、 腹(はら)に据(す)えかねるようになってきた。


63. 2011年10月20日 22:48:17: U9b8HZ9Gw2

 ここで改めて指摘しておくべきことは、福島第一原発で起きている事態は、1986年のチェルノブイリ原発事故とは全く性質が異なることである。チェルノブイリでは、原子炉に格納容器が設置されておらず、他にも運転員の不手際など複数の要因が重なって、原子炉内の核分裂反応が暴走した。

 チェルノブイリの原子炉は、減速材に水を使用する福島第一原発の軽水炉とは違って黒鉛が使用された黒鉛炉だったため、事故によって黒鉛が高温になり大きな火災が発生した。それにより、格納容器のなかった原子炉から10日間にわたって放射性物質が大量に放出され、上空に舞い上がり、数百キロ遠方でさえ、高レベルに核汚染した。

 黒鉛とはつまり炭素なので、燃えやすい。それでも黒鉛炉を使用したのは、兵器用のプルトニウムの生産に適したことが最大の理由とみられている。北朝鮮も同じ目的からこの黒鉛炉を保持している。

 この黒鉛火災によって噴き出した大量の放射能2エクサベクレル(1×10の18剰ベクレル)により、消火に当たった消防士や原子炉の運転員らの多くが甚大な放射線を受けた。

 合わせて129人が重傷を負い、翌日にはモスクワの専門病院に収容されたが、そのうちの30人が急性放射線障害から致死線量に相当する1〜14シーベルト(1,000〜14,000ミリシーベルト)の線量(レベルA〜B)を全身に受けて、急性放射線症状を示していた。最終的には28人が死亡したが、そのうち放射線が直接の死因だったのは17人だった。

 福島では、津波により亡くなった職員以外に、核放射線による急性死亡はない。また、被災直後の急性放射線障害もない。現場の職員たちもレベルC以下と推察できる。これらの事実から、福島は、チェルノブイリと比べ、核災害規模は格段に低いことがわかる。

 ソ連の事故調査委員会は事故の翌日になって緊急避難基準である250ミリシーベルト(レベルC)として、3キロ離れたプリピャチ市の住民4万5千人を避難させた。また、事故から7〜8日経ってようやく30キロメートル圏内の住民、家畜の避難を開始した。

 今回の福島20キロメートル圏内被災者の場合、水素爆発のあった3月中旬の最大時でさえ、1日あたりの線量はおよそ1ミリシーベルトかそれ以下で、チェルノブイリに比べて段違いに低いものだった。チェルノブイリでは、避難するまでの数日間に最大750ミリシーベルトと測定されている。すなわち1日およそ100ミリシーベルトを受けたのがチェルノブイリ事故なのである。こういった線量のリスクから考えると、この福島の線量はチェルノブイリの線量に比べて、桁が2桁ないし3桁低いのが事実である。

 福島の20キロメートル圏内からの避難者の線量は積算で概してレベルE〜Dであり、核放射線よりも、長期の避難生活による健康面や経済面の損失が顕著に大きい。

 核分裂反応が停止した炉心内の放射能の総量は、時間の経過とともに低下する。その法則は、7倍の時間で10分の1に低下する。例えば、最初の1分後に比べ、30時間後には炉心の全放射能はおよそ1万分の1に減衰する。

 福島第一原発の炉心が冷却できなくなり、漏れた水素が原子炉建屋内で爆発したのは、核反応停止24時間以後だったので、その間、分単位の短い半減期の放射能は消滅した。そのため、福島第一原発の原子炉周辺でさえ、チェルノブイリに比べて、放射線強度は圧倒的に低かったのである。こうして福島では急性放射線障害を運転員らは受けなかったのだ。チェルノブイリの敷地内の例では、医師が負傷した人たちを救急的に対処して、その医師は急性死亡には至らなかったものの、急性放射線障害が発生した。急性放射線障害を起こす線量というのは、シーベルトでいくと1〜3シーベルト(1,000〜3,000ミリシーベルト)である。

 福島第一原子力発電所正門前で、4月10日午後2時に計測しました。私は防護衣、防護マスク、メガネ等は装着せず、普通の恰好でした。ここではガンマ線線量率、毎時35マイクロシ−ベルト、1日線量0.84ミリシーベルトでした。ということは、胸部X線撮影8枚分くらいです。1日中この場所にいた場合です。24時間もここに立つ人はいないと思いますが、24時間立ち続けるならばX線撮影8枚分ということになります。

 いきなりここに立ったわけではなくて、福島市から車で少しずつ接近していって、20キロメートル圏内の調査も含め、いろいろな調査を終え最終的に、もちろん安全を確認しながら接近接近していったわけです。

 さてこの値は、チェルノブイリがよく引き合いに出て、ニュースにも「チェルノブイリと同じレベルの災害レベル7である」と出ているわけですが、このデータを見るかぎり核放射線レベルとしては全く低いレベルで、チェルノブイリ4号炉の緊急時に比べ、線量的には2000分の1ということになります。

 この推定は当時の放射線防護上の、いくつかのデータから見積もっています。チェルノブイリの勤務医、ベクロン医師が負傷した人たちを救急的に対処していて、急性放射線障害になっています。チェルノブイリの敷地内で急性放射線障害を起こす線量というのは、シーベルトでいきますと1〜3シーベルトです。この医師は死亡しておりません。仮に2シーベルトとしますと私の線量の2000倍以上ということで、チェルノブイリと比較すると福島第一原子力発電所正門あたりの線量は2000分の1以下ということになるわけです。

 チェルノブイリ事故のときは急性放射線障害での死亡者はおよそ30人います。今回の地震はマグニチュード9.0、それに続く巨大津波で発電所が大きな影響を受けたわけですが、このときに急性放射線障害で死亡した運転員は1人もいないということです。したがって、線量的に高いものがなかったということは、そこでも見えています。

 浪江町などで4月9日に線量を調査しました。この浪江町のガンマ線線量率は毎時17マイクロシーベルト。私が仮にここで1日調査をして、24時間いることはまずないですが、24時間いたとしたら0.41ミリシーベルトということになります。

 20キロメートル圏内の避難区域をチェルノブイリと比較するとどうなるか。チェルノブイリの事故は1986年4月26日に発生し、緊急避難区域30キロメートルの線量というのはわかっていて、避難するまでの数日間に最大750ミリシーベルトと測定されています。すなわち1日およそ100ミリシーベルトを受けたのがチェルノブイリ事故なのです。この浪江町の避難区域は1ミリシーベルトにも満たない。30キロ圏内とか20キロ圏内といっても、チェルノブイリの線量とこの福島の線量では全然桁が違うのです。「事故レベルが7でチェルノブイリと同じである」という発表をしていますが、こういった線量のリスクから考えると桁が2桁ないし3桁低いのが事実です。本当にこの20キロ圏内から避難しなくてはいけなかったのかどうか、簡単には判断できません。チェルノブイリと同じ基準にはなっていないということはまず言えます。

 甲状腺の線量検査ですが、調査員の私たちも含めて89人検査しました。例えば放射性ヨウ素131を体内に入れると甲状腺に蓄積するので、甲状腺に線量率計を持っていくと顕著に放射線が検出されます。その線量率から甲状腺にたまっている放射性ヨウ素131の放射能の量を評価することが可能です。私は10年前に内部被曝線量その場評価法で甲状腺のヨウ素を評価する方法を研究していました。その方法を使って今回、福島県の人たちを測定したわけです。

 甲状腺に蓄積した放射能は3キロベクレルというのが最大値です。ということで、暫定ですが、甲状腺線量が7.8ミリグレイと推定されました。これに対しチェルノブイリの被災者の最大値は50グレイ(=50,000ミリグレイ)です。私たちが今測っているのはミリですから6000分の1になるわけです。福島県のほとんどの人たちはもっと低いということで、甲状腺がんの発生のリスクはないと判断できます。チェルノブイリではどうであったか。甲状腺の線量が最大で50グレイ(=50,000ミリグレイ)、ある地域の平均が3グレイ(=3,000ミリグレイ)で4000人以上の子供に甲状腺がんが発生しています。線量の違いから、福島県の場合は、甲状腺がんは発生しないという予測になります。

 「チェルノブイリ原発事故と同じレベル7」は、だいぶ現実と乖離していると言わざるを得ない。どういう専門的な評価でこうなったのか、これから確認していかないといけないと思いますが、一部の原子力安全・保安院等の見当だとしたらまずいのではないか。国内の専門家が発電所のなかに入っていないというのが問題だといろいろなところで言われています。災害対策本部も科学的な専門家の体制はいかがなものか、非常に疑問に思っています。

 放射線防護学研究者談


64. 2011年10月20日 23:17:45: Abq5vRXL1E
福島はたいしたことないといわれる方は、口でそんなことをおっしゃられる前に、福島原発に行かれて、スコップと袋を持たれて、除染作業のボランティアをやられたらどうですか!?
放射性物質をどんどんかき集めて、袋に詰め込んでください!

66. 2011年10月20日 23:30:50: Per1o3kx8Q
副島隆彦の文なんかコピーしないでくれ。彼は放射能は安全と書いて、自分の文筆業が終わったことを自覚すべし。世界中の放射能による被害者のことを、一度も読んだことがないようだ。
恐るべきジャーナリストだ。経済のことしか考えたことがないんだな。視野が狭い。誰も相手にしないでくれ。放射能の被害者が激増する前に、世間から消えていく運命にある。

67. 2011年10月20日 23:33:52: U9b8HZ9Gw2

日本が放射能汚染されて本当に使い物にならないなら、アメリカが日本を無理やりTPPに参加させようなどとはしないはずだ。
今はTPP阻止が最重要課題だ。時間がないのだ。
TPPの中身を知れ。そうすれば無関心ではいられなくなるはずだ。
TPP何それ?などと言っていては、郵政民営化以上に日本が外資に食い尽くされるだけだ。
日本国民よ、一刻も早く目覚めよ。


68. 2011年10月20日 23:38:00: U9b8HZ9Gw2

 2011年3月の地震と津波がもたらした福島原発事故への対応にあたってこうした思い込みに支配されるなら、既に苦境にあえぐ日本経済が途方もない無用の失費に打ちのめされることになろう」と書いている。
 
 これは、我々の間で通用している放射線はすべて有害であるという常識からすると、驚天動地、トンデモ発言、非常識極まりない言葉である。
 
 ではなぜ、こんな非常識発言と思われるような内容の論文が、れっきとしたアメリカの医学雑誌に掲載されたのだろうか。科学的、医学的な論拠なくして医学雑誌が論文を載せることはありえないはずである。

 実は、この論文を読めばよく理解できるように、高線量放射線が人体に害があることは当然のこととして、それが少なくなるに従って、害の程度が減ずると我々が考えているのとは異なり、或る値(これを閾値という)以下になると却って人体の健康に良い影響を与える、という事実があるのである。これを博士は「放射線ホルミシス効果」と呼んでいる。
 
 ではどのくらいの線量から良い影響が出るのか、という点に関しては、色々なケース、観察によって違いがある。ラッキー博士は膨大な研究論文、自身の実験などの結果から、100ミリシーベルト/年が最も健康に良い線量レベルであると本論文に述べている。
 
 となると、である。振り返って福島原発を巡る放射線問題に対して、我が国政府、マスコミ、世論などが大騒ぎしている現状は一体何だ、ということになるのではないだろうか。規制値を年間100ミリシーベルトにすべきか、20ミリシーベルトにすべきか、大問題にしていることすら見当外れになるではないか。100ミリシーベルト/年は危険かどうかではなく、「体に最もよい」レベルなのだから。20ミリシーベルトが、自分の学者的良心が許さない、とか何とか泣きながら言って政府委員を辞任した学者がいたが、これなど、はっきり言って、滑稽極まりないということになるではないか。
 
 「もし日本政府が」というラッキー博士の心配は、もしどころではない現実そのものなのである。今こそラッキー博士の意見に耳を傾け、発想の転換を図るべきなのではないかと考えた。
 
 通説が絶対に正しいということは、科学の分野についても必ずしも言えないことは、ガンを巡る学説に於いて我々がしばしば経験していることである。低放射線有益論も然りである。事実に基づく論に対して心を開いて、その正否を公正に検討する謙虚さと誠実さを皆様に求めたい。
 
 つきものが落ちてみれば、20キロ圏で避難したりする必要など「皆無」なのである。なぜなら、現在20キロ圏の放射線はほとんど1マイクロシーベルト/時以下であり、かなり高いと言われる極所でも10マイクロシーベルト/時くらいのものである。
 
 先日、古川聡さんが宇宙へ飛び立ったが、よく知られているように、宇宙空間、宇宙船内では、ほぼ45マイクロシーベルト/時の放射線を浴びるのである。何か宇宙飛行は「特別」であるかのように錯覚する人がいるが、古川さんは普通の医師であり、要するに我々と同じ人間である。それで、45マイクロシーベルト/時、約半年間で180ミリシーベルトの放射線を浴びて帰ってくるのである。
 
 どうして、45マイクロシーベルト/時が安全なのに10マイクロあるいは1マイクロが危険であるとして避難しなければならないのか。これはどう考えてもおかしいのではないか、と少しでも疑問に思う方は、よく考えていただきたい。現代にも「迷信」が存在していることに気付かれるであろう。

 いつまでも「迷信」に支配されているわけにはいかないと思うようになるであろう。
 
 よく、福島は危険ではないと説明すると、「それなら、自分でそこに住んでみればいいではないか」という人がいる。非常に健康にいい福島に今すぐにでも行ってみたいところであるが、残念なながら生活条件などがあり、そう簡単に住むわけにはいかない。それより何より、政府の規制によって住むことが出来なくなっているのは困ったことである。福島産の野菜を取り寄せて購入したのが、せめてもできることであった。しかし、「自分で住んでみろ」という方には「そういうことを言う前に、ラッキー博士の「電離放射線の生物学的効果ー日本に送る一視点」という論文を読んでみてくれ」と言いたいのである。


70. 2011年10月20日 23:53:50: COmt5m09oI
NHKの完全民営化を求む。増税が進む中で、NHK受信料支払は家計費にとって苦しいはずだ。みんなよく黙っていると思う。多くの人はNHKをほとんど見ていないのではないか。今後見なくてもよいのではないか。

71. 2011年10月21日 00:14:22: FlEQMFTRXE
副島隆彦の信者さんへ

まず、この掲示板はあくまで「NHKの報道 あさイチ 武田邦彦」です。
TPP問題は別の掲示板。
おそらくこの阿修羅を見てる人たちは、ほとんどの人がTPPにも目を向けていると思います。
私もTPPは断固反対ですし、常に注意を払って色々情報を得ています。
TPP参加をすれば、アメリカに食いつぶされ日本は終わるでしょう。
ただ、この場所でTPPの話はスレチです。
TPPに関してはTPPのスレにカキコすべき。

それと、日本の今の放射能汚染状況ですが、楽観視は絶対にできません。
この問題は後々、何年も経ってから被害状況が明らかとなってくるものです。
目に見えない問題を簡単にたった一人の人の著書だけで判断なさらないように。
反原発の学者、推進派の学者、チェルノブイリでの被害の文書等色々拝見しましたが、今現在も放射能を隔離できず、撒き散らしている福島第一原発の現状を考えると安全宣言は間違いなく出せません。
最悪の事態を想定して行動しなければ安全とうものは獲得できません。
今、気を抜いて、数年後発病しても、取り返しがつかないんですよ?
それともあなたは、後々安全じゃなかった場合、責任を取れるのですか?
あなたが勝手に安全だと思って、東北、関東の食品を進んで購入し食すのは自由ですから好きにしてください。
ただ、現状を見て安全ではないと判断をしている人や、まだ自分で答えを見つけられず迷って不安になっている人に強引に根拠も示せずに安全だと進めることだけはやめてあげて下さい。


72. 2011年10月21日 00:54:34: zzIt66LcdQ
増税より、まずはNHKの予算を削ってリストラしてもらわないとな。
NHKの職員は高い給料をもらい、報道現場ではすごく威張ってる。
狂った報道で国民を欺きミスリードする独占企業を許すな。

73. 2011年10月21日 01:17:29: bP1CXIVzIA
アサ一が始まって以来見る気になれません。
朝っぱらから何を伝えるのか事前に分からない番組
(少なくとも海外では分からない)をだらだらと何時間も見
る暇のある人がいるものかと思います。
番組が始まる当初NHKに抗議のメールを送って、早々に切り上
げる様に伝えましたが、未だに続けています。
まったく、レギュラー司会者もゲスト達も相変わらずのうんざ
りする顔ぶれ。

兎に角不愉快極まりないのが国内政治担当の解説委員達です。
科学教養番組部門以外のNHK解体論には大賛成です。


74. 2011年10月21日 02:08:30: JrPYjVYQO2
NHK海外で仕方なしに見て抗議メールも送っていますが
まともなのはEテレの番組だけで
御用学者、解説委員、キャスター最悪。

75. 2011年10月21日 03:05:51: p9B89YgNYw
NHKに出る小出も残念ながら御用学者と言えるでしょう

76. 2011年10月21日 03:25:30: 1znxlVSpAQ
NHKを見ないで民放を見る方法→NHKを見なければよいのでは?

NHKと契約したくないのであればテレビをやめて見ない事です。

結局そうなると民放を諦めなくてはなりませんが考え次第です。

テレビをやめて替わりに大型ディスプレイに交換します。

CS放送かケーブルテレビと契約すればNHKの半額くらいで

ニュースや契約番組で事足りますテレビ・BS以外の通信放送は

NHKの放送権の管轄外です。民放がどうしても見たければPC

からチューナーで一応見れます。NHKの雇用契約人が調査に来ても

堂々とチャンネルのないディスプレイを見せればテレビではない事

を証明できます。これでテレビを持っている事で発生するNHKへの

支払い義務は完全に消えてなくなりNHKの縛りは消えます。

NHKやヤラセ番組、最近のお笑いバカエティーなど見たくもない、

特にNHKを見ていないのに高額集金(個人差あり)に腹が立つという

人には一つの選択肢です。ただ、NHKはネットからも料金を取る

計画を立てている最中です。


77. 2011年10月21日 03:42:43: lrPNzZkVrM
 

62. 2011年10月20日 >>たったの? 2.7  マイクロシーベルト毎時 ???

      ↓  ↓  こちら  0.232 マイクロシーベルト毎時 !!

 http://www.youtube.com/user/emiko0010#p/u/7/Vn1VtTHcajQ



78. 2011年10月21日 03:47:48: UI3q9XVeuk
 武田教授には感謝している。本当に何かを良い方へ進めたいと考える人は、おそらくそのために多くを犠牲にする。武田教授もそうだろう。あることを本当に変えたいことには、相応しい内容が伴っていないとだめだ。それは知識より重たいものかもしれない。地球温暖化の話をする面白い学者くらいにしか以前は思っていなかった。

 多くの人が教授が教えてくれる正しい知識に感謝しているだろう。後は肝心なことで、正しい態度だ。首尾一貫していることがどれほどに困難な時代であるか。こうしたことをけっして安易には考えなかった古い世代の人なのだ。安易なゆるすぎる基準に生き続ける若者には、別に尊敬の対象にも見えず、精神の研鑽の糧にも見ない。早々に人間の半分しか生きないという宣言のようだ。

 我々は既に、何万年も、ずっと緊張した監視が必要な放射能廃棄物≠ニいう毒のいっぱい入った金庫≠何の罪もない子孫達へ送り出すことになっている。
こんな馬鹿なことはもうやめよう。
 固い金庫が何度も何度も壊れることがあってもこの悪魔の毒≠ヘ、ずっと自分の場所を要求し続けるのだ。この日本の国土で。さらに多くを。
 そして何万年も消えることなく厳しい管理を要求し続ける。

 我ら日本の子孫達は、先祖達の墓を前にこのことを何と思うだろうか?どうしてこんなものを残して、しかも増やし続けるようにしたのか。
 どうして、子孫の自由を限定したのか。なんと勝手な人間達だ。自分さえよければ良かったのかと、恨まれる世代になるだろう。
 
 
 確かに、自分で何事もよくよく確かめて判断することなく、人任せにして放っておいた生き方が悪かった。無知でいたことがわるかった。しかし、その無知も短い期間で必要なことは学べると言うことも分かった。
 人任せで自分は関わらないと言う生き方が、元の人と人の間柄の近いコミュニケーションを取れるところまで行くのに、遙かな距離を感じさせる。
 人と直接話し合い、合意にいけるか、相手を嫌わずに、自分も嫌われずに、社会の重要な事をともに、話し合うことが出来るようになるだろうか?
 その前段階の訓練として、こうしたネットの活用があるように思う。

 福島の事故以来、本当に考えが変わった。
 全国の原発が長い時間かけて、廃炉にすることに成功したとしても、福島の汚染地域はずっと残り続ける。俺が生きている間には絶対収束などしない。
 なんという負の遺産≠セろう。石炭やら、石油なら、いくらでも跡形もなく消えてくれるのに。
 こんなことを続けて良いはずがない。みんなも、福島原発のことと、放射能廃棄物のことを不安に思いながら、電力会社に高い電気代を払うか?
 原発は、福島の事故廃炉だけにして、後はみんななんとかして、この日本の国土から、なくて、放射能廃棄物は、特定の人達だけが困らないようにして、良い対策を考えよう。自分の国土が破壊されているというのに、これまでの生き方を続けて何の幸福が先にあるか。火力、水力、やらで補おう。LEDの省力化やら、健康な昼型生活やら、隣三軒両隣の融通のしあいとか、そうと決めたら、道は開くさ。
 
 本当に大事な物だけは守ろう。
 そこに犠牲はある。けれどそれは役に立つ犠牲だ。子孫も使うひろい公(おおやけ)の価値への犠牲だ。


79. 2011年10月21日 03:53:56: UI3q9XVeuk
78

×国土から、なくて→○国土からなくして
×隣三軒→○向こう三軒


81. 2011年10月21日 10:34:43: hj5sogWyEs
宗主国が植民地を間接統治する場合、マスメディアの傀儡化は最重要課題だと思うね。
冷戦が終わって米国の対日方針が180度変わった今宗主国とその傀儡に唯々諾々と従う道理なんて無い。
私はTVを見無くなって久しいが、見るんなら彼らの論調の逆の選択をするこったな。
子々孫々の代まで半永久的に奴隷労働して貧困に耐えるのが嫌ならな。
今の日本で一番儲かるのは売国だしな。
もちろんTPPも阻止しないと。
三角貿易が主流になった日本の製造業にはメリットなんて無いよ。
円高も止まらんだろうし。
デメリットだけしか無い罠。
国内産業を破壊されて終わりだ。
奴らの傀儡である在日鮮人系(孫や宮内)や被差別部落系(前原や竹中)だけが得する世の中なんて嫌だろ?
階級分化・固定化が進み奴らに半永久的に支配されるなんて嫌だろ?

82. ryu 2011年10月21日 12:57:06: jPdOOeXA67/d. : klOqs73zG6
不思議に思うのは、「TPPか放射能問題、どちらか選べ」のような論調。
どちらも大切だと思うのだけど、違うのかな。

内部被ばくと外部被ばくの違い。
人工放射能物質と自然放射能物質の違い。
放射能物質それぞれの性質の違い、内部蓄積のされかた、あるいはされやすさの違い。
そして、人はその独自の地域の自然放射線度に適応している、さらに、それに応じて細胞を修復・防護する機能をもっている。
チェルノブの事故後、デーダは一部はしっかり取られているが、大掛かりな調査は行われていない、つまり、取り上げられる統計は不正確。
放射線の影響は個人差があり、差を作り出しているものは不明、単なる確率の問題かもしれない。
残念だが、どちら側の科学者も結局は自身を擁護するデーダしか取り上げない。
実際の所、低線量域の影響は今だ「不明」、デーダ不足。確実にわかっているのは高線量域の危険性だけ。

自分が疑問に思うのはそういったところ。オックスフォード大学の権威ある教授ですら、そういった傾向がある。

だからこそ言えることは、私たちにとって最良に「みえる」道を選ぶこと。

真夜中の暗闇の中、落ちたら死ぬ、もしくはただで済まされない、そういった中、向こう側に渡らなければならないとき、わざわざ目の前に確実に見えている石橋に行かずに、暗闇に向かって踏み出す人はいないだろう。

そして、大事なのはそれは何にとっての「最善」か。
人か金か、あるいは国、と答える人もいるだろう。
ならば、国とは何か、国を守るということはどういうことなのか。

私たちはもう一度考え直さなければならないんじゃないか。
極端に分かれて行っている現状をみるとそう思ってしまう。


83. 2011年10月21日 13:26:31: 03bw0jfJsI
色々調べると副島隆彦は放射能安全という論とデーターのみを拾い自説を展開する、危険と主張する人を攻撃しまくる、原発の放射能以外の彼の論説には優れた物も多いが、今回の放射能安全は狂っている!!!!!第一巻の終わり!!!!!!でした。

84. 2011年10月21日 14:35:27: mAKWjxKjsw
ここはなんの話だ?
まあアメリカが放射能より悪いのは確かだ。
自分のドルが危ないから、先に弱いギリシャを攻撃してユーロを潰そう
次は中国ね。日本もなんどか攻撃したんだけど、国債の国内保有が多くて
失敗、ときいてるけど。

85. 2011年10月21日 15:08:26: awUrc1MVGI
71さん
全く賛同します。

いくら言っても残念ながら

聞く耳を持たない人はいます。

放射線量を全く気にしないじゆうもあれば、

気にするのも自由ですから、

自分の信念で行動すればいいのでは?

ちなみに私は家族の為にも気にして

少しでも安全と思える食品をえらんでいます。


86. 【タヌキ腹組“ぽんぽこ”】 2011年10月21日 18:30:27: SM2DPWDDuBDzg : AdKaaFvNBE

★そんなに安全と放送するなら、NHKの社員食堂では今後、福島産の食材を

率先して使うべき!

・・・・・・下記は、「おまけ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■カナダde日本語 2011.10.19 Wed 15:47
“副島隆彦氏は日本版ヒットラーだったのか!”
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2985.html

 私の尊敬する植草さんと共著も出されているので、ちょっとこの動画を紹介するのは躊躇するものがあったのだけれども、その思考と演説の仕方が、日本版ヒットラーかと思えるほど、あまりにも、過激で危険だったので、みなさんに広めていただきたく、ここに紹介する。

原発事故が起こってから、いきなり「自分は死ぬ」などと感情的なブログを書いたと思ったら、福島までガイガーカウンターを持っていって、放射能が低いとブログに書いていた。まさか、こんな演説までしていたのにはただただ驚愕するばかりだ。それにしても、この演説、大声で話しているのに、なぜか話の内容が伝わってこない。なぜだろう。どんな人たちが拍手していたのだろう。

・・・・・


87. 2011年10月21日 19:57:44: IOx8n9L4kE

 20万人以上の犠牲者を出した広島・長崎の核爆発被害に比べたら、今回の福島原発事故の被害がそれほどまでに深刻でないことは、誰が考えたって明らかではありませんか。
 今日、一部のマスコミや‘自称’専門家の中には「福島原発の周辺には今後50年、誰も住めないだろう」などという無責任な発言を垂れ流す輩が多く見られます。

 あたかも被災地である東北の、そして福島県の皆様の生活を心配しているかのごとき発言ですが、本当に地元の方たちのことを心配しているのであれば、科学的な根拠もないのにそういった風評被害を助長するような発言は絶対にするべきではないでしょう。

 いったい彼らは、未曾有の災害に襲われた東北の人たちを助けたいのか?それとも、さらなる絶望の淵に落としたいのか・・・・・。
 被災地の方々が希望を持ち続けられるように、そしてさらなる復興を遂げられるように、暖かい手を差し伸べていただけるように伏してお願いするものであります。

 2011年に福島第一原発で起きた事故は、1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故とは全く性質が異なり、比べ物にならないくらい小規模なものです。

 福島では津波により亡くなった職員以外に、核放射線による急性死亡は1人も出ておりません。また、被災直後の急性放射線障害の患者もいません。現場の職員たちも被曝量はレベルC:0.1〜0.9シーベルト以下と推察できます。これらの事実から、福島は、チェルノブイリと比べ、核災害規模は格段に低いことが明らかなのです。

 今回の現地調査からは、福島の場合、水素爆発のあった3月中旬でさえ、1日当たりの線量はおよそ1ミリシーベルトに満たない低いものでした。(文部科学省発表)

 20km圏内からの避難者は概してレベルD2〜10ミリシーベルトであり、核放射線よりもむしろ長期の避難生活による健康面や経済面の損失が顕著です。

 核分裂反応が停止した炉心内の放射能の総量は、時間の経過とともに低下します。その法則は、7倍の時間で10分の1に低下する、すなわち、1週間で10分の1、49日後に100分の1、そして1年後に1000分の1になるのです。したがって今後も放射線は徐々に弱まっていきます。

 今回福島県で、20キロ圏内からの避難住民を中心に、甲状腺に沈着した放射性ヨウ素量を、県民希望者66人に対し検査しましたが、最も値が高かった人でも3.6キロベクレルで、甲状腺がんのリスクは全くない範囲です。チェルノブイリ事故時の被災者の甲状腺線量の最大値は50グレイで福島の1万倍。周辺ウクライナ、ベラルーシ、ロシアの3国で4000人を超える子供たちが甲状腺がんになりましたが、この調査結果から福島と周辺での甲状腺がんをはじめ、発がんリスクはないと予測できます。

 福島第一原発では、地震後の15メートルにも高くなった大津波に襲われ、冷却ポンプが故障してしまい、燃料棒の冷却水が足りなくなってしまいました。燃料棒自身が発生する高熱により、ウラン燃料を包んでいた薄い金属の被覆が融けたのです。こうして炉心が溶融したと考えられています。

 福島第一原発の水素爆発は、炉心周辺の水の分解で発生した水素が建屋内に充満して、それが酸素と反応して起こったものです。決して核爆発ではありません。

 核分裂生成物の総放射能は、7倍の時間の経過で10分の1に減衰する法則になっています。停止1分後の総放射能を1とすると、7分後に10分の1、49分後に100分の1、6時間後に1000分の1、40時間後に1万分の1に減衰するのです。ですから、24時間以後に水素爆発したときには、放射能は1000分の1以下に弱まっていたのです。

 核分裂反応が暴走して炉心が爆発したチェルノブイリでは、放射能の減衰の間もなく、環境に莫大な大きさの放射能が噴き出したのです。時間からだけで推定すると、福島の1000倍以上の放射能になるのです。そのためチェルノブイリでは、発電所の運転職員たちが急性放射線障害で死ぬほどの線量を受けたのでした。

 それに対して、福島第一では水素爆発までの24時間以上の間に、炉心内の放射能が1000分の1以下に減衰したので、東電職員たちが危険な線量を受けるリスクが低くなったのです。

 福島第一原発でも、発電所の敷地内や破壊された建屋の中であればプルトニウムも検出されるかもしれませんが、私が2011年の4月10日に福島第一原発を調査に行った時点では、フェンスのすぐ外側で測定しても、プルトニウムが放射する強いアルファ線は検出されませんでした。

 福島原発でも、20キロから30キロ圏内の住民の計画的避難が取り沙汰されていますが、チェルノブイリ原発から漏れた放射線の量と福島原発から出た線量は全く比べ物にならないほどです。科学的な見地から述べると、政府の介入は過剰です。むしろ、長期の避難生活による健康被害と経済損失のほうが明らかです。

 これ以上の避難拡大には意味がありません。環境の放射線は、次第に低下する法則にあります。国家としては、こうした地域の生活の安定を、積極的に支えるべきです。この問題は、福島県だけの問題にとどまらず、日本の弱さ、政府の弱さを世界にさらけ出す結果となります。今こそ日本人の知恵と勇気を世界に示さなくてはいけません。

 津波に誘発された福島核災害は悲劇ではありますが、最悪の事態ではありません。広島・長崎の核災害や、チェルノブイリ事故と比べたら明らかです。未曾有の核災害は、シルクロード楼蘭遺跡周辺のウイグルにあります。中国による楼蘭核爆発災害です。地表核爆発で放出された総放射能はチェルノブイリの500万倍です。しかもこれは、世界の目から長年覆い隠されてきました。私の世界調査で、これ以上の悲劇はありません。救いのない地、世界中の支援が全く届いていないのです。

 この地域から核の黄砂が、長年にわたり、日本へも降っていたことさえ、ほとんどの国民が知りません。メディアは決してこの事実を報じようとしません。日本人の骨格に放射性ストロンチウムが蓄積しています。私は、文部科学省からの研究費を得て、この研究を2年前から行っています。内部被曝線量はレベルD(2〜10ミリシーベルト)です。日本の全土が、その程度に汚染したのです。昭和時代にメイド・イン・チャイナの放射能で、米・野菜・牛乳が汚染しました。迷惑な話ですが、それでも、私たちは生きています。

 今回の福島第一原発事故から漏えいした放射能が日本列島全体に与えた影響は、中国からの核の黄砂の放射線影響に比べたら、決して多くはないのです。昭和の時代の体内被曝は10年以上も続いたし、しかもその核種は、セシウムよりも危険なストロンチウムだったのです。

 しかし、今回の福島原発の事故では、圧力容器の中で発生した水素が爆発したものの、これは核爆発と違って周囲の土砂を大量に吹き上げるほどのものではありませんでした。

 毛沢東ら中国共産党政府は、昭和39年(1964年)の10月、東京五輪の真っ最中に、楼蘭遺跡の近くで最初の核実験を行いました。

 中国政府は平成8年(1996年)までに、楼蘭遺跡周辺で、延べ46回、総爆発威力およそ22メガトン(1メガトン=100万トン)の核爆発を行っています。この総威力は広島への核攻撃の実に1375発分にも相当します。これにより、作家井上靖らが描いた歴史ロマンの地は核の砂漠と化してしまいました。環境に放出された放射能の総量は実に4000万エクサベクレルであり、これはチェルノブイリ原子炉災害の約2000万倍の数値です。

 1964年から1980年にかけて放射能を帯びた核の黄砂が4000km離れた日本列島の全土に降り、環境中にある放射線が顕著に高まりました。米や野菜などの農作物の他、牛乳が放射能汚染し、食物連鎖により長年の間に日本人の体内中に取り込まれたのです。

 日本人の死体解剖の骨格に含まれる、放射性ストロンチウムの放射能は放射線医学総合研究所で分析され、胎児、幼児、成人から顕著に検出されています。

 文部科学省の研究費を得て私は国民の体内の放射性ストロンチウムの線量評価に関連して平成21年から3年間、研究を続けています。中国から飛来した核の黄砂による内部被曝は、多くの国民で数ミリシーベルトとなりました。この線量値は、2011年の福島20km圏内の住民6万人の放射性ヨウ素による甲状腺線量と同じレベルです。

核の黄砂により内部被曝した日本人が仮に1億人とすれば、その影響の大きさは、福島のおよそ1700倍も大きいのです。

 私たち日本国民全員は、隣国からの核の黄砂で、昭和の時代から長年にわたり迷惑を被ってきました。平成の今、同レベルの線量であるのにもかかわらずマスコミで福島の恐怖を煽っている人たちは、何ゆえか昭和時代の核汚染には目をつぶり、中国の核実験に沈黙しているのは政治的意図があるものと受け取られても当然でしょう。

 私としては放射線衛生上、世界のどの核災害も客観的科学的に調査をし、線量の絶対値を計測するとともに、それぞれを比較し、相対的な影響の度合いを調べています。

 昭和の列島全体と平成の福島原発周辺の内部被曝は同レベルで、どちらも健康への影響は無視できるレベルです。その放射能のせいで、だれも禿げないし、白血病にもならない、ガンにもならない、寿命は短縮しない、遺伝影響もないのです。

 平成23年の民主党政権の大臣の多くの骨格は、他の日本人と同じように中国産のストロンチウムで汚染されています。政権の寿命は短いと誰もが予測するでしょうが、人としての寿命は必ずしも短くはないと私は科学的に判断しています。おそらくどなたも、天寿を全うされることでしょう。

 ただし、シルクロードの現地の人々と、核爆発期間中に現地を観光した日本人たちは、致死リスクを含む影響があることを知らなくてはなりません。

 放射線防護学研究者談


88. 2011年10月21日 20:41:09: PpPZbv0TJ2
今日も来ました、ぼろHK の郵便が
上ばみはねる「NH○詐欺」ほとんど「おれおれ、、」と同じ
うその報道をして「金振り込め」っていうんだから。
 出しません「詐欺師には」ってはっきり言わなきゃいけないですね。
よい日本を作るためには。 郵便代もったいないだろうに、、、、
 早くつぶれて ぼろHK

89. 2011年10月21日 22:20:53: PzQ6KttrGc
みなさん、アレはテレビ東京がやっている企業訪問と同じで「演出」なのです。
観ていて分かりませんでしたか?
都合よく旦那が帰ってきますか?都合よくスーパーに行きますか?、都合よく電話がかかってきますか?
この頃「再現ビデオ」は素人でも上手くやりますよ。
最初に台本があればですが。

91. 2011年10月22日 00:13:55: XZWCRAyTMM
>>90
私も煽り行為は迷惑だと思うが、レベル5と言いたい一心で、ちょっと検証すれば真っ赤な嘘とわかる「今回の放出量は実は100テラベクレル程度」云々とボロを出していてはどうしようもない。

一ヶ所でいいから、線量計を持ち、これと思う土地の土を、きちんと10cm深さで取って、信用できるところで計測してもらう。政府系と市民系、2つの測定所にだすのもいいだろう。Bq/m2になおして、文部科学省の汚染地図と比較する。誤差は色々あるんだが、10倍も違わないことが確認できる。これで、汚染地図のキャリブレーションが出来たから、面積×汚染量/面積=総汚染量をゾーンごとに根気強く足し合わせる。福島県の陸上だけで100テラベクレルとは桁が違う。自分で検証できる事は検証して、嘘が止められない嘘吐きに頼り甲斐があるか考えよ。それしかない。

92. 2011年10月22日 00:20:07: VO9RZUH9Rc
日本のマスコミは放送業界、出版。新聞業界、問わず全てだめな見本
海外のメディアで勉強すべきやな

日本のマスコミの贖罪は上げたら切がない
間違った報道でも訂正しない、あたかも責任が無い様に知らん振りしてるし
冤罪でも、その人が犯人というように誘導していく。
かのヒトラーは国家は巨大な演出装置だと言った、今はマスメディアが演出装置になったつもりで居る
結局は政権政党を叩いて、受け狙い、自民党なら早かったか?あの党の族議員が利権を手放す
事実、最初に無かった文言を自民が賠償法に入れただろ

国民がアンケートで反原発なら、放射能怖いぞと強調してるだけ。
有名になりたい学者や芸能人は、それに乗って有名になりたいだけ。
知ってるようでバカ言ってる奴らの多い事多い事、情けなくなるぐらい
設計者とか言って出てるのは元々1号機に無い物を有ったと言い張る始末やし
結局は受けのいいことを放送して視聴率を稼ごうと四苦八苦してるのが見え見え
そんなのにだまされる方もだまされる方やで

放射能やけど1基あたり、ものの本から換算すると
炉内の放射性物質は、ガス740000Tベクレル、ヨウ素185000Tベクレル、セシウム33300Tベクレル程度
これ見てもガスが全て出ただけも3基で21万ベクレル以上、ガスは健康被害は無いからね
炉心飛び散ったチェルノブイリと比較になるはずが無いのに、マスメディアは数字のお遊びで騒いでるんや

TPPやが
現状でもタイのニュースを見れば解らないかね、反対君
工業団地に何故それほど日本企業が多いか、インドネシア地域の関税が0になってるから輸出に有利
TPPを蹴ってFTAで交渉するのも手やと思うなら、奴らを甘く見すぎやで
それこそ、やりたかったらこの条件を飲めとハルノート張りの要求してくるの見え見えやん。
それとも鎖国でもするのか?



94. 2011年10月22日 04:36:29: 1znxlVSpAQ

自然放射線なら高線量でなければ食べ物〜空気〜温泉と問題はないでしょう。

人工放射線も、もちろん産業利用、医療等で使われる基準範囲なら問題ない。

これが人工核分裂による人工放射能となると低線量でも話は厄介で別だ。

解りやすく簡単に説明する。放射能コワイとかいう低次元ではなく知るべき。


環境放射能である自然放射性核種による放射能と

ウラン核分裂によって生成された人工放射性核種からでる放射能では

出される放射線が同じでも、その核種が人体を体内被曝した場合に

性質が異なる。様々に分裂した種類の人工放射性核種では性質も様々

で半減期の長さも違い、体内被曝した場合に体内に留まる部位が違う。

人工放射線が放出されるとある量で一旦下がってから上昇するという

特異な性質が見られる。この事は微量放射線の権威:市川教授が説明


主な自然放射線核種と半減期

 カリウム40 ルビジウム87 トリウム232 ウラン235・238
 (12.7億年) (475億年) (140億年) (45億年)

カリウム40は人間の長い歴史から同種のカリウム接種で体外排出される。

主な宇宙線起源核種と半減期

 トリチウム ベリリウム7 炭素14  ナトリウム22 
 (12.3年) (53.3日) (5.700年) (2.6年)

ヘリウム核融合である太陽は地球に放射するのは熱と放射線だけである。

放射線量の高い自然鉱物であるウランを人工核分裂を起こさせる事が問題。


自然放射能と人工放射能を混ぜて放射線だけで考える事は絶対にできない。


「人工放射性核種への防御は、人間の進化の過程で成されていない」


核実験・原発による核分裂により生成される放射性核種は、

数100種類あり殆どが半減期が短いが、半減期の長い猛毒核種がある。

(ヨウ素131は半減期が短いが危険)


人工放射能の猛毒な重要核種は、体の中で特定の場所に集まり濃縮蓄積される。

ガン・白血病・心筋梗塞・脳神経細胞壊死と影響は様々である。

被曝者が細胞分裂の活発な子供の場合、幼ければ幼いほど影響が出やすい。

人工放射性核種いわゆる人工放射能と影響のある部位(竜縁拓さんより一部抜粋)


脳下垂体 イットリウム90 (62時間)

甲状腺  ヨウ素131   (8日)

筋肉   セシウム137  (30年)

肺    プルトニウム239(2万4000年)

皮膚   クリプトン85  (10年)

肝臓   コバルト60   (5年)

     セリウム144  (284日)

すい臓  ポロニウム210 (138日)

腎臓   ルテニウム106 (1年)

生殖腺  セシウム137  (30年)

     プルトニウム239(2万4000年)

骨    ストロンチウム90(28年)

     ラジウム226  (1620年)

     炭素14     (5700年)


事故当時の放出量だが

一説には福島原発事故後の放出量は6000兆ベクレルだったとも言われ

勉強会で100兆ベクレルに減ったと原子力安全委員会が説明している。

110421 「東日本大震災を考える勉強会」02

http://www.ustream.tv/recorded/14168194


所長の問題は 00:49:40 あたりから、

放出量の問題は 00:53:45 と 01:09:40 あたりから。

鳩山元首相が原子力安全委員会の小原規制課長に

放射能が実際にどれだけ放出されているか質問。

それに対して、川内議員が小原課長に確認しあってる会話で、


川内議員:「1兆ベクレル?」と尋ねると

小原課長:「一日あたり、100兆べクレル」と答える

川内議員:戸惑いの薄笑い「100兆ベクレルですか...」

ざわめく取材陣

これまでの発表では、

一時間あたり1テラベクレル、即ち1兆べクレル。一日では24兆べクレル。

実際には、その数倍の放出量だというのだ。

この勉強会のあとに、小原課長が伝えた正確な数値は、

ヨウ素131が、一時間あたり6990億べクレル。

一日あたりでは16兆7760億べクレル。

セシウム137は、一時間あたり1430億べクレル。

一日あたりは3兆4320億べクレル。

セシウムはヨウ素に換算すると40倍なので、

一日あたりは137兆2700億べクレル。合計すると、153兆7120億べクレル。

これは4月5日時点での大気中への推定放出率。

以上、UST・岩上氏より抜粋。これが事実。

日本の原発が軍事目的を有することを、民主党の原口前総務大臣も認める。

 2011-04-11東日本大震災後のTVタックルにて発言

『中身が軍事機密に関わるような高度な機密なんですよ。』

『さっき言ったじゃないか、こん中がものすごい機密なんだって。

 その機密にアクセスできる人がすごく限られてるから…。』


95. ryu 2011年10月22日 04:51:50: jPdOOeXA67/d. : klOqs73zG6
>>94

そこにあるような生物濃縮の内部被ばくに関係する大事なことが触れられない。
〜シーベルトしか言われない。なぜなのだろうか。

色々と疑問に感じさせるのは「実は今回の事件は〜」といった断定口調。
納得できるだけのソースが欲しい。〜放射線防護なんとか談のソースが特に興味ある。


96. 2011年10月22日 06:17:50: 1znxlVSpAQ
>>95
簡単に説明しただけの事です。

詳しく知りたいのであれば自ら調べることも大事ですよ。
YouTubeで市川定夫氏で検索すれば説明を見れます。

>そこにあるような生物濃縮の内部被ばくに関係する大事なことが触れられない。
〜シーベルトしか言われない。なぜなのだろうか。

大事なことが触れられない→大事なことが触れられていない と間違っている。

そこにあるような生物濃縮の内部被ばく→生物濃縮って何ですか?

〜シーベルトしか言われない→どういう内容を指しているか意味不明。

なぜなのだろうか→支離滅裂

>色々と疑問に感じさせるのは「実は今回の事件は〜」といった断定口調。

誰の事を言ってるのか判らないし意味が不明。文章にそんな事は書いてないですが。


>。チ放射線防護なんとか談のソースが特に興味ある。

これも 〜放射線防護なんとか談 て何の談ですか?

まったく意味が解らない。日本語と文章を最低限に解るようにしてください。

  


98. 2011年10月22日 06:51:07: 1znxlVSpAQ
はぁ〜???放射能に拘る?正しい知識を提示しただけ。

それに洗脳もされていませんが。勝手に決めつけないでほしい。

別に「放射能怖い怖い教=武田邦彦教」の「信者」?でもないし、馬鹿を言うな。

私はTPPには基本的に賛成ではない。悪いけど東電の想定外としての改ざんに

ついては、文面を見る限り君より知ってるよ。

放射能に関する反論って?反論?どこでしました?

全く私のコメントとは関係ないね。

福島県の人々や農産物を差別している→人の差別ではない。実害を述べている。

一方的な文章はヤメタほうがいいよ。

いや、もう返信はいらん 話にならない。 


99. 2011年10月22日 08:15:52: D6iQsa1hTo
放射能「怖くない人」みんな 福一のかたずけに行ってください!!!
2μSが少ない?! 普通のレベルは0.05μSくらいですが、、、
それでも少ないですか?
 是非自分の身をもって実験してください。


100. ryu 2011年10月22日 10:04:15: jPdOOeXA67/d. : klOqs73zG6
>>96

失礼しました。
走りながら打っていたもので支離滅裂になっていた。

つまり、言いたかったのは94に乗っているような内部被ばくに関する重要なデーダが、今回の事故による放射線は大丈夫とする方々の間で上がってこない。
そういった方々の断定口調、あるいはその「実は〜」とデーダを上げているが、ソースが不明である。彼らが良く貼り付ける、「放射線防護学者談」のソースというより人物を知りたいのにもかかわらず、一切上がってこない。
それが大変疑問を感じさせる、ということです。


101. 2011年10月22日 10:36:41: lrPNzZkVrM
 
  どさくさにまぎれて
 またまた原発村コバンザメが湧いてきましたよー。

 放射線防護学研究者談==
 放射線利権防護学研究者談
 放射線利権防護学研究者談
 放射線利権防護学研究者談
 放射線防利権護学研究者談

 吸盤で原発利権に吸い付いていないと死んでしまいます。


102. 2011年10月22日 13:58:57: 0I3BycfNZ2

「副島化」とはなんぞや。
彼は3.11直後、放射能に恐れおののき醜態を晒していた。
彼のHPで当時の記録を遡って確認することができる。
現在、彼が批判している「お母さん恐いよー」と同じだ。
ところがその後、3.20を境に、「放射能など恐くない」と論調を180度変えた。
100ミリシーベルト/年の被爆など全く問題ないと主張している。
この手のひら返し的な変化が「副島化」なのである。
その意味で彼は原発推進派になってしまった。
東電や御用学者、マスゴミとやっていることはなんら変わらない。
自称「国家戦略家」が聞いてあきれてしまう。
もはや言論人としては失格だ。

NHKニュースで関東地方の空間放射線を毎日報道している。
注意して聞いていると、「0.04マイクロシーベルトで震災前の平均値と大きく変化していません」だそうだ。
しかし、実際に南関東の地上1m付近で測定すると0.2マイクロシーベルト程度はあるだろう。
NHKのニュースと実際の測定値とでは1桁違う線量となっているのだ。
以下のサイトでも、各地の線量をボランティアなどが調査した結果をまとめているが、やはりNHKニュースの報道値とはかけ離れているのがわかる。
http://hakatte.jp/
http://minnade-map.net/
そもそもNHKは不祥事ばかり起こしている一方で、受信料不払い者に対して放送法を盾に訴訟を行っている。
NHKなどというバカ会社を解散させた処で誰も困らないだろう。
NHKを直ちに解散させた上で、続けたければ他の民報と同じ様に広告収入で運営してみろ!
つまらないNHK番組なんて見ないのに、NHKが存在するがために受信料を払わされるなど愚の骨頂である。
札幌の不払い訴訟では、NHKが勝訴したようだ。司法も期待できない。
TVを捨ててPCで番組受信をできるようにし、NHKの受信料を払わない様にしようと考えている。
NHKの徴収員を立ち合わせ、受信装置がないことを確認させ、契約を解除するのだ。
これが最も合理的なNHKとの決別の方法だ。


105. 2011年10月22日 17:45:15: 0Qt5cIRkA6
NHKには「お前とこの報道はウソばっかりだから金なんか払わねー」と言ったら「ごもっとも」と、納得して帰っていったよ。

ついでに言ってやれば良かった。

「国民から受信料とってるくせに、なんでお前らに著作権があんだよ?」って


107. 2011年10月22日 18:52:11: 0Qt5cIRkA6
副島隆彦って原発関係には無知さらしまくりだし、原発推進派=売国奴にしか思えません。被害者としては。

反TPPって、汚染野菜作ってる農家なんか潰れたほうが良いです。被害者としては。


109. 2011年10月22日 19:16:25: FSi312YErY
福島どころか東京、横浜からも高い数値が出ているこの頃、
この番組、どんな人が制作したんでしょうね?
「怪しいお米セシウムさん」
は国民皆の気持ち。

110. 2011年10月22日 19:55:52: CLQMI3ySgV
749:本当にあった怖い名無し:2011/10/18(火) 11:02:11.13 ID:d+ZC76/4O

TBSの南極大陸は社内日本人勢力の反撃だ。これが成功したら、社内朝鮮人もいままでみたいに大きな顔ができないし反論もできない。
あと、TBSはこれまで朝鮮総連が経営や人事に圧力を加えた経緯がネットの暴露でバレた。
やることは、これを株主総会で公開質問し、経営に問い質すこと。もちろん否定はするだろうが、そうした目で見られていることを株主総会で追求することに意義がある。
最近はフジにばかり目が行ってるが、本丸はTBS。TBSの闇を追求することが、マスコミの闇、ひいてはマスコミ工作を続けてきた朝鮮総連の闇をあばくことになるのだ。

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50320269.html


111. 2011年10月22日 22:26:49: 3Ibh7t3wIt
あさいちでは,明確にサンプルが少ないことや一週間だけの結果であることやこの結果から,福島の物を買おうとかそんなことは全然いっていない。武田はもう勝手に自分の思い込みでしか書いていない。初期の頃はなるほどと思うところもあったが,もうだめだな。
日本全国すべての産地のものを調べてみればいい。かえって西日本の方が,大陸からのストロンチウムで汚染されてんじゃないの?

114. 2011年10月26日 23:27:07: roaBypcaXo
>62. 2011年10月20日 22:42:40: hfvArAx6KE
>真実は、 たったの 2.7 マイクロシーベルト毎時
>(パーアウア per hour )のラジウム入りの塗料か何かだった

「ラジウム入りの塗料か何か」は調べてみて後から判明したことでしょう。
初めに量った時、それがラジウムかどうかは分らなかった。
ましてそれが夜光塗料の材料だとは、判明していなかった。
線量計で2.7 マイクロシーベルト毎時が出ればそれは大変な事だと思うのが常識だ。

2.7マイクロシーベルト毎時×24(1日は24時間)×365日÷1000=23.652ミリシーベルト(年間被曝量)ではないのか?
子供の年間許容被曝量を20ミリシーベルトに突然引き上げた政府もどうかしているが、これが

     たったの 2.7 マイクロシーベルト毎時

と言えるあなたはやっぱりどうかしているんじゃないの?。
そこには赤ちゃんも、妊婦も子供も住んでいるんですよ!



116. ryu 2011年10月27日 12:47:09: jPdOOeXA67/d. : klOqs73zG6
根拠は無い、「信じる」か信じないかの問題。その前提で安全と結論付けるあなたはこの時点でこの原発問題を理解できていない。
長ったらしいコピペを張るのは、もうどうでもいいが、その一つ一つの根拠を明確にだされるべきである。都合の良いデーダばかり持ってこないで、こういうデーダもあるし、こういうのもある。しかし、このデーダはこうだからこう、というように説明して頂きたい。あまりにも一方的な視点で疲れてくる。
自身の好きな現実だけ見ていたいのなら、そうされればいい。

一つ紹介すると、
New York Academy of SciencesからはChernobyl: Consequences of the Catastrophe for People and the Environment (Annals of the New York Academy of Sciences)と題する約400ページの論文が推進派学者の方々のよく使われる、Chernobyl’s Legacy: Health, Environmental and Socio-Economic Impactsを序文から痛烈に批判しているのが見れます。
つまり、私が言いたいことは、どちらが正しいということでは無く、こういう風に根拠にする論文らが不確定であり、現時点では判定するのが難しいということです。だからこそ、最も安全に「見える」道を選ばなければいけないのと思うのです。こう思ってしまう私のどこらへんが洗脳されていますかね。大変興味深いことです。


118. 2011年11月09日 01:46:19: 1znxlVSpAQ
支離滅裂なコメントは出すんじゃない!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧