★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 623.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『週刊プレイボーイ no.44/2011』「福島市民はこうして国に見殺しにされる!」Supersymmetry Brot
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/623.html
投稿者 ジャック・どんどん 日時 2011 年 10 月 20 日 00:01:24: V/iHBd5bUIubc
 

Supersymmetry Brothers さんの言う通り

「ツイッターやブログで言いたい事は言えても、砂漠に水をまくようにきえていってしまい力にはならないようにしか思えない。そういう人は多いと思う。しかし、正しく考えること、妥当な考え方を提示することこそが重要だという考え方を僕は手放すつもりもないのだ。椅子に座って考え、考え方を作り出し、提示し、極々限られた人々にだけど共有されさざ波のようにして伝播していくことで、いつか大波を作り出せるのではないか。どのみち、できることが限られているなら、そこにかけるしかないと考えてこのささやかなブログを続けているというわけで。力不足は人に言われるまでもなく十分承知しているのだが、やるしかないと改めて思ったことではありました。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Supersymmetry Brothers より転載
@Rotsk / Yo1 Richard Otsuka(昼寝中)

『週刊プレイボーイ no.44/2011』「福島市民はこうして国に見殺しにされる!」

2011年10月19日 (水)

『週刊プレイボーイ no.44/2011』「福島市民はこうして国に見殺しにされる!」

今週の週刊プレイボーイの記事だが、福島市渡利地区の問題がとりあげられている。場所によっては高線量を示す場所があるのだが、国は20mSv/yを越える場所はないとの一点張りで住民と対話が進まないようなのだ。除染も効果が少なく、場所によっては上昇したところもある。地形的に洗い流したり土を取り除くだけの除染では効果が薄いのだと言う。国の除染の目標は2年で空間線量を半減だが、今の空間線量の3/4はセシウム134で2年が半減期。目標設定が低過ぎると神戸大の山内知也教授は語る。

住民の自主的な測定では、側溝では9.8μSv、通学路の近くに60μSvの箇所があるなど、記事を読む限りではまだら状にセシウムが降り積もっている様子が浮かぶ。通常なら避難地区に指定されるレベルである可能性があるのだが、行政はそっぽをむいたまま。ある官僚の言葉によれば、渡利地区は県庁からも近い高級住宅街であり、こうした福島市内の地域を避難対象にすることは市の行政、経済活動に大きな影響を与えるためできないのだという。

この記事から、いくつか見えてくることがある。

汚染された地域はスポット的に広がっているので、きちんと把握するには、最低限戸別にきめ細かに調べて可視化する努力を継続する他ない。これについて行政を頼りにすることはできないので、住民が行政と話し合いながら自主的な努力を継続する方が効果ある。
除染の効果は限定的。また、その方法にもいい面、悪い面があるのでやはり信頼できる専門家の指導の元慎重に行うことが必須。
都市部の避難は事実上できないと考えられている。東京や大阪で同様の事態が起ったら対策は無いと考えてよい。
自主避難については補償しないという方針に微塵も動揺なし。自主的に避難する際に国が補償する仕組みを勝ち取るためには長期の闘争が必要。今は、そうした闘いも組織化されておらず結果として見殺しになっている。

いずれも想像していた範囲のことなのだが、現実に苦しんでいる人々がたくさんいるのを読むと複雑な気分になる。日々の仕事に追われ、生活に追われ、余暇を使って何かをするにしても限界がある。ツイッターやブログで言いたい事は言えても、砂漠に水をまくようにきえていってしまい力にはならないようにしか思えない。そういう人は多いと思う。しかし、正しく考えること、妥当な考え方を提示することこそが重要だという考え方を僕は手放すつもりもないのだ。椅子に座って考え、考え方を作り出し、提示し、極々限られた人々にだけど共有されさざ波のようにして伝播していくことで、いつか大波を作り出せるのではないか。どのみち、できることが限られているなら、そこにかけるしかないと考えてこのささやかなブログを続けているというわけで。力不足は人に言われるまでもなく十分承知しているのだが、やるしかないと改めて思ったことではありました。
2011年10月19日 (水) | 固定リンク

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月20日 00:06:59: A4GQ7o9O02
引用元は、以下の通りです。
http://supersymmetry.air-nifty.com/blog/2011/10/no442011-7483.html

02. 2011年10月20日 00:35:41: EF2Owu3KPN
>ある官僚の言葉
安全デマを流布している県庁としては近場で避難なんかされてはたまらん、というだけ
の話かね。

03. 2011年10月20日 01:02:26: zmiRHRJEPA
>自主避難については補償しないという方針に微塵も動揺なし。

ひじょうに残念なのだが、「想定内」だ。
この国が、責任を持って、国民のために働くことなど、想像もつかない。
事故発生当初から「自主避難」以外には考えられなかった。
自主避難したことによって、何か事が起これば、「自己責任」という変な言葉を持ち出して、避難者を責めるという変な国が、ニッポンだ。
潰れるまで、ずっと変な国のままというのも、残念ながら「想定内」だ。


04. 2011年10月20日 13:55:47: mAKWjxKjsw
3さん 私の知る限りはじめに「自己責任」と言ったのは
「避難しないで病気になっても、それは自己責任だ」
というコメントです。

木下さんがやたらと、避難しない人を非難している投稿でだったかな。
避難しない人にさんざん、勝手にしろだの、病気になるぞ
とわめいてきたのは、避難を推奨する人達ですよ。

みんな大好きミスターバズビーだって
政府の補償のない避難は難しいと言っていた。

3さんは木下さんみたいに、避難できない人は容認できないのだね。


05. 2011年10月20日 17:30:33: VhEDVQByE2
破壊されてしまえ、くされ日本。

06. 2011年10月20日 18:34:25: TRlvpkEP3A
放射能でもがき苦しんで死にゆく人がたくさん出ることは、とても凄惨な感じがして悲しくてならなかった。しかし、これも神の定めたる宿命と思えばあきらめがつく。なんとむごい時代となったことか。むかし、戦争があれば血の海、屍のやま。今はにおいも色も何にもない。何も感じないで、どうして苦しまなければならないかもわからないまま死んでいく。

07. 2011年10月20日 22:05:49: FxalUWGO3Y
>破壊されてしまえ、くされ日本。

でしたら浜岡原発再稼働運動をしなさい。


08. 2011年10月21日 00:25:38: sYz16S86Zs
棄民地獄ニッポン
天下り天国ニッポン

09. 2011年10月21日 00:41:18: eDupQl6VXk
渡利地区は高級住宅街かね?市内の中心地に近いだけでえらく道路は狭くあまり車では行きたくない感じ。渡利と同じ線量は福島市内ならあちこちでるわ!
渡利を許したらもうなし崩してきに福島全滅なるわ!
それが嫌なだけ。簡単な理由。
あそこは、市や県の宿舎も多いしね。複雑なんよ。
そうそう、副知事のお子さんも避難完了しているらしくめでたいめでたい。
最近では、福島県警のお子さんも無事避難することになったらしく
みんなようやく目が覚めたようでよかった、よかった。

10. 2011年10月21日 01:54:34: 2hrorDMwgY
「自主避難」への補償獲得のための活動は、現地でも東京でも行われています。
10月3日の政府交渉でのかなりのやり取りの結果、公聴会を認めさせ、今日、行われました。
政府は、避難区域を一歩出れば、どれほど線量が高くとも、一切、補償や賠償対象にしないという姿勢をとってきましたが、少し揺らいでいます。しかし、それは、4月22日までの避難者は補償対象にするという、まったく恣意的な境界線で、補償対象を限定しようとするものです。
いま、この線引きを撤回させ、「自主避難者」への補償(今後避難する人も含めて)と、避難せずとどまる人への賠償とを実現させるため、原賠審や東電に対して、正当な権利を突き付けてゆく運動を広げることが一層重要です。
なにより、放射線への感受性が高く、自分では(避難の)決定権を持たない子どもたちの疎開を実現させ、避難の権利をせめてチェルノブイリ並みに確立する必要があります。
 ちなみに、チェルノブイリ事故後は、1mシーベルト/年以上を「避難の権利ゾーン」、5mシーベルト以上を「避難の義務ゾーン」としました。
 ところが、日本では、20mシーベルト/年を避難の権利の基準とし、しかも、実質、20を超えている渡利、小倉寺、大波などに対しても、あれこれ「難癖」をつけて、避難勧奨の指定を回避し続けています。

11. 2011年10月21日 06:34:18: AiChp2veWo
こうして関東以北、東日本は、平23年3月11日から猛毒放射能により身土とも汚染し荒廃に至るのだろう。チェルノブイリではなく、福島ではずっと猛毒放射能が拡散しているのでは、除染など出来るわけがなく、汚染した除染水も瓦礫も土も行き場はない、除染という言い訳に過ぎない、いや税金増税の口実だと考えられる。原発の事故は国家を一瞬で滅ぼす。甲状腺ガン多発や海と陸の動植物も汚染され続けてゆく。然しこんなに早く国土汚染破壊がくるとは、いや、遅かったのかもしれないが。国は正直になるしかないだろう。陛下も被曝なされているのではないだろうかと御心配申し上げているが、「破壊されてしまえ、くされ日本」。と書かれてあるのも仕方がないと思う。嘘、誤魔化し、闇だらけ、恥知らず、我欲と色ボケ、偽日本人の暗躍をどうにも出来ないこの国、我欲のプライドはあっても誇り無く、国家と人民を全く愛していない国家。

12. 2011年10月22日 01:46:25: EusT3szSuA
>04さん
3さん は別に避難できない人は容認できないとは一言も言ってないよ。

それに木下さんが避難しない人に勝手にしろだの、病気になるぞと
言っているのも本当に危険だからですよ。

あなたは本当に危険が迫ったときに、周りにいる人達を無視して一人で逃げ出す
のですか?
木下さんは本当に危険だから皆に逃げろと言っている。
言葉は厳しい言い方かもしれないが、やんわり言って誰が危険だ!と思うだろうか?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧