★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 635.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
潜入!福島第一原発 高濃度汚染の真実(INside OUT)/原発テロ「まったく可能、免震棟占拠も簡単」
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/635.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 20 日 11:38:36: KbIx4LOvH6Ccw
 

20111019 潜入!福島第一原発 高濃度汚染の真実
http://dai.ly/qv3tbg

--------------------------------------

http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2011/10/11inside-out10-.html

2011.10.18
<番組紹介>本紙・山岡出演ーーBS11「INside OUT」(明日午後10時から生放送)【情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)】

 既存局のニュースゴールデンタイムに横並びのニュースではない、角度のある切り口と視点でニュースワイド番組を送るとするBS11デジタルの報道番組「INside OUT」ーー生放送のこの明日の分に、本紙・山岡が出演する。番組タイトルは「潜入!福島第一原発 高濃度汚染の真実」。ゲストは山岡と今西憲之氏(ジャーナリスト)。以下、同番組HPの紹介を転送しておく。興味のある方はご覧いただきたい。時間は午後10時から10時55分。
 
 奇しくも、同時期に事故後の福島原発に潜入した二人のジャーナリスト。大阪をベースに活躍し「私は無実です 検察と闘った厚労省官僚村木厚子の445日」 の著者、今西憲之氏、「福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実」の著者の山岡俊介氏を迎え、潜入のいきさつ、自らの目で見た現場の高濃度汚染の実態、現場の作業員の苦労を赤裸々に語っていただく。

 2011年10月18日掲載。

この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

--------------------------------------

http://www.mynewsjapan.com/reports/1511

原発テロ「まったく可能、免震棟占拠も簡単」 潜入取材の山岡俊介さんに聞く福島第一原発の現実(My News Japan)
佐藤裕一 05:04 10/20 2011  


 「テロ?まったく可能ですよ、ホントに。自爆テロならぜんぜんできると思いますよ。まず対策本部がある免震棟の占拠が簡単じゃないですか?」−−そう話すのは、爆発後の6月、作業員に扮して福島第一原発に潜入取材したジャーナリストの山岡俊介さんだ。6月のある雨の日の昼頃、崩壊寸前の3号機が目の前に見える地点まで接近、その潜入手口や警備の甘さなどを指摘した『福島第一原発潜入記』を9月末に出版した。防護服を脱いだ作業員たちを見ると、全身入れ墨の人たちが次々と眼に入り、外見は、まるでヤクザ者と多重債務者みたいだったという。「なんだこれ、すごいいるじゃないか」。取材のため暴力団幹部とも交渉した山岡さんに、話を聞いた。


【Digest】
◇免震棟の占拠「しようと思えば簡単」
◇刺青の人、パッと見で3人 「下手したら3桁いる」
◇暴力団幹部「カネくれ」 元作業員に取材申込みに
◇テロ「まったく可能、まして自爆テロなら」
◇潜入時、時間があれば「建屋に近づく予定だった」


『福島第一原発潜入記−−高濃度汚染現場と作業員の真実』
著者=山岡俊介、出版=双葉社、2011年09月28日発売、184ページ
ISBN-10: 4575303585
ISBN-13: 978-4575303582

(以下略)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
04. 2011年10月21日 11:57:01: dnQsja2e0c
gataroの正体見たり、工作員。
偽装は、一瞬で瓦解。
岩田氏のブログには余程不都合な情報があるのだろう。

>長大で無関係なコメントがしばしば貼り付けられる。なんとかならないものか!
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/353.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 20 日 14:10:20: KbIx4LOvH6Ccw
他のコメント投稿を妨害しているとしか思えない長大で無関係なコメントがしばしば貼り付けられる。なんとかならないものか!
例えば次の投稿に貼り付けられた#01と#02のコメント。
潜入!福島第一原発 高濃度汚染の真実(INside OUT)/原発テロ「まったく可能、免震棟占拠も簡単」
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/635.html
投稿者 gataro 日時 2011 年 10 月 20 日 11:38:36: KbIx4LOvH6
01. 2011年10月20日 17:59:42: qMgd17wAMA
なんとまぁ、断れば一方的に荒らしてもいいとでも思ってそうなえらい自己中もいたもんだ
02. 管理人さん 2011年10月20日 23:50:17: Master
消しておきました。

元ネタは、机の上の空 大沼安史の個人新聞
2011-10-20
〔フクシマ・NEWS〕 4号機爆発は想定外の核爆発だった! 画像解析処理で判明!
→ http://sophy.org/Fuku1/Fuku1No4.htm
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/10/post-9f30.html

サイトが攻撃を受けてアクセスできないから、裏技でアクセスして、ここにコピー
ペーストしたものだ。コメント2で指摘した攻撃側のバグはもう塞がれていてアクセスできない。

>潜入!福島第一原発 高濃度汚染の真実(INside OUT)/原発テロ「まったく可能、免震棟占拠も簡単」
- gataro 2011/10/20 11:38:36 (コメント数:3) ←  消し忘れだよ。犯行がばれるよ。


05. 2011年10月21日 12:32:38: dnQsja2e0c
即効削除。
分かりやすい。馬脚を現している。
岩田清さんのつぶやき。
@Kiyoshi_IWATA いわた・きよし(岩田清)
残念ながら今日中の復旧は無理でした。しかし私のHP+TWまたはHP+FBは原発推進派上層部にとって、私が提示しようとした物件が致命的証拠である事が予め判っている(私の方から予告している)ので見境無い攻撃をして結果として馬脚を現してしまったようです。私の方も情報源を分散します。
http://twitter.com/#!/Kiyoshi_IWATA/status/127029364738097152

06. gataro 2011年10月23日 11:36:52: KbIx4LOvH6Ccw : kaQgO4OtBQ
>>04
>>05

何を大げさなことを言っているのか!こう言うのを「噴飯」ものとでもいうのだろう?

そんなに大事なものなら、他者の投稿にコメント貼り付けなどせずに、本投稿しておけばよかったのだ。

それとも何か、本投稿できない隠れたワケでもあるのかな?


07. gataro 2011年10月23日 11:42:08: KbIx4LOvH6Ccw : kaQgO4OtBQ
>>06

あとはこのコメント欄に何を書き込んでも、よほどのこと出もない限りレスコメントはいたしません。書き忘れていました。


08. 2011年10月24日 09:01:59: FeQBCsRq3c
岩田清氏が新たにサイトを立ち上げた。そこに要点が示されている。
削除を画策した理由はこれだ。

>この防衛省作成のグラフを見れば、津波が襲う前から、地震に因って、放射能がばら撒かれていることが一目瞭然!

【全文引用】
Welocome to my Jimdo Page!
防衛省は、東電の悪巧みを知ってか知らずか、数理科学的に正しいグラフを作成していました。

この防衛省作成のグラフを見れば、津波が襲う前から、地震に因って、放射能がばら撒かれていることが一目瞭然!

「ベント、ベント」と大騒ぎしている間にも、稀ガス処理建屋のモニタが、地震に因る停電で麻痺して、1・2号機排気塔と3・4号機排気塔から、大量の放射能がばら撒かれている事が判ります。

1号炉が爆発し、その煽りで、配管で繋がっている稀ガス処理装置が破壊されました。ただし、破壊は、一気に進んだのではない事が、1号炉爆発と、3号炉爆発の間に、何本かの放射線量のピークが立っている事で、この推測が正当である事を担保します。

私は、このグラフを凝視していて、このグラフにも、重大な欠落がある事に気付きました。
この欠落とは、3号炉爆発時の値が無い事です。

私は、この欠落を見極める為に、このグラフに対して、更なる可視化を試みました。

今まで、私は、ガンダーセン氏の説が、ほぼ正しいと思っていましたが、ガンダーセン氏は稀ガス処理建屋と閃光と白雲化の事を語っていません。ロシアタデイも同様です。
私と非常に近い事を発言し出したのは、半月前からです。
で、私も、「ふくいちカメラの信憑性を裁く。その1」の冒頭に書いているように、「東電」にも「黙秘権」を認めていますから、具体的資料が欠けた3月12日15時〜15日15時の72時間の値に対して、CTBT同様の疑問を感じて居るので、決定的な事は書けませんでした。

しかし、防衛省のグラフを見れば、多くの謎が解けます。従って、このグラフは、とても重要です。

だからと言って、防衛省を全面的に褒められないのは、防衛省自身が、このグラフに基づいて東電を撃破するのではなく、総理から保安院までの、誰かの指示である事を見抜いてか、指示に従ってか、「東電の虚偽の為に自衛隊員の健康を担保できない」として、国民には、この理由を説明する事無く、5月以降、現場から去ってしまった事です。
すなわち、防衛省も、自らの組織を守ったけれども、国民の安心安全を守らなかったと云う事では、東電と大差ないからです。

しかし、防衛省のこのグラフは、数理科学的に言って、経産省保安院経由文科省発表のグラフより、遥かに数理科学的です。
このことは縦軸が対数目盛りを活用している事で判ります。
これまで、推測の域を出なかった「全ては、地震で1・2号機超高圧開閉所が壊れて停電したことが大事故の始まり」説が定着すれば、巨大地震が起きない米国東海岸のGE社製原案を、巨大地震が頻繁に起きる日本に定着させた関係者に因る人災であることは疑う余地有りません。

この結果、東電だけでなく、電事連加盟各社、指導官庁、及び、電事連加盟各社から多額の政治献金を貰っている原発推進派議員にとって重大問題です。
これが、執拗に津波説に拘泥する最大理由である事は明白です。

@ 1・2号機対応稀ガス処理建屋のモニタ機能が、地震に因る停電で麻痺して、1・2号機排気塔の弁が開き放しになった。1・2号機超高圧開閉所は35mの高台に在って、津波に因る被害を蒙っていない事で、津波原因説は明快に排除される。
同様に、別送電系の、3・4号機対応稀ガス処理建屋のモニタ機能も、地震に因る停電で麻痺して、3・4号機排気塔の弁が開き放しになったと見做されるが、3・4号機超高圧開閉所は、海抜10mにまで削られた大地にあって、津波に因る被害も蒙っているので、地震はクリアしたけれども、津波でやられたとの東電の説も全面排除できない。

A 津波の来襲と、菅のヘリパフォーマンスで、モタモタ(ベント、ベントと大騒ぎ)している間に、1号機2号機から配管経由で送り込まれた高放射能物質が1・2号機排気塔から大量に放出された。
同様に、別送電系の、3・4号機対応稀ガス処理建屋のモニタ機能も、地震に因る停電で麻痺して、3・4号機から配管経由で送り込まれた高放射能物質が3・4号機排気塔から大量に放出されたと見做されるが、3・4号機超高圧開閉所は、海抜10mにまで削られた大地にあって、津波に因る被害も蒙っているので、地震はクリアしたけれども、津波でやられたとの東電の説も全面排除できない。

B 1号機爆発。この時、配管経由で、高放射能物質が、1・2号機対応稀ガス処理装置に送り込まれた。

C 1・2号機稀ガス処理装置の(公表されていない!)幾度にもわたる小規模再臨界爆発?この爆発が、2号機爆発の引き金か?

D 3号機爆発。この時、配管経由で、高放射能物質が、3・4号機対応稀ガス処理装置と共に、地下連絡通路経由で4号機建屋に送り込まれた。
3・4号機対応稀ガス処理装置建屋屋上に、3号タービン建屋同様の、3号炉爆発時飛散瓦礫に因る外部破壊とは明らかに異なる、(公表されていない!)内部爆発(3号炉の大規模核爆発とは性質の異なる小規模再臨界爆発)の痕跡が確認されることから、この小爆発が、4号機の度重なる爆発FGHの爆発の内の、どれかの引き金か?
今もなお起きる、1・2号機対応稀ガス処理建屋の3.4号機対応稀ガス処理建屋から発する「閃光」は、1号炉爆発時に、(公表されていない!)1.2号機排気塔経由で、配管から、1・2号機稀ガス処理装置に送り込まれた高放射能物質Bが、(公表されていない!)幾度にもわたる小規模再臨界爆発Cで(公表されていない!)1・2号機稀ガス処理装置を破壊した挙句、(公表されていない!)3号機爆発時の高密度放射線(α粒子、β粒子、γ線、中性子)に因って更なる核反応爆発を起こした(この痕跡が、対面する崖に、3号炉爆発残骸と重なりながらも、一部は明らかに異なる状況で視覚確認される。)生成物(微粒子)が、適度な湿気と熱、及び、地震(余震)に因る適度な撹乱に拠って発生させている。
この微粒子は今も放出され続けている!
この微粒子が、夜間、風向きが南寄りの時、2号炉建屋照明用投光機の光を反射すると、稀ガス処理建屋全体が「湯気立って」いるように見えるのである。
この微粒子は、周りの空気よりは、高温である。従って、この状況に夜霧が遭遇すると、見出し写真のような「白雲化」現象を起こす。すなわち、「白雲化」は、自然の霧が、稀ガス処理建屋から漏れ出す放射能微粒子の熱で活性化され、なおかつ、投光機で照らされる事で起きる。

E 2号機爆発。

F、G、H 4号機の爆発。

@〜Hに拠って、「閃光」も「白雲化」も実態を完全に把握したと思います。

防衛省は、3号炉の破壊状況と、このグラフの、●1F事務本館北(=次の防衛省4月26日撮影の写真参照)との比較検討に於いて、3号炉爆発時=Dの、放射線量を、このグラフの上限の100倍=(10,000,000μSv/h=10,000mSv/h=10Sv/h)をを超えると予測し、このような重大なデータが欠落した状況では、自衛隊員の身の安全を保障できないと考えて撤退したのだと思われます。

2011年4月26日 防衛省が撮影した福島第一原発の写真に拠れば、1・2号機超高圧開閉所が35mの高台に在る事が一目瞭然。ふくいちライブカメラの設置場所、1号機投光機、2号機投光機などの設置場所等々を示す黄色文字に留意!
【引用終わり】

元のサイトにDOS攻撃をかけても無駄。情報はすでに拡散している。
工作員を一人養成するテマ、ヒマ、カネを考慮すると、イタイね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧