★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 670.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
真偽不明な放射能除染方法が福島の汚染を悪化させる! (日刊SPA!) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/670.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 22 日 01:20:05: igsppGRN/E9PQ
 

真偽不明な放射能除染方法が福島の汚染を悪化させる!
http://nikkan-spa.jp/76144
2011.10.20  日刊SPA! 


環境省の試算によれば除染が必要な土壌は東京ドーム約23杯分と、汚染された国土の再生は容易ではない。それに伴い、除染をめぐる動きが活発化している。「ひまわりの除染効果なし」に戸惑い、次の一手を模索する現場から非科学的な方法まで。放射能除染の最前線を追った!

【真偽不明な放射能除染方法の数々】

◆ホメオパシー
― “福島の土”から作られた水を福島の川に投入中―

関連団体からは福島の土を使って作った砂糖玉(1.5g=580円〜/食用)も発売中
病気の原因物質を、分子が一つも残らないほど希釈して作られた「レメディ」なるもので病気が治ると主張する“ホメオパシー”。昨年、日本学術学会議などから「科学的根拠はなし」と全否定されたばかりだ。

ところが現在、日本ホメオパシー医学協会は、放射能汚染された河川の浄化に有効であるかのようなキャンペーンを展開。代表の由井寅子氏は福島県を訪れ、県内で採取した土を希釈したレメディをペットボトルに入れ、河川に投入するパフォーマンスも見せている。

だが、その程度の量で川に溜まった放射性物質が除去され、浄化できるとは思えないのだが……。

◆創生水
―仕組みはわからないが、放射性物質が消えちゃった―

もともと「高い波動があり、身体のエネルギーを高める」などとして販売されてきた創生水。科学的根拠がないとされる「波動水」の一種だが、現在、販売元の「創世ワールド」社が福島県内で土壌の浄化実験中だ。

「県内の土に創生水を入れたところ、セシウムが半減した。土に浸した後の創生水のセシウムもゼロ。つまり、放射能が消えてなくなったのです。仕組みは私たちにもわかりません」(同社担当者)

放射性物質はろ過や洗浄で除去できても、消し去ることは不可能とされているのだが……。

◆EM菌
―水質汚濁の原因細菌液が福島の汚染を悪化させる!―

EM菌は1L=2100円。機関誌などで被災地支援活動(EM菌の配布)もアピール
琉球大学名誉教授・比嘉照夫氏らが提唱する「EM菌」。土壌の放射性物質浄化に有効だとして、推進団体が東北各県の農場での実験や避難所への配布を行っている。

もともとEM菌は、推進団体が水質改善のためとして全国の河川や海に投げ込む活動をしてきた。しかし07年、福島県環境センターが、むしろ水質汚濁の原因になるとして公式に警告を発している。

「それがまた福島県内でばらまかれようとしている。これって、どうなんでしょうね」(県関係者)

これ以上の汚染は、福島県民も避けたいところだ。

― 放射能除染をめぐる(狂)都市伝説徹底ルポ【5】 ―

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月22日 01:41:01: gx7dVGZ6VU
例えば、
砂嵐のなかでつくった目玉焼きを食べるだろうか?

空気が汚れている福島でなにを作っても怖くて食べれないし、近寄れない。


02. 2011年10月22日 01:47:30: ZkOAv6N1O2
嘘臭い、貧乏臭い…詐欺業者は早めに潰しましょう!
いっつも餌食になるのはお年寄りや社会的弱者、無知な方々です!

03. 2011年10月22日 02:01:57: u3E6Ef3e1Q
>県内で採取した土を希釈したレメディをペットボトルに入れ、河川に投入するパフォーマンスも見せている。


なんだよそれ、わけわからんわ!


04. 2011年10月22日 06:01:51: ynSQvzTlvk
疑似科学

疑似科学(ぎじかがく)とは、科学的方法に基づく、あるいは科学的に正しいと認められている知見であると主張されているが、実際にはそうではない方法論、信条や研究を指す[1]。

概要

古くから科学と疑似科学との区別は混乱している[2]。科学と疑似科学の境界を定める試みは繰り返しなされてきたが、すべての者に等しく許容され、あらゆる批判に耐えうる結論には至ったことなど一度としてない[2]とされている。1934年、カール・ポパーにより提示された反証可能性を科学の条件とする考え方は一定の評価を得ているが、これについても議論はあり、他方で統計学的手法なども発展している。(→#科学と疑似科学の区別の問題)

現代の疑似科学の分野や傾向は多岐にわたるが、本来の科学研究・教育を行なう立場からは様々な文脈で批判されているほか、一部はいわゆる悪徳商法と親和性が高く詐欺行為に用いられることもある。

( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%91%E4%BC%BC%E7%A7%91%E5%AD%A6 )


05. 2011年10月22日 07:20:03: KGOrBO969E
理屈の進め方はカルトそのもの。信じる者は騙される。

EMこれは札付きの製品。何でもよく効くケロリンタンのようなもの。


06. 2011年10月22日 10:07:44: mAKWjxKjsw
大槻教授のホームページに
ホメオパシーで死者が出ていると書かれていた。

07. 2011年10月22日 18:12:01: de9HOqw6AA
何故自分で調べた訳でもないのに、嘘だの似非だの擬似だのカルトだのと決め付けられるんだ?
特に企業体が発行している雑誌なら、実際に除去できるかの計測を、経費で落として調べられるだろうが。
それもせずに、悪化させるだのと、何を根拠に言ってるんだよ。

現代科学で分かってない事など非常に多く存在するのだから、これだって実際に落ちたかもしれないだろうが。
それも有意に落ちて、落ち方から見て元素変換や半減期短縮以外に考えられない、というようになる可能性だってある。
前にもとぎ汁乳酸菌など、除染法や健康法について幾らか記事を出してるんだから、一度くらい自分らで検証してみたらどうなんだよ。
公器で、再販価格維持に守られていて、経費で落とせて、高みにいる出版者の記者さん達はさ。

創生水以外の還元水素水も、似たような報告がされている。
これも嘘、現代科学や科学界が否定してるから、それだけの理由で事実関係も計測せずに虚偽だと決め付けるのかね。

テネモス技術による放射線測定結果
一般財団法人テネモス国際環境研究会より、下記の調査結果が届きましたので、ご報告します。
http://ai-yuuki-kansha.com/tenemos/index.php?shiken


これ以外にもアグニホートラや土壌改良剤など、多種の物で除去が報告されている。
一度くらい、自分らで計測してみてから判断するか、それまでは判断を保留するか、多種の事例を集めてみるなどしてみたらどうなのかね。
何故これほどまでに、常識や観念や権威や枠組みなどに縛られきってしまっている人達が多いのか。
これこそが事故を起こし、事故回復を徹底阻止する最大の要因だ。
ここを変えないと、社会は改善しないし復興もない。


チェルノブイリ原発事故が1986年に起こったとき、私はオーストリアのグラーツの近くに農場を持っていた。すぐにオーストリア政府は、全ての農民に対し、牛乳と飼料を放射能検査に持ち込むように呼びかけた。
それで私も検査に持ち込んだが、検査官たちは驚いた。周辺地域の全ての農民が持ち込んだ標本には高い線量が検出されたのに、私の牛乳と飼料の標本からは正常な放射能レベルしか検出されなかったからだ。
検査官は、チェルノブイリの後で正常な放射能を維持することは不可能であり、何か私の農場には特殊な事情があるのかと尋ねた。

私は、私の農場では、現在ではホウマ有機農業技術と呼んでいるが、古代アーユルベーダの技術を使って農作物を栽培していることを話した。

ポーランド東部からの報告では、チェルノブイリの後、アグニホートラとTryambakamホウマが放射線レベルの減少に役立ったという。ただし、測定は振り子方式で行われた。
この報告は、Radiestesieのジャーナルで発表された。
現代科学という意味では、このテーマで実施された唯一の研究は、ソ連時代に東ヨーロッパで一部の物理学者が行ったものである。その結果は、アグニホートラの灰には放射性がなく(火をおこすために用意された
材料は放射性を帯びていた可能性があったにもかかわらず)、天然の92種類の元素が全てアグニホートラの灰に存在していた。
http://tamekiyo.com/documents/others/agnihotra.html


土壌の核種放射性元素測定結果報告書
南相馬市の土壌で試験其れは、
黒玉とドロを混合して使って放射能濃度検出せず
との結果が出ました。
土壌の核種放射性元素測定結果報告書
2011年5月9日 日立協和エンジニアリング株式会社
放射能濃度測定結果  合計で約34%放射能濃度が下がった。
測定方法 r線スペクトロメトリー
日本食品分析センター試験成績は、セシウム137・
セシウム134・ヨウ素131全て検出せず。依頼:蒲L機科学
ミラクル、魔法の石『多孔質粘土鉱物』 ホンマ物
スーパーグレイン施設園芸はゼオライトや酸性白土をはるかに上回る!
吸着・吸収・脱臭・消臭力及び吸蔵処理ろ過する多孔質粘土鉱物また
医療関連、公害対策、放射線、水産関連、畜産関連、
アパレル関連等にご利用できます。
各種ミネラルで主成分となるモンモリロナイト及び
バーミキュライトなどで組成されています。
そして遠赤外線や高数値のマイナスイオンが
発生していることが分かりました。
http://blog.qlep.com/blog.php/kamenoya/459087


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧